海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:バルセロナ

    1: Egg ★ 2019/06/07(金) 05:29:10.23
    バルセロナがFC東京の日本代表FW久保建英へのオファーを取り下げることが決定的になったようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が6日に報じている。

    バルセロナがFIFAから制裁を受けた影響で2015年に下部組織を退団した久保は、18歳になる今夏に同クラブのBチームに加入することが有力と見られてきた。

    しかし、18歳の誕生日となる6月4日を前に状況が変化。久保の代理人が年俸100万ユーロ(約1億2000万円)およびトップチームとの契約を要求したことに対し、バルセロナ側が難色を示したという。

    同紙によると、両者の溝は最後まで埋まらなかったようだ。先日の報道では「(バルセロナ復帰の可能性が)ほぼなくなった」としていたが、今回は「バルセロナは久保へのオファーを“間違いなく”取り下げる」と伝えている。

    バルセロナ復帰の可能性が極めて低くなった久保。同選手を巡ってはパリSGをはじめ、レアル・マドリーやマンチェスター・シティも獲得に興味を示していると報じられている。

    6/6(木) 21:35配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190606-43467936-gekisaka-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/06/04(火) 13:16:40.42
    6/4(火) 13:14配信
    FCバルセロナが2019-20シーズンのユニフォームを正式発表

    FCバルセロナが2019-20シーズンのホームキットを正式に発表した。すでにリークされていたが、クロアチア代表のユニフォームを彷彿とさせるデザインである。

    新キットは6月4日からバルサストアで販売が開始される。ショートとソックスはブルーにレッドのラインがデザインされたものになっている。

    今回のホームキットも、昨シーズンのユニフォームに続きアシャンブラ(バルセロナの行政区)にインスイパイアされたものだ。セカンドユニフォームにもディアゴナルやバルセロナの通りがデザインされている。

    新しいホームユニフォームのもうひとつの特徴は、いつも襟の後ろにデザインされていたサニェーラ(カタルーニャ旗)が、正面の胸元に組み込まれたことだろう。

    2015-16シーズンのユニフォームは、クラブ史上初のボーダー柄を採用して過去最高の売り上げを記録した。ナイキはこの革新的なチェッカー柄がクラブ史上最高の売り上げを記録することを期待している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190604-00010000-mdjp-socc
    no title

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/05/28(火) 21:42:13.97
    リーガ連覇のバルサ、バルベルデ監督を解任へ 後任はベルギー代表マルティネス監督か

    CL、国王杯で優勝ならず 欧州メディアは監督が28日中にも解任の可能性があると言及
    バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督が、現地時間28日にも解任されることが濃厚になった。後任は現在ベルギー代表を率いるロベルト・マルティネス監督となる見込みで、地元ラジオ局「RAC1」をソースとして、欧州各国メディアが一斉に報じている。

    仏紙「レキップ」は「バルベルデがバルセロナの監督の座を追われる?」と見出しを打ち、「バルセロナ首脳陣はバルベルデに引導を渡す準備を整えた。カタルーニャのラジオ局によると、正式な声明は1日以内に出される」と伝えた。また、「後任としてはベルギー代表のロベルト・マルティネス監督が有力視されている」とも伝えている。

    一方、英紙「ミラー」は「バルベルデが本日中にも解任され、マルティネスがウィッシュリストのトップに」と言及。リーガ・エスパニョーラ連覇を果たしながらも解任に至る理由として、UEFAチャンピオンズリーグ準決勝リバプール戦での大逆転負け(2戦合計3-4)、スペイン国王杯決勝での敗戦(1-2)を挙げている。

    バルベルデ監督は2017年にバルセロナの監督に就任。リーグ連覇を達成するなど実績を残しており、今年2月には契約を2020年まで延長していた。
    2019-05-28_22h27_20
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190528-00192008-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/05/26(日) 07:48:45.45
    コパ・デル・レイ決勝が26日に行われ、バルセロナとバレンシアが対戦。バレンシアが2-0で勝利を収め、11年振りのコパ・デル・レイ優勝を果たした。

    バルセロナは準決勝でレアル・マドリードを2戦合計4-1で撃破。バルセロナがこの試合に勝てば初の5連覇が決まる。一方、バレンシアは準決勝でベティスに勝利。同クラブは11年ぶりの決勝進出を果たし、2007~2008シーズン以来のタイトルを狙う。今シーズンのリーグ戦でのバルセロナとバレンシアの対戦結果は、バレンシアのホームで1-1、バルセロナのホームで2-2と、2戦とも引き分けている。

    試合は5分、最初にチャンスを作ったのはバレンシア。クレマン・ラングレの最終ラインでのクリアミスにロドリゴが反応。ロドリゴはペナルティエリア(PA)左でシュートを放つが、ジェラール・ピケがゴール前まで戻って弾く。バルセロナは先制点を与えない。

    バルセロナは18分、こぼれ球を拾ったセルヒオ・ブスケツがリオネル・メッシに縦パスを出す。メッシはPA内からシュートを撃つが、相手選手が外に弾く。

    試合が動いたのは22分、左サイドのホセ・ルイス・ガヤが最終ラインからロングフィードを受け取ると、グラウンダーのクロスで折り返す。フリーになっていたケヴィン・ガメイロはバルセロナDFジョルディ・アルバをかわすと、そのままゴール右上に沈めてバレンシアが先制に成功。

    さらにバレンシアは33分、カルロス・ソレールが左サイドでアルバに競り勝つと、ゴール前にクロスを供給。ロドリゴがヘディングで押し込み、バレンシアは追加点を奪う。バレンシアの2点リードで前半を折り返した。

    後半に入るとバルセロナは51分にフリーキック(FK)を獲得。キッカーのメッシは直接狙うが壁に弾かれる。56分、メッシはマルコムとの連携からPA右からシュートを放つがポストに弾かれる。

    バルセロナは73分、右コーナーキック(CK)を獲得するとマルコムがクロスを入れる。ラングレがヘディングで狙うとポストに弾かれる。こぼれ球に反応したメッシが落ち着いて押し込み、バルセロナはバレンシアとの点差を1点に縮めた。

    追いつきたいバルセロナは前線に人数をかけて果敢に攻めるが、このまま試合終了。バレンシアが2-0でバルセロナに勝利を収めた。

    この結果、バレンシアは2007~2008シーズン以来11年振りにコパ・デル・レイを制覇。一方、バルセロナのコパ・デル・レイ連続優勝記録は「4」でストップした。

    【スコア】
    バルセロナ 1-2 バレンシア

    【得点者】
    22分 0-1 ケヴィン・ガメイロ(バレンシア)
    33分 0-2 ロドリゴ(バレンシア)
    73分 1-2    メッシ (バルセロナ)
    【スターティングメンバー】
    バルセロナ(4-3-3)
    シレッセン;アルバ、ラングレ、ピケ、セメド(46分 マルコム);アルトゥール(46分 A・ビダル)、ブスケツ、ラキティッチ(77分 アレニャ);コウチーニョ、メッシ、S・ロベルト

    バレンシア(4-4-2)
    ドメネク;ガヤ、パウリスタ、ガライ、ソレール;グエデス、コクラン、パレホ(65分 コンドグビア)、ヴァス;ガメイロ(72分 ピッチーニ)、ロドリゴ(88分 ディアカビ)

    サッカーキング
    https://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20190526/941223.html?cx_cat=page1

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/05/21(火) 00:22:56.02
    アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフトは今夏の移籍市場でバルセロナへと移籍することを決断したようだ。20日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

    デ・リフトは今シーズン、アヤックスとともに国内2冠を達成し、チャンピオンズリーグでも準決勝まで勝ち上がるなど、好パフォーマンスを連発してきた。多くのビッグクラブの注目を集めていたが、最終的にバルセロナへと移籍することを決断した模様だ。

    同じくアヤックスに所属しているオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングは1月の移籍市場ですでにバルセロナ移籍を決断。事前契約を締結し、今夏の移籍市場で正式に加入することとなる。デ・リフトは同選手の後を追うような形でスペイン行きを果たすようだ。

    他にもマンチェスター・Cやマンチェスター・Uなどがデ・リフトの獲得に関心を示していた。しかし、最終的に同選手はバルセロナ行きを決意。一部メディアによると、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシとともにプレーすることを望んでスペイン移籍を決断したという。

    5/20(月) 23:57配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190520-00939347-soccerk-socc

    写真
    no title
    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/05/15(水) 06:37:35.06
    5/15(水) 6:30配信
    グリーズマン、今季での退団が決定「新しい挑戦のため」…バルサ行き加速か

    アトレティコ・マドリードは14日、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが今シーズン限りで退団することを発表した。

    クラブは「グリーズマンが来シーズン、ロヒ・ブランコ(赤と白、クラブの愛称)としてプレーしないことを伝えた」とクラブ公式SNSで発信。本人もディエゴ・シメオネ監督や会長、スタッフ、サポーターへの感謝とともに、「新たな経験、新しい挑戦をするため、クラブを離れることを決めました」と動画でコメントしている。

    グリーズマンは1991年3月生まれの28歳。2014年夏にレアル・ソシエダからアトレティコ・マドリードに加入。2017-18シーズンにはヨーロッパリーグを制し、個人では2015-16シーズンにラ・リーガ年間最優秀選手賞に選出され、バロンドールの投票でも2度(2016、2018)、3位に入っている。フランス代表としては2018年のロシア・ワールドカップ制覇を主力の一人として経験していることも記憶に新しい。

    来シーズンの移籍先は発表されていないが、バルセロナ加入が盛んに報じられている。

    アトレティコ・マドリードはリュカ・エルナンデスのバイエルン移籍やディエゴ・ゴディンの退団が発表済で、さらにエースの退団でにより、来シーズンのチーム編成が大きく変わることとなる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190515-00937114-soccerk-socc
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/05/14(火) 14:12:18.33
    アヤックスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフトは、間もなくバルセロナ移籍が正式決定となりそうだ。

    これまでもバルセロナが19歳デ・リフト獲得に向けて動いていると度々報じられてきた。そしてカタルーニャ地元ラジオ局の番組『The Club of the Mitjanit』は、契約は順調に進み、口頭合意に達したと伝えている。近日中にも正式サインを交わす見通しとなっているようだ。なお『Goal』の取材では、移籍金は7000~7500万ユーロ(約86億~92億円)以上になることがわかっている。

    今季終了後、すでにアヤックスからフランキー・デ・ヨングが7500万ユーロ(約92億円)の移籍金でバルサへ行くことが内定している。そして今夏の同じタイミングで、デ・リフトもセットでカタルーニャに新天地を求めることになるようだ。

    クラブ間ではすでに合意に至っており、近日中に移籍は正式発表される見通し。だが、バルセロナはまだリーガ最終節のエイバル戦、コパ・デル・レイ決勝バレンシア戦を残しており、2018-19シーズンの全日程を終えるタイミングで、満を持して公表することになるという。

    先日、代理人ミーノ・ライオラが移籍決定時の報酬について、2倍相当の額を希望していることから、移籍話が頓挫していると伝えられていたデ・リフト。だがバルセロナ行きの話はすでに決着しており、近日中にもビッグディールが公になるようだ。

    5/14(火) 12:15配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190514-00010010-goal-socc

    no title

    続きを読む

    2019-05-13_08h56_03

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/05/13(月) 03:43:48.84
    [5.12 リーガ・エスパニョーラ第37節 バルセロナ2-0ヘタフェ]

    リーガ・エスパニョーラは12日、第37節を各地で行い、MF柴崎岳所属のヘタフェは敵地でバルセロナに0-2で敗れた。クラブ史上初のUEFAチャンピオンズリーグ出場権に向けて痛い足踏み。バレンシアに順位を抜かれ、5位に転落した。

    前半30分、左サイドで柴崎がインターセプトし、FWリオネル・メッシに競り勝って縦につけると、DFディミトリ・フルキエが突破。カウンター気味の形勢からスルーパスがFWホルヘ・モリーナに渡り、しっかりコントロールされたシュートがゴール左隅に突き刺さったが、オフサイドがあったとしてゴールは認められなかった。

    すると前半39分、やはり先にスコアを動かしたのはバルセロナだった。前半39分、ゴール正面やや右からのFKをメッシがゴール前に蹴り込むと、DFジェラール・ピケがヘディングシュート。ここではGKダビド・ソリアのビッグセーブに阻まれたが、こぼれ球をMFアルトゥーロ・ビダルが蹴り込んで先制に成功した。

    前半はバルセロナの1点リードで終了。するとハーフタイム明け、柴崎はMFフランシスコ・ポルティージョとの交代でピッチを退いた。その後は一進一退の攻防が続いたが、後半44分、バルセロナは鋭い中央突破からMFカルレス・アレニャがスルーパスを送り、メッシが2点目のゴールを奪取。スペイン王者が意地を見せる一戦となった。

    得点 ビダル(今季3) メッシ(今季35)


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190513-43466955-gekisaka-socc
    5/13(月) 3:30配信

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2019/esp/esp-11162645.html
    試合スコア

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/spain/data/standings/
    順位表

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/spain/data/ranking/
    得点ランキング

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/player/detail/920087
    成績

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ