海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:デンベレ

    1:pathos ★@\(^o^)/:2017/09/17(日) 22:20:16.26 ID:CAP_USER9.net
    第4節のヘタフェ戦で左ハムストリングを痛めて前半29分に負傷交代

    バルセロナのフランス代表MFウスマン・デンベレは、16日に行われた第4節の敵地ヘタフェ戦(2-1)で左ハムストリングを痛めて前半29分に負傷交代した。試合後、エルネスト・バルベルデ監督は筋肉系のトラブルであることを明かしていたが、最悪の結果を迎えてしまったようだ。バルサは公式サイトで全治3カ月半~4カ月であることを発表している。


    デンベレは今夏、移籍金1億500万ユーロ(約136億円)+ボーナスでドルトムントから加入。パリ・サンジェルマンが期限付き移籍のFWキリアン・ムバッペの1億8000万ユーロ(約236億円)の買い取りオプションを行使するまでは、史上第2位の移籍金という高額で新天地に渡った。

    第3節の本拠地エスパニョール戦でリーグ戦デビューを飾り、続くヘタフェ戦では初の先発出場を飾ったものの、前半29分に左ハムストリングを痛めるアクシデントに見舞われてしまった。指揮官は17日に詳しい検査を行うと話していたが、同日にクラブ公式サイトで発表された検査結果は深刻なものだった。

    「検査の結果、ウスマン・デンベレは左太腿の大腿二頭筋の腱の切断が認められた。来週、フィンランドのサカリ・オラバ医師のもと、手術を受けることになる。完治までの離脱期間は、約3カ月半から4カ月と見られている」

    ネイマールの後釜とまで期待された逸材が、開幕わずか4試合で年内復帰絶望の重傷を負うとは、バルサにとっては痛恨の事態だろう。順調に回復したとすれば、復帰時期は来年1月~2月頃。20歳のアタッカーには、さらに強くなって戻ってくることが望まれる。
    2017-09-17_23h07_13

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170917-00010026-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/02(土) 17:35:36.82 ID:CAP_USER9.net
    これまでにサッカー界の様々な契約内容を白日の下にさらしてきた「フットボール・リークス」が、今夏の移籍市場での移籍の中でもインパクトの強かったドルトムントからバルセロナへ移籍したFWウスマン・デンベレについて、バルセロナとの契約内容を公開している。

    デンベレの移籍金は1億500万ユーロ(約136億円)にボーナスがつく条件とされていて、パリ・サンジェルマンが期限付き移籍のFWキリアン・ムバッペの1億8000万ユーロ(約236億円)の買い取りオプションを行使するまでは史上第2位の移籍金という高額なものになっている。

    それだけの条件を整えたバルセロナがデンベレに提示した契約は、年俸1200万ユーロ(約15億7000万円)というもの。日本円にすると、月給で1億円を超えるものすごい条件だが、細かくインセンティブが設定され、かなりの上積みが見込めるものになっていることを明らかにしている。

    強行移籍で手にした超高額年俸

    そして、その最高額は2000万ユーロ(約26億円)と、ベース金額の2倍近くまでボーナスが設定されていることが明らかにされた。また、ドルトムントに対しても公式戦50試合出場やUEFAチャンピオンズリーグへの出場権獲得、優勝などによって移籍金のボーナスが支払われることも明らかにされている。

    20歳になったばかりのデンベレは、バルセロナ移籍を求めてドルトムントの練習参加を拒否するなどの行動で批判も集めたが、強硬に主張して実現したバルセロナ入りによって超高額年俸を得るチャンスを手にした模様だ。

    9/2(土) 17:30配信 フットボールZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170902-00010013-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    1:プエルトリコ ★@\(^o^)/:2017/08/26(土) 00:44:58.86 ID:CAP_USER9.net
    バルセロナは25日、ドルトムントからフランス代表MFウスマン・デンベレを獲得することで合意に達したとクラブ公式サイトで発表した。

    デンベレは27日にバルセロナに到着し、翌28日にメディカルチェックを行う予定だという。契約期間は5年間で、背番号は「11」。移籍金は1億500万ユーロ(約136億円)+ボーナスで、契約解除金は4億ユーロ(約518億円)に設定されている。

    移籍金は史上2番目となった。1億500万ユーロは、今夏バルセロナからパリ・サンジェルマンに2億2200万ユーロ(約288億円)で加入したブラジル代表FWネイマールに次ぐ移籍金で、2016年夏にユヴェントスからマンチェスター・Uに移籍したフランス代表MFポール・ポグバと同額。これまでの報道では1億2000万ユーロ(約155億円)とボーナス3000万ユーロ(約39億円)を合計した約194億円に上ると伝えられていた。

    現在20歳のデンベレは、レンヌの下部組織出身。2015年にトップチームデビューを果たすと、リーグ・アンで26試合に出場、12得点5アシストを記録した。その後、2016年5月にドルトムントと5年契約を締結。ドルトムントでは公式戦50試合に出場し、10得点22アシストをマークしていた。

    今夏の移籍市場ではかねてからバルセロナが獲得を目指していることが報じられていたが、ドルトムントは1回目のオファーを拒否。するとこれに反発したデンベレは、チームの練習を無断で欠席し、一時は音信不通となるなど現場が混乱した。

    その後、ドルトムント側は謹慎処分を科し、トレーニングに参加していなかったため、24日に発表された2018 FIFAワールドカップ ロシア欧州予選に臨むメンバーからも落選していた。フランス代表としては昨年9月にA代表デビューを果たし、これまで7試合に出場して1得点を挙げている。

    バルセロナは今夏、これまでにスペイン代表FWジェラール・デウロフェウ、ポルトガル代表DFネルソン・セメド、ブラジル代表MFパウリーニョを獲得している。
    2017-08-26_07h53_29
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170826-00633288-soccerk-socc
    続きを読む

    1:プエルトリコ ★@\(^o^)/:2017/08/25(金) 18:40:22.51 ID:CAP_USER9.net
    バルセロナがドルトムントのフランス人FWウスマヌ・デンベレ(20)の獲得をほぼ確実なものにしたと、25日のスペイン紙マルカが報じた。

    24日にモナコで行われた欧州CL抽選会で、バルトメウ会長がドルトムントの代理人と交渉を行い、合意に達したという。25日にも正式発表される。

    移籍金は1億500万ユーロ+オプションの4500万ユーロの総額1億5000万ユーロ(約195億円)と、ネイマールに次ぐ高額移籍となると伝えている。
    2017-08-25_19h45_30
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170825-01877364-nksports-socc
    続きを読む

    1:pathos ★@\(^o^)/:2017/08/25(金) 13:30:49.33 ID:CAP_USER9.net
    ドルトムントに所属するフランス代表MFウスマン・デンベレの兄弟や友人らが、同選手のバルセロナ移籍をフライングでお祝いしてしまったようだ。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

    24日、カタールのスポーツ局『beIN Sports』がドルトムントとバルセロナでクラブ間合意に達したと伝えたのを皮切りに、フランス紙『レキップ』やイギリスメディア『スカイスポーツ』など複数メディアがデンベレのバルセロナ移籍成立を報じた。移籍金は総額1億5000万ユーロ(約195億円)と伝えられている。

    現時点で正式発表はないが、同紙によると、デンベレの兄弟と友人がSNS上で次々にお祝いのメッセージを発表したという。彼らはインスタグラムの“ストーリー機能”を使って、同選手のバルセロナ移籍が成立したことを匂わせる画像を投稿したようだ。

    デンベレの兄弟であるマリックさんは、スペイン語で「行くぞ」という言葉と共に、スペイン国旗とバルセロナのクラブカラーである青とエンジ色の絵文字を自身のアカウントに投稿。一方、デンベレの友人だとされる人物のアカウントには、ピースサインとスペイン国旗の絵文字に加えて、「バルサ万歳」という言葉が入った画像が投稿されていた。

    同紙は金曜日(25日)の午前中にも、デンベレのバルセロナ加入が正式に発表される可能性があると伝えている。今回の移籍騒動についにピリオドが打たれることになるのか、注目が集まる。

    (記事/Footmedia)
    2017-08-25_13h52_26
    SOCCER KING
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170825-00633199-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/18(金) 17:49:49.94 ID:CAP_USER9.net
    「1ミリたりとも近づいていない」(ドルトムントCEO)

    現地時間8月16日、バルセロナのペップ・セグラGMは、ドルトムントのウスマンヌ・デンベレとリバプールのフィリッペ・コウチーニョへの関心を認め、獲得に「近づいている」と述べた。
     
    だがこれは、同日のスーペルコパ第2レグで宿敵レアル・マドリーに0-2と敗れ、2戦合計1-5とライバルに完敗した直後の発言。それだけに、サポーターに向けてのアピールという側面もあったのかもしれない。
     
    実際、ドルトムントのハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOは、ドイツ誌『キッカー』で、「何を言っているのか分からない」と一蹴。「バルセロナはデンベレ獲得を実現させたいと望んでいるようだが、今のところ1ミリたりとも近づいていない」と、セグラGMのコメントを完全否定している。
     
    リバプールも同様だ。移籍志願が伝えられているコウチーニョは、今週末のクリスタル・パレス戦も負傷を理由に欠場することになった。だが、クラブは同選手について「売りに出してはいない」という姿勢を示し続けている。
     
    ユルゲン・クロップ監督は、8月17日の会見で「私のほうから言うことは何もない」と、コウチーニョの去就をめぐる状況に変化はないことを明かした。『ESPN』が伝えている。
     
    「他の人たちが何を言っているのかは知らない。私はその人たち、特にこの人(セグラGM)のことを知りもしないんだ。彼とは会ったことはない。だから、理解できないよ」
     
    それでも、バルセロナが両選手を望んでいることに変わりはない。ロベルト・フェルナンデスSDは17日に行なわれたパウリーニョの入団会見の場で、「我々は複数の選手の獲得のためにそれぞれのクラブと交渉している。困難であることは分かっているけどね」とコメントした。

    彼は、デンベレとコウチーニョへの関心を認め、難しい取引と認識しつつ、獲得を目指すと述べた。
     
    「デンベレとコウチーニョは、我々が長いこと気にしている重要な選手たちだ。適切な年齢で、我々のサッカーにも適応できるだろう。リバプールとドルトムントに敬意を払っているが、交渉は時間を必要とするものだ。最終的に彼らの獲得を実現できるかどうかは相手クラブ次第だがね」
     
    パリ・サンジェルマンに史上最高額でネイマールを引き抜かれたバルセロナは、ターゲットに据えたデンベレとコウチーニョを獲得できるだろうか――。欧州移籍市場の締切日(8月31日)は刻一刻と迫っているが、果たして!?
    2017-08-18_22h50_26
    8/18(金) 15:47配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170818-00028938-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/17(木) 14:05:12.88 ID:CAP_USER9.net
    スペイン1部リーグ、FCバルセロナのジョセップ・セグラゼネラルマネジャー(GM)は16日、フィリペ・コウチーニョ・コレイアとウスマン・デンベレの獲得が「近い」と明かした。

    スペイン・スーパーカップでレアル・マドリードに2試合合計1-5で敗れたバルセロナのセグラGMは、コウチーニョが所属するイングランド・プレミアリーグのリバプール、デンベレを保有するドイツ・ブンデスリーガ1部の所属のボルシア・ドルトムントとの交渉は数日中にまとまるとの見解を示している。

    レアルに敵地で0-2で敗れたスーパーカップ第2戦後にセグラGMは、地元テレビ局Esport3に対し、「われわれは補強をしてチームの援助をしなければならない。彼ら(コウチーニョとデンベレ)は数日のうちにここに来る」と語っている。

    「われわれはコウチーニョとデンベレの条件面について話している。彼らは近い場所にいる。来たるシーズンに彼らがバルサの選手になることを願っている」

    今月上旬にネイマールが史上最高額の移籍金2億2200万ユーロ(約288億円)でフランス・リーグ1のパリ・サンジェルマンに引き抜かれたバルセロナは、混乱のまま新たなシーズンに突入している。

    今季から指揮を執るバルセロナのエルネスト・バルベルデ監督は、ネイマールの不在がチームのバランスに影響を与えていることを認めている。

    リバプールとドルトムントは、今夏の移籍マーケットが閉じる31日までにネイマールの代役をどうしても確保したいバルセロナに対し、1億ユーロ(約129億円)以上の移籍金を要求し交渉は難航している。

    なお、バルセロナのDFジェラール・ピケは、選手とクラブ上層部との間の不和報道を否定している。

    一方でピケは、レアルとの差を縮めるためには多くの労力を割く必要があることを認めている。レアルは今月だけでUEFAスーパーカップスペイン・スーパーカップと二つのタイトルを獲得している。

    「われわれは現時点でベストの状態ではない。チームとしてもクラブとしてもだ。一致団結して前に進まなければならない」

    「スーズンは長く、まだ始まったばかりだ。マドリードはわれわれより優れていた。われわれは敗戦を受け入れなければならない。相手を祝福し、自分たちは改善していかなければならない」

    8/17(木) 13:08配信 AFP時事
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170817-00000023-jij_afp-socc

    写真


    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/17(木) 07:31:19.98 ID:CAP_USER9.net
    バルセロナへの移籍を希望しているドルトムントのMFウスマンヌ・デンベレの“暴走”が止まらない。

    ネイマールをパリSGに引き抜かれたバルサから、ドルトムントのもとにデンベレ獲得のオファーが届いたのが8月上旬。提示額は1億ユーロ(約128億円)という破格の条件だったが、「選手の価値に見合わない」(ミヒャエル・ツォルクSD)との理由でこの申し出を断った。

    2014~16年に在籍したレンヌ時代からバルサ行きを夢見ていたデンベレは、ここで強硬手段に打って出る。8月10日のトレーニングを無断欠席したのだ。ドルトムントから活動停止処分を受けた後も公の場に姿を現わさず、その動向に注目が集まっていた。

    そして、 『ビルト』紙によれば、デンベレはすでにドルトムントにある自宅を引き払ったようだ。8月14日夜に3人の友人がデンベレ宅を訪れ、大量の荷物を車に詰め込んでその場を後にしたという。

    8月16日時点で、デンベレの所在は明らかになっていない。ドルトムントを離れた可能性は高いものの、バルセロナにそのまま向かった、あるいはパリに滞在しているという報道もある。

    何とかしてバルサ移籍を実現しようとしているデンベレだが、ドルトムント側にこの20歳の逸材を容易に手放す意思はない。要求している1億5000万ユーロ(約192億円)のオファーがない限りは、退団を容認しない構えだ。

    現状ではバルセロナから二度目のオファーはなく、デンベレはいわば宙に浮いている状態。今後どのような動きを見せるのか、要注目だ。

    文:ワールドサッカーダイジェスト編集部

    2017年8月16日 サッカーダイジェストWeb
    http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=28885

    写真
    28885_ext_04_0
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/08/16(水) 20:33:58.11 ID:CAP_USER9.net
    バルセロナは、リヴァプールMFフィリペ・コウチーニョ、ボルシア・ドルトムントFWオスマン・デンベレの獲得を諦めていないようだ。

    今夏FWネイマールのパリ・サンジェルマン移籍で、2億2200万ユーロ(約286億円)という大金を手に入れたバルセロナ。その資金でコウチーニョとデンベレの2選手確保に動いている。

    リヴァプールはコウチーニョの移籍金として、1億ユーロ以上を要求しているといわれる。一方でドルトムントは移籍金1億5000万(約)ユーロをデンベレ放出の条件としている様子で、獲得費用は最低でも2億5000万ユーロ(約322億円)にかさむ。

    バルセロナはすでに、MFパウリーニョ獲得に4000万ユーロ(約51億円)を費やしている。単純計算では、コウチーニョとデンベレの2選手獲得は困難な状況だが、果たして…。
    2017-08-16_21h31_54
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170816-00010003-goal-socc
    続きを読む

    1:ranran roo ★@\(^o^)/:2017/08/12(土) 14:20:49.93 ID:CAP_USER9.net
    8/12(土) 13:54配信

    Football ZONE web
    練習無断欠席のデンベレ、ドルトムント関係者との接触拒否 独誌「さらなるストライキ」
    2017-08-12_15h01_51
    過熱するデンベレの騒動。クラブとの関係はこじれたままのようだ【写真:Getty Images】

    クラブ側はバルセロナからのオファーを拒否 レンヌ時代に前科も…

    日本代表MF香川真司の所属するドルトムントのフランス代表MFウスマン・デンベレは、バルセロナ移籍を求めて練習をボイコットするなどの強硬手段に出たことでクラブから処分を受けた。クラブとの関係はこじれたままのようで、現在はクラブ職員との接触を拒否しているという。ドイツのサッカー専門誌「キッカー」が報じた。

    デンベレは現地時間10日に行われたチーム練習を、ペーター・ボス監督をはじめ、クラブ側に無断で欠席。これを受けてドルトムントは、デンベレに来週までの全ての練習と試合に参加させることを禁止とした。バルセロナからのオファーについても、デンベレの価値に見合うものではないとして拒否したとの声明も発表していた。

    移籍の道を閉ざされたデンベレは現在、ドルトムントの職員との接触を拒否。キッカー誌では「さらなるストライキ」と報じられている。20歳のアタッカーはレンヌ時代にも、移籍を要求して練習不参加という“ボイコット”を決行していた前科も明らかにされている。

    ドルトムントは今夏、エースのFWピエール=エメリク・オーバメヤンの慰留に成功しているが、ブンデスリーガ開幕が迫るなかで若き逸材の去就問題は複雑な展開へと発展している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170812-00010005-soccermzw-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ