海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ピルロ

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/05/22(日) 17:37:38.42 ID:CAP_USER9.net
    f099d53b-3c2a-4512-b0b6-e7fd59310264
    フジテレビNEXTが放映権の獲得を発表してからちょうど1か月が経った21日(日本時間22日)、いよいよ日本でMLSの放送が開始された。

    その最初のカードとなったのがこちら。ニューヨーク・シティ対ニューヨーク・レッドブルズ、通称「ハドソン川ダービー」だ。

    ピルロ、ビジャ、ランパードを擁するシティと、大手飲料メーカーのレッドブルが所有するレッドブルズ。両クラブに現在、日本人選手は在籍していないが、大都市ニューヨークを拠点とする両者のダービーマッチが、記念すべき最初のカードに選ばれたわけだ。

    しかし、ヤンキースタジアムで行われた試合は思わぬ衝撃の結末を迎えた。

    な、なんと0-7!

    前半3分に先制したレッドブルズは、その後もブラッドリー・ライト・フィリップスの2ゴールなどで、ピルロ、ビジャが先発出場したシティを文字通り「フルボッコ」にしたのである。

    にわかに信じ難い衝撃的なスコアだが、シティのファンにとってはこのデータが発表された直後だけにより受け入れ難い結果であろう。

    先日、サラリーキャップ制を導入するMLSは、各クラブに所属する全選手の2016シーズンの報酬額を発表した。

    その総額で、ピルロ、ビジャ、ランパードが在籍するシティが21,127,177ドル(約23億円)で全体の2位だったのに対し、かつてアンリ、ケイヒルらスター選手がプレーしたものの、現在は特に大物選手を抱えていないレッドブルズは5,829,850ドル(6億5000万円)で14位だったのだ。

    シティは額にして約4倍近くライバルを上回りながら、今回の歴史的な大敗を喫してしまったのである。

    この試合には、高額な報酬を受け取りながら怪我がちでまともに試合に出られず、「MLS史上最悪の移籍」とまで言われ批判されている元イングランド代表フランク・ランパードが今季初めてベンチ入りした。

    ランパードは0-5になった75分、ピルロに代わって投入され初出場を果たしたが、シティのサポーターから嘲笑とブーイングを受ける始末であった。

    ちなみに7点差での勝利は、1998年にロサンゼルス・ギャラクシーがダラス・バーンを8-1、2001年にシカゴ・ファイアーがカンザスシティ・ウィザースを7-0で下して以来で、MLSのタイ記録になるのだという。

    こんな試合が最初の放送カードになるなんて、フジテレビは“持っている”のか持ってないのか…。

    http://qoly.jp/2016/05/22/red-bulls-destroy-new-york-city-hudson-river-derby?part=2
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/29(木) 18:47:05.43 ID:???*.net
    33dee41f-470b-474a-8663-2622f5bfe654
    この夏、MLSのニューヨーク・シティFCに加入したMFアンドレア・ピルロ。

    チームメイトであるダビド・ビジャやフランク・ランパードにアシストを演出し、コーナーキックから直接ゴールを狙うなど自慢のキックで存在感を見せていたのだが、先日行われたニュー・イングランド・レヴォリューション戦でのプレーが波紋を呼んでいる。

    ニュー・イングランド・レヴォリューションが0-2とリードして迎えた55分、クリス・ティアーニーのコーナーキックにケリン・ロウが頭で合わせ試合を決定付ける3点目を奪う。

    大柄ではないピルロはこのコーナーでニアポストへと入っていたのだが



    ボールの行方をぼーっと眺め、これがそのままゴールに。ボールに全く反応することなく、あっさりにゴールを奪われてしまったのだ。

    スペイン『AS』は"desidia(怠惰な)"という言葉を用いて、このシーンを紹介している。また、パロディサイトからは"casual defense(軽いディフェンス)"とも表現されている。

    ボールの軌道的にピルロではどうにもならなかったのかもしれないが…それにしてもボールが飛んでくる前から諦めているかのようなプレーであった。チームはすでに5位以上のチームが出場できるプレーオフに進出する権利を失っており、モチベーションにやや問題を抱えているのかもしれない。

    試合は1-3でニューイングランド・レヴォリューションが勝利。なお、この試合では東京ヴェルディや大宮アルディージャなどでもプレーした小林大悟が途中出場している。

    http://qoly.jp/2015/10/28/andrea-pirlo-vs-new-england-revolution
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1446112025/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/08/23(日) 11:04:15.53 ID:???*.net
    イタリアを意識したパンになっている模様

    スティーブン・ジェラードやアンドレア・ピルロといった世界のトップレベルで戦ってきた選手が多数参加しているMLSだが、彼らの人気は留まるところを知らない。『ESPN』によると、ピルロが所属するニューヨーク・シティFCの本拠地であるニューヨークのパン屋が「ピルロサンド」なる新商品を編み出したという。

    ピルロがイタリア人ということもあり、白いイタリアブレッドに、ジェノアサラミ、ズッキーニ、モッツァレラチーズ、ブルーベリーを挟んだサンドイッチになっているようだ。なぜサンドイッチなのかは不明だが、近いうちに同じチームに所属するフランク・ランパード用の「ランパードパイ」も考案している。

    サッカー界だけでなく、グルメをも巻き込むブームとなっているMLS。スターが来るだけでも嬉しいが、何より彼らは結果を残している。ティエリ・アンリ、セバスティアン・ジョビンコ、ダビド・ビジャと、彼らは決してキャリアの余生をアメリカに過ごしに来たわけではない。

    アメリカサッカー界を盛り上げると同時に、スター選手ならではのスーパープレイも提供しているのだ。そのお供に「ピルロサンド」「ランパードパイ」はいかがだろう。

    2015年08月22日(土) 01時52分配信
    http://www.theworldmagazine.jp/20150822/01world/16697


    マンハッタンの人気デリバリー「No.7 サブ」はイタリアのパニーニスタイルのサンドイッチを開発している。揚げズッキーニ、モッツァレラチーズ、ブルーベリー、サラミを包み込んでおり、値段は12.75ドル(約1580円)。どれもイタリアでは一般的な食材であり、スタジアム周辺の屋台でパニーニを購入して食すのはイタリアでもよく見られる光景だ。

    サッカー人気が高まりを見せているニューヨークで絶妙なパスを配給するマエストロは、移籍からわずかの期間で大きな話題を呼んでいる。

    ピルロがニューヨークで巻き起こすムーブメント 新発売の「ザ・ピルロ」とは
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150820-00010015-soccermzw-socc


    写真 ピルロサンド
    CMtlv80WUAEcNlN
    new_pirlo-compressor
    写真 ピルロ
    no title
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1440295455/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/07/31(金) 07:50:27.48 ID:???*.net
    ACミランのアドリアーノ・ガッリアーニCEOは、ミランでのこれまでの補強戦略をたどり、イタリア代表MFアンドレア・ピルロの放出が名門凋落(ちょうらく)の引き金となったと分析した。

    7月30日に71歳の誕生日を迎えた強化責任者は、イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」のインタビューに応じ、これまでのミランでの足跡を振り返っている。 

    ミランの強化責任者として最大の失敗についてこう語った。「アンドレア・ピルロを放出したこと。他とは比べものにならない重大な失敗だよ」

    当時のマッシミリアーノ・アッレグリ監督(ユベントス)との不仲がささやかれたピルロは2011年シーズンにミランを去り、ユベントスに移籍した。

    そこからユベントスはリーグ4連覇を達成し、ミランは欧州のカップ戦出場権を2年連続で喪失している。

    ピルロは、この夏、ユベントスから米MSLニューヨーク・シティFCに移籍したが、マエストロ放出がミランにとっても、ガッリアーニCEOにとっても忘れがたいキャリアの汚点のようだ。
    2015-07-31_12h47_56
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150730-00010013-soccermzw-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1438296627/

     
    続きを読む

    1: ゴアマガラ ★@\(^o^)/ 2015/07/07(火) 11:26:49.26 ID:???*.net
    ユベントスは6日、イタリア代表のMFアンドレア・ピルロ(36)が、米MLS(メジャーリーグサッカー)のニューヨーク・シティFCへ移籍することが決定したと発表した。

    2006年のドイツW杯で世界王者になったピルロは、2011年夏にユベントスへ移籍すると、現在までスクデット4連覇を達成したチームの中心選手として中盤を支配してきた。また、ミラン時代にはチャンピオンズリーグを2度制覇し、イタリアのクラブで通算694試合に出場したサッカー界のレジェンドとして多大な功績を残した。

    ユベントスはクラブの公式HPで「アンドレアは入団当初から現在に至るまで、ビアンコネーリをイタリアとヨーロッパのトップクラブに回帰させるサイクルの象徴的な存在だった。彼と素晴らしい4年間を過ごせたことは、我々の特権であり名誉である。今まで本当にありがとう、マエストロ」と、ピルロに感謝の気持ちを表明している。

    また、ピルロは移籍するニューヨーク・シティを通じて「私は長い間、海外でプレーすることを望んでいた。このクラブは自分と同じくらい野心があり、リーグで成功を収めるという強い意志がある。過去にも海外に移籍するチャンスはあったが、ニューヨークのファンの情熱に疑いはなかった。ジェイソン・クレイス監督は素晴らしい考えをもった人間であり、勝利のために良い関係を築いていけると思う」と新天地での活躍を誓った。

    なお、ニューヨーク・シティには、元イングランド代表のMFフランク・ランパードや元スペイン代表のFWダビド・ビジャなどが在籍しており、ピルロは欧州の元ライバルたちと強力なタッグを組むことになる。
    2015-07-07_14h18_48
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150707-00010001-footballc-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1436236009/

     
    続きを読む

    ユヴェントスに所属するイタリア代表MFアンドレア・ピルロの獲得に、日本の複数クラブが関心を示しているという。11日、イタリアメディア『ilsussidiario.net』が報じた。

    同選手は今シーズンのチャンピオンズリーグ決勝を前に、優勝したらクラブを去るとコメント。惜しくもバルセロナに敗れ準優勝に終わったが、涙を流したピルロはユヴェントスを退団するのではないかとの見方も強まっていた。

    その後、残留を示唆する発言をしていた同選手だが、アメリカのニューヨーク・シティや、元スペイン代表MFシャビが加入したカタールのアル・サッドへの移籍が噂されている。

    そして同メディアによると、オーストラリアのシドニーFCに加え、チーム名は明かされていないが日本の複数クラブがピルロ獲得に興味を持っていると伝えた。

    去就が注目される現在36歳のピルロは、ユヴェントスと2016年までの契約を結んでいる。
    2015-06-12_12h16_25
    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/12(火) 19:29:02.88 ID:???*.net
    「あれほどいい人材を放出したことが信じられなかった」

    ユベントスのイタリア代表MFアンドレア・ピルロが、チームメイトのMFポール・ポグバを移籍金ゼロで放出したマンチェスター・ユナイテッドについて「判断ミス」と分析している。

    英地元紙「デイリー・ミラー」が報じている。

    現在マンチェスター・シティ、バルセロナなど欧州の強豪が争奪戦を展開するポグバは2012年夏、アレックス・ファーガソン元監督から出場機会を与えられずに移籍金なしでユベントスに活躍の場を移した。そして、フランス代表とユベントスの主力の座をつかみ、今季終了後には移籍金100億円超えの可能性も浮上している。

    記事の中でピルロは「彼が来た時には、どんな選手かほとんど知らなかった。ほどなく、どんなにスペシャルな選手かは明白になったけれどね。選手はほとんど疑っていた。マンチェスター・ユナイテッドほどのクラブがあれほどいい人材を放出したことが信じられなかった。稀な判断ミスを犯しているけど、ポグバの放出はその1つだ」とコメントしている。

    ユベントスで出場機会を得ることができたからこそポグバもまた進化したのだが、3年間で移籍金ゼロから100億円に高騰したことを考えれば、判断ミスと指摘されても仕方がないかもしれない。
    2015-05-12_20h31_58
    Soccer Magazine ZONE web 5月12日(火)13時47分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150512-00010007-soccermzw-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1431426542/

     
    続きを読む

    2014-06-21_03h05_17
    【スコア】
    イタリア 0-1 コスタリカ

    【得点者】
    0-1 44分 ブライアン・ルイス(コスタリカ)

    ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第2節が20日に行われ、グループDではイタリア代表とコスタリカ代表が対戦した。

     初戦で白星を挙げた両チームの対戦。イタリアはジャンルイジ・ブッフォンとアンドレア・バルツァッリが復帰。初戦に途中出場したチアゴ・モッタとともに先発に名を連ねた。一方のコスタリカは、ウルグアイ戦からスタメンを変えずに試合に臨む。
     
    詳しい試合内容は↓のリンク先で
    http://www.soccer-king.jp/news/world/wc/20140621/203028.html?view=more
    続きを読む

    view0017360368
    14日のワールドカップ(W杯)初戦、イングランドを2-1と下した一戦で、イタリア代表MFアンドレア・ピルロは、ゴールを決めたわけではない。だが、彼はテレビの前の世界のファンを感銘させた。

    見事な数字だ。108本のパスのうち、ミスしたのはわずかに5回。マルキージオのゴールシーンでも見事なスルーを見せた。彼はチーム同様に自分も良い試合をしたと分かっている。

    「イタリアは勇敢だった。良いプレーをしようとし、自分たちのプレーをしたね。僕らは良い試合をした。暑さがひどかったけどね。自分たちが強いチームだと分かっている。困難はたくさんあるけどね」

    「クロスバー直撃の場面? 決まらなかったのは残念だけど、大事なのは勝つことだった。(マルコ・)ヴェッラッティとはすごくやりやすい。この方針で進むのは正しいよ」
    http://news.livedoor.com/article/detail/8940618/
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ