海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ダイブ

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/05/19(金) 08:58:56.73 ID:CAP_USER9.net
    イングランドサッカー協会(FA)は18日、シミュレーションへの罰則を強化することを発表した。2017-18シーズンからは、1度見逃された場合でも後に発覚すれば2試合の出場停止処分が下ることになる。

    対象となるのは、意図的に倒れてPKをもらおうとしたり、痛がったふりをして相手を退場に追い込むなど、主審を欺く行為。試合中に見逃されたとしても、元審判、元指導者、元選手の3人による映像検証でシミュレーションと判断された場合、問題の選手に対して2試合の出場停止処分が科される。また、シミュレーションによって相手選手が受けた警告および退場を取り消すことも可能となるようだ。
    2017-05-19_09h38_36
    ゲキサカ 5/19(金) 6:17配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170519-01639863-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:THE FURYφ ★@\(^o^)/ :2017/05/02(火) 20:12:35.05 ID:CAP_USER9.net
    最近はオフサイドやハンドの有無を正確に判断するためにビデオ判定を積極的に導入すべきとの意見が出ているが、これによって防止が期待できるのが選手のシミュレーション行為だ。今節のプレミアリーグではあまりに酷いダイブが連発し、いかに防止するかが議論されているのだ。

    マンチェスター・ユナイテッドとスウォンジーの一戦では、FWマーカス・ラッシュフォードが相手GKと接触して倒れたとの判定でPKをもらっているが、ラッシュフォードはGKと接触する前から倒れ込む準備を始めていた。主審は見抜けなかったが、これは明らかなダイブだろう。さらにマンチェスター・シティとミドルズブラの一戦でも、マンCのレロイ・サネが相手DFに倒されたとの判定でPKを獲得している。しかし、こちらもリプレイを見るとサネが意図的に倒れたように映る。

    そして最も酷かったのがリヴァプールMFルーカス・レイバだ。ルーカスはワトフォード戦に先発すると、43分に相手ペナルティエリア内でドリブルを仕掛け、ワトフォードMFトム・クレヴァリーと接触したように見せかけて倒れ込んだのだ。これにはクレヴァリーも激怒し、主審はルーカスにシミュレーション行為としてイエローカードを出している。

    英『Daily Mail』もこれらの行為を問題視しており、審判の目を欺こうとする選手はあまりに多い。これも技術の1つと言ってしまえばそれまでだが、これで試合の結果が左右されるのは問題だろう。同メディアは「欺こうとする行為は蔓延しており、現代サッカーにおいて最も落胆させることの1つ」と伝えており、防止の必要性を訴えている。ビデオ判定が導入されれば選手もダイブを控えるはずだが、よりフェアなフットボール実現への1歩となるか。
    2017-05-02_21h23_22
    http://www.theworldmagazine.jp/

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170502-00010029-theworld-socc
    続きを読む

    2014-06-30_09h41_02
    [6.29 ブラジルW杯決勝T1回戦 オランダ2-1メキシコ フォルタレザ]

     オランダ代表は29日、決勝トーナメント1回戦でメキシコ代表と対戦し、2-1で勝利した。1点ビハインドの後半43分にMFヴェスレイ・スナイデルの ゴールで同点に追いつくと、同アディショナルタイム4分にはFWアリエン・ロッベンが獲得したPKをFWクラース・ヤン・フンテラールが落ち着いて決め て、土壇場での大逆転勝利を飾った。7月4日の準々決勝ではコスタリカ代表と対戦する。

     決勝点の引き金となったPKを獲得したロッベンだが、試合中、再三ペナルティーエリア内で倒れるシーンがあった。『スカイ』によると、試合後、ロッベン は「本当にバカなことをしてしまった。だけど倒されるということが予期できて、最後の瞬間に相手が足を引くということもある」と謝罪。「前半戦のやつに関 しては謝らなければいけない。あれはダイブだったし、あんなことは絶対にしてはいけない」と反省した。

     しかし最後のPKを獲得した場面については、正当性を主張。「最後に倒されたやつはペナルティだよ。僕は倒されたんだ」と判定が正しかったと強調している。

     ただこれに異議を唱えるのが、敗軍の将、ミゲル・エレーラ監督だ。「ロッベンは3回もダイブをした」と主張すると、「彼は警告を受けるべきだった。ズル をしようとした選手に対しては注意をしなければならない。ロッベンがもしまたダイブをしたら、退場になるだろう」と怒りをあらわにしている。
    http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140630-00136917-gekisaka-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ