海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:セレッソ大阪

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/02/19(日) 05:41:44.34 ID:CAP_USER9.net
    練習試合 C大阪2―0仁川FC(2017年2月18日 金鳥スタ)

    C大阪の日本代表MF清武の開幕戦出場が微妙な状況となった。

    右臀部(でんぶ)から右太腿裏にかけ違和感が生じたことでKリーグ1部仁川FCとの練習試合を欠場しスタンド観戦。19日にも大阪市内の病院で精密検査を受ける予定となった。

    尹晶煥(ユン・ジョンファン)監督は「診察の結果を待たないといけないが、前にケガをしたところだと聞いている。

    欧州から戻ってすぐにハードな練習をしたので、その部位が少し悪い状況になっている」と説明した。長期離脱とはならない見込みながら「無理をさせたら長期間のケガになってしまうかもしれない」と慎重な姿勢を示した。

    仁川FCとの練習試合は前半2分にFW柿谷が先制点を奪うと、後半42分にはMFソウザが追加点。2―0で快勝した。
    2017-02-19_10h27_58
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2017/02/19/kiji/20170218s00002000343000c.html
    2017年2月19日 05:30
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/15(水) 19:26:09.58 ID:CAP_USER9.net
    3季ぶりにJ1復帰したC大阪を今季から率いる尹晶煥(ユン・ジョンファン)監督(43)が15日、イレブンにカミナリを落とした。主力組と控え組に分かれた試合形式の練習を実施したところ、日本代表MF清武弘嗣(27)、山口蛍(26)らを擁する主力組が控え組に0―1で完敗。主力組がシュートすら放てない散々な内容に「遊びでサッカーをやってるわけじゃない。仕事だ」とカツを入れた。

    試合形式の練習直後に全選手を集めた尹監督は「何のために練習をやっているのか。もっと一生懸命にやらないと」などと通訳を介して5分間の“説教”。25日の開幕戦まで10日となる中、調子が上がらない主力組にイライラを募らせた。

    清武、山口ら主力組の選手は一様に神妙な表情で聞き入り、主将のFW柿谷曜一朗(27)は取材を避けるようにして退散。普段から取材には丁寧に応じるFW杉本健勇(24)も「明日から切り替えてやるしかない。今日は筋トレやってストレス発散しよ」と、珍しく気重な表情だった。
    2017-02-15_20h06_50
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170215-00000174-sph-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/14(火) 21:28:17.66 ID:CAP_USER9.net
    宮崎キャンプが終了したセレッソ大阪。

    久しぶりの帰阪、久しぶりのオフということで選手たちはリラックスした時間を過ごした。

    新婚である柿谷曜一朗は、奥さんの丸高愛実さんと久しぶりのデートに出かけたようだ。
    2017-02-14_22h19_44
    2017-02-14_22h20_01
    https://www.instagram.com/p/BQcyrrnDmyV/
    https://www.instagram.com/p/BQdHze-ji2T/

    お二人が出かけたのは、大阪の天保山にある海遊館。

    ジンベエザメの飼育に定評のある、日本でも最大規模の水族館だ。

    大阪に来て間もない(?)丸高さんが海遊館に来るのは初めてであったようで、およそ2週間ぶりに夫婦水入らずの時間を過ごしたようだ。



    水族館の後は、ゲームセンターでシューティングゲーム!

    さすがにラブラブということでこのキメ顔である。

    http://qoly.jp/2017/02/14/yoichiro-kakitani-and-manami-marutaka-20170214-kwm-1
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/02/13(月) 13:55:35.77 ID:CAP_USER9.net
    no title
    宮崎県でのトレーニングキャンプを終えたセレッソ大阪。

    杉本健勇が、おもしろい映像をInstagramで紹介していた。

    写っていたのは、鼻に突っ込んだ棒を引っこ抜かれ絶叫する山口蛍!

    これは「ブラジリアンワックス」と呼ばれる美容手法。非常にスッキリすると話題だ(風邪をひきやすくなるという噂も…)。

    茂庭照幸が山口の頭を抑えると、その後柿谷曜一朗が勢いよく引っこ抜く!痛みに耐えきれなかった山口は、ロッカールームで思わず叫んでしまったのだった。山口がこんな顔を見せるのはなかなかない。

    杉本はこの映像を先週末にアップしたが、山口の後ろには昨シーズン限りでチームを退団したベサルト・アブドゥラヒミが見えることから、昨年の出来事かもしれない

    宮崎キャンプを終え大阪に帰ってきた選手たち。

    独身組を中心とした仲良しメンバーは、このほど引退を発表した中澤総太と食事に行ったそう。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12666644/
    2017年2月13日 11時45分
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/12(日) 09:00:05.97 ID:CAP_USER9.net
    J1・C大阪宮崎キャンプ(11日、宮崎市国際海浜エントランスプラザ)J2福岡と練習試合2試合を行った。日本代表MF清武弘嗣(27)ら主力組が出場した2試合目は、1-1の引き分け。格下相手に勝ちきれず、尹晶煥(ユン・ジョンファン)監督(43)は「集中力が足りない」とカミナリを落とした。

    快晴ながら寒風が吹き荒れた宮崎で、新監督がおかんむりだ。C大阪の主力組は決定力不足で福岡と1-1の引き分け。キャンプ中の3試合で2得点に終わり、尹監督がカミナリを落とした。

    「集中力が足りないところがあった。決定的なチャンスが来たときにゴールを決めなければ、試合運びも難しくなる」

    前半16分にFW柿谷がゴール前5メートルまで迫るも枠上に浮かしてしまい、後半2分のMF清武もペナルティーエリア内からのシュートがGKの正面へ。ボール支配率は上回ったが、後半24分に左CKからDF山下が頭で押し込んだ1点のみ。

    指揮官は「チャンスは作ったが、しっかり決めることができない。開幕まで残り2週間で修正できるようにしていかないと」と顔をしかめた。

    後半28分に交代した清武も「(課題は)やっぱりゴール。チャンスはたくさん作れたけど、それを決めないといけない」と決定力不足を痛感した。しかし、コンビネーションには手応えを感じている。3年ぶりのJ1舞台へ、課題は明確になった。 (大石豊佳)
    2017.2.12 05:02
    http://www.sanspo.com/soccer/news/20170212/jle17021205020001-n1.html

    写真
    2017-02-12_09h46_35
    続きを読む


    1:nita ★@\(^o^)/:2017/02/05(日) 15:53:07.55 ID:CAP_USER9.net
    J1・C大阪に電撃復帰した日本代表MF清武弘嗣(27)が5日、チームがキャンプを行う宮崎市内で会見した。

    2012年夏にドイツ1部ニュルンベルクへ移籍して海を渡った後、昨夏にスペイン1部セビリアに加入。4年半ぶりの日本復帰となった。

    古巣に“再入団”した経緯について清武は「昨年の10~11月からセビリアで試合に絡めなくなった。いろいろ考える中で、自分が一番動ける時に日本に帰りたいと思った」と説明。古巣のC大阪側は約7億円の移籍金を調達して迎え入れ「セレッソというクラブが全てを出してやってくれていると感じた」と感謝の言葉を口にした。

    スペインの名門へ並々ならぬ決意を持って入団したが、挑戦はわずか半年で終わった。異例の出戻りについてはこう振り返る。

    「すぐケガをして出遅れた感はあったけど、復帰できて開幕戦もいい感じで入れた。でも2戦目ですごく良くなくて代表に合流して、帰ってきたら(MFサミル・)ナスリ(29)とかが入ってチームができ上がっていた」と強豪ならではの競争の激しさを痛感。

    「出場機会がない中で、11月に監督に話にいって自分に何が足りないのか聞いた。それを改善しようとしたが、チームが調子良かったし、冬にまた選手を2人獲ってチャンスがなくなっていった」とホルヘ・サンパオリ監督(56)に直訴したことも明かしながら苦悩の半年間を振り返った。

    厳しい経験をかてに天才が復活を果たせるか。
    2017-02-05_16h59_43
    東スポWeb 2/5(日) 15:30配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170205-00000008-tospoweb-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/05(日) 14:40:32.51 ID:CAP_USER9.net
    スペイン1部セビリアからJ1のC大阪に復帰した日本代表MF清武弘嗣(27)の入団会見が5日、宮崎市のシーガイアコンベンションセンターで行われた。

    欧州に挑戦した12年夏以来となる桜色のジャージー姿で登壇し「4年半ぶりに帰ってきました。今回の移籍に際し、関係者やスポンサーには本当に感謝しています。その感謝をピッチの上で表現しないといけない。しっかり結果を残せるように、初のタイトルを取れるように貢献したいと思います」と意気込みを語った。

    古巣のC大阪に完全移籍で復帰し、キャンプ地の宮崎で会見していることについては「何か不思議な感じはしますが、幸せですし、光栄に思ってます」。

    移籍の最大の要因を聞かれると「去年の10月、11月くらいからセビリアの試合に絡めなくなりました。いろいろ考える中で、いま一番、動ける中で日本に戻るのもいいのでは、と。

    1月に真剣に移籍を考えて、欧州からのオファーもありましたけど、帰ってくるならC大阪と決めていたので。サッカー選手として一番いい時期に戻ってくるのもいいと思った。1月31日に決めてもらって、うれしく思います」と率直な思いを語った。

    ドイツ1部のニュルンベルク、ハノーバー、スペインのセビリアで得たもの、成長した部分を聞かれると
    「技術的に伸びたとは思わないですけど、姿勢、気持ちの部分で強くなったと思う。4年半、自分の気持ちと体、全部に向き合える時間がつくれた。海外では自分の時間が多いので」と説明し、自信を見せていた。

    3月からW杯ロシア大会アジア最終予選が再開する。C大阪から目指す夢舞台へ「代表にとても大事な年になりますし(3月23日の)アウェーのUAE戦で勝てば波に乗れる、大事な一戦になると思います。Jリーグで結果を残せばハリルさん(ハリルホジッチ監督)も見てくれると思う」とJリーグからのロシアへの道を思い描いていた。

    将来的な海外への再挑戦の可能性について質問も飛んだが「今はセレッソで初タイトルを取ることしか考えていない」と宣言した。

    日刊スポーツ 2/5(日) 14:03配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170205-01774883-nksports-socc

    写真
    続きを読む

    2017-02-04_12h07_25
    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/04(土) 09:05:53.52 ID:CAP_USER9.net
    J1C大阪は3日、宮崎キャンプをスタートした。日本代表MF山口蛍(26)は4日にチームに合流するMF清武弘嗣(27)=前スペイン・セビリア=との再会を心待ちにした。MF山村和也(27)らも含め、4強入りした2012年ロンドン五輪メンバーが桜のユニホームを着て大暴れする。

    盟友との再会が待ちきれないようだった。清武の合流を前にスタートした宮崎キャンプ。山口がコンビの再結成を心待ちにした。

    「こういう形でまた一緒にできるのはうれしい。わくわくする気持ちでいっぱいです」

    昨年1月には清武を追いかける形でドイツ1部(当時)ハノーバーに移籍したが、互いの故障と山口が半年後にC大阪復帰を決めたことで、共演はほとんどなかった。日本代表ではともに主力級として出場を続けているが、クラブで長い時間をともにするのは12年以来となる。あうんの呼吸をさらに深めていくことが、楽しみでしようがない。

    MF山村、FW杉本と合わせ、4強入りした12年ロンドン五輪メンバーが4人も並ぶことになった。ロンドン五輪アジア予選では主将を務めていた山村も「同じチームでやれることはすごくうれしい」と心待ちにした。世界を驚かせた4人が桜のユニホームを着て、今度はJを驚かせる

    サンケイスポーツ 2/4(土) 7:00配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170204-00000007-sanspo-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/03(金) 20:13:48.96 ID:CAP_USER9.net
    清武の復帰に、C大阪は歓迎ムードに包まれた。2日、大阪市内で行われた練習後、日本代表MF山口蛍は「一緒に頑張りたい。間違いなく一番いい補強」と、その実力に信頼を寄せた。

    同学年のFW柿谷曜一朗は「一緒にやる上で楽しめると思う」と競演を心待ちにした。周囲の喧噪(けんそう)は日増しに高まるが「日本代表の選手なので当然期待されるけど、あまりプレッシャーをかけないであげてほしい。いろいろあっての決断だと思う。追い詰めないでほしい」。主将として、友人として心中を思いやった。

    12年ロンドン五輪以来4年半ぶりに清武とプレーするFW杉本は「覚悟を持って帰って来てくれたんだと思う」と懐かしそうな表情を浮かべた。今季は2トップの一角でのプレーが濃厚だが、昨季は左MFを主戦場に自己最多の14得点。定位置争いとなる可能性もあるが「ポジションを譲る気はさらさらない。一人一人が譲らない気持ちを出して競争していく必要がある」と、加入の相乗効果に期待した。
    2017-02-03_22h19_59
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170203-00000029-dal-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ