海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:チチャリート

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/13(月) 01:23:58.39 ID:CAP_USER9.net
    ■ロサンゼルスFCが獲得に年俸17億円を準備している模様
     
    レバークーゼンのメキシコ代表FWチチャリートことハビエル・エルナンデスが、2018年から米MLSに参入するロサンゼルスFCへ移籍する可能性が急浮上している。

    同クラブは獲得に向けて年俸1500万ドル(約17億円)という破格オファーを準備しているようだ。スポーツ専門放送局「ESPN」のスペイン語版コンテンツを扱う「ESPNデポルテス」で放送されている人気番組「Jorge Ramos y Su Banda」の公式ツイッターアカウントが報じている。

    ロサンゼルスFCは2018年シーズンからMLSに新たに参加が予定されている。新クラブの目玉補強の候補に挙がっているのが、メキシコ代表の英雄チチャリートのようだ。

    プレミアリーグとブンデスリーガでゴールを量産してきた点取り屋に対して年俸17億円という高待遇を用意すると伝えられている。

    マンチェスター・ユナイテッドでプレー経験のあるチチャリートのニュースに英メディアも反応。英紙「ザ・サン」も取り上げている。

    チチャリートは「ブンデスリーガでは選手として、そして一人の人間として学ぶことが多くある」と語り、さらにUEFAチャンピオンズリーグでのプレー希望を明かすなど残留の意志を明かしているという。

    ■チチャリートに不満を抱える同僚も?
     
    しかし、レバークーゼンのチームメートの中には、チチャリートの振る舞いや貢献度の低さに不満を抱えている選手がいるという情報も伝えられている。そうした話が真実であれば、チチャリートが居心地の悪さを感じて、移籍を決断する可能性もあるだろう。

    11日の第20節本拠地フランクフルト戦では、先制点と2点目を続けざまに決めるなど存在感を発揮。今季リーグ戦ではここまで18試合に出場し、チーム最多の8ゴールを叩き出している。

    現在28歳という選手として最も脂の乗っているこのタイミングで、新たな挑戦を選択するのだろうか。

    Football ZONE web 2/12(日) 22:40配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170212-00010018-soccermzw-socc

    写真



    LAFC
    https://lafc.com/
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/06(金) 20:57:07.36 ID:CAP_USER9.net
    「チチャリート」ことメキシコ代表FWハビエル・エルナンデスについて、所属先のレヴァークーゼン(ドイツ)が放出の準備をしているようだ。レヴァークーゼン側は2500万ユーロ(約31億円)の契約解除金を出すクラブがあれば、即座に売るつもりだという。現地時間5日付けの独『シュポルト・ビルト』誌(電子版)が伝えている。

    エルナンデスは2015年8月にマンチェスターU(イングランド)から1100万ユーロでレヴァークーゼンに加入。昨季は公式戦26ゴールを挙げてチームに貢献し、一躍スターになった。今季も開幕から6試合で5ゴールを挙げたが、そこから不発に。PKを2本失敗するという不名誉も加わった。

    そうなると、今度はマイナス面が取り沙汰されるもので、『シュポルト・ビルト』誌は、エルナンデスはチームプレーヤーではなく、エゴイストと思われているようだと報道。同選手はレヴァークーゼンに加入した当初から新天地で友人を作ろうとせず、チームメイトとのクリスマスパーティにすら興味を示さなかったという。

    1095分間ノーゴールということもあって、チーム内でも、クラブ内でもエルナンデスへの風当たりが強くなっているとのこと。同選手にはまだどこからもオファーが来ていないようだが、クラブ側は2500万ユーロを用意できるクラブがあればすぐに放出する意向だという。2018年に契約が切れることもあって、レヴァークーゼンとしては今夏にも同選手を売りたいらしい。
    2017-01-06_21h35_26
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170106-00000014-ism-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/10/09(日) 17:42:50.26 ID:CAP_USER9.net
    『Gulfnews』は「UAEプロリーグのアル・ワフダは、メキシコ代表FWハビエル・エルナンデス“チチャリート”の獲得に向かっていた」と報じた。

    アル・ワフダの監督を努めているのは元日本代表のハビエル・アギーレ氏。元メキシコ代表監督でもある彼にとっては、チチャリートは教え子でもある。

    クラブはその意向に従って、チチャリートが所属するレヴァークーゼンに向けてなんと4000万ユーロ(およそ45億円)もの入札を行っていたという。

    しかし、レヴァークーゼンがそのビジネスを行うことを拒否したため、取引は実現せず。チチャリート自身も残留を希望したという。

    昨季UAEで3位という好成績を残し、ACL出場権を獲得したアル・ワフダであるが、今季はスタートで躓いている。

    開幕2試合でまだ勝利がなく、目玉として獲得してきたハンガリー代表FWバラージュ・ジュジャークもまだインパクトを残せておらず、アギーレ監督は厳しい状況に陥っている。
    d1e468ba-dbb9-48bb-9aa6-38c08ff4c8d8
    http://qoly.jp/2016/10/09/javier-aguirre-wanted-to-sign-with-chicharito
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/09/25(日) 00:42:20.06 ID:CAP_USER9.net
    ブンデスリーガ第5節が24日に行われ、日本代表FW武藤嘉紀が所属するマインツとレヴァークーゼンが対戦した。

    第2節以降、ここ3試合で9ゴールを挙げるなど、攻撃陣が好調のマインツ。ここまで2得点の武藤はベンチスタートとなり、チーム内得点王のパブロ・デ・ブラシスやジョン・コルドバ、ユヌス・マッリらがスタメン出場している。一方のレヴァークーゼンはここまで全て途中出場ながら4得点と驚きをもたらしている22歳のFWヨエル・ポーヤンパロが初先発。ハカン・チャルハノールはベンチ外となり、スタメンにユリアン・ブラント、ケヴィン・カンプル、ハビエル・エルナンデスらが名を連ねた。

    マインツは10分、左サイドに走り込んだガエタン・ブスマンがフリーでシュートを放ったが、これはGKベルント・レノがキャッチ。一方のレヴァークーゼンも12分、エリア手前からのフリーキックをウェンデルが左足で狙ったが、ボールはGKヨナス・レッスルの正面で得点には至らなかった。

    30分台に入り、一気に試合が動き始めた。まずは31分、マインツは相手ディフェンスが釣り出されていた右サイドにレヴィン・エズトゥナリが抜け出す。フリーでエリア内に侵入し、ゴール前にパスを転がすと、走り込んだマリが楽々と押し込んで先制に成功している。

    ところが1分後、試合は振り出しに戻る。チャルレス・アランギスの浮き球のボールを裏に抜け出したJ・エルナンデスがエリア内で受けると、GKレッスルの動きを見て、コースを狙ったシュートを放つ。これが決まってレヴァークーゼンが同点に追いついた。

    マインツは35分、右サイドのCKからエリア内にボールを送り込むと、ディフェンス陣がクリアしそこねたボールがゴール前にいたシュテファン・ベルの足にあたってゴールに入った。セットプレーからの得点で再びリードを奪っている。

    イエローカードが5枚出るなど、激しい展開となった前半戦は、2-1でマインツがリードして終了した。

    49分、ブラントのパスに反応してエリア無い左に抜け出したチチャリートがクロスを送ると、逆サイドでフリーになっていたポーヤンパロが頭で枠を狙ったが、コースを読んでいたGKレッスルにキャッチされる。初スタメンでインパクトを残せていないポーヤンパロは60分にケヴィン・フォラントとの交代でピッチを去った。

    レヴァークーゼンは66分、エリア内にロングボールが供給されると、途中出場のシュテファン・キースリンクがディフェンダーと競り合い、こぼれ球をゴール前右でフリーになっていたJ・エルナンデスが右足でボレーシュートを放つ。ボールは寄せたアレクサンダー・ハックの足にあたって高く上がり、GKの頭上を超えてゴールに吸い込まれた。

    一気に逆転したいレヴァークーゼンは終盤攻勢を仕掛ける。82分、右サイドからのクロスのこぼれ球をキースリンクがボレーでゴール前に送る。右ポスト手前に位置していたJ・エルナンデスがボレーシュートでゴールを狙ったが、目の前のポストに阻まれてゴールには至らない。

    このままタイムアップかと思われた92分、土壇場で試合が決まった。ヨナタン・ターのロングボールがエリアに送られると、キースリンクがディフェンスと競り合い、裏へこぼれた球をJ・エルナンデスがヘッドで流し込んだ。同選手のハットトリックでレヴァークーゼンが逆転している。

    そのまま試合は終了し、レヴァークーゼンが3-2で勝利。マインツの武藤に出場機会はなかった。

    マインツは次節、29日にUEFAヨーロッパリーグ・グループステージでガバラ(アゼルバイジャン)と対戦。レヴァークーゼンは同日UEFAチャンピオンズリーグ・グループステージでモナコと激突する。

    【スコア】
    マインツ 2-3 レヴァークーゼン

    【得点者】
    1-0 31分 ユヌス・マリ(マインツ)
    1-1 31分 ハビエル・エルナンデス(レヴァークーゼン)
    2-1 35分 シュテファン・ベル(マインツ)
    2-2 66分 ハビエル・エルナンデス(レヴァークーゼン)
    2-3 90+2分 ハビエル・エルナンデス(レヴァークーゼン)
    2016-09-25_07h50_36
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160925-00496821-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/06/20(月) 11:52:53.25 ID:CAP_USER9.net
    コパ・アメリカ準々決勝、メキシコ対チリの一戦は0-7という衝撃の結果に終わった。メキシコ代表のエース、ハビエル”チチャリート”エルナンデスはメキシコ国民にその惨敗を謝罪した。18日、メキシコ紙『レコルド』が報じている。

    ここまで22戦無敗中のメキシコと、前回王者チリの一戦は激戦が予想されたが、思わぬワンサイドゲームになってしまい、チチャリートも「こういう敗戦は繰り返されてはならない。0-7での敗戦はひどすぎる」とコメントし、肩を落とした。

    また、その後SNSからも「全メキシコ国民にお詫びします。今夜の我々はメキシコ代表に値するものではありませんでした。非常に恥ずかしく、悲しく、胸が痛いです」とメッセージを発信している。

    メキシコ代表としては、今回の敗戦は1961年に0-8でイングランドとの親善試合に敗れて以来のワーストスコアということだ。しかし、主要大会においてはワースト記録となってしまった。準ホームとも呼べるアメリカを舞台に、悲願のコパ・アメリカ初制覇も視野に入れていたメキシコ代表の幕切れはあまりにも衝撃的なものとなってしまった。
    20160619_chicharito_getty-560x373
    フットボールチャンネル 6月20日 8時10分
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160620-00010009-footballc-socc

    ハイライト動画
    http://soccer.skyperfectv.co.jp/s/copaamerica/movies/highlight/

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/06/10(金) 13:06:17.03 ID:CAP_USER9.net
    【スコア】
    メキシコ代表 2-0 ジャマイカ代表

    【得点者】
    1-0 18分 ハビエル・エルナンデス(メキシコ代表)
    2-0 81分 オリベ・ペラルタ(メキシコ代表)

    ゲキサカ
    http://web.gekisaka.jp/live/detail/?2528-2528-lv

    【グループC順位表】
    (左から消化試合数/勝点/勝敗/得失点差)
    1位 メキシコ 2/6/2勝/+4
    2位 ベネズエラ 2/6/2勝/+2
    3位 ウルグアイ 2/0/2敗/-3
    4位 ジャマイカ 2/0/2敗/-3

    コパ・アメリカ センテナリオ USA 2016のグループステージ第3戦が9日に行われ、メキシコ代表とジャマイカ代表が対戦した。

    グループCはメキシコ、ウルグアイ、ジャマイカ、ベネズエラの4カ国によって決勝トーナメント進出が争われている。

    初戦で強豪ウルグアイを破ったメキシコは、この試合に勝てば決勝トーナメント進出が決まる。一方、ジャマイカはベネズエラ相手に善戦しながらも0-1の敗戦。負ければグループステージ敗退が決定する。

    この試合で最初にチャンスを作ったのはジャマイカ。7分、クライトン・ドナルドソンが右サイドに抜け出し、エリア内右に進入。右45度の位置から右足シュートを放ったが、ボールはわずかに枠の左へ外れてしまった。

    一方のメキシコもチャンスを作る。18分、右サイドからラウール・ヒメネスがクロスを入れると、ボールはファーサイドのヘスス・コロナにボールがわたる。J・コロナがすぐさま左足でクロスを入れなおすと、ゴール前のハビエル・エルナンデスがヘディングでゴール右下に決め、メキシコが先制に成功した。

    リードを許したジャマイカは同点を目指して反撃に出る。39分、ドナルドソンが右サイドからグラウンダーのクロスを入れる。

    これをゴール前のギャラス・マックリアリーが落とし、マイケル・ヘクターがダイレクトシュートを放ったが、ここはGKギジェルモ・オチョアがビッグセーブを見せてチームを救った。このまま1-0でメキシコがリードしてハーフタイムを迎えた。

    メキシコは後半立ち上がりに相手ゴールへ迫る。48分、J・コロナが左サイドから右足で斜めのクロスを入れる。ファーサイドのR・ヒメネスが折り返し、J・エルナンデスが飛び込んだが、ここは触ることができなかった。

    続く55分、エリア手前右でボールを受けたR・ヒメネスが、切り返して右45度の位置から左足シュートを狙った。カーブのかかったボールは惜しくも枠の左上に外れ、追加点を奪うことができない。

    ジャマイカは自陣で守りを固めながら少ない人数で決定機を作る。64分、ドナルドソンが中盤からドリブル突破を開始。エリア内右に進入したところでヤセル・コロナにスライディングタックルで倒されたが、ここは笛を吹かれることがなかった。さらに67分、自陣ゴール前でGKアンドレ・ブレイクが前線へ大きくクリアする。ジャイルズ・バーンズがこのボールをヘディングですらし、これを受けたドナルドソンがドリブル開始。再びエリア内に進入して決定機となるが、ここは転倒してしまい、チャンスを生かせなかった。

    78分、メキシコは得点を挙げたJ・エルナンデスを下げ、オリベ・ペラルタを投入した。直後の81分、途中出場のイルヴィン・ロサーノが左サイドを駆け上がり、マイナスの折り返しを入れる。

    これを受けたエクトル・エレーラのトラップが大きくなると、こぼれ球を走りこんだペラルタがダイレクトシュート。これが右ポストに当たりながらゴールに吸い込まれ、メキシコが大きな追加点を奪った。

    このまま2-0でメキシコがジャマイカを下し、勝ち点を6に伸ばして決勝トーナメント進出を決めた。この結果、ベネズエラの決勝トーナメント進出とウルグアイ、ジャマイカのグループステージ敗退が決定した。

    13日に行われる第3戦で、メキシコはベネズエラ代表と、ジャマイカはウルグアイ代表と対戦する。

    SOCCER KING 6月10日(金)12時58分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160610-00453708-soccerk-socc

    写真


    ◇大会公式
    http://www.ca2016.com

    ◇スカパーオンデマンド
    http://vod.skyperfectv.co.jp/feature/copa2016/

    ◇スカパー
    http://soccer.skyperfectv.co.jp/copaamerica/schedule/
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/06/01(水) 22:01:04.58 ID:CAP_USER9.net
    レヴァークーゼンに所属するメキシコ代表FWハビエル・エルナンデスは、これまで所属した2つのクラブで自身への扱いに不満を抱いていたようだ。

    チチャリートは2010年にメキシコのチーバス・グアダラハラを離れ、マンチェスター・ユナイテッドで初めての欧州挑戦に臨んだ。移籍当初は順調な歩みを続けていたが、指揮官の交代に伴い徐々に出場機会を減らし、2014年夏にレアル・マドリーにレンタル移籍。その1年後には再びユナイテッドに戻り、同夏レヴァークーゼンへと完全移籍を果たした。

    チチャリートは『フォー・フォー・トゥー』でビッグクラブでの日々を振り返っている。

    「ユナイテッドとマドリーでもっと出場機会を得られていたら、僕はスターになっていたかもしれない。それは誰にも分からないよ」

    「あの2チームでは、20試合連続で試合に出るようなチャンスは僕に与えられなかった。それでは、周囲の人々は僕が残留するべきか、その価値がないのかを語ることはできない」

    チチャリートは今季、ブンデスリーガで28試合に出場して17得点を挙げた。

    「数字が物語っている。ユナイテッドで先発出場したのは80試合。僕はその中で65ゴールを決めた。マドリーでは、たったの12試合だ。それでも、9ゴールを奪った」

    「違いは、たったひとつ。レヴァークーゼンは、僕に先発のチャンスを与え続けてくれた。ほかのクラブでは、そうじゃなかったんだ」
    2016-06-01_23h50_48
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160601-00000027-goal-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/05/19(木) 20:30:06.14 ID:CAP_USER9.net
    リーグ戦49得点に終わったマンU

    今季リーグ戦5位に終わったマンチェスター・ユナイテッドは、あまりにも得点が少なすぎた。優勝したレスター・シティが68得点稼いでいるのに対し、マンUは49得点と得点力不足だったのは明らかだ。

    それに対し、ファン・ハール政権になってから放出された選手たちは好調だ。英『The Sun』は、マンUがファン・ハール政権になって放出した選手の今季リーグ戦での得点数を紹介。

    昨夏に放出されたレヴァークーゼンFWハビエル・エルナンデスは17得点、フェネルバフチェFWロビン・ファン・ペルシーは14得点、パリ・サンジェルマンMFアンヘル・ディ・マリアは10得点、そして2014年夏にドルトムント復帰を果たした日本代表MF香川真司が9得点をマークしている。

    この4人の得点を合わせるとちょうど50点になり、何とこの4人だけで今季のマンUの総得点を超えてしまった。その他にもフェネルバフチェMFナニが7得点、アーセナルFWダニー・ウェルベックが4得点とマンUにとっては悔やまれる内容となっている。

    中でも1番の衝撃はチチャリートことハビエル・エルナンデスで、彼がロベルト・レヴァンドフスキ、ピエール・エメリク・オバメヤン、トーマス・ミュラーに次ぐ17得点を稼ぎ出すと予想した人がどれだけいただろうか。少なくともファン・ハールは想像していなかったはずだ。

    ファン・ハール政権が続く限りこの放出された選手のデータは紹介され、得点力不足の話題も続くだろう。それほど彼ら放出組が今季残したインパクトは大きく、マンUにとっては後悔の残る選択となってしまった。
    2016-05-19_21h16_38
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160519-00010015-theworld-socc
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/04/27(水) 17:00:41.80 ID:CAP_USER9.net
    2016-04-27_19h28_16
    FW“チチャリート”ことハビエル・エルナンデスが、昨夏にミランなどイタリアの複数クラブからオファーがあったことを明かし、レヴァークーゼン(ドイツ)を選択した理由などを語った。

    エルナンデスは2014-15シーズンにマンチェスターU(イングランド)からレアル・マドリー(スペイン)に期限付き移籍。33試合9得点の成績を残したものの、完全移籍は実現せず。結局マンUに戻ったが、そこでルイス・ファン・ハール監督から構想外との評価を受け、2015年8月末にレヴァークーゼンに完全移籍した。

    エルナンデスは伊『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙のインタビューに応じ、それを伊サイト『calciomercato.com』が現地時間26日に伝えている。

    同選手は「彼らは僕を完全移籍で獲得し、2018年までの契約を結んでくれた。ここには、必要なすべてのものが揃っている。素晴らしいリーグで、チャンピオンズリーグ(以下CL)でもプレーできるし、良い金額の給料を貰っている。ここ数シーズンで、僕は3つの異なる国でプレーした。サッカーでは何が起きても不思議ではないと理解しているよ」と、レヴァークーゼンで充実のときを過ごしていると語った。

    その上で「セリエAは興味深いリーグだね」「そこでの経験も除外することはできない。昨夏にはユヴェントスとインテル、ミラン、ローマ、ラツィオが僕を欲しがってくれた。バイヤー(レヴァークーゼン)を選んだのは、CLに出場することと、必要とされていると感じさせてくれたからだ。このクラブは、僕と一緒ならもっといいシーズンを過ごせると確信していたし、僕はそれを誇りに思ったんだ」と、イタリア行きを断りドイツに移籍した経緯を語っている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160427-00000017-ism-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1461744041/

     
    続きを読む

    CYK4Y0qUoAAJqJb
    CYOZcweUoAAlPcH
    CYOZdLxVAAECk58
    CYOZeqzUQAETxsX
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ