海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ファン・ハール

    1: Egg ★ 2020/09/30(水) 06:34:06.77 _USER9
    元ブラジル代表DFラファエル、ユナイテッドを率いたファン・ハール元監督に言及

    元ブラジル代表DFラファエル・ダ・シルバ(イスタンブール・バシャクシェヒル)が、マンチェスター・ユナイテッド時代に指導を受けたルイ・ファン・ハール氏について、「これまで一緒に仕事をしたなかで、一番酷い人間だった」と痛烈に批判している。米メディア「The Athletic」に語った。

    オランダ代表を指揮していたファン・ハール氏は、2014年ブラジル・ワールドカップ終了後に代表監督から退任。名将アレックス・ファーガソンの後任としてデイビッド・モイーズ監督による新体制が失敗に終わったユナイテッドの再建を託された。しかし、1年目はリーグ4位、2年目の2015-16シーズンは5位に終わり、FAカップを制したものの、その2日後に解任となった。

    イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードやクラブレジェンドである元イングランド代表FWウェイン・ルーニーらから、ユナイテッド指揮官として称賛されることもある一方、ラファエルからは全く正反対の言葉が飛び出ている。

    ラファエルは「ファン・ハールのような人間のことは、悪く言う時がある。ファン・ハールのことは嫌いだ。彼が監督だと分かった時、多くの友人が私に連絡してきた。信じられなかったけど、(プレースタイルが好きじゃないから)ファン・ハールはブラジル人が嫌いだと言ってきたんだ。『最初にやることは、君を追い出すことだよ』と友人たちから言われた」と述べ、こう続けている。

    「実際には、それは彼が二番目にしたことだったよ。まず初日、彼は私に話しかけなかった。そして、2日目に『君は帰っていい』と言われたんだ。まだ練習もしていなかったのに、彼は私にそう言ったんだ。耳を疑ったよ。私は『分かった』と言ったけど、それでも自分のポジションを得るために戦おうとした。彼の下で1年間プレーした。本当に、本当にきつかった。これまで一緒に仕事をしたなかで、彼が一番酷い人間だった」

    9/29(火) 22:30配信 フットボールゾーン
    https://news.yahoo.co.jp/articles/55becce82531a570034e99a034a96be4731d8f43

    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/09/12(土) 14:21:52.41 _USER9
    no title


    バルセロナのロナルド・クーマン新監督は、様々な課題に取り組まなければならない。偉大なる先人によれば、そのひとつはフレンキー・デヨングの起用法だ。

    かつてバルサで指揮を執り、クーマン同様にオランダ代表も率いたルイス・ファン・ハールは、イタリア紙『Gazzetta dello Sport』のインタビューで、次のように話している。

    「デヨングはバルセロナで本来の位置でプレーしていない。クーマンが考えるだろう」

    ただ、最大の問題は去就騒動があったリオネル・メッシの扱いだろう。一度はブロファックス(内容証明郵便)で退団の意思を通告し、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長を批判しながらも、残留を決めたメッシについて問われると、ファン・ハールはこう答えた。

    「一定の選択をする時は、契約書に何が書いてあるかをはっきりさせておく必要がある」
     
    『Corriere dello Sport』紙のインタビューでも、ファン・ハールはメッシについて「契約があり、そのために残った。彼を引き留めたのはそれだけだ」と話している。

    「メッシは裁判所に行くことを望んでいない。クラブをあまりに愛しているからだ。それと、奥さんのためでもあると思うよ」

    さらに、ファン・ハールは「いつもとてもクリエイティブだが、もっとチームのためにプレーしなければならない」と厳しい評価を下した。

    「彼は自分のことを考えすぎる。選手の偉大さは、チームのためにプレーするところにある」

    クーマンは、お家騒動で揺れたバルセロナを立て直せるのだろうか。後輩が適任か問われると、ファン・ハールは「メッシのこともあり、多くの困難に出くわすことになると思う」と答えた。

    「だが、まさに彼がそういう類の問題を解決できる人物になれる」

    現役時代にバルサで活躍したクーマンは、メッシやデヨングを輝かせ、緊張に包まれるチームにトロフィーをもたらすことができるだろうか。

    9/12(土) 12:24 サッカーダイジェスト
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ebf8ff29fd9e02ba091dd94d65f022a9ffd4ce0d

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/04/05(日) 19:04:34.45
    オランダ代表などの元監督であるルイス・ファン・ハール氏は、新型コロナウイルスの影響によるリーグ中断を利用して利益を得ようとしているとして古巣アヤックスなどのクラブを批判している。オランダ『AD』が4日に同氏のインタビューを伝えた。

    各国のリーグ戦がウイルスの影響で中断される中、欧州サッカー連盟(UEFA)は再開を目指す方針を固持し続けている。だが再開に向けた明確な見通しは立てられない状況が続いており、オランダの隣国ベルギーでは今季リーグの打ち切りが合意に達したことが先日発表された。

    ベルギーでは、首位に立つクラブ・ブルージュの優勝が認定されることが見込まれる。だが首位を独走していたクラブ・ブルージュとは異なり、オランダのエールディビジでは首位アヤックスと2位AZが勝ち点で並んでいることもあり、得失点差で首位に立つアヤックスの優勝を認めるべきではないとファン・ハール氏は主張した。

    「スポーツはフィールド上で勝者を決めるためにある。25試合で終わりにしてアヤックスがチャンピオンだと言うわけにはいかない。AZが勝ち点で並んでいるというのに? ナンセンスだ。アスリートなら誰でも理解できることだ」とファン・ハール氏は語る。

    アヤックスのマルク・オーフェルマルスTD(テクニカルディレクター)は先日、今季のエールディビジをこのまま終了すべきだと主張していた。だがファン・ハール氏は「コロナ危機を自分たちの利益のために間違った形で利用しているクラブがある。そんなことは受け入れられない」と述べ、ウイルス危機への対応よりクラブの損得を判断材料とする姿勢を批判している。
    20180426_lvg_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200405-00369582-footballc-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/03/12(火) 09:06:25.68
    マンチェスター・ユナイテッドの元指揮官、ルイ・ファン・ハール氏はフットボール界からの引退を発表した。

    これまでにアヤックス、バルセロナ、バイエルン・ミュンヘン、マンチェスター・Uなどのビッグクラブを指揮し、2度にわって母国オランダ代表を率いたファン・ハール氏。しかし、2016年夏、ジョゼ・モウリーニョ監督の就任に伴い、マンチェスター・Uから解任され、以降無所属が続いていた。

    そんな中11日、現在67歳のファン・ハール氏は、オランダ『VTBL』で監督業だけではなく、フットボール界から身を引くことを明かした。「私はもう年金受給者だ。私にはテクニカルディレクターやテレビの解説者になりたいという気持ちがない」

    「私の妻は、22年前に私のために仕事を辞め、国外に行く時も常に私に付いてきてくれた。55歳の時に彼女にコーチを辞めると伝えていたが、65歳になるまで続けてしまった。彼女には私とともにフットボールの世界以外の生活を送る権利がある。彼女はとても喜んでいる」

    「クラブのテクニカルディレクターとして働けるチャンスがあると考えていた。しかし、練習には参加できないし、コーチや他のディレクター、メディアに気を遣ってしゃべらなくてはならないから、私がこの職を本当に手にしたいとは思えない」

    1991年から監督キャリアをスタートさせたファン・ハール氏は、アヤックス時代に国内リーグ3連覇、チャンピオンズリーグ制覇を成し遂げ、バルセロナ、AZやバイエルンではリーグ優勝を達成。マンチェスター・U時代にはFAカップで自身最後のトロフィーを手にし、通算20個目のタイトルを獲得した

    3/12(火) 7:40配信 GOAL
    2019-03-12_11h34_20
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190312-00010007-goal-socc

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/20(火) 19:40:01.51 ID:CAP_USER9.net
    自身の意見をメールで送信するも、未読の選手がいたことをほのめかす

    元マンチェスター・ユナイテッド監督のルイス・ファン・ハール氏が、かつて指揮したユナイテッドの選手たちを「プロフェッショナリズムがない」と酷評した。ドイツ紙「ビルト」のインタビューで語っている。

    ファン・ハール氏は2014-15シーズンから2年間、ユナイテッドを指揮。2015-16シーズンにFAカップで優勝こそ果たしたものの、大型補強に見合った結果を残せずにチームを去った。在任中から批判も多かった指揮官だが、あるエピソードを基にユナイテッドの選手が露呈した意識の低さを明かしている。

    「私は彼らに自分が感じたこと、例えばその選手が持つ長所とウィークポイントを記したメールを送信した。さらには、自分のIT専門家のスタッフを通じ、選手がログインできて自宅からでも私と会話をできるチャンスが持てるシステムを構築したんだ。そして、メールが開封されたかどうかが分かるシステムにもなっていた。その結果を見れば、いかにユナイテッドの選手にプロフェッショナリズムがないかが証明されている」

    ファン・ハール氏は、自身のメールを開封しなかった選手が少なからずいたことをほのめかすとともに、意識が低いと批判した。そして、バイエルンの監督時代(2009-11)にも同様に選手たちにメールを送ったことを明かし、「ロッベンはメールを読んだ。こういった真のプロフェッショナルとともに仕事をしたいというのが、私の信念だ」と語っている。

    ファン・ハール氏には「口うるさい」「理屈っぽい」といった批判が多いなか、選手全員へメール送信を行い、その開封確認も行っていたことが判明。しかし、指揮官によるパフォーマンスの指摘を完全無視したユナイテッドの選手たちは、たしかにプロ意識の面で問題があると言えるのかもしれない。

    3/20(火) 17:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180320-00010014-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/02(金) 06:41:15.31 ID:CAP_USER9.net
    数々の栄冠を手にした名将ルイス・ファン・ハール氏が、元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーに対する扱いが不当だったとして、マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督を批判している。

    ファン・ハール氏は2014年、監督生活最後のクラブになると明言した上でユナイテッドと3年契約を結んだ。そして指揮2年目となる2015年夏には、バイエルン・ミュンヘン一筋だった“元教え子”のシュバインシュタイガーをチームに加えた。

    “シュバイニー”の愛称で知られるMFを、ファン・ハール氏は高く評価していた。しかし、同氏は15-16シーズン限りで解任。後任に就いたモウリーニョ監督はドイツ代表のベテランMFを戦力外と見なし、起用したのはわずか4試合だけに終わった。

    シュバインシュタイガーは2017年3月にアメリカMLSのシカゴ・ファイアーに移籍。モウリーニョ監督は後に、シュバインシュタイガーへの冷遇を謝罪していた。

    「モウリーニョの扱いは相応しいものではなかった」

    そして、ファン・ハール氏はドイツ誌「シュポルト・ビルト」の取材で、「シュバインシュタイガーは確かに歳をとっていたが、決してとりすぎていたわけではない。ただ、彼の体はプレミアリーグの高い要求に、遅れずについていくことはできなかった。バイエルンはフィットした選手として彼を売却したが、実際に彼の肉体は終わりへと近づいていた」とフィジカル的な衰えがあったことは認めている。しかし、その一方で「扱いは相応しいものではなかった」と、ポルトガル人指揮官への批判を展開している。

    「私にとってモウリーニョの扱いは、シュバイニーに相応しいものではなかった。しかし、その扱いが、彼の立たされている状況を表していた。それは恥ずべきことだ。彼はルイス・エンリケやマルク・ファン・ボメル、フィリップ・ラームのような選手だ。彼らは(ベテランとなっても)常にピッチに立っていた」

    ファン・ハール監督は元ドイツ代表のキャプテンは30歳を越えてもなお、歴代のレジェンドと同様にピッチで変わらぬ存在感を示していたと主張した。

    3/1(木) 20:31配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180301-00010020-soccermzw-socc

    写真 
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/04(水) 14:24:08.27 ID:CAP_USER9.net
    今季のブンデスリーガ第7節終了時点で、4勝2分1敗の2位につけているバイエルン・ミュンヘン。直近の同リーグ2試合連続で2点のリードをふいにしたほか、UEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第2節(パリ・サンジェルマン戦)での完敗後にカルロ・アンチェロッティ監督が解任の憂き目に遭うなど、不振に喘いでいる。

    トーマス・トゥへル氏(前ドルトムント)の就任が各メディアで有力視されるなか、同クラブがルイ・ファン・ハール氏(前マンチェスター・ユナイテッド)の招聘を検討していることが、独『FOCUS』で明らかに。

    同メディアによると、かねてよりユリアン・ナーゲルスマン監督(現ホッフェンハイム)を新監督の第1候補に据えている同クラブの首脳陣が、今季中の同監督の引き抜きを断念。

    引き続き来夏の同監督の招聘を目指す一方で、ファン・ハール氏に今季終了までの緊急登板を要請しているという見解が併せて示された。

    2009-2010シーズンに同クラブを国内2冠に導いたほか、同シーズンのUEFAチャンピオンズリーグで決勝進出を果たすなど、実績は申し分ないファン・ハール氏。

    強烈な個性の持ち主であるが故にスター選手と衝突するケースも散見されるものの、就任した先々のクラブに確固たる戦術や厳格な規律を植え付け、数多くのタイトルを獲得した事実は今もなお語り継がれている。攻守両面において弛みきった同クラブを建て直すにはうってつけとも言える指揮官だが、引き続き続報を待ちたいところだ。
    2017-10-04_14h51_11
    10/4(水) 13:10配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171004-00010006-theworld-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/26(火) 23:02:05.76 ID:CAP_USER9.net
    レアル・ソシエダの元ベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイは、マンチェスター・ユナイテッドで華々しいデビューを飾り、将来を嘱望されるタレントの一人だった。

    しかし、その順調なキャリアに歯止めがかかる一つのきっかけは、2014年にユナイテッドの監督に就任したルイス・ファン・ハール監督の存在だった。英紙「デイリー・メール」のインタビューで、当時の苦悩を振り返っている。

    ヤヌザイは2013-14シーズンに、デイビッド・モイーズ元監督の下でトップデビューを飾った。左利きのドリブラーは瞬く間に頭角を現し、14年5月にはコソボやイングランドなど複数の選択肢があったなかでベルギー代表を選択し、そのままブラジル・ワールドカップ(W杯)にも出場した。

    順調にキャリアを歩むなかで、恩師モイーズ氏が解任され、翌シーズンにファン・ハール政権が誕生したことは人生の大きな転機となる。自由を与えられていた頃とは異なり、規律正しいオランダ人指揮官の下ではそれまで以上に守備のタスクを要求されるなど、適応に苦しんだ。

    「以前と同じような自由が全くなかった。ウインガーには自信が必要だった。監督からは『行け、人を捕まえろ』と言われ、彼はゆっくりとしたパスゲームをするばかりだった」

    「何人かはサッカーを楽しめていなかった」

    ファン・ハール監督の守備的で、ポゼッションを重視する戦術に戸惑いを隠せなかったというヤヌザイ。「難しかった。何人かの選手はサッカーを楽しめていなかった。監督とは難しい内容のミーティングを何度もしたよ」と振り返り、サッカーを楽しめる状況ではなかったと語っている。

    「フラストレーションが溜まっていたし、みんな僕が1年目のアドナンとは違うことを分かっていた。僕は時々、ただ突っ立っているだけだった。一生懸命トレーニングしても、その後にはメンバーから外れた。若い奴には受け入れるのは難しかった」

    ユナイテッドで出番を失ったヤヌザイは、2015-16シーズン途中に日本代表MF香川真司の所属するドルトムントへ期限付き移籍。さらに翌シーズンにはモイーズ監督が率いるサンダーランドへ武者修行に出た。そして今夏には、ついに完全移籍という形でソシエダへ移籍し、下部組織から育った“赤い悪魔”に別れを告げた。

    22歳にして、すでにサッカー選手としての酸いも甘いも噛み分けてきたヤヌザイ。超逸材として期待を集め、W杯にも出場した男は再び欧州最高峰の舞台に返り咲くことができるのだろうか。

    9/26(火) 20:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170926-00010017-soccermzw-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/11(月) 17:49:38.83 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、元監督のデイビッド・モイーズ氏やルイス・ファン・ハール氏が指揮を執った期間はユナイテッドにとって「空っぽの期間」だったと評している。10日付の英紙『タイムズ』が伝えた。

    伝説的監督となったサー・アレックス・ファーガソン氏に率いられて数々のタイトルを獲得し、一時代を築いたユナイテッドだが、2013年に同氏が勇退して以降は低調。後任のモイーズ氏はシーズンを終えることなく解任され、その後の2年間監督を務めたファン・ハール氏も状況を劇的に改善することはできなかった。

    昨シーズンからユナイテッドを率いるモウリーニョ監督はその時期を振り返り、「他のクラブには進化があったが、このクラブには何の進化もなかった。重要な部分に何の進化もない、全く空っぽの期間だった」と厳しい見解を述べている。

    過去の成功からの突然の転落により、ユナイテッドは大きな重圧の中での戦いを強いられることになったとモウリーニョ監督は主張。「選手たちにも監督たちにも、フロントにも、おそらくはオーナーにも、過去の重荷がのしかかっていた。勝ち続けることに慣れ、突然それが途切れれば、重い荷物になってしまうからだ」

    現在では、ユナイテッドは停滞を脱して前進することができているという考えも述べている。「労働環境も、医療部門も、分析部門も、スカウト部門も、メディア部門も改善できた。そのほとんどを、人を入れ替えずに実現できたのは非常に大事なことだ」

    プレミアリーグでは昨シーズンも優勝争いに絡めなかったユナイテッドだが、リーグカップとヨーロッパリーグのタイトルを獲得してシーズンを終えた。今季はリーグ戦4試合を終えて3勝1分けで首位と好発進を切ることに成功している。

    9/11(月) 8:41配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170911-00230769-footballc-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/18(金) 11:54:40.64 ID:CAP_USER9.net
    16日に指揮官ネルシーニョを解任したヴィッセル神戸が、その後任に元マンチェスター・ユナイテッド指揮官ルイ・ファン・ハール氏をリストアップしているとの話題を海外メディアも取り上げている。

    ファン・ハール氏といえばオランダの名門アヤックス、オランダ代表、他にもバルセロナやバイエルンなど世界の強豪クラブを指揮してきた名将だ。マンチェスター・ユナイテッドでは期待通りとはいかなかったものの、それでも若手の育成力など手腕は見事なものがある。

    そのファン・ハール氏を神戸が狙っているという話題について、オランダの『Voetvalzone』は「ファン・ハールはアヤックス、バルセロナなど欧州以外には行かなかった。

    もし彼がJリーグでのチャレンジを受け入れるならば、日本でのプレイのためガラタサライから移籍したルーカス・ポドルスキと同じ仕事ができる。また、ADOデンハーグを離れたハーフナー・マイクもいる」と取り上げており、ファン・ハール氏がどのような判断を下すのか注目している。

    ただし、オランダのサッカーファンは実現する可能性は高くないと思っているようだ。同メディアは「ファン・ハールは日本でのチャレンジに興味があると思うか?」とアンケートを取っているが、74%の人が「いいえ」と答えている。監督業からの引退まで表明したファン・ハール氏が欧州を離れてまで現場復帰すると予想している者は少なくなっている。

    米『ESPN』は「実現すれば日本のフットボール史上最も有名な指揮官の1人になるだろう」と伝えており、欧州で結果を出してきた名将の動きに注目している。元ドイツ代表のポドルスキ、さらにはファン・ハール氏まで招聘したとなれば凄いことだが、神戸は後任に誰を選ぶのか。
    2017-08-18_14h31_08
    8/18(金) 11:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-00010005-theworld-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ