海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ハーフナー・マイク

    1:ぶーちゃんφ ★@\(^o^)/:2017/06/17(土) 08:25:38.14 ID:CAP_USER9.net
    ヴィッセル神戸が今夏の補強として元日本代表でオランダ1部デンハーグのFWハーフナー・マイク(30)の獲得を目指していることが16日、分かった。

    補強リストの最上位に置き、既に調査済み。得点力不足を解消するため、昨季オランダリーグ28試合9得点の長身194センチFWに白羽の矢が立った。7月6日には元ドイツ代表FWポドルスキが来日し、今夏から新2トップとなる可能性が出てきた。
    2017-06-17_10h30_21
    日刊スポーツ:
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170617-01841431-nksports-socc
    続きを読む

    810:U-名無しさん@実況・\(^o^)/です :2017/06/04(日) 21:28:26.05 ID:L1tM+cnb0.net
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/05/17(水) 17:39:06.69 ID:CAP_USER9.net
    オランダ・エールディビジのADOデン・ハーグに所属する元日本代表FWハーフナー・マイクが、近い将来にJリーグへ復帰することを示唆している。蘭メディア『omroepwest』のインタビューに対して語った。

    Jリーグ時代は横浜F・マリノス、アビスパ福岡、サガン鳥栖、ヴァンフォーレ甲府でプレーしたハーフナーは、2015/16シーズンにデン・ハーグへ加入。今季は28試合に出場して9得点を記録している。

    ハーフナーは同メディアに対して「もし満足しているのであれば、残ることになるだろう。これからどうなるかは本当にわからない」と語り、去就が不透明であることを明かした。

    さらに、「31歳まではヨーロッパに残るつもりだった。日本は僕のルーツで、多くの友達がいる。キャリアを終えたらそこで暮らしたいと思っている」と述べた。

    今月20日で30歳になるハーフナーはクラブとの契約をあと1年残しており、契約満了と同時期に31歳を迎えることになる。

    ハーフナーは昨年4月にも地元メディアに対して「ヨーロッパであと2~3年プレーして、その後は日本に戻りたい」という発言をしていることから、将来的な日本復帰への意思は固いのかもしれない。
    20170517_havenaar_getty-560x373
    フットボールチャンネル 5/17(水) 16:57
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170517-00010022-footballc-socc
    続きを読む

    C_yezQKXUAE6Mi3

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/05/15(月) 07:38:29.63
    ADOデン・ハーグに所属するFWハーフナー・マイクが14日に行われたエールディヴィジ最終節のエクセルシオール戦で、決勝ゴールを決めて勝利に貢献した。

    7試合連続先発出場のハーフナーは1-1で迎えた25分、右サイドのティロンエ・エブエイからの鋭いクロスを、ダイビングヘッドで合わせて勝ち越しゴールを奪った。3試合ぶりのゴールで、チーム内得点王の9ゴール目となった。

    チームはその後、33分にMFアブデナセル・エル・カヤティ、65分にDFウィルフリード・カノンが追加点を挙げて4-1で勝利。ハーフナーはフル出場を果たし、ホームでのシーズン最終戦白星に貢献した。

    SOCCER KING 5/15(月) 6:48配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170515-00587535-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/04/16(日) 12:15:24.64 ID:CAP_USER9.net
    <オランダリーグ:デンハーグ1-1PSV>◇15日◇デンハーグ

    デンハーグFWハーフナー・マイク(29)が、オランダリーグ50得点に到達した。PSV戦の後半42分、MFマイエルスの強烈なシュートをGKがセーブ、そのこぼれ球を頭で押し込んだ。


    ハーフナーは後半10分にクロスボールをフリーで合わせたが、右足でうまくコントロールできず絶好機を逃していただけに、最後に意地を見せた。これでハーフナーは4試合連続のゴールと勢いは止まらない。チームも劇的なゴールで同点とし、3位のPSV相手に価値ある勝ち点1。デンハーグは13位につけている。試合後のハーフナーの一問一答は次の通り。(取材 エリーヌ・スウェーブルス通信員)

       ◇   ◇

    -オランダのメディアにたくさん呼ばれています

    「まあ、いつも通り点を取ったら。そうですね、でも、エールディビジの1点目と50点目がPSV戦なので。それが一番良かったかなと」

    -今日が50点目

    「はい」

    -意識してた?

    「もちろん。この前の試合で点を入れて。最初は病明けで今年に50点いけるかなっていう感じで始まったら、NEC戦から点を取って。5試合連続で点が取れたので。こんな良い感じに50点目に行けるとは思ってなかったですけど。個人的にもチーム的にも良い波に入ったなと思います」

    -前半と後半でチームは全然違った?

    「そうですね。前半はなんだろ。ちょっとビビってた部分もあったかもしれないですけど。後半はほんと、守備がハマって。相手ももちろんチャンスはありましたけど、こっちも結構チャンスができてきて。自分も、外したのがちょっと心残りですけど。あれを入れていたら、もしかしたら勝ってたかもしれないし。まあ、残り3試合、ああいうチャンスもしっかりモノに出来るように。しっかり集中したいです」

    -その前(後半6分に頭でゴールネットを揺らした)の決めたやつは、オフサイドだった?

    「いやー、俺も一応(オフサイドは)ないと思ったんですけど。まだテレビを見てないので。どうだったかわからないですけど。(後半10分の)2個目は、自分のミスですね。もうちょっとなんか跳ねるかなと思ったんですけど、バウンドが。人工芝で乾いているので。転がってきちゃった。で、バウンドに合わせて足を振ったら、ちょうど足の裏に当たっちゃって。技術的なミスです、結果的に」

    -得点シーンを振り返ると

    「フォワードとしてこぼれ球を常に狙っているのは当たり前ですし。あと、ノッていることもあって、ノッている男にはボールがこぼれて来るっていうのがあるので。その通りほんと目の前にプレゼントのように飛んできました」

    -そのプレゼントも、ちゃんとCKで競っていたから来たのでは

    「最初はやっぱりコーナーキックから点を取ろうと思って。その後、ボールが跳ね返された後は、常にもしかしたら味方がシュートを打つかもしれないので。そういうのがあったので。こぼれ球を狙うっていうのがやっぱりフォワードだと思うので。まあ、良いところにこぼれて来ました」

    -コンディション的に、最後まで力が残ってましたね

    「そうですね。毎日しっかり練習して、コンディション的にも上がってきている状態なので。今日は久々の90分でしたけど。足もつらずにできたことは、自分にとってもプラスですし。今日、PSV戦で引き分けたのもチームにとってプラスだと思います」

    -最後、コーナーキックの時に時間稼ぎやっている時、自分にクロス入れろってジェスチャーしてました

    「そうです、俺、来いよって思ってたんですけど。なんか、マジかよって感じだったんですけど。まあ、最終的にはPSV相手に勝ち点1拾えたのは、チームの状況にとっては大きいことで。次、スパルタ。ここをたたけば、多分残留できるかなとは思います」

    -前半は戻って守備がんばっていましたけど、後半は前に残ってて。指示とかありました?

    「いや特にないですけど。あれはウイングの選手が戻れないときに自分が戻るっていう意識で。まず守備からというのがあるので。毎試合、いまだに結局失点はしているので」

    つづく
    2017-04-16_12h50_41
    日刊スポーツ 4/16(日) 10:44配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170416-01808640-nksports-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/04/16(日) 05:02:50.30 ID:CAP_USER9.net
    [4.15 エールディビジ第31節 ADOデンハーグ 1-1 PSV]

    エールディビジは15日、第31節2日目を行った。FWハーフナー・マイクの所属する13位ADOデンハーグはホームで3位PSVと対戦。1-1で引き分け、連勝が3でストップしたものの、4試合負けなし(3勝1分)とした。3トップの中央で4試合続けてスタメン起用されたハーフナーは、後半42分に同点ゴールを挙げ、4試合連続となる今季8得点目をマーク。昨年11月5日の第12節ビレム戦(1-0)以来のフル出場を果たし、強豪相手の勝ち点1の獲得に貢献している。

    残留安全圏を目指すADOデンハーグと首位を争うPSVの一戦。先手を取ったのはPSVだった。前半7分、右クロスの落としを受けたMFダヴィ・プレパーがPA内中央で冷静に相手DFをかわし、左足でシュート。ゴール右に決まり、アウェーのPSVが先にスコアを動かした。

    攻撃の形を作れないADOデンハーグは、前半30分にMFアブデナセル・エル・カヤティがようやくチームとしてのファーストシュート。同36分にはPA手前右のFWシェラルド・ベッケルからのクロスにファーのハーフナーが頭で合わせるも、ゴール左に外してしまった。

    ADOデンハーグは1点ビハインドで前半を終えたが、後半は徐々にフィニッシュまでの形を見いだしていく。後半6分には、相手DFとGKの間を狙った右クロスにハーフナーが飛び込み、ヘディングでネットを揺らす。しかし、オフサイドラインをわずかに越えていたとして、得点は認められなかった。

    後半10分にはPA内右に切れ込んだベッケルが折り返し、ゴール正面のハーフナーが右足で合わせるが、シュートは相手GKの正面を突く。それでも同42分、ついに攻勢が実を結んだ。

    右CKを獲得し、キッカーを務めたエル・カヤティのクロスはチャンスにつながらないが、PA後方中央へのこぼれ球に反応したDFアーロン・マイェルスが左足でパンチのあるシュート。相手GKに弾かれたところにハーフナーが詰め、ヘッドで押し込んだ。

    ハーフナーは4試合連続となる今季8得点目。このまま1-1で引き分けたADOデンハーグは貴重な勝ち点1を積み上げた一方、首位を追うPSVにとっては痛恨のドローとなった。
    2017-04-16_07h54_23
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170416-01638803-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/04/09(日) 07:47:12.15 ID:CAP_USER9.net
    ADOデンハーグ4-3フローニンゲン

    [A]前13分ダニー・バッカー
    [A]前21分ディオン・マロネ
    [A]前23分ハーフナー・マイク
    [A]後02分ディオン・マロネ
    [フ]後07分ミモウン・マヒ
    [フ]後19分ブライアン・リンセン[C]
    [フ]後49分ブライアン・リンセン

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/10929303


    ADOデン・ハーグのFWハーフナー・マイクが、8日に行われたエールディヴィジ第30節のフローニンゲン戦で3試合連続ゴールを決めた。

    3試合連続の先発出場となったハーフナーは2点リードの23分、ゴール前に飛び出して右サイドからのクロスを呼び込むと、フリーでヘディングシュートをゴール右に叩き込んだ。今シーズンのリーグ戦7点目を挙げたハーフナーはその後83分に途中交代。チームは後半に反撃を受けたものの、4-3の勝利を収めた。

    先発復帰後3戦連発と圧巻の活躍で、チームの残留を引き寄せる“救世主”となっている。ハーフナーは2日の第28節ローダ戦で13試合ぶりに先発復帰を果たすと、今節で3試合連続ゴールを決めて3連勝に貢献。昇降格プレーオフ圏内の17位に沈んでいたチームも、この3連勝で暫定13位まで浮上した。なお、翌日に試合を行うズヴォレが敗れると、得失点差で12位に上がる可能性もある。
    2017-04-09_08h44_39
    SOCCER KING 4/9(日) 4:44配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170409-00573931-soccerk-socc

    順位表
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/2
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/04/06(木) 07:09:34.76 ID:CAP_USER9.net
    [4.5 エールディビジ第29節 ビレム 1-2 ADOデンハーグ]

    【A】アブデナセル・エル・カヤティ(前半21分)
    【ビ】オビ・オウラーレ(前半25分)
    【A】ハーフナー・マイク(前半42分)

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/10929298

    エールディビジは5日、第29節2日目を行った。FWハーフナー・マイクの所属する暫定15位ADOデンハーグは敵地で同10位ビレムと対戦し、2-1で勝利。2連勝を飾り、16位と勝ち点3差の残留圏内15位に浮上した。2試合連続スタメンのハーフナーは3トップの中央に入り、1-1の前半42分に勝ち越しゴールを記録。2試合連続となる今季6得点目を挙げ、後半35分までプレーしている。

    前日に勝ち点で並ぶエクセルシオールが敗れたことで、暫定で残留圏内の15位に浮上していたADOデンハーグ。足場を固めたい一戦で幸先よく先制する。

    前半21分、FWエドゥアール・デュプランの左からの横パスを受けたMFアブデナセル・エル・カヤティがPA手前中央で相手DFをかわし、右足のインサイドキックで丁寧にシュート。これがゴール右隅に決まり、ADOデンハーグが先にスコアを動かした。

    先制直後の前半25分にビレムのFWママドゥ・ウラレに同点弾を献上するが、エースのハーフナーがチームを救った。同42分、デュプランがPA手前右から右足アウトでPA内中央のハーフナーにパス。ハーフナーは相手DFを背負っていたが、強引な反転から右足のシュートをゴール右にねじ込み、勝ち越し点を奪取した。

    ハーフナーは2試合連続となる今季6得点目。2試合続けてゴールを挙げたのは、昨年4月17日に行われた第31節ビレム戦(2-0)以来、約1年ぶりとなった。

    完全復活したエースの一撃により、2-1で前半を折り返したADOデンハーグ。後半18分には味方からのロングボールに走り込んだハーフナーが左サイドから左足でダイレクトシュートを放つが、わずかにクロスバーの上に外れる。

    ハーフナーはストライカーとしての仕事を果たし、同35分にFWグヨン・フェルナンデスと交代。
    そのまま2-1で逃げ切ったADOデンハーグが2連勝を飾り、残留へ一歩前進した。

    ゲキサカ 4/6(木) 5:55配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-01638469-gekisaka-socc

    写真



    順位表
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/2
    続きを読む

    1:カイキニッショク ◆Q.7YV6dKqY カイキニッショク ★@\(^o^)/:2017/04/02(日) 23:29:21.17 ID:CAP_USER9.net
    残留大一番でハーフナー覚醒!!13戦ぶり先発復帰で2ゴールに絡む

    ゲキサカ 4/2(日) 23:21配信

    [4.2 エールディビジ第28節 ADOデンハーグ4-1ローダ]

    エールディビジは2日、第28節2日目を行った。FWハーフナー・マイクの所属する17位ADOデンハーグはホームで16位ローダと対戦。

    4-1で勝利し、順位で逆転したが、勝ち点で並んだ残留圏内15位のエクセルシオールには得失点差で及ばず、降格圏内の16位にとどまった。

    ハーフナーは昨年12月4日の第15節ユトレヒト戦(0-2)以来、13試合ぶりにスタメン復帰。自身の今季5得点目を含む2ゴールに絡み、後半32分までプレーした。

    互いにこのままでは2部との昇降格プレーオフに回る17位ADOデンハーグと16位ローダの残留直接対決。先手を取ったのは、勝ち点1差でローダを追うADOデンハーグだった。

    前半1分、FWエドゥアール・デュプランが倒れながらつないだボールをピッチ中央のMFディオン・マローネが受け、右サイドを駆け上がるFWシェラルド・ベッケルへスルーパス。ベッケルはスピードに乗ったままPA内右に持ち込み、抑えの利いた右足のシュートをゴール左に突き刺した。

    3トップの中央で先発したハーフナーは高さを生かし、ターゲット役として機能。前半28分には左からのハイボールにPA内右寄りの位置で反応すると、競りに行ったローダの主将DFクリスティアン・クムがハンドを取られ、PKを獲得する。キッカーのMFアブデナセル・エル・カヤティがGKの逆を突いて右足でゴール右に決め、リードを2点に広げた。

    後半も優位にゲームを運ぶADOデンハーグ。後半9分、ベッケルが右サイドの高い位置からクロスを送る。ファーのハーフナーが左足でボレーを放つが、ゴール左外のサイドネットを直撃した。

    それでも、ADOデンハーグのエースは次のチャンスを確実に仕留めてみせた。後半17分にカヤティのFKがクリアされると、ボールの落下地点にいたマローネがPA手前中央からダイレクトで右足のシュート。相手GKに弾かれるも、こぼれ球にいち早く反応したハーフナーが左足で蹴り込んだ。ハーフナーは第26節NEC戦(1-0)以来、2試合ぶりとなる今季5得点目。チームトップスコアラーの一撃で3点差となった。

    ハーフナーは後半32分にFWグヨン・フェルナンデスと交代。ピッチを退く際にはスタンドから大きな拍手を浴び、ハーフナーも声援に応えながらお役御免となった。

    その後、ADOデンハーグは後半42分にフェルナンデスのゴールで4点差に。同44分にローダのMFモハメド・エル・マクリニに1点を返されたが、4-1で逃げ切り、2試合ぶりの白星を手にした。
    2017-04-02_23h55_05
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170402-01638391-gekisaka-socc
    続きを読む

    mig

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/07(火) 21:27:44.92 ID:CAP_USER9.net
    FWハーフナー・マイクが所属するADOデンハーグは7日、ゼリコ・ペドロヴィッチ監督との契約を解除すると発表した。

    ADOデンハーグは第21節を終え、2部との入れ替え戦圏内の16位と下位に沈んでいる。ペドロヴィッチ監督はかつてJ1浦和でも監督を務めていたことで知られる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170207-00000145-spnannex-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ