海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ニューカッスル

    1:春の呪い ★:2018/10/21(日) 01:37:33.01 ID:CAP_USER9.net
    10.20 プレミアリーグ第9節 ニューカッスル0-1ブライトン]

    プレミアリーグは20日、第9節を行った。FW武藤嘉紀の所属するニューカッスルはホームでブライトンと対戦し、0-1で敗れた。2試合連続スタメンの武藤は、後半29分までプレーした。

    前節、武藤のゴールなどでマンチェスター・ユナイテッド相手に善戦しながらも2-3で敗れたニューカッスル。2分6敗で19位に沈み、ラファエル・ベニテス監督の解任も囁かれる中、ユナイテッド戦から1人を変更し、DFハビエル・マンキージョに代えてDFポール・ダメットを起用した。

    前半9分に両者にアクシデント発生。空中戦でニューカッスルDFフェデリコ・フェルナンデスとブライトンFWグレン・マレーが頭部を接触し、約7分間の治療を経てマレーがFWユルゲン・ロカディアとの交代を余儀なくされた。F・フェルナンデスはプレーを続けている。

    試合が動いたのは前半29分だった。右CKを獲得したブライトンはFWアリレザ・ジャハンバフシュがゴール前に蹴り込み、ファーサイドのDFシェーン・ダフィーが中央に折り返す。ペナルティーアーク内からMFホセ・イスキエルドが右足でダイレクトシュートを放つと、MFベラム・カヤルがわずかに触ってコースを変え、先手を取った。

    前半のうちに追いつきたいニューカッスルは前半43分、PA左に進入したシェルビーが強烈な左足シュート。GKライアンが弾いたボールを武藤がヘディングシュートで狙うが、クロスバー上を越えていく。後半もシュートを積極的に放ったニューカッスルだったが、ゴールネットを揺らすことができず、武藤は後半29分にピッチを後にした。

    試合はそのまま0-1でタイムアップ。ニューカッスルは2分7敗で開幕から未勝利が続いている。この状況にホームサポーターは試合終了のホイッスルと共にブーイングを浴びせた。なお、プレミア公式サイトによると、ニューカッスルはポゼッション率67.7%、シュートは相手の3倍以上にあたる27本(枠内6本)を放ったが、最後まで1点が遠かった。
    2018-10-21_08h24_49
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-03228563-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/07(日) 06:32:24.12 ID:CAP_USER9.net
    ニューカッスルFW武藤嘉紀は、初先発のマンチェスター・ユナイテッド戦で確かな爪痕を残したようだ。

    6日に行われたプレミアリーグ第8節で、マンチェスター・Uの本拠地オールド・トラッフォードに乗り込んだニューカッスル。敵地での1戦では、今夏加入した武藤が初先発を果たした。

    すると1点リードして迎えた10分、待望の瞬間が訪れる。10分、武藤が右サイドからのクロスをエリア内で収めると、体の強さを見せて反転。そのまま左足を振り抜き、強烈なシュートがネットに突き刺さった。背番号13は、今季初先発でゴールという結果を残している。しかし、チームはその後3点を奪われ、逆転負けを喫した。

    イギリスメディアは、初ゴールを挙げた武藤を軒並み高く評価している。『Squawka』は、チーム2位タイの「7」と採点。「スタートは素晴らしく、(アヨセ)ペレスと良い関係を見せた。2点目のシーンでは、(アシュリー)ヤングを上手く押さえ込んだ。もう1点奪うべきだったが、至近距離でダビド・デ・ヘアに防がれている」と評している。

    また、『スカイスポーツ』もチーム2位タイの「6」と評価。そして『READ Everything』はチーム最高の「8」と採点し、「素晴らしいゴール。最高の補強ということがわかった」と高く評価している。

    武藤の活躍も、逆転負けを喫したニューカッスルは今季8節を終えて未勝利。2分6敗で19位に沈んでいる。待望の初ゴールを奪って見せた背番号13は、ここからチームを救うゴールを量産できるのだろうか。

    10/7(日) 6:22配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181007-00000032-goal-socc

    写真

    続きを読む

    2018-10-07_00h38_41

    マンチェスター・ユナイテッド☓ニューカッスル 日本時間25:30キックオフ




    続きを読む

    2018-09-23_11h30_07

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/09/23(日) 10:14:44.72 ID:CAP_USER9.net
    9/23(日) 1:36配信 日刊スポーツ
    <プレミアリーグ:クリスタルパレス0-0ニューカッスル>◇22日◇ロンドン

    FW武藤嘉紀が所属するニューカッスルはアウェーでクリスタルパレスに0-0で引き分けた。

    ベンチスタートの武藤は後半36分から出場したが無得点だった。

    ニューカッスルは2分け4敗、クリスタルパレスは2勝1分け3敗となった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180923-00339334-nksports-socc
    9/23(日) 1:36配信

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2018/gbr/gbr-11154634.html
    試合スコア

    武藤 リーグ戦 今季成績

    第1節 途中出場 →81
    第2節 途中出場 →65
    第3節 途中出場 →79
    第4節 出場なし
    第5節 途中出場 →79
    第6節 途中出場 →81
    続きを読む

    1:ほニーテール ★:2018/09/06(木) 12:21:51.85 ID:CAP_USER9.net
    ニューカッスル・ユナイテッドのラファエル・ベニテス監督は、ここまでインパクトを残せていない武藤嘉紀を擁護した。イギリス『ザ・ノーザン・エコー』が伝えた。

    今夏に950万ポンド(約14億円)でマインツからニューカッスルに加入した武藤。ここまでプレミアリーグの3試合に途中出場し、1-3で敗れたカラバオカップのノッティンガム・フォレスト戦では先発出場を果たした。

    ベニテス監督のもとで出場機会はある程度手にしているものの、依然としてゴールやアシストという形でチームに貢献できていない武藤。チームも公式戦1分4敗と未だ未勝利であり、苦しんでいる。

    指揮官は日本代表FWが本来のポジションで十分にプレーできていないことが背景にあると認めた。

    「彼はストライカーだと私は考えている。我々には2つのポジションに選手がいなかったが、彼は両方でプレーできる選手だ。ただ、彼は少し不運だった。なぜなら、カーディフとの一戦で、我々はシステムを変えなくてはならず、彼は中盤でのプレーを余儀なくされた」

    「チェルシー戦でも彼が入った時にシステムを4-1-4-1に変えたから彼は下がり目でプレーする必要があった。今のところ出場した試合で、彼が理想とするポジションでプレーできていない」

    ベニテス監督が求めるハードワークに関して、武藤は期待に応えられているようだが、ストライカーとしてのインパクトを残すにはもう少し時間がかかりそうだ。
    2018-09-06_14h21_18
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180906-00000006-goal-socc
    続きを読む

    1:真実は一つ ★:2018/08/31(金) 13:20:04.98 ID:CAP_USER9.net
    ニューカッスル・ユナイテッドのサポーターがFW武藤嘉紀を酷評した。イギリス『HITC』が伝えた。

    今夏にマインツから950万ポンド(約14億円)でニューカッスルにやって来た武藤。プレミアリーグ開幕から途中出場を続ける同選手だったが、29日に行われたリーグカップ(カラバオカップ)2回戦のノッティンガム・フォレスト戦で初の先発出場を果たす。

    しかし、武藤は得点に絡むチャンスがなく、77分に途中交代。ニューカッスルも精彩を欠くパフォーマンスに終始し、チャンピオンシップ(英2部)のクラブ相手に1-3と不覚をとり、早々とカップ戦から姿を消すことが決まった。

    この敗戦に怒りを隠し切れないサポーターはSNS上で選手を酷評。中でも武藤に対しては厳しいコメントが寄せられている。

    「ムトウはひどかった。(シーン)ロングスタッフは良かった」
    「ムトウはこのレベルにないね」
    「ロングスタッフは最高のデビューを飾った。ケネディ、(クリスティアン)アツ、ムトウには不満しかない」
    「チーム全体もひどい出来だったけれど、ムトウも本当にひどかった」
    「今夜の試合はムトウにとって悪夢だった」


    プレミアリーグでも開幕から3試合を終えて、依然として未勝利のニューカッスルは、今シーズン初勝利を目指して9月1日に敵地で王者マンチェスター・シティと対戦する。カップ戦で精彩を欠いた武藤は、次戦でチャンスを与えられるのだろうか。
    2018-08-31_14h53_05
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15237654/
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/08/30(木) 05:55:09.83 ID:CAP_USER9.net
    8/30(木) 5:52配信
    武藤嘉紀が移籍後初先発も…ニューカッスル、終了間際の2失点で2部相手に敗戦

    カラバオ・カップ2回戦が29日に行われ、日本代表FW武藤嘉紀が所属するニューカッスルは、ノッティンガム・フォレスト(2部)に1-3で敗れた。

    武藤は移籍後初のスタメン出場を果たしたが、見せ場を作れず、77分に途中交代した。ニューカッスルは開始2分に先制点を許したが、後半アディショナルタイム2分にサロモン・ロンドンが土壇場で同点とする。しかしその後、2失点を喫して敗れ、2回戦敗退となった。

    ニューカッスルは次戦、9月1日のプレミアリーグ第4節でマンチェスター・Cとのアウェイゲームに臨む。

    【スコア】
    ノッティンガム・フォレスト 3-1 ニューカッスル

    【得点者】
    ノッティンガム:D・マーフィー(2分)、キャッシュ(90+4分)、ディアス(90+7分)
    ニューカッスル:ロンドン(90+2分)

    【スターティングメンバー】
    ニューカッスル(4-4-2)
    ダーロウ;ステリー、シェア、フェルナンデス(69分 ペレス)、クラーク;アツ、キ・ソンヨン、ロングスタッフ、ケネディ;武藤(77分 J・マーフィー)、ホセル(82分 ロンドン)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180830-00822002-soccerk-socc

    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/08/18(土) 22:33:41.59 ID:CAP_USER9.net
    8/18(土) 22:32配信
    途中出場の武藤がPK獲得も…ニューカッスルはカーディフとスコアレスドロー

    プレミアリーグ第2節が18日に行われ、ニューカッスルとカーディフの一戦は0-0で終了した。ニューカッスルの日本代表FW武藤嘉紀は65分から2試合連続で途中出場を果たした。試合終了間際、ドリブルで駆け上がった武藤のクロスが相手の手に当たり、PKを獲得。しかし、これをケネディが決められず、スコアレスドローに終わった。

    【スコア】
    カーディフ 0-0 ニューカッスル

    【スターティングメンバー】
    カーディフ(4-1-4-1)
    エスリッジ;マンガ、モリソン、バンバ、ベネット(83分 パーテルソン);カマロサ(76分 リード);ジョシュ・マーフィー(78分 メンデス・ライング)、アーター、ラルス、ホイレット;ゾホレ

    ニューカッスル(4-4-2)
    ドゥブラフカ;マンキージョ(46分 ヘイデン)、ラスセルズ、クラーク、ドュメット;リッチー(70分 ジェイコブ・マーフィー)、シェルヴィー、ディアメ、ケネディ;ペレス(65分 武藤嘉紀)、ホセル

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-00815039-soccerk-socc

    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/08/11(土) 22:29:44.45 ID:CAP_USER9.net
    [8.11 プレミアリーグ第1節 ニューカッスル1-2トッテナム]

    プレミアリーグは11日、2018-19シーズンの第1節を行った。日本代表FW武藤嘉紀が所属するニューカッスルはホームでトッテナムと対戦し、1-2で敗れた。今夏マインツから加入の武藤はベンチスタート。後半36分にピッチに入り、プレミアデビューを果たした。

    昨季と同じ相手、スタジアムでの開幕戦(2-0でトッテナム勝利)となったニューカッスル。今夏、武藤やFWサロモン・ロンドン、MFキ・ソンヨンらを獲得したが、先発では起用せず、MFジョンジョ・シェルビーやDFジャマール・ラッセルズ、FWアジョセ・ペレスらがスターティングメンバーに名を連ねた。

    今夏の移籍市場でプレミア史上初の“補強ゼロ”に終わったトッテナムは、フランス代表GKウーゴ・ロリスやベルギー代表DFヤン・フェルトンヘン、イングランド代表FWハリー・ケイン、MFデレ・アリなどロシアW杯組が先発から起用された。

    試合は開始早々に動いた。トッテナム前半8分、MFクリスティアン・エリクセンの右CKからDFダビンソン・サンチェスがヘディングシュート。ゴール直前でフェルトンヘンが頭で合わせ、クロスバー下を当たってゴール外に出たが、ゴールラインテクノロジーにより得点が認められた。

    だが、ニューカッスルがすぐさま追いつく。前半11分、右サイドからMFマット・リッチーが左足に持ちかえてクロスを供給。ゴール前に飛び込んだFWホセルがヘッドでゴール左に決め、試合を振り出しに戻した。しかし、昨季3位のトッテナムが18分に勝ち越す。右サイドからDFセルジュ・オーリエがダイレクトでクロスを上げ、ファーサイドのMFデレ・アリがヘディングシュートを決め、2-1とした。

    1点ビハインドのニューカッスルは、後半の立ち上がりから攻め込み、2分にMFモハメド・ディアメがPA左から放った左足ボレーは左ポストを直撃。11分にはトッテナムに好機も、DFベン・デイビスのクロスからMFムサ・シソコが放った左足ボレーはGKマルティン・ドゥーブラフカの好セーブに阻まれた。

    追いつきたいニューカッスルは後半14分、昨季7ゴールを挙げ、WBAから加入したロンドンを投入。さらに24分にはMFクリスティアン・アツ、そして36分には武藤がピッチへ。トップ下に入った日本代表FWは、果敢にボールホルダーに対してプレッシャーをかけ、入った直後にCKを獲得するなど積極的にプレー。後半42分には、PA左でフリーとなってパスを呼び込んだが、シュートではなくクロスを選択した。

    その後、ニューカッスルはロンドンのクロスバー直撃弾もあったが、追いつくことはできず1-2で敗戦。昨季開幕戦に続いてトッテナムに敗れ、黒星スタートとなった。
    2018-08-11_22h56_00
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-01662983-gekisaka-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ