海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ドゥンガ

    1: Egg ★ 2019/02/11(月) 08:09:20.89
    試合後にも私はドゥンガと話をし、彼はあらためてコメントを補足した。

    「後半15分過ぎから、私は日本の敗戦を予想した。選手たちからは”勝たなくてはいけない”という重圧が感じられた。しかし、本来プレッシャーを感じなければいけないのはカタールのほうだったと思う。

    カタールは開催国UAEと微妙な関係にあるが、それでも同じ中東の国。ホームでプレーしているのも同じだし、次回のW杯の開催国でもある。彼らには勝利が求められていた。一方、日本はリラックスして、今までどおり自分たちのサッカーをしていればよかった。

    しかし試合の前に何かがあったのか、ピッチに降りた日本の選手たちは皆一様に自信のない様子だった。自信のない者は勝つことはできない。これはサッカーに限らず、すべてにおいての鉄則だ」

    日本サッカーはここ20年で目を見張るほど大きく前進した。しかし、サッカーの神髄にはいまだ到達していないように思える。巧みなテクニック、組織立った動き、戦術、こういったものは非常に大事だが、最後の最後に勝敗を決めるのはメンタルだ。Jリーグ発足当時から、私は個人的に日本サッカーを見続けてきたが、いまだに感じるのが、ジーコが何年も前に指摘した”マリーシア(狡猾さ)”の欠如だ。

    Jリーグで長くプレーしたビスマルクもその点を強く感じているようだ。

    「日本の敗戦は残念だった。決勝の相手がカタールに決まった時、私は日本の5度目の優勝を確信した。たぶん決勝戦のカタールは、この国のサッカー史上、唯一無二の最高のプレーをしたのだと思う。今後日本とカタールが10回対戦しても、日本は10回勝つはずだ。日本の方がカタールよりもずっとプロらしく、戦術も駆使していたし、ボールポセッションも日本の方が上で、リズムもあり、試合を支配していた。

    しかしそれでも負けてしまったのは、他でもないメンタルによるものだ。思うに、日本にはピッチに真のリーダーが欠けていたのではないだろうか。何が何でも勝つという気持ちとマリーシアを持ち、皆を落ち着かせ、ネガティブな状況もポジティブに変えられると先頭きって皆にわからせる存在が……。

    ただ、敗戦は残念だったが、決勝の舞台にたどり着けたということは、監督や選手の顔ぶれが代わっても日本の強さは変わらないということだ」

    日本と関わりあるブラジル人のなかでも、最も偉大なレジェンドのひとり、トニーニョ・セレーゾにも話を聞いてみることにした。彼は日本と中東で監督をした経験がある。ある意味で、この決勝の話を聞くには最適の人物だろう。

    「開始すぐの失点は、日本の選手たちにとって驚きだったに違いない。こんな形でリードされるとは思ってもみなかったはずだ。そのショックから、彼らはうまく立ち直ることができなかった。これは日本サッカーでよくみられる精神的な特徴で、私も常に(監督として)その点を克服させようとしていた。

    一方で日本の選手は、最後まで手を抜かず戦い続ける闘士の心を持っている。イラン戦を見ればそのことはよくわかる。アジアで一番難しく、強い相手に、日本は3-0と完勝した。イラン戦の日本は完璧だったと言ってもいい。日本がたった30分でも、イラン戦のようなプレーを決勝でしていたなら、今頃は5度目のカップ獲得を祝っていたかもしれない。

    しかし、日本サッカー協会は、監督やコーチ、選手たちの働きを正しく評価してほしい。優勝こそしなかったものの、アジアカップでの日本はすばらしかった。日本のサポーターにもこれだけは言っておきたい。『日本のサッカーはダイナミックで、情熱的で、感動的で、何より現代的で、年を追うごとに進化している』と。日本が負けたのは、この日のカタールが最高にツイていたからだけでなく、日本がとんでもなく不運だったからだ。日本は決して悪くないチームだった」

    ドゥンガ、ビスマルク、トニーニョ・セレーゾと同様、私も、今後はメンタル面での強化に力を入れるべきだと感じる。少なくとも外から日本のサッカーを見る者の目にはそう映る。森保一監督を私は高く評価している。しかし、外からの声を聞くのも、より成長し、いい結果を出すためには大事なことであると私は思う
    2019-02-11_09h21_34
    2/10(日) 16:01配信  スポルティーバ
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190210-00010005-sportiva-socc&p=1

    続きを読む

    2016-06-15_13h39_07

    1:そまのほ ★@\(^o^)/:2016/06/15(水) 10:25:00.60 ID:CAP_USER9.net
    ブラジル代表監督の後任にチチ氏 ドゥンガ解任を受け

    ブラジル・サッカー連盟は14日、ドゥンガ代表監督の解任を発表した。地元メディアによると、後任候補は昨季のブラジル選手権を制したコリンチャンスのチチ監督に絞られている。新監督は8月のリオデジャネイロ五輪でも指揮を執る。

    ドゥンガ氏は自国開催で4位にとどまった一昨年のワールドカップ(W杯)後に就任。昨年の南米選手権は準々決勝止まりで、今年の同選手権では1次リーグ敗退を喫した。

    チチ氏は2012年にコリンチャンスをクラブW杯優勝に導くなど実績は十分で、就任を望む声が高まっている。(共同)

    http://www.sanspo.com/soccer/news/20160615/wor16061509560010-n1.html
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/21(水) 16:26:59.63 ID:???*.net
    【北條聡のフットペディア】

     まずは知っておきたいサッカー用語の一つが「ボランチ」だろうか。よくある外来語だが、英語ではない。ポルトガル語だ。それもブラジル産である。
     
     日本では、最終ラインの手前に陣取る中盤の選手(MF)を、そう呼ぶようになった。1990年代の半ば、当時のブラジル代表のキャプテンを務める大物ドゥンガがジュビロ磐田に加入して以来、ボランチという言葉が全国的に広まった印象が強い。

     直訳は舵(かじ)、車のハンドル、操縦桿(かん)。中盤の深い位置で、攻守にわたり、チームの針路を指し示すコンパスのような存在と言ってもいい。言わば、チームの心臓だ。ドゥンガが、まさしくそうだった。

     近年の日本では、日本代表で最多キャップ数を誇る遠藤保仁(ガンバ大阪)がボランチの代表格だ。パスの長短、高低、緩急をもってチームを縦横に動かす遠藤のプレーぶりは例の「操縦桿」をイメージしやすい。

     ボランチが2人の場合、ダブルボランチと呼ぶあたりが、いかにも日本らしい。厳密には『ドイスボランチ』だが、それではポルトガル語になじみの薄い日本人には分かりにくい、ということだろう。

     通常、ポジション用語(英語)はセンターバックやサイドハーフのように場所(位置)を表しているが、役割やコンセプトが紐(ひも)づいたボランチは異例と言っていい。もっとも、似たような例は、他国にもある。

     イタリアでは演出家や映画監督を意味する『レジスタ』という呼び方があり、スペインでは回転軸という意味の『ピボーテ』という言葉がしばしば使われる。意味合いは、どちらもボランチに近い。

     日本風に言えば「司令塔」だが、日本ではトップ下(攻撃的MF)のポジションを担う選手を、そう呼ぶケースが少なくない。それぞれの国に根付いた固有のサッカー観が、こうしたところに表れるから面白い。

     日本代表におけるボランチの系譜をたどると、山口素弘、名波浩、遠藤など歴代屈指の「司令塔」がズラリ。Jリーグでもベテランの中村憲剛(川崎フロンターレ)や円熟期の青山敏弘(サンフレッチェ広島)に加えて、ポスト遠藤の最右翼と目される柴崎岳(鹿島アントラーズ)がいる。

     いずれは「ボランチ=司令塔」という図式が定着するかもしれない。ボランチの語源を考えても、その方がしっくりくる。しかし、ヴァヒド・ハリルホジッチ監督の率いる日本代表に、果たして「羅針盤」の居場所があるのかどうか。ボランチにタフな「労働者」をペアでそろえる傾向があるからだ。少なくとも、1人は司令塔を――。日本固有のボランチをめぐる人選から、目が離せない。

    (北條聡・サッカーライター/朝日新聞デジタル「&M」)
    2015-10-21_17h24_53
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151021-00010001-asahit-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1445412419/

     
    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/07/01(水) 06:58:14.24 ID:???*.net
    フットボールチャンネル 6月30日(火)21時41分配信

    元日本代表のジーコ氏が、チリで行われているコパ・アメリカ(南米選手権)でベスト8に終わったブラジル代表に対して批判的な意見を述べている。

    ネイマールを出場停止で欠くブラジルは、準々決勝でパラグアイと対戦し、PK戦の末に敗北。同国は前回大会でもパラグアイ相手にPK戦で敗れ、2014年に母国開催したW杯での大敗に引き続き、国際大会で国民が納得する結果を収めることはできなかった。

    ブラジルメディア『Extracampo』でジーコ氏は「過去の代表チームと正確に比較することはできない。しかし、今の代表選手は魂を失っている。ブラジル代表になるためには、得点を量産でき、多くのタイトルを獲得していなければならない。今はそれがなくても簡単に代表に入れる。W杯の頃から何も変わっていない」と、タレント不足の現状に苦言を呈した。

    なお、チームを統轄するドゥンガ監督は「技術があってもそれだけでチームを勝たせることはできない。我々は(ジーコ氏がプレーした)78年、82年、86年のW杯で優勝できず、(自身が主将として優勝に導いた)94年大会まで24年間も栄冠から遠ざかっていた」と反論的なコメントを残している。
    2015-07-01_10h00_06
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150630-00010021-footballc-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1435701494/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 06:09:12.62 ID:???*.net
    ブラジル代表のドゥンガ監督は20日、FWネイマールに対する処分への落胆を表し、ブラジルサッカー連盟(CBF)が異議を申し立てるとの見通しを明かした。

    ネイマールはコパ・アメリカのグループC第2節コロンビア戦で、試合後に相手選手たちといさかいを起こして退場。4試合の出場停止を命じられた。

    21日の最終節でベネズエラと対戦するドゥンガ監督は、前日会見で次のように述べている。コパの公式ウェブサイトが伝えた。

    「ネイマールはサッカー界のビッグスターだ。彼に対する注目も大きい。サッカーが好きな人なら誰でも、彼がピッチにいるのを見たいはずだ。リオネル・メッシやアンヘル・ディ・マリア、アレクシス・サンチェスがそうであるようにね。ネイマールがいればよりクオリティーが高くなり、ショーもより良いものとなる」

    「我々はCBFに委ねるよ。彼らが議論するだろう。我々は自分たちを有利にしてほしいとは思っていない。ただ全員に対して平等なジャッジにしようというだけだ」

    処分が確定すれば大会の最後まで出られないネイマールだが、チームに残すかどうかについては次のように述べている。

    「選手が決める。我々は選手たちを男として扱っているんだ。彼らが決めなければいけない。彼が残るのが良いことかどうかを我々は考えなければいけない。助けになるのかどうかは分からないよ。我々がここにいてほしいのは、少年ではなく男だけだ。彼らは世界重要でブラジルを代表しているんだよ。決めるのは彼らだ」

    代役のキャプテンについては、まだ決めていないと述べた。

    「チームにとって何が機能するのかを見るために、いくつかの選択肢にトライする。明日決めるよ。キャプテンは試合前に分かる」

    コロンビア戦で敗れたことで、グループCは全4チームが横並びの状態。そのなかでネイマールを失ったブラジルだが、ドゥンガ監督は次のように強調している。

    「我々が心配しているのは明日の試合のことであり、できるだけ良い仕事をし、解決策を見つけたいと思っている。誰だって勝ち進みたいものだが、サッカーは理論じゃなく、実践なんだ。私はポジティブな方向へ向かっている。我々にはチームがあり、進むだけの条件もそろっているんだよ」

    「この試合だけでなく、今後も我々は苦しむだろう。成熟ぶりを見せなければいけない。うまくいかないときでも変えられるということを知っているとね。1試合敗れたからといって、すべてが終わったわけじゃない。バランスを見出す必要があるだけだ」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150621-00000032-goal-socc
    GOAL 6月21日(日)6時0分配信
    2015-06-21_10h40_00
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150621-00000032-goal-socc.view-000
    'ドゥンガ、ネイマールへの処分に…'
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1434834552/

     
    続きを読む

    720p-Dunga Brazil Coach
    ブラジル代表の新指揮官にドゥンガ氏が就任した。22日に正式発表されている。

    か つてピサ、フィオレンティーナ、ペスカーラでプレーした同監督は、2010年の南アフリカ・ワールドカップ(W杯)まで4年にわたってすでにブラジル代表 を指揮し、2007年にコパ・アメリカ、2009年にコンフェデレーションズカップを制している。南アフリカW杯南米予選はトップで通過した。2008年 には北京オリンピックで銅メダルを獲得している。

    1994年アメリカW杯でブラジルが優勝した際のキャプテンだったドゥンガ氏が、セレソ ンに戻ってきた。任務は、地元開催のW杯で落胆したチームの再建だ。ブラジルの100年の歴史において最もつらい敗戦となったドイツ代表との準決勝 (1-7)から、ちょうど2週間が経ったところだ。ドゥンガ監督は次のように話している。

    「W杯のすべてが間違っていたわけじゃない。W杯は、才能だけではなく、ピッチでの仕事がいかに重要かを証明したんだ」

    「私 は(アッリーゴ・)サッキ、(アーセン・)ヴェンゲル、(ルート・)フリットらとの経験が、私の成長の上で大きかった。初めての代表では、チームの価値を 取り戻す必要があったね。そして結果も出さなければいけなかった。今やらなければいけないのは、2018年のロシアW杯に向けてセレソンを準備していくこ とだ」

    「我々はブラジルの特長に沿ったプレーをしようとしなければいけない。10~15年後ではなく、すぐにうまくやれる選手たちを招集する。若手を使うことはできるが、若いというだけでピッチに立たせることはない。力がなければいけないんだ」

    「ブ ラジルのサポーターは傷ついている。だが、彼らは代表への情熱を持ち続けているんだ。しかし、傷をいやすことができるのは、結果だけなんだよ。夢を売るよ うなことはしたくない。サッカーとは予想ができないものだ。自分たちがベストだと考えることはできない。我々はすでにベストだった。世界最高というポスト を取り戻さなければいけないんだ。だが、一朝一夕でできることじゃない。謙虚になることが必要なんだよ」

    「W杯に出場することだって、決して簡単ではないだろう。どの相手もブラジルとの試合では全力でプレーしてくるんだ。ブラジルを倒したんだと言えるようにね。我々は、戦う前からW杯に優勝すると考えるような罠に陥ってはいけない。試合での90分こそが現実なんだ」

    アンケートでは、ブラジルサポーターの75%から80%がドゥンガ監督の復任に反対している。

    「それは尊重する。だが、多くの人が私を支えてくれているよ。私をよしとしてくれる15~20%の人たちから力とエネルギーをもらい、残りの80%の信頼をつかまなければいけない。それは、結果を出すことでしかできないことだ」
    http://news.livedoor.com/article/detail/9069676/
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ