海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:バーンリー

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/08/13(日) 00:58:53.52 ID:CAP_USER9.net
    [8.12 プレミアリーグ第1節 チェルシー2-3バーンリー]

    プレミアリーグは12日、第1節2日目を行った。昨シーズン王者のチェルシーはホームでバーンリーと対戦し、2-3で敗れた。

    アントニオ・コンテ体制2年目を迎えたチェルシーは、3-4-3のシステムで最終ラインに新戦力のDFアントニオ・リュディガーを起用。昨シーズンは3バックの一角を務めたDFセサル・アスピリクエタは右ウイングバックに入った。さらにコンテ監督は、怪我で欠場するMFエデン・アザールに代わって、20歳のMFジェレミー・ボガを開幕スタメンに抜擢した。

    試合は前半13分、チェルシーの主将DFガリー・ケーヒルがドリブルで攻め上がると、MFスティーブン・デフールにボールを奪われそうになったところをスライディングでブロック。足裏を見せた危険なプレーだったとして、ケーヒルにレッドカードが提示された。1人少なくなったチェルシーはボガに代えて、21歳DFアンドレアス・クリステンセンを入れた。

    数的優位に立ったバーンリーは前半19分にFWサム・ボークスがゴールネットを揺らしたが、オフサイドの判定。それでも24分、右サイドからDFマシュー・ロートンがアーリークロスを上げると、ボークスが右足で合わせる。威力はなかったが、ゴール左隅に吸い込まれ、昨シーズン16位のバーンリーが先制した。

    さらにバーンリーは前半39分、MFジャック・コークがPA右へループパスを送り、DFスティーブン・ワードが胸トラップから左足一閃。豪快なシュートをゴールに突き刺し、リードを広げる。43分には、右サイドからデフールが上げた鋭いクロスをボークスが頭で合わせ、3-0。王者相手に前半で3点を奪ってみせた。

    データサイト『オプタ』によると、プレミアリーグ史上初めてスタンフォード・ブリッジで前半だけで3失点を喫したチェルシー。後半の立ち上がりからDFマルコス・アロンソやFWミッキー・バチュアイらが積極的にシュートを放つが、なかなか決定的な場面を作れないでいた。するとコンテ監督は14分に、バチュアイを下げて今夏加入したFWアルバロ・モラタをピッチに送り込む。

    これで流れが変わり、チェルシーは後半24分に右サイドからMFウィリアンがクロスを供給。絶妙なタイミングで裏を取ったモラタがダイビングヘッドを叩き込み、1-3と2点差に詰め寄る。さらにチェルシーは28分にもゴールネットを揺らしたがオフサイドの判定。一気に点差を縮めることができなかった。

    追い上げムードが漂う中、チェルシーは後半36分にMFセスク・ファブレガスがこの日2枚目のイエローカードを受けて退場。残りの時間を9人で戦うことになった。それでも43分、アスピリクエタがハーフェーライン付近から前線に入れ、モラタが後方にフリックしたボールをDFダビド・ルイスが押し込み、1点差。しかし反撃もここまで。チェルシーが2-3で敗れ、波乱の幕開けとなった。
    2017-08-13_07h53_11
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170813-01642796-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/01/23(月) 01:26:37.54 ID:CAP_USER9.net
    アーセナル 2-1 バーンリー

    59' 1-0 ムスタフィ
    65' ジャカ(アーセナル) 退場
    94' 1-1 グレイ PK
    98' 2-1 アレクシス・サンチェス PK



    http://www.livescore.com/soccer/england/premier-league/arsenal-vs-burnley/1-2252392/
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/13(金) 19:17:03.98 ID:CAP_USER9.net
    イタリア1部リーグ(セリエA)、インテル・ミラノの日本代表DF長友佑都に関して13日付のイタリア主要スポーツ紙は、メルカートの動向を報じた。

    ガゼッタ・デロ・スポルトは、セリエA・サンプドリアとイングランド・プレミア・リーグのバーンリーが興味を示していると報じた。またコリエレ・デロ・スポルトもバーンリーが獲得するつもりでいるとしている。

    しかし両紙とも、長友はインテルに残りたいという気持ちが強く、同じDFのサントンやミアンゲが移籍する可能性が高いとみている。
    2017-01-13_21h35_24
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170113-00000096-dal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/12(木) 13:00:43.87 ID:CAP_USER9.net
    インテルに所属する日本代表DF長友佑都にプレミアリーグへの移籍話が浮上している。イタリアメディア『SportItalia』によるとインテルに対して、バーンリーから700万ユーロ(約8億円)の契約解除金でのオファーがあったという。

    すでにクラブ間で交渉の席が設けられることになっており、このまま契約がまとまる可能性もあると報じられている。

    現在、バーンリーはプレミアリーグ第20節終了時点で12位に付けており、即戦力として長友に関心を寄せている模様。

    30歳の長友は2011年1月にインテルに加入。インテルとは2019年6月までの契約を締結しているが、クラブはスタメンの座を約束しておらず、今シーズンはリーグ戦で7試合に出場したのみ。インテルへの愛情を事あるごとに示してきた長友だが、満足な出場機会を得られていない現状でどのような判断を下すのか、注目される。
    2017-01-12_14h37_31
    GOAL 1/12(木) 11:48配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170112-00000003-goal-socc
    続きを読む

    2014-08-30_22h47_20
    プレミアリーグ第3節が30日に行われ、バーンリーと日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uが対戦。古巣ドルトムントへの復帰が目前と報じられている香川は、ベンチ外で欠場となった。

     開幕2連敗のプレミア昇格組バーンリー。アウェーゲームとなったマンチェスター・Uは1分1敗と出遅れているが、26日にイギリス史上最高額の移籍金5970万ポンド(約103億円)で獲得したアンヘル・ディ・マリアを早速先発起用となった。

     試合は開始3分、バーンリーがゴール正面やや右でFKを獲得すると、デイヴィッド・ジョーンズが直接狙ったが、クロスバーを叩いた。マンチェスター・U は15分、自陣からディ・マリアがロングボールを送るとロビン・ファン・ペルシーがトラップからペナルティエリア内でシュートするが、GKトム・ヒートン が防いだ。

     バーンリーも27分、ジョーンズがミドルレンジから左足の強烈なボレーシュートを打つが、GKダビド・デ・ヘアが弾く。34分には右サイドからスコット・アーフィールドがカットインし、シュートするがフィル・ジョーンズがブロックに入った。

     試合は無得点のまま後半へ。両チームとも決定的な場面を作れないまま時間が経過。70分にマンチェスター・Uはディ・マリアがベンチに下がり、アンデルソンを投入。さらにファン・ペルシーに代えてダニー・ウェルベックがピッチに入った。

     78分、マンチェスター・Uは右CKからウェイン・ルーニーがヘディングシュートを放つがポストの左へ。終盤もマンチェスター・Uがボールを保持して相手陣内でプレーしていくが、得点につながる場面はなくホイッスル。0-0の引き分けに終わった。

     開幕3戦で2分1敗となったマンチェスター・Uは次節、クイーンズ・パーク・レンジャーズと対戦。1分2敗のバーンリーはクリスタル・パレスと対戦する。

    【スコア】
    バーンリー 0-0 マンチェスター・U
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140830-00226860-soccerk-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ