海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:パリ・サンジェルマン

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/07/13(木) 03:37:52.80 ID:CAP_USER9.net
    7/13(木) 1:59配信
    日刊スポーツ

    ダニエウ・アウベス

    フランス1部パリ・サンジェルマンは12日、ユベントスからブラジル代表DFダニエウ・アウベス(34)を獲得したと電撃発表した。公式フェイスブックで、アウベスが自らユニホームに背番号を着ける、わずか15秒に動画を配信した。背番号は32。

    アウベスは16-17年に、08-09年から8季プレーしたバルセロナを退団しユベントスに移籍。16年11月のジェノア戦で左足腓骨(ひこつ)を骨折して戦線を離脱し、セリエAでは19試合出場2ゴールにとどまったものの、欧州チャンピオンズリーグ(CL)では、準決勝のモナコ(フランス)戦2試合で1ゴール3アシストと大活躍し、チームを決勝に導いた。

    それが、わずか1シーズンでユベントスを退団。バルセロナ時代に指導を受けた、グアルディオラ監督が率いるマンチェスターC入りが濃厚と報じられていたが、ブラジル代表の同僚DFチアゴ・シウバ(32)がプレーするパリ・サンジェルマン行きを選んだ。
    2017-07-13_07h22_38
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170713-01854501-nksports-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/23(金) 11:35:15.56 ID:CAP_USER9.net
    パリ・サンジェルマン(パリSG)が、キリアン・ムバッペ獲得に向け、モナコに1億3500万ユーロ(約168億円)のオファーを提示したことが分かった。

    ムバッペは昨シーズン、44試合で26ゴールを挙げるセンセーショナルな活躍を見せ、モナコの17年ぶりのリーグ・アン制覇とチャンピオンズリーグベスト4進出に大きく貢献。この活躍を受け、アーセナルやレアル・マドリーをはじめ多くのビッククラブが同選手の獲得に関心を寄せている。

    当初、18歳のフランス代表FWの獲得に興味を持っていなかったパリSGだが、今月初めにアンテロ・エンリケ氏がスポーツディレクターに就任したことで一転。クラブの補強方針は大幅に変わり、ムバッペの移籍を実現するために同選手の父親と2度面会するなど、積極的な動きを見せている。さらに、パリ生まれのムバッペも地元のクラブをレアル・マドリー移籍の足がかりにしたいと考えているようだ。

    しかし、すでにベルナルド・シウバをマンチェスター・シティに放出したモナコは、財政面に余裕があり、あと2年の契約を残すムバッペを早急に売却する必要はない。また今後も18歳のストライカーをチームに引き留めるために契約延長の準備を進め、大幅な昇給オファーを送ったとされている。

    ムバッペの去就は依然として不透明なものの、休暇明けに全ての結論を出すとされている。
    2017-06-23_16h35_03
    GOAL 6/23(金) 6:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-00000029-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/19(月) 12:13:05.70 ID:CAP_USER9.net
    【ロシア・カザン18日(日本時間19日)発】サッカーの各大陸王者が世界一を争うコンフェデレーションズカップ1次リーグA組で、欧州覇者のポルトガルは北中米カリブ海代表のメキシコに2―2のドロー。

    B組の南米王者チリはアフリカ代表のカメルーンに2―0で勝利した。そんな中で、ポルトガルのエースFWクリスチアーノ・ロナウド(32)の退団報道が波紋を広げている。

    スペイン紙「マルカ」は、18日までにC・ロナウドが所属するレアル・マドリード(スペイン)からの退団を決意したと報道。

    代表の同僚に「マドリードを離れると決めた。後戻りできない」と語ったという。理由は、スペインの税務当局に脱税の嫌疑で調査され、クラブがC・ロナウドを擁護していないことに不満を募らせたため。フロレンティーノ・ペレス会長は翻意を求めて説得する方針を示している。

    同紙によると、Rマドリード側は、C・ロナウドの契約解除金を10億ユーロ(約1240億円)に設定するものの、現実は2億ユーロ(約248億円)程度になるという。すでに代理人が接触したパリ・サンジェルマン(フランス)が有力視される中、マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)とバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)も獲得検討との報道が出ている。

    また、ACミラン(イタリア)がGKジャンルイジ・ドンナルンマ(18)と、チェルシー(イングランド)はMFエデン・アザール(26)とのトレードを計画中と伝えられるなど、しばらくは“Cロナ狂想曲”がサッカー界を騒がせそうだ
    2017-06-19_14h22_21
    2017年6月19日 11時30分 東スポWeb
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13222188/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/18(日) 08:14:43.81 ID:CAP_USER9.net
    レアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドは、フランスへ移籍することになるかもしれない。代理人がパリ・サンジェルマンとプレ合意していると、英紙『デイリー・メール』が伝えた。

    ポルトガル代表のC・ロナウドがレアル・マドリー退団を希望していると報じられ、大きな話題となっている。

    同選手の希望が事実だとしても、財政面で獲得できるクラブはごくわずか。その一つに古巣のマンチェスター・ユナイテッドが挙がると言われているが、パリ・サンジェルマンとは競えないという見方のようだ。

    同紙は、ジョルジュ・メンデス代理人とパリ・サンジェルマンがプレ合意にあるとしている。同代理人は2週間ほど前、チャンピオンズリーグ決勝が行われたカーディフでパリ・サンジェルマンの会長と接触しており、マドリーから移籍する可能性についてのは話があったそうだ。

    コンフェデレーションズカップ初戦を控えるC・ロナウド。将来についての話は進んでいるのだろうか。
    20170618_cr_getty-560x373
    6/18(日) 8:03配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170618-00217484-footballc-socc
    続きを読む

    1: 動物園φ ★\(^o^)/ 2017/06/01(木) 18:11:09.26 ID:CAP_USER9
    6/1(木) 17:59配信
    2017-06-01_19h23_34
    オバメヤン(写真は2015年7月)

    ドルトムントFWオバメヤンのパリサンジェルマンへの移籍が確定かと、1日に独紙ビルトが報じた。

    ブンデスリーガ得点王ピエールエメリック・オバメヤンの移籍にまつわるうわさ話はますます過熱している。サン紙などのイングランドメディアによると、ドルトムントとパリサンジェルマンの間で合意に達したようだ。チームマネジャーのミヒャエル・ツォルクはルールナッハリヒテン紙に「今のところ我々のところにオフィシャルなオファーは世界のどこからも届いていない」とコメント。移籍金は7500万ユーロ(約93億8000万円)とされている。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170601-01833303-nksports-socc

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/03/13(月) 23:54:32.10 ID:CAP_USER9.net
    サッカー史に残る伝説の一戦として記憶されそうなバルセロナvsパリ・サンジェルマン(PSG)が、再試合となるかもしれない。

    バルセロナはチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦でPSGと激突。ファーストレグを敵地で0-4と大敗しながら、ホームのカンプ・ノウで6-1と勝利し、史上最大の逆転劇を演じてみせた。

    しかし、一方でセカンドレグを裁いた主審のデニス・アイテキン氏には少なくない批判が集まっている。ホームチームに2つのPKを与えた一方で、PSGのためにペナルティースポットを指差すことはなかった。

    PSGファンの一人であるルイス・メレンド・オルメドさんはカンプ・ノウでのスリリングでの戦いが再び行われることを求めているという。

    「主審の判定はPSGにとってあまりに不利で、大きなダメージを与えました。だからこそ、再戦されなければならないと思っています」

    オルメドさんは、『Change.org』というキャンペーンを立ち上げる、もしくは署名を集めることができるサイトで、再戦を呼びかける請願を投稿。すでに20万人がオルメドさんの意見に賛同している。いずれにしろ、今後UEFA(欧州サッカー連盟)はこういった意見や活動を無視できなくなるかもしれない。
    2017-03-14_07h49_21
    GOAL 3/13(月) 19:38配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00000020-goal-socc

    ◇動画スカパー公式ハイライト

    第1戦



    第2戦


    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/03/10(金) 14:02:18.34 ID:CAP_USER9.net
    現地時間7日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグの試合が行われ、バルセロナはホームでパリ・サンジェルマン(PSG)と対戦し6-1の勝利をおさめた。歴史的な大逆転劇で幕を閉じた試合だが、その余韻もつかの間、英メディア『ユーロスポーツ』が試合の分析を始めている。

    同メディアはタイトルに「スアレスダイブ? マスチェラーノハンド? 審判の判定に対する我々の評決」とつけて、いくつかの問題点を挙げた。まず、試合開始して3分にバルセロナのルイス・スアレスが先制点を決めたシーンについては、オフサイドポジションにいたとして「オフサイドだった」と結論付けている。

    また、ハビエル・マスチェラーノがクロスボールをブロックした際にボールが明らかに手に当たっていたとして「ハンドだった」と指摘した。本来であればPSGがPKのチャンスを獲得していたという。

    そして、ネイマールが自ら仕掛けてPKを獲得したシーンについては、PSGのディフェンダーが頭で引っ掛けるようにしていたとして「正しい判定だった」と主張している。67分にスアレスがペナルティエリア内で倒れてイエローカードを提示されたシーンに関しても「正しい判定だった」とした。

    一方で、後半終盤にスアレスが倒されてPKとなったシーンに関しては「間違いだった」と指摘した。すでに1度スアレスがダイブしてイエローカードを提示されていたことが、審判の判断を狂わせた可能性があるという。また、後半アディショナルタイムが5分あったことに関しては「正しかった」と結論付けている。結果的にバルセロナが6-1の勝利をおさめたが、審判の判定一つで全く違う結果になっていたかもしれない。
    sua_getty-1-560x373
    フットボールチャンネル 3/10(金) 13:51
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170310-00010020-footballc-socc

    ◇動画スカパー公式ハイライト

    第1戦



    第2戦



    AbemaTVサッカーチャンネル
    https://abema.tv/now-on-air/soccer

    番組表
    https://abema.tv/timetable/channels/soccer

    3月12日(日)20:00 ? 23:00
    BarcaTVバルセロナ vs パリSG(UEFA チャンピオンズリーグ)
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/03/09(木) 06:52:37.48 ID:CAP_USER9.net
    チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグが8日に行われ、バルセロナとパリ・サンジェルマンが対戦した。

    ファーストレグではパリ・サンジェルマンがホームで4-0と先勝しており、バルセロナは厳しい状況に立たされている。CL史上、第2戦で4点差をひっくり返した前例はないが、バルセロナはホームで奇跡の大逆転を目指す。

    立ち上がりからバルセロナが敵陣に押し込む展開となると、試合は早い時間に動く。ゴール前の混戦からルイス・スアレスがヘディングシュートを放つと、GKの頭上を超えたボールがゴールラインを割った。

    幸先よく先制したバルセロナは15分、ペナルティエリア手前中央で得たFKをリオネル・メッシが直接狙ったが、クロスバーの上を超えた。17分にはネイマールがエリア手前左からミドルシュートを放ったが、わずかに枠の右上へ逸れてしまった。

    その後も猛攻を続けるバルセロナは40分、エリア内左に抜け出したアンドレス・イニエスタがヒールで折り返すと、GKが弾いたボールがDFレイヴァン・クルザワに当ってそのままゴールネットを揺らし、オウンゴールとなった。

    後半開始早々、バルセロナはイニエスタのスルーパスにネイマールがエリア内左に抜け出す。バランスを崩したトーマス・ムニエに倒されてPKを獲得。50分、キッカーのメッシがゴール左に強烈なシュートを蹴り込み、この試合3点目を奪った。

    2戦合計で1点差に詰め寄られたパリ・サンジェルマンが先に選手交代。55分、ルーカス・モウラに代えてアンヘル・ディ・マリアを投入した。

    防戦一方だったパリ・サンジェルマンは62分、貴重なアウェイゴールを奪う。センタサークル付近で獲得したフリーキックをマルコ・ヴェラッティがゴール前に放り込む。エリア内左でクルザワが頭で折り返すと、中央のカバーニが右足で合わせてゴールネットを揺らした。

    88分、バルセロナはエリア外左でフリーキックを獲得。ネイマールが直接狙うと、ゴール左上に突き刺さった。さらに直後の90分、スアレスがエリア内で倒されてPKを獲得。キッカーはネイマールが務め、ゴール右に蹴り込んだ。

    後半アディショナルタイム5分、バルセロナが遂に逆転に成功する。エリア外中央からネイマールがゴール前へ浮き球を送る。セルジ・ロベルトが飛び込んで合わせ、ゴールネットを揺らした。

    試合はこのまま終了し、バルセロナが6-1で勝利。2戦合計で6-5とし、バルセロナが9大会連続のベスト8進出を劇的大逆転勝利で決めた。パリ・サンジェルマンはファーストレグの4点リードを守りきることができなかった。

    【スコア】
    バルセロナ 6-1(2試合合計:6-5) パリ・サンジェルマン

    【得点者】
    1-0 3分 ルイス・スアレス(バルセロナ)
    2-0 40分 OG(レイヴァン・クルザワ)(バルセロナ)
    3-0 50分 リオネル・メッシ(PK)(バルセロナ)
    3-1 62分 エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)
    4-1 88分 ネイマール(バルセロナ)
    5-1 90+1分 ネイマール(バルセロナ)
    6-1 90+5分 セルジ・ロベルト(バルセロナ)
    2017-03-09_07h11_11
    SOCCER KING 3/9(木) 6:48
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170309-00560569-soccerk-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/24(火) 23:32:34.40 ID:CAP_USER9.net
    b49a4f59-90ed-4318-8012-b964b19164d3

    デイヴィッド・ベッカムが古巣であるパリ・サンジェルマンを訪問。ともにプレーしたマクスウェルらと再会した。
    16142323_10155854709943298_8372494716865819627_n
    https://www.facebook.com/PSG/photos/a.10155854708863298.1073742145.139594698297/10155854709943298/?type=3

    選手たちのサインが入った背番号32番のユニフォームを手渡されたベッカム。デニムシャツにレザージャケットという出で立ちが格好良すぎる!



    デイヴィッド・ベッカム

    「2013年に引退してから、(PSGの)トレーニングセンターに戻ってくるのはこれが初めてだね。

    とはいえ、パルク・デ・プランスにはすでに何度か試合を見に来ているよ。

    ここに戻ってくるのは素晴らしいことさ。帰還だね!」

    「PSGはとてもスペシャルなクラブだし、ここでの素晴らしい思い出はたくさんあるよ。

    もうちょっとここに居たかったね。ここに戻ってくるのは大好きさ。

    たとえ、6か月しか(プレーして)いなかったとしてもね。

    このクラブに6年か10年くらい居たように感じるよ!(今回)それくらい歓迎されたしね!」

    http://qoly.jp/2017/01/24/david-beckham-and-psg-iks-1
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/23(月) 20:26:25.09 ID:CAP_USER9.net
    リーグ・アンでは自身初の20ゴールを記録。

    1月21日に開催されたリーグ・アン21節のナント戦で、パリ・サンジェルマンの主砲エディンソン・カバーニが2得点を決め、2-0の勝利の立役者となった。
     
    これで国内リーグ戦のゴール数を早くも20点の大台に乗せた。プレミアリーグ、リーガ・エスパニョーラ、セリエA、ブンデスリーガよりややレベルが落ちるリーグ・アンでの成績とはいえ、今シーズンの欧州主要リーグでは一番乗りだ。
     
    昨夏に絶対的エースだったズラタン・イブラヒモビッチがマンチェスター・ユナイテッドへと移籍し、念願のCFを任されるようになった今シーズンは、持ち味の裏への抜け出しとワンタッチシュートでゴールを量産。出場19試合で20得点と突出した決定力を誇る。
     
    13年夏にパリSGへ加入して以来、ウイングでの起用が多かったにもかかわらず、16点、18点、19点と年々ゴールを増やしてきた。このペースでは行けば、今シーズンは一気に倍増どころか、40ゴールも夢ではないか。
     
    少なくとも、ナポリ時代の12-13シーズンに記録したキャリアハイの29得点(セリエAの得点王)を上回るのは、ほぼ間違いないだろう。
     
    真価が問われるのは、チャンピオンズ・リーグ(CL)でのパフォーマンスだ。国内リーグよりチャンスが限られるCLの舞台でどれだけ決定力を発揮できるか。ラウンド・オブ16屈指の好カード、2月14日のバルサ戦(第1レグ)では、このウルグアイ代表ストライカーに注目だ。
    2017-01-24_08h22_25
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170123-00022024-sdigestw-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ