海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:トッティ

    1:久太郎 ★:2018/10/01(月) 16:35:31.74 ID:CAP_USER9.net
    ローマのレジェンドであるフランチェスコ・トッティ氏が、自伝本『ウン・カピターノ(主将)』の中でかつて同僚だった元日本代表の中田英寿氏について語っている。

    中田氏は、ペルージャを経て2000年1月にトッティ氏が所属していたローマに加入した。翌シーズンにはユヴェントス戦(2-2)でスクデットを呼び込むゴールを決め、日本人初となるセリエA制覇を成し遂げたが、元ローマの主将は当時を回想した。

    「ナカタの所へ駆け寄り、ハグをしてキスした。すでに皆も駆け寄った後だったけど、彼はいつもの穏やかな笑みを浮かべていて、やや構えているようだった。私は耳元で『君は最高だよ、ヒデ!』と何度も叫んだ。最後に彼はこちらを向くと、『グラッツィエ!』と大声で答えてくれた。それから彼は立ち去って行ったが、スクデットに値するゴールが決まった直後、興奮した選手たちに体を触られて少し嫌だったのではないかと思う」

    「ナカタは1番にロッカールームへと消えていったが、存在感を消した宇宙人のようであり、礼儀正しいが、淡泊で物静かだった。僕らと一緒にいながらも誰も侵入することのできない自分の世界も持っていた」

    またトッティ氏は、ロッカールーム内において、チームメートたちがスクデット獲得に歓喜する中、中田氏の行動には驚かされたと明かしている。

    「皆と一緒に歌ったり、踊ったり、乾杯したりしていた。その時、ナカタには呆気にとられたけど楽しませてもらったよ。彼はあのカオスの中で、隅に座って本を読んでいたんだ。火星人だよ」

    2006年ドイツ・ワールドカップを最後に29歳で現役引退を決断した中田氏だが、トッティ氏は直接本人から早期引退の可能性を聞かされていた。

    「言葉を交わした回数は少なかったが、『僕は他にもやりたいことがあるので、早めに引退するつもりだ』と言っていたが、まさにその通りになった。だから今でも覚えている」
    2018-10-01_17h02_24
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181001-00000006-goal-socc
    続きを読む

    1:みつを ★:2018/09/27(木) 21:37:22.87 ID:CAP_USER9.net
    https://www.cnn.co.jp/showbiz/35126221.html

    伊受刑者、出所を自ら延期 慰問のサッカー選手会いたさに
    2018.09.27 Thu posted at 17:10 JST


    (CNN) サッカーの元イタリア代表の人気選手だったフランチェスコ・トッティ氏はこのほど、代表チームが刑務所を慰問した際、同氏に会うことを熱望し決められていた出所時期を1週間遅らせた受刑者がいたとの逸話を披露した。

    自伝の出版を宣伝するため地元の放送局「RAI」に出演した際に明かした。この若者の男性と出会ったのはイタリア代表チームが2006年のワールドカップ(W杯)ドイツ大会で優勝を果たした直後の時期。

    トッティ氏は「この若者は何が何でも私と共に写真に収まることを切望していた」と述懐。「私と! 私と! 私と!」と叫び続けながら規制の中を強引に突き進み、そばに寄ってきて一緒の自撮りを試みていたという。

    トッティ氏が、この男性が出所をわざわざ遅らせていたのを知ったのは代表チームが刑務所を去った後、誰かからその理由を教えてもらった時だった。男性はトッティ氏が慰問に加わるのを知った後、もう1週間刑務所にとどまることを決断。予定通り出所させるなら、刑務所に戻されるように何か馬鹿なことをしでかすとも述べていたという。

    男性は公開書簡も残しており、「私が今後、さらに100年間生き続けたとしても、トッティ(氏)と一緒に写真撮影出来る機会は再びないだろう」とも記していた。

    ストライカーなどを務めたトッティ氏は同国1部リーグ(セリエA)所属のクラブ「ローマ」一筋にプレーし、出場は15年間で786試合に達する。その才能やローマへの忠誠心が人気を集め、イタリアを代表する選手の1人ともなっていた。

    セリエAの「ローマ」一筋でキャリアを終え、昨年現役を引退したトッティ氏/Paolo Bruno/Getty Images Europe/Getty Images

    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/03/16(金) 18:16:11.05 ID:CAP_USER9.net
    元イタリア代表FWで、ローマ幹部のフランチェスコ・トッティが、セリエAの公式フェイスブックページでインタビューに応じた。

    ローマのレジェンドであるトッティは、昨シーズン限りで現役を引退。今シーズンからクラブの幹部として任務を全うしている。元イタリア代表FWは、Jリーグの東京ヴェルディなどから「天文学的な額のオファー」を受け取りながらも、引退を決断した理由を明かした。

    「ローマ、そしてセリエAを離れなかったのは、僕の小さい頃からの夢である“たった1つのユニフォームを着ること”を実現したかったからだよ。僕は最高のキャリアを送れたと思う」

    続いてトッティは、ローマでの現役生活を通して、最高の瞬間を問われると、「当然、スクデットを獲得したときだよ」と返答。元日本代表の中田英寿氏も貢献した2000-2001シーズンのリーグ優勝を挙げた。

    シューズを履かない違和感

    現役ラストマッチとなった昨年5月のジェノア戦から約10カ月が経ち、レジェンドは寂しさも感じている。

    「今は別の形だけど、選手の頃と同じように生活できて僕は恵まれている。ロッカールームにもピッチにも入れるし、監督とも話をする。チームと一緒に遠征して、合宿にも帯同する。唯一、違うことは、着替えたりシューズを履いたりしなくなったことかな。シューズを履かなくなったのは、寂しい感じがする」

    またトップ選手になることを夢見る世界中のサッカー少年に対し、自らの経験を踏まえ、アドバイスを送った。

    「カンピオーネを目指す少年たちへ? 小さい頃は楽しむことだけを考えないとダメだよ。それから少しずつだけど、自分に上りつめるチャンスはあるのか分かるようになる。僕にそれが分かったのは、トップチームにたどり着いた頃だよ」

    最後にトッティは、「“ザ・キング・オブ・ローム(ローマの王)”と呼ばれた時は、言葉に表せないほど感動したよ」と語り、ローマ一筋を貫き、クラブの王様として君臨したことに胸を張った。
    2018-03-16_20h06_24
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180316-00000021-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/02/27(火) 20:29:13.52 ID:CAP_USER9.net
    元日本代表の中田英寿氏が27日、ローマで同僚だったフランチェスコ・トッティと再会する予定だ。イタリア紙『コリエレ・デロ・スポルト』が26日、報じている。

    中田氏は現役時代、日本人選手の海外組先駆者としてセリエAに渡り、ペルージャやパルマなどで活躍。2000年冬に加入したローマでは、トッティとポジション争いを演じたほか、翌シーズンにはユヴェントス戦でスクデットを呼び込むゴールを決め、日本人初となるセリエA制覇を成し遂げた。

    中田氏は27日、モンテカルロで行われるローレウス世界スポーツ賞に出席するが、その席において、昨シーズン限りで現役生活を終えた元チームメートであり、元ライバルのトッティと対面することになる。

    これに先駆けて中田氏は、古巣ローマで幹部を務めるトッティについての質問に応じた。「幹部のトッティ? 明日、会えるといいですが、彼が今、どんなことをしているのか分かりません。明日、聞いてみますよ」とコメントを残し、かつてのライバルとの再会を期待した。

    中田氏は取材に対し、「完璧なローマ弁」で応じたと伝えられており、『ラ・レプブリカ』も2人の再会について、「友人であり、昔のチームメートであるトッティと冗談を言い合うのが楽しみなようだ」などと報じている。

    なお中田氏は、トッティと同様にローマで共にプレーしたエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督についても言及。「ディ・フランチェスコのことは、よく知っています。素晴らしい人物だし、良い成績を残せるよう期待しています。彼が悩んでいる?

    彼の事をよく知っているから言いますが、たぶん彼は考えすぎでしょう。たまには、心が命じたことをした方が良いと思います」とアドバイスを送った。

    2/27(火) 19:05配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00000018-goal-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/30(土) 09:32:07.94 ID:CAP_USER9.net
    現在ローマの幹部を務めるフランチェスコ・トッティ氏が、クリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシについて言及している。

    トッティはUAEのドバイで、記者の前で次のようなコメントを発した。

    「ここしばらく、サッカー界はおかしな状況になっていると思う。ファンタジーのあるプレーが見られなくなってしまった。その一方で、ネイマール移籍によって2億2000万ユーロ(約290億円)もの大金が動いたよね。契約解除金の高騰は異常だと思う。これは現実的な額じゃないね」

    また、トッティは世界一の選手について問われた際に「僕が思うに、メッシがナンバーワンだと思う。このことはC・ロナウドには言わないようにね」とコメント。

    2017年のバロンドールはC・ロナウドが受賞し、これで両者の受賞回数は5回で並んでいる。ともに“世界一の選手”と表されるクラックだが、トッティにとってはメッシのほうが“お気に入り”となっているようだ。
    2017-12-30_10h17_39
    12/30(土) 9:24配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171230-00000001-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/18(金) 18:16:03.96 ID:CAP_USER9.net
    東京ヴェルディから届いた元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティへのオファーは天文学的な額であったと、イタリア芸能界の大御所マウリツィオ・コスタンツォ氏がイタリア誌『オッジ』のインタビューで明らかにしている。

    トッティは昨シーズンの最終節ジェノア戦に途中出場し、試合終了後には退団セレモニーが行われ、チームメートやサポーター、そしてオリンピコのピッチに最後の別れを告げた。その後はクラブとの約束により、ローマのフロント入りすることが決められていた。しかしトッティ自身は現役を引退することに名残惜しさを感じており、イタリア国外のクラブへの移籍も選択肢として報じられていた。

    ローマのレジェンドを歓迎する声は世界各地から届いた。元イタリア代表のアレッサンドロ・ネスタ氏が率いるNASLのマイアミや、J2リーグの東京Vが獲得に名乗りを上げたほか、ドバイからもオファーが提示された。トッティの友人であり、ローマファンのコスタンツォ氏は、トッティが生涯ローマ一筋を貫くため、東京Vやドバイの巨額オファーを断り、現役続行を諦めていたことを明かしている。またトッティのローマ愛を依存症に例えて表現し、このように語った。

    「フランチェスコはドバイや日本のクラブから届いた天文学的な数字のオファーを断った。彼は本当にローマ依存症だ。他のあらゆる依存症よりも重度といえる」

    『ガゼッタ・デロ・スポルト』によれば、トッティは17日、ベルガモで行われるセリエA開幕節アタランタ対ローマ戦に向けてチームに帯同する見込みとなっている。そして24日にはモンテカルロを訪れ、UEFA会長賞の受賞式典に臨むほか、チャンピオンズリーグのグループ分け抽選にも参加する予定だ。

    8/18(金) 18:02配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-00010005-goal-socc

    写真
    続きを読む

    1:たんぽぽ ★@\(^o^)/:2017/07/18(火) 10:47:57.20 ID:CAP_USER9.net
    K10011063051_1707181001_1707181017_01_02
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170718/k10011063051000.html
    イタリア トッティ現役引退 「サッカー人生の第1章終了」
    7月18日 10時36分

    サッカー元イタリア代表のフォワード、フランチェスコ・トッティ選手が現役を引退し、所属していたローマのディレクターに就任することになりました。これは17日、ローマが公式サイトで発表しました。それによりますと、トッティ選手は「サッカー選手としての私の人生の第1章は終わった。これからはディレクターとして重要な任務に就く。ピッチ上で示したようにディレクターとしてもいい影響を与えたい」と述べ、現役引退を表明しました。

    トッティ選手は2006年のワールドカップドイツ大会のイタリアの優勝メンバーで、長年エースナンバーの10番をつけて活躍してきました。

    イタリア1部リーグのローマでは昨シーズン退団するまで24年間在籍していて、退団後はJ2の東京ヴェルディが獲得を目指すなど去就に注目が集まっていました。
    続きを読む

    2017-07-12_20h26_03
    1:ranran roo ★@\(^o^)/(★ 9939-9umI):2017/07/12(水) 18:21:51.09 ID:CAP_USER9.net
    7/12(水) 17:41配信

    デイリースポーツ

    元ローマのフランチェスコ・トッティのJ2・東京ヴェルディ移籍かどうかについて、12日付のコリエレ・デロ・スポルトは「(現役生活に)後戻りすることはないだろう」と報じた。

    同紙は"中国と日本のご機嫌取り(のオファーにトッティは)ノー"という見出しで、トッティに中国・上海のチームと東京ヴェルディから話があったとした。そしてヴェルディの崔暢亮会長が「トッテイの代理人から"2つの道しかない。ローマに残るかヴェルディにプレーしに来るか"と聞いている」とのコメントも載せた。その上で最後に「フランチェスコは後戻りしない」と記事を結び、ヴェルディ行きはありえないとみている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170712-00000090-dal-socc
    続きを読む

    1:ぶーちゃんφ ★@\(^o^)/:2017/07/09(日) 22:36:46.51 ID:CAP_USER9.net
    J2東京ヴェルディの羽生英之社長(53)が9日、今季限りでイタリア1部ローマを退団する元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティ(40)の獲得に動いている件について、代理人側から「(フロントとして)ローマに残るか、東京Vで現役を続けるのかの二択になった。米国の件は消えた」と話があったことを明らかにした。

    羽生社長は同日、東京・味の素スタジアムで行われたファジアーノ岡山戦後、報道陣の取材に応じた。その中で、トッティが米MLSのマイアミと、ロサンゼルスのチームから獲得のオファーがあったが「それはなくなった」ことも明らかにした。代理人側からは6日に連絡があったというが、その中で「ローマのトッティで終わってほしいという声は、やはりすごくある」と、地元から移籍に反対の声が出ているという話もあったという。

    伊紙コリエレ・デロ・スポルトによると、トッティは現在、スペインのリゾート地イビサ島でバカンス中だという。羽生社長は「(ローマは)すごい騒ぎになっていて、本人も普通に考えられる状況じゃないと聞いている。だから1人で旅行に行って、1人で考えて決めたいと言っているみたいなので、本人も相当悩んでいるんじゃないですか」とトッティの心中をおもんぱかった。

    獲得に動いていることが明らかになった6月25日から、約2週間が経過した。移籍のウインドーは21日に開くため、そこまでに獲得できた場合、最短では22日のカマタマーレ讃岐戦への出場も可能になる。羽生社長は「(決断の)デッドラインをここまでにしてほしいと言うのか、ゆっくり考えてもらった方がいいのか…」と悩ましい心中を吐露した。

    トッティの獲得がかなわなかった場合、他の選手の獲得に動くか聞かれると、羽生社長は「それは、ない。トッティスペシャル。ダメだったら他の選手という話にはならない」と断言。「選手の人数は足りていることは足りている」と話した。

    関係者によると、トッティ側からは300万ユーロ(約3億7500万円)を示されているという。
    2017-07-09_22h57_55
    日刊スポーツ:
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170709-01852873-nksports-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/04(火) 00:35:38.48 ID:CAP_USER9.net
    昨季限りでローマを退団した元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティ(40)は、やはり現役を引退してフロント入りすることが濃厚なようだ。ローマの新指揮官を務めるエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督がイタリア『Il Centro』で王子のフロント入りを示唆した。

    昨季限りで下部組織時代を含めて28年間を過ごしたローマを退団したトッティには現在、現役を引退して予てよりクラブが6年契約をオファーしていたディレクターに就任してフロント入り。あるいは獲得交渉が報じられているJ2の東京ヴェルディや、同胞アレッサンドロ・ネスタ監督が率いるアメリカのマイアミFCなどで、現役を続行する、という2つの選択肢がある。

    サマーバカンスから戻ってきたトッティは、近日中に自身の去就を発表するとみられるが、先日にローマの新指揮官に就任したディ・フランチェスコ監督は、現役時代に共にプレーした王子がディレクターとして自身をサポートする可能性を示唆している。

    「我々はほぼ確実にトッティをディレクターとして迎え入れることになるだろう。」「私は最近、彼と話をした。彼の選んだ役割を超えて、彼が我々の近くにいることは幸せなことだ。彼の存在は多くの付加価値を与えてくれるからね」

    「チームを率いるのは私だが、現時点で私はここのプレーヤーたちをあまり知らない。そういった中でチームを掌握している誰かが側にいてくれることは大きな助けとなるはずだ」

    1989年にローマの下部組織に加入して以降、ジャッロロッソのユニフォームに身を纏い、28年間で公式戦786試合に出場し、307ゴールを挙げたトッティ。ローマでのタイトルは2000-01シーズンのスクデットと、2度のコッパ・イタリアのみだが、2006年ドイツ・ワールドカップでイタリア代表の優勝に貢献するなど、サッカー界屈指のレジェンドとして知られる。

    今回のディ・フランチェスコ監督の発言が事実であれば、トッティの現役引退の可能性は濃厚だ。しかし、多くの日本のサッカーファンが夢見るトッティのJリーグ参戦の可能性はわずかながら残されているはずだ。

    超ワールドサッカー / 2017年7月3日 22時22分
    https://news.infoseek.co.jp/article/webultrasoccer_281560/

    写真
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ