海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ドルトムント

    1:pathos ★ :2018/05/04(金) 00:59:00.61 ID:CAP_USER9.net
    親善試合では代表選外のゲッツェ、W杯に向けアピールに成功?「出場を信じている 」

    ボルシア・ドルトムントMFマリオ・ゲッツェはロシア・ワールドカップ(W杯)に出場できるだろうか。ドイツ誌『キッカー』によれば、同選手はその可能性を残しているという。

    4年前のブラジル大会の決勝でゲッツェはアルゼンチン相手に決勝点を挙げ、ドイツの英雄となった。だが、その後は病気や負傷に悩まされ安定したパフォーマンスが続かず、批判されることも多かった。そして3月の親善試合でも選外となり、今回のロシア大会に向けたドイツ代表メンバーに含められる可能性は低いと見られていた。

    しかし、ここに来てゲッツェは調子を上げている。第31節レヴァークーゼン戦に続き前節ブレーメン戦でのパフォーマンスをいずれも「2」(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)と評価した『キッカー』は、ペーター・シュテーガー監督がゲッツェをマルコ・ロイスとともにインサイドハーフに配置したことで、「2人はドルトムントの心臓になった」と称賛した。

    とりわけ好印象に残ったのは、ブレーメン戦でのゲッツェのプレーだったようだ。ロイスの決定機をつくり出した場面については「状況を直ちにつかんだゲッツェは、ロイスにエレガントかつ正確にボールを送った」と記され、「まるで絵画、芸術品のようなパスで、最後の仕上げのみを欠いていた」とゴールにつながらなかったにもかかわらず、ラストパスが絶賛されている。

    一方、ゲッツェ本人は3月にはヨアヒム・レーブ監督から声がかからなかったことに関して「もっと戦い、もっと頑張らなければいけないという明確なメッセージ」として受け止めているようだ。『キッカー』曰く「僕はW杯に出場できることを信じている。そのためのクオリティーを備えている」と自信をのぞかせながら語った。

    ドイツ代表は、長期離脱を強いられているラース・シュティンドル(ボルシア・メンヒェングラットバッハ)やセルジュ・ニャブリ(ホッフェンハイム)と2列目の選手2人がW杯を欠場となることが決定している。そんな中、波に乗りつつあるゲッツェに再び声がかかる可能性もあるかもしれない。
    2018-05-04_08h21_46
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180503-00010008-goal-socc
    続きを読む

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/05/04(金) 00:04:54.73 ID:CAP_USER9.net
    香川真司、ドルトムントの練習を欠席…シュテーガー監督「足首に軽めの問題を抱えている」
    5/3(木) 22:53配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180503-00010007-goal-socc

    香川はマインツ戦に間に合うのだろうか (c) Getty Images



    ボルシア・ドルトムントの日本代表MF香川真司は、次節マインツ戦を欠場することになるのだろうか。ペーター・シュテーガー監督は5日に行われるマインツ戦に向けた会見で同選手の状態について言及している。

    2月中旬に行われたハンブルガーSV戦で負傷交代を強いられ、足首の負傷で戦列離脱を強いられた香川。先月29日のブレーメン戦ではベンチ入りするも、この一戦では最終的に出番が訪れず、実戦復帰を果たせなかった。

    そして、今シーズンのホームでのラストマッチとなる第33節マインツ戦でも、香川の出場は見送られるかもしれない。3日に開かれた会見の冒頭で選手たちの状態について問われたシュテーガー監督は、次のように明かした。

    「シンジ・カガワは昨日(2日)、トレーニングを欠席している。足首に軽めの問題を抱えているようだ。まだ何とも言えないが、2~3日間はかかるかもしれない。マルコ・ロイスはブレーメン戦で打撲を負い、まだチーム練習を控えている。だが、昨日はランニングメニューをこなしていたし、土曜日までに間に合うと考えている。そのほかのみんなは出場できる状態だ」

    攻撃的MFのポジションでは、ほかの選手たちはコンディションに問題を抱えていないようだ。指揮官が明かした通り、香川の練習への復帰が2~3日先となった場合、マインツ戦のメンバーに含まれないことも考えられるかもしれない。
    続きを読む

    1:動物園φ ★:2018/04/30(月) 02:56:56.34 ID:CAP_USER9.net
    香川真司、10試合ぶりにメンバー入りも出番なし。ドルトムントはドローで3位転落
    2018年04月30日(Mon)2時54分配信

    【ブレーメン 1-1 ボルシア・ドルトムント ブンデスリーガ第32節】

    現地時間29日、ブンデスリーガ第32節が行われボルシア・ドルトムントはブレーメンと対戦した。試合は1-1の引き分けに終わった。ドルトムントに所属する日本代表のMF香川真司はベンチ入りするも出番はなかった。

    リーグ戦2位を守るためには勝利が必要なドルトムントは19分に幸先よく先制点を奪う。ペナルティーエリアでフィリップからのパスを受けたロイスは右足でシュート、これが決まる。

    その後もドルトムントが優位に試合を進めるも追加点を挙げられず。このまま前半終了かと思われた45分にブレーメンが左サイドからセンタリングを送るとゴール前でデライネが頭で合わせ同点でハーフタイムへ。

    後半もドルトムントが優位に試合を進め66分にはロイスがペナルティーエリア内でフリーの状況からシュートを打つもボールはポストに嫌われ勝ち越し点とはならず。また直後の69分にはDFのアカンジがペナルティーエリアでシュートを打つもGKの好守にあい得点を奪えず。勝ち越しゴールが欲しいドルトムントは80分に交代出場のシュールレがフリーでシュート、GKが弾いたボールをサンチョがヘディングシュートするもバーに弾かれる。

    その後も猛攻を仕掛けるドルトムントだが勝ち越しゴールを奪えず引き分けに終わる。。

    【得点者】
    19分 0-1 ロイス(ドルトムント)
    45分 1-1 デライネ(ブレーメン)

    【了】
    20180430_dortmund_getty-560x373
    https://www.footballchannel.jp/2018/04/30/post267508/
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/20(金) 20:19:54.26 ID:CAP_USER9.net
    「I’m excited to be back on track!!」
    いよいよ日本代表アタッカーが反攻に打って出る。

    4月20日、ボルシア・ドルトムントのMF香川真司がチーム練習に本格復帰。クラブの公式SNSが練習風景を撮影した画像とともに「おかえり!」とエールを贈っている。2月10日のブンデスリーガ22節、ハンブルガーSV戦で左足首を傷めて、およそ2か月。ついに復活の狼煙を上げたのだ。
     
    すぐさま香川本人も自身のツイッターを更新した。「I’m excited to be back on track!!(また練習に復帰できて興奮しているよ!!)」との一文で喜びを表現し、「#bvb #sk23 #さぁこれからや」とのハッシュタグを添えた。関西弁で綴った“さぁこれからや”の言葉に並々ならぬ意欲を感じさせ、残るリーグ戦4試合でどこまでコンディションを回復させられるかに注目だ。

    そしてその先には、ロシア・ワールドカップが待ち受ける。日本サッカー協会は5月14日に大会予備登録の35名を発表する。そこには間違いなく香川も名を連ねるはずだが、最終登録の23名に残れるかどうか。同30日の親善試合ガーナ戦が、西野朗監督へのまさにファイナルアピールの場となるだけに、トップフォームを取り戻しておきたいところだ。
     
    4/20(金) 20:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180420-00039130-sdigestw-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/20(金) 06:53:34.45 ID:CAP_USER9.net
    19日の練習で元気に汗を流す姿を披露 チーム公式ツイッターも歓迎「お帰りなさい」

    監督の電撃交代で揺れる日本代表にとって朗報になりそうだ。ドルトムントのMF香川真司が現地時間19日のチーム練習に合流し、ランニングや元気にボールを蹴る姿を披露した。ドルトムント公式ツイッターが「お帰りなさい、シンジ・カガワ」と綴ると、ファンも待ち望んでいたように「スーパーシンジが帰ってきた!」「救世主だ」と呼応している。

    香川は2月10日のブンデスリーガ第22節ハンブルガーSV戦で足首を負傷し、それ以降は戦線から離脱。昨年11月の欧州遠征(ブラジル戦1-3、ベルギー戦0-1)に続き、3月のベルギー遠征(マリ戦1-1、ウクライナ戦1-2)でも代表戦で招集外となっていた。

    現地時間10日には、練習に姿を見せて別メニューながらランニングする模様がドイツ地元紙で報じられていたが、ドルトムント公式ツイッターが19日に更新され、「お帰りなさい、シンジ・カガワ」と綴られた。

    投稿ではランニングやボールを蹴る姿の写真が計3点アップ。久々に全体練習で汗を流したようで、コメント欄には「スーパーシンジが帰ってきた!」「救世主だ」「グッドニュース」「ようやくか」「スシボンバー、ヘイ!ヘイ!ヘイ!」といった歓迎の声が並んでいる。

    ブンデスリーガ専門ニュースサイト「Ligainsider」は、「チームトレーニングに復帰。日本人選手は足首の負傷でリーグ戦8試合を欠場していた。レバークーゼン戦でプレーできるかどうかは、まだ伝えられていない」と報じている。

    現地時間21日のリーグ第31節・本拠地レバークーゼン戦は出場が不透明とはいえ、シーズン終盤での復帰はドルトムントにとっても、バヒド・ハリルホジッチ前監督から西野朗新監督に替わった日本代表にとっても朗報だ。長年日本代表の10番を背負い続けてきた小さな魔法使いが、ロシア・ワールドカップの最終メンバー23人入りに向けて大きな一歩を踏み出した。

    4/20(金) 6:31配信 ZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180420-00010001-soccermzw-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/19(木) 06:30:03.91 ID:CAP_USER9.net
    サッカー情報局】サッカー担当記者:ドイツ1部リーグのドルトムントに所属する“日本の10番”MF香川真司(29)はロシアW杯に臨む西野ジャパンで復活できるんでしょうか。

    デスク:2月10日のハンブルガーSV戦で左足首を負傷し、当初は全治3~4週間と言われていたけど、回復が遅れたためか、いまだに復帰できていないな。

    記者:西野新監督は就任会見で「ケガをして6週、8週試合に出ていない状況もありますし、確かに経験、実績のある選手…」とコメント。具体的な名前こそ挙げませんでしたが、離脱している香川の状態を気にかけていました。

    デスク:実績も経験もあるし、西野監督の好きそうなテクニシャンタイプ。FW本田とともに再建の柱にしようと思っているみたいだしな。

    記者:ただ、状況は厳しいんです。ドイツ1部リーグも残り4試合。仮に21日(日本時間22日)のレーバークーゼン戦で復帰しても、いきなり先発はないでしょうし、今後、限られた試合数の中で、どこまで状態を上げられるのかは未知数。

    W杯代表入りにも支障が出かねませんね。

    デスク:まあ、西野新監督も選手選考については「ここ1か月の状況を正確に見極めた上で」と話していたからな。日本代表の監督交代で旧主力メンバーはみんな“復活”かと思っていたけど、香川の状態はちょっと気になるところか。

    4/18(水) 16:54配信 東スポWEB
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00000034-tospoweb-socc

    写真
    続きを読む

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/04/17(火) 23:22:04.69 ID:CAP_USER9.net
    ドルトムント、ザルツブルク指揮官の招へいを目指す?次期監督候補に急浮上とオーストリア紙
    4/17(火) 22:16配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180417-00000027-goal-socc

    ザルツブルク率いるローゼ監督 (C)Getty Images



    ボルシア・ドルトムントは、レッドブル・ザルツブルク率いるマルコ・ローゼ監督を招へいするかもしれない。オーストリア紙『ザルツブルガー・ナハリヒテン』が伝えた。

    香川真司が所属するドルトムントは3月、南野拓実がプレーするザルツブルクに敗れてヨーロッパリーグ敗退が決まると、その後ブンデスリーガではバイエルン・ミュンヘンに0-6で敗れ、先日宿敵シャルケとのルールダービーを0-2と落としている。
    その結果、クラブはペーター・シュテーガー監督との契約を更新せず、新監督を招く可能性が高まっているところだ。

    そして、次期監督はザルツブルクのドイツ人指揮官、ローゼ監督となる可能性が浮上。『ザルツブルガー・ナハリヒテン』によれば、ドルトムント幹部はその手腕を以前から高く評価しているという。
    ニースのルシアン・ファブレ監督とともに次期監督の最有力候補と見ているようだ。

    現役時代はハノーファーやマインツなどでプレーしたローゼ監督は昨年ザルツブルクのU-19チームをUEFAユースリーグ制覇に導き、今季からトップの指揮を執ることに。
    クラブとの2019年までの契約には契約解除条項が盛り込まれておらず、他クラブに向かう場合、高額の違約金が発生すると見られる。
    続きを読む

    1:動物園φ ★:2018/04/11(水) 08:42:38.44 ID:CAP_USER9.net
    今週末にはドイツで最も大きな盛り上がりを見せる、シャルケとドルトムントによるレヴィア・ダービー。2010年9月19日に、はじめてこのダービーに参加した香川真司は、ドルトムントの宿敵を相手に2得点をあげる活躍を披露。ファンのこころ一気に鷲掴みにしたが、今回も引き続き負傷により欠場を余儀なくされることだろう。

    第22節のハンブルガーSV戦にて足首を負傷した日本代表MFは、その後のリーグ戦をこれまで全休、さらにELアタランタ戦、そしてザルツブルク戦でも欠場しており、そのELザルツブルク戦では足を保護する靴を装着する姿がみられている。

    先週クラブ公式ページにて、シュテーガー監督は香川真司の状態について「いい感じだよ」とコメント。そして火曜日には個別メニューをこなしたが、すでにかなりのランニングメニューをこなしており、チーム練習復帰を果たす日もそう遠くはないだろう。

    今季の香川真司は、負傷離脱をするまでの第22節までにリーグ戦18試合に出場、5得点、3アシスト、kicker採点平均3.27をマーク。特にシュテーガー監督就任からは好調なパフォーマンスを披露、負傷交代したハンブルク戦をのぞく5試合で、3得点2アシスト、kicker採点平均3と好成績をマークしていた。
    aaa-1513110186
    http://kicker.town/dortmund/2018/04/85172.html
    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/04/09(月) 13:58:37.34 ID:CAP_USER9.net
    今夏の移籍市場の“人気銘柄”としてポルティモネンセでブレイクする日本代表FW中島翔哉の去就に注目度が高まっている。独『シュポルト・ビルト』は「ナカジマポーカー」と見出しを打ち、今夏去就に注目が集まる選手の目玉として中島を紹介した。

    中島にはポルトガル国内のポルト、ベンフィカ、スポルティング・リスボンが関心を示すほか、長友佑都所属のガラタサライ(トルコ)、香川真司所属のドルトムント(ドイツ)など、欧州トップクラブが熱視線を注いでいる。

    同メディアはドルトムントのほか、シュツットガルト、フランクフルト、ボルフスブルクのブンデスリーガ4クラブも中島の獲得に興味を示していると報道。「ドルトムントに加えて、ボルフスブルク、シュツットガルト、フランクフルトのスカウトがブンデスリーガから彼を見守っている」と伝えた。

    中島とポルティモネンセの契約は2020年まで。契約解除金は2000万ユーロ(約26億円)とされる。ポルトガル紙『レコード』は獲得に本腰を入れているのがドルトムントだと報道。現時点ではガラタサライとベンフィカ、リスボンが争奪戦の競合だと伝えている。
    2018-04-09_15h32_52
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-01652471-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/08(日) 12:17:59.47 ID:CAP_USER9.net
    ポルティモネンセ(ポルトガル)でブレイク中の中島翔哉には、国内のポルト、ベンフィカ、スポルティングなどが興味を示していると報じられていた。だが、ここにきて国外クラブへのステップアップも現実味を帯びているようだ。

    イギリスメディア『FourFourTwo』は、ドルトムント(ドイツ)が中島獲得に向けて動いているという内容の記事を公開。その見出しは「ドルトムントは中島獲得に切り替えた」というものだった。

    「今季、すでにここまで9ゴール8アシストを記録している日本人は、3月に待望のフル代表デビューを果たした。ロシア・ワールドカップのメンバー入りも期待されるこのMFは、来季別のクラブに所属している可能性がある」

    記事では「この若者は2020年までポルトガルのクラブと契約を結んでいる。2000万ユーロ(約26億円)の契約解除条項があるため、合意を取り付けるのはハードルが高いが」と前置きした上で、

    「一部メディアによるとドルトムントとガラタサライ(トルコ)が彼に視線を送っている。また、ベンフィカもこのアタッカーの才能に目をつけた」と紹介している。

    ドルトムントはペーター・シュテーガー監督が今季限りで契約満了となる見通しで、来季の体制はまだ不透明な状況にある。だが、これまで香川真司、丸岡満などがプレーしてきたドルトムントだけに、来季に向けた補強として気鋭の日本人選手に本腰を入れてもおかしくはない状況だ。

    これまでポルトガル国内だけでなく、ドイツやトルコのメディアが中島の動向について報じてきた。イギリスのサッカーメディアも中島の動向について伝えるほど、移籍市場の人気銘柄として日に日に注目度が高まっているようだ

    4/8(日) 11:40配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180408-00000004-goal-socc

    写真


    続きを読む

    ↑このページのトップヘ