海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ピケ

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/18(水) 17:03:20.39 ID:CAP_USER9.net
    バルセロナ(スペイン)DFジェラール・ピケ(29)が、驚きのイングランド復帰に迫っているようだ。スペイン『Don Balon』紙をもとに、伊サイト『calciomercato.com』が現地時間17日に伝えている。

    報道によると、妻シャキーラさんがカタルーニャでの生活に不満を持ち、イングランドへの移住を望んでいることから、ピケはプレミアリーグのクラブへの移籍に向かっているという。行き先は、シャキーラさんがロンドン行きを希望していることもあり、チェルシーが有力なようだ。

    ピケ自身もバルサのロッカールームで問題を抱えており、一部チームメイトは、ピケの退団を悲しむことはないという。

    バルサのカンテラ(下部組織)出身のピケは、2004年にマンチェスターU(イングランド)へ移籍。サラゴサ(スペイン)への1年間の期限付き移籍とマンUでの3年を経て08年にバルサへ復帰すると、同チームで守備の要として奮闘。3度のチャンピオンズリーグ優勝や6度のリーガ・エスパニョーラ制覇など数多くのタイトル獲得に貢献している。
    2017-01-18_19h38_15
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170118-00000017-ism-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/06/29(水) 19:08:44.13 ID:CAP_USER9.net
    スペインはどこを修正すればいいのか

    前回大会王者として臨みながらEURO2016決勝トーナメント1回戦でイタリア代表に敗れてしまったスペイン代表は、2018ロシアワールドカップへ向けて何かを修正しなければならない。それは2014ブラジルワールドカップの惨敗からも分かっていたことだが、果たして何を変えるべきなのか。

    英『Sky Sports』によると、スペイン代表DFジェラール・ピケは代表チームの将来のために何がベストなのか考える必要があると主張し、同じスタイルで戦い続けていることにも疑問を感じているようだ。

    「僕たちはスペイン代表の未来において何がベストなのかを考える必要がある。再びスペインがメジャータイトルを獲得したいと思うなら、レベルを上げないといけないよ。もうスペインはタイトルを勝ち取れるレベルにないし、ベストチームではないんだ」

    「僕たちはここ数年間同じスタイルで戦ってきたけど、それは効果的ではなかった。僕たちはロシアに向けてもっと多くのことを改善する必要があるね」

    スペインといえばポゼッションサッカーというイメージが定着していたが、2014ワールドカップからは思うような結果が出ていない。このスタイルはバルセロナでジョゼップ・グアルディオラが見せていたモデルと同じようなものだが、そのバルサもグアルディオラ退任以降はスタイルを徐々に変えている。

    相手チームがスペインのポゼッションサッカーに慣れてきたのも勝てなくなった理由の1つかもしれないが、スペインはポゼッションスタイルを考え直すべきなのだろうか。
    GettyImages-543399740-compressor
    theWORLD(ザ・ワールド) 6月29日 18時40分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160629-00010027-theworld-socc
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/25(金) 19:00:34.17 ID:CAP_USER*.net
    ジェラール・ピケの妻で世界的アーティストとして知られるシャキーラは、クラブワールドカップ期間中日本に滞在していた。

    先日はピケと渋谷を訪れた際の様子をSNS上で紹介してくれたのだが、また新たな写真を投稿している。
    CW_9FkLW8AAAhoq
    写真に写るのは、2人の息子を抱きかかえるシャキーラだ。後ろにはたくさんの絵馬がかけられている。

    シャキーラはこのようにツイートしている。

    “ 「2012年、明治神宮で2つのお願いをしたの。そしてそれらは叶ったわ!」

    シャキーラは2012年にも日本を訪れていたようで、この時お腹の中には赤ちゃんがおり、明治神宮で2人の子宝に恵まれるようお祈りしたのだという。

    そしてシャキーラはその後、2013年1月に長男のミランくんを出産。さらに今年1月には次男のサーシャくんが誕生しており、今回はその2人の子供を連れての来日となり再び明治神宮を参拝したようだ。

    クラブワールドカップの決勝から5日が経過し、日本での写真をアップするシャキーラ。

    「ひょっとしてまだ日本にいる…?」と思いいろいろ調べてみたのが、22日にはピケとともにパリのディズニーランドを訪れているところが目撃されている。つまり、すでに日本を後にしており、離日から数日経ったこのタイミングで当時の思い出を懐かしんでいたようだ。

    http://qoly.jp/2015/12/25/shakira-in-japan
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1451037634/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/23(水) 18:18:02.85 ID:CAP
    クラブワールドカップでの戦いを終え、すでに日本を後にしているバルセロナ。

    最終ラインの要であるジェラール・ピケは今回の来日中に友人である三木谷浩史氏と面会を果たすなどエンジョイしていたのだが(詳細はこちら)、日本のこんな場所にも出没していたようだ。
    CW1MT5sU8AA7VQA
    こちらはピケの妻でありコロンビア出身のアーティスト、シャキーラがTwitterに投稿したものだ。

    シャキーラはピケとともに日本を訪れており、三木谷氏との会食にも参加していた。また、Twitterには日産スタジアムで決勝を観戦する息子の様子も投稿されており、家族で訪れていたようだ。
    no title

    さて、そんなシャキーラが投稿したのは、ピケとの2ショット写真であった。

    シャキーラはこの写真を"Noche en Tokio(東京での夜)"と紹介しているが、後ろに写る乗換案内の看板を見るにおそらく渋谷駅周辺であるはずだ。

    世界を代表するサッカー選手と世界的歌姫があの渋谷の街中に…。いくら外国人の多い渋谷とはいえバレなかったのか気になるが、ピケが深々とフードを被っているのを見ると警戒はしていたようだ。

    この写真からでは詳細な場所までは分からないが、ひょっとしたら明治通りのあたりだろうか?

    http://qoly.jp/2015/12/23/gerard-pique-and-shakira-in-japan
    引用元http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/mnewsplus/1450862282/

     
    続きを読む

    CMqmZbFUkAAPrjt

    バルセロナDFジェラール・ピケは17日、スペイン・スーパーカップのセカンドレグで、副審に激しく抗議して一発退場となった。

    主審の報告書によると、ピケは暴言を吐いていたとのことだ。同選手はリーガエスパニョーラの開幕戦に出場できない。スペイン『マルカ』が報じている。

    ファーストレグで0-4と大敗し、奇跡の逆転を目指したバルセロナは、前半にFWリオネル・メッシのゴールで先制。 
     
    だが56分、ビルバオFWアリツ・アドゥリスのオフサイドを取らなかったとして、副審に抗議したピケが退場となり、数的不利に陥ったチームは追加点を奪えず、逆にアドゥリスの同点弾を許して6冠を逃した。

    報告書によると、ピケは線審に対して「メ・カゴ・エン・トゥ・プータ・マドレ(ど畜生め)」と侮辱の言葉を投げかけたとのこと。

    罰則規定によれば、審判への侮辱は重大な違反行為で、出場停止処分は4試合から最大で12試合までとなる。

    ただ、ピケのようなケースでは4試合の出場停止となることが常で、ピケは開幕戦となるアウェーでのビルバオ戦、第2節マラガ戦(ホーム)、第3節アトレティコ・マドリー戦(アウェー)、第4節レバンテ戦(ホーム)に出られない可能性が高い。

    いずれにしても、現時点ではビルバオ戦の出場停止が確定している。

    なお、この試合の主審を務めたベラスコ・カルバージョ氏は、以前にもピケを退場としたことがあり、その件は大きな騒動にまで発展していた。

    カタルーニャの『ムンド・デポルティボ』などは、「V・カルバージョが再びピケを退場処分に!」と大きく騒ぎ立てている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150818-00000006-goal-socc

    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/06/07(日) 12:25:44.95 ID:???*.net
    [6.6 欧州CL決勝 ユベントス 1-3 バルセロナ]

    UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)の決勝戦が6日に行われ、バルセロナ(スペイン)がユベントス(イタリア)を3-1で下し、4季ぶり5度目の欧州制覇を達成。国内2冠で迎えたチーム同士の3冠王手対決を制した。

    試合後のピッチでチームメイトが歓喜するなか、DFジェラール・ピケが黙々とゴールネットをハサミでカットする姿が話題を呼んだ。

    スペインTV『カナルプラス』のインタビューに応じたピケは、『マルカ』によると、「誰もネットを切るのを手伝ってくれなかったって?たしかにそうだったね。一人で全てカットしたんだ(笑) でも僕がカットしたゴールネットはみんなが欲しがったから、分けてあげることにしたんだ」と話していたという。

    なお、ピケは2011年5月28日にウェンブリー・スタジアムで行われた欧州CL決勝でマンチェスター・ユナイテッドに3-1で勝利したときにも、MFセルヒオ・ブスケツとともにゴールネットを切り取り、持ち帰っている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150607-00648721-gekisaka-socc

    写真
    no title
    no title
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1433647544/

     
    続きを読む


    2015-05-13_13h46_58
    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/05/13(水) 13:13:53.29 ID:???*.net
    SOCCER KING 5月13日(水)9時32分配信

    チャンピオンズリーグ決勝トーナメント準決勝セカンドレグが12日に行われ、バルセロナは敵地でバイエルンと対戦し2-3で敗れた。しかし、2試合合計スコアを5-3として4年ぶりの決勝進出を果たしている。試合後、バルセロナのスペイン代表DFジェラール・ピケがインタビューに応え、クラブ公式HPがコメントを伝えている。

    決勝進出を決めたバルセロナ。13日に行なわれる準決勝のもう1試合ではレアル・マドリードとユヴェントスが対戦する。ピケは、永遠のライバルであるレアル・マドリードが勝ち上がることを予想し、「マドリードとの決勝は、とてもエキサイティングで歴史的なものになるだろう」と、早くも決勝での“クラシコ”を見据えた。

    4年ぶりに決勝の舞台に立つことになるが、同選手は「僕らは一つの時代を築いたね。このチームの一員でいられてとても幸せだよ。僕らの戦いは長い間、語り継がれるだろう。そして、今は楽しむときだ」と、現在のチームの戦いぶりを自画自賛している。

    2004-05シーズン以降の10年間で、バルセロナは3度の優勝、4度のベスト4進出を果たしてきた。安定して結果を残せてきたことについては「僕らはこの10年の準々決勝で非常にいい数字を残してきた。この期間、僕らは時代に名を刻み結果を出してきたんだ。バルサ哲学の成果であるし、その一部でいられてとても嬉しいね」と、クラブの持つ哲学の勝利だと主張した。

    決勝は6月6日にベルリンのオリンピアシュタディオンで開催される。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150513-00312149-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1431490433/

     
    続きを読む

    20130910_496684

    1: ぴぃとφ ★ 2013/12/05 12:58:59
     スペイン2部エルクレスのMF杉田祐希也(20)が、バルセロナの同国代表DFピケに絶賛された。

     1日のムルシア戦で2アシスト。同日にピケは「試合を見て日本人のスギを気に入った。
    素晴らしいクオリティーがある」と自身のツイッターでコメントした。エルクレスは2日、
    公式サイトで杉田の談話を紹介。「(ピケの言葉は)大きな一歩。日本では小さなニュースだけど
    僕はエルクレスでプレーしている」と手応えを示した。

    [ 2013年12月4日 05:30 ]

    引用元:http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2013/12/04/kiji/K20131204007131390.html
    スポニチ Sponichi Annex:http://www.sponichi.co.jp/

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ