海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:バルセロナ

    1: ほニーテール ★ 2020/07/07(火) 11:06:22.28
    FCバルセロナは、1週間前に来シーズンのユニホームを発表し、7月8日(水)にカンプ・ノウで行われるバルセロナダービーとなるエスパニョール戦で着用する予定だったが、製造の欠陥によってそれが実現しないようである。

    そして、これによってクラブは金銭的な損失を被ることになるだろう。 それゆえに、バルサは、ユニホームのスポンサーであるNIKEに対して、損失を補填させる計画を進めている。 新しいユニホームは、もう少しで発売というところまで来ていたが、製造上の欠陥により汗もしくは洗濯によって色落ちしてしまうと『SPORT』が報じている。

    バルサは、この欠陥によって被ることになる損失については明かしていないものの、オフィシャルストアは、実店舗とオンラインストアでの営業をすでに始めている(未だに観光客は少ないものの)。そして、新シーズンのユニフォーム販売ができないことでクラブの収入において重要な割合を占めるグッズ販売に大きな影響を及ぼしている。

    バルサとナイキは、2028年までの契約を結んでおり、ナイキは、ユニフォームを含むバルサの公式製品の製造と供給を担っている。
    2020-07-07_15h27_19
    https://news.yahoo.co.jp/articles/bc7663256c156796e9ca2041e03b4110fd9eeedc

    続きを読む

    1: ほニーテール ★ 2020/07/07(火) 11:09:17.56
    バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は、VARがレアル・マドリーを優遇していることをほのめかしている。5日のラ・リーガ第34節アスレティック・ビルバオ対レアル・マドリー(0-1)では、マドリーがVAR介入によるPKから決勝点を奪いながらも、アスレティックがVARの介入なくPKを見逃されたと騒動に。さらにバルセロナはアウェーでのビジャレアル戦(4-1)で、メッシのゴールがVARによって取り消された。

    バルトメウ会長はこのビジャレアル戦直後、スペイン『モビスタール・プルス』とのインタビューで、VARについて次のような見解を述べている。「VARは全員が望んでいたようなものになっていない。自主隔離が終わった後、多くの試合で公平なものではなくなっており、いつも同じチームが恩恵を受け、同じチームが害を被っている。VARは審判を助けるためのものとなるべきだが、最近の試合ではしっかりと活用されていない」

    同会長はまた、FWリオネル・メッシがバルセロナと2021年まで結ぶ契約の延長に躊躇しているとの報道にも言及。メッシにはバルセロナで現役を終える意志があることを強調した。「詳細について話すことはないが、レオ・メッシはバルサで選手生命を終えたいと何度も行ってきた。現在、私たちはリーガに集中しており、その後にはチャンピオンズに臨むことになる」
    2020-07-07_11h50_34
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9f2e991d45ab57c28960853a15ee77efc94e06af

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/06/30(火) 09:34:16.92
    バルセロナのFWリオネル・メッシがクラブの“ナンバー2”を公然と無視していたことが分かった。スペイン『マルカ』など複数メディアが報じている。

    バルセロナは27日、リーガ・エスパニョーラ第32節でセルタのホームに乗り込んだ。同紙は「完全な決裂」と見出しを打ち、この試合で『モビスター』のカメラがとらえたシーンに注目している。

    メッシは飲水タイム中、キケ・セティエン監督の右腕であるエデル・サラビア助監督から声をかけられた。しかし、聞こえないふりをして水を飲みながら人の輪から離れ、何かをつぶやいてピッチの方へ。その後、ボトルを置きに戻った際にもサラビア助監督から話しかけられたが、再び無視して立ち去った。

    同紙は「コーチングスタッフとドレッシングルームの重鎮たちの関係悪化がうかがえる場面だ」とレポートしている。

    バルセロナは下位セルタを相手に2度のリードを守れず、2-2で試合終了。同勝ち点だった首位レアル・マドリーが翌日に勝利を収めたことで、2ポイントの開きが生じてしまった。

    同紙によると選手たちは試合後、セティエン監督の采配に対して不満の声を上げたという。2ゴールのFWルイス・スアレス、有望株のMFリカルド・プーチの途中交代に関するものと見られている。バルセロナが痛恨の同点弾を献上したのは、2人が下がった後の終了間際だった。

    戦術的な決定をめぐって選手たちと指揮官が対立するのはこれが初めてではなく、以前から確執が噂されている。首位レアルとは残り6試合で勝ち点2差。リーガ3連覇に向け、一枚岩になれていない現状が改めて浮き彫りとなった。

    6/30(火) 7:24 ゲキサカ
    2020-06-30_10h06_49
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0c958bfedcc00edc974aaa6ab80dc6169888a4f5

    続きを読む

    depression-4782718_640

    2: 風吹けば名無し 2020/06/25(木) 01:23:30.51
    デヨングがいるから…

    5: 風吹けば名無し 2020/06/25(木) 01:24:17.26
    アルトゥールとピアニッチをトレードしようとする狂気

    9: 風吹けば名無し 2020/06/25(木) 01:24:38.35
    ファティとデヨングとデンベレを信じろ

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2020/06/25(木) 19:40:53.52
    ビラ氏は、バルセロナが久保を引き留める気がないことに気づいた時、同選手が泣き出してしまったと明かし、またレアル・マドリーに獲得を許したのは大きな間違いだったとも認めている。
    2020-06-25_20h16_55
    https://news.yahoo.co.jp/articles/32ab0145c2c34be85cf435c1208cf6caa9f51afe

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/06/22(月) 12:55:58.29
    no title

    アンス・ファティの獲得にはワールドレコード更新級の移籍金が必要か

    アルゼンチン代表FWリオネル・メッシやヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタら、数々の優秀な選手を排出してきたバルセロナのアカデミー。その“最新作”とも呼ぶべきなのが、U-21スペイン代表MFアンス・ファティだ。そのファティについて、獲得を試みる場合は史上最高額となる3億5500万ポンド(約469億円)が必要になると、英紙「デイリー・エクスプレス」が報じている。

    ファティは今季、クラブ史上2番目の若さでトップチームデビューを果たした逸材。下部組織時代には、マジョルカの日本代表MF久保建英ともチームメートだった。今季リーグ戦ではここまで17試合5得点を記録している。

    そんなファティには各国のビッグクラブから熱視線が注がれているが、本人は移籍に前向きではないとも報じられている。そのなかでもユナイテッドは熱心に動向を追いかけているという。

    しかし、この移籍を実現させるハードルは前例がないほど高いようだ。「デイリー・エクスプレス」は「マンチェスター・ユナイテッドはバルセロナの新星を手に入れるためにはワールドレコードが必要だと警告された」として、ファティ獲得に向けた“障害”について伝えている。

    「ユナイテッドは、バルセロナのワンダーキッドであるファティ獲得のためには史上最高額となる3億5500万ポンドを費やす必要があると伝えられたようだ。バルサ下部組織の最新作であり、サッカー界の次世代のスターであるファティを、ユナイテッドは追い続けている」

    記事によると、ユナイテッドは当初1億3500万ポンド(約178億円)での獲得を目論んでいたが、バルセロナは断りを入れ、どのようなオファーも受け付けない構えを取っているという。そのなかで唯一の交渉成立の可能性が、前述のように新記録をとなるほどの移籍金となっているようだ。

    今夏は各チームが新型コロナウイルスの影響を受け、移籍金を伴う移籍も鈍化が予想されるだけに、記録的な移籍金でファティにオファーを出せるクラブは、ユナイテッドを含めてほぼ存在しないのかもしれない

    6/22(月) 8:40 フットボールゾーン
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5c6312c0b7b3a0b6c4cc33e70e5626925ba9ec40

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/06/20(土) 01:26:33.91
    バルセロナの社会裁判所は19日、パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールに対し、670万ユーロ(約8億円)を前所属先のバルセロナに支払うことを命じた。なお、ネイマールはこの判決に対して上訴できるとのことだ。

    バルセロナは2017年8月、PSGに移籍したネイマールに対し、賠償金として850万ユーロ(約10億2000万円)の支払いを要求していた。その理由としては2016年10月に2021年までの契約延長にサインしたにも関わらず、その数カ月後に一方的な契約の打ち切りをネイマールが行ったためだ。

    一方でPSG移籍後に、契約延長ボーナスとして設定されていた2600万ユーロ(約33億4000万円)の支払いをバルセロナに求めていたネイマールの訴えは却下され、バルセロナ側が全面的に勝利する判決が下される格好となった。

    6/19(金) 23:30 超ワールドサッカー
    2020-06-20_09h01_07
    https://news.yahoo.co.jp/articles/120aec715060ab4a182fc4d5b9e64d8a2b8c8c1c

    続きを読む

    philippe-coutinho-barcelona_1tgm5ch3kzczl1ql5e1v57k10q

    1: 風吹けば名無し 2020/06/19(金) 12:13:18.53
    どっかないんか

    340: 風吹けば名無し 2020/06/19(金) 12:57:34.07
    >>1
    ロサンゼルスFC

    2: 風吹けば名無し 2020/06/19(金) 12:13:37.59
    神戸

    続きを読む

    61spJ5oAviL._AC_SX466_

    1: 名無しさん@おーぷん 20/06/16(火)20:30:06
    デンベレ「136億円+55億円のボーナス!」

    グリーズマン「146億円+罰金3万!」

    コウチーニョ「163億+出来高で57億!」

    つっよ

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/06/17(水) 18:30:26.93
    16日のレガネス戦で先制点を決めて今季リーグ5得点目を記録

    バルセロナでプレーする17歳のU-21スペイン代表FWアンス・ファティが、現地時間16日のリーガ・エスパニョーラ第29節レガネス戦(2-0)の前半42分に7試合ぶりのゴールを決めた。今季リーグ戦5得点目で、元スペイン代表FWボージャン・クルキッチに続く今世紀第2位となるゴール記録を打ち立てた。

    0-0で迎えた前半42分、バルセロナは左サイドバックのDFジュニオル・フィリポが高い位置で粘って中央のファティへつないだ。密集地帯でパスを受けた17歳はワントラップからそのまま素早く右足を一閃。狙いすましたシュートでゴール右隅のネットを揺らした。

    ファティは2ゴールを決めた2月の第22節レバンテ戦以来となる得点で、今季5得点目を挙げた。データ分析会社「オプタ」によれば、17歳229日でのリーガ通算5得点到達は21世紀で史上2番目の若さだという。最年少記録を持つのはバルサの先輩FWボージャン(現モントリオール・インパクト)で、記録は17歳201日。新型コロナウイルスのパンデミックがなければ記録更新を果たしていた可能性も十分にあった。

    バルセロナの下部組織出身で、日本代表MF久保建英(マジョルカ)らとともにプレー。昨年8月に16歳でトップデビューを飾っていた。まだ17歳だが、確実に結果を残すファティは、近年は大型補強が目立つバルサにあって貴重な生え抜き選手として大きな注目を浴びている。

    スペイン紙「スポルト」によれば、マンチェスター・ユナイテッドから1億5000万ユーロ(約183億円)のメガオファーがあったが、クラブが放出を断固として拒否する姿勢を貫いている。メッシら30歳を超えるベテラン勢の後継者として、今後のさらなる活躍が期待される。
    2020-06-17_20h47_36
    https://news.yahoo.co.jp/articles/eca8e38071ea21467492a0822c13d6ead16eeed6
    6/17(水) 18:20配信



    https://www.youtube.com/watch?v=ZqmKVuOLH54


    バルセロナ、メッシ&17歳ファティのゴールで2-0勝利。レガネス下して首位キープ

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ