海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ハリルホジッチ監督

    1:大翔 ★@\(^o^)/:2017/03/27(月) 18:48:15.60 ID:CAP_USER9.net
    2017-03-28_08h46_31
    ゲキサカ 3/27(月) 18:18配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170327-01638199-gekisaka-socc

    就任当初の饒舌ぶりが戻ってきた。日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は28日のW杯アジア最終予選・タイ戦(埼玉)を翌日に控えた公式会見で時折、笑みをたたえ、ジョークもまじえて熱弁を振るった。

    「みなさん、いろんな質問をしてくれた」。昨年9月1日にホームで行われた最終予選初戦でUAEに1-2で敗れると、その後の記者会見では厳しい質問を浴びることもあった。「言い訳にしか聞こえない」「UAE戦と同じ結果になった場合、けじめを取ってくれるのか?」。メディアの追及に「皮肉な冗談だ」「笑えない質問もあった」と気色ばみ、ピリピリした雰囲気が会見場を包んだが、その後の結果で見返し、指揮官の対応にも余裕が出てきた。

    「(最終予選の)一戦目に負けたら突破できないと言われた。しかし、予選突破候補のところまで来た」。現行の予選方式となった98年フランスW杯以降、過去5大会のアジア最終予選で初戦が黒星だったチームはすべて予選敗退に終わっている。データだけを見れば“W杯出場確率0%”という黒星スタートからの巻き返しに、指揮官は胸を張る。

    「私はプレッシャーが大好きだ。『日本を去るのか』という質問も受けたが、そういう質問も大好きだ。私にどんどんプレッシャーをかけてほしい。ギリギリのラインを超えるようなことを言ってくる人もいたが、私にとってはさらにやる気とモチベーションが上がるだけだ」。報道陣への皮肉も忘れなかった。

    チームに対する信頼も上機嫌につながっているようだ。「このグループに愛着がある。選手は素晴らしい人間ばかりだ。ただ、彼らを愛するためだけに来たわけではない。一緒に勝つた
    続きを読む

    columnsv2_40426

    1:大翔 ★@\(^o^)/:2017/03/25(土) 11:46:36.20 ID:CAP_USER9.net
    東スポWeb 3/25(土) 11:08配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170325-00000003-tospoweb-socc

    【UAE・アルアイン23日(日本時間24日)発】ロシアW杯アジア最終予選B組の日本代表は敵地でUAEに2―0で勝利した。FW久保裕也(23=ヘント)の先制弾とMF今野泰幸(34=G大阪)の追加点で完勝し、W杯出場圏内となるグループ2位をキープした。重要な一戦を制したバヒド・ハリルホジッチ監督(64)は、試合前にさまざまな危機に直面していたが“満点采配”で不安を解消。その壮絶な舞台裏とは――。

    完勝だった。日本は序盤から優位に試合を進めると、前半14分に本田に代わって右サイドで先発したFW久保が右足でネットを揺らして先制。後半7分にはベテランのMF今野が加点し、その後も危なげないゲーム運びで2―0。敵地で過去3分け1敗と勝利したことのないUAEを相手に勝ち点3を積み上げた。

    ハリルホジッチ監督は「日本の美しい勝利だった。しっかりとゲームコントロールして、私の戦術アドバイスをしっかりとリスペクトしてくれた。2~3回は危ない場面もあったが、日本の高いレベルを見せてくれた」とし「W杯に向け、いい道のりだと思っています」と自画自賛だった。

    だが、その舞台裏では苦悩の連続だった。試合直前にMF長谷部誠(33=Eフランクフルト)が右ヒザの負傷で離脱。主将としてまとめ役だったばかりではなく、守備的MFとして攻守の要だった。守護神GK西川周作(30=浦和)も調子が上がらずに、大事な決戦に向け不安が出ていた。

    そんな中、長谷部に代わり約2年ぶり復帰の今野、GKは今年リーグ戦出場ゼロの川島永嗣(34=メス)とベテランを抜てき。今野は得意のボール奪取に加えて得点まで決め、川島も序盤に1対1を防ぐなど好パフォーマンスで勝利に貢献した。指揮官も「パーフェクトなプレーだった」と絶賛した。

    まさに臨機応変な対応で窮地を乗り切ったわけだが、さらに日本サッカー界にくすぶる不満も封じ込めた。今回のメンバー発表に向け「試合に出ていない選手は代表に呼ばない」と宣言したにもかかわらず、所属クラブで出場機会を得られていないFW本田圭佑(30=ACミラン)やFW宇佐美貴史(24=アウクスブルク)を選出した。

    これに日本代表OBは「選手たちが納得しないし、監督への信頼感がなくなる」と疑問視し、Jクラブ関係者も反発。特に好調のMF斎藤学(26=横浜M)やFW小林悠(29=川崎)の選外に批判が噴出した。同関係者は「勝てばいいけど負けたら(不満爆発で)大変かも」と漏らすなど、一触即発の危機だった。

    しかし本田を2試合連続で先発から外し、攻撃陣は昨年11月のサウジアラビア戦で活躍したFW大迫勇也(26=ケルン)、FW原口元気(25=ヘルタ)、FW久保を継続起用した。さらにベテラン勢の力を生かすなど、采配ズバリで快勝。不満を封じ込めるとともに、負ければ再燃しかねない去就問題も抑え込んだ。

    次のタイ戦(28日、埼玉)に向け、ハリルホジッチ監督は「勝たなければUAEに勝利した価値がなくなる。これを続けていけばW杯への門が開かれるだろう」と、6大会連続となる出場権を視野に捉えるなど、ピッチ内外で事態が好転する価値ある勝利となった。
    続きを読む

    1:神々廻 ★@\(^o^)/:2017/03/24(金) 03:00:55.09 ID:CAP_USER9.net
    昨年9月の対戦で1―2と敗れた相手に雪辱を果たしハリルホジッチ監督は、枯れた声で「素晴らしい勝利。私の指示をみんな聞いてくれた。しっかりゲームのマネジメントができた」と価値ある1勝に手応えを口にした。

    アウェーでUAEから白星を挙げたことが初めて。指揮官は「初めてであって、これが最後にならないことを祈っています」と笑顔を浮かべた。次戦は28日、ホーム(埼玉)でタイと対戦する。「タイで勝てなければきょうの勝利も無駄になってしまう」と顔を引き締め、「アリガトウゴザイマス」と日本語で締めくくった。
    2017-03-24_03h21_24
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170323-00000159-spnannex-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/03/20(月) 04:52:36.51 ID:CAP_USER9.net
    サンケイスポーツ 3/20(月) 4:30配信
    2017-03-20_08h18_29
    決戦の地に入ったハリルホジッチ監督。長谷部手術の報にどことなく浮かない表情をみせた(写真:サンケイスポーツ)

    サッカー・日本代表合宿(19日、アラブ首長国連邦・アルアイン)ロシアW杯アジア最終予選B組で23日にUAE戦に臨む日本が当地入りし、練習を開始した。主将MF長谷部誠(33)=フランクフルト=は左膝の手術を受けるとクラブが発表し、28日のタイ戦(埼玉)とあわせて欠場が濃厚。大一番を前にバヒド・ハリルホジッチ監督(64)は長谷部を強行招集したが、まさかの緊急事態に戦略の見直しを迫られることになりそうだ。

    砂漠を行き交う商人の中継地として栄えた街、アルアイン。日本から12時間のフライトと2時間のバス移動を経て、決戦の地に降り立ったハリルホジッチ監督に、よもやの悲報が待っていた。

    主将MF長谷部が左膝の手術を受けると、所属するフランクフルトが発表した。11日のバイエルン・ミュンヘン戦でゴールポストに激突。同監督は16日のW杯最終予選メンバー発表で「彼なしのチームは考えられない」と招集に踏み切ったが、クラブは手術が不可避と判断した。

    ただ、国際Aマッチデー期間中は各国協会が選手を拘束できるため、招集を受けて、長谷部はこの日夜、現地入り。今後、ハリルホジッチ監督や医療スタッフと面会することになった。

    しかし現状では23日のUAE戦、28日のタイ戦は欠場が濃厚。日本協会は西野朗技術委員長(61)らを急きょ19日のG大阪-浦和の視察に派遣。代役になり得る日本代表G大阪MF今野泰幸(34)や他の代表選手の状態の確認に動いたが、長谷部に代わる追加招集選手について同委員長は「考えていない」と明言した。

    もっとも、W杯予選で日本歴代最多34試合出場(2位は井原正巳の32試合)を誇る長谷部は簡単には代えがきかない存在だ。これまでの最終予選では出場停止だった消化試合の3試合を除けば、すべてに先発している。

    今回は、昨年9月にホームで1-2と苦杯をなめたUAEに雪辱を期す機会。だが、日本は宿敵に過去のアウェー戦で3分け1敗と勝てていない。指揮官は敵地での不利なジャッジを警戒し「経験重視」の選考を敢行。しかし、チームの精神的支柱で攻守のかじ取り役の長谷部を失っては、戦略の練り直しも迫られる。窮地にある指揮官は長谷部の出場について練習後、一言ながら日本語で絞り出した。

     「ムズカシイ(難しい)」

    エースのFW本田圭佑(30)=ACミラン=の実戦不足に加え、主将不在。ハリル・ジャパンが重大な危機に見舞われた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170320-00000504-sanspo-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/03/16(木) 16:34:49.94 ID:CAP_USER9.net
    日本サッカー協会は16日、18年ロシアW杯アジア最終予選のUAE戦(23日、アルアイン)、タイ戦(28日、埼玉)のメンバー25人を発表。招集に対して、「難しい」などと檄メールを送っていたとされる、ACミランのFW本田圭佑も、メンバーに名を連ねた。

    この日、ハリルホジッチ監督はJFAハウスで行われた会見で、クラブで出場機会の少ない本田と長友佑都(インテル=イタリア)、の招集の理由を問われると、「(本田は)出ていなくても必要にしている。20試合(ともに)戦いトップスコアラー、常に彼の存在感はある」と説明。ミラン出場機会が少ないのは激しいポジション争いの中で使われていないからとして「でも代表での意欲は常にある」と評価した。

    この2試合、特にUAE戦は重要とするハリルホジッチ監督にとって「たくさんのプレッシャーや、悪意のあるプレーと戦わなくてはいけないかもしれない。経験値が重要」。欧州のビッククラブの一員として練習に参加しているだけでも、大きな違いがあるとした。

    さらに、2人の代表に対する意欲も高評価。これまで若い選手も起用し試してみたが、2人を超える選手はいないとして「彼らより良いパフォーマンスを見せる選手がいれば、彼らのポジションも脅かされるだろう」と繰り返し語り強調した。
    2017-03-16_17h01_14
    スポーツ報知 3/16(木) 16:24配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-00000126-sph-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/03/15(水) 07:14:58.59 ID:CAP_USER9.net
    3月23日と28日に行なわれる2018年ワールドカップ・アジア最終予選に向けた日本代表メンバーが16日に発表される。

    今回は折り返しの緒戦となる23日に勝ち点わずか1ポイント差で日本に迫るUAE(アラブ首長国連邦)とのアウェーが待ち構えているだけに、指揮官ハリルホジッチが招集するメンバーにはいつも以上に大きな注目が集まっている。

    本田圭佑(ミラン)を筆頭に長友佑都(インテル)、香川真司(ドルトムント)、岡崎慎司(レスター)ら、これまで代表を支えてきた主力選手が所属クラブで出番がなかったり調子が上がらなかったりと、なかなか苦しい台所になっているのが現状。

    ヨーロッパ組で好調なのは長谷部誠(フランクフルト)、大迫勇也(ケルン)、酒井宏樹(マルセイユ)、原口元気(ヘルタ・ベルリン)、吉田麻也(サウサンプトン)あたりに絞られ、期待の宇佐美貴史(アウクスブルク)や武藤嘉紀(マインツ)も元気がなく、招集さえも微妙な状況だ。

    となれば、期待したくなるのが国内組。すでにJリーグは2月25日に新シーズンの幕を開け、各チームが3試合を消化。その中には、ハリルホジッチ監督のお眼鏡に叶うであろう注目のJリーガーがいる。

    とりわけ、現在、最も期待できそうな攻撃の駒が横浜F・マリノスの斎藤学だ。

    チームでは、今シーズンからジュビロ磐田に移籍した中村俊輔が背負っていた背番号10を引き継ぎ、新キャプテンにも就任。開幕戦となった浦和レッズ戦では得意のドリブルで相手右サイドをズタズタに切り裂き、2アシストの活躍でチームを勝利に導いている。

    続く第2節のコンサドーレ札幌でも1アシストを含む全3ゴールに絡むなど、昨シーズン後半戦からの好調を持続していることを改めて証明してくれた。

    斎藤の最大の武器は、なんといってもキレキレのドリブル突破だ。現在の代表にはこのタイプの選手が不足しているだけに、いよいよ本格ブレイクの時が近づいてきたと見ていいだろう。これまでは招集されながらもベンチを温めることがほとんどだったが、今の斎藤であればスタメン奪取も現実的な話となりそうで、代表で左ウイングを務める原口にとっては脅威といえる。

    心配された右ふくらはぎ痛も順調に回復しているようで、18日のアルビレックス新潟戦には復帰濃厚と見られている。となれば、UAE戦には十分間に合うはずだ。

    つづく

    (取材・文/中山 淳 写真/アフロ)
    2017-03-15_07h57_01
    週プレNEWS 3/15(水) 6:00配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170315-00081668-playboyz-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/03/14(火) 09:14:42.19 ID:CAP_USER9.net
    日本代表バヒド・ハリルホジッチ監督(64)が13日、東京・JFAハウスで定時のスタッフ会議を行った。

    先週「(欧州の)日本人選手はあまり取っていないが、久保は取っている」と評価したヘントFW久保裕也(23)がさらに活躍し、注目が高まるFWは最終予選と同じように3つのポジションに計7人を招集する可能性が高い。

    直近の昨年11月のサウジアラビア戦では左に原口と斎藤、中央に大迫、岡崎、浅野、右に本田、久保を呼んだ。UAE戦もこの7人がベースで、けがの癒えた武藤や常連の宇佐美、けがで10日の試合を欠場した斎藤らとの比較から絞り込むことになる。

    国内組の新顔は、指揮官が評価した長身の長沢がいるが、割って入るのは難しそう。16日のW杯アジア最終予選(23、28日)メンバー発表前最後の視察となるはずだった15日のACL江蘇戦(吹田S)視察もキャンセルされた。
    2017-03-14_10h08_02
    日刊スポーツ 3/14(火) 8:06配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170314-01791863-nksports-socc
    続きを読む

    2017-03-04_22h12_50

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/03/05(日) 20:01:41.47 ID:CAP_USER9.net
    日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(64)が5日、柏―G大阪(柏)を視察に訪れ、報道陣の取材に応じた。

    この日は午前4時30分に起床し、欧州組のプレー映像をチェックしたというが「本田を見たかったのですが…」と残念がった。本田は日本時間4時45分キックオフの本拠・キエーボ戦でベンチ入りしたが出番はなく、リーグ戦11試合連続で出場なしとなっている。

    ベルギー・ゲントに移籍したFW久保裕也の映像は確認したという。11月のW杯アジア最終予選サウジアラビア戦で本田を押しのけて右FWで先発した久保は、ゲント加入後6戦4発と絶好調。同じく右FWをこなす川崎のFW小林悠もこの日の鳥栖戦で2試合連続ゴールを決めており、シュツットガルトのFW浅野拓磨もコンスタントに試合に出場している。

    今月下旬から再開するW杯アジア最終予選のメンバー発表は今月中旬頃の予定。ハリルホジッチ監督の決断に注目が集まる。

    スポーツ報知 3/5(日) 19:52配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170305-00000219-sph-socc
    続きを読む

    1:ニーニーφ ★@\(^o^)/:2017/03/04(土) 21:22:23.81 ID:CAP_USER9.net
    サッカー日本代表を率いるバヒド・ハリルホジッチ監督が4日、J1の浦和-C大阪(埼玉スタジアム)を視察した。3月下旬のロシアW杯アジア最終予選2試合(UAE、タイ)に向け、浦和のGK西川周作、DF槙野智章、C大阪のMF山口蛍ら代表候補の動きに目を光らせた。

    しかし…。「誰もトップコンディションになっていない。しっかりトレーニングを積んでほしい。大事な試合が待っている」と不満を口にした。
    2017-03-04_22h12_50
    http://www.sanspo.com/soccer/news/20170304/jle17030416330014-n1.html
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/03/02(木) 23:36:35.81 ID:CAP_USER9.net
    バヒド・ハリルホジッチ監督が2日、欧州での休暇を終えて羽田空港着の航空機で再来日した。

    元日の天皇杯視察後にフランスへと戻った指揮官は、約2カ月ぶりに日本の地を踏み、「また日本に帰ってくることができてうれしく思う。今季(W杯アジア最終予選)の準備をこれから進めていきたい」と語った。欧州滞在中には自宅で休むだけではなく、欧州各地でプレーしている代表選手のもとへと積極的に出向き、面談も行ったという。

    昨年途中から、海外組が十分な出場機会を得られていない状況に危機感を示していた指揮官。今冬には、MF清武弘嗣がスペインから古巣であるC大阪に復帰したが、一方でFW本田圭佑(ACミラン)、DF長友佑都(インテル・ミラノ)らはなかなか試合に出ることがかなわない状況が続いており「以前から続いてる状況が変わっていない。たくさんの選手はゲームのリズムを失っている」と頭を悩ませている様子だ。

    本田について問われると「彼は困難な状況だ。ここ2~3カ月、全く試合に出ていない。プラスαの練習はしており、意欲は低下していないが、ゲームに対するコンディションは、私に判断材料がない。彼だけではなく、試合に出ていない選手には、他のクラブを探してみてはどうかと相談をしたこともあるが、彼は残ることを選んだ」と説明した。

    また、清武については「個人的には欧州で出続けてほしかったが、日本でゲームに出続けるというのは悪いものではない」と理解も示した。そういったことを総合的に考えた上で、3月23日のW杯アジア最終予選のUAE戦
    2017-03-03_00h18_35
    デイリースポーツ 3/2(木) 20:42配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170302-00000118-dal-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ