海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:バーゼル

    1:Egg ★:2018/03/08(木) 08:46:22.68 ID:CAP_USER9.net
    【スコア】

    マンチェスター・C 1-2(2試合合計:5-2) バーゼル

    【得点者】
    1-0 8分 ガブリエル・ジェズス(マンチェスター・C)
    1-1 17分 モハメド・エルユヌシ(バーゼル)
    1-2 71分 ミヒャエル・ラング(バーゼル)

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11146210

    UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は7日、決勝トーナメント1回戦第2戦を各地で行った。プレミアリーグで首位を独走中のマンチェスター・シティ(イングランド)はバーゼル(スイス)に1-2で敗れたが、合計スコア5-2で準々決勝進出を決めた。

    敵地での第1戦を4-0で勝利したマンチェスター・Cはプレミアリーグ前節のチェルシー戦から先発6人を変更。負傷離脱していたFWガブリエル・ジェズスが復帰後初先発を飾り、17歳283日のMFフィル・フォデンはイギリス人として、またイギリスのクラブ所属選手として最年少での決勝トーナメント出場を果たした。

    先にスコアを動かしたのはマンチェスター・Cだった。前半8分、フォデンとのワンツーで左サイドを突破したFWリロイ・ザネがカットインすると、右サイドに斜めのパスを展開。ドリブルで攻め上がったFWベルナルド・シルバのグラウンダークロスにジェズスが合わせ、2戦合計でリードを5点に広げた。

    ところがバーゼルも反撃に出る。前半10分、MFオレクサンドル・ジンチェンコからボールを奪ったMFセレイ・ディエがミドルシュート。これは大きく枠を外れたが、同17分、ロングボールを受けたDFブラス・リベロスのクロスが相手に当たり、こぼれ球がゴール前へ。絶妙なポジションで待っていたMFモハメド・エルヌユシがダイレクトで蹴り込み、勝ち抜けのためのゴール数を残り『4』とした。

    後半は互いに攻め合う展開が続くが、どちらも決定機をつくるには至らない。後半21分、先に動いたマンチェスター・Cのジョゼップ・グアルディオラ監督はMFイルカイ・ギュンドガンに代えて18歳MFブラヒム・ディアスを投入。直後の23分には、バーゼルも前線の選手交代を行った。

    後半26分、4点が必要なバーゼルがついにスコアを動かす。右サイド深くに流れたボールにエルユヌシが追い付くと、最終ラインからオーバーラップしてきたDFミハエル・ラングがPA内にフリーランニング。ニアサイドの斜めのパスに反応し、ダイレクトで右足を振り抜くと、GKクラウディオ・ブラボの手をかすめてネットに突き刺さった。

    2戦合計スコアで3点差を付けているとはいえ、この試合に敗れれば今季の公式戦で4敗目となるマンチェスター・C。ジェズス、B・シルバがゴールを狙うが、5-4-1でブロックを敷く相手の攻守に阻まれ得点が入らない。後半44分、2枚目の交代カードでフォデンを下げ、20歳のDFトシン・アダラビオヨを入れた。

    3点を追うバーゼルだが、狙いはこの試合の勝利に切り替えた模様。人数をかけずにロングボールで攻め込むのみで、陣形は大きく崩さない。アディショナルタイムは2分。マンチェスター・Cは決定的なチャンスをつくれないままタイムアップを迎え、準々決勝進出を決めた。

    ベスト8が相まみえる準々決勝は4月3日、4日に各地で行われる予定。組み合わせ抽選会は3月16日に開かれる。

    3/8(木) 6:40配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180308-01651256-gekisaka-socc

    写真


    マンC、バーゼルに逆転負けもCL準々決勝進出…1年3カ月ぶりにホームで黒星
    https://www.soccer-king.jp/news/world/cl/20180308/725255.html?cx_top=topix
    続きを読む

    [2.13 欧州CL決勝T1回戦第1戦 バーゼル0-4マンチェスター・C]

    UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は13日、決勝トーナメント1回戦第1戦を各地で行った。マンチェスター・シティ(イングランド)は敵地でバーゼル(スイス)と対戦。MFイルカイ・ギュンドガンの2ゴールなどが決まって4-0で完勝し、ホームで行われる3月7日の第2戦にはずみをつけた。

    今季のプレミアリーグでは、第27節終了時点で79得点という圧倒的な攻撃力を見せ、2位と勝ち点16差で首位を独走中のマンチェスター・C。この日は、スイスリーグ2位のバーゼルの本拠地に乗り込み、変わらぬ得点力を見せつけた。

    前半6分、攻撃意識の高いバーゼルがFWディミトリ・オベリンの単独カウンターで抜け出すと、同7分には素早いトランジションからFWラヒーム・スターリングがドリブルで相手陣内に侵入。相手のクリアで浮いたボールをFWセルヒオ・アグエロがボレーで狙い、さっそく決定機をつくった。

    すると前半14分、早々にスコアを動かす。MFケビン・デ・ブライネが左CKを鋭く蹴り込み、ニアサイドでマークを外したMFギュンドガンがヘディング。角度のない難しいシュートだったが、見事にネットを揺らして見せ、アウェーチームが先制点を奪った。

    さらに前半18分、左サイドを突破したスターリングのクロスは相手DFが頭で触ったが、ボールはファーサイドへ流れる。PA内で待っていたFWベルナルド・シルバが胸トラップで浮かせると、飛び出したGKの動きを見て左足を一閃。GKトマシュ・バクリクはわずかに触れたが、ボールはネットに吸い込まれた。

    マンチェスター・Cはなおも止まらない。前半23分、アンカーに入ったMFフェルナンジーニョの持ち上がりはリベロのDFレオ・ラクロワがスライディングでクリア。ところが、絶妙な位置にポジションを取っていたアグエロがボールを拾い、右足ミドルシュートを狙うと、ゴール左隅に突き刺さった。

    3点ビハインドでハーフタイムを迎えたバーゼルだったが、後半立ち上がりにMFモハメド・エルユヌシがミドルシュートを狙い、この試合で初めての枠内シュートを記録。6分には、スターリングが最終ライン裏に抜け出すも、猛スピードで戻った守備陣が対応して難を逃れた。

    それでも後半8分、マンチェスター・Cが4点目を奪う。相手ブロックに侵入したアグエロがゴール正面右寄りを攻め上がって、中央のギュンドガンにパス。背番号8が正確なトラップから右足で持ち出し、落ち着いたフォームでミドルシュートを繰り出すと、ボールはGKの手を華麗に巻いて2得点目となった。

    マンチェスター・Cは後半12分、スターリングに代えてFWリロイ・サネを投入。1月27日に行われたFAカップ4回戦のカーディフ戦で相手の悪質なタックルを受けて足首を負傷し、各種報道で全治4~6週間とされていたドイツ代表アタッカーだったが、わずか2週間余りでの復帰となった。さらに同18分、デ・ブライネに代わって負傷明けのMFダビド・シルバもピッチに立った

    一方のバーゼルは後半22分、MFバレンティン・シュトッカーのクロスにオベリンが頭で狙ったが枠外。その後もPA内に抜け出したエルヌユシのシュートがGKエデルソンに阻まれるシーン、オベリンの強烈なミドルが枠を捉えるシーンなど、惜しいチャンスを立て続けにつくった。

    マンチェスター・Cは後半28分、PA左深くを突破したアグエロがマイナス方向にクロスを送ると、ギュンドガンが低く押さえたダイレクトボレー。ハットトリック達成かと思われたが、右隅を突いたボールはGKバクリクが見事な横っ飛びでかき出した。

    マンチェスター・Cは後半40分、アグエロを下げてMFダニーロを入れ、フォーメーションを4-2-3-1に変更。ギュンドガンが“ゼロトップ”気味に最前線に入った。そのまま危なげなく試合を終えて4-0で完勝。初の欧州CL制覇に向けて好スタートを切った。
    2018-02-14_08h49_40

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180214-01650520-gekisaka-socc
    続きを読む

    CX3V-55WYAA4_KZ
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 18:18:21.24 ID:CAP_USER*.net
    セレッソ大阪は4日、バーゼルからFW柿谷曜一朗が完全移籍で復帰することを発表した。

     完全移籍に際し柿谷は、クラブを通じて以下のようにコメントしている。

    「今年からセレッソでプレーすることになりました。復帰するにあたって本当に悩みました。ただ自分はセレッソでサッカーがしたい、セレッソをもっと大きなクラブにしたい、という気持ちがやはり1番強かったです。

    再びセレッソサポーターの皆さんと一緒に戦うことが出来ることを本当に嬉しく思っています。また1から全てのセレッソサポーターの皆さんが認めてくれるセレッソの選手になれる様に、責任と覚悟を持って、一生懸命頑張りますので応援宜しくお願いします」

     現在25歳の柿谷は、C大阪の下部組織出身で、2006年にクラブ史上最年少となる16歳でのプロ契約を締結した。

    2009年からは期限付き移籍で徳島ヴォルティスへ加入し、2012年にC大阪に復帰。翌2013年には背番号を同クラブのエースナンバー「8」に変更し、J1全34試合に出場、21得点を記録した。

    また同年7月には、東アジアカップでA代表デビューを果たし、3得点を挙げて同大会優勝に貢献。2014年夏のブラジル・ワールドカップのメンバーにも選出され、2試合に途中出場した。

    大会から帰国後、同7月にスイスのバーゼルへ移籍。加入シーズンはスイス・スーパーリーグで14試合に出場し3ゴール。今シーズンは4試合で1ゴールと、出場機会が少なく、わずか1年半での復帰となった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160104-00383062-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1451899101/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 01:50:48.76 ID:CAP_USER*.net
    スイス1部バーゼルの元日本代表FW柿谷曜一朗(25)が16日、リーグ中断期間のため古巣C大阪の練習場を訪れ、自主トレを行った。C大阪主将の日本代表MF山口蛍(25)らとランニングやボールゲームなどで汗を流した。

    山口が前日(15日)に自身のツイッターで柿谷帰阪を知らせたことから、ファン約200人が集結。柿谷は練習後、全員にサインや写真撮影などで対応した。

    昨季はスイス1部リーグ出場14試合3得点、今季もここまで4試合1得点にとどまっており、今季J1復帰を逃したC大阪のファンからは「セレッソに帰ってきて」との悲鳴も上がった。

    柿谷は「年が明けたらすぐ(バーゼル再合流のため)戻らないといけない」と話した。

    バーゼルと18年まで契約を残す柿谷について、大熊清強化部長(51)は「彼は常にC大阪の補強リストにはいるが、(復帰には金銭面など)クリアすべき問題は多い」とした。
    2015-12-17_05h27_53
    スポーツ報知 12月17日(木)0時8分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151217-00000002-sph-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1450284648/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/11/13(金) 06:53:45.87 ID:???*.net
    J2C大阪がスイス1部バーゼルの元日本代表FW柿谷曜一朗(25)へ、今冬にも復帰要請を出すことが12日、分かった。

    玉田稔社長(62)は「補強の候補に入っているのは事実。彼(柿谷)の思いとこちらの条件が合えばいい補強になるのは確か」と前向きに検討していることを明かした。すでに交渉へ向けて、代理人がスイスへ渡ったことも判明した。

    昨年のW杯ブラジル大会メンバーの柿谷は、昨夏にC大阪からバーゼルへ移籍。昨季は14試合3得点、2年目の今季もここまで4試合1得点と出場機会を減らしている。柿谷はバーゼルと4年契約を結んでいるため、今冬に古巣へ復帰するとなると、設定される違約金は約1000万ユーロ(約13億5000万円)にのぼる。今後は、違約金の値引きや、期限付き移籍も視野へ入れて交渉を進めていく。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151113-00000012-nksports-socc
    日刊スポーツ 11月13日(金)6時42分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151113-00000012-nksports-socc.view-000
    柿谷曜一朗
    no title
    no title
    no title
    no title
    no title
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1447365225/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/11/04(水) 20:00:05.25 ID:???*.net
    【AFP=時事】欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League)の試合を観戦したあと、置いてけぼりをくらった現在71歳の男性が、11年に及ぶ過酷な生活を経て、母国スイスに帰国していたことが明らかになった。

     2004年8月、当時60歳だったロルフ・バントル(Rolf Bantle)さんは、欧州チャンピオンズリーグの予選でインテル(Inter Milan)と対戦するFCバーゼル(FC Basel)の試合を観戦するため、友人と一緒にミラノ(Milan)へ渡った。

    インテルが4-1でリードし、試合終了まで残り5分としたところで、バントルさんはトイレに行ったが、この判断がその後の人生を変えるきっかけとなった。

     トイレから戻ると友人の姿はなく、現金はわずか20ユーロのみで携帯電話も所持していなかったバントルさんは、ミラノで行き場を失い、路上での11年間を地元の人たちの好意に支えられて生き抜くことになった。

     2004年にスイス警察の行方不明者リストに載ったバントルさんだったが、所在に関する情報はなく、
    2011年にはリストから削除されていた。

     ガゼッタ・デロ・スポルト(Gazzetta dello Sport)が3日に伝えたスイスの週刊新聞シュバイツ・アム・ゾンターク(Schweiz am Sonntag)の報道によると、バントルさんは現在、故郷バーゼル(Basel)の年金受給者向けの施設で暮らしているが、ミラノで彼を支えた地元住民にとっては寝耳に水だった。

     地元住民の一人は、「本当かい? 彼については何も聞いていなかった。間違いなく死んでいると思っていたよ。ドイツなまりのあるスイス人のナイスガイだった」と語っている。

     本当のファンがそうであるように、バーゼルがインテルに敗れたあと、バントルさんはインテルのライバルであるACミラン(AC Milan)のサポーターになった。

     バントルさんと知り合いになった地元の学生は、小銭や衣類を提供してバントルさんを支援し、ときにはミランのカカ(Kaka)のユニホームまで贈ったという。

    「彼はこの地域では有名人だった。(行方不明になった)サン・シーロ・スタジアム(San Siro stadium)の話はうわさされていたけど、本当かうそかは誰も知らなかった」

    「彼は自分のことを話したがらなかった。でも彼のことは好きだったよ。誰もが食事やきれいな衣類を
    彼のために持っていったし、彼もできる限りみんなの手伝いをしていた」

     当時学生だったある医者は、ガゼッタ・デロ・スポルトに対し、「彼にはかかりつけの医者なんていなかったから、私たちが彼の面倒をみました」と語っている。

     バントルさんはシュバイツ・アム・ゾンタークに対し、「ビールを飲んで温まることができた。そしてある若者が寝袋をくれたので、命が救われたんだ」と語っている。

     その後、スイス当局によって身元が特定されたバントルさんだったが、当初は母国への帰国を拒否していた。そしてバントルさんが大腿(だいたい)骨を骨折したため入院すると、スイス大使館はバーセルへの送還を命じた。

     現在は屋根のある暮らしをしているバントルさんは、月300ユーロ(約4万円)の年金を受け取っており、「毎日午後にビールを数缶飲むことができる。そうさせてくれるんだよ」と語った。【翻訳編集】 AFPBB News
    2015-11-04_22h12_22
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151104-00000032-jij_afp-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1446634805/

     
    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/10/27(火) 23:23:25.02 ID:???*.net
    プロサッカー選手 柿谷曜一朗 初のプロデュース香水発売|genius rose
    2015.10.27 BEAUTY NEWS

    genius rose|ジーニアスロゼ
    no title


    男性にはもちろん、女性も愛用できるユニセックスな香りで登場

    2014年ブラジルW杯日本代表・柿谷曜一朗選手がプロデュースした香水「ジーニアスロゼバイ ヨウイチロウ カキタニ オードトワレ」が10月27日(火)に発売される。「LAYERED FRAGRANCE(レイヤード フレグランス)」など、かずかずの香水を手がけるフレグランスプロデューサーの石坂将氏が、「5年に一度出合えるどうか、そんな奇跡的な香りにたどり着くことができた」と語る自信作だ。
    Text by KAJII Makoto (OPENERS)

    柿谷曜一朗の人生の輝きをバラの香りで表現

    フレグランスプロデューサーの石坂将氏が手がける「ジーニアスロゼ バイ ヨウイチロウカキタニ オードトワレ」は、“天才”と呼ばれ、華やかなひらめきに溢れながらも、キャリアを振り返れば茨の道を進んできたともいえる柿谷曜一朗選手の輝きを具現化。天性の繊細さと紙一重であるがゆえに、ときに脆く儚い、そんな“バラのような”生きざまを香りで表現している。

    香りは爽やかで躍動感あふれるトップノートから、繊細で甘いチュベローズ、ジャスミンに変化。仕上げはイランイランやアイリス、サンダルウッドと色気を感じるハーモニーが香り立つ。

    http://openers.jp/article/1410866
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1445955805/

     
    続きを読む

    2015-07-19_22h52_15
    [7.19 スイス・スーパーリーグ第1節 バーゼル2-0ファドゥーツ]

    FW柿谷曜一朗の所属するバーゼルは19日、ホームでファドゥーツと対戦し、2-0で勝利した。先発出場し、後半35分に開幕戦ゴールを決めた柿谷にスイス紙『ターゲスボッヘ』はチーム最高点を与えている。

    昨季リーグ戦14試合に出場し、3得点にとどまった柿谷。苦しいシーズンとなったが、昨季終了後にパウロ・ソウザ前監督が退任し、新たにウルス・フィッシャー新監督が就任すると、シーズン開幕前の練習試合で1ゴール1アシストを記録するなどアピールに成功し、開幕戦となったこの試合で右MFで先発出場した。

    柿谷は前半29分に右からドリブルで切れ込み、FWドナルド・エンボロとのワンツーから右足シュートを放ち、後半28分にはゴールネットを揺らすもオフサイドとなったが果敢にゴールに迫り続けた。すると、タッチライン際で控え選手が出場の準備を終え、柿谷にとってのラストプレーとなった後半35分、MFルーカ・ズッフィのパスをPA右で受けた柿谷が右足で流し込み、待望の追加点を挙げた。

    スイス紙『ターゲスボッヘ』は、チーム平均「4.4」(6が最高点、1が最低点)のところを、開幕戦ゴールの柿谷にチーム最高点となる「5」を与えた。今季2年目となる柿谷。更なる活躍に注目が集まる。
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 22:42:40.02 ID:???*.net
    [7.19 スイス・スーパーリーグ第1節 バーゼル2-0ファドゥーツ]

    スイス・スーパーリーグの18日に2015-16シーズンが開幕した。FW柿谷曜一朗の所属するバーゼルは19日、ホームでファドゥーツと対戦し、2-0で勝利した。柿谷は右サイドで先発出場すると、持ち味のドリブルで果敢にゴールに迫るなど積極的な姿勢を見せると、後半35分に今季初ゴール。直後に交代したが勝利に大きく貢献した。

    昨季終了後にパウロ・ソウザ前監督が退任し、ウルス・フィッシャー新監督の初陣となったこの一戦。バーゼルは前半10分、相手のハンドでPKを獲得すると、主将のMFマティアス・デルガドが落ち着いてゴール左に流し込み、幸先よく先制した。

    前半29分には、柿谷が右からドリブルで切れ込み、FWドナルド・エンボロとのワンツーから右足シュートを放つもゴール上に外れる。同35分には右CKの混戦からポストを叩く場面も追加点を奪えず、1-0で前半を折り返した。

    後半は一進一退の攻防が続く。同28分に柿谷がゴールネットを揺らすもこれはオフサイドだったが、迎えた同35分に交代直前の柿谷が待望の今季初得点を挙げる。MFルーカ・ズッフィのパスをPA右で受けた柿谷が右足でゴールに流し込み、2-0。新指揮官の初陣を白星で飾った。


    試合スコア
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2015/sws/sws-10786207.html
    2015-07-19_22h52_15
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150719-00833634-gekisaka-socc.view-000
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1437313360/

     
    続きを読む

    1: shake it off ★@\(^o^)/ 2015/07/09(木) 13:07:49.03 ID:???*.net
    バーゼルの日本代表FW柿谷曜一朗が自らの心境を明かしている。7日、スイス紙『バズラー・ツァイトング』が同選手のコメントを伝えている。

    柿谷は2014年7月にセレッソ大阪からバーゼルに加入。しかし、2014-2015シーズンは14試合出場に留まり3ゴール1アシストのみに終わっている。

    同選手は昨季の目標を「チームの勝利に貢献し、ファンに自分のよさを認めてもらうこと」と語ったものの、「この12ヶ月は難しい時期だった。ファンを失望させてしまい残念だ」と不満を露わにしている。

    パウロ・ソウザ監督との確執が報じられていた同選手だが、シーズン中に移籍を考えたかと聞かれると「何度か。僕の目標はプレーすることだった」と明かした。また「監督との関係は非常に難しいものだった」と不仲も認めている。

    それでも同指揮官が今夏フィオレンティーナ監督に就任したことで、柿谷のバーゼルでの未来はポジティブなものとなっている。代表復帰については「今は何も考えてはいない」とし、「まずはクラブで活躍しないと」と意欲をみせた。

    欧州挑戦初年度は失敗に終わった柿谷。2015-2016シーズンを復活の一年にすることはできるのだろうか。
    2015-07-09_18h12_30
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150709-00010009-footballc-socc
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1436414869/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ