海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:バイエルン

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/06(金) 18:54:23.70 ID:CAP_USER9.net
    右サイドから中央に切り込み、鋭く曲がる左足のシュートを左サイドネットに突き刺す――。

    アリエン・ロッベンの代名詞として知られるこのプレーは、世界中のDFがイメージし、対策を練っているが、いまだに脅威となり続けている。

    なぜ、わかっていても止められないのか? その理由を、ロッベン本人が明かしてくれた。

    ■大事なのは意外性と正しい判断

    ――アリエン、あなたはいつも同じようなプレーをしていると言われることがありますが、それには何と答えますか?

    上手くいっているならいいんだ。いつも同じプレーをして、上手くいっていないなら心配すべきだけど、上手くいっているなら問題ないさ。

    ――あなたの“同じような”動きは、なぜ守るのが難しいのでしょう?

    わからない。その質問はDFの選手にした方がいいんじゃないかな。ただ、意外性を意識すること、正しい判断をすることは重要だよ。毎回まったく同じプレーでは駄目なんだ。チームの攻撃は柔軟だし、僕だっていつもボックスを通り抜けてシュートを打つわけではない。パスを出すこともあるし、ラインを越えるプレーをすることもある。さっきも言ったように、意外性がなくてはいけないし、いつも正しい判断をする必要があるんだ。

    ――それでもあなたの動きは特徴的です。あなたの専売特許になるのでは?

    そんなことはないよ。「これは君特有の動きだから君の名前がついている」って言われるのは素晴らしいことだし、素敵な褒め言葉だ。でもさっき言ったように、最も大切なのは上手くいっているかどうかさ。僕はこの動きでたくさんのゴールを決めてきた。でも、常に意外性がないといけないんだよ。

    ――あなたの動きが通用するとわかったのはいつでしょうか?

    これは何年もかけて培われてきたものさ。ユースでフットボールを始めたときは中盤でプレーしていて、それから左ウィングに移った。レアル・マドリーの2年目からだったかな、右ウィングでプレーする機会が多くなって、バイエルン・ミュンヘンに来てからもそれは続いている。このポジションでは良い気分だよ。自分の周りの選手たちと協力することがとても重要なんだ。僕の後ろには右サイドバックのフィリップ・ラームがいて、中央にはトーマス・ミュラーがいる。彼らは本当に重要なプレーヤーだよ。

    ――右ウィングのポジションで、より多くの可能性を発見したと。

    ウィングの後ろはサイドラインだから、中央にスペースがあるんだ。レアルで右ウィングとして僕を起用するアイデアを持っていたのは……おそらくファンデ・ラモス監督だったと思う。レアルでの2年目は右ウィングでプレーする機会がさらに増えたんだけど、そのときには、すでにとても上手くフィットしていたんだ。
    2017-01-06_20h09_56
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/06(金) 02:23:32.73 ID:CAP_USER9.net
    バイエルン・ミュンヘンのドイツ代表FWトーマス・ミュラーは、昨季まで4シーズン連続で公式戦20ゴール以上を記録し、チームの絶対的エースとして君臨していたが、カルロ・アンチェロッティ新監督が就任した今季前半戦のブンデスリーガでは13試合出場でわずか1ゴールと、不振に喘いでいる。

    バイエルンOBのローター・マテウス氏は後半戦で、ミュラーがベンチ要員になると警告を発している。ドイツ地元誌「シュポルト・ビルト」が報じている。

    「先発イレブンに自分の場所を探すことは、後半戦トーマス・ミュラーにとっては容易なことではないだろう。カルロ・アンチェロッティのチームに、彼の本当の居場所はない」

    1984年から88年、インテル移籍を経て92年から2000年まで通算12シーズンにわたってバイエルンでプレー。1990年イタリア・ワールドカップで西ドイツ(現ドイツ)の優勝に大きく貢献した闘将は、現在のバイエルンの象徴的存在であるアタッカーにさらなる冷たい風が吹きつけることを予告している。

    ミュラーは昨夏の欧州選手権にドイツ代表の一員として出場したが、まさかの無得点に終わった。そして今季就任したアンチェロッティ監督の導入した4-2-3-1システムでは中央にスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラが入り、右ウイングにオランダ代表FWアリエン・ロッベンが入る試合が多い。

    「サンチェスが大きく出場時間を伸ばす」

    「右ウイングではアリエン・ロッベンがより強力な選手だ。4-2-3-1システムでセカンドストライカーの居場所はない」

    ミュラーは受難の日々を迎えることになるという。

    「あの(トップ下)ポジションにはチアゴが入ると思う。彼は前半戦、力強かった。彼はミュラーよりも多様性がある。レナト・サンチェスは後半戦、大きく出場時間を伸ばすと確信している」とマテウス氏は続けた。

    2021年夏まで契約を残すミュラーは、マテウス氏の言葉通りに受難の後半戦を送ることになるのだろうか。
    2017-01-06_07h55_47
    Football ZONE web 1/5(木) 21:20配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170105-00010026-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/03(火) 15:24:20.14 ID:CAP_USER9.net
    欧州5大リーグすべてを経験したアンチェロッティが分析する、それぞれのフットボール文化。

    バイエルン・ミュンヘンのカルロ・アンチェロッティ監督が、欧州5大リーグとして知られるイタリア、イングランド、フランス、スペイン、ドイツのフットボール文化を語った。

    母国イタリアでミランなどを率いたほか、チェルシー、パリ・サンジェルマン、レアル・マドリー、そしてバイエルンを指揮し、欧州5大リーグすべてを経験したアンチェロッティ監督。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』とのインタビューに応じた同指揮官は、それぞれのフットボール文化について、次のような見解を述べている。

    「イタリアにおいてフットボールは宗教のようで、ずっとざわめき続けているかのようだ。一方でイングランドは、フットボールの試合が行われ、それが終われば人々はすぐに家に帰ってしまう。このスポーツに関して議論することはあまりなく、とてもプロフェッショナルだと感じたね」

    「フランスは今まさに成長を果たしている国で、とても素晴らしい選手たちがいる。ただ、あそこの国のチームは、ときに戦術的に安定していない。

    またスペインはイタリアと少し似ていて、フットボールが人々を狂わせている。ラジオもテレビも24時間にわたってフットボールについて話しているし、ファンはいつもこのスポーツに耳を傾けているよ。レアル・マドリーの監督を務めれば、それこそ大きな責任がのしかかっていると感じるわけだ」

    「ドイツでは、素晴らしい雰囲気を目の当たりにすることになった。スタジアムはいつも満杯で、マナーが行き届いている。戦術、フィジカルの両面で素晴らしいレベルにあるね」
    2017-01-03_23h33_51
    GOAL 1/3(火) 8:34配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170103-00010002-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/03(火) 18:53:14.72 ID:CAP_USER9.net
    バイエルン(ドイツ)FWアルイェン・ロッベン(32)が、2009年にレアル・マドリー(スペイン)から移籍した当時を振り返り、バイエルン加入は「ステップダウンだと感じた」と述べた。米放送局『ESPN』が現地時間1日に報じている。

    2009年、レアルはフロレンティーノ・ペレス氏が会長に再任。ペレス会長は就任するや否や大型補強に動き、夏にクリスティアーノ・ロナウド、カカ、カリム・ベンゼマ、シャビ・アロンソといったビッグネームを次々に獲得した。一方で、その資金の捻出や、人員整理も進め、ロッベンはその夏にバイエルンへと売却された。

    ロッベンは1日、『FOX SPORTS』で「少し運命的な夏だった。フロレンティーノ・ペレスが会長として戻ってきて、C・ロナウド、カカ、カリム・ベンゼマ、シャビ・アロンソが、高額な移籍金で新加入選手としてマドリーにやってきた」「クラブからは、僕を売却することで、クラブは資金を手にすることができると伝えられた。

    でも最初はレアルを離れたくなかった。自分にとって最高のプレシーズンになる可能性があったからだ。でも、チャンスを貰えなかった。それで、決断を下すしかなかったんだ」

    「バイエルンからのコンタクトがあったが、難しい決断だった。僕のキャリアで最も難しいものだった。当時のバイエルンは、現在の僕らとは状況が異なり、ヨーロッパのエリートクラブの一員ではなかった。だから、僕にとってはステップダウンだったんだ」と当時を振り返り、その心境を吐露した。

    そのうえでロッベンは、「でも、最終的に移籍した。クラブは僕と契約するために全力を尽くしてくれたからね。それから、(当時の)ルイス・ファン・ハール監督の存在も決め手の1つだった」

    「今の僕は、心からの『バイエルンマン』だよ。8シーズン目になるし、自分がこのクラブの一部になったと考えている」とコメント。バイエルンで充実したキャリアを過ごしていると語った。

    ロッベンはバイエルンでこれまで公式戦233試合に出場し、121得点79アシストを記録。キャリアを通じてケガに悩まされ続けながらも、同チームで5度のブンデスリーガ優勝や4度のドイツカップ制覇、それぞれ1度のチャンピオンズリーグ、クラブW杯優勝などを経験している。

    ISM 1/2(月) 12:04配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170102-00000014-ism-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/13(火) 12:59:11.20 ID:CAP_USER9.net
    またバイエルンと

    今季こそは2位ではなく首位でグループを通過したぞと手応えを感じていたアーセナルサポーターも多かったはずだ。

    今季のグループステージでは最終節でPSGがルドゴレツ相手に躓いたこともあり、アーセナルがグループを首位で通過することに成功したのだが、決勝トーナメント1回戦では再びバイエルンと対戦することになってしまった。

    アーセナルは2012-13シーズンの決勝トーナメント1回戦、続く2013-14シーズンも1回戦で、昨季はグループステージでバイエルンと対戦している。本来両チームの対戦は好カードなのだが、どこか見慣れてしまった感がある。今回もバイエルンと対戦することになり、アーセナルサポーターからは怒りの声も出ている。

    英『METRO』によると、サポーターはあまりにもバイエルンと激突する回数が多いことを怪しんでおり、UEFAが抽選を操作しているのではないかと疑っている。

    「UCLの抽選は110%仕組まれている!どうやってまたバイエルンを引くんだ?」「もはやこれはジョークだ!UEFAは仕組んでる。毎年アーセナルとバイエルンがやるようにだ。でたらめだ」「バルサは毎回PSGと、アーセナルは常にバイエルンと。仕組んでると思う」

    アーセナルに次ぐ2位でグループAを通過したPSGは、こちらも見慣れたバルサとの対戦が決定している。アーセナルは頑張って首位通過を果たしたが、これでは首位だろうと2位だろうと例年と変わらない。

    アーセナルサポーターは操作されていると不満を口にしているが、アーセナルは今回こそバイエルンの壁を打ち破れるか。

    theWORLD(ザ・ワールド) 12/13(火) 8:00配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161213-00010003-theworld-socc

    写真
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/09(金) 17:18:28.91 ID:CAP_USER9.net
    バイエルンのMFフランク・リベリーは11月下旬、クラブと2018年6月までの新契約を結んだ。12月8日に『EUROSPORT』が報じたところによると、リベリーはこの契約を最後にバイエルンを去るつもりのようだ。

    「バイエルンと新しい契約を結ぶことができてうれしいよ。2018年には35歳になるし、ヨーロッパでの契約はこれが最後になるだろうね」

    ヨーロッパでのトップリーグでのプレーが最後になることを示唆したが、その後については「僕のドアは常に開かれているから、(ヨーロッパ以外から)いい話があれば考えるかもね」と発言。ヨーロッパ以外でのプレーを示唆しており、アメリカ、中東、中国でのプレーも条件のいいオファーがあれば検討する意向を示している。
    2016-12-09_18h42_42
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161209-00000010-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/07(水) 07:55:09.68 ID:CAP_USER9.net
    チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第6節が6日に各地で行われた。

    グループAでは、すでに決勝トーナメント進出を決めている首位パリ・サンジェルマン(フランス)がルドゴレツ(ブルガリア)と2-2の引き分け。2位アーセナル(イングランド)がバーゼル(スイス)に4-1と敵地で勝利を収めたため、アーセナルが逆転で首位通過を決めた。

    グループBは、第5節終了時点で勝ち点差1に3チームが並ぶ大混戦。首位ナポリ(イタリア)と2位ベンフィカ(ポルトガル)が対戦し、ナポリが2-1と敵地で勝利を収め、首位通過が決定した。勝てば決勝トーナメント進出が決まる3位ベジクタシュ(トルコ)は、最下位ディナモ・キエフ(ウクライナ)を相手に2人が退場するなど敵地で0-6と完敗。この結果、ベンフィカが2位でグループステージ突破を決めている。

    グループCでは、すでに首位通過を決めていたバルセロナ(スペイン)がトルコ代表MFアルダ・トゥランのハットトリックなどでボルシアMG(ドイツ)に4-0と大勝。同じく決勝トーナメント進出を決めている2位マンチェスター・C(イングランド)はセルティック(スコットランド)と1-1で引き分けている。

    グループDでは、決勝トーナメント進出を決めている2位バイエルン(ドイツ)と首位アトレティコ・マドリード(スペイン)が激突。アウェーでの一戦では敗れていたバイエルンだったが、ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキの1点を守りきってホームで勝利を収めた。PSV(オランダ)とロストフ(ロシア)はスコアレスドローに終わっている。

    ■CLグループステージ第6節結果(6日)
    ▼グループA
    バーゼル(スイス) 1-4 アーセナル(イングランド)
    パリ・サンジェルマン(フランス) 2-2 ルドゴレツ(ブルガリア)

    ▼グループB
    ベンフィカ(ポルトガル) 1-2 ナポリ(イタリア)
    ディナモ・キエフ(ウクライナ) 6-0 ベシクタシュ(トルコ)

    ▼グループC
    マンチェスター・C(イングランド) 1-1 セルティック(スコットランド)
    バルセロナ(スペイン) 4-0 ボルシアMG(ドイツ)

    ▼グループD
    バイエルン(ドイツ) 1-0 アトレティコ・マドリード(スペイン)
    PSV(オランダ) 0-0 ロストフ(ロシア)

    ▼グループE(7日)
    レヴァークーゼン(ドイツ) vs モナコ(フランス)
    トッテナム(イングランド) vs CSKAモスクワ(ロシア)

    ▼グループF(7日)
    レアル・マドリード(スペイン) vs ドルトムント(ドイツ)
    レギア・ワルシャワ(ポーランド) vs スポルティング(ポルトガル)

    ▼グループG(7日)
    クラブ・ブルージュ(ベルギー) vs コペンハーゲン(デンマーク)
    ポルト(ポルトガル) vs レスター(イングランド)

    ▼グループH(7日)
    リヨン(フランス) vs セビージャ(スペイン)
    ユヴェントス(イタリア) vs ディナモ・ザグレブ(クロアチア)
    2016-12-07_08h19_47
    SOCCER KING 12/7(水) 7:46配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161207-00524160-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/11/25(金) 23:40:04.67 ID:CAP_USER9.net
    23日のCL敵地ロストフ戦でボアテングは失態の連続 CEOは不安定な守備に怒り爆発
     
    バイエルン・ミュンヘンのカール・ハインツ・ルンメニゲCEOが、23日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)敵地ロストフ戦で失態の連続となった戦犯のドイツ代表DFジェローム・ボアテングの副業三昧ぶりに激怒している。

    ドイツ王者はロシアの伏兵に敵地でよもやの2-3負けを喫したが、ルンメニゲ氏は不安定なディフェンスリーダーに怒りを爆発させた。「彼は落ち着かなければいけない。昨年の夏からやりすぎた。彼が地に足をつけることが、彼とクラブの利益になる」

    衛星放送「スカイ・ドイツランド」は、ボアテングを戦犯として槍玉に挙げた。CLロストフ戦、1-0リードで迎えた前半44分、相手のイラン代表FWアズムーンの切り返しに対応できずにそのまま走り抜ける大チョンボ。

    その失態から同点弾を許すと、後半4分には相手MFノボアをエリア内で倒し、PKを献上している。あまりの不安定ぶりにカルロ・アンチェロッティ監督も我慢の限界に達したのか、DFフンメルスと交代させるほどだった。

    ボアテングは1年前に人気ラッパーの JAY-Zとマネジメント契約を結び、サングラスブランドを立ち上げるなど副業に精を出している。パフォーマンス低下が懸念されるストッパーに対して、バイエルン首脳陣はサッカーに集中するように呼びかけた。

    「こんな相手に3ゴールを許したら…」

    「我々は守備面が特にひどかった。こんなチーム相手に3ゴールを許したら、猛省が必要だ。間違いなく問題がある。こんな失点をするということは我々が勝利に値にしなかった。勝ち点3を捨ててしまった。2点決めていれば普通は勝っていたはずだ」

    ドルトムントとの「デア・クラシカー」に続く敗戦で、不安定な守備陣にルンメニゲ氏は鉄槌を振りかざしていた。

    Football ZONE web 11/25(金) 22:04配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161125-00010018-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    UEFA-CL
    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/11/24(木) 11:01:06.30 ID:CAP_USER9.net
    チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第5節が23日に各地で行われた。

    グループAでは前節、アーセナル(イングランド)とパリ・サンジェルマン(フランス)が揃ってグループステージ突破を決定。今節は両者が顔を合わせ、2-2の引き分けに終わった。今大会初勝利を懸けて戦ったルドゴレツ(ブルガリア)とバーゼル(スイス)もドローという結果となっている。

    グループBでは、首位ベンフィカ(ポルトガル)と3位ベシクタシュ(トルコ)が壮絶な打ち合いで3-3とドロー。2位ナポリ(イタリア)もホームでディナモ・キエフ(ウクライナ)とスコアレスに終わり、上位3チームが勝ち点1差の中に入る大混戦のまま最終節を迎えることとなった。

    グループCでは、首位バルセロナが敵地でセルティックを下し、首位での決勝トーナメント進出が決定。2位マンチェスター・Cと3位ボルシアMGは引き分けに終わり、勝ち点差は3のままだが、直接対決で上回るマンチェスター・Cが1試合を残してグループステージ突破を決めている。

    グループDでは前節、アトレティコ・マドリード(スペイン)とバイエルン(ドイツ)の2チームが決勝トーナメント進出を決定。今節はアトレティコ・マドリードがPSVを下して5連勝を飾り、首位通過を決めた。また、ロストフ(ロシア)がバイエルン相手に今大会初勝利を収めている。

    ■CLグループステージ第5節結果

    ▼グループA

    ・ルドゴレツ(ブルガリア) 0-0 バーゼル(スイス)
    http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2017/matches/round=2000783/match=2019355/lineups/index.html

    ・アーセナル(イングランド) 2-2 パリ・サンジェルマン(フランス)
    http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2017/matches/round=2000783/match=2019354/lineups/index.html

    [ア]オリビエ・ジル(45分+1)、オウンゴール(60分)
    [パ]エジソン・カバーニ(18分)、オウンゴール(77分)

    ▼グループB

    ・ベシクタシュ(トルコ) 3-3 ベンフィカ(ポルトガル)
    http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2017/matches/round=2000783/match=2019357/lineups/index.html

    [ベシ]ジェンク・トスン(58分)、リカルド・クアレスマ(83分)、バンサン・アブバカル(89分)
    [ベン]ゴンサロ・グエデス(10分)、ネウソン・セメド(25分)、リュボミル・フェイサ(31分)


    ・ナポリ 0-0 ディナモ・キエフ
    http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2017/matches/round=2000783/match=2019356/lineups/index.html

    ▼グループC

    ・ボルシアMG(ドイツ) 1-1 マンチェスター・C(イングランド)
    http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2017/matches/round=2000783/match=2019359/lineups/index.html

    [ボ]ラファエル(23分)
    [マ]ダビド・シルバ(45分+1)

    ・セルティック(スコットランド) 0-2 バルセロナ(スペイン)
    http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2017/matches/round=2000783/match=2019358/lineups/index.html

    [バ]リオネル・メッシ2(24分、56分)

    ▼グループD

    ・ロストフ(ロシア) 3-2 バイエルン(ドイツ)
    http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2017/matches/round=2000783/match=2019360/lineups/index.html

    [ロ]サルダル・アズモン(44分)、ドミトリ・ポロズ(50分)、クリスティアン・ノボア(67分)
    [バ]ダグラス・コスタ(35分)、フアン・ベルナト(52分)

    ・アトレティコ・マドリード(スペイン) 2-0 PSV(オラン
    http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2017/matches/round=2000783/match=2019361/lineups/index.html

    [A]ケビン・ガメイロ(55分)、アントワーヌ・グリエーズマン(66分)

    >>2以降につづく
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/11/20(日) 05:05:09.85 ID:CAP_USER9.net
    ブンデスリーガ第11節が20日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントとバイエルンが対戦した。香川はベンチスタートとなった。

    今シーズン最初の“デア・クラシカー”。バイエルンはここまで無敗の首位に立っている。一方、ドルトムントは前節のハンブルガーSV戦でリーグ戦5試合ぶりの勝利を収めた。今節、ドルトムントはFWアドリアン・ラモスとガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンの2トップ。バイエルンは元フランス代表MFフランク・リベリーが公式戦9試合ぶりの復帰となった。

    開始早々の10分、ドルトムントは右サイドのウカシュ・ピシュチェクがボールを奪うと、マリオ・ゲッツェのグラウンダーパスをオーバメヤンがダイレクトシュート。これがGKマヌエル・ノイアーの牙城を崩し、ドルトムントが先制に成功した。その後は両チーム得点なく、1-0でハーフタイムを迎える。

    後半立ち上がりはバイエルンが猛攻を仕掛ける。55分、右サイドのトーマス・ミュラーが切り返しからクロスを入れると、走り込んだフランク・リベリーがヒールシュート。これがネットを揺らして同点かと思われたが、リベリーがオフサイドポジションにいたため、得点は認められなかった。61分にはエリア手前左からシャビ・アロンソがミドルシュート。しかし、これはクロスバーを直撃して追いつくことができない。

    一方、ドルトムントも相手のミスからビッグチャンスを得る。72分、X・アロンソのミスを拾ったオーバメヤンがGKとの一対一を迎える。しかし、ここはGKマヌエル・ノイアーの正面に飛んでしまい、追加点を挙げられない。

    試合はこのまま1-0で終了。ドルトムントがバイエルンに初黒星をつけ、3位に浮上した。一方、バイエルンは昇格組のライプツィヒに首位を明け渡す格好となった。なお、香川に出場機会は訪れなかった。

    次節、ドルトムントは敵地で日本代表MF長谷部誠が所属するフランクフルトと、バイエルンはホームでレヴァークーゼンと対戦する。

    【スコア】
    ドルトムント 1-0 バイエルン

    【得点者】
    1-0 10分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
    2016-11-20_06h53_52
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161120-00517995-soccerk-socc
    SOCCER KING 11/20(日) 4:26配信


    http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2016/ger/ger-10929648.html
    試合スコア
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ