海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ドルトムント

    1: Egg ★ 2019/07/15(月) 18:06:36.19
    7月初旬、ドイツ誌『kicker』のインタビューに応じたドルトムントのミヒャエル・ツォルクSDは、「カガワは新しいクラブを探している。我々は共通の目標を追求している」と移籍先を模索していることを認めていた。

    そんななか、日本での休暇を終えた香川が、12日にドルトムントのプレシーズンマッチに出場し、現地メディアやサポーターを驚かせた。

    「このクラブにカガワの未来はない」とまで報じられた日本代表MFの、まさかの復帰。シュバインベルクとのテストマッチで1ゴールを記録したことは、現地でも驚きをもって報じられている。

    香川について、フロントの一員であるセバスチャン・ケールは、「彼は我々との契約を残している。出場するのは普通のことだ。具体的な移籍先が決まっていないのでメンバーに含まれた」とコメントしている。

    そして、さらなるサプライズが待っていた。

    ドルトムントは現地時間15日からUSツアーに出発する。アメリカで合宿を行いつつ、シアトル・サウンダーズ、そしてプレミアリーグのリバプールとテストマッチを行なう予定で、その帯同メンバーに、香川が選ばれたのだ。現地紙『Ruhr Nachrichten』が報じている。

    「これは先日行われたテストマッチ出場に引き続くサプライズだ。ただ、カガワはリュシアン・ファーブル監督の構想外であるのは明確であり、今もなお厳しい状況にあることは否定できない」

    現地メディアでは「プレシーズンの合流に遅れたのは、次のクラブ選びに苦戦しているためだ」(『ProSport』)とも報じられている香川。今後の動向に注目が集まる。

    7/15(月) 7:10 サッカーダイジェスト
    no title
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190715-00010004-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/07/13(土) 09:25:29.73
    日本代表MF香川真司は、ドルトムントのプレシーズンに合流し、親善試合で早速ゴールを挙げた。

    昨季ルシアン・ファーブル監督の下で構想外となり、半年間はベシクタシュで過ごした香川。新シーズンも指揮官のプランに入っていないと見られており、移籍先を探すためにトレーニングへの合流を遅らせることが許可されていた。ミヒャエル・ツォルクSDも「新しいクラブを探している。これに関しては(本人たちと)同じ目標を目指している」と語るなど、移籍は決定的と伝えられている。

    そんな香川だが、12日にドルトムントのプレシーズンに合流。シュヴァインベルクへの遠征に参加している。これには地元紙『ルール・ナーハリヒテン』も、「驚くべきことに、まだトレーニングセッションを終えておらず、他の場所でキャリア続行を目指すシンジ・カガワがフライトに搭乗していた」と、驚きを持って伝えている。

    そして、シュヴァインベルクとの親善試合に60分から出場し、1ゴールを奪っている。背番号は32を着用していた。なお、この試合ではマリオ・ゲッツェは先発出場したが、U-23チームのメンバーが多く先発していたようだ。

    これまでベシクタシュへの復帰やセルタ、ヘタフェなどリーガ移籍の可能性が伝えられている香川。来季はどのクラブでプレーすることになるのだろうか。

    7/13(土) 7:34配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190713-00010002-goal-socc

    no title

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/07/03(水) 21:39:35.31
    7/3(水) 7:20配信
    香川真司、ドルトムントから事実上の戦力外通告か。移籍先探しを容認される

    ボルシア・ドルトムントの香川真司は今夏にクラブを離れる事が濃厚となった。

    2日付けの独誌『キッカー』など複数のメディアは、ドルトムントが香川に対し現地時間3日から始まる新シーズンの初練習に参加せず移籍先を見つける事を許可したと報じている。


    2010年にドルトムントに加入した香川はすぐにレギュラーポジションを獲得すると1年目でリーグ優勝に貢献、2年目はリーグとドイツ杯(DFBポカール)の2冠獲得に貢献する。

    その後、マンチェスター・ユナイテッド移籍を経て2014年に再びドルトムントへ復帰を果たすも、かつてのパフォーマンスを見せる事が出来ず。今季はルシアン・ファブレ監督の構想外となりシーズン後半はトルコ1部ベシクタシュでプレーしていた。

    そんな香川にはベシクタシュの他、セルタやベティス、ヘタフェといったスペインのクラブも興味を持っているようで、30歳を迎えた今季は新天地で一からのスタートを切る事になりそうだ。

    なお、ドルトムントは香川の他にアンドレ・シュールレにも同様の通知をしたようだ。28歳のシュールレは昨季フラムにレンタル移籍しリーグ戦24試合で6得点を挙げていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190703-00329120-footballc-socc
    no title

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/06/20(木) 07:09:56.06
    6/20(木) 7:02配信
    ドルトムントと香川真司は「移籍を目指すことで合意」…23番は新加入T・アザールへ

    ボルシア・ドルトムントは19日、新加入3人が与えられる背番号を発表した。これまで日本代表MF香川真司が着用していた「23」は今後、ベルギー代表MFトルガン・アザールがつけることになった。

    ドルトムントの発表によると、レヴァークーゼンから加わったドイツ代表MFユリアン・ブラントの背番号はこれまで元U-21ドイツ代表MFマフムド・ダフードがつけていた「19」となり、そのダフードは「8」に変更。またホッフェンハイムからやってきたドイツ代表DFニコ・シュルツは、レアル・ソシエダに移籍したスウェーデン代表FWアレクサンダー・イサクの「14」を受け継ぐとのこと。

    そして、香川に2010-11シーズンの加入当初に与えられ、ドルトムントでマンチェスター・ユナイテッドから復帰した2014-15シーズンを除いて愛用してきた「23」は、ボルシア・メンヒェングラットバッハから加入したアザールに渡る。これについてクラブは「シンジ・カガワとボルシア・ドルトムントは功労者である日本代表MFの移籍を目指すことで双方での合意に至ったため、背番号23は空き番号となった」と説明した。

    2018-19シーズン後半戦は期限付きでベシクタシュに向かった香川。昨年からドルトムントからの移籍志願を明かしており、今夏の完全移籍での退団が既定路線と見られる。背番号23の黄色と黒のユニフォームを着用する姿はもう目にすることはないようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190620-00010008-goal-socc
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/06/15(土) 18:29:32.55
    元ドイツ代表DFマッツ・フンメルスに、ドルトムント復帰の可能性が浮上しているようだ。ドイツ『ビルト』など複数メディアが伝えている。

    今季バイエルン・ミュンヘンとの激しい優勝争いの末、惜しくも2位で終えたドルトムント。来季こそ雪辱を果たすために大型補強に動いており、ユリアン・ブラントやトルガン・アザール、ニコ・シュルツらドイツ国内で実績のある選手たちを次々に獲得している。

    そんなドルトムントだが、驚きの復帰計画を画策しているようだ。『ビルト』によると、バイエルンDFフンメルス獲得のために動き出しているという。

    報道によれば、両クラブの正式な交渉は始まっており、バイエルン幹部はニコ・コヴァチ監督へフンメルスを売却する可能性をすでに伝え、指揮官の了承も得たようだ。移籍金は1500~2000万ユーロ(約18億~24億円)にボーナスが付く形で決着するという。なお移籍は本人次第であり、バイエルンでは年俸1200万ユーロ(約15億円)を受け取っているが、ドルトムントでは減俸を受け入れることが必要になると見られている。

    バイエルンの下部組織出身であるフンメルスは、2008年にドルトムントへ完全移籍。当時の指揮官ユルゲン・クロップの下で絶対的なレギュラーとなり、ブンデスリーガ2連覇やDFBポカール優勝を経験した。すると2016年にバイエルンへと復帰し、リーグ3連覇を達成している。

    ドルトムントからバイエルンへと移籍した際には激しいファンの反発を受け、直接対決ではブーイングも浴びていたフンメルス。しかし、今夏再びドルトムントへ電撃復帰することになるのだろうか。

    6/15(土) 17:32配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190615-00010024-goal-socc

    no title

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/06/03(月) 22:08:34.47
    10位:カカー、アンドリー・シェフチェンコ、エルナン・クレスポ(ミラン)

    9位:リオネル・メッシ、サミュエル・エトー、ロナウジーニョ(バルセロナ)

    8位:アリエン・ロッベン、マリオ・マンジュキッチ、フランク・リベリ(バイエルン)

    7位:香川真司、マリオ・ゲッツェ、ロベルト・レヴァンドフスキ(ドルトムント)

    6位:モハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノ、サディオ・マネ(リヴァプール)

    5位:リオネル・メッシ、サミュエル・エトー、ティエリ・アンリ(バルセロナ)

    4位:ガレス・ベイル、カリム・ベンゼマ、クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)

    3位:ウェイン・ルーニー、カルロス・テベス、クリスティアーノ・ロナウド(マンチェスター・ユナイテッド)

    2位:リオネル・メッシ、ペドロ・ロドリゲス、ダビド・ビジャ(バルセロナ)

    1位:リオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ネイマール(バルセロナ)
    2019-06-04_00h43_06
    https://web.smartnews.com/articles/fXUCnp4wQtF

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/05/28(火) 13:04:47.75
    日本代表MF香川真司の新天地は、イングランドになるのかもしれない。ドルトムント地元メディア『ルール・ナハリヒテン』が伝えている。

    今季ドルトムントで出場機会を失い、1月に期限付き移籍でベシクタシュに加入した香川。デビュー戦で2ゴールを挙げるなど強烈なインパクトを残したが、レギュラー獲得とはいかず、14試合4ゴール2アシストという結果でシーズンを終えた。その後自身のSNSでベシクタシュへの謝意を表しつつ、「来季は新たなチャレンジとなる」と宣言していた。

    一度ローン元のドルトムントに戻ることになる香川だが、『ルール・ナハリヒテン』は「そこに現実的な未来はない」と指摘。ルシアン・ファーブル監督は戦力として計算していないとし、移籍は確実であると伝えている。

    また、契約は2020年まで残っている香川についてドルトムントはオファーを待っていると報道。しかし、2017年に結んだ高額な給料がネックになる可能性もあるようだ。

    そして複数メディアの報道として、ウェストハムやエヴァートンなどイングランドのクラブが興味を抱いていることを伝えている。また本人が望むスペインへの移籍は、リーガの外国人選手(EU圏外選手)枠の関係で難しくなっていると指摘している。

    2012年~2014年までマンチェスター・ユナイテッドに所属しプレミアリーグ優勝を経験した香川。ドルトムント退団が濃厚となった今、再びイングランドでプレーすることになるのだろうか。

    5/28(火) 12:12 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190528-00010013-goal-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/05/27(月) 06:23:20.22
    ドルトムントU-17に所属する14歳のU-16ドイツ代表FWユスファ・ムココが今季8度目のハットトリックを達成。24試合出場で43得点7アシストを記録し、U-17ブンデスリーガにおける最多得点記録を更新する可能性が高まっている。

    現地時間25日にアルミニア・ビーレフェルトU-17戦が行われ、ムココは4得点のゴールラッシュでドルトムントU-17の6-1勝利に貢献した。年齢詐称疑惑が浮上するほど大活躍した昨季の自身の記録(25試合出場で37得点6アシスト)を、大きく上回っている。

    現在、オランダ1部のヴィレムIIでプレーする22歳のコソボ代表FWドニス・アヴディヤイが当時17歳の時にシャルケU-17で達成した、1シーズンで44得点のU-17ブンデスリーガ最多得点記録まで、あと1得点という状況まで迫っている。シーズン最後の試合となるMSVデュースブルクU-17戦(現地時間6月1日)の試合で2得点決めれば新記録も更新だ。果たして、ムココは最終節で歴史に名を刻むのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190526-00323130-footballc-socc
    5/26(日) 20:00配信

    no title

    no title

    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/05/23(木) 19:20:22.01
    ドイツ・ブンデスリーガ1部のボルシア・ドルトムントは22日、同国代表FWユリアン・ブラントとベルギー代表FWトルガン・アザールを獲得したと発表した。

    すでにドイツ代表DFのニコ・シュルツを獲得していたドルトムントは、イングランド・プレミアリーグのチェルシーに所属するエデンの弟であるアザールに続き、バイヤー・レバークーゼンからブラントの補強にも成功した。

    ドルトムントは、ドイツ代表で24試合に出場するなど確固たる実績を持つ23歳のブラントが、移籍金2500万ユーロ(約30億円)で2024年までの5年契約を結んだと公式サイトで明かした。

    王者バイエルン・ミュンヘンから興味を示されていたブラントは、自身の直感に従い、野心に満ちたドルトムントへの加入を決めたと語っている。

    ドルトムントは今季のリーグ戦で勇敢なタイトル争いを見せたものの、最終的には2ポイント及ばずバイエルンに優勝を譲った。そうした中でブラントは、ドルトムントがリーグ制覇を目指して来季に臨むだろうという事実に引きつけられたと話した。

    ブラントは「僕は成長したい。ドルトムントはタイトルを逃したばかりだから、成長できる余地がある」と語った。

    ドルトムントのミヒャエル・ツォルクスポーティング・ディレクター(SD)は、ブラントを「成長の余地がまだまだあるプロフェッショナル」と称し、賛辞を送った。

    ドルトムントはこの数時間前、ボルシア・メンヘングラッドバッハからアザールを獲得したと発表。26歳のアザールは4月の時点でドルトムントに加入することになると明かしており、あとは契約の詳細を詰めるだけとなっていた。

    独日刊紙ビルト(Bild)によれば、アザールの移籍金は2500万ユーロで、そこにボーナスが加えられるという。

    メンヘングラッドバッハで通算182試合に出場し、46得点44アシストをマークしているアザールについて、ツォルクSDは「彼がドルトムントへの加入を完全に納得してくれたことを、われわれはとてもうれしく思う」とコメントした。

    「彼はドイツ・ブンデスリーガ1部での経験が豊富で、ベルギー代表でもある。持ち前のスピードと決定力の高さでチームに貢献してくれるだろう。ここ数年にわたり、その実力を証明している」

    ブラントとアザールを獲得したドルトムントは、直前にも1899ホッフェンハイムから2700万ユーロ(約33億円)でシュルツを補強しており、短期間で3選手との契約に成功した。

    5/23(木) 12:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190523-00000015-jij_afp-socc

    写真
    no title

    「カネは惜しまない」ドルトムントがアザール弟ら3人の実力者を次々に獲得! さらなる大型補強も!?
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190523-00010003-sdigestw-socc

    2日間で92億円の投資!積極補強ドルトムント、ブラント獲得も発表「大きなことを成し遂げたい」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190523-00010000-goal-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ