海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ビジャ

    1: Egg ★ 2019/02/23(土) 11:58:39.40
    フル出場した37歳の点取り屋は、前半に幾度となく華麗なテクニックを披露。ビッグネームの片鱗をのぞかせた。後半32分に喫した決勝点は右CKのこぼれ球を、DF山下達也に押し込まれたもの。崩されてはいないだけに、ビジャに続いてイニエスタも「全体的にはいい試合ができた」と努めて前を向いた。

    しかし、リオネル・メッシを「偽9番」あるいは「ゼロトップ」にすえ、ヨーロッパを席巻したFCバルセロナをダブらせるヴィッセルの選手配置と戦いぶりは、残念ながらセレッソの想定内だった。

    「ゴールにつながることが多いので、真ん中で動かれるとやっぱり怖い。今日はサイドに張って、ドリブルで仕掛けてくるプレーがけっこう多かったけど、僕たちもそう簡単には侵入させなかったので」

    ビジャの脅威をほとんど感じなかったと振り返ったキム・ジンヒョンは、今シーズンから指揮を執るミゲル・アンヘル・ロティーナ監督による、守備陣へのアプローチをこう明かす。

    「いまは監督とコーチが、僕たちがなるべく2対1の(数的優位な)状況を作れるポジションを取らせている。その部分でビジャ選手に一人が外されても、もう一人がすぐにつくことができていた。攻撃面はあまりよくなかったけど、守備だけは監督の求める戦術を実践してくれたと思う」

    長い指導者人生でリージョ監督は常に理想を追い求め、ロティーナ監督は対戦相手の長所を緻密なポジショニングで打ち消す戦い方を積み上げてきた。舞台を日本に変えたスペインの同胞対決はまずは後者に軍配があがり、ビジャの不発も導かれたことになる。

    昨夏にイニエスタが加入し、昨秋にはリージョ監督が就任。さらに今オフにビジャが加入し、さらに加速化された感のあるヴィッセルの「バルセロナ化」を、ロティーナ監督はこう看破していた。

    「世界の超一流と呼べる素晴らしい選手たちがそろっていて、そのうえでリオネル・メッシが違いを作っていた。プレー内容に関しても結果に関しても、ほとんどの試合で彼が決定的な選手になっていた」

    昨シーズンのリーグ戦におけるヴィッセルのチーム得点王は、5ゴールで並んだポドルスキ、FWウェリントン、夏場にFC岐阜から移籍したFW古橋亨梧の5ゴール。当然ながら物足りない数字だし、アメリカのニューヨーク・シティFCからビジャを獲得した狙いも、言うまでもなく得点力不足の解消にある。

    しかし、ふたを開けてみれば真ん中ではなく、左サイドを主戦場とする起用だった。思い描いていた光景と違ったからか。試合後にはヴィッセルのオーナーで、親会社の楽天株式会社代表取締役会長および社長の三木谷浩史氏がロッカールームのリージョ監督のもとへ直行している。

    「この試合のために多くの時間をかけて準備してきた。結果的には上手くいかなかったが、シーズンはまだ始まったばかりだし、我々が目指しているものは必ず高いところへたどり着くと信じている」

    ビジャは心配無用を強調し、スペイン代表時代の盟友、フェルナンド・トーレスを擁するサガン鳥栖と対峙する3月2日のホーム開幕戦を見すえた。しかし、上手さと怖さを融合できず、ゴールと勝利を奪えない状況が続けば、やがてはビジャのポジション論争が勃発するかもしれない。

    2/23(土) 5:00配信
    2019-02-23_15h05_38
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190223-00010000-wordleafs-socc&p=1

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/02/11(月) 12:33:09.22
    大フィーバー! J1神戸が10日、沖縄・金武(きん)町で2次キャンプを開始した。今季加入の元スペイン代表FWダビド・ビジャ(37)をはじめ、同MFアンドレス・イニエスタ(34)、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(33)の“ビッグ3”がそろい踏み。同町人口の3分の1以上となる4000人が詰めかけた。3人はプロ野球楽天との合同懇親会にも出席した。

    世界的スターが沖縄上陸だ。練習を一目見ようと、人口約1万1000人の金武町は「ビジャ・フィーバー」に沸いた。

    公開練習が行われた金武フットボールセンターには1時間以上前から観客が殺到し、午後3時半の開始時には約4000人。同センターで過去最高の2000人を、はるかに超えた。最初のランニングでは、選手たちがファンの期待に応えるようにグラウンドを大きく周回。ビジャもクラブと代表で共闘した盟友イニエスタと会話しながら、声援に応じていた。

    練習後の取材対応はなかったが、同夜に沖縄・名護市のホテルで開かれたプロ野球楽天との合同懇親会にイニエスタ、ポドルスキとともに出席。冒頭のトークセッションで、「いろいろなオプションがあった中で、神戸から最も強い気持ちを感じた」と入団への思いを熱く語った。

    スペイン代表として歴代最多の59得点をあげ、2010年W杯や08年欧州選手権を制覇。クラブでもバルセロナでチャンピオンズリーグを制するなど、獲得したタイトルは数知れない。懇親会でプレッシャーへの対処法を問われたストライカーは、「高いパフォーマンスには必要なもの」ときっぱり言い切った。

    「今はこのチームをより大きなチームにしていくことを楽しみにしている」。37歳となっても、野心を失っていない。

    チームは開幕戦まで2週間を切った。高い注目度にも、ポドルスキ主将は「まだ何も勝ち取っていない。客寄せパンダになったわけじゃない」と表情を引き締める。ビジャ(Villa)、イニエスタ、ポドルスキの“V・I・P”トリオが世界の技でリーグ優勝を勝ち取る。

    2/11(月) 7:00配信 サンスポ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00000006-sanspo-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/13(日) 08:40:23.42
    「新しい街に馴染んできたよ!」ビジャ一家が神戸・元町のアーケード商店街に登場!

    いよいよウェルカムイベントが4日後に迫った神戸のビジャ。すでに日本での新生活を一家で楽しんでいるようだ。

    新天地でのスタートに意欲満々
     
    2019Jリーグにおいて、最大の目玉はやはりこの男だろう。ヴィッセル神戸入団がすでに発表されている元スペイン代表FW、ダビド・ビジャである。

    神戸は1月17日にチームの始動と新体制発表会見が予定されており、同日にはビジャのウェルカムイベントも開催され、これがファンに向けての初お披露目となる。

    稀代のストライカーは気合十分で、年明け早々に来日を果たした。神戸のトレーニングジムで撮影した画像をSNSに投稿し、1月下旬から始まるUSAツアーに並々ならぬ意欲を示すなど、日本での新たなスタートに胸を躍らせているのだ。

    そして1月12日の土曜日に更新したインスタグラムによると、家族揃って神戸市内の繁華街に足を運んだことが明らかに。「Settling into our new city!!!(僕たちの新しい街に馴染んできたよ!!!)」と綴り、妻パトリシア・ゴンサレスさん、長女ザイーダさん、次女オラヤさん、そして長男ルカくんの5人で撮影したプライベートショットを掲載した。

    元町にほど近い三宮本通り商店街で、日中は大勢のひとでごった返すアーケードだが、どうやら朝早くの散歩だったのか、実に閑散としている印象だ。

    神戸での先輩で同胞のアンドレス・イニエスタも、ひとりでゲームセンターに行ったり、家族で関西の観光名所やアミューズメント施設に現われたりと、オフのたびに貴重なプライベート情報を提供してくれていた。この様子だとビジャ一家もかなりアクティブなようで、今後どんな場所に登場するのかが楽しみだ。

    遠くニューヨークから神戸に引っ越してきたビジャ・ファミリー。日本での生活を存分にエンジョイしてもらい、一家の大黒柱にはぜひとも、J1リーグで鮮烈なゴールショーを披露してほしいところだ。

    1/13(日)  サッカーダイジェスト
    https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=52667

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/03(月) 20:15:37.54 _USER9
    ヴィッセル神戸は1日、元スペイン代表のFWダビド・ビジャを完全移籍で獲得したと発表した。ともにスペイン代表の黄金時代を築いたMFアンドレス・イニエスタや、元ドイツ代表のFWルーカス・ポドルスキとの共演を、今から楽しみにしている人も多いだろう。

    ビジャはスペイン代表で98試合に出場し、歴代最多となる59得点を決めた世界的ストライカー。ワールドカップ、ユーロを制し、両大会で得点王に輝いた。これまでバレンシア、バルセロナ、アトレティコ・マドリードなどで数多くのタイトルを獲得したビジャは、2015年からメジャーリーグ・サッカーのニューヨーク・シティでプレーしていた。

    JリーグでプレーするW杯得点王は、ビジャで5人目となる。世界屈指の点取り屋はどんなプレーを見せてくれるのか? 今回は、過去に日本でプレーした4選手の成績を振り返る。

    ■ディエゴ・フォルラン

    2010年の南アフリカ大会で5ゴールを挙げたウルグアイ代表のフォルランは、ビジャと並んで得点王に輝いた。2014年1月にセレッソ大阪と契約。Jリーグで約1年半プレーし、リーグ戦通算42試合出場、17得点を記録した。

    ■フリスト・ストイチコフ

    1994年のアメリカ大会で6ゴールを挙げる活躍を披露。ブルガリア代表をベスト4へと導き、自身は得点王に輝いた。バルセロナの中心選手として活躍したストライカーは、1998年から1999年まで柏レイソルでプレーした。リーグ戦通算27試合出場、12得点という成績を残している。

    ■サルヴァトーレ・スキラッチ

    母国のイタリアで開催された1990年大会で6ゴールを挙げ、チームを3位に導いた。得点王とゴールデンボール賞を受賞。ユヴェントスやインテルでプレーしたスキラッチは1994年にジュビロ磐田へ移籍すると、Jリーグで通算78試合に出場して56得点を記録した。

    ■ガリー・リネカー

    イングランド代表として出場した1986年のメキシコ大会で、6ゴールを挙げて得点王になった。続くイタリア大会にも出場し、4ゴールを記録した。Jリーグ開幕時の1993年に名古屋グランパスに加入。リーグ戦通算18試合出場、4得点と日本では輝きを放つことができず、1994年シーズン終了とともに現役を引退した。
    2018-12-03_22h03_34
    12/3(月) 18:55配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181203-00871918-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/02(日) 15:24:53.53 _USER9
    加入決定ビジャとの1枚をSNS公開でファン大興奮「ゲームの世界ではないよな?」
     
    サッカーJ1神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタと元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキがそろってインスタグラムを更新。電撃来日で神戸加入が発表された元スペイン代表FWダビド・ビジャとの“最速2ショット”を公開し、海外ファンも「時代は日本なのか?」「レアルより強いのでは?」「ゲームの世界ではないよな?」と大興奮の声が殺到している。

    神戸の世界的助っ人に新たなピースが加わる。イニエスタとポドルスキが早くも共演を果たしていた。インスタグラムでなんとも豪華な写真を公開している。イニエスタは鉄板料理の通路に黒のTシャツにジーンズのラフな姿で立ち、隣の男と肩を組んで立っている。それこそがビジャだった。かつてスペイン代表でワールドカップ(W杯)制覇を共にした盟友との共闘が決定。互いに指をさして笑みを並べている。早くも旧交を温めていたようだ。

    ポドルスキはビジャが視察に訪れ、会見を行った本拠地でユニホーム姿のまま、ビジャと肩を組み、互いにサムアップを決めている。来季から前線でコンビを組むことになる2人はもうすっかり打ち解けている。神戸で実現する世界一トリオ。目の当たりにした海外ファンも興奮している。

    90万大反響「絶対に日本に試合を観に行こう」
     
    合わせて90万件に迫る「いいね!」が殺到。コメント欄ではイニエスタに対し、「スペインのレジェンドが日本に集結」「日本のサッカーはチェックしなければならない」「時代は日本なのか?」「再びこのコンビを見られるなんて感動だ」「レアルよりも強いのでは?」。ポドルスキに対し、「スペインとドイツの猛者が手を組んだ」「CLに出られる」「絶対に日本に試合を観に行こう」「3人のW杯王者が集結。夢が実現した!」「ゲームの世界ではないよな?」との声が相次いでいた。

    投稿ではイニエスタが「ようこそビジャ! 君と再びプレーできることを幸せに思う」と呼びかければ、ポドルスキも「我々のチームへようこそビジャ! 完璧な契約だ。2019年をお楽しみに!」と歓迎をつづった。イニエスタのパスから前線のポドルスキ、ビジャの崩しで得点を奪う。そんな夢みたいなシーンがJリーグのピッチで見られることになる。

    12/2(日) 9:33配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181202-00045243-theanswer-socc

    写真
    no title

    no title


    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/01(土) 06:43:32.58 _USER9
    神戸が獲得に動いていた元スペイン代表FWダビド・ビリャ(36=米MLSニューヨーク・シティー)の加入が決定したことが30日、分かった。複数の関係者によると、推定年俸250万ユーロ(約3億2250万円)の2年契約で合意に達した。

    神戸市内で行われた練習後に対応した三浦淳寛スポーツダイレクター(44)は「現状で話すことは何もありません」と言葉を濁したが、1日はホームで今季最終戦・仙台戦が行われる。三木谷浩史会長(53)も訪れる予定になっており、前売り完売となった満員のノエビアスタジアムでお披露目される可能性がある。

    ビリャは10~13年シーズンまでバルセロナでプレー。神戸に今夏加入したイニエスタとともに欧州CLなど計8冠獲得に貢献した。またスペイン代表では歴代最多の59得点。08年欧州選手権と10年W杯で得点王に輝き、母国優勝の大きな原動力となった。

    米MLSでプレーした今季は23試合14得点。リージョ監督も「ビリャについてあらためて紹介しなくても実績が豊かで、その実績が彼の評価を物語っている」と実力に太鼓判を押している。イニエスタとポドルスキ、そしてビリャ。三木谷会長が「日本だけではなく世界のファンを魅了するサッカー」と目標を掲げる中、役者はそろった。

    12/1(土) 6:17配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181201-00000063-spnannex-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/11/30(金) 06:10:53.63 _USER9
    サッカーの元スペイン代表で米メジャーリーグサッカー(MLS)ニューヨーク・シティを今季限りで退団するFWダビド・ビジャ(36)のJ1神戸加入が濃厚となっていることが29日、分かった。複数の関係者によると、既に水面下で交渉が進んでいるといい、米大手メディアもJリーグ行きの可能性を報じた。FWポドルスキ、MFイニエスタに続く3人目のW杯優勝経験者が港町に降り立つかもしれない。

    神戸にまたも大物加入の可能性が浮上した。現地時間28日にニューヨーク・シティがビジャの退団を正式発表すると、米紙「ニューヨーク・タイムズ」など大手メディアが日本行きの可能性を報じた。ビジャも同日、自身の公式ツイッターに「私の決断。私の未来」と投稿。添付されたインタビュー映像では「私の心と体は新たな挑戦を必要としている」などと新天地への思いを語っていた。

    複数の関係者によると、早くからビジャ側の意向をつかんでいた神戸は既にクラブ幹部が渡米し、水面下で交渉を進めてきたという。ニューヨーク・シティとの契約が12月末で切れるためビジャ獲得に移籍金は発生しない。1年契約で年俸も現在の561万ドル(約6億3千万円)から大幅な減額になるとみられるが、条件面が折り合えば交渉は一気に加速しそうだ。

    前節にようやくJ1残留を決めた神戸はチーム得点王がMF三田の6得点とストライカー不在に悩まされた。イニエスタの能力を最大限に引き出すFW獲得は喫緊の課題で、バルセロナやスペイン代表でともにプレーした経験を持つビジャは適任。イニエスタもかつての同僚の獲得を熱望しているという。

    ビジャはスペインが優勝した08年欧州選手権、10年南アフリカW杯で得点王に輝き、スペイン代表通算59得点は同国の歴代最多記録となっている。12月に37歳を迎えるが、今季はリーグ戦で14得点と決定力は健在。米MLSの4年間で公式戦80得点を記録した。

    ニューヨーク・シティなどを運営するシティ・フットボール・グループと業務提携している横浜Mもビジャの移籍先候補に挙がった。だが、イニエスタやリージョ監督の存在から大きく神戸入りに傾いているといい、交渉の行方が注目される。

    11/30(金) 5:01配信 ディリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00000006-dal-socc

    写真
    no title


    【神戸】ビジャ獲得へ!36歳元スペイン代表FW、10年南アW杯制覇&得点王…山口蛍も
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181129-00000253-sph-socc

    神戸“バルサ化”着々!元スペイン代表ビリャと交渉中 10年W杯得点王
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00000001-spnannex-socc

    神戸がビリャ獲り イニエスタとスペイン最強コンビ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00406342-nksports-socc
    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/11/29(木) 22:34:54.63 _USER9
    レアル・マドリーのクリスティアーノ・ロナウド退団から、ベンゼマのゴール不足、マリアーノの不安定なパフォーマンスなど、マドリーは冬の移籍市場で、ストライカーの獲得を優先的に考えている。

    数週間前からアザール(チェルシー)やイカルディ(インテル)の名前が挙がっているが、ここに来ておそらくバルサのサポーターが嫌がる名前を追加するかもしれない。

    『MEGA』の『El Chiringuito』によると、ダビド・ビジャがマドリーが狙うFWの獲得候補に挙がる可能性があるという。

    元バルサの選手は、アメリカでの“引退生活”を楽しんでいるが、レアル・マドリーは、ビジャがラ・リーガを熟知しており、適応の必要性がなく、家族や友人達のいるスペインに戻りたいのではないかと考えているようだ。

    このような動きがあったのは初めてではない。他国のリーグから若い選手を獲得した場合、適応まで時間がかかる可能性があるため、キャリアの終盤に差し掛かった経験のある選手を獲得するケースがある。一方ビジャは、現在レアル・マドリーが求める結果を短期間で残せる可能性がある。

    『El Chiringuito』によって報じられたこのオプションは、SNS上でも反応が確認されている。番組Twitterのアカウントで、レアル・マドリーのFWの補強にビジャは相応しいかというアンケートが行われているが、今のところサポーターの反応は、否定的のようである。

    11/29(木) 21:27配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181129-00010021-sportes-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/10/16(日) 18:40:36.10 ID:CAP_USER9.net
    ビジャがニューヨークシティでの共闘を熱望 クラブとの契約は18年6月まで残るが…

    世界中でも数少ない“移籍に縁遠そうな名手”に、まさかの移籍話が浮上した。スペインメディア「ドン・バロン」は、バルセロナのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタにアメリカMLSのニューヨークシティFCへの移籍が浮上したと報じている。

    ラ・マシアと呼ばれる下部組織から育ち、バルセロナ一筋のイニエスタをアメリカへ導こうとしているのは、バルセロナやスペイン代表でチームメートとして活躍してきたFWダビド・ビジャだという。数週間前にイニエスタとコンタクトを取ったビジャは、ニューヨークでの共闘を熱望。熱心な説得を繰り返していると報じている。

    MLSの同クラブには、中盤のプレーメーカーとして“マエストロ(巨匠)”の異名を持つ元イタリア代表MFアンドレア・ピルロが所属している。そこに、“イリュージョニスト(手品師)”とも呼ばれるイニエスタが加われば、まさに魅惑の中盤が完成することになる。

    バルセロナから元スペイン代表MFシャビがカタールのアル・サッドへ移籍した際には、大きな驚きをもって世間では受け止められた。クラブと2018年6月まで契約を残しているイニエスタだが、移籍市場は時としてアッと驚くようなことが成立するだけに、あり得ないと断言できないのも確かだ。

    バルセロナが生んだ天才司令塔は、はたしてアメリカ行きに心が動くのか。今後もその動向が注目されそうだ。
    2016-10-16_19h48_32
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161016-00010013-soccermzw-socc
    Football ZONE web 10月16日(日)15時0分配信
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/05/22(日) 17:37:38.42 ID:CAP_USER9.net
    f099d53b-3c2a-4512-b0b6-e7fd59310264
    フジテレビNEXTが放映権の獲得を発表してからちょうど1か月が経った21日(日本時間22日)、いよいよ日本でMLSの放送が開始された。

    その最初のカードとなったのがこちら。ニューヨーク・シティ対ニューヨーク・レッドブルズ、通称「ハドソン川ダービー」だ。

    ピルロ、ビジャ、ランパードを擁するシティと、大手飲料メーカーのレッドブルが所有するレッドブルズ。両クラブに現在、日本人選手は在籍していないが、大都市ニューヨークを拠点とする両者のダービーマッチが、記念すべき最初のカードに選ばれたわけだ。

    しかし、ヤンキースタジアムで行われた試合は思わぬ衝撃の結末を迎えた。

    な、なんと0-7!

    前半3分に先制したレッドブルズは、その後もブラッドリー・ライト・フィリップスの2ゴールなどで、ピルロ、ビジャが先発出場したシティを文字通り「フルボッコ」にしたのである。

    にわかに信じ難い衝撃的なスコアだが、シティのファンにとってはこのデータが発表された直後だけにより受け入れ難い結果であろう。

    先日、サラリーキャップ制を導入するMLSは、各クラブに所属する全選手の2016シーズンの報酬額を発表した。

    その総額で、ピルロ、ビジャ、ランパードが在籍するシティが21,127,177ドル(約23億円)で全体の2位だったのに対し、かつてアンリ、ケイヒルらスター選手がプレーしたものの、現在は特に大物選手を抱えていないレッドブルズは5,829,850ドル(6億5000万円)で14位だったのだ。

    シティは額にして約4倍近くライバルを上回りながら、今回の歴史的な大敗を喫してしまったのである。

    この試合には、高額な報酬を受け取りながら怪我がちでまともに試合に出られず、「MLS史上最悪の移籍」とまで言われ批判されている元イングランド代表フランク・ランパードが今季初めてベンチ入りした。

    ランパードは0-5になった75分、ピルロに代わって投入され初出場を果たしたが、シティのサポーターから嘲笑とブーイングを受ける始末であった。

    ちなみに7点差での勝利は、1998年にロサンゼルス・ギャラクシーがダラス・バーンを8-1、2001年にシカゴ・ファイアーがカンザスシティ・ウィザースを7-0で下して以来で、MLSのタイ記録になるのだという。

    こんな試合が最初の放送カードになるなんて、フジテレビは“持っている”のか持ってないのか…。

    http://qoly.jp/2016/05/22/red-bulls-destroy-new-york-city-hudson-river-derby?part=2
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ