海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ピカチュウ

    1: Egg ★ 2018/12/07(金) 09:00:35.73 _USER9
    「本人は決心している」という行先は?

    Jリーグに「ピカチュウ」がやって来る可能性が、ここにきて高まっている。

    といっても、あの人気アニメ『ポケットモンスター』のキャラクターではない。ブラジル人のサッカー選手のことである。

    【動画】ブラジル全土を唸らせた『ピカチュウ』のゴールラッシュ!

    現地時間12月5日、ブラジル・メディア『diario carioca』は、ヴァスコ・ダ・ガマ所属のブラジル人DFヤーゴ・ピカチュウが、Jリーグ・クラブへの移籍を望んでいることを報じた。

    「ピカチュウ」こと本名ライビソン・ヤーゴ・ソウザ・リスボアは、現在26歳。本職は右SBながら、サイドハーフやFWとしてもプレーできる高い攻撃性が売りで、今シーズンは公式戦46試合で、チーム最多となる19ゴールという結果も残している。

    そんなピカチュウに関しては、今年4月にもガンバ大阪行きの噂が浮上するなど、かねてから日本行きが伝えられていたが、『Diario carioca』によれば、代理人の元へは日本の複数クラブからのオファーが舞い込んでいるという。

    しかし、そこにアメリカのメジャーリーグ・サッカー(MLS)のオーランド・シティが、割って入ろうとしているようだ。ブラジル紙『UOL』は、獲得レースの現状を以下のように伝えている。

    「かつて、あのカカも在籍したオーランド・シティは、ピカチュウ獲得をめぐって日本のクラブと激しい競争を展開している。日本とアメリカは、サッカーのレベルでは世界のトップクラスではないが、ピカチュウに合うテクニカルなプレースタイルが好まれ、財政的な余裕も一定以上に持っている」

    となれば、やはり焦点となるのは移籍金だろう。現在、ピカチュウはヴァスコと2021年6月までの契約を締結しているため、同選手の売却益を危機的状況にあるとされている財政の立て直しに充てたいと画策するクラブは、より高額での放出を望むと考えられている。つまり、マネーゲームになることは必至なのだ。

    ただ、「ヴァスコに留まる可能性はほぼゼロ」と断定する『Diario carioca』は、次のようにピカチュウの去就動向への見解を論じている。

    「オーランド・シティからのオファーは魅力的ではあるが、本人は日本への移籍を決心している。昨今の日本市場は、あらゆる可能性を感じさせるショーケースとなっており、選手だけでなくヴァスコも惹かれている。その最終的なクラブがどこになるのかは、いまだ不明だが、日本移籍でほぼ合意に達していると言えそうだ」

    この情報を鵜呑みにすれば、ブラジル・サッカー界きっての実力派MFのJリーグ挑戦は、秒読み段階にまで達していると言えそうだが、どのような結末を迎えるだろうか?

    12/7(金) 6:04 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181207-00010002-sdigestw-socc

    写真
    2018-12-07_11h42_43



    続きを読む

    1: 朝一から閉店までφ ★ 2018/12/06(木) 21:41:19.35 _USER9
    e9883dfb-fce7-c5fe-fdff-269f3f2ec27f

    2018/12/06 21:30
    Text by
    編集部H


    日本上陸を囁かれるブラジルのピカチュウだが、急転直下、アメリカへ向かうことになるかもしれない。

    ブラジルの『UOL』や『Lance』などは5日、ヴァスコ・ダ・ガマに所属するDFイアゴ・ピカチュウの移籍先として、アメリカ・MLSのオーランド・シティが最有力候補になっていることを伝えた。

    26歳のピカチュウとヴァスコの契約は2021年末までになっているものの、クラブの財政事情などから退団を囁かれている。今週、Jリーグ行きが急浮上し、早ければ週末にも契約を結ぶのではないかとの報道も。

    しかし今度は、アメリカ行きが最有力となっているという。

    もともとアメリカ、中国のクラブなどから関心を寄せられていたことは報じられていた。さらに最近、ピカチュウが英語を学び始めたこと、現在、アメリカに滞在していることなどからMLSが彼の新しいステージになるのではないかという。


    "
    View this post on Instagram
    Yago Lisboaさん(@yagopikachu02)がシェアした投稿 - 2018年11月月23日午後1時45分PST

    View this post on Instagram
    Yago Lisboaさん(@yagopikachu02)がシェアした投稿 - 2018年12月月4日午後7時59分PST
    上は英語を学ぶピカチュウ、下はアメリカ旅行を楽しむピカチュウ
    "


    候補となっているオーランド・シティは2015年にMLSへ参入し、元ブラジル代表MFカカが所属したことで知られる。クラブには現在、ヨッシー(>>>0�という選手もおり、MLS公式サイトは「ピカチュウとヨッシーが現実になるかもしれない」と伝えている。

    >>>0�ペルー代表MFジョシマール・ジョトゥンのこと。愛称は“Yoshi”で任天堂の看板キャラクター、ヨッシーの海外版と同じ綴りである。

    https://qoly.jp/2018/12/06/yago-pikachu-rumor-mls-hys-1

    続きを読む

    1: 朝一から閉店までφ ★ 2018/12/05(水) 18:26:46.57 _USER9
    2018/12/05 14:10
    Text by
    編集部H

    ピカチュウの日本上陸が現実味を帯びてきた!

    現地メディア『UOL』は4日、ブラジルの名門ヴァスコ・ダ・ガマに所属するDFイアゴ・ピカチュウとJリーグのあるクラブが、2か月前から交渉中であることを伝えた。

    ピカチュウは26歳。ユース時代、体が小さく素早いことからコーチに「ピカチュウ」との愛称を授かり、プロでもそれを登録名としている。

    彼が脚光を浴びたのはパイサンドゥ時代のこと。DF(右サイドバック)ながらゴールを量産し、その登録名もあってブラジル全土で知名度を獲得した。

    それから2016年にリオの名門ヴァスコへ。地方クラブとは勝手の違うヴァスコではすぐに馴染めなかったものの、今季、右サイドのアタッカーとして覚醒。チームトップの公式戦19ゴールを記録し、チームに欠かせない存在となった。

    一部ではセレソンに推す声も出ているほどだが、そんなピカチュウはかねてより海外でプレーすることを希望しており、今回、日本行きに近づいている他、米国のクラブから関心が寄せられていることも伝えられている。

    ピカチュウとヴァスコとの契約は2021年6月まで。ただ現地では財政事情の厳しいヴァスコを退団する可能性が高いのではないかと見られている。
    bb3cba56-d4e0-a4fc-2f07-850b1de8661d
    https://qoly.jp/2018/12/05/yago-pikachu-rumor-j-league-hys-1

    続きを読む

    1:赤黒梟 ★:2018/04/20(金) 10:53:09.79 ID:CAP_USER9.net
    Jリーグ1部のガンバ大阪がブラジル・セリエAのヴァスコ・ダ・ガマに所属するブラジル人MFヤーゴ・ピカチュウ(24)獲得に興味を示している。ピカチュウは169cmと小柄で右利きのサイドアタッカー。今シーズンはリーグ戦11試合4ゴールと活躍中。
    Yago-Pikachu-Vasco-960x580
    https://www.odiariocarioca.com/noticia-2018-04-18-vasco-pode-perder-yago-pikachu-para-japoneses-do-gamba-osaka-9614098.carioca.html
    続きを読む

    1:カイキニッショク ◆Q.7YV6dKqY カイキニッショク ★@\(^o^)/:2017/06/23(金) 00:52:06.70 ID:CAP_USER9.net
    来季セリエA昇格クラブ、「ピカチュウ」や「ジョン・レノン」獲得を狙う?

    6/22(木) 22:09配信

    フットボールチャンネル

    来シーズンのイタリア・セリエAで、「ピカチュウ選手」がプレーすることになる可能性もあるかもしれない。2部からの昇格を決めたSPALが、ブラジルの珍名選手の獲得に関心を抱いていると報じられている。

    移籍の噂が伝えられているのは、ブラジルの名門ヴァスコ・ダ・ガマに所属する25歳のDFヤーゴ・ピカチュウ。本名はグライビソン・ヤーゴ・ソウザ・リスボアという名前だが、選手としては「ピカチュウ」の登録名でプレーしている。

    もちろんこの名前は、「ポケットモンスター」に由来している。だが本人がつけたニックネームではなく、過去のインタビューによれば、「コーチにそう呼ばれたんだ。背が低く、すばしっこかったからね」ということだという。

    21日付の伊紙『ラ・ヌオーヴァ・フェッラーラ』は、来季からのセリエA昇格を決めたSPALがそのピカチュウの獲得に関心を持っていると報じた。SPALは右サイドバックを探しており、その候補の一人だとみられている。別の候補としては、ブラジルのクルゼイロに所属する「ジョン・レノン」選手もいるとして、こちらも名前が注目されている。

    だが、ヴァスコがピカチュウの移籍金として要求する額は安くはなく、獲得には困難が伴う見通しだとも伝えられている。今季初めてプレーするブラジル全国選手権1部でここまで6試合2得点を記録するなどの活躍により、移籍市場での価値は高まっているようだ。
    20170622_pikachu_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170622-00218463-footballc-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ