海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ファーガソン

    1:Egg ★:2018/10/04(木) 13:57:41.11 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドは2012年、当時若手の注目株だったベルギー代表MFエデン・アザールの争奪戦に名乗りを上げていたが獲得は実現しなかった。英紙「デイリー・ミラー」は、当時のアレックス・ファーガソン元監督がアザール獲得を見送った理由について当時のコメントに注目し、同年に獲得した日本代表MF香川真司を高く評価していたことなどを報じた。

    今季開幕から絶好調で、各方面から称賛が集まっているアザール。2012年にフランス1部のリールからチェルシーへ移籍したが、当時はチェルシーやユナイテッド、さらにレアル・マドリードやマンチェスター・シティなどビッグクラブがこぞって獲得を狙っていた。

    ユナイテッドは有力候補の一つだったはずだが、ファーガソン元監督は自身のアザールに対する評価とリールの要求額とを天秤にかけたうえで、獲得を見送っていたという。12年当時の発言として次のように伝えられてる。

    「ユナイテッドにとって、それが良い契約になるかどうかを判断するための境界線がある。私は選手たちの評価を見る。例えばアザールだ。私にとっては、非常に高額だった。彼は良い選手だが、3400万ポンド(現在のレートで約50億円)だって? なんにせよ、我々が見ているのはトップ選手を買う際の状況だ。移籍金だけでなく、給料やエージェントフィーは今やばかげたものになっている」

    「アザール獲得が上手くいかなかったとしても、我々が心配することはない」

    ファーガソン元監督は、アザールは“高すぎる買い物”だと判断していたようだった。複数の要素から至った判断であり、「(チェルシーを)羨んではいない。我々はアザールの価値を言われていたよりも低く置いていた」と振り返っていたという。

    そして、その年のユナイテッドは攻撃的MFとしてドルトムントで異彩を放っていた香川を獲得。その移籍金はアザールの半額以下の1500万ユーロ(約20億円)で、ファーガソン元監督は日本のプレーメーカーを高く評価していた。

    「(アザール獲得が)上手くいかなかったとしても、我々が心配することはない。我々はカガワが良い価値を持っていると考えているからね」

    2013年に引退するまでユナイテッドを27年間率い、数々のトップ選手を指導してきた伝説の指揮官は、後に「世界最高」と評価されるまでになるアザールよりも香川の獲得が実現したことに満足感を示していた。

    10/4(木) 11:20配信 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181004-00139102-soccermzw-socc

    写真

    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/08/28(火) 17:38:44.22 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・Uがホームでプレミアリーグ通算50敗を喫した。

    27日にホームでトッテナムと対戦したマンチェスター・U。前半は試合を支配していたものの、決定機を決められずにスコアレスで折り返すと、後半立ち上がりに立て続けに得点を奪われ、終盤にもダメ押しの3点目を許し、0-3で完敗した。

    データ会社『Opta』によると、この敗戦でマンチェスター・Uは1992年にプレミアリーグが設立されて以降、ホームで通算50敗目を記録。この50敗中、マンチェスター・Uの伝説的監督として知られるサー・アレックス・ファーガソン氏が退任した2013-14シーズン以降に16敗を喫しており、その割合は32パーセントを占めている。

    ファーガソン氏が率いたプレミアリーグの21シーズンではわずか34敗にとどまっていた一方、同氏退任後6シーズン目のホーム2戦目で16敗に達してしまった。

    ファーガソン政権以降は、デイヴィッド・モイーズ氏が就任1年目のシーズン途中で解任され、ライアン・ギグス氏(暫定監督)がシーズン終了まで引き継いだ。翌シーズンからはルイ・ファン・ハール氏を新指揮官に招へいしたが、わずか2年で解任されるなど、短命政権が続いている。

    現在マンチェスター・Uを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、27年間にわたり同クラブの指揮を執ったファーガソン氏のように長期政権を目指していることを明かしている。しかし、同氏の退任以降では最長となる3年目を迎えた今シーズンは、開幕3試合で1勝2敗と厳しい船出となってしまった。
    2018-08-28_20h54_00
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-00820836-soccerk-socc
    続きを読む

    長年にわたってマンチェスター・Uの指揮官を務めたアレックス・ファーガソン氏が、緊急手術を受けたようだ。イギリスメディア『BBC』が報じている。

    同メディアによると、ファーガソン氏は現地時間の5日に脳出血の手術を受けたとのこと。クラブはこの件に関して、次のように声明を出している。

    「手術は無事成功しましたが、回復のために集中治療を受ける期間が必要です」

    現在76歳のファーガソン氏は、1986年から2013年にかけてマンチェスター・Uを指揮し、プレミアリーグを13回、チャンピオンズリーグを2回制覇するなどクラブに数々の栄冠をもたらしてきた。

    引退後も古巣の試合を観戦するためにたびたびスタジアムを訪れていたファーガソン氏は、先月の29日にもマンチェスター・Uの本拠地であるオールド・トラフォードに赴き、今シーズン限りでの退任が決まっているアーセン・ヴェンゲル監督に記念のトロフィーを贈るなど、元気な姿を見せたばかりだった
    2018-05-06_08h01_40

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180506-00753619-soccerk-socc続きを読む

    1:@Egg ★@\(^o^)/(★):2017/04/22(土) 22:23:47.76 ID:CAP_USER9.net
    2012シーズンのリーグ優勝を最後にユナイテッドから去ったファーガソン氏
     
    ドルトムントの日本代表MF香川真司は、今季前半戦で有望な若手の加入による定位置争いの激化と古傷の右足首痛でポジションを失ったが、3月に入ってから公式戦9試合で8試合に先発し、2ゴールを決めるなど完全復活を遂げている。

    そうしたなかイングランド紙「マンチェスター・イブニング・ニュース」は、2012年シーズンに香川獲得を実現させたマンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン元監督の“遺産”を特集。稀代の名将がイングランド代表FWウェイン・ルーニーよりも香川をトップ下として高く評価していたと分析している。

    2012年シーズンのリーグ優勝を最後にユナイテッドから去った偉大なるサーは、後任に現在サンダーランドを率いるデイビッド・モイーズ監督を指名した。

    記事では「サー・アレックス・ファーガソンは、マンチェスター・ユナイテッドの時限爆弾付きのチームとともに後任にデイビッド・モイーズを提案したことから、当惑され、批判もされてきた。歴史はファーガソンの引退から塗り替えられてしまった」と、27年間赤い悪魔を指揮した名将の去り際をこう評している。

    だが、ファーガソン氏は盤石なコーチングスタッフに加えて、人材豊富なアカデミーという揺るぎない基盤を残したと自負。マンチェスター・シティと勝ち点差11で優勝したチームも連覇可能と評価していたという。

    ■ファーガソン氏の去り際を再評価する声
     
    退任後のチームの凋落ぶりから批判を集めることもあったファーガソン氏だが、その去り際に対する再評価の声が高まっている。

    「時間が経つにつれて、ファーガソン時代の出来事が重みを持ち始める。25歳以下の選手がスカッドに9人いたという数字だけでも、下降線を辿っていたチームではないという議論を支持する。そして、ユナイテッドが夏にマイケル・キーンを買い戻そうとし、ウィルフレッド・ザハがトットナムかマンチェスター・シティに移籍の可能性が浮上しており、ファーガソンの遺産は見直されるべきとなった」

    記事ではこう報じられている。ルイス・ファン・ハール前監督に放出された2人は、現在その評価を高めている。コートジボワール代表FWザハはクリスタル・パレスで活躍し、ライバルクラブが獲得に動いている。バーンリーに放出されたイングランド代表DFキーンに至ってはユナイテッドが買い戻しに動いており、いずれもファーガソン時代の選手だ。

    そして、イングランド代表FWコンビ、マーカス・ラッシュフォードとジェシ・リンガードはファーガソン氏が引き上げたアカデミー出身者。

    そして、ファーガソン氏が獲得に動いたスペイン代表GKダビド・デ・ヘアはプレミア屈指の名手という評価を築いているが、ファン・ハール監督に放出されたレバークーゼンのメキシコ代表FWチチャリート、こと、ハビエル・エルナンデスは、ジョゼ・モウリーニョ監督が不在を嘆いたほどだった。

    つづく
    no title
    Football ZONE web 4/22(土) 22:02配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170422-00010025-soccermzw-socc&p=1
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/11/09(水) 00:22:40.77 ID:CAP_USER9.net
    レアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドが2003年夏にマンチェスター・ユナイテッドへ移籍した経緯について語っている。英『スカイ・スポーツ』が伝えた。

    6日にレアルとの契約を2021年6月30日まで延長したC・ロナウド。今や押しも押されもせぬ世界的なスーパースターだが、その転機となったユナイテッド移籍の秘話を明かした。

    「ユナイテッドとの初めての対戦は、信じられないような試合だったよ。まさに完璧な夜だった」

    C・ロナウドがこう語るのは、03年に行われたユナイテッドとの親善試合だ。当時スポルティング・リスボンに所属していたC・ロナウドは、ホームに赤い悪魔を迎えた一戦で完璧なパフォーマンスを見せ、3-1の勝利に貢献。この活躍がアレックス・ファーガソン前監督の目に留まった。

    「試合のあと、チームメイトの何人かが僕にこう言ったんだ。『よく聞けよ、お前はユナイテッドに行くことになる。俺を信じろ!』ってね」

    「ファーガソンがそこにいて、彼が自分のことを欲しがっているとチームメイトたちが教えてくれた。僕はユナイテッドのロッカールームに行って、そこでファーガソンが僕のことを選手たちに紹介したんだ」

    「あのときは、僕も少しばかりシャイだった。だけどファーガソンは僕に『いいか、私は君が今欲しい』と言ってくれたんだ」

    「そこからはすべてが慌ただしく動いたよ。2日後、僕はファーガソン監督と話して、それからイングランドに行くことになった。そしてマンチェスターに着いた。そこで契約をしたんだ」

    C・ロナウドはその後、03年から09年までユナイテッドでプレー。UEFAチャンピオンズリーグ優勝など数々のタイトルをもたらし、レアルに移籍した。一気にスターダムにのし上がったC・ロナウドは、自身の原点となったスポルティングに対しても「僕がスポルティングで過ごしてきた日々は素晴らしいものだった。あの家族の一員になれて本当に光栄に思っている。スポルティングは僕に必要な教育を与えてくれた。サッカーのことだけじゃなくてね」と敬意を示した。
    2016-11-09_08h15_22
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161108-01633125-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/09/01(木) 12:40:56.38 ID:CAP_USER9.net
    [ニヨン(スイス) 31日 ロイター] - 欧州サッカー連盟(UEFA)は31日、年次のエリートクラブ監督フォーラムを行い、欧州の一流クラブ監督らがUEFA主催大会での延長戦の廃止などについて議論した。

    マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)の元監督で、UEFAでコーチングアンバサダーを務めるアレックス・ファーガソン氏は、「疲れ果てた選手たちがピッチ上を歩き回る姿は見たくない」とし、延長戦で決勝ゴールが決まることは少ないと指摘した。

    また、ら技術部長のヨアン・ルペスク氏は「最近の選手たちは過密日程をこなしている。今後も延長戦を実施することが、選手たちにとっていいことかどうか話し合った」と述べた。90分終了後、直接PK戦に突入するという形でもいいとの意見もあったという。

    南米の主要大会、リベルタドーレス杯では90分を終えても決着がつかない場合も延長戦は行わない。
    2016-09-01_14h55_15
    ロイター 9月1日 11時47分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160901-00000034-reut-spo
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/05/19(木) 21:07:56.69 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドの伝説的名将サー・アレックス・ファーガソン氏が、愛弟子クリスティアーノ・ロナウドがリオネル・メッシより優れている理由を打ち明けている。18日、スペイン紙『アス』が報じている。

    ファーガソン氏は「世間でよく話されている、ロナウドとメッシ、どちらがすごいかという議論は興味深いね。誤解しないで欲しいが、メッシは素晴らしい選手だ。だが、違いがあるとするなら、あくまでも彼はバルセロナの選手なんだ」と語った。

    「でも、例えばロナウドはストックポート・カウンティ(イギリス6部リーグのチーム)でだってプレーできるし、そこでハットトリックもできる。彼はすべてを兼ね備えている。両足、頭でゴールでき、そしてライオンのように勇ましくもあるのだ」

    また、自らが育てた多くの名選手とも比較し「デビッド・ベッカムやガリー・ネビルはそのプロ意識で偉大な選手になった。が、ロナウドは倒れるまで練習していたし、今でもそうだ。彼は世界一の選手になるということだけを望んでいたんだ」とロナウドのサッカーへの情熱を述懐している。

    ロナウドが上かメッシか上か。現代サッカー界において、最も議論の尽きないテーマだ。2003年から6シーズンをロナウドと共に戦ったファーガソン氏はその進化の過程を最も近くで見てきた人物だ。ひいき目もあるだろうが、ここでのファーガソン氏の解釈はこの議論の答えのひとつとして
    サッカーファンにどう映るのだろうか。
    20160518_ronaldo_ferguson_getty-560x373
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160519-00010030-footballc-socc
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/04/28(木) 18:33:39.22 ID:CAP_USER9.net
    164d5f0f-d152-42a2-af9b-ba34ab33b82e
    全国TBS系列で絶賛放送中のバラエティ番組「水曜日のダウンタウン」。

    様々な芸能人がいろんな「説」をプレゼンし、それをVTRで検証するという人気番組だ。

    4月27日放送回は「みんなの説スペシャル」と題し、世の中にすでにある「説」や視聴者から投稿された「説」を紹介。「バンジーの直後ちょっと身長伸びてる説」や「雨の日はフィレオフィッシュがよく出る説」など、気になる「説」の検証が行われた。

    https://www.youtube.com/watch?v=WQ_4n-cSqzo



    そんななか、番組前半で小藪一豊が紹介した「説」がこれ。

    “ 「ハリセンボン春菜 じゃねーものだけでカルタ作れる説」

    ハリセンボンの近藤春菜さんといえば、「○○じゃねーよ!」という切れ味鋭いツッコミで人気を博す女性芸人だ。

    バラエティ番組では、「どうですか、角野卓造さん?」や「マイケル・ムーア監督ですよね?」といった無茶振りに対してツッコむ春菜さんの姿がおなじみだ。

    今回の企画では、春菜さんに似た人物の似顔絵が描かれた31枚の絵札が用意され、2009年の準クイーンである池上三千代さんと春菜さんが「じゃねーよカルタ対決」で対戦したのだ。

    31枚のカードの中には、角野卓造さんやマイケル・ムーアさん、シュレックなど定番の「じゃねーもの」が多かったのだが、その中にサッカー関係者が2人いた。

    1人はU-23日本代表を率いる手倉森誠監督、そしてもう1人がマンチェスター・ユナイテッドで長く監督を務めたアレックス・ファーガソンだ。

    「じゃねーよ知識」では他の追随を許さない春菜さんがこのカルタ対決を優位な状況で進めたのだが、
    12枚目、ついにあのツッコミが炸裂する!

    読み手「今のマンチェスター・ユナイテッドについてどう思いますか?」
    春菜「アレックス・ファーガソンじゃねーよ!」

    で、出た!!!

    おそらくTV番組では初披露となったこのツッコミ。今後はきっとバラエティでもよく目にすることになる…はず!

    ちなみに、このカルタ対決は8対22で春菜さんの勝利(1枚は春菜さんがロビン・ウィリアムズをお手つき)。なお映像の中では、手倉森監督の札は登場しなかった。

    水曜日のダウンタウンは、毎週水曜日22時より全国TBS系列で生放送中。

    http://qoly.jp/2016/04/28/alex-ferguson-janeyo?part=2
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1461836019/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/03/21(月) 21:07:52.71 ID:CAP_USER*.net
    元教え子がファーガソンの凄さについて語る

    デイビッド・モイーズ、ファン・ハールと、アレックス・ファーガソン退任後のマンチェスター・ユナイテッドを指揮した2人の指揮官はまともな結果を残すことができていないが、彼らにファーガソンと同じものを要求するのは少々酷かもしれない。

    なぜなら、やはりファーガソンは彼らよりも数段優れた指揮官だからだ。過去にマンUでプレイしたMFダレン・フレッチャーは、ファーガソンがロッカールームで異常なほど落ち着いていたことを明かしており、その凄さについて語っている。英『METRO』が伝えた。

    「彼はいつも落ち着いているんだ。そして相手の弱点をピンポイントで伝えてくる。それが終わるとコーナーに座ってお茶を飲みながら本を読んでいるよ。ハーフタイムに彼に非難されるときは、僕たちがリードしていて自己満足に浸っている時さ。逆に負けている時の彼は選手全員を落ち着かせ、非常にシンプルな戦術を伝えてくる。そしてこう言うんだ。これが試合の流れを取り戻す方法だ。これをやりなさいとね」

    昔のマンUは試合終了間際に劇的なゴールを決めるシーンが目立ったが、それもファーガソンの落ち着きがあればこそなのだろう。ファーガソンといえばヘアドライヤーの異名を持つほど怒りっぽい指揮官として有名で、ファーガソンが蹴り上げたスパイクがデイビッド・ベッカムに直撃した話も伝説の1つとなっている。

    しかしファーガソンは恐怖で選手を縛るのではなく、常に的確な戦術を選手たちに伝えていたのだ。果たしてこれと同じような振る舞いをファン・ハールはできるのか。やはりファーガソンの後を引き継ぐのは容易な仕事ではなさそうだ。
    2016-03-21_23h22_18
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160321-00010023-theworld-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1458562072/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/03/14(月) 20:21:14.68 ID:CAP_USER*.net
    早い段階で優勝を決めると予想

    今季プレミアリーグで快進撃を見せている首位レスター・シティ。そんなレスターの最大の障害はシーズン最後の3試合だ。5月に入ってからレスターはマンチェスター・ユナイテッド、エヴァートン、チェルシーと強豪との対戦が予定されている。特にマンUとチェルシーはアウェイで戦わなければならず、ここで勝ち点を落とせば優勝争いがもつれることになるかもしれない。

    しかし英『Daily Mirror』によると、マンUのレジェンドであるサー・アレックス・ファーガソン氏はレスターがその前に優勝を決めてしまうことができると考えている。同氏はレスターが今季のリーグ戦を制すると語っており、最後の3試合はタイトルレースとは関係ないものになるとの意見だ。

    また、同氏はレスターの中盤を支配するエンゴロ・カンテを絶賛しており、カンテの他にもジェイミー・バーディ、リヤド・マフレズを見つけてきたアシスタント・マネージャーのスティーヴ・ウォルシュ氏のことも今のプレミアリーグで最も影響力のある人物と高く評価している。

    レスターは最後の関門である難敵との3試合の前に優勝を決めてしまうことができるのか。優勝へのプレッシャーがかかることを考えても、最後まで優勝争いがもつれる展開は避けたいところだ。
    GettyImages-513870250-compressor
    http://www.theworldmagazine.jp/20160314/01world/england/49630

    29:00 レスター・シティ vs ニューカッスル・ユナイテッド
    http://m.sports.yahoo.co.jp/ws/japanese/schedule/?pl=715701
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1457954474/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ