海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:バッカ

    1:動物園φ ★:2017/10/20(金) 00:15:25.00 ID:CAP_USER9.net
    10/20(金) 0:10配信
    theWORLD(ザ・ワールド)

    個人的なレベルでは好調だったが……

    今夏の移籍市場で、ACミランからビジャレアルへレンタル移籍したコロンビア代表FWカルロス・バッカが、イタリアでの2年間を振り返った。

    2012年1月に母国を離れ、欧州挑戦を決断したバッカはベルギー1部のクラブ・ブルッヘに移籍。最初の半年間こそ苦労したものの、翌2012-13シーズンは主力として活躍した。リーグ戦35試合に出場して25ゴールを挙げ、得点王や年間最優秀選手賞にも輝いている。するとバッカに目をつけたセビージャが2013年夏に獲得。2シーズンで108試合に出場して49ゴールを記録し、ヨーロッパリーグの2連覇に貢献した。

    欧州挑戦で数々のタイトルを獲得し、トッププレイヤーへの階段を着実に登っていたバッカ。2015年7月に、満を辞して復活を目指すミランへ移籍した。加入初年度からセリエAで全38試合に出場し18ゴールと、個人としては申し分ない成績を残したが、チームは7位と結果が振るわず。2年目の昨季はなんとか6位に滑り込み、ヨーロッパリーグの出場権を獲得したが、指揮官との確執などが噂されており、バッカは満足のいくシーズンが送れなかったようだ。

    コロンビア『W RADIO』のインタビューに応じると、当時についてバッカは「ミランで過ごしたシーズンは、個人的なレベルでは好調だったよ。僕は与えられていた目標も達成することができていたしね。でも、もっと活躍できたかもしれない。監督やチームの助けがあればね。でも残念ながら、僕がいたミランは史上最悪のミランだった」とコメント。ただ「ミランがヨーロッパの舞台へ戻れたことが、僕は幸せだった。セビージャを離れる際に掲げた目標だったからね。復帰に貢献することができたし、顔を上げてチームを去ることができたよ」とも述べている。

    バッカにとって、ミラン時代は苦い思い出となってしまったかもしれない。ビジャレアル加入がレンタルのため、来季以降にミランへ復帰する可能性もゼロではないが、その選択肢を本人自ら選らぶことはなさそうだ。
    2017-10-20_07h30_59
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171020-00010000-theworld-socc
    続きを読む

    1:pathos ★@\(^o^)/:2016/11/26(土) 18:59:14.78 ID:CAP_USER9.net
    セビージャで出場機会を失っている清武。クラブはEU圏外枠をあけて新たな選手の獲得を目指す?

    セビージャが来年1月の移籍市場でストライカーを獲得するために、日本代表MFの清武弘嗣を放出する可能性がある。

    先日『Goal』では、ホルヘ・サンパオリ監督が清武を放出する意向をほぼ固めていると紹介した。指揮官は以前からストライカーの獲得を熱望している。要請を受けたセビージャは獲得候補をピックアップしたが、そのほとんどがEU圏外枠の選手だったため、同枠を埋めている清武が放出される運びになるという構図だ。

    さらにスペイン紙『マルカ』によると、セビージャはミランのコロンビア代表FWカルロス・バッカを獲得候補者の一人として挙げているという。清武の主戦場である2列目のポジションにはサミール・ナスリやガンソといったトッププレーヤーがいるため、クラブは「清武なしでも十分に層が厚い」(マルカ紙)と考えている。一方、最前線に関しては早くから補強の必要性が叫ばれ、実際にサンパオリ監督は新しい選手を迎えたい意向を示している。

    冬の移籍市場が開くまでまだ1カ月以上あるが、主力プレーヤーの負傷が相次いだり、少ないチャンスの中で劇的な活躍を見せたりしなければ、清武がセビージャを離れる現実味はさらに増していきそうだ。
    73kx
    http://www.goal.com/jp/news/73/1/2016/11/25/29870032/1
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/09/17(土) 07:27:54.27 ID:CAP_USER9.net
    サンプドリア 0-1 ミラン セリエA 第4節

    イタリア・セリエA第4節が現地時間の16日に行なわれ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランはアウェイでサンプドリアと対戦。バッカの終盤のゴールで辛勝している。

    ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督からの信頼を獲得できない本田はサンプドリア戦でもベンチスタート。指揮官は前線にスソ、ラパドゥーラ、ニアンを起用する。

    前半ペースを掴んだのはサンプドリア、FWルイス・ムリエルを中心にミランのゴールマウスに迫っていくがGKジャンルイジ・ドンナルンマが瀬戸際で防ぐ。そのまま前半はスコアレスで終了する。

    なかなか得点を奪えないミランはソサに替えて18歳MFマヌエル・ロカテッリを投入する。直後の59分には右サイドからスソが強烈なミドルシュートを放つも、ここはGKヴィヴィアーノがキャッチする。

    64分にはラパドゥーラに替えてモンテッラ監督と口論をしたと報じられたFWカルロス・バッカが投入される直後の66分にはボナベントゥーラのドリブルからバッカにチャンスが巡るも、ここは枠を捉えられない。続く70分にはサンプドリアのMFバレートがクロスに合わせてゴールを揺らすも、ここはオフサイドの判定。

    しかし85分、今度こそエースFWバッカが決める。サンプドリアのバックパスミスを奪ったミランはスソがスルーパスを放つ。これに抜けだしたバッカが冷静にゴール右に流し込んだ。

    終盤の一点を守り切ったミランが1-0で3試合ぶりに勝利。モンテッラ監督はゴール直後にスソに替えてDFグスタボ・ゴメスを投入。守備固めで3枚目の交代枠を使い、本田に出番は回ってこなかった。

    【得点者】
    85分 0-1 バッカ(ミラン)

    フットボールチャンネル
    20160917_Bacca_Getty-560x373
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160917-00010002-footballc-socc
    フットボールチャンネル 9月17日(土)5時41分配信

    http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2016/ita/ita-10931196.html
    試合スコア
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/09/16(金) 20:54:07.59 ID:CAP_USER9.net
    モンテッラ監督はオフ・ザ・ボールの動きが乏しいバッカに改善を要求するも

    日本代表FW本田圭佑の所属するACミランで内紛が勃発した。ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が運動量の少ないエースストライカーFWカルロス・バッカを叱責したところ、口論に発展。バッカは次節サンプドリア戦でスタメン落ちとなる可能性が浮上している。イタリア衛星放送「スカイ・イタリア」が報じた。

    2連敗で15位に低迷するミランの練習場ミラネッロで事件が起きた。サンプドリア戦を控える練習でモンテッラ監督はオフ・ザ・ボールの動きが乏しいストライカーに改善を要求。「もっとボールに触る回数を増やしたい」というバッカに対し、指揮官が「ボールに触る前にもっと動け」と返し、口論に発展したという。

    スカイでは「ヴィンチェンツォ・モンテッラとカルロス・バッカの間で、強烈かつ白熱した対立が起こった」とレポートしている。

    バッカは昨季リーグ戦で得点ランク3位の18ゴールを決めており、チームの得点源として存在感を放った。高い決定力を誇る一方、運動量に乏しく、ペナルティエリアや相手の最終ラインにへばり付く傾向が見られ、フィニッシュ以外の場面で貢献度は低い。そうした課題を抱えるなか、モンテッラ監督は改善を求めたが、バッカはこれを拒否した模様だ。

    代役や昨季セリエB得点王。バッカは放出も

    今夏、バッカはチャンピオンズ・リーグ出場クラブへの移籍を希望し、アーセナルとアトレチコ・マドリードからのオファーを待っていたが、打診は届かなかった。ウェストハムからのオファーには断りを入れ、最終的にミランに残留した経緯がある。

    昨季終盤にもクリスティアン・ブロッキ前監督の途中交代命令に激怒し、試合中のサンシーロから自宅に直帰するというトラブルを起こしていた。

    バッカの代役として、昨季セリエB得点王のFWジャンルカ・ラパドゥーラが先発する可能性が浮上している。今回の口論が発端となり、バッカは来年1月の移籍市場で放出されるかもしれない。
    2016-09-16_21h22_30
    Football ZONE web 9月16日 16時30分
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160916-00010011-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2016/08/22(月) 03:16:53.22 ID:CAP_USER9.net
    ACミラン 3-2 トリノ

    1-0 カルロス・バッカ(前半38分)
    1-1 アンドレ・ベロッティ(後半3分)
    2-1 カルロス・バッカ(後半5分)
    3-1 カルロス・バッカ(後半17分)
    3-2 ダニエレ・バセリ(後半46分)

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/10931166


    ミラン白星発進 本田圭佑は開幕戦出番なし
    日刊スポーツ 8月22日(月)3時1分配信

    <セリエA:ACミラン3-2トリノ>◇21日◇ミラノ

    セリエAが開幕し、ACミランの本田圭佑(30)はベンチ入りしたものの、出番がなかった。試合はACミランが勝った。
    news_slider_196919_1
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160822-00000009-nksports-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/07/16(土) 10:54:41.08 ID:CAP_USER9.net
    ACミランのコロンビア代表FWカルロス・バッカは、移籍金3000万ユーロ(約35億円)でのウェストハム移籍でクラブ間合意に達していたが、これを拒否。

    中国企業への身売り交渉の遅れから資金調達に苦しんでいるミランは新戦力の補強費にバッカ売却益を見込んでいたが、移籍市場で苦境に追い込まれている。イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

    昨季リーグ戦18ゴールを決め、得点ランク3位に入ったバッカはウェストハムと契約交渉を続けてきたが、代理人は「交渉は決裂した」との声明を発表したという。

    バッカはUEFAチャンピオンズリーグでのプレーを希望しており、第1希望はアトレチコ・マドリード、第2希望はアーセナルだとレポートされている。

    ミランは中国企業への身売り交渉が遅れているため、新たな補強を行うにはエースのバッカを売却して資金を調達しなければいけない経済的な苦境に立たされている。ビジャレアルDFマテオ・ムサッキオの獲得に迫っているが、移籍金が欠如しており、交渉が進んでいない。

    ミランは昨季セリエB得点王のラパドゥーラを獲得したが、大物の補強は果たせていない。バッカ売却時の35億円を補強費に当て込んでいたミランは、苦しい状況に立たされている。
    2016-07-16_11h35_22
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160716-00010003-soccermzw-socc

    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/07/11(月) 13:51:12.68 ID:CAP_USER9.net
    イタリア1部リーグの名門で日本代表FW本田圭佑(30)の所属するACミランがチーム再建に向けて動きだした。

    地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」などによると、昨季18ゴールを挙げたチーム得点王のFWカルロス・バッカ(29)がウェストハム(イングランド)に移籍することでチーム間合意に達した。移籍金は3000万ユーロ(約33億3000万円)が見込まれているが、まさかのエース放出もチーム改革の第1弾にすぎない。

    ミランは、中国の投資家グループに約800億円でチームを売却する方針を固めており、新体制では今後2年間で4億ユーロ(約444億4000万円)の資金をつぎ込み新戦力を獲得する予定。10番を背負う本田は残留が濃厚と言われるが、世界的ビッグネームが加入すれば、エースナンバーとポジションを失いかねない。

    もちろん、開幕に向けてチームの構築を急ぐビンチェンツォ・モンテラ新監督(42)の構想から外れる可能性もある。本田も自身の去就について「わからない」と話している。8日に始動したばかり。今後の合宿やチームの編成次第では放出候補に浮上するが…。

    http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/soccer/564212/
    2016年07月11日 11時30分

    放出が決まったバッカ
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/07/06(水) 18:03:24.15 ID:CAP_USER9.net
    アトレティコ・マドリードが、日本代表FW本田圭佑のミランに所属するコロンビア代表FWカルロス・バッカの獲得に動いていることが明らかになった。5日付のスペイン紙『アス』などが報じている。

    同紙によると、アトレティコ・マドリードのテクニカル・ディレクターを務めるアンドレア・ベルタ氏がミラノを訪問。バッカ獲得に向けた交渉を完了させることが目的であると推測されている。

    アトレティコ・マドリードは移籍金として2500万ユーロ(約27億7500万円)を準備。バッカに対しては年俸380万ユーロ(約4億2000万円)の契約を提示する方針だという。

    アトレティコ・マドリードは今夏の移籍市場でストライカーの獲得を画策。チェルシーのスペイン代表FWジエゴ・コスタやパリ・サンジェルマンのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニらにも関心を示したが、契約成立は厳しいと見込まれている。そこで、2014-15シーズンのセビージャ在籍時代に、リーガ・エスパニョーラ37試合出場20ゴールを記録したバッカに白羽の矢を立てたようだ。

    バッカは2年ぶりのリーガ・エスパニョーラ復帰となるのか。今後の展開に注目が集まる。
    2016-07-06_19h02_34
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160706-00465321-soccerk-socc
    続きを読む

    2016-05-04_20h00_22

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/05/04(水) 18:19:08.51 ID:CAP_USER9.net
    来シーズンのヨーロッパリーグ(以下EL)出場権を逃した場合、ミラン(イタリア)は主力のFWカルロス・バッカとMFジャコモ・ボナヴェントゥーラを失う可能性があるようだ。伊サイト『calciomercato.com』が現地時間3日に伝えている。

    ミランは前週末のフロジノーネ戦でドローに終わったことで、セリエA7位に転落。コッパ・イタリアで優勝するか、セリエA6位以内でシーズンを終えなければ、またも欧州カップ戦のないシーズンを過ごすことになる。

    『calciomercato.com』によれば、来季のEL出場権を逃した場合、バッカとボナヴェントゥーラは新たなクラブを探すという。

    今季のセリエAでチームトップの16ゴールを挙げているバッカには、来季からバイエルン(ドイツ)を率いるカルロ・アンチェロッティ監督が、かねてより関心を寄せている。同監督はレアル・マドリー時代にも、当時セビーリャ(以上スペイン)でプレーしていたこの点取り屋の獲得を望んでいた。

    バイエルンではFWロベルト・レヴァンドフスキに退団の可能性もあり、アンチェロッティ監督はバッカの加入を望んでいる。選手側も、あらゆるオプションを検討する構えで、退団の可能性も除外していない。バイエルンは3500万~4000万ユーロ(約43億円~49億1000万円)程度のオファーを提示すれば、ミランを説得することは可能だと目されている。

    現行の契約が2019年までとなっている、攻撃の中心ボナヴェントゥーラ。クラブはサラリー倍増での契約延長オファーしているようだが、選手側は新契約にまだサインしていないとのこと。

    ボナヴェントゥーラにはアトレティコ・マドリー(スペイン)やチェルシー(イングランド)が強い関心を寄せているが、ミランはメガオファーが届いた場合のみ、売却を検討するようだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160504-00000019-ism-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/27(水) 23:12:48.05 ID:CAP_USER9.net
    “造反のエース”がミラン加入1年持たずに移籍志願 加入時の移籍金38億円で放出可能か

    リーグ3位の15得点を決めるバッカ バイエルン行きの噂も浮上

    ACミランのコロンビア代表FWカルロス・バッカが、今季限りで退団を希望していることが明らかになった。イタリア地元紙「コリエレ・デロ・スポルト」が報じている。

    バッカは今季セビージャから3000万ユーロ(37億5000万円)の移籍金で加入した。

    今季リーグ3位タイの15得点を決めるなど、現在6位のミランのエースとして結果を出しているが、21日のカルピ戦(0-0)で途中交代を命じられたことで激怒。

    交代でピッチに入ったFWジェレミー・メネズと握手もせず、ベンチにいたGKクリスティアン・アッビアーティと口論を演じ、試合終了前にサン・シーロを去るという問題行動に出て、クリスティアン・ブロッキ監督から批判された。

    その後、インスタグラムでサポーターや同僚に謝罪するに至っているが、「バッカとミランの”ビッグ・ラブ”は終わった。このFWは出て行きたい」と、記事では伝えられている。

    度重なる監督交代など凋落のミランとコロンビアのストライカーの蜜月は、1シーズンも続かなかったとされている。

    「バッカは国外のチームに行く意思を伝えた。ミランは放出を受け入れるが、移籍金は3000万ユーロを要求する」と、記事ではバッカがクラブに移籍志願を済ませているとレポート。

    今季100億円規模の赤字を見込んでいるミランは、獲得時と同額の移籍金を要求する方針だという。

    バッカに関しては、来季バイエルンを指揮する名将カルロ・アンチェロッティ氏が高く評価しているとレポートされており、ドイツ王者も移籍先候補に浮上している。

    ワールドクラスのスター不在のミランで唯一のビッグネームが、問題山積の”泥舟”ミランから旅立つ日が近づいているのかもしれない。

    Soccer Magazine ZONE web 4月27日(水)23時1分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160427-00010017-soccermzw-socc

    写真
    20160427-00010017-soccermzw-000-view
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1461766368/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ