海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:パリ・サンジェルマン

    Watch-Champions-League-Online.png-1024x480-1024x480

    1: 久太郎 ★ 2020/02/19(水) 06:55:25.87
    ドルトムント 2-1 PSG
    [得点者]
    アーリング・ブラウト・ハーランド(後半24分)ドルトムント
    ネイマール           (後半30分)PSG
    アーリング・ブラウト・ハーランド(後半32分)ドルトムント
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20085317


    アトレティコ・マドリード 1-0 リバプール
    [得点者]
    サウール・ニゲス(前半4分)アトレティコ
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20085320

    決勝T1回結果
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/schedule/41

    続きを読む

    5621deba8a18b839c7a4321764bb05e8-2

    1: 風吹けば名無し 2020/02/18(火) 17:44:37.13
    5時から

    2: 風吹けば名無し 2020/02/18(火) 17:44:51.51
    ワイのムバッペが火を吹くぜ

    3: 風吹けば名無し 2020/02/18(火) 17:45:01.54
    キンペンベがハーランド潰すで

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/26(日) 22:35:00.13
    パリ・サンジェルマン(PSG)のウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニは、おそらくは移籍に関連する理由のため、今週末のリーグ戦のメンバーから外れることになった。仏紙『レキップ』などが伝えている。

    PSGの歴代最多得点者でもあるカバーニだが、今季は出場機会が減少。冬の移籍市場でアトレティコ・マドリーやマンチェスター・ユナイテッド、チェルシーなどからの関心が報じられ、本人がPSGに移籍を直訴したこともクラブが認めていた。

    PSGは現地時間26日に行われるリーグアン第21節の試合でリールと対戦するが、カバーニはこの試合のメンバーから外れることが試合前日に明らかにされた。負傷やコンディションなどが理由ではないことはトーマス・トゥヘル監督も認めている。

    同じく移籍が噂されるフランス代表DFレイヴァン・クルザワもメンバー外となる。クルザワはイタリア代表DFマッティア・デ・シリオとのトレードの形でユベントスへ移籍することが濃厚と報じられている。

    トゥヘル監督は25日の会見で、両選手について「状況がはっきりしていない」とコメント。「片付けなければならないことがある」「下すべき決断がある」と述べ、両者の移籍に関連する動きであることを示唆している。

    カバーニに関しては、アトレティコから「最後のオファー」が週明けに届く見通しだと仏紙は伝えている。アトレティコが以前に提示したオファーはPSGにとって満足できるものではなかったようだが、今回は合意に至るのだろうか。
    2020.1.15.Cavani_Getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200126-00359548-footballc-socc
    1/26(日) 20:50配信

    続きを読む

    20200102_Neymar_GettyImages

    1: 風吹けば名無し 2020/01/06(月) 15:38:56.99
    やっぱりフランスじゃダメなんかね

    2: 風吹けば名無し 2020/01/06(月) 15:39:25.03
    注目度が違うもの

    3: 風吹けば名無し 2020/01/06(月) 15:39:29.60
    痛いンゴの神として記憶に刻まれた

    続きを読む

    the-ball-488700_640

    1: 風吹けば名無し 2019/10/29(火) 03:10:55.56

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/10/23(水) 09:16:58.76
    【クラブ・ブルージュ 0-5 PSG CLグループリーグA組第3節】
     
    チャンピオンズリーグ(CL)グループリーグA組第3節、クラブ・ブルージュ対パリ・サンジェルマン(PSG)の試合が現地時間22日に行われた。PSGが5-0の勝利をおさめている。この試合で、PSGに所属する20歳のフランス代表FWキリアン・ムバッペが偉大な記録を樹立し

    試合開始して7分にマウロ・イカルディが先制点を決めると、61分にはムバッペが追加点。直後の63分にはイカルディがゴールを決め、79分には再びムバッペが得点した。さらに83分にもムバッペがゴールを積み重ねハットトリックを達成している。

    サッカーのデータ分析を手がける『Opta』によると、ムバッペは20歳306日という若さでCL通算15ゴールを達成したとのこと。リオネル・メッシの21歳288日という記録やラウール氏の22歳163日という記録を上回っている。

    10/23(水) 8:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191023-00344103-footballc-socc

    no title

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/10/22(火) 16:30:15.14
    ネイマールは彼の現在のクラブであるパリ・サンジェルマン(PSG)に、『Otro』のインタビューを通じ、力強くはっきりとしたメッセージを送った。

    「私はここにいて幸せです。このクラブの選手であり、プロであり、PSGのために最善を尽くします」と同ブラジル人選手は語った。

    「私は100パーセントのプレーでチームに貢献し、とりわけチャンピオンズリーグで勝つために努力します」と、ネイマールはフランスリーグ王者を狙うべく新たな発言を付け加えた。

    PSGでの試合にて再び出場を果たした後、一ヶ月間負傷に苦しんだネイマール。FCバルセロナのファンとできるだけ早く和解し、同クラブへの帰還を願っていた夏の一件もあったことで、PSGは未だ彼が今夏みせた離脱意思を許していない。

    「私はクラブの気持ちを理解していますが、彼らにも私を理解するように頼みます。どんな仕事をするにしても、満足できない状況であれば、その場から去り、状況を変えようとするものです。それが、私のやりたかったことでした。今はクラブのために最善を尽くします」とネイマールは自身の気持ちを明かした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191022-00010009-sportes-socc
    10/22(火) 12:54配信
    no title

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/france/data/ranking/
    得点ランキング

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/09/23(月) 06:05:04.93
    9/23(月) 5:59配信
    ネイマールがまたもPSGを救う!土壇場での2試合連続決勝弾で、PSGがリヨンに勝利

    リーグ・アンは22日に第6節が行われ、リヨンとパリ・サンジェルマン(PSG)が対戦した。

    フランスを代表するクラブ同士の激突。ホームのリヨンはここまで2勝2分1敗、PSGを勝ち点4差で追う中で大一番に臨んだ。過密日程の中、デパイやデンベレら主力を軒並み先発させた。対するPSGは、レアル・マドリー戦(3-0)から数選手を入れ替え。引き続きムバッペ、カバーニを負傷で欠く中、ヴェッラッティがベンチスタートとなり、ネイマールがスタメンに名を連ねた。

    前半はPSGがボールを支配し、リヨンはカウンターを狙う展開となる。PSGは前半から60%以上のポゼッションを記録し、13本のシュートを放つも、GKロペスを中心としたリヨン守備陣をこじ開けることができない。

    後半に入ってもソリッドな守備を見せるリヨンに苦戦するPSGは、前半ほどチャンスを作れず。トゥヘル監督は、たまらずヴェッラッティらを投入し、打開を図る。

    それでも1点が遠く、引き分けのムードが漂う中、終盤に試合が動く。決めたのは、ネイマールだった。87分、ヴェッラッティが左サイドから中央にパス送ると、ディ・マリアがワンタッチ。受けた背番号10は3人のプレッシャーを受けながらも、シュートコースを作ってファーサイドに流し込んだ。前節ストラスブール戦(1-0)でも後半アディショナルタイムに決勝弾を挙げていた男が、この試合でも苦しい中で貴重な1点を奪う。ネイマールはその直後に交代。大ブーイングを浴びながら、ピッチを後にした。

    結局このゴールが決勝点に。ネイマールの2試合連続となる土壇場での決勝弾で、PSGがリヨンに1-0で勝利を飾っている。これでPSGは5勝1敗、2位のニースに3ポイント差をつけている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190923-00010003-goal-socc
    no title

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/09/06(金) 21:10:01.73
    ワンダ・ナラ「PSG移籍は最悪の選択肢だった」

    今夏にパリ・サンジェルマンにレンタル移籍したアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディの妻で代理人を務めるワンダ・ナラ氏は、今回の移籍を「最悪の選択」だったと捉えているようだ。『フランス・フットボール』が伝えている。

    キャプテンマークはく奪や、それに伴う練習放棄が問題となり、今夏に追われる形でPSGに移籍したイカルディ。インテルからの再三の契約延長交渉を延期し続けたことで、今回の主な原因となったナラ氏が、この期に及んでPSG移籍は最悪の選択だったと語っている。

    「私たちが持っていた選択肢の中で、PSGが最悪の選択肢だったわ。5人の子供たちがイタリアの学校に通っているのよ。彼らを登校させなきゃいけないのは私なの」

    「多くのイタリアのクラブが興味を示していた。そっちの方が快適だったに違いないわ」

    「彼(イカルディ)は小さなスーツケースだけを持って、私に全てを残してパリに行ったわ。私たちはミラノとパリの間に住むことにしたの」

    現在、ナラ氏には5人の子供がおり、2人はイカルディとの間に生まれた子で、3人は元夫のマキシ・ロペス(現クロトーネ)との子だ。
    2019-09-06_21h55_58
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190906-00361160-usoccer-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/05(木) 12:00:36.84
    ネイマールJrのクレブロン(メロドラマ)はPSG残留で終止符が打たれた。
    そして、PSG幹部は同選手の態度に怒りを露わにしている。

    Yahooのジャーナリスト、ホルヘ・ニコラはPSGの会長、ナーセル・アル=ケライフィがネイマールの退団に反対していた事、その理由が彼に対する怒りだった事を説明した。「ナーセルはネイマールに苛立っていた。何故ならPSGは天文学的な給料を受け入れたり、彼が関わっていたいくつかの訴訟のサポートも行うなど彼に尽くしていたからね。ナサールの望みは(罰として)彼の契約が切れるまでピッチを走らせる事だった」

    無数の選手達の名前(ラキティッチ、デンベレ、トディボ etc…)や経済的条件(一括、分割払い、買取義務付きのローン移籍 etc..)が出てきた後、最終的に全てがそのまま残った。トレード要員の候補として浮上した3選手はバルサに残り、ネイマールはPSGに残った。しかし、その雰囲気は彼を味方していない。

    ネイマールは2017年夏に市場最高額となる移籍金2億2200万ユーロ(約260億円)と引き換えにPSGに加入した。ネイマールはこの2年間でリーグ1に37試合出場し、34ゴール21アシストをマークしている。
    thumb_30711_news_main
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190905-00010006-sportes-socc
    9/5(木) 11:57配信

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ