海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:パチューカ

    1:久太郎 ★:2018/03/11(日) 10:12:54.38 ID:CAP_USER9.net
    【クルス・アスル 5-0 パチューカ リーガMX後期第11節】

    リーガMX(メキシコ1部)の後期リーグ第11節が現地時間10日に行われ、本田圭佑擁するパチューカはアウェイでクルス・アスルと対戦した。

    10位と波に乗り切れないパチューカに対し、国内屈指の強豪として知られるクルス・アスルも15位と不振にあえいでいる。だが、先手を取ったのはホームのクルス・アスルだった。

    4分、左サイドバックのアルドレテからのロングボールに反応して抜け出したワルテル・モントーヤがペナルティエリア内深くまで侵入し、角度のないところからシュートを突き刺した。

    その後、パチューカは立て続けに失点を重ねる。8分には左サイドを簡単に崩されてエドガル・マルティネスのクロスからフェリペ・モラが2点目。さらに直後の9分にはカウンターの流れからワルテル・モントーヤにアーリークロスを上げられ、アンヘル・メナに3点目を奪われた。

    一向に反撃の芽を見出せないパチューカは23分にMFエマヌエル・ガルシアを下げてFWフランコ・ハラを投入。どうにか1点を返そうと試みるが、前半は0-3のまま終了した。

    後半のパチューカは交代カードを次々に切り、53分からセバスティアン・パラシオス、63分にクリスティアン・ヒメネスを送り出す。だが次のゴールを決めたのもクルス・アスルだった。

    66分、セットプレーからカウンターに転じたクルス・アスルは、A・メナが粘ってつなぎ、最後はエドガル・メンデスが後方に残っていたパチューカのDFラウール・ロペスをスピードで抜いて一気にゴールへ。ホームチームのリードは4点に広がった。

    こうなればもう止まらない。79分、ここまで1得点1アシストのA・メナがペナルティエリア手前から右足を振り抜き、強烈なミドルシュートでダメ押しの5点目となるゴラッソを挙げた。

    試合は5失点を喫したパチューカがなすすべなく0-5で敗れてリーグ戦2連敗。4-1-4-1のインサイドハーフで先発出場した本田だが、90分間フル出場で奮闘したものの結果につながる決定的な役割を果たすことはできなかった。

    【得点者】
    4分 1-0 W・モントーヤ(クルス・アスル)
    8分 2-0 F・モラ(クルス・アスル)
    9分 3-0 A・メナ(クルス・アスル)
    66分 4-0 E・メンデス(クルス・アスル)
    79分 5- A・メナ(クルス・アスル)
    20180311_honda_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180311-00260176-footballc-socc
    続きを読む

    1:首しめ坂 ★:2018/03/06(火) 16:51:27.11 ID:CAP_USER9.net
    「本田圭佑の勢いが恐ろしい」 韓国紙がメキシコでの活躍に脱帽、ハリルJ復帰を確信
    3/6(火) 7:10配信
    Football ZONE web

    後期4得点5アシストの好調ぶりに言及 日本代表復帰へ「無視する理由がない」

    パチューカのFW本田圭佑は現地時間4日、リーガMX(メキシコリーグ)後期第10節の敵地トルーカ戦に先発出場し、1アシストをマーク。試合は1-2で敗れたものの、本田自身は後期4ゴール5アシストと好調をキープする。そんな本田の活躍ぶりを韓国紙「スポーツソウル」も称賛。「本田圭佑の勢いが恐ろしい」と驚きをもって伝えている。

    リーグ戦10試合連続で先発出場した本田は、0-1で迎えた後半8分に左CKのキッカーを務め、DFアレクシス・ペーニャのゴールを演出した。「本田圭佑の勢いが恐ろしい」と伝えたのは韓国紙「スポーツソウル」だ。

    「ホンダは昨年、浮き沈みを経験した。所属チームのACミランではレギュラー争いで後れを取り、試合感覚を失った。夏の移籍市場でメキシコのリーグ移籍の冒険を敢行した」

    パチューカに移籍した当初は怪我の影響で出遅れた影響もあり、「10月と11月の日本代表戦で親善試合に招集されず、ロシア・ワールドカップ出場も不透明になった」とそれまでの経緯を記している。

    だが2018年に入ってから状況は一変したと言及。「驚異的な活躍で、チームのキープレーヤーになった」と本田のハイパフォーマンスを伝えている。「実戦感覚を理由にホンダを代表から外したバヒド・ハリルホジッチ監督としても、コンディションが回復したホンダを無視する理由がない」と代表復帰のお膳立てが整ったとしている。

    3月23日にマリ、27日にウクライナと対戦する日本代表。好調の本田は代表メンバーに招集されるのだろうか。韓国紙も興味深く注視しているようだ。

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web
    2018-03-06_17h29_28
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180306-00010000-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/06(火) 06:53:39.77 ID:CAP_USER9.net
    今海外でプレーする日本人の中で最も大きな注目を集めている選手の一人が、パチューカの本田圭佑だ。メキシコリーグ(リーガMX)後期10試合で4ゴール5アシストという成績は文句のつけようがない。

    欧州ではメキシコの地での働きには、「レベルが違う」との否定的な意見が付きものだが、異国の地で毎試合のように得点に絡むことのできる選手はそうはいない。しかし、その本田もパチューカ加入当初は適応に苦しみ、トップフォームを披露することはできていなかった。では、加入当初と現在のリーグ後期では何が変わったのだろうか。

    『Goal』メキシコ語版で記者を務めるジョンカルロス・ギュイナン氏は、ポジションの変化を覚醒の理由に挙げる。

    「大きな要因は、彼がプレーしているポジションだ。現在、彼は前線のフリーマンとして攻撃陣と絡んでいる」

    また、メキシコでは「ワールドクラスの選手」との評価を受ける本田。メキシコでの輝かしい活躍ぶりに、再び代表待望論も巻き起こっている。ギュイナン氏も日本代表にとって必要な選手であると力説する。

    「常に彼は代表にとって有益な存在であった。それに2010年、2014年でワールドカップの経験があるし、重要な選手になるだろう」

    今月に日本代表は欧州遠征で、23日にマリ、27日にウクライナと対戦する。そこにサムライブルーをまとう本田の姿はあるのか。注目が集まるところだ。

    3/5(月) 17:35配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180305-00000021-goal-socc

    写真

    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/03/05(月) 05:16:34.53 ID:CAP_USER9.net
    3/5(月) 5:01配信
    本田圭佑がアシスト記録も、パチューカは敵地でトルーカに敗れる/リーガMX後期第10節

    ■リーガMX後期第10節

    トルーカ 2-1 パチューカ

    得点者
    トルーカ:ウリベ(30分)
    キニョネス(68分)
    パチューカ:ペーニャ(53分)

    リーガMX後期第10節、パチューカは敵地でトルーカとの一戦に臨んだ。

    この試合、パチューカは2点差以上で勝利すればリーグ3位に浮上する。先発した本田圭佑は攻撃的な位置を主戦場としながら、中盤の底まで下がって起点になったり、時にはトップに入ってポストワークをこなすなど、ピッチ上を流動的に動き、打開を狙う。

    しかし、先制したのはホームのトルーカだった。30分、ゴールエリア左側をパブロ・ブリエントスが縦に抜け、クロスを入れる。中に飛び込んだフェルナンド・ウリベが押し込んでトルーカが1点を先行する。

    試合はこのままトルーカのリードでハーフタイムを迎えた。1点を追うパチューカは53分、CKのチャンスに本田が左足でクロスを放り込むと、アレクシス・ペーニャが頭でネットを揺らし、スコアを1-1とする。本田にとってはこれが後期リーグ5アシスト目となった。

    ホームのトルーカは68分、右サイド深くからウリベがクロスを入れると、ファー側でアレクシス・カネロが折り返す。そこへ飛び込んだルイス・キニョネスが押し込んでネットを揺らし、2-1と再び1点をリードする。

    またしても追う展開になったパチューカはこの後攻めあぐねる展開が続き、試合は2-1のままフルタイムを迎えた。この結果、勝ち点3を獲得したトルーカは3位に浮上(勝ち点18)。一方のパチューカはこれで4勝2分け4敗となり、順位を10位に下げる結果となった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180305-00000034-goal-socc

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/04(日) 10:01:17.96 ID:CAP_USER9.net
    後期リーグ4得点4アシストの本田、「チーム総得点の47%に関与」と米メディアも評価
     
    昨夏にイタリアの名門ACミランからパチューカに移籍したFW本田圭佑は、リーガMX(メキシコリーグ)後期リーグで4得点4アシストの活躍を見せ、日本代表復帰待望論も巻き起こっている。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」では本田を特集し、「天才」「パチューカでの主なトピックの一つ」と称えている。

    本田は昨夏にパチューカに加入し、怪我の影響で出遅れた前期は12試合で3得点にとどまった。しかし後期に入って完全復活を遂げると、リーグ戦9試合で4得点4アシストと強烈な存在感を放っている。

    記事では「ホンダは一定水準に戻るまで我慢と理解を監督やスタッフから求められた。だがその間、彼は環境に適応し、語学も学んだ」と前期の努力を高く評価した。後期に入ってからの本田は本領を発揮しているが、「ホンダや(エリック・)グティエレスのような二人の天才がお互いのプレースタイルを理解し始め、タイトルを競うチャンスが劇的に増えた」と分析している。

    ここまで後期リーグ戦9試合を終えて、パチューカは全17ゴールをマーク。「ホンダが4ゴール4アシストをチームにもたらした。彼はチーム総得点の約半分(47%)に直接関与している」と、本田のパフォーマンスがいかに際立っているかを記している。

    本田のプロフェッショナリズム、「チームの主なトピックの一つになっている」
     
    シーズン途中のため、最終的な評価は「時期尚早」としながらも、本田がクラブに与えた影響は多大だという。「日本のファンがパチューカという存在を認識し、彼らが多くのゴールが生まれるようなダイナミックなスタイルを好んでいることが分かっている。パチューカのブランドは、何年か前には考えられなかったほど世界で高まっている」と言及。本田がチームブランド力向上の一助となっていると指摘する。

    さらに同記事では、本田のサッカーに対する真摯な姿勢を絶賛。「ホンダのプロフェッショナリズムは、パチューカでの主なトピックの一つになっている」と伝えている。好影響はピッチ内外に及んでおり、「若きメキシコ人の成長にとっても不可欠」というほど際立っているようだ。

    後期リーグに突入してから本田のパフォーマンスは際立っており、評価もうなぎ上り。このまま調子を上げて日本代表復帰を果たし、6月のロシア・ワールドカップでもその雄姿が見られるだろうか。

    3/4(日) 8:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180304-00010001-soccermzw-socc

    写真

    続きを読む

    20170823112704b97

    1:豆次郎 ★:2018/03/02(金) 13:46:40.22 ID:CAP_USER9.net
    2018/3/ 2 07:00

    最近は「実業家」としても活躍する本田圭佑さん(31)が、新たに作ったアプリを通じて「資本主義の真実」をめぐって突っ込んだ発言を連発して話題になっている。

    「I hate current capitalism, but we have to win, if we want to change the system(俺は現在の資本主義が嫌いだ。だがシステムを変えるには、俺たちが勝たなければならない)」――。

    「新しい経済システムが必要やって思う」

    本田さんが2018年2月27日、新たに立ち上げた公式アプリに書き込んだ一文だ。続けて、コメント欄で「このカレントキャピタリズムってのは資本主義の仕組みのこと。勉強すればするほど、新しい経済システムが今後の社会には必要やって思う」と補足する。

    23日に公開されたこのアプリは、登録者が書き込み・交流を行えるSNS的な機能などを備えている。開設以来、本田さんはこのアプリ向けに独自の投稿を行っており、上記の文章はそのひとつだ。

    コメント欄には本田さんファンらしきユーザーから、次々と賛意の書き込みが。本田さんもたびたび登場し、時には質問に答えながらコメントしていく。経済への関心の深さや、現在の「システム」を変えることへの熱意がうかがえる一方で、「勉強します」という投稿があると、

    「ロスチャイルド家に遡って勉強するのがいいかもしれないです」「僕はお金とユダヤ人の歴史くらい勉強してたら、今の資本主義の真実が見えてきたって流れです」と、自ら「アドバイス」したり、またさらに別のユーザーから、日本銀行についての話題を振られた際には、

    「日銀の株主やFRBの株主は闇ですよね。噂は色々とありますが。だからおかしいって言ってるんです。笑」と語る場面も。

    アカウントの肩書きは「起業家、投資家、教育家」

    ロスチャイルド家といえば、ヨーロッパをまたにかけて200年以上にわたり活動し、現在も複数の金融機関を擁するユダヤ人系の大財閥だ。反面、いわゆる「陰謀論」を説く書籍などでは、世界を裏で操る「黒幕」としてよく名前が挙がる存在でもある。また日本銀行の「株主(出資者と呼ばれる)」は、55%が政府、45%が民間だが、この民間分についても、ネットなどでしばしば「陰謀論」のネタにされる。

    自身はこうした論に賛成するような発言そのものはしていないが、界隈でしばしば挙がる名前に言及したことに、ツイッターなどでは驚きの声も少なくない。

    メキシコ・パチューカで活躍する本田さんだが、最近では実業家としての顔も持ち、複数のサッカークラブの経営に携わるほか、2月28日にはスポーツベッティング事業を手がけるベンチャー事業への出資を明らかにしたばかり。公式ツイッターの肩書きも、

    「Entrepreneur, Angel Investor , Educator(起業家、エンジェル投資家、教育家)」だ。こうした二足のわらじ、いや四足のわらじを揶揄されることも多いようだが、本田さんは24日、こう反論ツイートしている。

    「ビジネスや社会貢献活動を本気で取り組むと、本業に集中しろ、サッカー以外のスキルがないくせに、胡散臭いという批判を受ける。その度に『よしよし、まだ未開拓地ってことやな。めっちゃスゲー宝を見つけたる!』って気分になる。コロンブスもこんな気分やったんかな」

    https://www.j-cast.com/2018/03/02322574.html?p=all
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/03/01(木) 15:55:03.66 ID:CAP_USER9.net
    パチューカ本田圭佑、リーガMXのベストイレブンに…ここ9試合で4G4A

    パチューカのMF本田圭佑が、ここまでのリーガMXのベストイレブンに選出された。『ESPN』が報じている。

    メキシコの1部リーグ、リーガMXはすでに中間点を過ぎ、プレーオフまで残り8試合となった。昨年加入当初は適応に苦しんでいた様子の本田は、2018年から輝きを増し、パチューカの中心選手に。『ESPN』では、そうした働きを評価し、本田をベストイレブンに選出した。寸評ではこのように記されている。

    「日本のスーパースターは当初高い期待に応えられずにいたが、今シーズンはパチューカのベストプレイヤーだ。ここ9試合で4ゴール4アシストという働きのおかげで、パチューカは本田の攻撃面でのリーダーシップの元で躍進を遂げ始めている」

    なお、パチューカからの選出は本田のみとなっている。
    2018-03-01_18h33_52
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180301-00000003-goal-socc
    続きを読む

    201710100009-spnavi_2017101000048_view

    1:あちゃこ ★:2018/02/28(水) 14:21:00.88 ID:CAP_USER9.net
    メキシコ1部リーグ、パチューカのMF本田圭佑が28日、自身のツイッターを更新し、スポーツベッティング会社に出資したことを明かした。

    本田は「ジャングルXというスポーツベッティング会社に出資しました」と報告。「手数料0、売上をアスリートに還元。まさに改革。何とか成功してほしいよね」とつぶやいた。

    ジャングルXは、ベッティング(賭け)ビジネスの本場・英国で3月にも本格的に開始予定で、通常のブックメーカーが取る10%程度の手数料をなくし、さらにアスリートへ寄付という形で還元するとしている。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180228-00000060-dal-socc
    続きを読む

    1:きのこ記者φ ★:2018/02/27(火) 15:50:15.41 ID:CAP_USER9.net
    日本代表から外れているパチューカのMF本田圭佑(31)が23日、新たにスタートさせた公式アプリで、早速、登録ユーザーと議論を交わした。

    まずは「勉強すればするほど、新しい経済システムが今後の社会には必要やって思う」とコメント。これに対し、早速意見が届いた。

    これまでもSNSを使い、意見を発信してきたが、今回リリースしたアプリの意義を「ツイッターでもなく、サロンでもなく(中略)あらゆる課題について議論してプロジェクトを立ち上げて行きたいと思います。ビジネス、教育、サッカー、社会貢献活動など、僕がキッカケとなり皆さんが主体となり議論して行動していく場にしていきます」としている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00137106-nksports-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ