海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ハノーファー

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/10(水) 16:17:29.07
    ドル監督も更迭濃厚
    2部降格が現実味を帯びるハノーファーは、来シーズンに向けて複数の主力選手を売却を考えているようだ。ドイツ『シュポルトバザー』によれば、日本代表MF原口元気も放出候補の1人に含まれているという。

    第28節消化時点で最下位に沈むハノーファーは直近のリーグ戦7試合は全敗。勝ち点14と入れ替えプレーオフに回れる現在シュトゥットガルトがつける16位との差は7ポイント、アウクスブルクが位置する15位との差は11ポイントに広まっている。来シーズンは2部で迎える可能性が濃厚になってきた。

    そして、クラブも来シーズンに向けた組織再編を開始。アーセナルからレンタルで加わっているFW浅野拓磨の買い取り義務発生を回避するため、トーマス・ドル監督に「起用禁止令」を通達したことで話題を呼んだマルティン・キンド会長は、9日にホルスト・ヘルトSD(スポーツディレクター)を解任したことが明らかになった。また『シュポルトバザー』によると、ドル監督のシーズン後の更迭はすでに決定しているという。

    また、降格時には長期離脱中のエースストライカー、FWニクラス・フュルクルーグは800万ユーロ(約10億円)で、すでにオファーが届いていると見られるブレーメンへの放出が濃厚に。さらにそれぞれの契約に2部降格時に行使可能となる契約解除条項が盛り込まれている原口やMFワラシ、DFマティアス・オストルツォレクやFWイーラス・ベブーらの売却で、合計移籍金3000~4000万ユーロ(約38~50億円)を得る考えだと伝えられている。

    つまりクラブ側は主力選手の残留に期待せず、その売却で得た資金で新しいチームを作ることに専念。
    降格が決定となれば、原口ら複数の選手たちの退団も決定するとも言えるようだ。
    2019-04-10_17h56_50
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190410-00010014-goal-socc
    4/10(水) 12:13配信

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/04/09(火) 22:29:15.27
    SANKEI DIGITAL INC.2019.4.9 12:49
    ハノーバー会長が浅野“起用禁止令”に言及 監督は「練習には温かく迎えてあげたい…」  

    ハノーバーのマルティン・キンド会長が書面でトーマス・ドル監督に日本代表FW浅野拓磨の“起用禁止令”を届けたことが、ドイツでも話題を呼んでいる。ドイツ誌『キッカー』は、その会長のコメントなどを伝えた。

    昨夏にレンタルでハノーバーに加わった浅野だが、残り1試合の出場でアーセナルからの買い取り義務が発生。『キッカー』によると、移籍金は350万ユーロ(約4億4000万円)に上るため、これまで残留争いに巻き込まれ最下位に沈むチームでは十分な結果を残せていないと判断したクラブは今後の起用を見送る決断を下し、会長は書面でその指示を監督に届けたとのこと。

    そのドル監督やホルスト・ヘルトSD(スポーツディレクター)もそれぞれその“起用禁止令”の事実を認めていた。そして、キンド会長もここに来てその決断について言及。「経済面における理性、そして疑問がないわけでもない契約の問題だ。我々はこれらから教訓を得なければいけない。このような契約は勧められない」とアーセナルとのレンタル契約の内容に疑問符を投げかけた。

    一方で、負傷していない限り浅野の起用を続けてきたドル監督は、本人にクラブの決断を伝えるのは難しかったと明かしたようだ。「練習には温かく迎えてあげたい…」と語る指揮官だが、浅野の今後については「それは内部のみの話」とコメント。それでも「彼はこれからも成長を続ける若い日本代表選手だ」と同選手に対する一定の評価を口にした。(Goal.com)
    2019-04-10_01h07_10
    https://www.sanspo.com/smp/soccer/news/20190409/bun19040912490006-s.html

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/04/05(金) 23:20:44.23
    日本代表FW浅野拓磨は、所属元アーセナルとの契約に定められた買い取り義務条項から、この先ハノーファーでの起用が見送られる可能性が報じられている。ドイツ『シュポルトバザー』によると、マルティン・キンド会長は同選手の起用を回避するための手段をとったという。

    これまでの報道によれば、次の出場でクラブ間の移籍契約に盛り込まれている買い取り義務条項の条件が満たされるため、ハノーファー幹部は同選手のさらなる起用を見送る決断を下したとのこと。条件は出場分数、ゴールやアシスト数によって満たされ、買い取り価格は350万ユーロ(約4億4000万円)で、すでにハノーファー側はアーセナルに浅野を今後起用しない決断を表明し、アーセナルの不満を買ったとも伝えられていた。

    『シュポルトバザー』の新たな報道では、ホルスト・ヘルトSD(スポーツディレクター)は、アーセナルと再交渉を行い、「100万ユーロ(約1億2500万円)を大きく超える価格」での買い取りで合意に至っていたことが判明。しかし、それでも現在1部の最下位に沈み降格が現実味を増している状況の中で、キンド会長は浅野の完全移籍での獲得を望んでおらず、トーマス・ドル監督に書面で「起用禁止令」を届けたことを認めたとされる。

    一方、そのドル監督は4日に開かれた6日のヴォルフスブルク戦に向けた記者会見で、この件について問われると、「選手の起用、メンバー構成は私の担当範囲だ。これ以上、これについては話すことはない」と返答。実際にヴォルフスブルク戦に向けたメンバーの発表で、浅野の今後の去就が明らかになる。

    4/5(金) 21:26配信 goal
    2019-04-05_23h30_24
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190405-00000032-goal-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/05(金) 07:47:36.69
    ハノーファーに所属するFW浅野拓磨が今季の残り試合に出場しない可能性が浮上している。

    独誌『キッカー』によると、ハノーファーがレンタル元のアーセナルに対し浅野の今季の起用を控えたいと伝えたと報じている。

    その理由として、浅野の契約に含まれる出場試合数など一定の数字をクリアした場合、ハノーファーは350万ユーロ(約4億4000万円)の買い取り義務が発生する事になっているというのだ。
    クラブ側はそのオプションを行使したくないために今後の起用を見送りたいようだ。

    先月30日の時点であと2試合出場した場合、自動的に浅野の完全移籍が実行されると独メディア『シュポルトブッツァー』が伝えていた。そして31日に行われたブンデスリーガ第27節のシャルケ戦に途中出場した事で、完全移籍まであと1試合出場という状況になっている。なお24歳の浅野は今季リーグ戦13試合に出場し無得点と結果を残すことが出来ていない。

    果たして6日に行われるブンデスリーガ第28節のヴォルフスブルク戦で浅野はメンバーに入る事はないのだろうか。
    20190405_asano_getty-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190405-00316496-footballc-socc
    4/5(金) 7:40配信

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/player/detail/10015420
    成績

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/03/11(月) 13:54:36.55
    ドイツ・ブンデスリーガ第25節の試合が現地時間10日に行われ、ハノーファーとレバークーゼンが対戦。激しい雪の中で行われた試合はアウェイのレバークーゼンが3-2で勝利を収めた。

    ハノーファーの原口元気は先発でフル出場。浅野拓磨はベンチ入りしなかった。2点のビハインドから原口のアシストによるゴールなどで一旦は追いついたハノーファーだが、終盤に突き放されての敗戦に終わった。

    レバークーゼンがケビン・フォラントの2ゴールでリードしたあと、34分には原口に決定的なチャンス。GKからのロングボールを受けて守備陣を振り切り、相手GKもかわして無人のゴールに向けてシュートを放った。だがグラウンダーのボールは薄く積もった雪に阻まれて急激に減速し、ゴールラインわずか手前でストップ。戻ってきたDFに対応されてしまった。

    それでも51分には原口のアシストからジョナタスが1点を返し、73分にはミッチェル・ヴァイザーのオウンゴールで2-2の同点。しかし87分にはカイ・ハフェルツが決勝ゴールを奪いレバークーゼンが勝利を収めた。

    ハノーファーはこれでリーグ戦4連敗。残留圏の15位アウクスブルクには8ポイント、プレーオフ圏の16位シュトゥットガルトには5ポイントの差をつけられ、残り9試合で苦しい状況に追い込まれている。
    20190311_haraguchi_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190311-00312720-footballc-socc

    続きを読む

    1: 愛憎の@シコリアン ★ 2019/01/31(木) 23:28:57.03
    2019-02-01_00h04_58
    1/31(木) 22:57配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190131-00900689-soccerk-socc
    SOCCER KING

    MF香川真司は、MF原口元気とFW浅野拓磨が所属するハノーファーに移籍する可能性もあるようだ。ハノーファーのマネージャーを務めるホルスト・ヘルト氏が1月31日の試合前会見でクラブ間合意を明言。トルコ移籍間近と見られていたが、交渉次第ではハノーファー入りも出てきた。

    ヘルト氏によれば、前日30日の夜に移籍の案が浮上したようだ。「交渉は昨日の晩から今日の午前にまで及んだ。我々は、ドルトムントとシンジ・カガワに関する交渉で合意に達した」と明言。「だが、彼がベシクタシュに行く可能性もある。全ては選手次第だ」と続け、香川からの同意を得ていないことも明かした。

    ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)は同日、試合前日会見で移籍が噂される香川の動向について言及。今日、(移籍の)契約を締結するための話し合いの席に着くため、オフを取りチームを離れた。だが、まだその確定した結果を話すことはできない」と明かしていた。

    なお、香川はトルコの強豪ベシクタシュとの話し合いに向けてイスタンブールに到着した模様。トルコ紙『ヒュッリイェト』は、香川の半シーズンのレンタル料が110万ユーロ(約1億4000万円)+ボーナスと具体的に報じている。

    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/10/07(日) 00:41:00.42 ID:CAP_USER9.net
    【ハノーファー 3-1 シュトゥットガルト ブンデスリーガ第7節】
     
    現地時間6日にブンデスリーガ第7節の試合が行われ、最下位ハノーファーはホームに16位シュトゥットガルトを迎えて対戦。

    ハノーファーに所属する浅野拓磨はスタメン出場を果たし、原口元気はベンチスタートとなった。試合開始して14分、ハノーファーが早くも1枚目の交代カードを使う。負傷した浅野に代わって原口が途中出場を果たした。

    28分、ドリブルで仕掛けたニクラス・フュルクルクがシュートを放つもシュトゥットガルトのGKミヒャエル・エッサーに止められる。それでも30分、ミーコ・アルボルノズのクロスにボビー・ウッドが頭で合わせてハノーファーに先制点が入った。前半アディショナルタイムにもウッドがヘディングシュートを決めて2点差に。

    しかし50分、守備を崩されてシュトゥットガルトのマリオ・ゴメスに1点を返された。後半アディショナルタイム、原口のクロスからイーラス・ベブが得点し3点目。結局、ハノーファーが3-1の勝利をおさめている。

    【得点者】
    30分 1-0 ウッド(ハノーファー)
    45分+1分 2-0 ウッド(ハノーファー)
    50分 2-1 ゴメス(シュトゥットガルト)
    90分+1分 3-1 ベブ(ハノーファー)
    hano_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181007-00292030-footballc-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/09/01(土) 06:36:09.47 ID:CAP_USER9.net
    9/1(土) 6:27配信
    浅野は2戦連続先発、原口出番なし…ハノーファー、香川ベンチ外のドルトムントとスコアレス

    [8.31 ブンデスリーガ第2節 ハノーファー0-0ドルトムント]

    ブンデスリーガは31日、第2節1日目を行いFW浅野拓磨、MF原口元気の所属するハノーファーはホームでドルトムントと対戦し、0-0で引き分けた。新天地で開幕スタメンをつかんだ浅野は2戦連続の先発。2トップの一角に入り、前半のみで交代した。ベンチスタートの原口は出番なし。MF香川真司はベンチ外だった。

    前半40分にドルトムントが決定機を迎えた。DFウーカシュ・ピシュチェクの縦パスがクリアされると、こぼれ球にMFマルコ・ロイスが反応。右サイドから中に切れ込み、右足シュートを放ったが、これはGKミヒャエル・エッサーが体を張ってファインセーブ。前半42分にもMFマフムード・ダフードの鋭いスルーパスで最終ラインの裏に抜け出したロイスがフリーで決定的な右足シュートを放ったが、惜しくもクロスバーを叩いた。

    スコアレスで折り返した後半開始と同時にハノーファーは浅野を下げ、新戦力のFWボビー・ウッドを投入。チャンスをつくりながらも互いに最後までゴールをこじ開けられず、0-0のまま試合終了。ハノーファーは開幕2試合連続のドロー。ドルトムントは1勝1分となった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180901-01744064-gekisaka-socc

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/08/26(日) 00:30:51.11 ID:CAP_USER9.net
    ブンデスリーガ第1節が25日に行われ、ブレーメンとハノーファーが対戦した。

    今夏、移籍した日本人3選手が在籍する両チーム。全員が先発としてピッチに立つ期待が寄せられたが、原口元気はベンチスタートとなった。ブレーメンFW大迫勇也は右ウィング、ハノーファーFW浅野拓磨はツートップの一角として先発している。

    序盤はブレーメンがボールを支配。左右に散らしながら、ゴールへと迫り、大迫も右サイドからアクセントを加える。一方のハノーファーはカウンターから好機を作ろうと試みるが、距離が長く、ゴールまでなかなかたどり着かない。

    前半はともにビッグチャンスを作るには至らず、スコアレスで折り返す。

    後半開始早々、ブレーメンは中央で浮き玉をつなぎ、最後はダフィ・クラーセンからルドウィグ・アウグスティンソンがボレー。しかし、シュートは惜しくもゴール右へ逸れ、先制点とはならず。

    直後、エースのマックス・クルーゼが足を引きずるようにして途中交代。大迫が右から中央へとポジションを移す。56分にはクラーセンがヘディングでフリックしたところを、大迫が抜け出して左足でシュート。うまくミートせず、ボールはゴール右へと外れていった。

    劣勢のハノーファーは10番の原口を投入。左サイドのアタッカーに入った。

    逆にブレーメンは、39歳の重鎮クラウディオ・ピサーロを投入し、勝負を決めにかかる。

    ハノーファーは原口、ブレーメンは大迫を中心に攻撃が回り始めるが、最後のパスやトラップが決まらず、決定的なシュートチャンスには結びつかない。そんな中、どちらに転ぶかわからない試合を動かしたのはハノーファー。77分、浅野と交代で入ったヘンドリク・ヴァインダントが浮き球のパスに抜け出すと、ワントラップから冷静に流し込み、ついに試合が動く。

    それでも諦めないブレーメン。左サイドのクロスにピサーロが飛び込むと、そのまま流れたボールをゲブレ・セラシエが頭で押し込み、終盤で試合を振り出しに戻す。

    試合は結局そのまま終了。1-1のドローに終わっている。

    ■試合結果

    ブレーメン 1-1 ハノーファー

    ■得点者

    ブレーメン:ゲブレ・セラシエ(85分)

    ハノーファー:ヴァインダント(77分)

    8/26(日) 0:21配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180826-00000027-goal-socc

    写真

    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/08/22(水) 23:28:30.78 ID:CAP_USER9.net
    8/22(水) 19:20配信
    日本代表3選手が共演へ!ブレーメン対ハノーファーで大迫、原口、浅野が先発とリーグ公式が予想

    いよいよ今週末に開幕するブンデスリーガ。25日に行われるブレーメン対ハノーファーだが、リーグ公式はFW大迫勇也、FW浅野拓磨、MF原口元気はともに先発すると予想している。

    今夏の移籍市場でアーセナル、ヘルタ・ベルリンからそれぞれ加入した日本代表の両選手。地元メディアも、プレシーズンマッチなどでの両選手の活躍を称賛しており、浅野は先日のDFBポカールでデビュー戦ゴールを記録。早くも新天地で適応を見せている。

    そんな中、ブンデスリーガ公式サイトは浅野、原口がともに開幕戦のブレーメン戦で先発すると予想している。DFBポカールは負傷のため欠場していた原口も、この一戦では間に合うと見込んでいるようだ。

    なお、対戦するブレーメンには大迫が在籍。ブンデスリーガは、DFBポカール1回戦で先制点を奪った28歳FWもスタメン入りすると予想しており、この一戦では日本代表3選手がピッチで躍動する姿を見ることができるのかもしれない。

    ブレーメン対ハノーファーは、ブレーメンの本拠地「ヴェーザーシュタディオン」で日本時間25日22:30にキックオフを迎える。

    以下、ブンデスリーガ公式HPが予想する両チームのスターティングメンバー。

    【ブレーメン】
    GK:パブレンカ
    DF:セラシエ、ベリコビッチ、モイサンデル、アウグスティンソン
    MF:エッゲシュタイン、バルグフレーデ、クラーセン
    FW:大迫、クルーゼ、カインツ

    【ハノーファー】
    GK:エッサー
    DF:ソルク、アントン、ヴィマー、オストルツォルク
    MF:ベブ、シュヴェグラー、ワラセ、原口
    FW:浅野、フュルクルク

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180822-00010003-goal-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ