海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:セレッソ大阪

    1: 久太郎 ★ 2020/10/24(土) 18:58:41.64 _USER9
    浦和 3-1 C大阪
    [得点者]
    28'豊川 雄太 (C大阪)
    34'興梠 慎三 (浦和)PK
    44'山中 亮輔 (浦和)
    71'マルティノス(浦和)

    スタジアム:埼玉スタジアム2002
    入場者数:12,863人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2020/102405/live#live

    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/

    4: 久太郎 ★ 2020/10/24(土) 18:59:33.43 _USER9
    >>1
    浦和、C大阪に鮮やか逆転勝利!! 興梠、山中、マルティノス弾でホーム埼スタ2連勝

    [10.24 J1リーグ第24節 浦和 3-1 C大阪 埼玉]

    J1リーグは24日、第24節を開催し、埼玉スタジアムでは浦和レッズとセレッソ大阪が対戦。前半28分にFW豊川雄太の得点でC大阪が先制するも、同34分のFW興梠慎三、同44分のDF山中亮輔の得点で浦和が逆転。後半26分にMFマルティノスが加点し、浦和が3-1の勝利を収めた。

    ここ3戦無敗(2勝1分)の浦和は10月18日の前節・仙台戦(○6-0)から先発1人を入れ替え、山中らを先発起用。一方、2連勝中のC大阪は前節・横浜FM戦(○4-1)から先発1人を入れ替え、豊川らがスターティングメンバ―に名を連ねた。

    前半22分に好機を創出したのはC大阪。MFレアンドロ・デサバトが自陣から送ったパスに反応した豊川が最終ライン裏を突くと、PA内に侵入して右足を振り抜くが、鋭いシュートはGK西川周作に阻まれてしまう。しかし、同28分にC大阪が先制に成功する。ルーズボールを処理しようとしたDF岩波拓也の後方から迫った豊川が前に体を出してボールを奪い切ると、カバーに入ったDF槙野智章を中央へ切れ込んでかわし、PA外から右足のシュートを突き刺してスコアを1-0とした。

    1点のビハインドを背負った浦和は前半33分、ドリブルを仕掛けた汰木がPA内でDF瀬古歩夢のファウルを誘ってPKを獲得すると、興梠がきっちり沈めて試合を振り出しに戻す。J1通算得点を155とした興梠は、154で並んでいたFW前田遼一(岐阜)を抜き、通算得点ランキング単独4位となった。さらに同44分には中盤でボールを受けたDF山中亮輔が果敢に放った左足ミドルが、PA内の瀬古に当たってコースが変わると、そのままゴールマウスに収まって浦和が2-1と逆転に成功した。

    2-1と浦和がリードしたまま後半を迎えると、C大阪は同14分に瀬古に代えてMF藤田直之、同20分にFW奥埜博亮に代えてFWブルーノ・メンデスを投入して状況を打開しようと試みる。同24分には右サイドを駆け上がったDF片山瑛一のクロスからB・メンデスが放ったヘディングシュートは西川に弾き出されてしまう。すると、同26分、左サイドをえぐったMF汰木康也の折り返しを受けたFWレオナルドが右足で狙う。シュートはGKキム・ジンヒョンに阻まれたが、こぼれ球をMFマルティノスが押し込んで浦和がリードを2点差に広げた。

    2点のビハインドを背負ったC大阪は後半28分、FW高木俊幸、MF西川潤、DF小池裕太を同時投入して反撃を試みる。しかし、浦和が体を張った粘り強い守備でしのぎ切り、3-1のまま試合終了のホイッスルが吹かれた。
    2020-10-24_19h54_30
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a285871703fda8755b84d7bb906f9b5288f9e021

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/10/17(土) 16:59:44.20 _USER9
    C大阪 4-1 横浜FM
    [得点者]
    10'奥埜 博亮 (C大阪)
    67'奥埜 博亮 (C大阪)
    71'豊川 雄太 (C大阪)
    80'豊川 雄太 (C大阪)
    90+1'水沼 宏太(横浜FM)

    スタジアム:ヤンマースタジアム長居
    入場者数:6,870人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2020/101719/live#live


    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/

    5: 久太郎 ★ 2020/10/17(土) 17:01:22.11 _USER9
    >>1
    奥埜博亮&豊川雄太2発に坂元達裕がドリブル突破連発!C大阪が横浜FMに2年連続ダブル

    明治安田生命J1リーグは17日に第23節が行われ、セレッソ大阪と横浜F・マリノスが対戦した。

    リーグ3位の堅守を誇るC大阪が、リーグ2位の得点数をマークしている横浜FMをホームのヤンマースタジアム長居に迎えた一戦。リーグ順位としてはC大阪が勝ち点45の3位、横浜FMが勝ち点38の7位という状況で臨んだ。

    試合は戦前の予想通り、FWジュニオール・サントスやMFマルコス・ジュニオール、喜田拓也らを先発させた横浜FMが序盤にボールを支配。MF清武弘嗣、坂元達裕、DFマテイ・ヨニッチらをスタメンに送り出しているC大阪は危険なゾーンへの侵入を防ぎつつ素早い攻撃から得点を目指す。

    早々の10分、早速スコアが動く。右サイド深い位置でボールを持った坂元が左足でクロスを供給するとこれがボックス内の奥埜博亮にドンピシャ。GK梶川裕嗣も至近距離からのヘディングシュートに反応し切れず、C大阪が先制点を奪取する。

    その後、勢いを得たC大阪がボールを保持する時間を延ばしていき、左サイドから右サイドに大きく展開する形を多用して幾度かクロスからチャンスを作る。右サイドで一対一の場面までお膳立てされる坂本は巧みなドリブルで自らの長所を存分に発揮した。

    横浜FMは前半半ばからカウンターを狙って素早く前線にボールを供給しようとするものの、マテイ・ヨニッチらが立ちはだかる。35分にはエリキの猛プレスに慌てたGKキム・ジンヒョンのクリアがJ・サントスの顔面に直撃したが、ボールは横浜FMの選手にこぼれない。

    それでも、39分にはM・ジュニオールのボックス右から放ったシュートにGKキム・ジンヒョンがわずかに触れて左ポストを叩く。前半終盤に差し掛かって盛り返した横浜FMがシュートまで至るシーンが増加する。

    C大阪がリードを保って迎えた後半、一進一退の攻防が続く中で徐々に横浜FMがボールを回す位置が高くなる。C大阪は清武や坂本を中心に追加点を狙いに行くが、あまり攻撃に人数を割くことはできない。

    ロティーナ監督は66分に木本恭生とブルーノ・メンデスに代えて藤田直之と豊川雄太を投入して攻撃のギアを入れ直す。すると直後、右足サイドからのクロスをボックス左の清武が頭で折り返すと、ボールはボックス右深い位置の奥埜に渡る。奥埜はクロスを連想させる身体の開き方からニアを射抜くシュートを放ち、自身のこの日2点目を決め切った。

    さらに31分、ディフェンスラインからのパス一本に抜け出した豊川がボックス手前やや距離のある位置からGK梶川裕嗣を抜くループシュート。これがネットを揺らし、指揮官の期待に見事に応える加入後リーグ初ゴールをマークした。

    そして、豊川は81分にもカウンターから冷静に一対一を制してチームの4点目。反撃に出る横浜F・マリノスは、途中出場の水沼宏太が後半ATにヘディングで古巣ネットの揺らしたが反撃はここまで。

    この結果、連勝を収めたC大阪は横浜FMとのここ2年間の直接対決で4戦全勝。対する横浜FMは相性の悪さを払拭できず、リーグ3試合ぶりの黒星を喫した。

    ■試合結果
    セレッソ大阪 4-1 横浜F・マリノス

    ■得点者
    C大阪:奥埜博亮(10分、67分)、豊川雄太(71分、81分)
    横浜FM:水沼宏太(90+1分)
    2020-10-17_17h37_27
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4a76c06446bf92903ebe01af85275d3b3f998351>>1

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/09/27(日) 14:57:53.19 _USER9
    仙台 2-3 C大阪
    [得点者]
    44'ブルーノ メンデス(C大阪)
    57'西村 拓真    (仙台)
    67'西村 拓真    (仙台)PK
    82'マテイ ヨニッチ (C大阪)
    90+1'清武 弘嗣   (C大阪)

    スタジアム:ユアテックスタジアム仙台
    入場者数:2,789人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2020/092712/live#live


    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/

    4: 久太郎 ★ 2020/09/27(日) 14:59:10.93 _USER9
    >>1
    C大阪、清武弘嗣の鮮やかゴールでシーソーゲーム制し3戦ぶり白星!仙台は泥沼6連敗抜け出せず

    明治安田生命J1リーグは27日に第19節が行われ、ベガルタ仙台がセレッソ大阪をホームのユアテックスタジアム仙台に迎えた。

    J1第19節|仙台 vs C大阪|スタッツ・結果

    8試合未勝利で5連敗中とどん底に沈む仙台の勝ち点は17試合消化時点で「11」。最下位湘南ベルマーレ(勝ち点9)との勝ち点差は「2」となっており、敗北すれば最下位転落もある中で今節に臨む。

    一方の2位・C大阪(勝ち点39)も前節の上位直接対決で3位・FC東京(勝ち点38)に屈して連敗。FC東京よりも消化試合数が1試合少ない状況ではあるが、順位を落とす可能性が出ている。

    リーグテーブル上でも重要なこの一戦に、C大阪はMF柿谷曜一朗やMF坂元達裕、FWブルーノ・メンデスらを先発起用。MF清武弘嗣はベンチからのスタートとなっている。対する仙台はFWアレクサンドレ・ゲデスやFW西村拓真、MF浜崎拓磨らを送り出した。

    一進一退の攻防が続く前半は仙台がサイドから積極的にクロスを蹴り込んでいくものの、強固な守備を構築するC大阪がDFマテイ・ヨニッチを中心に跳ね返し続ける。33分には西村がボックス手前左のミドルレンジから狙ったが、GKキム・ジンヒョンに弾かれた。

    バランスを崩さずに落ち着いた対応を続けるC大阪は44分にチャンスを迎える。左サイド深い位置の柿谷がクロスを入れると、飛び込んだのはB・メンデス。ニアでヘディングシュートを放ってネットを揺らした。

    貴重な先制点を手にして前半を終えたC大阪だったが、折り返して迎えた57分に仙台がゴールをこじ開ける。パラが低く速い弾道のボールを左サイドから中央に折り返すと、走り込んだ西村がゴール前で合わせる。右足のアウトにかけた技ありのシュートでファーに流し込んだ。

    さらに67分にもボックス右で西村がボールを受けてドリブル突破を図る。切り返したところで対峙していた松田陸が身体を投げ出すようにして進路を阻もうとしたが、PKの判定。これを西村が自ら決めた仙台が逆転する。失点直後、C大阪は柿谷に代えて清武を送り出す。

    82分、C大阪の右CKの場面でキッカーは清武。ボックス中央にクロスを蹴り込むと飛び上がったマテイ・ヨニッチが打点の高いヘディングシュートを叩きつける。ボックス左下隅の完璧なコースに飛んだボールが同点弾となる。

    そして試合終了間際、ボックス左に入り込んだ清武が右足を一閃。美しい軌道を描いた鋭いシュートがファーのネットを揺らし、C大阪が土壇場で逆転する。

    試合はこのまま終了。この結果、仙台は泥沼の6連敗で最下位転落の危機に晒されることに。対するC大阪は3試合ぶりの勝利で2位を維持している。

    ■試合結果
    ベガルタ仙台 2-3 セレッソ大阪

    ■得点者
    仙台:西村拓真(57分、67分)
    C大阪:ブルーノ・メンデス(44分)、マテイ・ヨニッチ(82分)、清武弘嗣(90+1分)
    2020-09-27_17h05_31
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b4df0bf37af0a90d53187f5551081968d88af7a4

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/09/19(土) 20:03:06.17 _USER9
    C大阪 1-2 鹿島
    [得点者]
    32'ファン アラーノ (鹿島)
    36'ブルーノ メンデス(C大阪)
    46'エヴェラウド   (鹿島)

    スタジアム:ヤンマースタジアム長居
    入場者数:6,836人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2020/091923/live#live


    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/

    4: 久太郎 ★ 2020/09/19(土) 20:04:12.57 _USER9
    >>1
    鹿島、上位対決を制しリーグ戦6連勝! ホームで敗れたC大阪の連勝は6でストップ

    明治安田生命J1リーグ第17節が行われ、セレッソ大阪と鹿島アントラーズが対戦した。

    現在リーグ戦2位・C大阪と5位・鹿島の上位対決。C大阪は直近のリーグ戦6連勝中で首位・川崎フロンターレに勝ち点差5にまで迫っている。一方の鹿島も好調でリーグ戦5連勝中。ともにさらなる連勝を目指す一戦となった。

    ファーストシュートはC大阪だった。7分、敵陣ペナルティエリア右でボールを受けたMF奥埜博亮からのパスを受けたFWブルーノ・メンデスがシュート。しかし、このシュートは相手DFに阻まれる。

    その後はどちらもインテンシティの高い激しいゲームに。互いになかなか良い形でシュートを打つことができない。

    それでも28分、鹿島は敵陣中央右サイドからMF土居聖真がクロスを送ると、ペナルティエリア中央からFWエヴェラウドがヘディングシュートを放つ。しかしこれは枠の上に外れ、ゴールには至らない。エヴェラウドはその直後にもサイドからのクロスにヘディングシュート。これは枠内に飛ぶが、ボールはGKキム・ジンヒョンの手に収まった。

    そんな中、先制したのは鹿島だった。敵陣ペナルティエリア手前右から土居のパスを受けたMF和泉竜司がボールをキープし、ペナルティエリア中央から左足でシュート。これは相手DFにブロックされるが、こぼれ球をMFファン・アラーノがゴールへ押し込んだ。

    しかしその4分後、C大阪が同点に追いつく。奥埜のダイレクトパスで右サイドを抜け出したMF坂元達裕が、敵陣深くから右足でクロス。これを中央で待っていたB・メンデスがダイレクトでゴールへ流し込んだ。試合は振り出しに戻り、前半は終了する。

    迎えた後半、立ち上がり早々に鹿島が勝ち越しに成功する。46分、敵陣ゴール前の競り合いから、こぼれ球を拾った和泉が強烈なシュート。これはキム・ジンヒョンが反応しセーブを見せるが、こぼれ球をエヴェラウドがゴール上へ突き刺した。

    再び1点を追う状況となったC大阪のロティーナ監督は、61分にFW柿谷曜一朗とDF丸橋祐介を同時投入。すると71分、C大阪は敵陣深く右サイドでFKを獲得すると、MF清武弘嗣が上げたボールをDFマテイ・ヨニッチがヘディングシュートを放つ。しかし鹿島のGK沖悠哉が好セーブを見せると、この直後のCKの流れから今度はMFレアンドロ・デサバトが右足でミドルシュート。しかしこれも沖が得点を許さず、C大阪は同点弾を生み出せない。

    迎えた後半アディショナルタイム、C大阪は決定機を迎える。敵陣深くの左サイドから丸橋が左足でクロスを上げると、パワープレーで前線に残っていたDF木本恭生が強烈なヘディングシュート。しかしこれはクロスバーを直撃し、ゴールとはならなかった。

    結局試合はこのまま終了。鹿島がリーグ戦6連勝を飾り、C大阪の連勝は6でストップした。

    次節、C大阪はアウェイでFC東京と、鹿島はホームで湘南ベルマーレと対戦する。
    2020-09-19_21h56_25
    https://news.yahoo.co.jp/articles/cdb5b8859dfcc185da954eacd01b1910f25c43ff

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/08/30(日) 19:59:04.49 _USER9
    横浜FC 1-2 C大阪
    [得点者]
    14'清武 弘嗣    (C大阪)
    58'ブルーノ メンデス(C大阪)
    86'松尾 佑介    (横浜FC)

    スタジアム:ニッパツ三ツ沢球技場
    入場者数:3,373人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2020/083010/live#live


    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/

    6: 久太郎 ★ 2020/08/30(日) 20:00:23.71 _USER9
    >>1
    清武躍動のC大阪が連勝で2位キープ!横浜FCの連勝は「3」でストップ

    明治安田生命J1リーグ第13節が30日に行われ、横浜FCとセレッソ大阪がニッパツ三ツ沢球技場で対戦した。

    J1第13節|横浜FC vs C大阪|スタッツ・結果

    昇格組ながら3連勝中と好調を保つ暫定12位・横浜FCが、リーグ屈指の堅守を誇る暫定4位・C大阪をホームに迎えた一戦。横浜FCは一美和成や松尾佑介、C大阪は清武弘嗣や坂元達裕らを先発で起用した。

    試合はポゼッションスタイルに取り組む横浜FCがボールを保持する展開となるが、C大阪のディフェンスラインは落ち着いて対応。14分には高木俊幸のヒールパスを受けた清武が巧みな身のこなしでボックス内に侵入して左足でゴール右下隅を射抜く。C大阪が先制に成功する。

    巻き返しを図る横浜FCはサイドからのクロスで打開しようとするが、C大阪もマテイ・ヨニッチらを中心に中央に入るボールを冷静に跳ね返す。前半の終盤には序盤とは反対にC大阪がボールを握る時間が増加していく。

    後半に入ってもC大阪の時間は続く。47分、ボックス右でボールを受けた坂本が左足を振り抜くとディフレクションしたシュートが枠に直撃。追加点とはいかなかったが横浜FCゴールを脅かした。

    すると58分、ドリブルでボックス内左に入り込んだ清武がDFのチェックによりこぼしたボールを奥埜博亮が拾ってフリーのブルーノ・メンデスにパス。B・メンデスが落ち着いて決めてリードを広げる。

    試合を決定付けたいC大阪は後半半ばに清武、B・メンデスを下げて柿谷曜一朗、都倉賢を投入。対する横浜FCも袴田裕太郎、松浦拓弥に代えて中村俊輔、齋藤功佑を送り出す。

    そして81分にはC大阪陣内中央付近でのFKで中村が速いボールを蹴り込んで直接狙ったが、ここは壁がブロック。それでも86分に斉藤光毅の落としに反応した松尾がネットを揺らして1点差に詰めよる。

    しかし横浜FCがもう1点を決めることはできないまま試合が終了。この結果、横浜FCの連勝は3試合でストップした。C大阪は連勝を飾り、第12節終了時点で位置していた2位をキープしている。

    ■試合結果
    横浜FC 1-2 セレッソ大阪

    ■得点者
    横浜FC:松尾佑介(86分)
    C大阪:清武弘嗣(14分)、ブルーノ・メンデス(58分)
    2020-08-30_20h48_55
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9be3213a871d3254a2d2cb31357ba22192ecf3b4

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/07/04(土) 22:36:50.93
    大阪ダービーでC大阪が2-1勝利、丸橋の一撃にファンも驚嘆「やばい!」「エグっ!」

    中断明けのJ1リーグ第2節でセレッソ大阪がガンバ大阪に2-1と勝利したなか、C大阪DF丸橋祐介が弾丸ミドルシュートを叩き込み、オーストラリアのスポーツ専門局「Optus Sport」が「ゴールキーパーはなす術がなかった」と絶賛している。

    【動画】「GKはなす術がなかった」と海外衝撃! C大阪DF丸橋祐介の“弾丸ミドル弾”
    https://www.football-zone.net/archives/270601/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=270601_6

    新型コロナウイルスの影響で中断していたJ1リーグが約4か月ぶりに再開し、パナソニックスタジアム吹田では大阪ダービーが開催された。G大阪のMF遠藤保仁がスタメンに名を連ね、通算632試合のJ1最多出場記録を更新した。

    試合は前半アディショナルタイムに動く。MF清武弘嗣が左サイドへ展開し、丸橋が中央へ折り返すと、最後はFW奥埜博亮の左足シュートでC大阪が先制。そして迎えた後半17分、清武の落としたボールを、ゴールまで約20メートルの位置から丸橋がダイレクトで左足を振り抜き、強烈なミドルシュートをゴール右隅に突き刺した。その後1点を返されたC大阪だが、最終的に2-1と勝利し、開幕2連勝を飾っている。

    C大阪公式ツイッターでゴールを速報すると、ファンから「ゴラッソ」「やばい!」「エグっ!」など驚嘆の声が上がった一方、オーストラリアのスポーツ専門局「Optus Sport」は「ゴールキーパーはなす術がなかった」と絶賛している。

    J1リーグ再開初戦で生まれたスーパーゴールが、海外メディアにも衝撃を与えていた。

    7/4(土) 21:52 フットボールゾーン
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5791e723282e626d0871c362278805e02787737a
    no title

    続きを読む

    1: ニーニーφ ★ 2020/06/21(日) 17:04:27.11
    J1、C大阪の新本拠地となる「桜スタジアム(仮称)」。旧キンチョウスタジアムを改修し、来年6月の開場を目指す中、改修費に充てるための募金活動が思い通りに進んでいない。

    目標額は総事業費の66億円。完工まで残り9カ月という現段階で、募金額は約34億円と半分程度にとどまる。コロナ禍の影響で寄付活動も滞り、クラブ関係者は「前年の月平均と比べて4、5月は4割程度の金額。非常に厳しい」と漏らす。

    そんな事態を打開しようと、このほどC大阪の森島寛晃社長が建設募金団体の代表理事に就任した。高い知名度を誇るサッカー元日本代表は17日、建設中の新スタジアムの芝生の上で会見。「ラストスパートの時期。みなさんの協力があって、より良いものになる」と募金を呼び掛けた。1回の申し込みで5万円以上寄付をすると、名前がプレートに刻まれ、スタジアム内に掲出される。

    会見に合わせてメディア向けの内覧会も行われた。昨年から始めた工事自体は順調に進んでおり、約60%が完成。2万5000人収容の球技専用スタジアムはピッチと最前列の観客席との距離が最短約5.8メートルと、Jでも屈指の臨場感が特徴だ。

    来年4月からC大阪が30年の期間で指定管理者として運営。

    「大阪のシンボルになれるように、みんなでつくり上げたい。どこでも行きます」。

    「モリシ」と親しまれた社長自ら、寄付金集めを積極的に行うつもりだ。 
    2020-06-21_18h08_23
    https://news.yahoo.co.jp/articles/64684635c2a8887cc3314b9b382c041e32a937d2
    時事通信社

    続きを読む

    1: 伝説の田中c ★ 2020/05/02(土) 20:00:00.77
    新型コロナウイルスの感染拡大でサッカーチームが軒並み活動休止となっている中、昨年から始まったC大阪の新たな本拠地「桜スタジアム」の改修工事は今日も進んでいる。担当者によると、来年3月の完成予定に向け、現在の進ちょく状況は45%。「日本一の親近感」を基本コンセプトのひとつに掲げるスタジアムの現状と今後を、写真とともに伝える。

    かつてのキンチョウスタジアムでは、今なお、新たな姿へと生まれ変わるための改修工事が続けられている。新型コロナウイルスの影響でリーグ戦やチームの活動が止まっている中でも「桜スタジアム」と銘打たれたC大阪の新本拠地は、来年3月の完成に向けて今日も作業が進められていた。

    クラブの担当者は「屋根も付き始め、工事の進ちょく状況は現在で45%です」と説明する。完成までの部品等は全てそろえられており、自主的な中断や休止要請などがなければ、新型コロナウイルスの対策を実施しながら、工事は日々、進んでいくという。

    完成後、来年6月から使用開始予定で、ACLにも対応した収容人数2万5000人の球技専用スタジアム。その新たな本拠地の基本コンセプトのひとつにC大阪は「日本一の親近感を!」と掲げている。その「親近感」を味わえるのが、メインスタンドの観客席からピッチまで5・7メートルという距離の近さだ。

    G大阪の本拠地パナスタで最も近いところが7メートル、神戸が本拠地とするノエスタが6メートル、J2京都の新たな本拠地サンガSが7・5メートル。関西のJクラブで最も接近しており、臨場感を味わえる仕様となっている。一方では、特別感を味わえるラウンジなども設置される。

    「地域のための都市型スタジアム」というコンセプトもあり、防災拠点としての機能だけでなく、試合日以外にも地域の人々が活用できる場所を作ろうとしている。レストランやコーヒーショップといった飲食店を設置する構想があり、スタジアム内の部屋などは会議室として貸し出す予定。また、学習塾の教室、子育て支援施設として利用を募る案もある。

    クラブのイベントで桜スタジアムについて問われたFW柿谷は「楽しみ」と改修後を待ちわびた。募金で改修する「桜スタジアム」は、その目標額が66億円。4月1日現在、集まった額は約34億6000万円となっている。法人、個人に対して継続して寄附をお願いしつつ、完成の時を目指していく。

    ○…かつてのキンチョウスタジアムから抜本的に変わるのが、旧バックスタンドとホームゴール裏席。旧バックスタンドは改修後にメインスタジアムとして使用することになり、かつてのメインスタンドがバックスタンドとなる。座席数が大幅に増設されるホームゴール裏席とともに屋根が付く。コンセプトのひとつに「クラブの成長に応じた段階的改修」と掲げており、今後も継続的なバージョンアップを目指す予定。球技専用スタジアムのため、完成後はラグビーやアメフットなどの試合も誘致する。

    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2020/04/29/kiji/20200429s00002179041000c.html
    no title

    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/04/11(土) 13:09:14.60
    が地元メディア『IAMノティシアス』を通じ、日本でのカルチャーショックを明かした。

    デサバトは1990年生まれの30歳で、母国クラブのベレス・サルスフィ、バスコ・ダ・ガマ(ブラジル)を経て昨年1月にC大阪へ完全移籍。来日1年目の昨季はJ1リーグ戦18試合に出場し、今季も中断前の第1節・大分戦(○1-0)で先発フル出場を果たしている。

    同選手が日本で衝撃を受けたものとして挙げたのは、街で撮影などを行うコスプレイヤーだった。

    「日本人はアニメーターが多くて、アニメが全てなんだよ。空港に到着すると、『ようこそ日本へ』と書かれた巨大な看板があり、マリオブラザーズのキャラクターが使われている。全てがアニメで構成されているんだ」

    「週末にはアニメのコスプレをして写真を撮っている人をたくさん見かける。キャラクターの格好をするためにカツラとそれに合った服を着ていて、すごいことになっているよ。まるで何事もないように、もう自然に撮影をしているんだ。最初は慣れていなかったから、コスプレをしているのを見るのはちょっとショックだった」

    日本でのカルチャーショックを打ち明けたデサバトだが、自身も子供の頃に『キャプテン翼』のアニメが好きだったことを告白。そして『大空翼』に該当するJリーガーが存在することも地元メディアに語っている。

    「子供の頃は(キャプテン翼が)とても好きだった。有名なオリベル・アトム(スペイン語版での大空翼の名称)は、今も活躍している日本人選手だよね。本当だよ! 僕はそれを確信することができた」

    「現在は横浜FCでプレーしている。名字はミウラで、52歳か53歳(実際は今年2月26日で53歳)で最年長選手なんだ。彼らは去年2部リーグで今年昇格したから、まだ顔を合わせたことはない。でも今季はオリベル・アトムと対戦する機会があるんだ(笑)」

    C大阪は5月17日の第14節で横浜FCの本拠地に乗り込む予定だったが、新型コロナウイルスの影響により、すでに延期が決定。ホームでの対戦は11月28日の第33節となっている。

    日本のことを「良い生活をしていて、穏やかで、とても素敵で、安全な国」と母国に紹介したデサバトは、新型コロナウイルスをめぐる対応について「彼らはちょうどいい時に予防措置を取ったし、それ以上(感染が)起こらないように努めた」と説明。「サッカーが止まっていても、家でトレーニングは続けている」と、再開に向けて自身のコンディションを整えていることも伝えた。

    4/11(土) 10:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200411-43479549-gekisaka-socc
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/03/27(金) 07:29:40.12
    世界中で新型コロナウイルスによる影響が深刻化し、各国で様々な混乱も生じている。

    この日本でも依然として収束に向かう気配が見えないなか、Jリーグも4月3日の再開を目指していたものの、3月25日には再び延期が決定。J1はゴールデンウィーク明けの5月9日の再開を見込んでいる。

    そうした状況下で、日本人の振る舞いを称えたのが、セレッソ大阪を率いる智将アンヘル・ロティーナだ。

    かつてラ・リーガでも辣腕を振るった経験を持つ62歳のスペイン人指揮官は、ガリシアの地元紙『El Ideal Gallego』のインタビューで、日本での新型コロナウイルスの現状について、「ここは比較的にマシな方だと思う」と明かした。

    「私のチームは、カップ戦とリーグ戦をそれぞれ1回だけプレーしただけだが、無観客で親善試合もやれた。1週間前に学校が閉鎖されたが、レストランやショッピングモールなどの施設は開いているし、リーグの再開を待つしかない状況だ。スペインよりも制御されているし、感染のレベルは懸念されているが、論理的にはそれほど上昇していない」

    さらに同紙から「中国からほど近いのに興味深い状況だ」と尋ねられたロティーナは、日本の文化を交えつつ、こう切り返している。

    「それは私もそう思う。日本は中国人にとっても観光スポットであるからね。ただ、彼ら(日本人)は、とても注意深く行動しているんだよ。仮にそうなったとしても、同僚に感染しないように1週間の自宅隔離は徹底している。

    それと誰かに会うとき、人々は手を握ったりハグしたりはせず、頭を下げて挨拶をかわすんだ。だから接触が少ない。さらにマスクが頻繁に使用される。とにかく慎重に行動しているんだ。実際、我々が試合に行く時もクラブのメディカルから最低一つは手渡されたよ」

    また、母国スペインでは、感染状況が日々刻々と悪化しており、ロティーナもそのことを危惧している。同インタビューで、次のようにメッセージを送った。

    「私はバスクに家族全員がいる。ビルバオとログローニョに息子が住んでいる。スペインでは感染者が増えており、とくに年配の人々については心配だ。私はベニート・フアネット(元スペイン代表GK、新型コロナウイルスにより22日に死去)のことを聞いたばかりだ。とても残念に思う。病院で孤独に亡くなるのは家族にとっても悲しいことだ……。

    リーガの中断? 何よりもまずはウイルスの流行を止めることだけが重要で、当然の判断だと言える。サッカーは二次的なものなんだ。問題を解決してから、それから人々の仕事を維持することを考えるべきだからね」

    日本にやってきておよそ3年。そんなロティーナにとっても、世界が未曽有の危機に瀕するなかで、至って冷静に行動をしている日本人は称賛に値したようだ。

    3/27(金) 5:41配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200327-00010003-sdigestw-socc
    no title

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ