海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ハリルホジッチ

    1: Egg ★ 2020/09/13(日) 09:28:21.54 _USER9
    元日本代表指揮官で、現在はモロッコ代表を指揮するヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、マルセイユに加入した長友佑都について語った。

    7月にガラタサライとの契約が満了を迎え、フリーになった長友は、今夏に酒井宏樹が所属するフランスの名門マルセイユに加入。

    今シーズンのチャンピオンズリーグに出場するチームの中で、インテルやガラタサライ時代に同舞台を経験し、日本代表としてワールドカップに出場した34歳のサイドバックの経験値に期待が寄せられている。

    2015年から3年間指揮をした日本代表で、左サイドバックの主力として長友を起用し続けてきたハリルホジッチ監督は、フランス『Le Phoceen』の中で同選手について「両足を均等に使え、素晴らしいプロ意識のおかげでフィジカル面でとてもシャープ。

    だから非常に運動量が多い。カウンターのときにはオフェンス面でも貢献できる。彼は常に100%全力で取り組む選手だ」と特徴を説明し、同選手のプロ意識への称賛を続けた。

    「健康面に関して言えば、彼は模範的だ。朝や昼、夜に何を食べるかを理解している。これが優れたフィジカルコンディションの理由だ。夜になれば、早く部屋に戻り、寝る前に30分ストレッチをする。夜にプレイステーションで遊ぶこともない(笑)。このような模範的な選手をほとんど見たことがない」

    そして、長友がリーグ・アン行きを決めたことについて「彼のリーグ・アン挑戦にとても満足している。彼はチームメイトとマルセイユに多くをもたらすはずだ」と話した同指揮官は、日本代表DFとの契約はマルセイユにとって非常に意義のあることだと強調した。

    「君たち(マルセイユ)は彼をフリーで獲得したのだろ?マルセイユにとってのプレゼントだ。もちろん(リオネル)メッシや(クリスティアーノ)ロナウドと一緒にできるわけではないが、ウソ偽りはない。彼はマルセイユの太陽を浴びにここに来たわけではなく、クラブのために全力を尽くすためにここに来たんだ」

    9/13(日) 7:21配信 GOAL
    https://news.yahoo.co.jp/articles/46389ca2b1305731ccf1e4b4fcf16bae54f7040e
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/05/09(土) 09:01:05.15
    元日本代表監督のバヒド・ハリルホジッチ氏(67)=現モロッコ監督=が8日までに関係者を通じてスポーツ報知に、新型コロナウイルス感染拡大が続く日本に向けたメッセージを寄せた。同じくコロナ禍の影響を受けるフランスの自宅にいる同氏は、励ましの言葉と、不要不急の外出を控える大切さを訴えながら「美しい季節が訪れることを期待しましょう」と終息を願った。
    ●「ハリルからの手紙」元日本代表監督は優しいおじいちゃん…当時の監督番記者が読み解く

    ハリル氏の思いを元サッカー担当の斎藤成俊デスクが「読み解く」。

    日本への思いがあふれるメッセージだった。ハリル氏はロシアW杯まで2か月に迫った2018年4月に解任された。当然、恨みつらみもあったが、最後の会見では「私は日本の永遠のサポーターです」と述べた。その言葉通り、今回、関係者を通じてお願いしたメッセージを、わずか1日で届けてくれた。

    独裁的」「エキセントリック」などが、多くの人が抱く同氏のイメージだろう。確かに、試合に臨むうえでは選手たちに強い口調で接し、常に何かに怒っていた。その指導法が、選手とのコミュニケーション不足という理由で解任に至った原因にもなった。しかし、人間ハリルホジッチは、優しい“おじいちゃん”そのものだった。

    忘れられないのが、16年4月14日に発生した熊本地震への関わりだ。テレビで流れる映像に心を痛めたハリル氏は翌月の5日、望んで被災地を訪れた。「ひとりの人間としても代表監督としても来ないといけないと思った」。避難所では激励の言葉をかけ続け、当初見学のみとされた子供たちのサッカーに急きょ参加して、ワイシャツに汗が染みるのも気にせずプレーした。県庁で「くまモン」のピンバッジを贈られると「被災者のことを忘れないで試合をする。ロシアW杯にも持って行きたい」と、その後の公式戦では必ずスーツの胸元につけ、一緒に戦った。

    苦境に立ったとき、とにかく我慢が必要だと訴えるのは、現役引退後に勃発したボスニア紛争の経験からだろう。内戦反対の姿勢だったハリル氏は、命を狙われた。危険を感じ現在国籍を持つフランスに逃れたが、ボスニア・ヘルツェゴビナの自宅や経営していたカフェ、ブティックなど「全て破壊され、盗まれました」。ほぼ無一文での再出発。耐え抜いたフランスでの日々の先に、指導者として成功が待っていた。だからこそ今回、日本人の自制心を信じ、不要不急の外出自粛を求めた。

    休日には奥さんと京都、広島、沖縄を訪れるなど日本の景色を愛したハリル氏は、メッセージの最後を「美しい季節が訪れることを期待しましょう」と結んだ。フランス北部リールにある自宅の庭には1本の桜の木がある。ハリル氏は世界、そして日本に、満開の桜で彩られたような明るい日々が戻ってくることを心から願っている。(14~18年サッカー担当・斎藤 成俊)

    ◆ハリルホジッチ氏のメッセージ

     親愛なる日本の皆様へ

    日本の皆様にメッセージを送れること大変嬉しく思います。

    新型コロナウイルスはいまだに全世界を恐怖と不安に陥れていますがフランスのマクロン大統領も言っているように、この戦いは戦争でもあり、戦いに勝たなくてはいけません。

    日本の皆様は規律正しく、和を尊重する文化と伝統があります。国民が一体となって団結し、諦めない気持ちでいることが大切であろうと思います。

    フットボールにおいても全世界同じ状況で、サポーターもプレーヤーも試合を観ること、プレーすることを待ち焦がれていると思いますが、まだもう少しの辛抱が必要です。

    しっかりと危険性を認識しながら、無駄に外出することなく、美しい季節が訪れることを期待しましょう。

    5/9(土) 6:00配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200509-05080232-sph-socc
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/04/25(土) 18:34:23.52
    元日本代表監督で現在はモロッコ代表の監督を務めるバヒド・ハリルホジッチ氏がフランス1部リールの史上最高監督に選出された。アルジェリア紙『EL MOUDJAHID』が伝えている。

    アルジェリア代表監督として、14年ブラジルW杯で同国史上初となる決勝トーナメント進出を決め、自身の評価を大きく上げたハリルホジッチ氏は2015年3月に日本代表監督に就任。日本をロシアW杯出場に導いたが、同大会直前の4月7日に契約解除が発表された。

    リールで偉業を成し遂げた同氏は、いまもファンの心をつかんでいるようだ。数千人のリールサポーターが参加するサイト「Le petit lillois」でクラブの歴史上最高監督を選ぶ投票が行われ、ハリルホジッチ氏への投票が40%を占めた。

    ボスニア・ヘルツェゴビナ出身のハリルホジッチ氏は、1998年から2002年までLOSCリール・メトロポールの監督を務めた。記事では「クラブが2部にいた98年にリールの指揮官に就任したハリルホジッチ氏は、翌シーズンにクラブをリーグ・アンに昇格させ、リールサポーターに希望を取り戻させてくれた」と伝えている。

    99-00シーズンに2部優勝へと導いたハリルホジッチ氏は、リーグ・アン昇格1年目となった00-01シーズンにリーグ3位という成績を残した。これによって翌シーズンはUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)に出場したが、これはクラブの歴史上初となる快挙だった。

    4/25(土) 16:45配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200425-43479872-gekisaka-socc
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/01/29(水) 20:22:55.59
    フランス1部のマルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹は、今季のパフォーマンスが低調であるとして批判の対象となっているが、元日本代表監督のヴァイッド・ハリルホジッチ氏は同選手を擁護している。仏紙『ラ・プロヴァンス』が29日付でコメントを伝えた。

    フランスの名門マルセイユで不動の右サイドバックとしてプレーを続けてきた酒井。プレーへの姿勢やプロ意識の面でも高く評価され、昨季はチームの成績が振るわない中でも奮闘していた選手としてファンの選ぶチーム年間ベストプレーヤーにも選出された。

    だが今季はチームがリーグアンで現在2位と好調な一方で、酒井のパフォーマンスは安定せず。「2016年にマルセイユにやって来て以来最もデリケートな時期を過ごしている」「あまり攻撃参加せず、クロスが味方に合うことは滅多になく、守備も雑。停滞どころか後退という印象」と仏紙は酒井の現状について述べている。

    しかし、現在モロッコ代表監督を務めるハリル氏は酒井への批判は不当だと訴えた。「いつも最高の状態でいられるわけではない。彼は格安で加入してクラブに多くをもたらしてきた。機械ではないのでペースが落ちることもある。彼のような選手を批判するのは不快なことだ」とハリル氏は語る。

    ハリル氏は酒井について「模範的な選手。日々の練習も規律面も素晴らしい」と絶賛。その上で、「もう少しずる賢くならなければいけない。もっとプレーを正確にし、最後のパスで相手の意表を突けるようにもするべきだ。攻め上がった時には中央に切り込んでシュートを打つところも見たい」とさらなる成長への課題も挙げている。

    マルセイユのアンドレ・ビラス=ボアス監督は、同サイドで息の合うプレーをしていたフランス代表MFフロリアン・トヴァンの長期離脱が酒井にも影響しているのではないかという考えも示している。今後のシーズン後半戦に向けてパフォーマンスを向上させていくことができるだろうか。

    1/29(水) 19:51配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200129-00360019-footballc-socc

    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/08/01(木) 18:36:24.76
    ハリル監督がナントに補強熱望、久保の獲得は「完全な予算外」
    no title


    元日本代表監督のバヒド・ハリルホジッチ氏は、新シーズンを前にフランス1部ナントの監督を辞任する見通しだと現地メディアで報じられているが、レアル・マドリードに加入した日本代表MF久保建英の獲得をリクエストしていたという。フランス紙「レキップ」が報じている。

    同紙によると、ハリル監督がナントからの辞任を考えるようになったきっかけは、この移籍市場でクラブが補強に対して自身の意見を反映しないことへの不満からだという。ハリル監督はクラブに対して数人の獲得リクエストを出していたが、その中に久保の名前が含まれていたという。

    しかし、ナントは久保の獲得について「完全な予算外」として動かなかったとした。そして、ナントが獲得したのはハリル監督がリクエストをしていない選手ばかりで、これに対して辞任という形でハリル監督は応じる模様だ。

    同紙では後任監督が2日にも発表されるという見通しも報じた。今の日本サッカー界をときめく新星と、昨年4月まで日本代表を率いたハリル監督の名前が意外なところで同居して浮かび上がった。もし、久保がフランスに行くようなことがあったとしたら、ハリル監督の将来もまた変わっていたのかもしれない。

    8/1(木) 18:30配信 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190801-00207787-soccermzw-socc

    続きを読む

    GettyImages-1065066830-min

    1: シャチ ★ 2019/07/31(水) 21:59:58.39
    7/31(水) 21:57配信 時事通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190731-00000137-jij-spo
    サッカーの元日本代表監督で、フランス1部リーグ、ナントのバヒド・ハリルホジッチ監督(67)が近日中に辞任することが31日、分かった。クラブ関係者が明らかにした。チームは今季リーグ開幕戦を8月11日に控えている。

    ハリルホジッチ氏は、昨年4月に日本代表監督を解任された後、昨季途中の10月に現役時代の古巣であるナントの監督に就任。降格圏に低迷していたチームを12位まで引き上げたが、クラブ幹部との関係が悪化していた。(AFP時事)。 

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/04/12(金) 08:58:35.94
    日本サッカー協会(JFA)は10日、東京地方裁判所で行われた裁判手続きにおいて、元日本代表監督のヴァイッド・ハリルホジッチ監督の代理人より、今回の提訴を取り下げる旨の申し出があったことを発表した。

    2015年3月に日本代表監督に就任し、ロシア・ワールドカップ(W杯)最終予選を勝ち抜き、日本を本大会出場に導いたハリルホジッチ監督。しかし、本番2カ月前の4月9日にJFAの田嶋幸三会長は会見で、同監督の契約解除を発表した。この行為に対して、ハリルホジッチ監督は昨年5月、名誉を傷つけられたとして、日本サッカー協会に慰謝料1円と新聞やホームページでの謝罪広告を求める訴えを東京地裁に起こしていた。

    今回の件に関して、JFAの田嶋幸三会長は声明を発表している。

    「この度、ハリルホジッチさんが日本サッカー協会と私に対して提起していた訴訟を取り下げられた、という知らせを受けました。今回、このように裁判が終了することは良かったと考えております」

    「これまでに繰り返し述べている通り、我々としては、ハリルホジッチさんは日本サッカーに大きな貢献をしていただいたと考えております。ハリルホジッチさんは、ヨーロッパの最新の手法と哲学を日本サッカーに吹き込み、「デュエル」の重要性や徹底した自己管理の意識を選手に植え付けてくれました。そして、何より、日本代表チームをワールドカップアジア予選突破に導いてくれたことは彼の実績であり、深く感謝しております」

    「現在、フランスリーグ・ナントの監督として活躍されているご様子を拝見し、我々としても大変誇らしく感じております。我々日本サッカー協会は、常にハリルホジッチさんを応援しております。ハリルホジッチさんの今後益々のご活躍をお祈りしております」

    なお、ハリルホジッチ監督は現在、ナントを指揮。13年ぶりとなるフランスの舞台でクラブのリーグ・アン残留に向けて奮闘している。

    2019年4月10日 18時20分
    1623d_1494_ecc1ea72_4b98bd3f
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16296303/

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/03/21(木) 08:43:26.55
    日本代表DF酒井宏樹は2016年にマルセイユに加入して以降、クラブ内で確固たる地位を築いてきた。本来は右サイドバックながら、今では左サイドバック、時にはセンターバックでも起用され、常に期待に応え続けている。日本代表監督として酒井を指導し、現在はナントの指揮を執るバヒド・ハリルホジッチ監督はフランスメディア「Le Phocéen」のインタビューに答え、「モンスター級のフィジカルを持っている」と称賛した。

    日本代表時代に3年間、酒井を指導したハリルホジッチ監督。酒井に対する印象を問われると、「彼は愛すべき青年で、絶対に問題は起こさない」と紹介し、続けてサッカー面での特徴に言及した。

    「柔軟さと度量があって、申し分のない選手だ。マルセイユのファンなら誰もが知っていることだろう。その完璧さとアスリート能力の高さによって、ルディ・ガルシア(監督)の目から見て代えの利かない存在となっている」

    さらにピッチ上での詳細を問われたハリルホジッチ監督は、「彼はモンスター級のフィジカルを持っている。天性のクオリティーだね」と語り、酒井の現状に対する持論を展開している。

    「今は左サイドでのプレーが多くなっているが、明らかに右サイドのほうが効果的にプレーできるだろう。守備での貢献度が非常に高い一方、彼は攻撃でも多くのものをもたらしてくれるからだ。唯一、不満を述べるとすればやや積極性に欠けることだが、それもマルセイユでの経験を通じて日に日に改善していると感じている」

    かつては代表監督と選手、今は対戦相手という関係だが、ハリルホジッチ監督は酒井への愛情を隠さない。“教え子”の成長には誇らしさを感じているようだ。

    3/21(木) 6:25配信 フットボールゾーン
    2019-03-21_09h22_00
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190321-00177690-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/25(金) 12:57:53.79
    フランス・リーグ1、ナントのヴァイッド・ハリルホジッチ監督は24日、元所属選手でアルゼンチン出身のFWエミリアーノ・サラ選手(28)が、小型機に搭乗したままイギリス海峡(English Channel)で消息を絶ったことに「完全に打ちのめされた」と明かした。また、クラブの練習施設に集まったファンも、「家族の一員」を失ったようだと悲しんでいた。

    2015年にナントに加入したサラ選手は今季のリーグ戦で12得点を記録し、イングランド・プレミアリーグで降格危機に直面しているカーディフ・シティと推定1700万ユーロ(約21億円)の移籍金で3年半の契約にサインした。21日夜にカーディフで新たなキャリアを開始するため、ウェールズに向かっていた同選手の生存は「極端に低い」として、警察は24日に捜索の打ち切りを発表した。

    ハリルホジッチ監督は、「私がこのチームに来たときから、彼とはたくさん話をして特別な関係を築いていた。彼との会話は…」と言葉を詰まらせて泣き始めた。

    落ち着きを取り戻して話を続けられるようになると、震えたままの声で「自分にとっては、スポーツ人生で最も厳しい時間であると言えるだろう。他にもつらいことはあるが、スポーツに関しては、今回の出来事に完全に打ちのめされた」と付け加えた。

    仏南部ラシャペルシュルエルドル(La Chapelle-sur-Erdre)にあるナントの練習施設では、チームとスタッフ陣が、祈りをささげるために集まったファンと合流。施設では「希望を持ち続けよう」と書かれたサラ選手の写真が含まれたポスターがフェンスに貼られていたほか、花束やろうそくなども並べられていた。

    ファンはサラ選手が消息を絶ったことに精神的ショックを受けながら、徹夜で祈りをささげていた。28歳のファンはAFPの取材に対し、「彼が行方不明になっていることは分かっているけれど、まだほんの小さな希望は残されている」と語り、また他のファンは「(サラ選手の)写真を見ていると、あなた(記者)と話していても涙が出てくる。家族の一員を失ったような気持ちだ」と続けた。

    この日の練習後、ナントの選手とスタッフは集まった300人以上のファンから拍手を送られていた。主将のヴァロンタン・ロンジェは、「僕たちと一緒に立ち上がってもらいたい」とファンに呼びかけると、「決して泣きごとを言わず、信じ続けてほしいと訴えているご家族の意思を尊重してくれ」「こうした理由から、僕たちは1分間の黙とうや拍手はしない。なぜなら、まだ希望を持っているからだ」と語った。

    1/25(金) 10:53配信 時事AFP
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190125-00000011-jij_afp-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/19(土) 02:08:26.15
    フランス1部のナントを率いる元日本代表監督のヴァイッド・ハリルホジッチ氏は、就任から3ヶ月あまりで早くも退任の可能性がささやかれている。仏紙『レキップ』などが伝えた。

    ロシアワールドカップに向けて日本代表を率いていたハリルホジッチ氏は、大会まで2ヶ月半となった昨年4月に電撃解任。その後、10月に現役時代の古巣でもあるナントの監督に就任することが決定した。

    就任時点ではリーグアンで降格圏の19位に沈んでいたナントだが、ハリルホジッチ監督就任後に復調。就任2戦目からの3連勝ですぐに降格圏を脱出し、現在は13位に位置している。

    しかし、このままハリルホジッチ監督が指揮を執り続けるかどうかは必ずしも確実ではない状況となってきたようだ。クラブとの関係の悪化から不満を募らせ、退任の可能性も出てきたと伝えられている。

    チーム得点王のアルゼンチン人FWエミリアーノ・サラはプレミアリーグのカーディフ・シティへの移籍に向けた交渉を行っていると報じられており、放出に反対する監督とクラブ首脳陣の間で意見の食い違いが生じているという。サラが売却されるのであればハリルホジッチ監督は退任するとの見方もある。

    1/19(土) 0:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190119-00305576-footballc-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ