海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ファン・ハール

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/11(月) 17:49:38.83 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、元監督のデイビッド・モイーズ氏やルイス・ファン・ハール氏が指揮を執った期間はユナイテッドにとって「空っぽの期間」だったと評している。10日付の英紙『タイムズ』が伝えた。

    伝説的監督となったサー・アレックス・ファーガソン氏に率いられて数々のタイトルを獲得し、一時代を築いたユナイテッドだが、2013年に同氏が勇退して以降は低調。後任のモイーズ氏はシーズンを終えることなく解任され、その後の2年間監督を務めたファン・ハール氏も状況を劇的に改善することはできなかった。

    昨シーズンからユナイテッドを率いるモウリーニョ監督はその時期を振り返り、「他のクラブには進化があったが、このクラブには何の進化もなかった。重要な部分に何の進化もない、全く空っぽの期間だった」と厳しい見解を述べている。

    過去の成功からの突然の転落により、ユナイテッドは大きな重圧の中での戦いを強いられることになったとモウリーニョ監督は主張。「選手たちにも監督たちにも、フロントにも、おそらくはオーナーにも、過去の重荷がのしかかっていた。勝ち続けることに慣れ、突然それが途切れれば、重い荷物になってしまうからだ」

    現在では、ユナイテッドは停滞を脱して前進することができているという考えも述べている。「労働環境も、医療部門も、分析部門も、スカウト部門も、メディア部門も改善できた。そのほとんどを、人を入れ替えずに実現できたのは非常に大事なことだ」

    プレミアリーグでは昨シーズンも優勝争いに絡めなかったユナイテッドだが、リーグカップとヨーロッパリーグのタイトルを獲得してシーズンを終えた。今季はリーグ戦4試合を終えて3勝1分けで首位と好発進を切ることに成功している。

    9/11(月) 8:41配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170911-00230769-footballc-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/18(金) 11:54:40.64 ID:CAP_USER9.net
    16日に指揮官ネルシーニョを解任したヴィッセル神戸が、その後任に元マンチェスター・ユナイテッド指揮官ルイ・ファン・ハール氏をリストアップしているとの話題を海外メディアも取り上げている。

    ファン・ハール氏といえばオランダの名門アヤックス、オランダ代表、他にもバルセロナやバイエルンなど世界の強豪クラブを指揮してきた名将だ。マンチェスター・ユナイテッドでは期待通りとはいかなかったものの、それでも若手の育成力など手腕は見事なものがある。

    そのファン・ハール氏を神戸が狙っているという話題について、オランダの『Voetvalzone』は「ファン・ハールはアヤックス、バルセロナなど欧州以外には行かなかった。

    もし彼がJリーグでのチャレンジを受け入れるならば、日本でのプレイのためガラタサライから移籍したルーカス・ポドルスキと同じ仕事ができる。また、ADOデンハーグを離れたハーフナー・マイクもいる」と取り上げており、ファン・ハール氏がどのような判断を下すのか注目している。

    ただし、オランダのサッカーファンは実現する可能性は高くないと思っているようだ。同メディアは「ファン・ハールは日本でのチャレンジに興味があると思うか?」とアンケートを取っているが、74%の人が「いいえ」と答えている。監督業からの引退まで表明したファン・ハール氏が欧州を離れてまで現場復帰すると予想している者は少なくなっている。

    米『ESPN』は「実現すれば日本のフットボール史上最も有名な指揮官の1人になるだろう」と伝えており、欧州で結果を出してきた名将の動きに注目している。元ドイツ代表のポドルスキ、さらにはファン・ハール氏まで招聘したとなれば凄いことだが、神戸は後任に誰を選ぶのか。
    2017-08-18_14h31_08
    8/18(金) 11:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-00010005-theworld-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/08/17(木) 04:18:24.58 ID:CAP_USER9.net
    8/17(木) 4:07配信
    スポーツ報知

    14年のブラジルW杯でオランダ代表を3位に導いた名将・ファンハール監督

    神戸は16日、スポーツ報知既報通り、成績不振によりネルシーニョ監督(67)の契約を同日付で解除し、吉田孝行ヘッドコーチ(40)が監督代行として暫定的に指揮を執ると発表。後任にはスペイン1部バルセロナやオランダ代表監督を務めたルイ・ファンハール氏(66)を最上位にリストアップしたことが分かった。

    ネルシーニョ監督との契約を解除した神戸が、水面下で後任の人選に着手していた。複数の関係者の話を総合すると、親会社である楽天上層部の意向で、世界的名将のファンハール氏が筆頭候補にリストアップされていることが判明した。

    ファンハール氏はアヤックス(オランダ)を率い、1994―95年シーズンに欧州チャンピオンズリーグ(CL)優勝。バルセロナ(スペイン)やバイエルン(ドイツ)などのビッグクラブでも指揮を執り、通算7度のリーグ制覇を誇る。オランダ代表監督は2度務め、2014年ブラジルW杯では3位に導いた。16年夏にマンチェスターU(イングランド)の監督を退任し、家庭の事情を理由に監督業からの引退を表明した。

    引退を翻意させることは容易ではなさそうだが、フリーの身であることは事実。マンU時代の年俸は約12億円で、年齢などを考慮しても数億円の年俸が必要だ。ただ今夏に元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(32)をJリーグ最高タイの推定年俸6億円で獲得したように資金力は潤沢。また、楽天はバルセロナと年間約65億円で7月から4年間のグローバル・スポンサー契約を結んだ。バルセロナの関係者を通じて、かつて監督を務めたファンハール氏との間をつなぐパイプを持っている。

    吉田監督代行について、関係者は「結果が良くなれば長く指揮を執ることもある」と明かした。現在はJ2降格の危険性がゼロではない11位で、リーグ戦が残り12試合の時点でクラブの事情に精通していない監督が就任するのはリスクが高いため、来季から新監督に任せる可能性もある。

    ファンハール氏の招へいに成功すれば、Jリーグで監督を経験した後に実績を残したベンゲル、ケイロス(ともに元名古屋)、スコラリ(元磐田)の各氏らを上回るJリーグ史上最大の大物監督が誕生する。ポドルスキ獲得に続く神戸のウルトラCに注目が集まる。

    ◆ルイ・ファンハール 1951年8月8日、オランダ・アムステルダム生まれ。66歳。現役時代はMF。71年に入団したアヤックスではトップチームに昇格できず、アントワープ、ロッテルダム、AZなどでプレー。86年に現役引退。91年にアヤックスの監督に就任しバルセロナ、AZ、バイエルン、マンチェスターUを指揮して通算でリーグ7度、欧州CLとUEFA杯を各1度制した。
    2017-08-17_07h38_33
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170817-00000000-sph-socc
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/04/06(木) 12:48:18.40 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョは、前任者であるルイ・ファン・ハールが1年目に残した成績を下回っているようだ。

    マンチェスター・Uは4日、プレミアリーグ第29節でエヴァートンと対戦し1-1で引き分けた。試合終了間際にズラタン・イブラヒモビッチがPKを決めてなんとか勝ち点1を手に入れている。

    2016-17シーズン、マンチェスター・Uは14勝12分け3敗の成績を残している。勝ち点は54となっており、2014-15シーズンにクラブを4位に導いたファン・ハールよりも、29試合を終えた時点で比べると2ポイント少ない。

    マンチェスター・Uは現時点で6位とこのままではチャンピオンズリーグ出場権を獲得できない。4位のマンチェスター・シティとは勝ち点差が4となっており厳しい戦いが続く。シーズン残り9試合でモウリーニョはどこまで順位を上昇させられるだろうか。
    2017-04-06_16h31_59
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00000006-goal-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/18(水) 22:43:41.72 ID:CAP_USER9.net
    16日、昨シーズンまでマンチェスター・Uを率いていたルイ・ファン・ハール氏が、26年間にわたる監督業の引退を発表した。イギリス紙『デイリー・メール』は、同氏が指導した選手の中からベストイレブンを選出した。

     ファン・ハール氏は1991年にアヤックスで監督としてのキャリアをスタートさせた後、バルセロナ、AZ、バイエルン、マンチェスター・Uといった各国のトップクラブを指揮。オランダ代表指揮官にも2度にわたって就任し、クラブと代表の双方で数々のスター選手を指導してきた。今回、同紙は[3-5-2]のフォーメーションを用いてベストイレブンを編成している。

    ▼GK
    エドウィン・ファン・デル・サール(元オランダ代表)
    ファン・ハール氏がアヤックスで指導した“黄金世代”の選手の1人であり、正GKとして数多くのタイトル獲得に貢献。1995年にはチャンピオンズリーグ(CL)優勝を経験し、以後、世界屈指のGKとして名声を確立していった。

    ▼DF
    フィリップ・ラーム(元ドイツ代表/現バイエルン)
    現在も「世界最高の右サイドバック」と称されるラームは、ファン・ハール氏がバイエルンを率いていた時期に不動のレギュラーとしてプレー。監督就任初年度の2009-10シーズンには、国内2冠やCL準優勝に大きく貢献した。

    ダニー・ブリント(元オランダ代表)
    ファン・ハール氏がアヤックスで採用していた3バックにおいて最も不可欠な選手であり、キャプテンも任されていた。CL、UEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)、UEFAカップウィナーズカップを制したことのある数少ない選手の1人である。

    フランク・デ・ブール(元オランダ代表)
    非常に能力の高いセンターバックであり、ファン・ハール氏の下、アヤックス黄金時代の中心選手として数々のタイトル獲得に貢献。1999年には同氏が監督を務めるバルセロナに双子の兄ロナルドとともに移籍し、リーグ優勝を経験した。

    ▼MF
    アリエン・ロッベン(オランダ代表/現バイエルン)
    2009年夏、バイエルンの監督就任とともにファン・ハール氏がレアル・マドリードから引き抜いてきた選手であり、2009-10シーズンの国内2冠とCL準優勝の立役者となった。同氏がオランダ代表を率いた2014年のブラジル・ワールドカップでは、中心選手としてチームを3位へ導いた。

    エドガー・ダーヴィッツ(元オランダ代表)
    若手だったダーヴィッツをファン・ハール氏が熱心に指導したことで、同選手は黄金時代のアヤックスとオランダ代表の双方において欠かせない選手となった。“闘犬”というニックネームを与えたのも他ならぬファン・ハール氏である。

    ルイス・エンリケ(元スペイン代表)
    ファン・ハール氏が率いたバルセロナの中心選手であり、1998年からのリーグ2連覇に大きく貢献した。本職の中盤だけでなく、FWやDFなど複数のポジションをこなす戦術理解力の高さによって同氏から重宝された。

    リヴァウド(元ブラジル代表)
    ファン・ハール氏がバルセロナの指揮官に就任した当初、トップ下でのプレーを望むリヴァウドはウイング起用を強いる同氏と対立した。しかし不和が解消されると、元オランダ代表FWパトリック・クライファート氏と抜群のコンビを形成し、得点を量産。活躍が認められ、1998-1999シーズンにはバロンドールとFIFA最優秀選手賞を受賞した。

    ルイス・フィーゴ(元ポルトガル代表)
    ファン・ハール氏が指揮したバルセロナで、リバウド、クライファートとともに破壊力抜群のトリデンテ(3トップ)を形成。当時、世界で最も華麗で創造的なプレーヤーであり、リーグ制覇の大きな原動力となった。

    ▼FW
    パトリック・クライファート(元オランダ代表)
    アヤックスの下部組織に在籍していた1994年、ファン・ハール氏に見出されてトップチームデビューを果たす。すると、同シーズンのCLファイナルで決勝ゴールを挙げるなど、高い得点能力を開花させた。1998年に移籍したバルセロナでも、監督を務めていた同氏とタッグを組んだ。

    デニス・ベルカンプ(元オランダ代表)
    ファン・ハール氏のアヤックス監督就任前から、すでにゴールゲッターとしての地位を確立していたが、同氏の指導を受けたことでさらなる成長を遂げ、2シーズン連続(1991-92、1992-93)で30ゴール以上を挙げてエールディヴィジ得点王に輝いた。同氏の下でプレーした選手の中でも最も恐ろしいストライカーのうちの1人である。
    2017-01-19_07h31_33
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170118-00542924-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/17(火) 13:00:55.68 ID:CAP_USER9.net
    昨シーズンまでマンチェスター・Uを率いていたルイ・ファン・ハール氏が、監督業の引退を発表した。オランダ紙『De Telegraaf』の報道を引用し、16日、大手メディア『BBC』など複数のメディアが報じている。

    現在65歳のファン・ハール氏は現役時代、アヤックスなどオランダ国内の複数クラブなどでプレー。1991年にアヤックスで指導者キャリアを始めると、1994年からリーグ3連覇を達成した。1994-95シーズンにはチャンピオンズリーグ制覇ももたらしている。

    その後はバルセロナ、バイエルンを指揮し、両チームでリーグ優勝など複数のタイトルを獲得。母国オランダの代表監督にも2度就任し、2014年のブラジル・ワールドカップではチームを3位に導いた。2014年夏からはマンチェスター・Uの監督を務め、昨シーズンまで率いた。

    同紙はファン・ハール氏のコメントを掲載。「私はおそらく、(監督業を)やめることになるだろう。長期休暇ということになるが、今は監督に戻るつもりはない」と、監督キャリアに終止符を打つ意向を明言した。

    また同氏は、引退を決意した理由についても言及。先月、娘の夫が亡くなったことが1つの原因と明かし、「私の家族に色々なことが起きた。より実生活に近い人間に戻るよ」とコメントしている。

    SOCCER KING 1/17(火) 8:41配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-00542434-soccerk-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/05(水) 13:47:48.47 ID:CAP_USER9.net
    特大の期待を背負ってマンチェスター・ユナイテッドにやってきたジョゼ・モウリーニョ監督だが、実は批判を浴び続けた前任者が残した成績を下回っている。

    今季のユナイテッドは開幕からの7試合で4勝1分2敗で勝ち点13を獲得している。一方、ルイス・ファン・ハール監督が指揮していた昨季のユナイテッドは開幕から7節までで5勝1分1敗の勝ち点16を記録していた。

    しかも、モウリーニョ監督のチームは7節を終えて6位なのに対して、ファン・ハール監督は7節終了時点で首位に立っていた。

    得点数では今季のユナイテッドが上回っているものの、失点がかさんで勝利を逃す試合が増えている。あれだけ批判を浴びたファン・ハール監督を超えなければ、当然タイトル獲得など夢のまた夢だ。

    チェルシーやインテル、レアル・マドリーでは破壊的なまでの強さのチームを作り上げ、世界的な名将としての評価を獲得したモウリーニョ。

    ここ数年はその威光にもかげりが見える。チェルシーでの最後の1年から狂い始めた歯車が元に戻らなければ、ユナイテッドでの挑戦は失敗に終わってしまうだろう。

    10月5日 7時40分配信
    20161005_mouvan_getty-560x373
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161005-00010005-footballc-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/09/24(土) 00:36:27.44 ID:CAP_USER9.net
    今夏の解任後、監督業からの引退を示唆していたが…
     
    昨季限りでマンチェスター・ユナイテッドを解任されたルイス・ファン・ハール監督が、ドイツで現場復帰する可能性が急浮上した。ドイツ地元紙「ハンブルガー・アーベントブラット」が報じている。

    レポートによると、先日ビクトル・スクリプニク前監督を更迭したブレーメンがバイエルン・ミュンヘンで指揮経験のあるファン・ハール氏に熱視線を送っているようだ。今後、交渉を行う可能性があるという。

    ファン・ハール氏は14年に3年契約でユナイテッドの新監督に就任。しかし、成績不振を理由に契約を1年残したまま今夏に解任されていた。その後、同氏は監督業からの引退を示唆していた。

    ブレーメンは現在、アレクサンダー・ヌーリ氏が暫定監督としてチームの指揮を取っているが、采配初戦となったマインツ戦は1-2で敗れた。4節を終えて全敗で最下位に沈んでいる。

    バルセロナやバイエルン、ユナイテッドなど名門クラブを渡り歩いた名将が、不振に喘ぐブレーメンで現場復帰を果たすのか。その動向に注目が集まりそうだ。

    Football ZONE web 9月23日(金)23時39分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160923-00010018-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/08/07(日) 17:20:01.00 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、自らのサッカー哲学がルイス・ファン・ハール前監督とは異なるものであることを強調しつつ、選手たちの意識を変えさせるのは簡単なことではないとも語った。

    過去2年間ユナイテッドを率いていたファン・ハール前監督は、昨季FAカップの優勝を除けばファンやクラブの期待に応える結果を残すことができず、解任される結果に終わった。クラブはモウリーニョ監督に名門再建を託している。

    自身の哲学やチームは前監督と優劣をつけられるものではなく、単に「違う」ものだとモウリーニョ監督は話している。イギリスメディアが同監督のコメントを伝えた。

    「はっきりさせておきたいと思う。私のチームの方が良いとか、より良い考え方を持っているとか、プレー原理が優れているとか言うつもりはない。まったくそんなことはない」

    「私のチームは、ファン・ハール氏のチームとは異なっている。動き方を変えなければならないというのは難しい状況だ。20人の新しい選手を加えて、ゼロからスタートする方が楽ではあっただろう。過去2年間の彼らは、私のものではないプレー原理で動いていたからだ」

    自分のチームを形にするには時間がかかることは認めながらも、少しずつその実現に近づいている手応えはあるようだ。

    「選手は選手であり、それぞれのアイデンティティーを失わない形で、いつも監督の望むことに適応しようとしてくれるものだ。もちろん、2年間の仕事をしてきて、自動的な動きとして身についていることもあるので変えるのは簡単ではない。だが我々は必死に努力しているし、選手たちはあらゆることを試してくれている」

    「もちろんミスを犯すこともあるし、完璧とは程遠い。だが彼らは適応するために全力を尽くしている。私のチームは一歩ずつ私のチームになりつつあるんだ」

    ユナイテッドは7日に行われるコミュニティーシールドで、昨季プレミアリーグ王者のレスター・シティと対戦する。チームは昨季と異なるモウリーニョ監督らしさを見せることができるだろうか。
    2016-08-07_22h54_46
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160807-00000023-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/05/30(月) 15:11:20.51 ID:CAP_USER9.net
    ルイス・ファン・ハール監督がマンチェスター・ユナイテッドの監督交代劇に怒りを露わにした。29日に英紙の『ザ・サン』が伝えている。

    昨季までユナイテッド指揮官を務めていたファン・ハール監督は、もう1年間契約が残っていたにもかかわらず先日解任された。そして同クラブは、バルセロナ時代に同監督のアシスタントコーチを務めていたジョゼ・モウリーニョ監督を新指揮官として就任させている。

    ファン・ハール監督の関係者は、「ジョゼを就任させ、そして彼を解任したやり方にルイスは裏切られたと感じている」と告白。そして「FAカップのタイトルを獲得した後にクラブから追放されることになるなんて彼は考えてもいなかった」と予想外の出来事だったと明かすと、「彼はジョゼとクラブによって後ろから刺されたように感じている」と落胆の様子を伝えている。

    クラブは、継続してSMSでの遣り取りをしながらシーズンの後半の半ばまで2名の監督との状態を保っていたようだ。それからファン・ハール監督は、自身の背後で何かが起きていることを疑い始めるようになったいう。

    さらにファン・ハール関係者は「(FA杯決勝の地)ウェンブリーでは彼の将来についてまだ正式な報告は何も受け取っていなかったんだ」と明かすと、「彼に会いたいと求めて来たエド・ウッドワードCEOからのSMSを受け取った日曜日になって、彼は初めてユナイテッドとの関係が終わったことを理解したんだ」と解任までの経過を伝えている。

    かつては共に仕事をしたファン・ハール監督とジョゼ・モウリーニョ監督。今回の監督交代で、お互いに関係に大きな亀裂が入ってしまったのは間違いないようだ。
    20160530_VanGaal_Getty-560x373
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160530-00010014-footballc-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ