海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ハメス・ロドリゲス

    [7.27 IC杯 インテル 0-3 R・マドリー]

     インターナショナルチャンピオンズ杯は27日、中国ラウンド2日目を行い、DF長友佑都の所属するインテル(イタリア)とレアル・マドリー(スペイン)が対戦し、レアルが3-0の完封勝利を収めた。ベンチスタートとなった長友は後半37分から出場したが、ゴールには絡めなかった。

     序盤から両チームともに積極的にシュートを狙う中、徐々にレアルがシュートチャンスを増やしていく。前半15分にはFWクリスティアーノ・ロナウドが直接FKでゴールを脅かしたものの、GKサミール・ハンダノビッチに弾き出された。さらに同16分にはFWヘセ・ロドリゲスのパスを受けたC・ロナウドが狙うもボールはゴール右へと外れてしまう。

     前半20分にはFWマウロ・イカルディがミドルレンジからシュートを放つも、ボールはわずかにゴール右へと外れた。同23分にはレアルが決定機を作ったがMFイスコの強烈なシュートはハンダノビッチにストップされ、こぼれ球に反応したヘセの至近距離からのシュートもハンダノビッチに阻まれた。

     しかし、レアルが前半29分に先制に成功する。左サイドのDFマルセロが上げたクロスを受けたヘセが、寄せてくる相手DFをワンフェイクでかわすと左足でネットを揺らしてスコアを1-0とした。さらに同38分にはカウンターから好機を創出するも、ヘセのパスを受けたC・ロナウドのシュートはハンダノビッチの正面に飛んで追加点とはいかなかった。

     同点に追い付きたいインテルは前半アディショナルタイムに中央を突破したMFマテオ・コバチッチが狙ったが、シュートはGKケイラー・ナバスの守備範囲に飛び、さらにMFエルナネスが直接FKでゴールを脅かしたものの、K・ナバスの横っ飛びのセーブに阻まれてしまった。

     1-0とレアルがリードを奪ったまま後半を迎えると、後半11分にレアルが追加点を奪取する。イスコが蹴り出したボールは一度クリアされるが、FWルーカス・パスケスが後方からのパスを呼び込んで右サイドでフリーとなると、クロスをDFラファエル・バランがジャンピングボレーで押し込んでリードを2点差に広げた。

     両チームが積極的に選手交代を行う中、後半37分にピッチに送り込まれた長友は4-4-2の左サイドハーフの位置に入った。その後、同41分にMFハメス・ロドリゲスが直接狙ったFKがハンダノビッチに弾き出されたものの、同44分に再びJ・ロドリゲスが狙った直接FKが鮮やかな軌道を描いてネットを揺らし、レアルが3-0でインテルを下した。
     2015-07-27_23h38_49
    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/07/09(木) 19:39:29.94 ID:???*.net
    2015-07-09_20h37_42
    記者発表会に出演したハメス・ロドリゲス(左)と滝川クリステル
    Photo By スポニチ

    サッカー・コロンビア代表MFのハメス・ロドリゲス(23)が9日、都内で行われたトヨタの新型「シエンタ」記者発表会に、フリーアナウンサーの滝川クリステル(37)とともに出席した。

    2人は新TVCMで共演をしているが、対面するのはこの日が初めて。実際に対面し、滝川は「チャーミングで爽やかな素敵な好青年ですね」とメロメロな様子でロドリゲスの第一印象を語り、一方、ロドリゲスは「とてもおキレイな方だなと思って見ていました」と滝川を褒めた。また、日本企業初のCM出演となるロドリゲスは、同CMを見て「僕も今さっき裏で見たんですけど、素晴らしい仕上がりでしたね。このCMを流せばシエンタの売り上げがすごく伸びるんじゃないかなって期待しました」とご満悦な様子だった。

    さらに、23歳にして一児の父でもあるロドリゲス。滝川から「ネットで“夫にしたいサッカー選手”で1位にハメス選手が選ばれていましたが知っていますか?」と質問されたロドリゲスは「初めて聞きました」と驚き、さらに夫婦円満の秘訣についてロドリゲスは「妻が会場にいるので、何て言ったらいいのか(笑)」とコメントして会場を沸かせ、「私はプロのサッカー選手なので、スポーツ以外のことは気にしてなく、自分の好きなようにやらせてもらっていることがいいのかなと思います」と告白した。

    今回が単独初来日となったロドリゲスは、日本の印象を聞かれ「前から日本に来たいと思っていて、興味があった国だったので、今回来られて大変嬉しいんですが、残念なことに滞在時間がすごく短いんです。今後来るときにはもっと長い時間、日本で楽しみたいです」と語り、さらに、今回の来日で色んなところに行ったことを明かし「行ったところ全部がキレイで、そこで僕のことを明るく親切に受け止めてくれて、すごく嬉しくて、本当に再び来たいと思わせてくれる国でした」と笑顔を見せた。新TVCM「開会式」篇、「スポーツバッグ」篇、「フラットシート」篇は10日(金)よりオンエア。

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/07/09/kiji/K20150709010700610.html
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1436438369/

     
    続きを読む

    2015-07-09_15h06_24
    2015-07-09_15h06_37
    2015-07-09_15h06_55
    2015-07-09_15h07_24
    続きを読む


    750: U-名無しさん@実況・\(^o^)/です 2015/07/08(水) 11:36:29.34 ID:Lt1VAI010.net
    ハメスも日本におるw
    CJW9gHEUEAES5nA

    引用元http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1436289396/

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/12/03(水) 18:55:14.57 ID:???0.net
    レアル・マドリーに所属するコロンビア代表FWハメス・ロドリゲスの妻ダニエラ・オスピナさんが整形手術を行ったようだと、『メトロ』が報じている。

    元バレーボール選手のダニエラさんは、ハメス・ロドリゲスの1歳年下で、コロンビア代表で同僚のアーセナルのGKビド・オスピナの妹にあたる。

    昨年、長女が誕生。ハメスがモナコからレアル・マドリーに移籍した時の会見に同席したことで注目を集めた。

    だがレアルの一部サポーターからダニエラさんの容姿を罵る心無い声も挙がった。同紙は心を痛めたダニエラさんが今回、そういった批判を退けたいとの狙いで整形手術を決行したようだとしている。

    12月3日(水)17時43分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141203-00235950-gekisaka-socc

    写真
    no title

    no title

    no title
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1417600514/


    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/11/21(金) 09:59:05.17 ID:???0.net
    「とんねるずのスポーツ王は俺だ!!2015」に出演するコロンビア代表のハメス・ロドリゲス(中央)とセルジオ越後氏をまねた石橋貴明(左)、バルデラマに扮した木梨憲武
    Photo By スポニチ
     2014-11-21_11h31_23
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/11/21/gazo/G20141121009321950.html

     来年1月放送のテレビ朝日「とんねるずのスポーツ王は俺だ!!2015(仮)」で、木梨憲武(52)率いる「木梨ジャパン」がサッカー、コロンビア代表のハメス・ロドリゲス(23)と対決する。“ハメロド”は、今年6月のブラジルW杯でザックジャパンが痛めつけられた因縁の相手。木梨は早速スペインに乗り込み、日本代表のリベンジマッチに挑んだ。

     ハメロドは今年のサッカー界のシンデレラボーイ。ブラジルW杯で得点王に輝き、スペインのレアル・マドリードに移籍して背番号「10」を背負うまでに成長した世界の新星だ。

     木梨が挑戦状を叩き付けたのが、このスター。理由は日本代表のリベンジだ。ブラジルW杯1次リーグの日本戦で、後半から出場したコロンビア代表のハメロドは日本代表を翻ろうし、ロスタイムにダメ押しの4点目を決める活躍を見せた。この屈辱に、日本の芸能界を代表するサッカー通が黙っているわけにはいかない。「負けをそのままにしてはいけない!」とレアル・マドリードの本拠地スペイン・マドリードに乗り込んだ。

     元日本代表の中山雅史氏(47)と「木梨ジャパン」を組み、「とんねるずのスポーツ王は俺だ!!」恒例の自分たちに有利なルールの下でサッカー対決。木梨側のみ途中からゴールキーパーが2人になる「PK対決」、ハメロド1人に対し、木梨側は2人で蹴って巨大ピンを倒す「巨大サッカーボウリング」などの収録を敢行。ハメロドも「必ず勝つよ!」と受けて立ち、本気の戦いは手に汗握る攻防戦となり、結末は劇的なものとなった。

     木梨は日本代表のユニホームに、コロンビア元代表のスター、カルロス・バルデラマ氏(53)をまねたアフロヘアのかつらをかぶる奇襲戦法でピッチを駆け抜け、石橋貴明(53)は解説者のセルジオ越後氏(69)をイメージした扮装で解説を行った。木梨は「苦しい戦いになりましたが、お正月にふさわしいドラマチックなサッカー対決になりました」とすがすがしい表情。ハメロドは「すごく楽しくて良い経験ができました。今度は日本で対決したいね」と、木梨ジャパンの実力を認めていた。

     ≪過去のはチラベルト、カーンと対決≫同番組で、サッカーの各国代表の現役選手と対決したのはハメス・ロドリゲスが3人目。01年にパラグアイ代表GKチラベルトとフリーキック対決を行い、チラベルトが勝利。04年には独代表GKオリバー・カーンにPK対決を挑み、カーンが勝利している。

    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/11/21/kiji/K20141121009323130.html
    引用元http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1416301875/


    続きを読む

    ↑このページのトップヘ