海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:バルセロナ

    1:Egg ★:2018/10/17(水) 06:42:39.58 ID:CAP_USER9.net
    バルセロナは16日、2019年夏に日本と中国でプレシーズンツアーを行うとクラブ公式サイトで発表した。

    約3年半ぶりの来日が決まった。バルセロナが最後に来日したのは2015年12月で、日本で開催されたクラブ・ワールドカップに参戦し、3度目のクラブ世界一に輝いていた。プレシーズンツアーとしての来日は2007年以来、12年ぶり。同年8月7日に日産スタジアムで横浜F・マリノスと親善試合を行い、1-0で勝利していた。

    バルセロナは楽天株式会社と2017-18シーズンから4年間のグローバル・スポンサー契約を締結。2016年11月16日に行われた契約発表会見に出席した楽天の三木谷浩史代表取締役会長兼社長は、日本で毎年1試合の親善試合を開催することを明かしていた。

    親善試合などの詳細はまだ明かされていないが、楽天が親会社のヴィッセル神戸と対戦する可能性もあり、バルセロナに22年間在籍した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの古巣対決が実現するかもしれない
    2018-10-17_11h35_19
    10/17(水) 5:51配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181017-00848690-soccerk-socc
    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/10/13(土) 17:48:28.47 ID:CAP_USER9.net
    10/13(土) 17:36配信 デイリースポーツ

    スペイン1部リーグ、バルセロナのFWリオネル・メッシが早ければ2020年にチームを去る取り決めがなされているという。バルセロナを中心に展開するスペインのスポーツ紙エル・ムンド・デポルティボが伝えている。

    同紙によるとメッシとバルセロナとの契約は2021年までだが、欧州の強豪クラブ以外であれば2020年に移籍金なしでチームを移ることができる特記事項を設けているという。この点ではカタールのアル・サッドへ移ったMFシャビ、神戸を新天地に選んだMFイニエスタといったかつてチームの象徴として活躍した先輩の例が想定されていると考えられる。

    同紙によると現契約を満了すれば34歳を迎えるメッシにもう1、2年の契約更新を打診する意向があるという。
    2018-10-13_20h05_01
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00000103-dal-socc
    続きを読む

    1:アルテミス@ ★:2018/09/27(木) 11:09:44.43 ID:CAP_USER9.net
    ラ・リーガは26日に第6節が行われ、バルセロナはレガネスに1-2と敗れた。

    前節ジローナと引き分け、開幕からの公式戦連勝が「5」でストップしたバルセロナ。敵地で勝利を取り戻したい一戦で、バルベルデ監督はローテンションを採用。スアレスらを温存し、ムニルを今季初めて起用した。

    バルセロナは12分に先制。ドリブルで運んだメッシのラストパスをコウチーニョがエリア外で受けると、トラップは浮いてしまったものの、落ち際をダイレクトシュート。強烈なミドルがネットに突き刺さった。

    その後も優位に試合を進めたバルセロナだったが、後半開始早々に厳しい状況に追い込まれる。52分にロングパスでSBの裏を突かれると、クロスをエル・ザルに押し込まれて同点に追いつかれる。すると再開直後の53分、中盤でボールを奪われると、ロングパスに抜け出される。ピケが追いついたものの、クリアミスがエリア内に走り込んだオスカルの元へ飛び、ダイレクトで押し込まれた。

    あっという間に逆転を許してしまったバルセロナは、その後ボールを支配して相手を攻め続ける。しかし、11人全員が自陣で守備をするレガネス相手に苦戦し、なかなかブロックを崩せない。

    結局ボール支配率「77%」を記録したものの、ゴールをこじ開けることはできず。1-2で敗れた。

    バルセロナにとって、これが今季初黒星に。ここまで1分4敗と最下位に沈んでいたレガネス相手に、不用意な失点の代償を支払うこととなった。
    2018-09-27_14h31_14
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180927-00000028-goal-socc
    続きを読む

    1:casillas ★:2018/09/24(月) 16:59:12.96 ID:CAP_USER9.net
    バルセロナのスペイン代表MFセルヒオ・ブスケツとチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の判定に対して不満を述べている。スペイン紙『マルカ』が23日付で両選手のコメントを伝えた。

    バルセロナは、23日のリーガ・エスパニョーラ第5節でジローナと対戦し、2-2のドローに終わった。この試合では35分にフランス人DFクレマン・ラングレが相手選手への肘打ちでビデオ判定を経て一発退場に。

    数的不利に陥ったバルセロナは一時逆転を許すなど苦戦を強いられた。ターニングポイントとなったラングレの退場について、ブスケツはVARを用いた判定が適切ではなかったと主張している。

    「接触はあったかもしれない。それは映像を見れば分かるだろう。ただ、ボールは地面にあったんだ。ラングレの動作は自然なものだった。故意にやったことじゃない。ラングレは相手選手を見ていない。むしろ、ジローナの選手は謝罪していたよ。彼がファールを犯していたからね。VARは、同じ基準で、正しく使われなければならない」

    また、ビダルも今回の判定に対してを納得していない様子だ。同選手はVARについて“注文”をつけている。

    「このようなことというのは起こらないものだ。なぜなら、試合の結果を決定してしまうのだから。僕たちもビデオであのプレーを見たよ。VARは手助けをするべきであって、害を与えるべきではないと僕は思う」
    2018-09-24_21h04_20
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180924-00837782-soccerk-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/09/03(月) 05:30:35.33 ID:CAP_USER9.net
    9/3(月) 3:33配信
    バルサ、大量8得点で無傷の開幕3連勝! メッシ&スアレスが2ゴール

    リーガ・エスパニョーラ第3節が行われ、バルセロナとウエスカが対戦した。バルセロナはホームでウエスカを8-2で下し、シーズン開幕から無敗をキープしている。次節、バルセロナはレアル・ソシエダと、ウエスカはラージョ・バジェカーノと対戦する。

    【スコア】
    バルセロナ 8-2 ウエスカ

    【得点者】
    バルセロナ:メッシ(16分)、オウンゴール(24分)、スアレス(39分)、デンベレ(48分)、ラキティッチ(52分)、メッシ(61分)、アルバ(81分)、スアレス(90+3分/PK)
    ウエスカ:エルナンデス(3分)、ガジャル(42分)

    【スターティングメンバー】
    バルセロナ(4-3-3)
    テア・シュテーゲン:S・ロベルト、ピケ、ユムティティ(65分 ラングレ)、アルバ:ラキティッチ(71分 ビダル)、ブスケツ(76分 アルトゥール)、コウチーニョ:メッシ、スアレス、デンベレ

    ウエスカ(4-4-2)
    ウェルネル:プリード、エチェイタ、ミラモン、ルイジーニョ:ムスト、メレロ、ガジャル(65分 セメド)、ゴメス:ロンゴ(58分 ギュルレル)、エルナンデス(72分 アビラ)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180903-00824059-soccerk-socc

    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/09/01(土) 19:01:22.93 ID:CAP_USER9.net
    バルセロナに所属する元スペイン代表DFジェラール・ピケが逮捕されたようだ。スペイン紙『マルカ』が報じている。

    ピケは、8月31日の午後3時頃にスペイン国内で車を運転。しかし、警察に車両を止められ、免許証の提示を求められたところ、以前の違反によって免許停止中だったため、有効な免許証を提示できなかったと同紙は報じている。

    また報道によるとピケは今後、裁判所で審議を受け、有罪となった場合、6か月間の懲役に加え、28万8000ユーロ(約3700万円)の罰金もしくは90日間の奉仕活動を科される可能性があるようだ。
    2018-09-01_19h37_30
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180901-00823695-soccerk-socc
    続きを読む

    takefusa

    1:Egg ★:2018/08/27(月) 20:13:55.51 ID:CAP_USER9.net
    ついに“天才少年”が覚醒した。J1横浜MのMF久保建英(17)は26日に2―0と勝利した神戸戦で先制弾となるJ1初ゴールを決めた。元日本代表FW森本貴幸(現J2福岡)が2004年の東京V時代に15歳11か月28日で決めたのに次ぐ史上2位の年少記録となったが、そこは世界進出に向けた苦悩があった。

    スペイン1部バルセロナ下部組織出身の久保は、後半11分に、ゴール前で右からのクロスを受けると、絶妙なボールコントロールから左足を振り抜いた。元バルセロナのMFアンドレス・イニエスタ(34)の前で勝利に導く得点を決め「ほっとしている。結果を残せたのはサッカーの神様がいるんじゃないかと思った」と息をついた。

    待望のJ1初ゴールとなったが、久保は昨年11月に突然、FC東京とプロ契約を締結した。同10月のU―17W杯に出場した際、同世代の海外選手たちが活躍する姿に大きな刺激を受けたもので「プロの主軸でやっている選手が何人もいる。自分も危機感を感じた」とより厳しい環境に身を置くことを決意した。

    トップチームの練習に参加するため、通っていた全日制の高校を辞めて通信制に転校。体を大きくしようと、あえて大量の食事と牛乳も摂取し続けている。今年8月に横浜M移籍を直訴したのも、出番のないFC東京では成長できないとの焦りを感じたからこそ。いずれも世界で活躍するための妥協なき行動で今回のJ1初ゴールもその第一歩にすぎないわけだ。

    国際移籍が可能となる18歳になれば、古巣のバルセロナ復帰が確実視されるが、活躍を続ければ欧州ビッグクラブからもオファーが届くのは間違いない。すでにFC東京時代には、世界中のクラブから久保の契約状況について問い合わせがあり“天才少年”はサッカー界で注目の逸材とあって、誕生日を迎える来年6月には争奪戦が展開される見込みだ。

    久保も習得済みのスペイン語に加えて英語力アップに乗り出すなど“世界進出”への準備を進める。元日本代表主将でJ3北九州の柱谷哲二監督(54)は「欧州ビッグクラブのレギュラーを取ることを夢ではなく現実的な目標に」とエールを送ったが、世界トップを目指す久保の挑戦はまだ始まったばかりと言える。

    8/27(月) 16:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-00000021-tospoweb-socc
    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/08/25(土) 15:10:14.58 ID:CAP_USER9.net
    J1横浜F・マリノスは25日、横浜市内で26日のヴィッセル神戸戦へむけた前日練習を行った。

    今夏に加入したばかりの17歳MF久保建英が紅白戦の主力組に入り、J1リーグ戦でのプロ初先発が濃厚となった。横浜でのデビュー戦だった22日の天皇杯4回戦仙台戦に先発フル出場して1アシストを記録。存在感を発揮し、ポステコグルー監督の信頼をつかんだ。

    待望のリーグ戦初先発が濃厚となり、久保は「天皇杯とリーグ戦では名前も違うし、チーム内での立ち位置もある」と意気込み、「その中で自分たちは絶対勝ちが必要なのは変わらない。マリノスがやっているサッカーをすれば負けることはないと思うし、それを結果で示せるようにチームの一員として頑張るだけ」と話した。

    システムが変わったため、紅白戦では仙台戦で入ったシャドーの位置ではなく、トップ下に入った。J1リーグ戦での初得点も期待されており「良い形をつくったり、結果を出すことも含めて全てが大事。周りに頼ってばかりじゃなく、少しでも力になれるようにというのは考えている」と力を込めた。

    相手となる神戸には、同じバルセロナ下部組織出身のMFアンドレス・イニエスタ(34)もいる。“バルサ対決”についてあらためて聞かれると「自分には相手を気にしている余裕が個人としてないので。まずは少ないチャンスをものにするだけ。相手どうこうより、自分の明日が心配というか」と控えめに話した。

    また、疲労などを理由に前節鹿島戦でメンバー外となり、連続フル出場記録などが止まったベテランDF中沢佑二(40)はこの日も別メニュー調整で、神戸戦でもメンバーから外れることが濃厚。ポステコグルー監督は「(コンディションは)良くはなっていると思う。もしかしたらもう1週間ぐらい休ませて、状況、状態を見ながらやっていく」と話した。
    2018-08-25_17h19_06
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180825-00309954-nksports-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/08/24(金) 12:36:44.85 ID:CAP_USER9.net
    バロセロナに加入したMFアルトゥーロ・ビダルが早速ライバルのレアル・マドリーバッシングを始めた。英『フォー・フォー・トゥー』が伝えている。

    今月はじめ、バイエルンからバルサに移籍したビダルはバイエルン時代、レアルにCLで2回敗れている。バルサ加入後はまだ公式戦に2回しか出場していない状態だが、ビダルは早くも“レアル叩き”を始めた。

    ブンデスリーガではビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)がすでに用いられていたが、W杯ロシア大会での導入を経て、欧州サッカー連盟(UEFA)も今季からの導入を検討している。ビダルはVARがあれば、レアルのUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)制覇を2回阻止できたと話した。

    「もしVARがあれば、バイエルンが2回CLを優勝しており、マドリーは2回優勝を逃していた」と『ムンド・デポルティボ』に語ったビダル。「僕はすべてに勝ちたい」「一番好きなタイトルはCLだ」とコメントしている。

    8/24(金) 12:15配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-01708164-gekisaka-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/08/19(日) 07:50:12.68 ID:CAP_USER9.net
    ラ・リーガは18日に開幕戦が各地で行われ、バルセロナはアラベスと対戦した。

    昨季圧倒的な強さでリーグ制覇を成し遂げたバルセロナ。大型補強を敢行した王者だったが、この試合では新加入選手のスタメンはゼロに。メッシやスアレス、ラキティッチやブスケツなどが先発している。

    幸先の良いスタートを切りたいバルセロナだが、アラベスの中央を圧縮したブロックに攻めあぐねる展開が続く。ポゼション率も80%近い時間もあったが、なかなかゴールをこじ開けられない。

    後半からコウチーニョを投入したが、GKパチェコらを中心としたアラベス守備陣を崩しきれない。アルバやメッシなどにエリア内でビッグチャンスが訪れるが、得点まで結びつけることができない。

    嫌な時間帯の続いていたバルセロナが、やはりエースが試合を動かす。64分、ゴール手前でFKを獲得すると、キッカーはメッシ。今季から主将に任命された10番は、ジャンプした壁の下を通すシュートで直接決めた。なお、バルセロナにとってこれはラ・リーガ通算6000点目に。記念すべきゴールを、クラブ史上最高とも言えるメッシが挙げている。

    その後もエリア内でポスト直撃のシュートを放つなど、メッシは勢いを増していく。しかし、アラベスも追加点は許さない。バルセロナは77分にデンベレに代え、イニエスタの8番を背負うアルトゥールが新天地デビューを果たした。

    なかなか追加点を奪えなかったバルセロナだったが、83分にコウチーニョがカットインからエリア内で右足を振り抜き待望の追加点。余裕を持った王者は、84分にはビダルをデビューさせる。

    その後はゆったりとボールを回しながら、相手にゴールを許さず。後半アディショナルタイムにはメッシが追加点。堅い守備を崩すのに苦労したバルセロナだったが、メッシの活躍もあり、3得点を奪って白星スタートを決めた。

    ■ラ・リーガ第1節

    バルセロナ 3-0 アラベス

    ■得点者

    バルセロナ:メッシ(64分)、コウチーニョ(83分)、メッシ(後半AT)

    アラベス:なし

    8/19(日) 7:06配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-00000035-goal-socc

    写真

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ