海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:パリ・サンジェルマン

    no title
    1: 風吹けば名無し 2020/06/01(月) 03:40:03.69
    ーーーーーカバーニーーイカルディ
    ネイマールーーーーーーーーーーーディマリア
    ーーーーーゲイエーードラクスラー
    べナルトーチアゴシウバーマルキーニョスームニエ
    ーーーーーーーーナバス

    監督トゥへル


    つよすぎやろ

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/05/31(日) 21:05:11.57
    パリ・サンジェルマン(PSG)は31日、インテルから期限付きで加入していたFWマウロ・イカルディを完全移籍で獲得したと発表。選手とは4年契約を結んでいる。

    PSGは声明で「2019-20シーズンはインテルから期限付きで加入していたマウロ・イカルディに関して、完全移籍契約を結んだ。イタリアのパスポートも持つアルゼンチン代表は、2024年6月30日までの4年契約にサインした」と明かしている。

    なお報道によると、移籍金は5000万ユーロ(約60億円)+ボーナス800万ユーロ(約9億6000万円)となるようだ。インテルも同日「マウロ・イカルディのPSG移籍を発表する。我々と過ごした6シーズンに感謝するとともに、将来のベストを祈っている」と発表している。

    今季のイカルディは公式戦31試合で20ゴールを挙げ、チームのリーグ・アン3連覇や4シーズンぶりとなるチャンピオンズリーグベスト8進出に大きく貢献している。
    2020-05-31_21h45_01
    https://news.yahoo.co.jp/articles/bd40c51799851ea8f91b7fb027610f5ebc4bf495

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/05/02(土) 05:25:24.73
    マドリーは日本の至宝を手放すのか?
     
    レアル・マドリーからマジョルカにレンタル中の久保建英の去就が、現地でも注目を集めているようだ。EUパスポートを持たない選手が3人しか登録できない「EU圏外枠」の問題もあり、現状では再レンタルが濃厚視されている久保。

    だが、現地時間4月30日にスペイン・メディア『Bernabeu digital』が、マドリー通のトマス・ゴンサレス=マルティン氏からの情報として伝えたところによると、ローン先の最有力候補として見られていたレアル・ソシエダは、日本代表MFではなくレガネスのオスカル・ロドリゲスのレンタルを望んでいるという。

    そんななか、マドリー専門メディア『Defensa Central』は現地時間5月1日、パリ・サンジェルマンが久保の獲得に乗り出していると報じた。記事によると、まだFC東京に在籍していた一年前にも契約に動き、マドリーとの争奪戦に敗れたパリSGが、再び日本の至宝の引き抜きを画策。2000万~2500万ユーロ(約24億~30億円)のオファーを検討しているという。

    フランスの絶対王者は、この18歳の才能を高く評価しており、「数か月前にもアプローチをしていた」と記事は綴っている。ただ、マドリーに売却するつもりはないようだ。『Defensa Central』は、トップチームに加わるには厳しい競争を強いられるとしたうえで、「クラブは経験を積ませて成長した姿で戻ってくるプランを描いている」とし、こう続けた。

    「マドリーは日本の優れたタレントを手放すのではなく、リーガのチームにレンタルすることを望んでいる」リーグ・アンの打ち切りが決定し、3連覇が決まったパリSGは今後、来季の補強に向けて本格的に動くことになる。はたして久保への正式オファーはあるのか。その動向は大いに注目だ。

    5/2(土) 5:06配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200502-00072590-sdigestw-socc
    no title

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/04/20(月) 06:04:12.65
    バルセロナが再獲得を目指すなかでPSGもカタール投資庁のオイル・マネーで対抗

    パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールは、古巣であるバルセロナへの移籍が取り沙汰されている。しかし、PSGが高額条件で引き留めにかかるという。英紙「デイリー・スター」が報じている。

    ネイマールはバルセロナからPSGへ渡った2017年、移籍金2億2200万ユーロ(約246億円)というサッカー史上最高額の記録を打ち立てた。パリでの生活も間もなく3年が経とうとしているなかで、バルセロナはネイマールの再獲得を模索しているとされる。

    一方でPSGもネイマールを簡単に移籍させるつもりはないという。記事では、ネイマールに対して手取り年俸3800万ユーロ(約46億円)という超高額の契約延長オファーを提示する準備を進めていると伝えている。

    カタール投資庁からのオイル・マネーで潤うPSGならではの高額条件の提示で、引き留めに全力を尽くすようだ。パリでの生活やフランス1部のレベルなどを要因に移籍へ傾いているという報道もあるネイマールだが、その去就には注目が集まっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200420-00257976-soccermzw-socc
    4/20(月) 5:45配信

    no title

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/04/03(金) 22:34:55.29
    バルセロナはパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールの獲得に向けてフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン+金銭の提示を準備しているようだ。スペイン『アス』などが現地時間2日に報じた。

    ネイマールの復帰を望むバルセロナ。獲得には巨額の資金が必要になるが、バルセロナは今夏獲得したばかりのグリーズマンをネイマールの獲得交渉に組み込む可能性があるようだ。また、バルセロナはインテルに所属するアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスにも興味を示していて、同選手の獲得にグリーズマンを差し出す可能性も報じられていた。

    同メディアは、もしPSG側がグリーズマンの獲得を拒否した場合、同選手を他クラブへ売却してネイマール獲得の資金に回すプランもあるという。

    果たして、バルセロナはグリーズマンを売却してネイマールを獲得することになるのだろうか。
    2020-3-20-Neymar_Getty-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200403-00369406-footballc-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/03/14(土) 06:16:58.90
    パリ・サンジェルマン(PSG)のFWネイマールの“煽り”パフォーマンスが物議を醸している。

    11日にチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16セカンドレグのPSG vsドルトムントが開催され、2-0でPSGが勝利。この結果、2戦合計3-2で、PSGが逆転突破を決めた。

    この試合、先発したネイマールは28分にCKからゴールを記録。ベンチ方面までセレブレーションに行った際、座禅を組んで瞑想するハーランドのパフォーマンスを真似した。

    試合後には、MFアンヘル・ディ・マリアやMFユリアン・ドラクスラーら10名以上がハーランドのゴールパフォーマンスを真似して笑顔で喜びを示していた。こういった一連の行動について現地を含むほとんどのメディアは、ネイマールが19歳ハーランドの真似をしたのは、リスペクトからではなく嘲りであるとみている。

    一方で、PSGがこういった行動に移ったのはあくまでも“報復”であったと伝えられている。ハーランドはSNSのスナップチャット上でパリという都市について「君たちのではなく、僕の街だ」とコメントしていたため、PSGの選手たちが応じたとみられている。なお、ハーランドのコメントは本物かどうか、第三者によって編集されSNSで公開されたかどうかは不明である。

    しかし、ネイマールは個人でも返答しており、試合後には自身のインスタグラムを更新。瞑想パフォーマンスを行う自身の写真とともに、「パリは君たちのではなく、僕らの街だ」とコメントしている。

    3/13(金) 14:10配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200313-00010022-goal-socc

    no title

    続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2020/03/12(木) 11:01:04.66 0
    PSGファン約3000人が集結…無観客試合もスタジアム外から歓声や花火で後押し
    https://www.soccer-king.jp/news/world/fra/20200312/1045436.html

    パリ・サンジェルマン(PSG)は、11日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグでドルトムントと対戦し、2-0の勝利を収めて2試合合計3-2で4シーズンぶりのベスト8進出を決めた。

    同試合は新型コロナウイルス感染拡大の影響により無観客で行われたが、試合前からPSGのファンが試合会場の本拠地パルク・デ・プランス周辺に集結。欧州メディア『ユーロニュース』によると、約3000人のファンが集まり、試合会場の外でチャントを歌い、発煙筒を焚いてチームバスを出迎えていた。

    フランスでは11日時点で新型コロナウイルスの感染者が2000人を超え、約50人が亡くなっている。フランス政府は8日に1000人以上が集まるすべてのイベントを禁止することを発表。これを受けて、パリ警察は9日にPSG対ドルトムント戦を無観客で開催することを発表していた。11日付けのフランス紙『レキップ』よると、今回のファンの集結は、PSGのサポーターグループの1つ『Collectif Ultras Paris』が主導したようで、事前にパリ警察から例外的に許可をもらっていたという。

    no title

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/03/12(木) 06:55:28.20
    PSG   2-0 ドルトムント
    第01戦 1-2
    合計  3-2

    [得点者]
    ネイマール   (前半28分)PSG
    フアン・ベルナト(前半46分)PSG
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20085325

    UEFA-CL決勝T1回戦 結果
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/schedule/41

    5: 久太郎 ★ 2020/03/12(木) 06:57:46.15
    >>1
    PSGが逆転突破で4季ぶりCLベスト8!…ネイマール弾などでドルトムントに完勝

    チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグが11日に行われ、パリ・サンジェルマン(PSG)とドルトムントが対戦した。

    ファーストレグはドルトムントがホームで2-1の先勝。ホームで逆転突破を狙うPSGはキリアン・エンバペがベンチ入り。エンバペは9日と10日の練習を病欠し、新型コロナウイルスの検査も受けたが、陰性が確認されていた。なお、試合は新型コロナウイルス感染拡大の影響で無観客で開催された。

    ホームのPSGは28分、アンヘル・ディ・マリアの右CKを中央のネイマールがダイビングヘッドで合わせて先制に成功。さらに前半アディショナルタイム1分には、パブロ・サラビアがペナルティエリア右からグランダーのクロスを入れると、ニアのフアン・ベルナトが合わせてゴール左隅に決まった。PSGが2戦合計3-2で勝ち越して前半を折り返す。

    後半に入ってPSGは54分、、ディ・マリアがエリア前のFKでゴール左上隅を狙うが、GKロマン・ビュルキの好セーブに遭う。逆転されたドルトムントは77分、途中出場のユリアン・ブラントがエリア前右でシュートを放つと、DFに当たってループになるが、惜しくもクロスバー上に外れた。

    ドルトムントはゴールが遠く、88分にはエムレ・ジャンが競り合い後に揉めたネイマールを押し倒し、レッドカードを提示されて一発退場。試合はこのまま終了し、PSGがホームで逆転突破を決め、4シーズンぶりのCLベスト8進出を果たした。敗れたドルトムントは2シーズン連続のベスト16敗退となった。

    準々決勝の組み合わせ抽選会は20日に行われる。

    【スコア】
    パリ・サンジェルマン 2-0(2試合合計:3-2) ドルトムント

    【得点者】
    1-0 28分 ネイマール(PSG)
    2-0 45+1分 フアン・ベルナト(PSG)
    2020-03-12_07h02_11
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200312-01045356-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/03/04(水) 19:56:08.84
    フランス・リーグ1、パリ・サンジェルマン(Paris Saint-Germain、PSG)でプレーするキリアン・エムバペ(Kylian Mbappe)の東京五輪出場について、フランス代表のディディエ・デシャン(Didier Deschamps)監督が3日、派遣を認めないのはPSGの「権利の範囲内」だと話した。

    UEFAネーションズリーグ(UEFA Nations League 2020-21)の組み合わせ抽選会に出席したデシャン監督は、この件について「PSGも、ひょっとすると他のクラブも、それぞれの立場を示したわけで、そのことは彼らの権利の範囲内」だと話した。

    このコメントは、エムバペの東京五輪出場を認めない方針をPSGがフランスサッカー連盟(FFF)に伝えたという、仏スポーツ日刊紙レキップ(L'Equipe)の報道を受けたもの。五輪の試合は国際サッカー連盟(FIFA)が定める国際試合の日程中に開催されるわけではないため、各クラブに選手を派遣する義務はない。

    東京五輪は7月24日から8月9日の日程で開催されるが、来季のリーグ1は8月7日に開幕する。またエムバペは、6月12日から7月12日に行われる欧州選手権(UEFA Euro 2020)のフランス代表に選出されることが確実視されている。

    エムバペ本人は、これまでたびたび東京五輪に出たいと話しており、FFFのノエル・ル・グラエ(Noel Le Graet)会長も、五輪代表候補となる80人の大枠のリストにエムバペを入れている。候補はこの後50人に絞り込まれ、最終的に代表メンバー18人、補欠4人が選出される。また五輪では、24歳以上のオーバーエージ3人をチームに入れることが認められている。

    ル・グラエ会長は「世界中からオファーが殺到している選手ではあるが、あの年齢の青年が『五輪に出たい』と言うのは良いことだと思う。とはいえ、他の大会と両立できるかはまた別の問題だ」「PSGにはこの件について話し合う資格がある。しかし私は、一人の青年の言葉としては『どうでもよい』よりも『行きたい』の方が好きだ」と話した。

    3/4(水) 16:13配信
    2020-03-04_22h23_23
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200304-00000034-jij_afp-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/02/28(金) 19:49:09.80
    最近ネイマールが起こした問題は、2月23日のFCジロンダン・ボルドー戦での退場である。そして、それは2月18日に行われたチャンピオンズリーグ・ラウンド16の1stレグ、対ドルトムント戦の後のネイマールの厳しい声明と関係づけられる。

    18日にドイツでドルトムントを前に2-0で敗れた試合後、ネイマールは自身のプレーについて、2月1日に行われた対モンペリエ戦(5-0)で負傷した肋骨の怪我による欠場が原因でリズムが欠けていたと弁明した。

    さらにブラジル人FWはメディカルチームに責任を押し付けている。「4試合もの間欠場しているのは簡単なことではない。不幸にもそれは自分で選んだことではなく、クラブとドクターが下した決断だった。僕はそれがいいとは思わなかったよ」

    「このことについてはたくさんの議論を行った。僕はプレーしたかった、怪我も問題ないと感じていたからね。でもクラブが怖がっていた。そして最終的に苦しんだのは僕だった」とはっきりと述べた。

    『L’Equipe』の情報によると、彼が起こしていた問題はこれだけではなかった。フランスカップ準々決勝対ディジョン戦(1-6○)の翌日、ネイマールは練習への参加を拒んだという。

    試合翌日、スタメン出場した選手達はリカバリーセッションを行ったが、この試合を欠場していたネイマールは、その他の選手たちと共に強度の高い練習を行う必要があった。

    監督トーマス・トゥヘルはネイマールにグラウンドへ出るよう要求したが、フランス紙の情報では、この元バルサの選手は、「まだ傷むからここ(ジム)に残る」と主張したようだ。

    PSGのスタッフらは、ネイマールが1日のモンペリエ戦(5-0○)で負った肋骨の痛みは癒え、トレーニングに参加できる状態だと感じていたようだが、彼はこれを拒んだ。
    ネイマールの目に余る言動は絶えることがない。

    2/28(金) 16:07配信 スポルト
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200228-00010011-sportes-socc
    no title

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ