海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:バイエルン・ミュンヘン

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/18(水) 21:30:21.68 ID:CAP_USER9.net
    バイエルンのスペイン代表MFシャビ・アロンソが今シーズン終了後に現役を引退するかもしれない。

    18日、ドイツの『Bild』からの情報として、イギリスの『Sky Sports』など各国メディアが報じている。

    それによると、シャビ・アロンソはバイエルンとの契約が満了する今シーズン終了後に現役を退く意向で、クラブにはウインターブレイク突入前に伝えてあるのだという。

    シャビ・アロンソは現在35歳。リヴァプールとレアル・マドリーでチャンピオンズリーグを制し、スペイン代表としても2010年ワールドカップ、2008、2012年EUROの優勝を経験している。
    bfebee8a-135f-45cc-8dd4-86f6f4ef30e3
    http://qoly.jp/2017/01/18/xabi-alonso-to-retire-at-the-end-of-the-season-hys-1
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/16(月) 17:14:31.75 ID:CAP_USER9.net
    ドイツ国内の14~59歳を対象に調査、王者バイエルンが1位に輝く

    ブンデスリーガで最も人気のあるクラブはどこだ――。

    スポーツマーケティングリサーチ&コンサルティング会社「ニールセン・スポーツ」の調査で、リーグ4連覇中のバイエルン・ミュンヘンがドイツ国内でも最も人気があるという結果が出た。ドイツ衛星放送「スカイ・ドイツランド」などが報じた。

    国内の14歳から59歳までを対象に調査を行ったところ、王者バイエルンは25.6%の支持を獲得してトップに立った。昨季、史上初のブンデスリーガ4連覇を成し遂げた名門が、実力、人気ともにドイツトップであることを示した。

    2位には日本代表MF香川真司が所属するドルトムント(19%)が入った。上位2クラブとは大きな差がついたものの3位にボルシア・メンヘングラッドバッハ(5.3%)、4位に日本代表DF内田篤人が所属するシャルケ(4.5%)と続いた。

    全ランキング一覧、成り上がりクラブが躍進!
     
    さらに注目は、今季前半戦を2位で折り返したRBライプツィヒが7位と上位にランクインしたこと。2009年に飲料メーカー王手のレッドブルに買収されて5部リーグから“成り上がり”を果たした同クラブは、伝統を重視するドイツにおいて「嫌われ者」の立場にいた。

    今回の調査では、昨年夏の調査からおよそ倍となる3.9%の支持を集めた。前半戦に一時首位に立つ快進撃で周囲の雑音をかき消したようだ。

    ランキングは以下の通り。

    1位 バイエルン・ミュンヘン(25.6%)
    2位 ドルトムント(19%)
    3位 ボルシアMG(5.3%)
    4位 シャルケ(4.5%)
    5位 ハンブルガーSV(4.5%)
    6位 ブレーメン(4%)
    7位 RBライプツィヒ(3.9%)
    8位 ケルン(3.6%)
    9位 フランクフルト(3.3%)
    10位 ヘルタ・ベルリン(2.7%)
    11位 フライブルク(1.3%)
    12位 マインツ(1%)
    13位 ダルムシュタット(0.9%)
    14位 レバークーゼン(0.8%)
    15位 アウクスブルク(0.7%)
    16位 ホッフェンハイム(0.6%)
    17位 ヴォルフスブルク(0.4%)
    18位 インゴルシュタット(0.2%)
    2017-01-16_19h27_12
    Football ZONE web 1/16(月) 16:12配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170116-00010009-soccermzw-socc
    続きを読む

    photo_ucl_pickup_01
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 20:14:03.62 ID:CAP_USER*.net
    準々決勝 

    2016年4月5-6日
    2016年4月12-13日

    ヴォルフスブルグ(ドイツ) vs レアル・マドリード(スペイン)

    バイエルン・ミュンヘン(ドイツ) vs ベンフィカ・リスボン(ポルトガル)

    FCバルセロナ(スペイン) vs アトレチコ・マドリード(スペイン)

    パリ・サンジェルマン(フランス) vs マンチェスター・シティ(イングランド)


    UEFA日本語公式HP
    http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2016/draws/round=2000636/drawcentre/index.html

    スカパーチャンピオンズリーグHP
    http://soccer.skyperfectv.co.jp/ucl
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1458299643/

     
    続きを読む


    2015-02-18_07h34_23
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/02/18(水) 06:55:02.89 ID:???*.net
    【シャフタール0-0バイエルン CLベスト16 1stレグ】

    チャンピオンズリーグ(CL)ベスト16の1stレグが現地時間17日に開催され、バイエルン・ミュンヘンはアウェイでシャフタール・ドネツクと対戦している。

    決勝トーナメントがいよいよ始まり、第一日目は優勝候補バイエルンが登場。リーグ後半戦序盤ではつまずいたものの、週末の試合ではハンブルガーSVに8-0と大勝し、良い形でアウェイへ乗り込んだ。

    一方のシャフタールはまだリーグが再開しておらず、試合勘に不安を残す一戦となった。

    最初のシュートはバイエルン。2分にロッベンが右サイドから上げたクロスにフリーのシュバインシュタイガーがボレー。これは惜しくもゴール左に外れる。

    11分にもロッベンから右サイドをミュラーが抜け出しシュートを放つが、角度がなく得点にはならない。

    試合はその後、バイエルンがボールをキープし、シャフタールがカウンターを狙う展開になる。しかし、どちらも得点は奪えない。

    20分過ぎからは、シャフタールもボールをキープするシーンが増え始め、L・アドリアーノを中心に何度か攻め込むものの、決定機は作れない。

    ややバイエルン優勢だった前半だが、スコアレスで折り返した。

    後半に入りシャフタールも攻め込み始め、ほぼ互角の展開に。

    一進一退で試合が進んだ65分、バイエルンはカウンターを受ける。カウンターに対しディフェンスに入ったX・アロンソがテイシェイラを後ろから倒しファウルの判定。このファウルで2枚目のイエローカードを提示され退場となってしまった。

    1人少ない状況となったバイエルンはミュラーに代えて、バドゥシュトゥーバーを投入。攻撃の枚数を1枚減らしてきた。

    10人となったバイエルンだが、それでも攻撃の手は緩めない。シャフタールもバイエルンを崩すことが出来ず試合は終了。

    退場者を出したバイエルンは、失点を許さず敵地でスコアレスドロー。3月11日のホームで決着をつけることとなった。

    フットボールチャンネル編集部

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150218-00010004-footballc-socc
    フットボールチャンネル 2月18日(水)6時36分配信
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1424210102/

     
    続きを読む

    2015-02-17_14h30_40
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/02/17(火) 11:00:58.37 ID:???*.net
    ボルシア・ドルトムントのハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOが、バイエルン・ミュンヘンがドルトムントの弱体化を意図的に狙ったと語った。その理由は、ドルトムントの人気にあるという。

    バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOが、ドルトムントMFマルコ・ロイスの契約の解除条項について明かし、冷戦状態となった両クラブ首脳陣は、2015年に入っても関係の改善がみられていない。

    ヴァツケCEOはドイツ『キッカー』のインタビューで、今季の残留争いや取締役としての考えを語った。その中で、「バイエルンがドルトムントの破壊を目指していると話したが、それは計算した発言か」と聞かれると、次のように答えている。

    「考えをまとめないで発言することはほとんどない。だが問題は、言葉が100%正しく報じられないところにある。

    例えば、バイエルンがクラブとしてのドルトムントの破壊を目指しているとは言っていない。私が言ったのは、バイエルンは2012年の我々のチームの破壊を狙ったということだ」

    『キッカー』が「その年にドルトムントがタイトルを獲ったことが理由か」と聞くと、同CEOはこのように続けている。

    「それだけじゃない。我々がバイエルンにとって非常に大きな脅威になったのは、我々に対する一般の意見が非常に好意的だからだ。我々は公の意見をそれほど分極化しないし、比較的イメージが良い。それらをバイエルンが細かく分析したのさ」

    「そして、彼らは(マリオ・)ゲッツェと(ロベルト・)レヴァンドフスキを獲得したことで、我々の心臓部分を2つほど切り取った。彼らが近づいていたドルトムントの選手はあの2人だけじゃないよ」

    今季不振のドルトムントはバイエルンに大差をつけられているが、ルンメニゲCEOは今回のヴァツケCEOの発言に反応するだろうか。また、当時バイエルンが狙っていたほかのドルトムントの選手が誰だったのかも気になるところだ。

    2月17日(火)10時30分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150217-00000002-goal-socc

    ボルシア・ドルトムント日本語HP
    http://www.bvb.jp/
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1424138458/

     
    続きを読む

    tumblr_nj8lpsuVw71u9a091o1_540
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/02/05(木) 18:06:43.46 ID:???*.net
    2月3日に行なわれたバイエルン対シャルケ戦の前半17分。バイエルンのセンターバック、ジェローム・ボアテングが、ペナルティエリア内で犯したファウルにより一発退場となった。

    PKを得たシャルケ。ライン上では両チームの選手たちが位置取りのためにうごめき、審判がそれをコントロールしようとしている。いたってよくあるシーンが繰り広げられていた。

    ふとバイエルンのベンチ前に目をやると、グアルディオラがシュバインシュタイガーを呼び何やら話をしている。一人少なくなった後の戦い方、システムについて話し合いをしていることは想像に難くない。ベンチ前から少し視野を広げると、そこにはPKのプレイに加わらないのであろう、内田篤人が立っていた。

    しばらくすると、内田はゴール前ではなく、バイエルンの話し合いに参加するかのようにそのベンチ前に寄っていった。グアルディオラが「あっちに行け」とばかりに内田の頭をはたく。表情までは見えないが、内田は「てへへ」とでも言いたそうな素振りでその場を去った。ほどなくしてシャルケのチュポモティングが放ったPKは外れた。

    内田がそのときの行動を説明する。「あそこにいたら、(グアルディオラとシュバインシュタイガーの)話が聞こえてきてさ。4-4-1にしようとか話していた。だからベンチに近づいていったら、監督に『ゴー・ホーム!』って言われたよ」

    相手の作戦会議への参加を試み、追いやられたというわけだ。もちろん、本気でスパイをしようとしたわけではない。

    「(グアルディオラは)めっちゃ、笑っていたよ。そういうユーモア、必要でしょ? 日本人にも」振り返った内田はとても嬉しそうだった。

    記者席がちょうどバイエルンベンチの真上にあったため、そのシーンをつぶさに見ることができた。他の日本人選手にはちょっと考えられない余裕と図太さ、そして内田が自ら認めたユーモアの精神に遭遇した、珍しい光景だった。

    2月5日(木)14時0分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150205-00010003-sportiva-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1423127203/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/02/04(水) 06:17:46.31 ID:???*.net
    ブンデスリーガ第19節が4日に行われ、バイエルンと日本代表DF内田篤人が所属するシャルケが対戦した。

    前節はヴォルフスブルクに4失点し今シーズンのリーグ戦初黒星を喫した首位バイエルンは、ホームに4位のシャルケを迎えての一戦。バイエルンは中3日、シャルケは中2日での対戦となった。先発出場した内田は、同試合でブンデスリーガ100試合目の出場を果たした。

    開始17分、シドニー・サムがエリア内に抜け出したところに、ジェローム・ボアテングがファールで止めてPKの判定。J・ボアテングはこのプレーでレッドカードを受けて退場となり、バイエルンが数的不利となった。18分にシャルケは、エリック・マキシム・チュポ・モティングがPKで右下を狙ったが、GKマヌエル・ノイアーが完全に読んでキャッチし、得点とはならなかった。

    19分、エリア手前の正面で落としをもらったサムがシュートを放つが、またもノイアーが弾き出した。
    DFを1人失ったバイエルンは27分に前線のマリオ・ゲッツェに代えてDFダンテを投入。

    バイエルンは38分、右サイドの高い位置でボールを奪ったアリエン・ロッベンが、中央へカットインし左足を振り抜く。得意な形だったがシュートは曲がりきらず枠の左に外れた。前半はこのままスコアレスドローで折り返す。

    シャルケはGKファビアン・ギーファーに代えて19歳のGKティモン・ヴェレンロイターを投入し後半を迎えた。

    65分、エリア内左に抜け出した途中出場のロベルト・レヴァンドフスキが、ライン際でマイナスの折り返しを入れると、ボールは内田に当たりゴールに吸い込まれた。オウンゴールかと思われたが、折り返しの前にラインを割ったとしてCKの判定に。しかし、そのCKにニアサイドでロッベンが頭で合わせてネットを揺らし、バイエルンが先制に成功した。

    だが、その5分後の72分、左CKを獲得したシャルケは、ニアサイドでベネディクト・ヘーヴェデスが頭で合わせてゴール。早くもシャルケが同点に追いついた。

    試合はこのまま終了し、数的有利だったシャルケは先制されるも、すぐさまバイエルンに追いつき1-1の引き分けで終わった。なお、内田はフル出場している。

    シャルケは次節、6日にボルシアMGをホームに迎えて対戦。バイエルンは7日にDF酒井高徳が所属するシュトゥットガルトとのアウェー戦に臨む。

    【スコア】
    バイエルン 1-1 シャルケ

    【スコア】
    1-0 67分 アリエン・ロッベン(バイエルン)
    1-1 72分 ベネディクト・ヘーヴェデス(シャルケ)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150204-00277903-soccerk-socc
    SOCCER KING 2月4日(水)5時51分配信
    2015-02-04_11h24_59
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150204-00277903-soccerk-socc.view-000
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1422998266/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/01/31(土) 06:33:25.90 ID:???*.net
    30日に行われたブンデスリーガ第18節、ヴォルフスブルク対バイエルン・ミュンヘンの一戦は、4ー1でホームのヴォルフスブルクが勝利した。

    前半戦無敗で首位独走中のバイエルンと、勝ち点11差で2位のヴォルフスブルクによる後半戦のオープニングゲーム。試合前、今月10日に交通事故で亡くなったヴォルフスブルクのジュニオール・マランダに満員のスタジアムが黙祷をささげてキックオフとなった。

    開始直後からバイエルンが前に出たが、ヴォルフスブルクが出鼻をくじく。4分、自陣で相手の横パスをカットしてカウンターを発動させると、見事につないでゴール前へ。最後はデ・ブルイネのパスを受けたドストが決めて、1ー0とした。

    その後は守る時間が長くなったヴォルフスブルクだが、前半の終わり方は最高だった。前半アディショナルタイム、低い位置からのFKをペナルティーエリア内に放り込むと、これは相手が先に触ったが、こぼれ球に再びドスト。右足のボレーシュートがゴール右上に吸い込まれて2点差として折り返す。

    このままでは終われないバイエルンは、51分に右サイドバックを務めたローデを下げて、ヴァイザーを投入する。だが、前がかりな意識をヴォルフスブルクに狙われた。

    53分、ヴォルフスブルクが再びカウンターを発動。高すぎる相手のディフェンスラインをアーノルドのスルーパスが切り裂いてデ・ブルイネが敵陣を独走し、そのまま決めた。

    バイエルンは55分、多少の幸運もあってベルナトにゴールが生まれ、すぐに2点差として望みをつなぐ。71分にはゲッツェとピサーロを投入して勝負に出た。

    しかし、再びデ・ブルイネ。73分、またしてもカウンター一発でデ・ブルイネが決めて、勝負を決定づける。

    その後はバイエルンが攻め続けたが、決定機を生かせず、差は縮まらない。試合は4ー1でヴォルフスブルクの勝利に終わった。

    ブンデス前半戦17試合でわずか4失点だったバイエルンは、この試合だけで4失点。2位ヴォルフスブルクとの勝ち点差は依然として8ポイントあるが、優勝への道のりは簡単ではないと再確認する試合となったかもしれない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150131-00000052-goal-socc
    GOAL 1月31日(土)6時30分配信
    2015-01-31_10h55_53
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150131-00000052-goal-socc.view-000
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1422653605/

     
    続きを読む

    no title
     ドイツ紙『ビルト』は17日、バイエルンに所属するオランダ代表MFアリエン・ロッベンが冬季キャンプ地のカタールでワニに噛まれたと報じていた。しかし、どうやらそれは単なるジョークだったようだ。同日付けのイギリス紙『デイリー・ミラー』など各紙が報じている。

     事の発端は、ドイツ誌『TZ』がロッベンに対し「包帯を巻いている左手はどうしたのか」と質問したところ、笑顔で「ビリヤードのポケットから球を取り出そうとしたら、ワニに噛まれたんだ」と説明。当然、ビリヤード台にワニが生息しているはずはない。しかし、『ビルト』が「バイエルンのスター、ロッベン『僕はワニに噛まれた』」と報じると、話題となってしまった。

     実際のところロッベンは、ウエイトトレーニングを行っており、その最中に左手を痛めてしまったようだ。しかし重症には至らなかった様子で、人差し指、中指、薬指を包帯で巻いていたものの、同日サウジアラビアに移動して行われたアル・ヒラルとの親善試合にも出場している。

     単なるジョークが話題を呼んでしまうのも、ロッベンがスターである証かもしれない。
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ