海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ネイマール

    1: 久太郎 ★ 2020/09/17(木) 10:40:59.77 _USER9
    フランス・プロリーグ機構(LFP)は16日、リーグアン第3節のパリSG対マルセイユ(0-1)で退場したFWネイマールら5選手の処分を発表した。

    同試合は前半からイエローカードが飛び交う荒れた展開の中、後半アディショナルタイム6分に乱闘が勃発。ロングボールの競り合いでパリSGのMFレアンドロ・パレデスがマルセイユFWダリオ・ベネデットのファウルを受け、激怒して報復を行った。そして押し倒されたベネデットがパレデスの足を引っ掛けて転ばせると、そこから両チームの選手たちがエキサイト。各所で小競り合いが起こった。

    その中で互いに蹴り合ったDFレイバン・クルザワとDFジョルダン・アマビィが退場を命じられ、パレデスとベネデットにもレッドカード。さらにネイマールがマルセイユDFアルバロ・ゴンサレスの後頭部を殴ったとして、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を経て退場処分となった。

    LFPの懲戒委員会は協議の結果、クルザワに6試合、アマビィに3試合、ネイマールとパレデスに2試合、ベネデットに1試合の出場停止処分を科すことを決定。ブラジル『グローボ・エスポルチ』によると、ネイマールとパレデスは今後の公式戦10試合で再び懲戒問題に関与した場合、3試合目の出場停止処分を受けることになるという。

    なお、LFPは相手に向けてつばを吐いた疑いのあるMFアンヘル・ディ・マリア、ネイマールへの人種差別疑惑のあるA・ゴンサレスについては、懲戒委員会で調査を行うとしている。
    2020-09-17_21h50_06
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5a51398d1e6af896e1bda17ad9eac747e24f25ba

    続きを読む

    1: 幻の右 ★ 2020/09/14(月) 10:21:08.78 _USER9
    no title


    リーグアン第3節のパリ・サンジェルマン対マルセイユが現地時間13日に行われた。0-1でパリ・サンジェルマンが敗れたこの一戦では、ブラジル代表FWネイマールらの行為が大きな注目を集めている。

    DF酒井宏樹が先発したマルセイユとの伝統の一戦は、後半アディショナルタイムに両チームが入り乱れての乱闘騒動がぼっ発。ネイマールを含む5人が退場となった。

    ただ、緊張感は序盤から続いていた。37分には、マルセイユDFアルバロ・ゴンサレスと口論になったネイマールが第4の審判に詰め寄り、「人種差別、ノー」と訴えかけた。

    ネイマールと揉めたアルバロは、アンヘル・ディ・マリアにつばを吐きかけられたと主張したようで、こちらも今後問題となるかもしれない。

    後半もヒートアップし続けたが、アディショナルタイムに両チームのうっ憤が爆発。ボールに関係ないところでのファウルがきっかけで乱闘になると、両チームとも2人ずつ退場。さらに、VARでネイマールの愚行も確認。乱闘騒動の中でアルバロの後頭部を殴っていたことがバレて、こちらも退場となった。

    結局、両チーム合わせて5人の退場者を出して試合終了。フランス伝統の大一番は、プレ-以外のところで注目を浴びる形となっている。

    2020.09.14
    https://www.footballchannel.jp/2020/09/14/post388751/

    続きを読む

    1: 首都圏の虎 ★ 2020/09/14(月) 08:54:56.64 _USER9
    パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールが、13日に行われたリーグ・アン第3節・マルセイユ戦で人種差別的な発言を受けたことを明かした。フランス紙『レキップ』が13日に報じている。

    PSGはマルセイユとホームで対戦すると0-1で敗北。PSGはリーグ戦でマルセイユ相手に2011年11月以来の黒星となった。この試合で両チームから計5名の退場者が出たが、その中でもネイマールの退場場面が注目を集めている。

    後半アディショナルタイムの95分、ネイマールがマルセイユDFアルバロ・ゴンサレスを押し倒すと、徐々に両者の口論がヒートアップ。すると96分にネイマールがアルバロ・ゴンサレスの後頭部を叩き、これが原因でネイマールは一発退場となった。

    PSGのトーマス・トゥヘル監督は試合後、「ネイマールは『人種差別的な侮辱があった』と私に報告してきた」と明かし、「ピッチ上のことは何も聞こえなかったが、我々の生活おいて人種差別はスポーツに限らず全ての分野において、あってはならない」と述べた。

    また、ネイマールは試合後に自身のツイッターを更新して「唯一の後悔は、あのろくでなしを殴らなかったことだ」と投稿。さらに「VARは僕が暴力を振るうところを捉えるのは簡単だ。今、人種差別主義者が僕をサルと呼んでいる場面をVARで見てみたいね」とつづった。これらの投稿がアルバロ・ゴンサレスについての投稿だと憶測を呼んでいる。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ce79eac3308a8eb2ffe51e6a4b8c91570f257aac
    no title

    続きを読む

    1: 爆笑ゴリラ ★ 2020/09/10(木) 11:12:42.38 _USER9
    9/10(木) 11:04
    スポーツ報知

    ネイマール 別荘の地下に豪華ディスコ!?

    リオデジャネイロの日刊紙「エストラ」電子版は9日、ブラジル代表FWネイマール(28)=パリSG=が、リオ郊外にある敷地面積5000平方メートルの別荘の地下に防音装置付きのディスコを作っていると報じた。

    これまで別荘で大音量の音楽を鳴らし、近隣住民から苦情が出ていたためで、ダンスフロアー、バー、DJスペースなどを備えた本格的なものになるという。ブラジル代表のスーパースターらしい豪華な施設となりそうだ。

    ネイマールが所属するパリSGは2日、複数の所属選手が新型コロナウイルスの検査に陽性反応を示したと発表。クラブは選手名を明かしていないが、現地メディアではネイマールが感染したと報じられていた。

    no title


    https://news.yahoo.co.jp/articles/5fa2c94de69e9065bf2d0fe5ee73bdf6ad219c86

    続きを読む

    1: 首都圏の虎 ★ 2020/09/03(木) 02:38:15.91 _USER9
    【9月3日 AFP】(更新)フランス・リーグ1のパリ・サンジェルマン(Paris Saint-Germain、PSG)で、ブラジル出身のネイマール(Neymar da Silva Santos Junior、28)を含む3選手が、新型コロナウイルス検査で陽性反応を示した。情報筋が2日、AFPに明らかにした。

    PSGはこれに先立ち、所属する選手3人が新型コロナウイルス検査で陽性の結果が出たと発表したが、選手名は公表していなかった。

    仏スポーツ日刊紙レキップ(L'Equipe)は今週初め、アルゼンチン出身のアンヘル・ファビアン・ディ・マリア(Angel Fabian Di Maria)とレアンドロ・パレデス(Leandro Paredes)が陽性となったと報道。匿名でAFPの取材に応じた情報筋は、両選手と共に陽性となった3人目の選手はネイマールかとの問いに「そうだ」と答えた。(c)AFP

    https://www.afpbb.com/articles/-/3302600
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/08/30(日) 20:58:34.15 _USER9
    パリ・サンジェルマン(PSG)に所属しているブラジル代表FWネイマールが、ナイキとの契約を解除することになった。ブラジルメディア『UOL』が29日に報じている。

    今回の報道によると、ネイマールは13歳の時から結んでいたナイキとのスポンサー契約を2020年8月31日をもって解除することとなった模様だ。

    ナイキと同選手は以前から新契約について話し合いの場を設けていたが、最後まで契約における金銭面などの条件で折り合いがつかなかったという。

    契約の詳細は明らかになっていないが、2020-21シーズンからはネイマールが試合の場面で着用するスパイクなどに変化が生じることとなる。

    なお、フランスメディア『レキップ』が30日に報じた内容によると、ネイマールは新たにプーマとの契約に向けて動き出しているという。現在は交渉中の模様だ。

    サッカーキング
    https://www.soccer-king.jp/news/world/fra/20200830/1113521.html
    no title

    続きを読む

    no title
    1: 風吹けば名無し 2020/08/25(火) 10:50:29.37
    なに

    2: 風吹けば名無し 2020/08/25(火) 10:51:20.39
    特化型じゃないから

    4: 風吹けば名無し 2020/08/25(火) 10:52:06.93
    リーグ

    続きを読む

    1: 首都圏の虎 ★ 2020/08/24(月) 22:24:34.99 _USER9
    UEFAチャンピオンズリーグ決勝、パリ・サンジェルマン対バイエルン・ミュンヘンが現地時間23日に行われ、0-1で勝利したバイエルンが7年ぶりの欧州制覇を成し遂げた。ネイマールはチームで2番目に多い10kmの走行距離を記録したが、PSGを勝利に導くことができなかった。(文:加藤健一)

    ●ハイレベルなCL決勝に

    「技術的にはネイマールが世界一の選手だ。私はメッシのファンだが、それでも技術レベルでは彼を超えられない」

    元ブラジル代表のカフーはネイマールをこう評している。

    アタランタ戦では90分にマルキーニョスの同点弾をアシストし、ムバッペへのスルーパスで逆転ゴールをおぜん立てした。ライプツィヒ戦でもディ・マリアのゴールをアシストしている。ネイマールの存在なくしてPSGの決勝進出はなかっただろう。しかし、世界一の選手はパリ・サンジェルマン(PSG)をUEFAチャンピオンズリーグ(CL)優勝に導くことはできなかった。

    トーマス・トゥヘル監督は怪我から復帰したケイラー・ナバスを除いて、準決勝と同じ10人を決勝のピッチに送り込んでいる。ネイマールは準々決勝、準決勝に続いて3トップの中央をスタートポジションにした。

    PSGとバイエルン・ミュンヘンに実力の差はほとんどなく、トランジションでのハードなプレッシングが強調された試合だった。ボールを保持するバイエルンはハイラインを敷き、失えば即座に回収して2次攻撃を開始する。PSGは直近3試合で15得点を奪っているバイエルンの攻撃を4-5-1のゾーンプレスで吸収しつつ、アンヘル・ディ・マリア、ネイマール、キリアン・ムバッペの3トップを中心にカウンターを仕掛けた。

    PSGの狙いは明確で、ボールを奪ったらキミッヒの裏という共通認識があった。ライプツィヒやバルセロナも狙っていたように、ハイラインの裏にボールを通してフィニッシュにつなげる。PSGは前半にそこからいくつかフィニッシュへとつなげ、18分にはムバッペのスルーパスにネイマールが抜け出したが、シュートはGKマヌエル・ノイアーに跳ね返された。

    ●バイエルンはアクシデントで好転

    25分、バイエルンにアクシデントが襲った。センターバックのジェローム・ボアテングが負傷。ボアテングはリヨン戦でも負傷してハーフタイムで退いており、この試合に強行出場していた。

    しかし、おそらくこの交代はバイエルンも想定内で、すぐさまニクラス・ズーレをピッチに入れている。すると、結果的にPSGの狙いが封じられることになる。スピードに優れるズーレが入ったことで、カウンターからシュートに持ち込まれる場面は激減した。

    サッカーはミスをするスポーツだ。ハイレベルだったこの試合でさえ、両チームともに中盤で不用意にボールを奪われ、ノーマークのシュートを外していた。

    ムバッペが決定機をものにしていれば、ディ・マリアの右足のシュートがもう少しうまければPSGは勝っていたかもしれない。レバンドフスキがゴールポストに当ててなければ、バイエルンはこれまでの試合のように大差をつけていたかもしれない。両チームともに味方のミスを全員でカバーし、水際で食い止めていたが、結果的にこの試合はたった1度、ゴールネットを揺らしたバイエルンが勝利した。

    この試合のネイマールのパフォーマンスを批判することはできないだろう。誰よりも多くのドリブルを成功させ、誰よりも多くファウルをもらった。しかし、絞って構えるバイエルンの4バックの壁は分厚く、ノイアーが最後の砦としてゴール前に立ちはだかった。

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f1c6e8ce79c25f1e6096a583763e1782dba2e30e
    no title

    続きを読む

    2020-08-14_20h51_25
    1: 風吹けば名無し 2020/08/13(木) 23:34:02.44
    やべえ

    2: 風吹けば名無し 2020/08/13(木) 23:34:19.27
    トゥヘルえらいことをしてくれたわ

    4: 風吹けば名無し 2020/08/13(木) 23:34:42.11
    パリでたのしそうにしてる模様

    続きを読む

    referee_yellowcard

    1: 風吹けば名無し 2020/08/11(火) 13:16:06.91
    なお、イエローカード

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ