海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ドルトムント

    GettyImages-1195904912

    1: 風吹けば名無し 2020/01/25(土) 12:10:25.41
    しかも19歳

    2: 風吹けば名無し 2020/01/25(土) 12:10:59.85
    うまいよなキリンハートランド

    3: 風吹けば名無し 2020/01/25(土) 12:11:03.53
    おおおおおおお

    4: 風吹けば名無し 2020/01/25(土) 12:11:08.72
    本物やん

    続きを読む

    2020-01-25_12h15_38

    1: 風吹けば名無し 2020/01/25(土) 06:46:10.48
    本物や

    2: 風吹けば名無し 2020/01/25(土) 06:46:58.01
    ブンデスじゃん

    3: 風吹けば名無し 2020/01/25(土) 06:47:28.32
    彼にはブンデスはぬるかったんやな

    4: 風吹けば名無し 2020/01/25(土) 06:47:35.53
    ブンデスリーガでもすごくない?

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/01/25(土) 07:25:14.52
    ブンデスリーガ第19節が24日に行われ、ドルトムントとケルンが対戦した。

    ドルトムントはマルコ・ロイス、ジェイドン・サンチョ、トルガン・アザールが先発。前節、ハットトリックのアーリング・ハーランドはベンチスタートとなった。

    試合は開始からわずか1分で先制。縦に速い攻撃から、最後はサンチョのクロスにラファエル・ゲレイロが右足で合わせ、ゴールを陥れる。

    29分にはマッツ・フンメルスからのフィードにロイスが抜け出す。そのままワンタッチで流し込み、2点差に。後半開始早々の48分には、ロイスのパスを受けたサンチョが強烈なシュートを右足で突き刺し、3-0と試合を決定づける。

    64分には、コーナーキックからの流れでマルク・ウートが角度のないところからボレーで叩き込み、ケルンが1点を返す。ドルトムントは直後にハーランドを投入すると、77分に結果を残す。ゲレイロのシュートがGKに弾かれたところをハーランドが押し込み、再びリードは3点に。

    終了間際にはスピードを生かして抜け出したハーランドがGKをかわしてフィニッシュ。角度はなかったが、左足で流し入れた。試合はそのまま終了し、ドルトムントが5-1と勝利。2020年連勝を達成している。

    1/25(土) 6:22配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200125-00010000-goal-socc

    ハーランドは2試合で5得点

    no title

    続きを読む

    1: ばーど ★ 2020/01/21(火) 19:53:40.47
    J3のいわてグルージャ盛岡が21日、ドイツ・ブンデスリーガのドルトムントと3年間のパートナーシップ協定を締結したことを発表した。クラブの公式サイトで発表されている。

    2014年からJ3に参入している盛岡は昨季リーグ戦最下位に終わった。チームを建て直すべく、今季からは元日本代表DF秋田豊新監督が指揮を執る。

    そんな盛岡はブンデスリーガ5回、UEFAチャンピオンズリーグ1回の優勝を誇るドイツの強豪ドルトムントとパートナーシップ協定を締結した。過去には現リバプールのユルゲン・クロップ監督が指揮し、現サラゴサのMF香川真司や現セレッソ大阪のMF丸岡満がプレーした。

    盛岡のクラブ公式サイトは「BVBのサポートを受け、グルージャは日本におけるトップクラスの育成部門への発展と若い選手の育成を目指す」というコメントを掲載している。

    また、盛岡の宮野聡社長は「BVBは長い歴史を持ち、世界でもトップクラスの育成部門を持つクラブ。私たちはまだ若いクラブでBVBからサッカーに対する考え方や哲学など、多くのことを学びたい。このパートナーシップが実りあるものとなることを信じている」とコメントしている。

    ドイツの名門とパートナーシップ協定を結んだ盛岡は今後、育成部門の発展を目指す。

    フットボールチャンネル編集部

    1/21(火) 18:05
    フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200121-00358855-footballc-socc
    no title

    続きを読む

    2020-01-19_01h48_09

    1: 風吹けば名無し 2020/01/19(日) 01:09:28.64
    本物や

    2: 風吹けば名無し 2020/01/19(日) 01:10:13.00
    ドルデビュー戦途中出場でハットやで

    4: 風吹けば名無し 2020/01/19(日) 01:11:29.39
    まじやん
    3-1でドルトムント負けてたのに

    続きを読む

    1: ゴアマガラ ★ 2019/12/30(月) 00:10:35.38
    ドルトムントはザルツブルクからFWアーリング・ハーランドを獲得したことを発表した。契約期間は2024年まで。

    19歳のハーランドは欧州注目の逸材で、今季はリーグ戦14試合で16ゴール6アシストを記録。チャンピオンズリーグの舞台でも南野拓実(現リヴァプール)らと躍動し、6試合で8ゴールをマークした。マンチェスター・ユナイテッドなどビッグクラブも獲得に興味を寄せていたが、ドルトムントが今冬の争奪戦を制することとなった。

    獲得に際し、ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEOは「欧州トップクラブからのオファーがあったが、ハーランドはドルトムントで次の挑戦、我々の展望を選んだ。私たちの一貫性は報われた」と喜んだ。

    さらに、ハーランドは「8万人のサポーターの前で、信じられない雰囲気でフットボールをしたいという気持ちがあった」と決断の要因を明かしている。

    ザルツブルクにとっては南野に続き、前線の柱を失うことに。一方、本職のセンターフォワードを欠いていたドルトムントにとっては大きな戦力となりそうだ。
    なお、一部報道によると、ハーランドの年俸は19歳にして1800万ポンド(約25億7000万円)と伝えられている。
    2019-12-30_00h34_01
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191229-00010043-goal-socc

    続きを読む

    1: ぜかきゆ ★ 2019/11/19(火) 19:08:16.44
    久保建 次のレンタル先はドルトムントか

    MF久保建英(18=マジョルカ)の“次の修業先”はスペイン国外か。

    期待の「日本の至宝」はU―22日本代表のコロンビア戦(17日)で不発に終わり、東京五輪代表入りへ暗雲が垂れ込めてきた。今後はスペイン1部マジョルカに戻りアピールすることになるが、ここまで途中出場が多く、苦しい状況が続いている。

    一方で久保と同じように同レアル・マドリードから期限付き移籍で修業中の若手が続々と台頭。同レアル・ソシエダードで今季11試合に先発しているMFマルティン・ウーデゴール(20)らが“即戦力”として来夏に呼び戻される可能性が濃厚に。スペインメディア「ドン・バロン」は久保について「レギュラーに定着できておらず再びレンタルに出される」と報じ、現地でも再レンタルの観測が広がっている。

    それでも救いは、久保の評価がスペイン国外のクラブで高いこと。欧州事情に詳しい代理人は「(ドイツ1部)ドルトムントなど強豪クラブが関心を持っているようだ」と指摘する。

    ドルトムントは若手の育成に定評があり、MF香川真司(30=サラゴサ)も21歳で移籍してすぐに活躍。日本人選手も適応しやすい土壌がある。Rマドリード側も、久保が弱小クラブのマジョルカで本来の実力を生かしきれていない反省から、次にレンタルに出す場合は質の高い選手が多い強豪クラブに出す方針にシフトしつつあるという。実際、DFアクラフ・ハキミ(21)が昨季Rマドリードからドルトムントに期限付き移籍して活躍している。両クラブにはパイプがあり、久保も同様のレールに乗る可能性があるのだ。

    他にもフランス1部パリ・サンジェルマンなど欧州各国の強豪が久保に熱視線を送っている模様。U―22日本代表の活動を終えてスペインへ戻った久保にとっては、今季の後半が将来を左右する重要な場となる。

    東スポWeb 11/19(火) 16:33配信
    2019-11-19_19h15_55
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191119-00000023-tospoweb-socc

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/11/01(金) 00:39:36.18
    ドルトムントがバレンシアのU-19スペイン代表MFフェラン・トーレスの獲得に興味を示しているようだ。スペイン紙『マルカ』が30日に伝えている。

    同メディアによるとドルトムントは、流出が囁かれているイングランド代表FWジェイドン・サンチョの後釜候補として同選手を捉えている模様。これまでにも継続的に調査を行っており、リーガ・エスパニョーラ第10節セビージャ戦にはスカウトを現地へ派遣して視察を行っていたようだ。フェラン・トーレスはバレンシアと2021年までの契約を締結しており、来夏の移籍市場が開かれるタイミングでは契約が残り1年となることから移籍金が割安となる可能性もあるようだ。

    19歳のフェラン・トーレスは2017年12月にリーグ戦デビューを飾り、2年目の昨シーズンはリーガ・エスパニョーラで24試合に出場。今シーズンはここまで全10試合に出場している。
    2019-11-01_01h08_56
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191101-00994271-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/07/15(月) 18:06:36.19
    7月初旬、ドイツ誌『kicker』のインタビューに応じたドルトムントのミヒャエル・ツォルクSDは、「カガワは新しいクラブを探している。我々は共通の目標を追求している」と移籍先を模索していることを認めていた。

    そんななか、日本での休暇を終えた香川が、12日にドルトムントのプレシーズンマッチに出場し、現地メディアやサポーターを驚かせた。

    「このクラブにカガワの未来はない」とまで報じられた日本代表MFの、まさかの復帰。シュバインベルクとのテストマッチで1ゴールを記録したことは、現地でも驚きをもって報じられている。

    香川について、フロントの一員であるセバスチャン・ケールは、「彼は我々との契約を残している。出場するのは普通のことだ。具体的な移籍先が決まっていないのでメンバーに含まれた」とコメントしている。

    そして、さらなるサプライズが待っていた。

    ドルトムントは現地時間15日からUSツアーに出発する。アメリカで合宿を行いつつ、シアトル・サウンダーズ、そしてプレミアリーグのリバプールとテストマッチを行なう予定で、その帯同メンバーに、香川が選ばれたのだ。現地紙『Ruhr Nachrichten』が報じている。

    「これは先日行われたテストマッチ出場に引き続くサプライズだ。ただ、カガワはリュシアン・ファーブル監督の構想外であるのは明確であり、今もなお厳しい状況にあることは否定できない」

    現地メディアでは「プレシーズンの合流に遅れたのは、次のクラブ選びに苦戦しているためだ」(『ProSport』)とも報じられている香川。今後の動向に注目が集まる。

    7/15(月) 7:10 サッカーダイジェスト
    no title
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190715-00010004-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/07/13(土) 09:25:29.73
    日本代表MF香川真司は、ドルトムントのプレシーズンに合流し、親善試合で早速ゴールを挙げた。

    昨季ルシアン・ファーブル監督の下で構想外となり、半年間はベシクタシュで過ごした香川。新シーズンも指揮官のプランに入っていないと見られており、移籍先を探すためにトレーニングへの合流を遅らせることが許可されていた。ミヒャエル・ツォルクSDも「新しいクラブを探している。これに関しては(本人たちと)同じ目標を目指している」と語るなど、移籍は決定的と伝えられている。

    そんな香川だが、12日にドルトムントのプレシーズンに合流。シュヴァインベルクへの遠征に参加している。これには地元紙『ルール・ナーハリヒテン』も、「驚くべきことに、まだトレーニングセッションを終えておらず、他の場所でキャリア続行を目指すシンジ・カガワがフライトに搭乗していた」と、驚きを持って伝えている。

    そして、シュヴァインベルクとの親善試合に60分から出場し、1ゴールを奪っている。背番号は32を着用していた。なお、この試合ではマリオ・ゲッツェは先発出場したが、U-23チームのメンバーが多く先発していたようだ。

    これまでベシクタシュへの復帰やセルタ、ヘタフェなどリーガ移籍の可能性が伝えられている香川。来季はどのクラブでプレーすることになるのだろうか。

    7/13(土) 7:34配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190713-00010002-goal-socc

    no title

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ