海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:チャンピオンズリーグ

    1:豆次郎 ★:2018/02/22(木) 07:15:13.63 ID:CAP_USER9.net
    2/22(木) 6:35配信
    マンUの“絶対的守護神”が神セーブ連発! セビージャの猛攻耐え抜き敵地でドロー

    【セビージャ 0-0 マンU チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ】


    現地時間21日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグの試合が行われ、マンチェスター・ユナイテッドはセビージャのホームに乗り込んで対戦。

    試合開始して4分、セビージャのルイス・ムリエルに強烈なシュートを打たれるがGKダビド・デ・ヘアがセーブし失点を免れる。対するユナイテッドも38分、スコット・マクトミネイがシュートを放ちセビージャのゴールを脅かす。しかし、GKセルヒオ・リコに阻まれて先制ならず。前半終盤はセビージャに何度もチャンスを作られたが、GKデ・ヘアがセーブを連発し相手に得点を許さない。

    後半に入ってもセビージャペースは変わらず。83分にはロメル・ルカクがゴール前でキープした後、反転してゴールを決めたがハンドの判定によりノーゴールに。結局、お互いに得点を奪うことが出来ず0-0の引き分けに終わっている。2ndレグは現地時間3月13日にユナイテッドのホームで行われる予定だ。

    【得点者】
    なし

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180222-00257321-footballc-socc

    続きを読む

    【バイエルン・ミュンヘン 5-0 ベシクタシュ チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ】
     
    現地時間20日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグの試合が行われ、バイエルン・ミュンヘンはベシクタシュをホームに迎えて対戦した。試合はバイエルンが5-0で勝利した。

    試合は立ち上がりに動きを見せる。16分にベシクタシュのDFヴィダがFWレバンドフスキを倒し一発退場、バイエルンが試合を優位に進める。29分にはDFフンメルスが34分にはMFビダルがシュートチャンスを迎えるもGKの攻守もあり得点を奪うことは出来ず。それでも43分に左サイドを突破したMFコマンが低いクロスを送りDFアラバのシュートをFWミュラーがコースを変え先制点を挙げる。

    後半に入るとバイエルンが地力の違いを見せつける。52分、右サイドを崩しペナルティーエリア内でボールを受けたレバンドフスキがマイナスのボールを送ると走りこんできたコマンが押し込み追加点を挙げる。65分にはDFキミッヒのセンタリグをニアサイドでミュラーが合わせ試合を決める。

    さらに79分と88分にはレバンドフスキがゴールを決めたバイエルンが10人のベシクタシュに大量5点奪って勝利、ベスト8進出に大きく前進した。2ndレグは現地時間3月14日に行われる。

    【得点者】
    43分 1-0 ミュラー(バイエルン)
    52分 2-0 コマン(バイエルン)
    66分 3-0 ミュラー(バイエルン)
    79分 4-0 レバンドフスキ(バイエルン)
    88分 5-0 レバンドフスキ(バイエルン)
    20180221_bayern_getty

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180221-00257269-footballc-socc続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/02/21(水) 07:03:34.53 ID:CAP_USER9.net
    2/21(水) 6:37配信
    メッシがチェルシーから初得点! バルサ、アウェイで苦戦するもドロー決着

    チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグが20日に行われ、チェルシーとバルセロナが対戦した。

    先に主導権を握ったのはホームのチェルシー。5分、エデン・アザールがエリア手前右から左足ミドルシュート、9分には右CKからアントニオ・リュディガーがヘディングシュートを放つが、どちらも枠を捉えられない。

    さらにチェルシーはウィリアンが32分と41分に強烈な右足ミドルシュートで狙うが、どちらもポストに嫌われ、思わず頭を抱えてしまう。対するバルセロナはボールこそ支配するが、決定機をつくることができず、前半はこのままスコアレスで折り返した。

    均衡が破れたのは62分、エリア手前でフリーのウィリアンが、アザールからパスを受けて右足を振り抜くと、今度はゴール右隅に決まり、“3度目の正直”でチェルシーに先制点をもたらした。

    バルセロナは後半も苦戦していたが、75分に相手のミスをしっかり得点に結びつける。アンドレス・イニエスタが高い位置でパスをカットすると、そのままエリア内左に侵入して折り返す。それを中央に走り込んだリオネル・メッシが左足でゴール左隅に流し込み、同点に追い付いた。なお、メッシはチェルシーから公式戦9試合目にして初ゴールを記録した。

    試合はこのままタイムアップを迎え、バルセロナが苦しみながらエースの1発で追い付き、1-1のドローに持ち込んだ。セカンドレグは3月14日にバルセロナのホームで行われる。

    【スコア】
    チェルシー 1-1 バルセロナ

    【得点者】
    1-0 62分 ウィリアン(チェルシー)
    1-1 75分 リオネル・メッシ(バルセロナ)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180221-00718378-soccerk-socc

    続きを読む

    20180215_liverpool_getty

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180215-00256219-footballc-socc

    【ポルト 0-5 リバプール チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ】

    【2018年ロシアW杯】グループリーグ組み合わせ

    現地時間14日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグの試合が行われ、リバプールはポルトと対戦した。試合はアウェイのリバプールが5-0で勝利した。

    試合はポルトペースで始まるも25分にペナルティーエリア内の混戦からFWサディオ・マネが右足でシュート、これがゴール右隅に決まりリバプールが先制する。

    その4分後にはMFジェームズ・ミルナーのミドルシュートがバーに当たりこぼれ球を拾ったサラーが押し込み追加点を挙げる。ポルトは前半終了間際にMFヤシン・ブラヒミがゴール正面からシュートを打つも枠を捉えきれず、リバプールが2点リードして折り返す。

    53分にサラーのスルーパスをペナルティーエリア内で受けたMFロベルト・フィルミーノがシュート、GKが弾くもこぼれ球をマネがこの日2ゴール目を決める。勢いの止まらないリバプールは69分に左サイドを崩し最後はフィルミーノがゴールを決める。

    終了間際にはサネがハットトリックとなるチーム5点目を挙げポルトに圧勝、守備陣も無失点に抑えベスト8進出に大きく前進した。

    【得点者】
    25分 0-1 マネ(リバプール)
    29分 0-2 サラー(リバプール)
    53分 0-3 マネ(リバプール)
    69分 0-4 フィルミーノ(リバプール)
    85分 0-5 マネ(リバプール)
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/02/15(木) 06:47:28.39 ID:CAP_USER9.net
    2/15(木) 6:36配信
    レアル、3発逆転勝利でネイマール擁するPSG下す! C・ロナウドがCL通算100得点超え

    【レアル・マドリー 3-1 PSG チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ】


    現地時間14日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグの試合が行われ、レアル・マドリーはパリ・サンジェルマン(PSG)をホームに迎えて対戦。

    試合開始して26分、クリスティアーノ・ロナウドがゴール真正面からフリーキックを蹴ったがゴール上に外れ先制ならず。直後の28分にもC・ロナウドに決定的な場面が訪れるが、PSGのGKアルフォンス・アレオラにセーブされて得点が決まらない。

    反対に33分、クロスボールをネイマールがゴール前で落とし、後ろから走り込んできたアドリアン・ラビオが押し込んでPSGに先制点が入った。それでも45分、トニ・クロースがペナルティーエリア内で倒されてPKを獲得すると、このPKをC・ロナウドがしっかりと決めてマドリーが同点に追いつく。

    続く83分、GKアレオラが弾いたボールをC・ロナウドが押し込みマドリーが逆転に成功。さらに86分、味方がゴール前に折り返したボールをマルセロがダイレクトで流し込み3点目が入った。結局、リードを守り切ったマドリーが3-1の勝利をおさめている。2ndレグは現地時間3月6日にPSGのホームで行われる予定だ。

    【得点者】
    33分 0-1 ラビオ(PSG)
    45分 1-1 C・ロナウド(マドリー)
    83分 2-1 C・ロナウド(マドリー)
    86分 3-1 マルセロ(マドリー)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180215-00256178-footballc-socc

    続きを読む

    [2.13 欧州CL決勝T1回戦第1戦 バーゼル0-4マンチェスター・C]

    UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は13日、決勝トーナメント1回戦第1戦を各地で行った。マンチェスター・シティ(イングランド)は敵地でバーゼル(スイス)と対戦。MFイルカイ・ギュンドガンの2ゴールなどが決まって4-0で完勝し、ホームで行われる3月7日の第2戦にはずみをつけた。

    今季のプレミアリーグでは、第27節終了時点で79得点という圧倒的な攻撃力を見せ、2位と勝ち点16差で首位を独走中のマンチェスター・C。この日は、スイスリーグ2位のバーゼルの本拠地に乗り込み、変わらぬ得点力を見せつけた。

    前半6分、攻撃意識の高いバーゼルがFWディミトリ・オベリンの単独カウンターで抜け出すと、同7分には素早いトランジションからFWラヒーム・スターリングがドリブルで相手陣内に侵入。相手のクリアで浮いたボールをFWセルヒオ・アグエロがボレーで狙い、さっそく決定機をつくった。

    すると前半14分、早々にスコアを動かす。MFケビン・デ・ブライネが左CKを鋭く蹴り込み、ニアサイドでマークを外したMFギュンドガンがヘディング。角度のない難しいシュートだったが、見事にネットを揺らして見せ、アウェーチームが先制点を奪った。

    さらに前半18分、左サイドを突破したスターリングのクロスは相手DFが頭で触ったが、ボールはファーサイドへ流れる。PA内で待っていたFWベルナルド・シルバが胸トラップで浮かせると、飛び出したGKの動きを見て左足を一閃。GKトマシュ・バクリクはわずかに触れたが、ボールはネットに吸い込まれた。

    マンチェスター・Cはなおも止まらない。前半23分、アンカーに入ったMFフェルナンジーニョの持ち上がりはリベロのDFレオ・ラクロワがスライディングでクリア。ところが、絶妙な位置にポジションを取っていたアグエロがボールを拾い、右足ミドルシュートを狙うと、ゴール左隅に突き刺さった。

    3点ビハインドでハーフタイムを迎えたバーゼルだったが、後半立ち上がりにMFモハメド・エルユヌシがミドルシュートを狙い、この試合で初めての枠内シュートを記録。6分には、スターリングが最終ライン裏に抜け出すも、猛スピードで戻った守備陣が対応して難を逃れた。

    それでも後半8分、マンチェスター・Cが4点目を奪う。相手ブロックに侵入したアグエロがゴール正面右寄りを攻め上がって、中央のギュンドガンにパス。背番号8が正確なトラップから右足で持ち出し、落ち着いたフォームでミドルシュートを繰り出すと、ボールはGKの手を華麗に巻いて2得点目となった。

    マンチェスター・Cは後半12分、スターリングに代えてFWリロイ・サネを投入。1月27日に行われたFAカップ4回戦のカーディフ戦で相手の悪質なタックルを受けて足首を負傷し、各種報道で全治4~6週間とされていたドイツ代表アタッカーだったが、わずか2週間余りでの復帰となった。さらに同18分、デ・ブライネに代わって負傷明けのMFダビド・シルバもピッチに立った

    一方のバーゼルは後半22分、MFバレンティン・シュトッカーのクロスにオベリンが頭で狙ったが枠外。その後もPA内に抜け出したエルヌユシのシュートがGKエデルソンに阻まれるシーン、オベリンの強烈なミドルが枠を捉えるシーンなど、惜しいチャンスを立て続けにつくった。

    マンチェスター・Cは後半28分、PA左深くを突破したアグエロがマイナス方向にクロスを送ると、ギュンドガンが低く押さえたダイレクトボレー。ハットトリック達成かと思われたが、右隅を突いたボールはGKバクリクが見事な横っ飛びでかき出した。

    マンチェスター・Cは後半40分、アグエロを下げてMFダニーロを入れ、フォーメーションを4-2-3-1に変更。ギュンドガンが“ゼロトップ”気味に最前線に入った。そのまま危なげなく試合を終えて4-0で完勝。初の欧州CL制覇に向けて好スタートを切った。
    2018-02-14_08h49_40

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180214-01650520-gekisaka-socc
    続きを読む

    【ユベントス 2-2 トッテナム チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ】

    現地時間13日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグの試合が行われ、ユベントスはトッテナムをホームに迎えて対戦。

    試合開始して2分、ミラレム・ピャニッチのフリーキックからゴール前にいたゴンサロ・イグアインがダイレクトで合わせてユベントスに先制が入った。続く9分にはPKからイグアインが追加点。30分にも決定機が訪れたが、イグアインのシュートはゴール左に外れ3点目とはならず。

    すると35分、後方でボールを奪われてからのショートカウンターからトッテナムのハリー・ケインにゴールを決められ1点を返されてしまう。前半アディショナルタイムにはドグラス・コスタがスピードを活かして抜け出しファールを誘ってPKを獲得。このPKをイグアインが蹴ったが、バーに弾かれて追加点を決めることが出来ない。

    57分にはフェデリコ・ベルナルデスキが強烈なシュートを放ちゴールを狙ったが、GKウーゴ・ロリスにセーブされ得点ならず。追加点を奪えないまま迎えた72分、ゴール真正面のフリーキックからトッテナムのクリスティアン・エリクセンに直接決められ同点に追いつかれてしまった。

    結局、試合は2-2の引き分けに終わっている。ユベントスにとってはアウェイゴールを2点奪われたことになる痛恨のドローだ。2ndレグは現地時間3月7日に行われる。

    【得点者】
    2分 1-0 イグアイン(ユベントス)
    9分 2-0 イグアイン(ユベントス)
    35分 2-1 ケイン(トッテナム)
    続きを読む

    1:動物園φ ★ :2017/12/11(月) 20:24:31.00 ID:CAP_USER9.net
    CLベスト16組み合わせが決定。王者レアルはPSGといきなり激突!チェルシーはバルセロナと対戦
    20171211championsleague_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171211-00246135-footballc-socc

    3:動物園φ ★ :2017/12/11(月) 20:24:53.21 ID:CAP_USER9.net
    決勝トーナメント1回戦の組み合わせは以下の通り。

    ユベントス vs トッテナム
    バーゼル vs マンチェスター・シティ
    ポルト vs リバプール
    セビージャ vs マンチェスター・ユナイテッド
    レアル・マドリー vs パリ・サンジェルマン
    シャフタール vs ローマ
    チェルシー vs バルセロナ
    バイエルン・ミュンヘン vs ベジクタシュ
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2017/12/07(木) 07:11:13.82 ID:CAP_USER9.net
    12/7(木) 6:56配信
    ドルトムント、アトレティコ、ナポリらが敗退…CLグループリーグ最終順位まとめ

    チャンピオンズリーグは6日にグループリーグのすべての試合が終了し、決勝トーナメント進出チームが決定した。


    “死の組”グループHに入った香川真司所属のドルトムントは、2分4敗でグループ3位となり、1勝もできずに敗退となった。

    その他、こちらも厳しい組に入ったアトレティコ・マドリーも、ディエゴ・シメオネ監督就任後、初めて決勝トーナメント進出を逃した。また、セリエAで好調を維持するナポリも、シャフタール・ドネツクに2位の座を明け渡し、敗退が決定している。

    以下、各グループの最終順位。

    ●グループA
    1位:マンチェスター・ユナイテッド
    2位:バーゼル
    3位:CSKAモスクワ
    4位:ベンフィカ

    ●グループB
    1位:パリ・サンジェルマン
    2位:バイエルン・ミュンヘン
    3位:セルティック
    4位:アンデルレヒト

    ●グループC
    1位:ローマ
    2位:チェルシー
    3位:アトレティコ・マドリー
    4位:カラバフ

    ●グループD
    1位:バルセロナ
    2位:ユヴェントス
    3位:スポルティング・リスボン
    4位:オリンピアコス

    ●グループE
    1位:リヴァプール
    2位:セビージャ
    3位:スパルタク・モスクワ
    4位:マリボル

    ●グループF
    1位:マンチェスター・シティ
    2位:シャフタール・ドネツク
    3位:ナポリ
    4位:フェイエノールト

    ●グループG
    1位:ベシクタシュ
    2位:ポルト
    3位:ライプツィヒ
    4位:モナコ

    ●グループH
    1位:トッテナム
    2位:レアル・マドリー
    3位:ドルトムント
    4位:アポエル

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171207-00000038-goal-socc

    続きを読む

    1:数の子 ★:2017/12/06(水) 07:55:57.74 ID:CAP_USER9.net
    12/6(水) 7:22配信 ゲキサカ
    news_slider_232622_1
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171206-01647223-gekisaka-socc

    UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は5日、グループリーグ第6節1日目を行い、マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)とバーゼル(スイス)、ローマ(イタリア)、ユベントス(イタリア)の決勝トーナメント進出が決まった。組み合わせ抽選会は11日に行われる。

    最終節までグループリーグ突破のチームが決まっていなかったA組は、2位バーゼルと勝ち点3差で首位のユナイテッドがCSKAモスクワ(ロシア)に2-1で逆転勝ち。首位通過を決めた。バーゼルは敵地でベンフィカ(ポルトガル)を2-0で下し、2位をキープした。3位のCSKAはヨーロッパリーグ(EL)に回る。

    B組では、首位パリSG(フランス)と2位バイエルン(ドイツ)の首位攻防戦が行われ、3-1でバイエルンに軍配。勝ち点15で並び、直接対決も1勝1敗だったが、直接対決の得失点差により(前回は3-0)パリSGの首位が確定した。3位争いもアンデルレヒト(ベルギー)が1-0でセルティック(スコットランド)に勝ったため、勝ち点3で並んだが、前回の直接対決で3-0で勝利していたセルティックがEL出場権を得た。

    前節で首位チェルシー(イングランド)の突破が決まっていたC組は、勝ち点2差で2位のローマがカラバフ(アゼルバイジャン)を1-0で完封勝ち。首位通過が懸かるチェルシーはアトレティコ・マドリー(スペイン)と1-1で引き分けに終わった。この結果、ローマがチェルシーと勝ち点11で並んだものの、直接対決が1勝1分のため、逆転での首位通過が決定。チェルシーは2位となった。最終節、勝利が絶対条件だった昨季4強のアトレティコは敗退となり、ELに出場することとなった。

    D組は、バルセロナ(スペイン)がスポルティング・リスボン(ポルトガル)に2-0で完封勝ち。首位通過となった。敗退の可能性もあったユベントスは、2-0でオリンピアコス(ギリシャ)を下し、2位で決勝トーナメント進出を決めた。ELに回る3位にはS・リスボンが入っている。

    以下、グループリーグ第6節1日目の結果

    [A組]
    ベンフィカ 0-2 バーゼル
    [バ]モハメド・エルユヌシ(5分)、ディミトリ・オベルリン(65分)

    マンチェスター・U 2-1 CSKAモスクワ
    [マ]ロメル・ルカク(64分)、マーカス・ラッシュフォード(66分)
    [C]ビシニウス(45分)

    [B組]
    バイエルン 3-1 パリSG
    [バ]ロベルト・レワンドフスキ(8分)、コランタン・トリッソ2(37分、69分)
    [パ]キリアン・ムバッペ(50分)

    セルティック 0-1 アンデルレヒト
    [ア]オウンゴール(62分)

    [C組]
    チェルシー 1-1 A・マドリー
    [チ]オウンゴール(75分)
    [A]サウール・ニゲス(56分)

    ローマ 1-0 カラバフ
    [ロ]ディエゴ・ペロッティ(53分)

    [D組]
    バルセロナ 2-0 S・リスボン
    [バ]パコ・アルカセル(59分)、オウンゴール(90分+1)

    オリンピアコス 0-2 ユベントス
    [ユ]ファン・クアドラード(15分)、フェデリコ・ベルナルデスキ(90分)
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ