海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:バルバラ

    2014-10-28_19h22_18
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/10/28(火) 18:52:32.16 ID:???0.net
    サッカー日本代表FW本田圭佑が所属するイタリア1部リーグのACミランが、日本のコンビニエンスストア大手のローソンとタッグを組むことになったと、28日のイタリア紙ガゼッタ・デロ・スポルトが報じた。

    それによると、セリエAフィオレンティナ戦が行われた26日夜、日本からのローソンの関係者とミランのバルバラ・ベルルスコーニCEОが話し合いの場を持ったという。

    現在、ミランは中東、アジア地域の企業とのスポンサー、またはパートナーシップ契約の拡大に力を入れており、近々同CEОの東京行きも計画されているそうだ。ミランとスポンサー契約している日本企業は富士通、トーヨータイヤの2社。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141028-00000066-dal-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1414489952/


    続きを読む

    337006_heroa
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 10:14:06.61 ID:???0.net
    ミランのバルバラ・ベルルスコーニCEOが、イタリアサッカー界に苦言を呈している。

    イタリア『Rai』の番組に出演したバルバラCEOは、イタリアという国とサッカー界が改革を望まずに対立ばかりしていると指摘した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』がコメントを伝えている。

    「イタリアサッカーで特に問題なのは、ケンカっ早いことよ。ヨーロッパや世界でイタリアサッカーを推し進めていくことを考えなければいけないのに、今はケンカしたり、対立することに時間をかけすぎている」

    「EURO2000で負けたとき、すごくがっかりしたわ。統治やルール、人、スタジアム、下部組織、収支と、代表チームだけではなく、すべてのクラブで変えることができたはずなのにね。我々の問題は少し、改革を望まないイタリアという国全体に起きている問題の一部だと思う」

    また、バルバラCEOは本拠地サン・シーロが不十分であり、新たなスタジアムが必要との見解を示している。

    「サン・シーロは素晴らしいスタジアムで、ミランとインテルの歴史があるけど、今ではもう足りない。スタジアムには、試合日だけではなく、1週間毎日オープンできるような施設やサービスが必要なのよ。でも、政府や自治体の財政支援など、今のイタリアには困難が多すぎるわ」

    9月29日(月)16時45分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140929-00000020-goal-socc
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1412039646/

    続きを読む

    no title

    443: 名無しに人種はない@実況はサッカーch 2014/01/13 08:26:44 ID:yL0BwiC4O
    @Milanello 2分前
    Barbara Berlusconi: "It's necessary and urgent that we make a change. We can't tolerate that our fans watch these unacceptable performances"
    バルバラ「早急に変化が必要、ファンにこんな酷い試合を見さ続けるにはいかない」

    続きを読む

    1: やるっきゃ希志あいのφ ★ 2014/01/08 10:44:02
    12日(現地時間)のサッスオーロ戦でデビューすることが決まったミラン本田圭佑(27)。
    イタリアでも注目を集めているが、現地で“ある懸念材料”がささやかれている。クラブの女性取締役バルバラ・ベルルスコーニ(29)の存在だ。

    本田は星稜高時代から付き合っている彼女と、オランダ時代の08年に結婚した。一昨年秋には長男が生まれ、昨年6月に帰国した際には「長男を抱っこした」状態で姿を現して話題になった。

    「本田は“真面目で夜遊びしないヤツ”で通っています。他の欧州組の日本人選手は“金髪娘に入れ込んでいる”とか“若い日本人留学生と合コン三昧”といった話も聞きますが、本田がオンナで失敗するようなことはないでしょう」(サッカー専門誌記者)

    ところが、そんな本田の唯一の懸念材料がバルバラだという。彼女は、ミランの名誉会長を務めるベルルスコーニ元イタリア首相の次女で才色兼備。どんぶり勘定だった財務面のてこ入れなど、旧態依然としたクラブ経営の改革に手腕を発揮。今季終了後にも実質的なトップに就くといわれている。

    本田には、このバルバラが厄介なのだ。「彼女は仕事も出来るが、とにかく肉食系というか、気に入った選手がいるとすぐにモノにしてしまうのです。かつてミランで背番号10を背負った元オランダ代表セードルフとの仲は有名だし、昨年までブラジル代表MFパトと超ラブラブ状態でした。パトはバルバラとの不倫が原因で離婚までしています。ミラノには、『ホンダがバルバラの毒牙にかからなければいいが……』と本気で心配する関係者もいるのです」(現地サッカー関係者)

    父親のベルルスコーニ元首相も好色家だっただけに、怖い話だ。

    ソースは
    http://gendai.net/articles/view/sports/147079
    http://gendai.net/articles/view/sports/147079/2


    続きを読む

    soccer101217_3_title

    1: 五十京φ ★ 2013/12/05 18:12:45
    元イタリア代表MFのジェンナーロ・ガットゥーゾ氏(35)が、「サッカーの世界に女性の場所はない」と爆弾発言を行った。

    これは古巣ACミランで、ベルルスコーニ会長の娘バルバラ氏がガリアーニ副会長と不和になり、同副会長が辞任寸前となった事態についてのコメント。

    ラジオのインタビューに答え「ガリアーニ氏はもっとリスペクトされるべき。
    オレはサッカー界で女性は認めない。言いたくはないが、そういうものだ」と話した。

    ACミランで活躍したガットゥーゾ氏は、今季2部パレルモの監督に就任。だが6試合で解任されていた。

    日刊スポーツ 12月5日(木)18時5分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131205-00000061-nksports-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ