海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ドルトムント

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/02/26(日) 01:25:55.37 ID:CAP_USER9.net
    香川は3試合連続の途中出場・・・オーバメヤンの3戦ぶり得点でドルトムントが快勝
    2017-02-26_02h04_49
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170226-00556017-soccerk-socc
    2:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/02/26(日) 01:26:13.62 ID:CAP_USER9.net
    ブンデスリーガ第22節が25日に行われ、フライブルクと日本代表MF香川真司が所属するドルトムントが対戦した。香川は5試合連続のベンチスタートとなった。

    前節、ドルトムントはヴォルフスブルク相手に公式戦3試合ぶりの白星を収めた。今後はDFBポカール準々決勝(28日)とチャンピオンズリーグのベンフィカ戦(3月8日)も控えており、厳しい日程で試合を戦うことになるため、しっかりと連勝を飾りたいところだ。この日もFWピエール・エメリク・オーバメヤンやFWマルコ・ロイスがスタメンに入った。

    試合は前半の立ち上がりからドルトムントが攻勢にでる。13分、右サイドでFKのチャンスを得ると、キッカーのラファエル・ゲレイロがクロスを入れる。これをソクラティス・パパスタソプーロスがヘディングでゴール右に決め、ドルトムントが先制に成功した。

    その後もドルトムントがペースを握る。19分にはオーバメヤンとエリック・ドゥルムがチャンスを迎えたが、ボールを押し込むことができない。31分にもロイスの突破からオーバメヤンに決定機が訪れたが、ここも得点につなげることができなかった。このまま1-0でハーフタイムを迎える。

    後半に入ってもドルトムントのペースが続く。55分には左サイドでロングボールを受けたロイスがドリブルでエリア内左に進入。相手DFをかわして折り返すと、フリーのオーバメヤンが難なく押し込んで追加点を奪った。オーバメヤンにとってはライプツィヒ戦以来3試合ぶりの得点となった。

    さらに70分、エリア手前でボールを持ったウスマン・デンベレがエリア内右のドゥルムへスルーパスを通す。ドゥルムがダイレクトで右へ折り返すと、オーバメヤンがこれを押し込んでチーム3点目を決めた。

    3点差をつけたドルトムントは76分にデンベレを下げて香川を投入した。85分には途中出場のアンドレ・シュールレが左サイドから上げたクロスに、ファーサイドの香川がヘディングで合わせたが、ボールはわずかにポストの右に外れてしまい、得点にはつながらなかった。

    次節、フライブルクは敵地で日本代表MF長谷部誠が所属するフランクフルトと、ドルトムントはホームでレヴァークーゼンと対戦する。

    【スコア】
    フライブルク 0-3 ドルトムント

    【得点者】
    0-1 13分 ソクラティス・パパスタソプーロス(ドルトムント)
    0-2 55分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
    0-3 70分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
    SOCCER KING
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/24(金) 13:41:35.29 ID:CAP_USER9.net
    昨夏の移籍市場で10代のメンバーを多く加えたドルトムント(ドイツ)に、今夏も若手メンバーが加わりそうだ。現地時間23日、仏『レキップ』紙の情報として、独『シュポルト・ビルト』誌(電子版)が伝えている。

    それによると、ドルトムントはパリSG(フランス)に所属する19歳のFWジャン・ケヴィン・オギュスタンを今夏に獲得することで合意に至った様子。U-21フランス代表の同選手は2018年まで契約を残しているが、今季ここまでリーグ1、チャンピオンズリーグ、カップ戦で合計12試合の出場にとどまり、今年に入ってからは一度も起用されていない。

    出場機会を求めてパリSGを離れる同選手の移籍金は、およそ800万ユーロ(約9億5000万円)だという。
    2017-02-24_15h09_50
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170224-00000012-ism-socc
    続きを読む

    217491
    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/02/22(水) 22:05:02.76 ID:CAP_USER9.net
    ドルトムントの日本代表MF香川真司(27)が、今夏に放出される可能性が浮上した。

    ドイツ専門誌キッカー(電子版)が21日に報道。「バツケ(ドルトムントCEO)はメンタルに強い選手を探している」という見出しの記事の中で、同CEOは「特に攻撃の選手が多すぎる。何か(動きが)あるだろう」と今夏の大量放出を示唆。「今はチームを助けられる選手と、そうでない選手を見極めている」と説明し、同誌は放出候補として、香川のほかMFローデ、MFエムレ・モル、MFシャヒン、DF朴柱昊(パク・チュホ)らを挙げた。

    ドルトムント復帰3季目の香川は、リーグ21節を終えて出場はわずか10試合(先発5試合)で無得点。最近は公式戦6試合連続ベンチスタートで、そのうち出場は2試合のみと、2季目のトゥヘル監督の下で厳しい状況に陥っている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-00000144-spnannex-socc
    スポニチアネックス 2/22(水) 21:50配信
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/22(水) 14:02:23.55 ID:CAP_USER9.net
    ボルシア・ドルトムントのハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOは、今夏にチームの顔ぶれが少しばかり変わる可能性を示唆した。ドイツ紙『ルールナハリヒテン』で、特に攻撃陣において選手の放出が考えられると話している。

    昨夏にはマッツ・フンメルスやイルカイ・ギュンドアン、ヘンリク・ムヒタリアンといった主力級の3選手を失ったドルトムントは、マリオ・ゲッツェやアンドレ・シュールレらに加えてウスマン・デンべレ、エムレ・モルといった各国の有望株を含めて計8人の新選手を獲得。さらに先月にはアレクサンダー・イサクを獲得し、今夏に向けてDFエメル・トプラクの確保も発表したところだ。

    まだ補強の必要なポジションが残っているのかと聞かれたヴァツケCEOは、「おそらく昨年ほどの移籍活動はないだろう」と返答。だが、「チームにもう少しだけの力を加えたい。もしかしたら“メンタリティープレーヤー”を連れてくることになるかもしれない」と狙いどころはほかの選手たちをけん引する精神的な柱となるタイプだと明かしている。「ただ、そういったプレーヤーはそれほどたくさんいない」と高額の移籍金を投じる可能性を懸念しているようだ。

    一方で、既存メンバーを放出する可能性もあるという。同CEOは「特に攻撃陣のプレーヤーの数が傾向的に多すぎている。なので、そこでは何らかの動きがあるかもしれない。チームの改造を進めることになった今シーズンで、既に我々の助けとなっている選手、まだ現時点にそうできていない選手がそれぞれ誰なのかが見られるようになったからね」と話している。

    攻撃において、今季十分な出場機会を得ていない選手たちと言えば、昨夏のバイエルン・ミュンヘンからの復帰後まだ本来の姿を見せていない現在も負傷離脱中のゲッツェ、そして前半戦は足首の負傷も響き、今でもベンチに座る日々が続く香川真司となる。特に来シーズンはクラブとの契約が最終年に入る香川は一定の移籍金が見込められるのは今年の夏が最後となるが、果たして…。
    2017-02-22_15h20_32
    GOAL 2/22(水) 11:45配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-00000007-goal-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/19(日) 16:42:55.05 ID:CAP_USER9.net
    バイエルンで構想外となり、今季からドルトムント(以上ドイツ)に復帰するも輝きを取り戻していないMFマリオ・ゲッツェについて、元ドルトムント指揮官で現在リヴァプール(イングランド)を率いるユルゲン・クロップ監督が獲得に動いているとの噂が浮上した。現地時間18日の英タブロイド紙『デイリー・ミラー』(電子版)が伝えている。

    それによると、クロップ監督はゲッツェとともに仕事をすることを望んでおり、今季終了後の移籍について、話し合いに入っているという。リヴァプールは今季開幕前もゲッツェの獲得に手を挙げていたが、同選手の選択はチャンピオンズリーグ(以下CL)のないシーズンを迎えるリヴァプールではなく、CL出場権のあるドルトムントだった。

    『ミラー』紙によれば、ドルトムントはゲッツェ購入に支払った移籍金2000万ポンド(約28億円)と同額を求めているという。

    なお、同日付の『リヴァプール・エコー』紙(電子版)はクロップ監督が「我々は選手や代理人も含め、様々な人々と話し合いをしている」と語ったと報じた。同監督は「だた、ほとんどまだ何も決まっていない。今はまだそういう段階ではない」と述べているが「最終的には非常に素晴らしい顔ぶれになると思うよ。今も素晴らしいメンバーがいるが、あと数人、優れた選手を加えればさらに良くなる」ともコメント。積極的に補強に動いていることを示唆している。
    2017-02-19_17h15_28
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170219-00000017-ism-socc
    続きを読む

    2017-02-19_01h37_26
    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/02/19(日) 01:22:51.56 ID:CAP_USER9.net
    第21節 2/18(土)23:30 シグナル・イドゥナ・パーク

    ボルシア・ドルトムント 3-0 VfLヴォルフスブルク

    得点
    O.G.(20分)
    ウカシュ・ピシュチェク(48分)
    ウスマン・デンベレ(59分)

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/10929738

    出場選手
    ドルトムント
    ビュルキ;バルトラ、ピシュチェク、ギンター、シュメルツァー、カストロ、ヴァイグル(81分メリノ)、デンベレ(73分香川真司)、ロイス(67分プリシッチ)、P・オバメヤン、シュールレ

    ヴォルフスブルク
    ベナッリョ;ブルーマ、ホルン、R・ロドリゲス、ヴィエイリーニャ(75分ブワシチコフスキ)、ユヌス・マリ、ゲルハルト、ルイス・グスタヴォ、アルノルト、ゼギン(34分ディダヴィ)、M・ゴメス(60分エンテプ)
    http://www.fuoriclasse2.com/cgi-bin/g.cgi?bundes1&1617&170217

    順位表
    http://www.livescore.com/soccer/germany/bundesliga/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/17(金) 18:31:48.25 ID:CAP_USER9.net
    わずか1年で早くも新天地求める?

    一体彼はどの場所でなら幸福を感じられるのだろうか。ドルトムントで決して幸せな日々を過ごしていないドイツ代表MFマリオ・ゲッツェが、世界最強クラブに逆オファーを持ちかけていたようだ。

    8歳の頃から在籍するドルトムントとの復縁は、早くもバッドエンドを迎えてしまうかもしれない。昨夏に3年間を過ごしたバイエルン・ミュンヘンを離れ、“最も居心地の良いはず”のクラブへ復帰したゲッツェだが、今季のブンデスリーガにおける先発出場はわずかに9だ。かつて世界最高の若手選手ともてはやされた同選手にとって、この数字は心地良いものではないだろう。

    スペイン『Don Balon』によれば、この悩める24歳が導き出した答えこそ「バルセロナへの逆オファー」だという。曰く、ゲッツェの代理人は今夏のマーケットにおける電撃移籍をカタルーニャの名門に持ちかけたものの、現時点でバルサ側は“無視”しており、この一大プロジェクトは奏功しない可能性が高いと言えるだろう。

    昨夏にはドルトムントの他にユヴェントスやリヴァプールといったビッグクラブがゲッツェ獲得を画策しているとされたが、現在の彼にはもはやニーズは無いのだろうか。今後の動向に注目したい。

    theWORLD(ザ・ワールド) 2/17(金) 17:40配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170217-00010019-theworld-socc

    写真
    続きを読む

    守護神ビュルキのミスからミトログルにゴール許す 香川5戦連続でスタメン落ち

    ドルトムントは15日にUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦初戦でベンフィカと敵地で激突し、0-1で敗れた。公式戦5試合連続でベンチスタートになった日本代表MF香川真司は出番なしに終わった。

    現在ポルトガルリーグで首位に立つベンフィカのホーム、エスタディオ・ラ・ルスに乗り込んだドルトムントは、FWオーバメヤンを最前線にMFデンベレ、MFロイスらを2列目に並べた。

    この日最初の決定機は前半9分、デンベレからのラストパスを受けたオーバメヤンがGKとの1対1のビッグチャンスを迎えたがゴール上へと大きく外してビッグチャンスを逃した。その後試合は膠着した展開となり、前半をスコアレスで折り返した。

    迎えた後半、先にスコアを動かしたのはベンフィカだった。右CKのチャンスからDFルイゾンが頭で合わせたボールを守護神のビュルキがキャッチミス。ゴール前の至近距離でFWミトログルが押し込み、1-0と先制に成功した。

    1点を追う展開で指揮官は香川投入を選ばず

    アウェーゴールが欲しいドルトムントはその後攻勢を仕掛けると、同13分に同点への大きなチャンスを得る。ペナルティーエリア内でDFフェイサにハンドがあったとしてPKを獲得。しかし、この大チャンスでキッカーを任されたFWオーバメヤンだったが、正面に蹴ったシュートはベンフィカGKモラレスに完全に読まれて失敗。同点に追いつけなかった。

    トゥヘル監督はPK失敗から4分後、精神的にショックを受けたオーバメヤンに代えてFWシュールレを投入したものの、戦況はなかなか好転しない。同36分にロイスに代わってMFプリシッチ、MFゲレイロに代わってMFカストロの2枚替えを指揮官が選択したことにより、香川には出番が巡ってこなかった。

    ドルトムントは最後までベンフィカを自陣内に押し込み、同点に追いつこうとしたものの最後までゴールラインを割れず。3月8日に本拠地ジグナル・イドゥナ・パルクで行われる第2戦は勝利が必須となった。右足首痛の持病を抱える香川は、チームのCL敗退危機を救うことができるのだろうか。
    2017-02-15_07h58_35
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170215-00010001-soccermzw-socc
     
    続きを読む

    2017-02-12_01h43_25
    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/02/12(日) 01:23:23.69 ID:CAP_USER9.net
    ダルムシュタット 2-1 ドルトムント

    1-0 21' テレンス・ボイド
    1-1 44' ラファエル・ゲレイロ
    2-1 67' コラック

    http://www.livescore.com/soccer/germany/bundesliga/darmstadt-vs-borussia-dortmund/1-2272475/

    63' ラファエル・ゲレイロ → 香川真司
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ