海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ディ・マリア

    Fussball.-Bild-Ball-Tor_image_1200-1024x683

    1: 風吹けば名無し 2019/03/24(日) 04:52:12.35
    クラブでもエース格の3人
    集まったらさぞ強いんやろなあ

    6: 風吹けば名無し 2019/03/24(日) 04:55:00.14
    マラドーナ監督「よっしゃこの前線にイグアインも投入したろ」

    17: 風吹けば名無し 2019/03/24(日) 05:01:17.55
    なんでめっちゃ強い人たち入れてるのに優勝しないの?

    27: 風吹けば名無し 2019/03/24(日) 05:03:53.38
    >>17
    めっちゃ強い人たちは前の方にしか居ないから

    続きを読む

    GettyImages-940388182-3-1-e1523333760293

    1: 風吹けば名無し 2019/03/19(火) 06:54:56.88
    インサイドハーフが最適ポジション

    3: 風吹けば名無し 2019/03/19(火) 06:55:27.06
    最近もキレキレで何より

    10: 風吹けば名無し 2019/03/19(火) 06:58:17.05
    なぜか評価されない男

    15: 風吹けば名無し 2019/03/19(火) 07:01:22.79
    顔がレアル向きでなかったという風潮

    続きを読む

    GettyImages-940388182-3-1-e1523333760293

    1: 風吹けば名無し 2019/03/17(日) 10:31:11.27
    だよな

    2: 風吹けば名無し 2019/03/17(日) 10:31:37.60
    イブラヒモビッチ

    3: 風吹けば名無し 2019/03/17(日) 10:31:59.16
    カールハインツシュナイダー

    4: 風吹けば名無し 2019/03/17(日) 10:32:03.87
    オコチャ

    続きを読む

    GettyImages-940388182-3-1-e1523333760293

    1: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/23(土) 12:23:59.091
    異論は認める

    2: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/23(土) 12:24:19.619
    ブッフォン

    3: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/23(土) 12:24:51.256
    デルピエロ

    7: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/23(土) 12:25:58.542
    ジネディーヌジダン

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/05/13(日) 07:57:20.38 ID:CAP_USER9.net
    パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアは、今シーズン終了後のバルセロナ移籍を望んでいる。12日、イギリス紙『サン』が伝えている。

    ディ・マリアは今月、「僕はここで幸せだ。でも、クラブは新たな選手を連れてくる必要があるし、その為に誰かが去らなければならないんだ」と今シーズンでのPSG退団を示唆していた。

    ディ・マリアには今冬にバルセロナへ移籍する可能性があったが、PSGが最終的に移籍を拒否したため、これは実現しなかった。しかし、ディ・マリアは今シーズン終了後の移籍を再び望み、バルセロナとの交渉を進めている。その際、ディ・マリアは同胞のバルセロナFWリオネル・メッシとの繋がりがバルセロナ移籍の後押しになると考えているようだ。

    とはいえ、バルセロナが今夏に最優先するのはフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンであり、要望が実現するのは容易ではないと見られている。

    サッカーキング 5/12(土) 21:58配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180512-00756992-soccerk-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/28(木) 18:52:39.70 ID:CAP_USER9.net
    FCバルセロナは、今冬の移籍マーケットでのディ・マリア獲得を交渉しているかもしれないとポータルサイト『ParisFans』が報道している。情報によれば、バルサは昨シーズン出した4,500万ユーロ(約60億円)に加えて、個人&チームとしての目標達成具合に応じて出来高ボーナス1,500万ユーロ(約20億円)支払うというオファーを継続しているということである。

    昨夏、そのオペレーションを完結することはできなかったが、今も同様にディ・マリアはフィリペ・コウチーニョの代替候補である。

    また、両者は数週間にわたりこのオペレーションについて交渉をしており、パリ・サンジェルマン(PSG)は経済的収支を改善し、ファイナンシャル・フェアプレーを守るためにも放出に前向きになっているということである。ディ・マリア本人は友人レオ・メッシの横でプレーすることを望んでおり、このオペレーションを承認するとみられる。

    昨夏、バルサはディ・マリアとの契約に動きを見せ、選手との合意には至ったもののPSGが7,500万ユーロ(約100億円)を要求していた。

    そして、PSGは値引きに応じず、バルサは獲得を諦めなければならなかったが、ディ・マリアはデンベレやコウチーニョと同じようにネイマール退団の穴埋めをするための選手としてそれ以降も注視されている。

    12/28(木) 18:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171228-00010009-sportes-socc

    写真
    続きを読む

    1:@Egg ★@\(^o^)/:2017/04/24(月) 21:46:04.22 ID:CAP_USER9.net
    ビッグディール成立狙う?

    バルセロナが狙うのは元レアル・マドリードのテクニシャンだという。アンヘル・ディ・マリアはパリ・サンジェルマンを離れ、スペインへと戻ってくるかもしれない。

    2010年夏にメスト・エジルやサミ・ケディラらと共にサンティアゴ・ベルナベウへ上陸したディ・マリアは、ジョゼ・モウリーニョ監督の下、圧巻の超絶技巧ドリブルを見せつけ、一躍ワールドクラスのアタッカーへと急成長。

    チャンピオンズリーグを制覇した2014年には100億円を超える移籍金でマンチェスター・ユナイテッドへと去り、現在はパリを魅了する同選手だが、スペイン『Don Balon』はバルセロナ行きの可能性を報じた。

    曰く、彼の同胞でもあるリオネル・メッシがクラブでの競演を熱望しており、バルサ首脳陣も108億円という巨費を投じて“10番”の要望に応じる構えだという。

    もちろんこの電撃移籍が成立すれば、彼を売り払ったレアルとバルサによるクラシコがさらなる熱気を帯びることは間違いないだろう。

    すでにネイマールやルイス・スアレスといった技巧派FWを抱えるバルセロナだが、そこへ108億円のドリブラーまでも加えてしまうのだろうか。今夏の動向に注目だ。

    theWORLD(ザ・ワールド) 4/24(月) 14:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-00010008-theworld-socc

    写真
    続きを読む

    1:イセモル ★@\(^o^)/:2017/03/17(金) 14:49:28.94 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、もっと早くクラブの監督に就任していれば、アンヘル・ディ・マリアやハビエル・エルナンデスを放出しなかったと『BBC』で語っている。

    2014年に高額な移籍金でオールド・トラッフォードにやって来たディ・マリアは、一時は活躍を見せていたものの、ルイ・ファン・ハール前監督の信頼を得られず、加入からわずか1年でパリ・サンジェルマンへと去っていった。しかしモウリーニョ監督は、1年足らずでアルゼンチン代表MFを売却した判断は浅はかだったと語った。

    「最初にここに来た時、哀れなクラブだと思った。マンチェスター・ユナイテッドは私なら売却しなかった選手たちを売ってしまっていたんだ。それに私なら獲得しない選手を買っていた。私ならディ・マリア、チチャリートとダニー・ウェルベックを売却しなかった」

    さらに“スペシャル・ワン”は、ユナイテッドがチャンピオンズリーグに出場するしないにかかわらず、トップ選手を魅了できるだけのビッグクラブだと話した。

    2017-03-17_15h22_36
    以下略で送りしております。
    全文は下記引用元よりご覧ください|ω・)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-00000036-goal-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ