海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ネイマール

    1: Egg ★ 2018/11/27(火) 20:06:51.77 _USER9
    セレソンの至宝の、古巣バルセロナへの復帰の動きが騒がしくなっている。

    パリ・サンジェルマンは、所属するブラジル代表FWネイマールの放出を、条件付きで容認するようだ。スペインTV局『Beteve』が報じている。

    昨夏、契約解除金2億2200万ユーロ(約284億円)でバルセロナからパリSGに移籍したネイマール。その実力は、フランスのリーグ・アンでは群を抜いており、今シーズンも、ここまでの公式戦16試合で13ゴール・7アシストの活躍を披露している。

    パリSGで絶対的地位を獲得したネイマールだが、パリの地元紙『Le Parisien』などによれば、クラブがファイナンシャル・フェアプレー違反による処罰を回避すべく、来夏の移籍市場での売却が画策されている。

    そうした状況を加味して『Beteve』が伝えたのが、ネイマールのバルサ電撃復帰が濃厚となっているというニュースだ。同メディアは、「パリSGは2億ユーロ(約257億円)でネイマールがラ・リーガのクラブへ移籍することで暫定的に合意した」とレポートし、その移籍先の有力候補がバルサであると報じた。

    同メディアはさらにその詳報もレポートしており、それによれば、バルサの交渉担当であるアンドレ・キュリー氏は先週ロンドンで、代理人を務めるネイマールの父親と会い、交渉をスタートさせたようだ。

    また、ネイマール本人もサントスから欧州初上陸を果たしてから約4年間在籍し、合計7個のタイトルを手にするなど、愛着のあるバルサ復帰を最優先事項として考えているという。

    しかし、2億ユーロという法外な移籍金は、言うまでもなくネックになっており、バルサは、ネイマール売却時にドルトムントから総額1億4500万ユーロ(約188億円)で引き抜いたフランス代表FWのウスマンヌ・デンベレを含めたオペレーションを画策しているという。

    仮に実現すれば、昨夏以上にサッカー界を大きく賑わす電撃的な移籍となることは必至。果たして、セレソンの至宝は古巣へ舞い戻るのか? それとも――。

    11/27(火) 19:38 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181127-00050804-sdigestw-socc

    写真
    2018-11-27_21h45_35

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/11/26(月) 08:01:39.19 _USER9
    ダヴィド・デ・ヘアのユナイテッド離脱の可能性が高まっている。来年6月30日に契約満了を迎えるデ・ヘア。ユナイテッドは契約の更新を希望しているものの、デ・ヘア本人にはそのつもりは無いようだ。

    監督モウリーニョはデ・ヘアの残留を願っているが、おそらく契約の満了と共にユナイテッドを去ることになるだろう。

    『Daily Mail』は25日(日)の記事で、デ・ヘアがPSGからの巨額のオファーを得て移籍する、と予想した。
    このオファーを受ければデ・ヘアはGK史上最高額の年俸を得ることになるだろう。

    デ・ヘアの獲得にPSGが放つオファー金額は7,000万ユーロ(約89億6,000万円)と予想される。PSGはベテランGKジャンルイジ・ブッフォンの後任としてデ・ヘアに注目している。

    また同紙はFIFAのファイナンシャル・フェアプレー規則を守るため、PSGは2年以内にネイマールを放出しなければならないとし、
    同選手のレアル・マドリー移籍を予想している。ネイマール不在のPSGで、エムバペが主役の座を得ることになるだろう。

    11/26(月) 7:35配信
    2018-11-26_10h49_13
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181126-00010003-sportes-socc

    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/11/01(木) 16:27:17.24 ID:CAP_USER9.net
    11/1(木) 13:53配信
    ネイマールに「最長禁錮6年の可能性」、バルサ移籍時の不正疑惑で

    【AFP=時事】サッカーブラジル代表FWネイマール(Neymar da Silva Santos Junior)のFCバルセロナ(FC Barcelona)移籍に関する不正疑惑を捜査しているスペインの予審判事は31日、同選手に最長6年の禁錮刑が科される可能性があるとの見解を示した。AFPが確認した文書のコピーには「原則的には、4年から6年の刑期が科される可能性がある」と記されている。


    ネイマールとその両親、バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ(Josep Maria Bartomeu)現会長とサンドロ・ロセール(Sandro Rosell)前会長は、2013年の同選手の移籍をめぐる不正に関する裁判を控えている。現在ネイマールは、フランス・リーグ1のパリ・サンジェルマン(Paris Saint-Germain、PSG)に所属している。

    事件の発端は、当時ネイマールの権利の一部を保有していた投資ファンドのDIS社からの訴えで、同社は同選手がバルセロナに移籍した際に「違法行為」や「詐欺行為」があったと主張している。

    ネイマールは2013年5月、移籍金5710万ユーロ(約73億円)でカンピオナート・ブラジレイロ(ブラジル全国選手権)1部のサントスFC(Santos FC)からバルセロナに移籍。しかし、その取り引きの詳細を両クラブは明らかにされず、ネイマールの両親が4000万ユーロ(約51億円)を、残りの1710万ユーロ(約21億円)をサントスが受け取ったと伝えられた。

    2014年1月、マドリード検察は提出された文書の情報に矛盾があったとして、この移籍に関わる捜査を開始。その1週間後にロセール前会長は辞任し、クラブは実際には8620万ユーロ(約110億円)を支払っていたと発表した。

    サントスに支払われた1710万ユーロの中うち600万ユーロ(約7億7000万円)を受け取ったDISは、バルセロナとサントスが実際の移籍金額に関して共謀し、支払われる分配金をごまかしたと主張している。【翻訳編集】 AFPBB News

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181101-00000025-jij_afp-socc

    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/10/19(金) 10:54:49.16 ID:CAP_USER9.net
    ネイマールがパリ・サンジェルマン(PSG)からの退団の可能性を模索しているという噂が再び広まっている。現在、フランスメディアはネイマールが移籍した場合の後釜まで報道し始めている。

    その後釜として挙げられているのがアントワーヌ・グリーズマンの名前である。フランスメディアの報道によると、PSGはこのアトレティコ・マドリーのストライカーに高い関心を抱いている。

    グリーズマンは2018年のバロンドール有力候補の1人であり、彼の価値は今後さらに高騰していくと思われる。フランスではPSGがグリーズマン獲得に移籍金1億5,000万ユーロ(約193億円)を支払うつもりがあると報じている。

    PSGはそのためにネイマール売却を受け入れる可能性があるが、2億ユーロ(約260億円)以下での売却を受け入れる気はない。

    ネイマールは最近数日、バルサ復帰やレアル・マドリー移籍など様々な噂が飛び交っているが、それ以外にも多くのビッグクラブが彼の獲得に関心を持つと思われる。ネイマールの退団はグリーズマン獲得のための資金を保証する事となる。

    アトレティコがバルサに扉を閉ざしたようにPSGに対しても同様の対応をするのか今後の動向に注目しよう。

    (文:SPORT)
    2018-10-19_11h23_11
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00010003-sportes-socc
    続きを読む

    1:pathos ★ :2018/10/17(水) 22:46:31.98 ID:CAP_USER9.net
    これまで何度も言われてきたことだが、ネイマールはパリ・サンジェルマンへの移籍を本当に後悔している。昨年、ムンドデポルティーボは、このクラックがバルサに復帰プランをアプローチしていることを報じた。

    バルセロナでの生活が快適だったこと、リオネル・メッシをはじめとするチームメイトが偉大だったこと、クラブやスタッフの対応が十分だったこと、ネイマールはバルサを離れて初めてそれを知ったのだろう。

    しかし、ネイマールからのオファーを受け取ったアスルグラナは、冷静に、そして距離を置いて対応した。それも当然だ。彼らはこのブラジル人スターがチームを去るとき、恩をあだで返されるような仕打ちを受けたのだ。その傷はまだ完全に癒えていない。

    それでも、最近はそのクラブの感情も少しずつ変化してきているという。関係者によると、バルサが彼を復帰させる可能性はゼロではないそうだ。これはバルサのトップマネジメントの意向だと聞いた。ネイマール側もまだ接触している。

    ネイマールはPSGでザ・ベストとバロンドールを獲得できると信じていた。後者に関しては、『Frans Football』の御膝元であるフランスでプレーすることが有利だと考えていたようだ。だがスペインを離れて1年2ヶ月経っても、彼が表彰台の上に立つ気配はない。むしろ19歳の同僚、キリアン・エムバペの方が先に上り詰める感すらある。

    このような状況において、ネイマールはリーグ・アンでモチベーションを得ることが困難になっている。対戦相手はこのブラジル人が熱くなれば自滅することを知っているので、試合中あらゆる方法で挑発を試みる。チームメイトは助けてくれない。だからネイマールは、ことあるごとに元所属チームのドレッシングルームを訪れるのだ。

    シウタット・エスポルティーバでテア・シュテーゲン、ラキティッチ、ラフィーニャ、スアレス、メッシら友人たちと再会するたび、ネイマールはかつて芝生の上で感じていた喜びを思い出す。街での生活についても同じだ。パリは素晴らしい都市だが、バルセロナとは気候も違う。

    ネイマールについてはレアル・マドリード、特にフロレンティーノ・ペレスが注目していたが、彼がベルナベウでプレーするのは難しいだろう。PSGは、ブランコスの会長にネイマールに関心がないという声明を出させた。今ネイマールの心にあるのは、かつてプレーしたクラブへの“サウダーデ(無邪気に楽しい日々を過ごせた過去への郷愁)“だけだ。

    執筆者:Fernando Polo
    2018-10-17_23h38_28
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181017-00010000-mdjp-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/09/26(水) 10:10:17.42 ID:CAP_USER9.net
    9/26(水) 8:19配信
    ネイマール『The Best』で一票も得られず

    現在、ネイマールはプロキャリアにおいて最高の時を過ごしているとは言い難い。ロシアW杯でのネイマールのパフォーマンスは彼のイメージを大きく落とす結果となった。彼のプレーはゴールやドリブルよりも転倒やシュミレーションのシーンで記憶されている。


    彼は選手や監督達の間でもそのイメージを落としているようだ。その証拠にネイマールは今年の『The Best』の最終候補3人を決定するための投票で1票も獲得する事が出来なかった。

    この投票は各国代表チームの監督とキャプテン、ジャーナリストによって行われる。従って投票を行った選手、監督、ジャーナリストの中にはネイマールが今シーズンの世界ベスト3に入ると考えた者は誰もいなかったという事となる。

    とはいえ、それはW杯でのイメージだけが理由ではないだろう。その前にネイマールは2月に足首を負傷し、シーズンの残りを棒に振っていた。PSGのチャンピオンズリーグ敗退が決定したレアル・マドリー戦も欠場し、W杯出場も危ぶまれた程だった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180926-00010001-sportes-socc

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/18(火) 13:27:31.59 ID:CAP_USER9.net
    イングランド・プレミアリーグに所属するリバプールのユルゲン・クロップ監督は17日、W杯ロシア大会でネイマールが見せた大げさな演技を擁護し、同選手の脅威を完全に抑え込むのは不可能だと述べた。

    W杯ロシア大会(2018 World Cup)で世界最高額選手のネイマールは、そのパフォーマンスに対して喝采を浴びることはほとんどなく、逆にけがをしたふりをしたためにあざけりの対象となったほか、母国ブラジルも準々決勝でベルギーに敗れた。

    しかし、18日に行われる欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2018-19)で、ネイマールが所属するパリ・サンジェルマン(Paris Saint-Germain、PSG)をホームに迎えるクロップ監督は、同選手が今年2月に足を骨折してその後のクラブでの試合を欠場したことで、W杯期間中のコンディションは万全なものではなかったと主張している。

    「W杯での数試合を見たが、人々がああいったこと(ネイマールの演技)について話しているのは知っていたし、ネイマールも少し過剰なようにみえた。しかし、選手たちはネイマールに本気でチャレンジしているのだから、あれは正常な反応であり、それが真実だ。それに彼は自分の身を守らなければならない。それも理解している」

    「100パーセントの状態の彼を避けられるかは分からない。彼は素晴らしい、並外れた選手だ。W杯期間中の彼はコンディションが万全でなく、母国の責任を背負おうとしていた。ベルギーはブラジルを相手に素晴らしい試合をしたが、もしネイマールが万全ならばブラジルが勝つ。そういうものだ」

    「けがをしたことで彼は自分自身を少し抑えなければならなかった。彼は演技を好むような選手ではない。そんなことをしたらサッカーを楽しめないからだ。彼は週末に休養を取ったし、100パーセント回復した状態で試合に臨むだろう。もはや故障は抱えていない。われわれは完全な状態のネイマールと顔を合わせることになる」

    PSGはネイマールとキリアン・エムバペ(Kylian Mbappe)の獲得に4億ユーロ(約522億円)以上をつぎ込んだにもかかわらず、昨季のチャンピオンズリーグではベスト16敗退となり、同大会初優勝を成し遂げることはできなかった。

    それでも、昨季にリバプールを決勝に導いたクロップ監督は、選手層が厚いPSGの新監督にトーマス・トゥヘル(Thomas Tuchel)氏が就任したことで、同チームは今季の優勝をさらに狙えるようになったと考えている。

    「彼は傑出した監督だ。PSGが彼と契約したのは賢明な決断だったと本当に思った」と言うクロップ監督は、「信じられないほどの素晴らしいクオリティーを持ったこのようなチームには、共にプレーしながら選手に指導できたり、教育できたりする監督が必要だ。そして、彼らは私が知る限りで最高の監督の一人をチームに迎えた。それによって、今回の対戦はわれわれにとってより難しいものになった」と続けた。

    9/18(火) 12:58配信
    2018-09-18_16h11_58
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180918-00000022-jij_afp-socc
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/09/13(木) 09:24:02.80 ID:CAP_USER9.net
    パリ・サンジェルマン(PSG)に所属する26歳のブラジル代表FWネイマールが、エルサルバドル戦で主審を務めたジャイル・マルーフォ氏を批判した。12日に英紙『デイリー・メール』が報じている。

    現地時間11日に親善試合が行われ、ブラジル代表はエルサルバドルと対戦し5-0の勝利をおさめた。ネイマールは1ゴール3アシストの活躍を見せている。だが、この試合で主審を務めたマルーフォ氏に不満を募らせているようだ。

    試合開始して44分、ネイマールは自らドリブルで仕掛けてペナルティーエリア内に侵入。そこで相手に足をひっかけられたとして、大きくダイビングし倒れ込んだ。しかし、審判を欺くシミュレーションだと判断したマルーフォ主審はネイマールにイエローカードを提示している。

    これに対しネイマールは「敬意を欠いている」としてマルーフォ主審を批判。
    続けて「もし、PKを与えたくないのであれば、それで良い。しかし、イエローカードは不要だろ」とコメントしている。
    ney_getty-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180913-00289280-footballc-socc
    9/13(木) 8:40配信
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/08/18(土) 14:50:23.25 ID:CAP_USER9.net
    レアル・マドリードはユベントスへ移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに代わるエースとして、パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールの獲得をまだ諦めていなようだ。スペイン紙「スポルト」は、レアルのフロレンティーノ・ペレス会長がネイマール獲得に史上最高額の3億ユーロ(約380億円)を投じることも厭わないと報じている。

    ペレス会長はロナウドの代役にブラジル最高のスター獲得を熱望しているという。

    今夏の移籍市場ではベルギー代表GKティボー・クルトワ、スペイン代表右サイドバックのDFアルバロ・オドリオソラと守備陣に即戦力を獲得したものの、攻撃陣の補強は18歳のブラジル人FWヴィニシウス・ジュニオールのみ。9年間で450得点を重ねたロナウドに代わるゴールゲッターの確保は実現していない。

    ネイマールは以前からレアルのトップターゲットと言われているが、交渉が進展している様子はなかった。ファイナンシャル・フェアプレーへの抵触のために選手の売却が必要になると見られているPSGに対し、ペレス会長はサッカー界最高となる3億ユーロ(約380億円)という金額を出すことも厭わないようだ。

    アトレチコ・マドリードとのUEFAスーパーカップで2-4と敗れて、改めてロナウド不在の影響が色濃く出たレアル。新エースの到来が待ち望まれるなか、ネイマール獲得は実現するのだろうか。

    8/18(土) 13:01配信 フットボールZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180818-00129208-soccermzw-socc

    写真

    続きを読む

    1:ほニーテール ★:2018/08/10(金) 00:38:30.72 ID:CAP_USER9.net
    パリ・サンジェルマン(PSG)の伝説的GKであり、1998年フランスW杯優勝メンバーであるベルナール・ラマは、ブラジル代表FWネイマールがPSGにとっての「唯一の象徴」になることができないと主張し、2012~2016年に在籍した元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチのようなカリスマ性がないと語った。

    「イブラヒモヴィッチは時に過ちを犯すこともあるだろうが、少なくとも彼の強すぎる要求とキャラクターの強さが、クラブとチームメートを高みに導いていた。ネイマールの場合は違う。彼はプレーのためだけに生きているからね。そういったカリスマ性や言葉の才を持ち合わせていない」と『France Football』のインタビューで語った。

    フットボール史上最も高額な選手であるネイマールは、パリにおける最初のシーズンとなった昨季、その投資額と期待にも関わらず、2月から5月の負傷離脱の間の冷めたような態度によって、クラブのファンの間に苦い後味を残していた。

    “猫”の愛称で親しまれた55歳となるラマはネイマールがクラブとファン、パリの街自体にコミットしなければならないと主張した。「選手がもっと人としてのつながりを持ちたくなるように努力せねばならない。(中略)それは例えば、下部組織の若い選手や、周囲の人物に会ったり…パリにいるということ、ファンのことを思っているということを感じられるよう務めなければならない」

    98年の世界王者の1人であるラマは、レアル・マドリードやバイエルン・ミュンヘン、リヴァプール、バルセロナなどと比べ、PSGが「偉大なクラブの文化」を持っておらず、その文化が染み込んだ選手がいないことを残念がった。しかしながら、ラマはネイマールをピッチの上では“魔術師”であるとし、彼のスタイルはレオ・メッシやクリスティアーノ・ロナウドよりも興奮すると断言した。
    2018-08-10_07h37_10
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180809-00010021-sportes-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ