海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ハリルホジッチ

    1:Egg ★:2018/04/25(水) 23:39:40.55 ID:CAP_USER9.net
    4月7日に電撃解任された日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ前監督が21日に再来日。涙ぐみながら「私はまだ終わっていない」と語り、いまだ現実を受け入れられない様子を見せた。27日には記者会見を行う予定だが、2か月後の2018年ロシアワールドカップ本大会での指揮はもはや不可能だろう。本人もやり場のない思いでいっぱいのはずだ。

    日本サッカー協会の田嶋幸三会長は「選手との信頼関係、コミュニケーションが多少薄れた」と更迭理由を説明したが、3月のマリ・ウクライナ2連戦(リエージュ)での1分1敗という結果と内容の悪さは確かに目を覆いたくなるほどだった。昨年8月31日の最終予選・オーストラリア戦(埼玉)でロシア切符を獲得した後のテストマッチで指揮官が目指した「デュエル(フランス語で決闘。局面のバトルを指す)」と「タテへの速い攻め」というコンセプトが機能せず、停滞感が漂っていたのも事実だ。

    だからと言って、ハリルホジッチ監督の志向したスタイルが完全に間違いだったのか。その答えは「ノー」である。

    振り返ること4年前。アルベルト・ザッケローニ監督体制の日本代表はパスサッカーを掲げて2014年ブラジルワールドカップに挑んだ。が、初戦・コートジボワール戦(レシフェ)と最終戦のコロンビア戦(クイアバ)ではボールを持つどころか、相手を奪うことさえままならず、前提条件が大きく狂った。

    第2戦のギリシャ戦(ナタル)は相手に退場者が出て、数的優位に立ったこともあり、ボールは回せたものの、各駅停車のパスでは強固な守備ブロックを崩しきれなかった。つまり、彼らは目指してきたパスサッカーの限界を痛感させられたのだ。

    1分2敗と惨敗した大会の反省を踏まえ、当時の原博実専務理事(現Jリーグ副理事長)と霜田正浩技術委員長(現山口監督)が「ボールを奪う部分」と「タテへの推進力」という日本に足りない部分に着目。そこを補える指揮官としてハビエル・アギーレ、ハリルホジッチの2人の招聘に踏み切った。アギーレ監督はわずか半年で辞任するに至ったため、何をもたらしたかは検証しきれないが、ハリルホジッチ監督は間違いなく守備の重要性を知らしめた。

    「強い相手に攻撃をするためには相手からボールを奪わなければいけない。ワールドカップで勝ちたいならそこは必須の要素。ヴァイッドは守備の文化を植え付けた」と霜田氏も語っていた。弱者である日本はまず守備から入り、相手のスキを突いてゴールに向かうべきという考え方は一理ある。

    実際、ブラジルワールドカップで8強入りしたコスタリカ、2016年欧州選手権(フランス)で初出場ながらベスト8入りしたアイスランドなどは堅守速攻を突き詰めた戦術で躍進を遂げている。ハリルホジッチ監督が4年前に率いたアルジェリアもそう。そういう例は少なくないのだ。

    「アルジェリアは身体能力が高いんで、監督が求めるデュエルの部分とかタテに速いサッカーは日本よりやりやすかったかもしれない」と長友佑都(ガラタサライ)は前体制の難しさを吐露した。その一方で「日本人も絶対にやれると思うし、それプラス、日本人の協調性とか一体感をプラスアルファできれば、ワールドカップで何かを起こせるかもしれない」と希望も抱いていた。それは川島永嗣(メス)ら欧州トップレベルで戦っている面々に共通した考えだったかもしれない。

    けれども、国内組の中には「日本人と外国人選手とは身体能力が違いすぎるから、あのサッカーはできない」とネガティブ発言をした者もいて、代表選手全員の思いが一致していない印象も拭えなかった。Jリーグやアジアチャンピオンズリーグ(ACL)では日本勢が主導権を握ることが前提だから、相手に持たせてカウンターというスタイルは受け入れがたいだろうが、本当にワールドカップで躍進したいならハリル的な考え方にもトライしていく必要があったはず。西野朗新監督がその問題点から逃げて、安易にザック流のサッカーに戻るのなら、この4年間一体、何をやっていたのかという話になってしまう。

    「デュエルやタテへの攻撃は間違いなく必要。ただ、日本化した日本のフットボールというものもある。技術力を最大限に生かし、規律や結束を図って戦う強さがある」と就任会見でハリル流と日本流の融合を誓った新指揮官には、その言葉を貫くべき。自らの発言に責任を持ってチーム作りをしてほしい。

    >>2以降につづく

    4/25(水) 6:04配信 DIME
    no title

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180425-00010001-dime-spo
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/25(水) 23:49:59.57 ID:CAP_USER9.net
    来日したサッカー日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ前監督が未だ日本サッカー協会(JFA)を訪れず、JFAと話し合いをしていないことが関係各所への取材で分かった。

    4月9日、JFAの田嶋幸三会長より電撃的な解任が発表されたヴァイッド・ハリルホジッチ氏。突然の解任に本人は納得しておらず、21日(土曜日)に来日。

    27日(金曜日)には記者会見を行う予定だが、それまでにJFA側と何らかの話し合いが行われると思われていた。

    ところが、昨日24日(火曜日)夕方時点でもハリルホジッチ氏はJFAに姿を見せていない。来日時に羽田空港で取材に応じた以外は姿を見せておらず、「行方知れず」の状態となっている。

    解任に際して法的な問題点はなく、JFAとしては本来の契約期間であるロシアワールドカップ終了後までの報酬は満額支払う予定。

    また、田嶋会長と西野朗新監督(前技術委員長)は報道陣を通じてハリルホジッチ氏と会う予定がないことを語っていたが、JFAとしては本人からの申し出があれば話し合いに応じるつもりだという。

    解任から今まで、ハリルホジッチ氏本人が求めていたのは「真相」だ。そうであればJFAとの話し合いは必須と思われるが、未だ実現していない。記者会見は27日で、本日(水曜日)と明日(木曜日)の2日間しか猶予がない。

    果たしてこの2日間で何か進展はあるのか。あるいは何もなく記者会見を迎えるのか。ハリルホジッチ氏の動向に注目だ。

    4/25(水) 11:26配信
    20180425_halil_getty-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180425-00266853-footballc-socc
    続きを読む

    1:首しめ坂 ★:2018/04/25(水) 16:31:23.61 ID:CAP_USER9.net
    スカパー、27日ハリル氏“怒りの会見”無料生中継を決定
    4/25(水) 16:17配信
    スポニチアネックス

    中国1部リーグからのオファーが噂されるハリルホジッチ氏



    スカパー!は、成績不振により日本代表監督を電撃解任されたバヒド・ハリルホジッチ氏(65)が27日に行う会見を無料生中継すると25日に発表した。

    午後3時50分からBSスカパーなどで無料生中継。会見終了後にはMCを務める元日本代表の岩政大樹氏(36)を中心に、MCの西岡明彦アナウンサー(48)、ゲストのスポーツジャーナリスト小澤一郎氏、河治良幸氏と会見内容やハリルホジッチ氏が日本サッカーに与えた影響などをスタジオトークで解説・検証する。

    ハリルホジッチ氏は21日、生活拠点を置くフランスから来日した。
    羽田空港到着時に取材に応じ、目に涙を浮かべながら日本協会と徹底抗戦する方針を強調していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00000126-spnannex-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/25(水) 12:51:28.46 ID:CAP_USER9.net
    サッカー日本代表監督を電撃解任され、来日中のバヒド・ハリルホジッチ氏(65)だが、27日に予定されている反撃会見(都内の日本記者クラブ)はまだまだ波乱含みである。

    21日に再来日した羽田空港では、「私はまだ終わっていないと思っています」と“解任差し戻し”とも受け取れる発言があった。

    解任でプライドを傷つけられたハリル氏は今のところ、27日の会見では痛烈な日本協会バッシングを展開する可能性が大。契約上守秘義務とされていることを含めて暴露することも十分考えられる。こうした現状に、ハリル氏に近い関係者からも「本人のイメージが悪くなるだけ。今後のキャリアを考えても暴露会見なんてやめておいた方が得策」との声が上がっている。

    実際、再来日時には、先におえつを漏らし始めた樋渡通訳に釣られた形とはいえ、珍しく涙を見せるなど不安定な精神状態が続いており、「一転して記者会見をドタキャンしても不思議ではない」とみる協会関係者もいる。

    もともと今回の会見は解任前、6月14日開幕のW杯ロシア大会へ向けて日本代表監督として意欲を語る場として設定された。基本的にノーギャラで会場費もかからない。仮にドタキャンしても、金銭的な損は発生しないというわけだ。

    一方で、ハリル氏側にはテレビ局に単独インタビューを売り込んでいる関係者もいて、帰国予定の29日まで予断を許さない状況ではある。

    日本協会は23日、技術委員会を開き、出席した田嶋幸三会長(60)が「西野朗監督と選手を一枚岩にして戦う集団にする」と改めて新体制への全面支援を明言。毅然とした態度で前監督からの“口撃”に備える構えだ。

    (夕刊フジ編集委員・久保武司)

    2018.4.25
    2018-04-25_13h56_57
    http://www.zakzak.co.jp/smp/spo/news/180425/spo1804250002-s1.html
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/25(水) 07:47:12.23 ID:CAP_USER9.net
    サッカー日本代表のヴァヒド・ハリルホジッチ監督の電撃解任について国内では賛否両論だが、海外では、「W杯出場に導いた監督にとんでもない仕打ち」(フランスの日刊紙『パリジャン』記者のドミニク・セベラック氏)といった見方が大勢を占めるようだ。

    欧州のサッカー事情に詳しいスペイン在住カメラマンのムツ・カワモリ氏が解説する。

    「特に問題視されているのは、解任理由の説明が明確でなかったことです。これまで欧州の人々が抱いていた“日本人は誠実”という印象の反動もあり、“もう誰も日本の監督なんて引き受けないだろう”といわれている」

    ハリル前監督は怒り心頭で、日本サッカー協会の田嶋幸三会長が手渡ししようとした契約解除の書類の受領を拒否。すでに来日して、27日には反論会見を開く予定という。

    一方で、早くも“再就職先”の交渉を進めているようだ。ノンフィクションライターの宇都宮徹壱氏はこう話す。

    「ブラジルW杯で指揮をとったアルジェリアや、エジプトなどが招聘すると囁かれている」

    そこに“参入”するかもしれないのが韓国だ。

    「昨年8月のW杯予選でハリルジャパンがオーストラリアを破った際に韓国でのハリル評価は高まり、昨年12月の東アジア選手権の開催中には韓国サッカー協会幹部が接触したとの情報も飛び交った。ハリル氏が掲げるカウンター主体の戦術は日本より韓国向き。さらに“アジアのサッカーを知っている”というアドバンテージもあるから、韓国が名乗りを上げる可能性は十分あるでしょう」(サッカー協会関係者)

    敵の敵は味方──ハリル氏が日本の宿敵を率いて“復讐”する日が来るのだろうか。

    ※週刊ポスト2018年5月4・11日号

    写真


    4/25(水) 7:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180425-00000003-pseven-spo
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/24(火) 19:49:23.49 ID:CAP_USER9.net
    ■独シュツットガルトの浅野拓磨

    日本代表のハリルホジッチ監督の解任には本当に驚きました。時差のため、僕は朝起きてニュースで知りました。「えっ、本当に?」というのが最初の反応でした。

    僕自身は、ハリルさんにはすごく感謝しています。代表に選び、起用してくれたことで、信頼も感じていました。高いレベルを体感できたことは、間違いなく成長につながりました。自信はあるけど、この監督でなければ今の自分はなかったかもしれません。

    代表監督としてのハリルさんと最後に言葉を交わしたのは、昨年11月の欧州遠征の解散時です。特別なことは言われていません。ただ、「今回もゴールを決められるチャンスがあったから、決めてほしかった」と言葉をもらいました。

    チャンスになるまでのプレーは認めてくれている。そして僕にもゴールを求めてくれている。多くを話したわけでもなく、個人面談もなかったですが、常に信頼は感じていました。だから最後まで一緒に戦って、期待に応えたかった気持ちはあります。

    4/24(火) 17:01配信 朝日新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00000061-asahi-spo

    写真
    続きを読む

    no title

    1:Egg ★:2018/04/24(火) 18:47:04.03 ID:CAP_USER9.net
    元サッカー日本代表監督のフィリップ・トルシエ氏(63)の通訳を務めたフローラン・ダバディ氏(43)が、24日放送の日本テレビ系「ミヤネ屋」(月~金曜後1・55)の取材に応じ、日本代表の監督を電撃解任されたバヒド・ハリルホジッチ氏(65)が再来日したことについて言及した。

    W杯ロシア大会が2カ月後に迫る中、7日にパリで日本協会の田嶋幸三会長(60)に「選手とのコミュニケーション不足」などを理由に契約解除を通告されて以来、ハリル氏が公の場に姿を見せるのは初。100人超の報道陣やファンの呼びかけに手を挙げて応えたが、表情は硬かった。

    精気に満ちたかつての姿はなく、消え入りそうな声で語り始めた。専属通訳を3年間務めた樋渡群氏(39)が感極まって涙を流すと、ハリル氏ももらい泣き。一度は外したサングラスをかけ直して天を仰いだ。

    ハリル氏と親交があるダバディ氏は「ハリル氏はプライドが高く、厳しい父親のような人。一方で義理堅く、昔の美徳を大事にしている。ボスニアの英雄で自身を見下すようなことは絶対に言わない」と評価。

    樋渡氏が涙を流した理由については、ハリル氏が「私は追いやられ、ゴミ箱に捨てられたようなもの。誇りを傷つけたものとは闘わないといけない」と日本協会に対する心情を吐露したことで、「そう言わせてしまった悔しさやむなしさが入り交じって泣いたのではないか」と推測していた。

    4/24(火) 15:44配信 サンスポ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00000542-sanspo-socc
    続きを読む

    no title

    1:風吹けば名無し:2018/04/23(月) 09:58:58.13 ID:h2KsiwD9r.net
    解任されてかわいそう
    3:風吹けば名無し:2018/04/23(月) 09:59:23.93 ID:Sru4/fwXa.net
    協会や選手の言うこと聞かなかったから
    5:風吹けば名無し:2018/04/23(月) 09:59:52.90 ID:JQ5KEVvSH.net
    協会と選手に出来もしない高レベルなことをやらせようとした
    続きを読む

    no title


    1:風吹けば名無し:2018/04/22(日) 09:01:13.48 ID:bldJMTX30.net
    こんなにワクワクせん試合ばっかなのはハリルが初めてや
    トルシエとかオシムとかザックとか何だかんだ夢をくれた
    2:風吹けば名無し:2018/04/22(日) 09:01:45.40 ID:pnFXD1hPM.net
    敗ける方がつまらんわ
    4:風吹けば名無し:2018/04/22(日) 09:02:12.84 ID:bldJMTX30.net
    >>2
    じゃあハリルはダメだな
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ