海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:バイエルン

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/05/18(月) 03:03:36.41
    [5.17 ブンデスリーガ第26節 ウニオン・ベルリン0-2バイエルン]

    ブンデスリーガは17日、第26節2日目を各地で行い、首位バイエルンはアウェーでウニオン・ベルリンと対戦し、2-0で勝利した。負傷から復帰したエースFWロベルト・レワンドフスキがPKで先制点を挙げると、DFベンジャマン・パバールが追加点。ブンデスリーガをリードする王者が前人未到の8連覇へ、リスタートを切った。

    新型コロナウイルスの影響により、3月半ばから中断していたブンデスリーガがいよいよ再開し、ドイツ王者がアウェーに乗り込んだ。バイエルンは前半20分にセットプレーからビッグチャンスを迎える。

    右コーナーキックをDFヨシュア・キミッヒが蹴り込むと、MFレオン・ゴレツカ、MFセルジュ・ニャブリが頭でつなぐ。ラストパスをMFトーマス・ミュラーがプッシュし、ゴールネットを揺らした。しかし、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入でミュラーのオフサイドが認められ、得点は取り消された。

    それでも、先手を取ったのはバイエルンだった。前半36分にゴレツカがファウルを獲得し、PKのチャンスを獲得する。キッカーはレワンドフスキ。右足できっちりと沈め、チームの再開“1号”となる今季リーグ26得点目をマークした。

    1-0で前半を折り返したバイエルンは後半35分にダメ押しゴール。キミッヒが右コーナーキックを蹴り込み、パバールがヘディングシュートでネットを揺らした。バイエルンは2-0で完封勝利をおさめ、2位ドルトムントを4差に突き放した。中断期間を挟んで5連勝を飾り、12試合無敗(11勝1分)とした。
    2020-05-18_09h14_01
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200518-43480337-gekisaka-socc
    5/18(月) 2:58配信

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20076973
    試合スコア

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/56
    順位表

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/stats/56
    得点ランキング

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/05/10(日) 06:03:42.52
    日本人が世界一に近づけるかもしれない―。そんな夢を見せてくれたのが、2011年にG大阪からドイツ1部のバイエルン・ミュンヘンへ移籍したFW宇佐美貴史だ。17歳でプロデビューした“G大阪の至宝”は、19歳で欧州屈指のビッグクラブに引き抜かれた。

    移籍会見での言葉は、野心に満ちていた。「争いは過酷ですが、学ぶことは多い。技術は通用するんじゃないかと思っている」「最終的にはバロンドール(欧州最優秀選手賞)という目標を持っているし、バイエルンで主力になれればそういうチャンスはある」。欧州の中堅クラブからもオファーを受けたが、最も難しい挑戦を選んだ宇佐美は、可能性の塊だった。

    シーズン前の欧州の強豪クラブが集まる親善試合・アウディカップのバルセロナ戦(7月27日)。先発のチャンスを与えられると、スペイン代表MFイニエスタ(現神戸)らを擁したバルセロナ相手に、スルーパスで決定機を作り出すなどインパクトを残した。試合後にはバルサの次期司令塔と目されていた当時20歳のMFチアゴ(スペイン代表、現バイエルン)とユニホームを交換。「技術は通用した。ユニホームはイニエスタを狙っていたんですけど」と語るなど、手応えを得ているように見えた。

    だが、あるバイエルン関係者は「今日の宇佐美はすごくよかった。でも、ここはただのクラブじゃない。いくらいい選手でも簡単には成功できないんだ」と話していた。バイエルンの方言に「MIA SAN MIA」というクラブを体現する言葉がある。「自分たちは自分たち」という意味だ。ドイツで最多優勝を誇る名門には「俺たちは特別だ」という強烈な自負が随所に浸透していた。

    宇佐美はバイエルンで結果を残せなかった。その後もドイツの3クラブでプレーしたが、「(ドイツ挑戦は)すがすがしいぐらいの失敗でした。ただ、バイエルンを選んだことに後悔はない」と語っている。復帰したG大阪で、鮮やかで人を引き付ける彼のプレーを見ると、何が足りなかったのか、といつも思う。私が取材で選手に技術以上のものを探すようになったのは、彼の挑戦からだ。

    数多くの日本人選手が欧州に渡り、強豪で結果を残す選手も出てきたが、バイエルン級のビッグクラブで、エースで活躍した選手はまだいない。いつか19歳の宇佐美のようなギラつきを見せ、特別なクラブの“特別な選手”にのし上がる選手が出てくるだろう。その時が日本サッカー界にとって次の扉が開く瞬間になると思っている。(金川 誉)

    ◆宇佐美 貴史(うさみ・たかし)1992年5月6日、京都・長岡京市生まれ。28歳。G大阪ユース在籍中の2009年、当時クラブ初となる高校2年でトップ昇格。11年にドイツ1部バイエルン、12年はホッフェンハイムに期限付き移籍。13年にG大阪に復帰し、14年の国内3冠に貢献。16年に再びドイツ1部アウクスブルクに移籍。17年に同2部のデュッセルドルフへ。昨年、G大阪復帰。ドイツ1部で通算53試合3得点。J1は135試合52得点。178センチ、69キロ。

    ◆金川 誉(かながわ・たかし)1981年10月3日、兵庫県生まれ。38歳。大阪教育大から2005年入社。大阪本社でサッカーを中心に担当。
    2020-05-10_09h32_21
    https://news.yahoo.co.jp/articles/301dc730e66af06c4845acdab1eca82f7c39f4b2
    5/10(日) 6:00配信

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/05/08(金) 10:08:16.99
    バイエルンは7日、元ドイツ代表FWミロスラフ・クローゼ氏がトップチームのアシスタントコーチに就任することを発表した。契約期間は2020年7月1日からの1年間となっている。また、同じくアシスタントコーチを務めているダニー・レール氏が2023年夏までの契約を結んだことも発表されている。

    アシスタントコーチ就任に際し、クローゼ氏はバイエルンのクラブ公式HPで以下のようにコメントを残している。

    「素晴らしい気持ちだ。この任務に就くことを楽しみにしている。ハンジ・フリック監督とはドイツ代表で長い間共に戦ってきた。プロフェッショナルとして、そして1人の人間としてお互いのことを尊敬している。僕にとっては指導者としてのキャリアにおける新たなステップだ。僕のこれまでの経験を活かして、バイエルンの目標達成に貢献できることを願っている」

    現在41歳のクローゼ氏は、現役時代にカイザースラウテルン、ブレーメン、バイエルン、ラツィオでプレー。バイエルンでは2007-08シーズンと2009-2010シーズンのブンデスリーガ制覇に貢献した。ドイツ代表としても長きに渡って活躍。通算で136試合に出場し、同国歴代最多得点記録となる71ゴールを挙げた。また、ワールドカップでも通算16ゴールをマークし、同大会の歴代最多得点記録保持者となっている。

    2016年に現役を引退したクローゼ氏は、ドイツ代表のスタッフとして活動。2018 FIFAワールドカップ ロシアではコーチングスタッフとしてドイツ代表に帯同した。2018年夏からはバイエルンのU-17チームで監督を務めている。
    2020-05-08_11h53_56
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200508-01067590-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/04/18(土) 18:31:27.86
    バイエルン・ミュンヘンとDFダヴィド・アラバの交渉は、前に進んでいないようだ。ドイツ『シュポルト1』が報じた。

    アラバは2009-10シーズンにバイエルンでトップチームデビュー。以来、主力選手として長年活躍してきており、バイエルンではすでにベテランの一人に数えられる。だが、来シーズン末で契約が満了するため、バイエルンは契約延長に至らない場合には、今夏の放出も視野に入れている。

    もっとも、バイエルンにとっての最優先事項はアラバとの契約延長。だが、アラバの代理人がコロナの影響でドイツに入国できていないため、現在交渉はストップしているとのこと。選手側はクラブに対し、より条件のいいオファーを待っている段階のようだ。

    すでに数週間前、アラバは最初の延長オファーを拒否。希望する条件が満たされなければ、退団の準備もできているという。

    アラバにはレアル・マドリーやバルセロナが興味を寄せる。特に後者はコロナの影響で経済的に深刻でありながら、選択肢として真剣に考慮しているようだ。
    2020-04-18_20h25_35
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200418-00010017-goal-socc

    続きを読む

    burning-3088905_640
    1: 風吹けば名無し 2020/03/19(木) 16:27:07.75
    どっちが正しいんや?

    2: 風吹けば名無し 2020/03/19(木) 16:28:36.01
    レアル・マドリード

    3: 風吹けば名無し 2020/03/19(木) 16:29:51.23
    ミランとかご存知ない?

    続きを読む

    img_3a319a774c09b04119ebb69cceb768a5373858

    1: 風吹けば名無し 2020/03/10(火) 18:47:02.39
    このとき誰もが宇佐美が日本史上最高の選手になると思ったよな

    3: 風吹けば名無し 2020/03/10(火) 18:47:47.02
    なんでダメだったんやろな

    6: 風吹けば名無し 2020/03/10(火) 18:48:14.97
    チャンピオンズリーグ決勝ベンチ入り

    続きを読む

    the-ball-488700_640

    1: 風吹けば名無し 2020/03/06(金) 03:01:56.66
    どこに行く?

    2: 風吹けば名無し 2020/03/06(金) 03:02:21.27
    ワイアーセナル

    3: 風吹けば名無し 2020/03/06(金) 03:03:15.23
    アーセナル

    4: 風吹けば名無し 2020/03/06(金) 03:04:07.12
    雑魚やからアーセナル

    続きを読む

    1: バグダッドの夜食 ★ 2019/12/22(日) 18:53:42.13
     
    「リバプールによる謝罪は誠実さを欠いている。最後の一文を見てほしい。『画像によって不快な思いをされたすべての方にお詫び申し上げます』とあるが、これでは不十分だ。不快な思いをした人々にだけ謝罪すればいいわけではないだろう。文句を言った者にだけ詫びたように聞こえてくる。

    以前にもナビ・ケイタの見苦しいタトゥー(旭日旗の上にボールが乗っているように見えた)を掲載したとき、リバプールは完全には非を認めなかった。今回は公式フェイスブックの韓国版でしか謝罪文を載せておらず、これではほぼ韓国人にしか見られない。世界中のファンに向けたものではなかったのである」

    昨年夏にはバイエルンの北米遠征で“使用”されて騒動に

    加えて過去にあった事例を引き出し、リバプールにさらなる対応を求めている。

    昨年夏にアメリカで行なわれたプレシーズンマッチで、バイエルン・ミュンヘンの現地ファンが応援席で旭日旗を使用した。これが韓国側の知るところとなり、バイエルンにはクレームが殺到したという。

    クラブは韓国人ファンクラブに向けて「指摘をしていただいてありがとうございます。すぐに対応できず申し訳ありませんでした。今後は公式に戦犯旗の使用を全面的に禁止します。侮辱的で政治的にも不正確な応援旗の使用は容認できないと考えるからです」との回答を寄せたと、『スポータルコリア』は伝えている。

    そして同メディアは「本当のビッグクラブなら、リバプールはバイエルンが取ったこの対応を見習うべきだ」と強く主張し、「韓国のファンは彼らに、日本についてもっと深く考えてほしいと思っている」とも代弁した。

    実際にどれだけの人びとが問題視しているのかは判然としないが、今後も事あるごとに、大騒動に発展しまうのだろうか。


    詳細はリンク先をご覧ください。

    「バイエルンを見習え!」「誠実さがない」リバプールが旭日旗問題を公式謝罪も韓国メディアは再糾弾!
    68045_ext_04_0
    https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=68045
    2019年12月22日 サッカーダイジェストWeb編集部

    続きを読む

    goal-20121_640

    1: 風吹けば名無し 2019/11/28(木) 00:23:22.55
    ユベントスかバイエルンかマンチェスターCどこが一番強いか知りたいから聞いた

    2: 風吹けば名無し 2019/11/28(木) 00:23:43.90
    この中ならユベントスやな

    4: 風吹けば名無し 2019/11/28(木) 00:24:05.12
    マンCやな

    5: 風吹けば名無し 2019/11/28(木) 00:24:20.67
    バイエルンは今年散々やろ

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/11/10(日) 07:27:57.66
    no title


    バイエルン・ミュンヘンFWロベルト・レヴァンドフスキが、51年ぶりにブンデスリーガ記録を更新した。

    9日に行われたブンデスリーガ第11節で、ドルトムントとの「デア・クラシカー」を迎えたバイエルン。最大のライバルとの大一番だったが、本拠地で躍動するチームは17分、レヴァンドフスキのゴールで先制に成功する。後半も勢いは止まらず、47分にニャブリ、76分にレヴァンドフスキ、80分にはオウンゴールで3点を追加し、4-0でドルトムントを粉砕した。

    この試合で2ゴールを挙げたレヴァンドフスキ。これでリーグ戦開幕から11試合連続得点を記録。通算得点数は「16」となり、元西ドイツ代表にしてバイエルンOBでもあるゲルト・ミュラー氏の記録(15ゴール)を51年ぶりに更新した。

    なおレヴァンドフスキは、チャンピオンズリーグでも4試合で6ゴールを記録し、DFBポカールでも1得点。今季は出場18試合で得点を奪えなかった試合はたった2試合のみ(DFBポカール:ボーフム戦、DFLスーパーカップ:ドルトムント戦)であり、通算得点数は「23」にも及んでいる。キャリア最高の時を過ごす31歳ポーランド代表FWを、止める手立てはないのかもしれない。

    また、この試合で2アシストを記録したMFトーマス・ミュラーは、『Opta』が統計を始めて以降、ブンデスリーガで100アシストに到達した初の選手となっている。

    GOAL11/10(日) 7:07配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191110-00010009-goal-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ