海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:パリ・サンジェルマン

    1: 豆次郎 ★ 2019/05/14(火) 11:00:20.42
    5/14(火) 9:00配信
    PSG、レアルの放出候補3人を狙う? 市場価値は総額257億円

    パリ・サンジェルマン(PSG)が、放出候補と考えられているレアル・マドリーの3選手を狙っているようだ。13日に仏紙『ル・パリジャン』が報じている。

    同紙によると、PSGが獲得を検討しているのはマドリーに所属する29歳のウェールズ代表FWガレス・ベイル、29歳のドイツ代表MFトニ・クロース、27歳のスペイン代表MFイスコの3人だという。市場価値で見ると、ベイルは7000万ユーロ(約85億8000万円)、クロースは8000万ユーロ(約98億円)、イスコは6000万ユーロ(約73億6000万円)の総額2億1000万ユーロ(約257億円)だ。実際に獲得する場合は、交渉によって金額はもう少し下がる模様。

    戦力面だけでなく、商業面から見ても、価値のある3選手だと考えているようだ。まだ興味を示しているだけの段階だが、PSGが獲得に乗り出す可能性はあるのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190514-00321368-footballc-socc
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/05/11(土) 00:51:53.71
    リーグ戦残り2試合の出場は不可能となり、今週末の試合後にシーズン終了へ

    フランスサッカー連盟(FFF)は9日に規律委員会を開き、4月27日に行われたクープ・ドゥ・フランス(フランス杯)決勝の試合後に、観客の顔を殴ったパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールに対する処分を検討。翌10日に、ネイマールに対して3試合の公式戦出場停止と2試合の執行猶予を発表している。

    【動画】FWネイマール、観客の顔パンチで物議 “決定的映像”で海外衝撃「まるで素早いジャブ」
    https://www.football-zone.net/archives/188117/2

    リーグ優勝を決めていたPSGはフランス杯決勝で2冠を目指したが、PK戦の末に5-6で敗れて大会5連覇を逃していた。その試合後、表彰に向かう途中の階段で、ネイマールは観客と口論を起こし、相手の顔をパンチ。この場面が録画された映像が世界中に広まり、大きな物議を醸していた。

    この処分は2019年5月13日以降に適応となるため、ネイマールは12日に予定されているリーグ・アン第36節アンジェ戦は出場可能となる。しかし、残り2節の出場は不可能となった。

    なお、ネイマールはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦でPSGが敗退となった試合後にも、自身の公式インスタグラムに主審に対する不満を投稿し、3試合の出場停止処分を受けている。

    ヨーロッパでのシーズン終了後には、ブラジル代表の一員としてコパ・アメリカに臨む予定のネイマール。シーズン終盤に評価を下げただけに、プレーで自身の価値と評価を取り戻したいところだ。

    5/10(金) 21:54配信 フットボールゾーン
    2019-05-11_09h20_26
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190510-00188117-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2019/04/29(月) 14:16:08.10
    4/29(月) 10:35配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190429-00000009-jij_afp-socc
    no title

    サッカーフランス杯決勝、レンヌ対パリ・サンジェルマン。試合に臨むPSGのネイマール(2019年4月27日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

    【AFP=時事】27日に行われたサッカーフランス杯(French Cup 2018-19)決勝のレンヌ(Stade Rennes FC)対パリ・サンジェルマン(Paris Saint-Germain、PSG)戦で、準優勝となったPSGのネイマール(Neymar da Silva Santos Junior)が、表彰式の途中で自分たちを侮辱した観客に手を出したことがインターネット上で騒ぎとなっている。ネイマール本人も行為を認めている。

    試合はネイマールの得点などでPSGが早々に2点のリードを奪ったが、その後レンヌに追いつかれて延長戦に突入。そして迎えたPK戦に5-6で敗れ、チームは準優勝となった。

    すると表彰式で、PSGの選手が近くの観客と握手を交わしながらメダルを受け取るために階段を上っていく中、列の最後尾近くにいたネイマールが観客の一人の顔に向かって拳を繰り出した。この場面は、殴られた男性本人も含めて多くの観客がスマートフォンで撮影している。

    ネイマールは「自分がまずいことをしたかって?」「その通りだ。だけど黙っているわけにはいかなかった」とコメントしている。

    男性はレンヌから来た20代後半の配送ドライバーとのことで、アップロードされた動画の男性の言葉をネイマールの友人が書き起こし、自身のインスタグラム(Instagram)に投稿している。

    それによれば、男性はまず、この日出番のなかった控えのジャンルイジ・ブッフォン(Gianluigi Buffon)とライヴィン・クルザワ(Layvin Kurzawa)に対して「おいブッフォン、汚いブッフォン! おいクルザワ、触るんじゃねえよ」と叫び、さらにマルコ・ヴェッラッティ(Marco Verratti)には「このレイシスト!」と言っていた。

    そしてネイマールに「サッカーを勉強してこい」と言うと、これに反応したネイマールがスマートフォンを押しのけて男性の顔を殴った。友人の投稿に対して、ネイマールは「チームメートを守った僕のことは誰が守ってくれるんだ?」と返信している。

    クラブも迅速に行動し、「レンヌの選手の友人がわれわれの全選手を侮辱し、(SNSで)騒ぎを起こしている」と発表している。

    対して男性はスポーツ日刊紙レキップ(L'Equipe)に「侮辱したわけじゃない」「お前らは弱いと言ってやったんだ」「上がっていくヴェッラッティやブッフォンに『この雑魚どもが。行こうぜレンヌ!』とからかっただけだ」と話している。

    男性はネイマールのせいで「唇を切って鼻血が出た」と話しており、訴訟を起こすことも検討しているという。【翻訳編集】 AFPBB News
    ▽ 動画
    https://video.twimg.com/ext_tw_video/1122268475207057408/pu/vid/636x360/DEQev9EXxyJrTXFM.mp4


    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/04/27(土) 06:01:40.34
    欧州サッカー連盟(UEFA)は、パリ・サンジェルマンのネイマールを3試合の出場停止にすることを発表した。

    3月6日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグのマンチェスター・ユナイテッド戦、PSGはファーストレグのアドバンテージを生かせず、ホームでの一戦を1-3で落とす。2試合合計3-3となり、アウェイゴールで上回ったマンチェスター・Uが勝ち上がりを決め、PSGは3シーズン連続でベスト16から姿を消した。

    試合終了間際にディエゴ・ダロットが放ったシュートがプレスネル・キンペンベの手に当たり、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)により決勝点となるPKが与えられた。この判定を受け、スタンドから観戦したネイマールは、ハンドの場面の写真とともに「これは恥ずべきこと。UEFAはフットボールのことを知らない4人の男を選んで、VARのレビューをさせている。いい加減にしろよ…」と怒りのコメントを投稿する。

    このコメントを重く見たUEFAは、後日にこの件に対する調査の開始を発表。そして26日、同組織はネイマールの投稿が「マッチオフィシャルを著しく侮辱するもの」と断罪し、UEFA主催試合への3試合の出場停止処分を科すことを発表した。

    PSGは今シーズンのCLからすでに敗退しているため、処分は来シーズンに持ち越しに。同クラブはリーグ・アン優勝を決めており、2019-20シーズンのCL出場権を獲得しているため、ネイマールはグループステージの開幕からの3試合を欠場することになる

    4/27(土) 5:30配信 goal
    2019-04-27_09h13_23
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190427-00010000-goal-socc

    続きを読む

    psg_1819_home_bnr

    1: 風吹けば名無し 2019/04/19(金) 21:06:44.43
    なんとかならんか

    2: 風吹けば名無し 2019/04/19(金) 21:07:14.41
    ネイマールエムバペカバーニの3トップやぞ

    4: 風吹けば名無し 2019/04/19(金) 21:07:49.18
    メッシ獲得

    5: 風吹けば名無し 2019/04/19(金) 21:07:49.66
    DF人もヨーロッパトップクラスやぞ

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/22(月) 10:20:04.01
    パリ・サンジェルマン(PSG)FWキリアン・ムバッペが、タイトル獲得を喜びつつ、レアル・マドリー移籍の噂にも言及した。

    21日に行われたリーグ・アン第33節で2位リールが引き分けたため、リーグ優勝を達成したPSG。その後行われたモナコとの一戦ではムバッペがハットトリックを達成、さらに長期離脱中だったネイマールとエディンソン・カバーニも復帰を果たし、
    本拠地パルク・デ・プランスで3-1と勝利を飾った。

    3ゴールを挙げたムバッペは、今季のリーグ・アン通算得点数が「30」の大台に突入。フランスのレジェンドであるジャン=ピエール・パパン氏が1889-90シーズンに達成して以来、フランス人選手としては29年ぶりの記録達成となった。

    試合後、フランス『Canal +』のインタビューに応じた20歳は、記録を喜びつつもさらに上を目指している。

    「最後の30ゴールはパパン? 知ってる、知ってるよ。嬉しいね。でもまだシーズンは終わっていないし、まだまだゴールを決めることができる」

    「本当にタイトルが欲しかったし、何度か失敗した後だったから幸せだね。そして、これは来週のための良い準備でもある。(チャンピオンズリーグの)マンチェスター・ユナイテッド戦にはがっかりしたけど、フットボールは続く。『先に進まなければならない』というのは安易かもしれないけど、僕はとにかくそう言い続けるよ」

    来週にはクープ・ドゥ・フランス決勝でレンヌと対戦するPSG。ムバッペはタイトルへの意欲を示し、最後にレアル・マドリーへの移籍を否定している。

    「クープ・ドゥ・フランス優勝は幸せだろうね。ダニ(アウヴェス)が40個のタイトルを持っているのを見ると、夢中になるよ……」

    「僕はここにいて、プロジェクトの一員だ。ジズー(ジネディーヌ・ジダンの愛称)がいることはレアル・マドリーにとって素晴らしいことだ。だけど、僕は単にファンとしてそれを見ているよ」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190422-00010008-goal-socc
    4/22(月) 7:48配信

    no title
    no title
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/22(月) 00:25:03.67
    パリ・サンジェルマン(PSG)が、2018-19シーズンのリーグ・アンを制した。

    PSGは21日の21時(日本時間22日の4時)に行われるリーグ・アン第33節でモナコと対戦する。PSGはこの一戦で勝利すれば優勝が決まる状況だったが、4時間前にキックオフを迎えた2位・リールとトゥールーズの一戦が0-0の引き分けで終了。この結果、PSGはモナコ戦を待つことなく優勝が決定した。

    今シーズン、PSGはヨーロッパ5大リーグの記録となる開幕14連勝を達成し、爆発的なスタートダッシュに成功した。その後もブラジル代表FWネイマール、フランス代表FWキリアン・ムバッペ、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニら強力な攻撃陣が躍動。第32節終了時点で26勝3分3敗、勝ち点「81」で首位を独走していた。

    第31節には2位・リールとの直接対決が実現した。引き分け以上で優勝を決められる一戦だったが、1-5でまさかの大敗。第32節のナント戦にも敗れ、優勝を目前としながらも足踏みが続いていた。

    PSGは2012-13シーズンからリーグ・アン4連覇を達成。2016-17シーズンはモナコに覇権を譲ったが、昨シーズンは圧倒的な強さを見せつけてリーグ・アンを制覇した。今シーズンも6試合を残しての優勝となっている

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190422-00930376-soccerk-socc
    4/22(月) 0:00配信

    no title


    https://www.nikkansports.com/soccer/world/france/data/standings/
    順位表

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/france/data/ranking/
    得点ランキング

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/04/13(土) 12:58:38.96
    FC東京のU-22日本代表MF久保建英はかつて下部組織時代所属したバルセロナへの復帰説が浮上する一方、宿敵レアル・マドリードが“強奪”を狙っているとバルサのおひざ元である「ムンド・デポルティーボ」紙が報じた。これについて各国のメディアも反応している。

    まずは「ムンド」と同じスペイン語圏の移籍専門メディア「FICHAJES.NET」だ。「日本の“神の子”、天才をめぐってバルサとマドリードがバトル」とのタイトルで、今回の報道に注目。

    「2011~15年までバルサの育成組織の一員だったが、FIFAがバルサに対して未成年者獲得違反があったとして下した処分で、彼はラ・マシア(バルサの下部組織の愛称)から去らざるを得なくなった」と経歴について紹介している。

    それとともにレアルのGMを務めるホセ・アンヘル・サンチェスが久保獲得を狙っていること、そしてパリ・サンジェルマン(PSG)も久保について注目していることを明記している。

    スペインの隣国であるポルトガル紙「A BOLA」も久保について注目。「現在FC東京に所属し、15歳にして日本の1部公式戦にデビューした。アジアで最も有望な若手の1人」と表現されている久保について、「3月にバルサ、レアル、PSGが契約のために交渉のテーブルについている」とも記している。

    ヨーロッパ各国で注目を浴び始めた久保。欧州が新シーズンを迎えるにあたって、その注目度は徐々に上がっていくことになりそうだ。
    2019-04-13_14h53_46
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190413-00182719-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/03/18(月) 19:08:30.63
    ジャンルイジ・ブッフォンのPSGでの期間は残り僅かかもしれないと仏紙『L'Equipe』が報道している。

    元イタリア代表GKブッフォンの契約延長をPSGはかなり渋っているという。監督トーマス・トゥヘルはチーム編成の大幅な改革を望んでいる。

    昨シーズン、ユヴェントスに別れを告げた41歳のブッフォンは2018年7月6日にPSGと1年契約を締結した。この契約は1年の契約延長オプションを含むものだった。PSGは選手の顔ぶれを変えてチームを大幅に改革しようと計画している。ベテランの選手たちは若手の選手に取って代わられる日も近いだろう。

    数週間前よりダニエウ・アウベスのPSG退団が噂されているが、チアゴ・シウバなどその他のクラブの主力選手の残留も疑わしい。ブッフォンは欧州CLから敗因となった重大なミスも含め、いくつか失態を犯している。

    3/18(月) 12:39配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190318-00010012-sportes-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/03/08(金) 12:07:47.67
    PSGはホームで3失点を喫してまさかのベスト16敗退 ブッフォンのミスが響き…

    パリ・サンジェルマン(PSG)は現地時間6日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦第2戦でマンチェスター・ユナイテッドにホームで1-3と敗戦。合計スコア3-3ながら、アウェーゴールの差によりベスト16で姿を消した。PSGの2失点目は、元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンがボールをこぼして押し込まれることになったが、このワンシーンに海外メディアが注目。「コミカルな失態」「ゾッとするエラー」と糾弾している。

    【動画】「コミカルな失態」「ゾッとするエラー」と世界騒然 名手ブッフォンまさかのファンブルから痛恨失点
    https://www.football-zone.net/archives/174585/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=174585_6


    敵地で行われた第1戦を2-0で制したPSGは、有利な状況でユナイテッドをホームに迎えた。しかし、前半2分にドイツ代表DFティロ・ケーラーのバックパスを相手FWロメル・ルカクにかっさらわれると、飛び出したブッフォンもかわされ、無人のゴールに先制点を決められてしまう。同12分にスペイン代表DFフアン・ベルナトが同点ゴールを奪うものの、1-1で迎えた同30分、勝ち越しゴールを許すことになる。

    左サイドから中央に切り込んだFWマーカス・ラッシュフォードに約28メートルの距離から強烈なミドルシュートを放たれると、鋭い弾道となったブレ球をブッフォンはキャッチし損ねてしまう。そこに詰めていたルカクにボールを押し込まれることになった。

    世界的名手の“らしくない”ファンブルに海外メディアが反応。英紙「デイリー・エクスプレス」は「ブッフォンのミス。コミカルなエラーでユナイテッドにゴールをプレゼントしたPSG守護神が嘲笑される」と報じると、英メディア「GIVE ME SPORTS」はブッフォンの誤処理を「ゾッとするエラー」と表現している。

    また、スペイン紙「マルカ」は「ブッフォンは2失点目で大きなミスを犯し、CLを失って帰ることに」と綴り、ベテランGKの予期せぬ失策を強調。イタリア紙「トゥット・スポーツ」は「カモになったブッフォン」と痛烈な言葉を送っている。今季こそ悲願の欧州制覇を目指していたPSGだが、3シーズン連続でベスト16敗退という憂き目に遭った。

    3/8(金) 8:10配信 フットボールゾーン
    2019-03-08_13h00_10
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190308-00174585-soccermzw-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ