海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:パルマ

    1: 久太郎 ★ 2018/05/19(土) 10:33:14.06 ID:CAP_USER9
    セリエBのパルマが来シーズンのセリエA復帰を決めた。

    2015年に破産し、そのペナルティとしてセリエD(イタリア4部)まで降格したパルマだが、1年ごとに昇格と決め、今シーズンはセリエBを舞台に戦う。シーズン最終節を前にパルマは自動昇格のできる2位フロジノーネと勝ち点2差の3位。18日の結果次第では昇格の可能性が残されているものの、ホームで最終節を迎えるフロジノーネが優位との見方が強かった。

    しかし、パルマが敵地でスペツィアに2-0の勝利を収めた一方で、フロジノーネはフォッジャに試合終了間際に同点ゴールを許してホームで2-2の引き分け。勝ち点72で並んだものの、パルマが2位を確定して自動昇格の権利を手に入れた。

    1990年代はセリエA有数の強豪クラブとなり、国内のみならず、欧州カップ戦でも2度の優勝を誇る古豪のパルマだが、2015年の破産でクラブは消滅。「SSDパルマ・カルチョ1913」という新たなクラブ名で2015-16シーズンからセリエDで再スタートを切った。元日本代表の中田英寿氏が所属したことでも有名な同クラブが4シーズンぶりにセリエAの舞台に復帰する。

    なお、3位に転落したフロジノーネは、パレルモ、ヴェネツィア、バーリ、チッタデッラ、ペルージャとともにセリエA昇格を懸けてプレーオフを戦う。
    2018-05-19_11h50_26
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180519-00000002-goal-socc

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/26(月) 18:36:17.67 ID:CAP_USER9.net
    ルカ・シリガルディとロベルト・ダヴェルサ監督が25日、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、破談に終わったJリーグ移籍について語った。

    シリガルディは、インテル下部組織出身の30歳。2008年には、レンタル先のバーリでアントニオ・コンテの指導を受けた経験を持つ。その後、ボローニャ、ヴェローナなどを経て、昨シーズンからユース時代にも所属した故郷近くのセリエB・パルマに復帰した。

    しかし出場機会に恵まれず、2月には日本移籍が目前に迫った。日本行きに備え、リーグ戦の招集メンバーからも外れていたが、実現することなく破談に終わっている。

    30歳FWは、25日に行われたセリエB第32節フォッジャ戦で先発出場すると、パルマ移籍後、初ゴールを決め、チームの勝利に貢献。インタビューでは、破談となったJリーグ移籍にも言及した。

    「1月の移籍市場では、日本へ移籍するチャンスがあったのだが上手く行かなかった。僕はパルマに残り、これまで通りチームのために戦うことになった」

    ダヴェルサ監督もまた、日本移籍から急転し、残留が決まったシリガルディの動向について語った。

    「日本移籍について? 移籍交渉はあった。それから何が起きたのか分からないが、彼はここに残ることになった」

    3/26(月) 17:40配信 goal
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180326-00000013-goal-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/15(金) 20:10:05.62 ID:CAP_USER9.net
    16日に行われるセリエB第4節ペルージャ対パルマ戦を前に、ペルージャが両クラブで活躍した選手として元日本代表の中田英寿氏を特集。公式ウェブサイトに掲載した。なおイタリアメディア『スカイスポーツ』も「イタリアそしてワールドサッカーを魅了した2クラブのOBヒデトシ・ナカタ」などと綴り、同記事を紹介している。

    ■中田が足跡を残した2クラブが対戦

    パルマは近年、財政難に苦しみ、2015年には破産によるペナルティで実質4部のセリエDへ降格していた。しかし2シーズン連続で昇格を勝ち取り、今シーズンからセリエBへ舞台を移した。このため、中田が過去に所属したパルマとペルージャの対戦が実現することとなった。同記事では「ペルージャ対パルマ…2クラブの歴史に残るOB、ヒデトシ・ナカタ」と題し、セリエAにおける中田のキャリアを紹介している。

    ■ミステリアスな存在からチームの支柱へ

    1998年のフランスW杯での活躍後、中田はペルージャへ加入した。さらに過去に遡ると1994年にFW三浦知良が日本人選手として初めてセリエAに加入していたものの、当時は日本人選手のヨーロッパクラブへの移籍が頻繁ではなく、「驚き、そして少々疑いの目が混じりつつ、いわゆるミステリアスな存在として受け止められた」と振り返った。

    ペルージャでは、「ナカタはクーリ(スタジアム)で行われたデビュー戦でユヴェントスを相手にすぐにドッピエッタ(1試合2得点)を決めた」と、3-4で敗れたものの衝撃的なデビューであったことを伝えた。「ピッチで好パフォーマンスを見せていたこともあり、間もなく日本人選手はメディアの注目を集めるスターとなった」とし、「ペルージャの遠征先まで日本の記者やファンの集団が追いかける現象が当たり前のようになっていった」一方で、「ナカタは1年目に32試合に出場、10得点を挙げてグリフォーネ(ペルージャの愛称)の残留に貢献した」と称えた。

    ■日本人初のスクデットを呼び込むゴール

    翌シーズンの冬、中田はフランチェスコ・トッティ氏らが在籍していた、強豪ローマへ移籍する。そこで「ナカタはペルージャ在籍時と変わらないパフォーマンスを見せ、シーズンの後半戦の15試合に出場3ゴールを挙げた」ものの、翌シーズンは当時の指揮官ファビオ・カペッロがトッティを重用したため、先発出場の機会を減らした。

    「だがスクデットを懸けたトリノでのユヴェントスの一戦において、ローマは2点のリードを許していたが、途中出場の日本人選手がゴールを決めたおかげで同点に追いつくことができた」として、同年のスクデット獲得に大きな役割を担ったと振り返った。

    翌シーズンはパルマに移籍し、2004年1月まで在籍した。パルマでは通算67試合に出場5得点を挙げており、「数は多くないが、重要な得点が多かった」と重要な場面での決定力を称えている。「コッパ・イタリア決勝のユヴェントス戦においてゴールを決めたが、パルマに優勝を導く貴重なゴールだった」と、2001-02シーズンのコッパ・イタリア制覇を例に挙げた。同シーズン終了後にはペレ氏が存命する最優秀サッカー選手をまとめた「FIFA100」にも選出されている。

    パルマを退団した中田はプレミアリーグ・ボルトンへ移籍するまで、ボローニャおよびフィオレンティーナでプレーしたが、2006年のドイツ・ワールドカップを最後に「わずか29歳で現役引退を表明した」

    現在については、「芸術やファッション、そして米から作る日本伝統の酒を紹介する“サケノミー”と呼ばれる活動をし、世界各国を飛び回っている」と締めくくった。


    写真


    9/15(金) 12:19配信 goal
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170915-00000007-goal-socc
    続きを読む

    1:カイキニッショク ◆Q.7YV6dKqY カイキニッショク ★@\(^o^)/:2017/06/19(月) 02:13:59.93 ID:CAP_USER9.net
    強豪復活なるか。中田英寿氏古巣のパルマ、4部転落から“最短”で2部復帰

    6/18(日) 19:22配信

    フットボールチャンネル

    イタリア、レーガ・プロ(3部)からセリエB(2部)への昇格プレーオフ決勝が現地時間の17日に行われ、アレッサンドリアに2-0の勝利を収めたパルマが昇格を決めた。伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』など複数メディアが伝えている。

    パルマはかつて、イタリアを代表する強豪チームの一角として大躍進。小都市を本拠地としながらもビッグクラブと互角に渡り合い、1990年代にはセリエAで2位が2回、UEFAカップ優勝2回などの結果を残した。元日本代表MFの中田英寿氏も「背番号10」として在籍していた。

    だが財政難を抱えたクラブは苦境に陥り、2015年にはついに破産を余儀なくされる。かつて存在した「パルマFC」は消滅したが、新たに創設された「パルマ・カルチョ1913」が後継クラブとなり、4部にあたるセリエDからの再出発を切った。

    1年での3部昇格を決めた新生パルマは、2016/17シーズンのレーガ・プロのレギュラーシーズンをグループBの2位で終了。60チームで構成される3部の中から28チームがプレーオフに進む(3チームは自動昇格)が、そこから1チームのみが昇格できるという“狭き門”を突破して最短での2部復帰を決めた。

    パルマ出身のスーパースターであるユベントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンもこの快挙を喜び、SNSで祝福のメッセージを投稿。過去のパルマで活躍した選手らの画像とともに、「僕はパルマでGKとして生まれ、選手として育ち、現在への基礎を築いた。この昇格は見事な未来への帰還だ」とコメントしている。
    20170618_parma_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170618-00217542-footballc-socc
    続きを読む

    2015-03-20_00h39_19
    かつての名門が破産を宣言した。現地時間の19日、セリエAのパルマが公式サイトで破産を宣言している。

     今季、度重なる買収騒動が起きたものの結局財政難は解決せず。スタジアムや練習場のシャワーも使えないほどに切迫したクラブは、ついに破産を宣言することとなった。

     パルマはかつて2003年にも破産を経験している。90年代には「セブン・シスターズ」の一員として、GKジャンルイジ・ブッフォン、DFファビオ・カンナバーロ、MFフアン・セバスティアン・ベロン、FWエルナン・クレスポなど豪華な布陣を擁した。2001年から2004年には元日本代表MF中田英寿も所属していた。

     これにより、今季のパルマのセリエAは終了するとみられている。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150320-00010000-footballc-socc
    続きを読む


    2015-02-26_11h28_40
    1: 克己復礼 ★@\(^o^)/ 2015/02/26(木) 10:56:08.26 ID:???*.net
    パルマDFアレッサンドロ・ルカレッリは25日、クラブの財政難からクリーニング業者にも見放されたと明かした。一方、押収されたクラブ資産は競売物件にかけられることになったようだ。ロッカールームまで対象になっているという。イタリアメディアが報じた。

    深刻な財政難から破産危機にあるパルマ。週末のセリエA第24節ウディネーゼ戦が延期となり、次節ジェノア戦の遠征も危ぶまれているが、状況は一向に改善されていない。

    ルカレッリは先日、ジェノヴァ遠征の費用について、選手たちが自腹を切ると明かした。ジェノアのエンリコ・プレツィオージ会長は、宿泊費用の負担などを申し出たが、ルカレッリは謝意を示しつつ、パルマの選手たちが自分たちで支払うと明かしている。

    だが、状況の厳しさに変わりはない。25日、ルカレッリは次のように話している。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』がコメントを伝えた。

    「遠征用のバスについては、問題ないよ。今はホテルの問題を解決しなければいけない。確かなのは、これまでレーガ・カルチョの誰も連絡をしてこなかったということだけだ」

    「何か知らせはあるか? 大きなニュースはない。あるのは、もう洗濯してくれる人もいなくなったということだけだ。業者が受けてくれなくなったからね。たぶん、明日から僕らは(洗濯物を)自宅に持ち帰ることになるだろう」

    すでにパルマはチームのミニワゴンや車、ジムの設備などを押収されているが、報道によるとそれらが競売にかけられるとのことだ。中にはドレッシングルームのベンチまで含まれているという。競売は3月5日に始まり、最低入札価格は2000ユーロとのこと。

    日に日に深刻なニュースが伝えられる中、ユヴェントスGKジャンルイジ・ブッフォンなど元パルマの選手たちも連帯を示している。一方、ジャンピエトロ・マネンティ会長は「我々は前進する」と楽観を強調。ジェノア戦開催に自信を見せているが…。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150226-00000001-goal-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1424915768/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/02/24(火) 05:55:52.88 ID:???*.net
    財政難によるクラブ消滅の危機に続々と救いの手が差し伸べられている。23日、イタリアメディア『ロ・スポルト24』が、インテルがパルマの下部組織に試合遠征用のバスを提供すると報じている。

    パルマはU-16下部組織リーグである「アッリエーヴィ・ナツィオナーリ」でペスカーラと戦う。遠征するためのバスをインテルが提供すると提案しているようだ。

    深刻な資金不足によって、パルマは下部組織のシャワーにも電気が通わない危機的な状況に陥っている。下部組織の指揮官を務めるエルナン・クレスポ監督は「冷たいシャワーを浴びている」と発言していた。

    また、インテル以外にもサンプドリアやFIGC(イタリアサッカー協会)もサポートのために動き出していると報じられている。90年代のカルチョを彩った”セブン・シスターズ”の1クラブでもあるパルマ。果たしてクラブを存続させることはできるのだろうか。
    2015-02-24_08h23_24
    2月23日(月)23時32分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150223-00010033-footballc-socc
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1424724952/

     
    続きを読む

    2015-02-21_17h44_15
    1: 克己復礼 ★@\(^o^)/ 2015/02/21(土) 13:46:17.94 ID:???*.net
    サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)で、22日にパルマの本拠地で行われる予定だったウディネーゼとの試合が延期されることが20日、決まった。

    財政危機にあるパルマが警備などの費用を支払うことができないため。(ロイター=共同)

    http://www.hokkaido-np.co.jp/news/sports/593792.html
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1424493977/

     
    続きを読む


    2015-02-04_21h55_49
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/02/04(水) 20:39:13.68 ID:???*.net
    年俸未払いなどが表面化する最下位パルマが今冬の移籍市場で選手を大量放出

    かつて中田英寿氏の所属したパルマが今冬の移籍市場最終日の2日に“ファイヤーセール”を敢行し、かつて欧州屈指の名門だったクラブとセリエAの凋落を印象づけている。

    経営難から選手やスタッフへの給料が半年間未払いとなっているパルマはすでに元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノの契約解除に応じていたが、2日にも選手を大量放出。ガーナ代表MFアフリイェ・アックアはサンプドリアに、ブラジル人MFルーカスはポルトガル1部モレイネンセに、イタリア代表DFガブリエル・パレッタはACミランに、FWニコラ・ポッツィはキエーボに、DFアンドレア・リスポリはパレルモに移籍。DFフェリペも契約解除となった。

    経営難からたった1日に6選手も手放さざるを得なかったパルマはかつてイタリア杯優勝3回、ヨーロッパリーグ(UEFA杯)優勝2度を達成し、ユベントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンら世界屈指の名手が所属する欧州屈指の名門だった。

    中田氏が2001年から04年までプレーしたことで日本のサッカーファンにもおなじみのクラブは2003年の親会社のパルマラットの破産がきっかけで経営状態が悪化の一途を辿り、ついに給料未払いとファイヤーセールを余儀なくされる状況まで追いつめられた。

    その手腕に定評があるロベルト・ドナドーニ監督が懸命に指揮を執り続けているが、現在セリエA最下位で2部降格危機に直面するという悲惨な状態となっている。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150204-00010009-soccermzw-socc
    Soccer Magazine ZONE web 2月4日(水)20時23分配信
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1423049953/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/02/02(月) 06:41:26.09 ID:???*.net
    [2.1 セリエA第21節 ミラン3-1パルマ]

    セリエAは1日、第21節を行った。日本代表MF本田圭佑の所属するミランはホームで最下位パルマと対戦し、3-1で勝利した。本田はフル出場。ゴールに絡むことはなかったが、勝利に貢献している。

    15年に入ってリーグ戦はいまだ勝利のないミラン。昨年末のローマ戦を含めると、5戦連続勝ちなしと泥沼状態にある。月が替わって迎えた今節は最下位に沈むパルマ戦。絶対に落とすことの出来なゲームとなった。

    ミランは伝えられていた通り、システムをこれまでの4-3-3から4-4-2に変更。ローマから獲得したばかりのFWマッティア・デストロを早速先発起用。本田は右MFに入った。また暴力行為によって4試合の出場停止処分を受けたDFフィリップ・メクセスに代わってラミがCBに入り、右SBはクリスティアン・ザッカルドになった。

    先制点はミランに生まれた。前半17分、ザッカルドのヘディングの折り返しが、相手DFのハンドを誘発。PKを獲得すると、FWジェレミー・メネズがGKの逆を突くシュートを蹴り込む。メネズの今季のPKゴールは6点目となった。

    幸先よく得点を奪ったミランだが、守備陣は耐えることができない。前半24分、FKをゴール前に入れられると、FWクリスティアン・ロドリゲスが折り返したボールを、最後はMFアントニオ・ノチェリーノに押し込まれ、簡単に試合を振り出しに戻されてしまった。

    右MFで先発した本田だが、前半途中から左MFのMFアレッシオ・チェルチとポジションチェンジ。左サイドから時折エリア内に入ってチャンスを伺う。前半41分には右クロスに反応。ワンタッチでデストロに流して決定機を演出するが、得点には結びつかなかった。

    しかしミランは1-1で折り返した後半12分、勝ち越しに成功する。チェルチが自陣からドリブルで持ち込むカウンターを発動。後ろから走り込んだメネズに渡ると、右サイドから中央に切り込み左足シュート。グラウンダーのボールがゴール左隅と捕えた。メネズのゴールは今季12ゴール目となった。

    さらにミランは後半31分、右サイド、メネズからのリターンパスに走り込んだザッカルドが左足でゴールを奪い、3点目。ザッカルドは今季初出場で初ゴール。ようやく巡ってきたチャンスを確実に生かした。

    3-1で競り勝ち、15年リーグ戦初勝利を挙げたミラン。ようやくトンネルを抜けたミランだが、次節は首位ユベントス戦。この日デビューしたデストロが累積で出場停止となるなど、苦戦が予想されるが、何とか意地を見せたい。

    “不調対決”に敗れたパルマは、4連敗。今節、ラツィオを破る金星を挙げた19位チェゼーナとの勝ち点差は「5」に広がった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150202-00325311-gekisaka-socc
    ゲキサカ 2月2日(月)6時37分配信
    2015-02-02_12h01_07
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150202-00325311-gekisaka-socc.view-000
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1422826886/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ