海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:バルセロナ

    GettyImages-587471416-800x600

    1:Egg ★:2018/08/02(木) 19:00:27.03 ID:CAP_USER9.net
    スペイン1部リーグ、バルセロナがフランス代表MFポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド、英)の獲得へ動いているという。

    バルセロナを拠点に展開しているスポーツ紙エル・ムンド・デポルティボ紙などによると、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタを神戸へ、ブラジル代表MFパウリーニョを広州恒大(中国)へ売却したバルセロナが、中盤のテコ入れのため、引き抜きを画策しているという。

    トップチームの強化担当に就任した元フランス代表のアビダル氏が話を進めているとされ、イタリア紙ツットスポルトによると、アビダル氏とポグバの関係者がビバリーヒルズ(米)の邸宅で接触したという。

    8/2(木) 18:45配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180802-00000109-dal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/07/30(月) 11:58:57.94 ID:CAP_USER9.net
    まだ決定ではないが、来年のプレシーズンのアジアツアーがほぼ確定している。メインスポンサーの楽天との契約により、バルサは少なくとも一度は日本でのプレシーズンを実現しなくてはならない。

    アメリカ合衆国でのプレシーズンの首尾は上々で、特にポートランドに位置するスポンサー企業ナイキの施設への訪問はバルサにとって素晴らしい経験だった。

    またアメリカ合衆国におけるFCバルセロナのプロモーションと言う意味でも、アメリカ合衆国ツアーは大きな意味を持っている。

    14年間の間ナイキの施設を訪れていなかったFCバルセロナだが、バルサの訪問はバラク・オバマ元大統領の訪問以来のニュースとなっている。

    2019年のプレシーズンツアーはほぼ確実に日本と中国で実施されるだろう。インターナショナル・チャンピオンズカップは中国のみで開催されるが、日本ではイニエスタが所属するヴィッセル神戸とバルサの対決が実現する可能性がある。

    7/30(月) 8:29配信
    2018-07-30_17h43_47
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180730-00010002-sportes-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/07/27(金) 20:29:44.22 ID:CAP_USER9.net
    J1神戸がパス精度や判断力を鍛えられる機器「ICON(アイコン)」を、いぶきの森球技場(神戸市西区)に導入した。パスサッカーの手本とするスペインの名門バルセロナの練習場にもあるという。

    30枚のパネルを直径約10メートルの円形に並べ、選手1人がその中に立つ。パネルそれぞれのランプが不規則に色を変え、緑色に当てると3点、紫色は1点とゲーム感覚でパスを繰り返す。1回30秒。MF郷家は「うまい人は(中央に立ったまま)動かないらしい。意識してやりたい」と早くも夢中。ちなみに、27日にMF松下と対決したところ、2点差で負けたという。(有島弘記)

    7/27(金) 19:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180727-00000016-kobenext-socc

    写真

    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/07/16(月) 16:01:00.05 ID:CAP_USER9.net
    W杯を制したフランス代表のMFポール・ポグバ(25=マンチェスターU)が、代理人を通じてバルセロナに売り込んでいると15日付のスペイン紙ムンド・デポルティーボが報じた。

    同紙によれば、ポグバの代理人を務めるミノ・ライオラ氏が先日、バルセロナに突如出没。目的は不明としながらも、ポグバがマンチェスターUのモウリーニョ監督(55)との関係が著しくなく、移籍を希望していることから、バルセロナに“逆オファー”したのではないかと予想した。ただ、ポグバはマンチェスターUとの契約を22年6月末まで残しており、移籍金は1000万ユーロ(約123億円)は下らないとしている。

    バルセロナはポグバがユベントスに在籍中だった15年にも獲得に動いており、クロアチア代表とのW杯決勝でゴールも決め母国の2度目のW杯制覇に貢献したポグバへの愛が再熱した形だとスペイン紙は報じている。
    2018-07-16_18h14_55
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00000119-spnannex-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/07/15(日) 20:31:19.88 ID:CAP_USER9.net
    お笑いタレントの明石家さんま(63)が14日、自身がパーソナリティーを務めるMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」(土曜後10・00)に出演。サッカー日本代表MF柴崎岳(26=ヘタフェ)に対し、リーガ・エスパニョーラの強豪「バルセロナ」への移籍を希望した。

    この日はゲストに加藤紀子(45)、保田圭(37)、アップアップガールズ(仮)の新井愛瞳(20)が登場。新井が女優・真野恵里菜(27)とハロプロエッグ(ハロプロ研修生)の先輩後輩の間柄だったこともあって、話は柴崎との結婚報道へと入っていった。

    さんまは真野とも番組で共演したこともあり、柴崎との結婚報道にも感慨深げ。知り合いということもあって、「スペインのサッカー、観に行けたりすんのに。チケット取ってもろて」と、スペインでの試合観戦に思いを馳せた。

    ここで引き合いに出したのが、米大リーグ・ヤンキース田中将大(29)との関係。田中の妻・里田まい(34)のおかげで、毎年ヤンキースの招待を受け、かなりの良席で観戦しているという。そういった経緯もあり、真野とも同じような流れにならないかと期待していたのだ。

    ここでさんまは「柴崎にすまんけど『バルセロナに入ってもらえないか』って言って、遠まわしに」と、自身の願望がポロリ。芸能界きってのサッカーファンだけに、できれば世界最高峰のチームの試合を観戦したい、といったところなのだろう。「裏のツテを使って、バルセロナかレアルか…」、さんまの気持ちはもはやスペインへと飛んでいた。

    7/15(日) 20:17配信
    2018-07-15_20h56_38
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-00000137-spnannex-ent
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/07/14(土) 00:46:36.35 ID:CAP_USER9.net
    バルサのトップターゲットはW杯でも躍動するカンテ…伊メディア報道

    バルセロナが、チェルシーに所属するフランス代表MFエンゴロ・カンテの獲得を狙っているようだ。イタリアメディア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じた。

    2015-16シーズンにレスター・シティの歴史的なプレミアリーグ優勝に貢献したカンテは、2016年の夏にチェルシー入り。チェルシーでも不動のレギュラーとして活躍し、2016-17シーズンにプレミアリーグ優勝を経験した。現在は、フランス代表としてロシア・ワールドカップに参戦しており、ここまで6試合に出場。決勝に進出した“レ・ブルー”でも欠かせない存在となっている。

    しかし、クラブにおいては変化が生まれるかもしれない。所属するチェルシーは13日、アントニオ・コンテ監督を解任。新指揮官として招へいされることが濃厚とみられている前ナポリ指揮官のマウリツィオ・サッリ氏は古巣から、よりビルドアップでボールに関与できるイタリア代表MFジョルジーニョを呼び寄せるとうわさされている。

    一方、バルセロナでは今夏にMFアンドレス・イニエスタとMFパウリーニョが退団した。そこでバルセロナはカンテに目を付けているようで、獲得リストの最上位に名前が記されているという。なお、カンテの獲得オペレーションでは、バルセロナのMFアンドレ・ゴメスが含まれる可能性があるようだ。
    2018-07-14_08h25_47
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000024-goal-socc
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/07/09(月) 15:34:24.98 ID:CAP_USER9.net
    バルセロナは8日、ブラジル代表MFパウリーニョが中国スーパーリーグの広州恒大へレンタル移籍で加入することが決まったと発表した。移籍期間は1年間で、完全移籍へ移行する買い取りオプションが契約に盛り込まれている。

    パウリーニョは昨年夏、広州恒大から移籍金4000万ユーロ(約51億9000万円)でバルセロナに加入。公式戦49試合に出場して9得点を挙げ、リーガ・エスパニョーラとコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)制覇に貢献した。

    スペイン挑戦1年目にしてしっかりと適応し、活躍を見せていたパウリーニョ。2018 FIFAワールドカップ ロシアのブラジル代表メンバーにも選出されて5試合出場1得点を記録した29歳が、再び中国でプレーすることとなった。

    パウリーニョは1988年生まれの29歳。コリンチャンスで2012年のコパ・リベルタドーレス、FIFAクラブワールドカップ制覇を経験し、2013-14シーズンにトッテナムへ移籍。2015年6月には広州恒大へ加入し、AFCチャンピオンズリーグ制覇や中国スーパーリーグ2連覇(クラブとしては2011シーズンから6連覇)に貢献した。そして昨年夏、バルセロナへ加入。同クラブで1シーズンを過ごした後、再び広州恒大へ復帰することが決まった。
    2018-07-09_16h30_47
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180709-00791049-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/06/01(金) 12:41:09.75 ID:CAP_USER9.net
    ドルトムントから移籍金137億円超の5年契約を結ぶも売却対象に...

    昨夏にバルセロナへ加入した若きフランス代表FWウスマン・デンベレが、わずか1年の在籍で“値札”をつけられたという。スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」が報じている。

    1年前に日本代表MF香川真司が所属するドルトムントから5年契約で加入したデンベレだが、シーズン中に2度の負傷離脱。結局、リーグ戦17試合3得点、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)も3試合1得点にとどまり、デビューシーズンは「失望に終わった」とされた。

    わずか1シーズンを終えたばかりながら、バルセロナは今夏の移籍市場での放出も視野に入れているようだ。記事によれば、クラブが設定した移籍金は1億1500万ユーロ~1億2000万ユーロ(約150億円)だという。

    ドルトムントはデンベレ獲得時に、「バルセロナが支払う移籍金は1億500万ユーロ(約137億円/当時)で、そこに移籍金額の最大40%までのオプションが上乗せされる」と発表。ボーナスがどれほど支払われるかは不透明だが、バルセロナは1年間の償却期間があるにもかかわらず、同等額がそれ以上での売却を狙っているという。

    デンベレはドルトムントの練習をボイコットするなど強硬手段に打って出てスペイン行きを実現させていた。サッカー界からの悪評を覚悟で敢行したバルサ移籍だったが、その結果はわずか1年での売却対象入りという厳しいものになってしまったようだ。

    6/1(金) 9:20配信
    2018-06-01_12h57_05
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180601-00107763-soccermzw-socc
    続きを読む

    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/05/21(月) 05:48:21.38 ID:CAP_USER9
    イニエスタの有終の美...バルサがコウチーニョ弾で最終戦を勝利で飾る/リーガ第38節
    5/21(月) 5:37配信 GOAL
    http://www.goal.com/jp

    ソシエダ戦のイニエスタ/Getty Images
    2018-05-21_07h55_14

    ■リーガ第38節 バルセロナ 1-0 レアル・ソシエダ

    バルセロナ:コウチーニョ(57分)

    レアル・ソシエダ:

    20日にリーガ・エスパニョーラ第38節が行われ、バルセロナは本拠地カンプ・ノウでレアル・ソシエダと対戦している。

    バルセロナはイニエスタが本拠地でラストマッチを迎えた。バルセロナで合計32タイトルを獲得したスペイン代表MFに別れを告げるため、およそ8万4000人の観客がカンプ・ノウに駆け付けた。

    最初のチャンスを迎えたのはソシエダだ。7分、右サイドでボールを受けたジャヌザイがカットインから左足でシュートを放つ。これはわずかに右に外れた。

    バルセロナは9分、イニエスタがミドルシュートを打つも、枠を捉えない。24分には、デンベレのクロスに、2列目から飛び出したラキティッチがヘディングを叩く。しかし、このシュートもゴール右に流れていった。

    バルセロナは43分にデンベレがカウンターで抜け出すと、R・ナバスから厳しいスライディングタックルを喰らう。R・ナバスにイエローカードが出されるも、レッドカードを要求した観衆からは激しいブーイングが浴びせられた。

    バルベルデ監督は52分にデンベレに代えてデニス・スアレスを投入する。そして、その5分後に試合が動く。

    57分、コウチーニョがペナルティーエリア左角付近でボールを持つ。コウチーニョはソシエダDFをフェイントでかわし、右足を振り抜く。鋭い弾道のシュートを沈め、バルセロナに先制点がもたらされた。

    バルベルデ監督は67分にコウチーニョに代えてメッシをピッチに送り込む。82分には、イニエスタに代えてアルカセルを投入。メッシと抱擁を交わした後ベンチに戻ったイニエスタに対して、サポーターから万雷の拍手が送られる。

    ソシエダのイマノル監督は88分にスルトゥサを下げ、シャビ・プリエトをピッチに入れる。今季限りで現役を退くX・プリエトに対して大きな拍手がわき起こる。

    バルセロナはイニエスタの最終戦を勝利で飾り、リーガのタイトルに花を添えた。

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ