海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ファーディナンド

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 17:37:50.57 ID:CAP_USER*.net
    イングランドを代表するDFを驚かせた11人とは

    過去にチャンピオンズリーグを制するなどマンチェスター・ユナイテッドで輝かしいキャリアを過ごしてきた元イングランド代表DFリオ・ファーディナンドは、現役時代に欧州カップ戦に93試合出場した。そんな彼が実際に対戦して凄いと感じた選手は誰なのか。伊『Gazzetta dello Sport』によると、今回ファーディナンドはUCLで実際に対戦した選手でベストイレブンを作成した。

    GK:ビクトール・バルデス(元バルセロナ)

    DF:カフー(元ミラン)、ロベルト・アジャラ(元バレンシア)、パオロ・マルディーニ(元ミラン)、
    ロベルト・カルロス(元レアル・マドリード)

    MF:セルヒオ・ブスケッツ(バルセロナ)、クラレンス・セードルフ(元ミラン)、シャビ・エルナンデス(元バルセロナ)

    FW:クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)、リオネル・メッシ(バルセロナ)、ロナウド(元レアル・マドリード)

    今回ファーディナンドが挙げた選手のほとんどは、自身が持っていたポジ ションの概念を打ち破った選手となっている。

    GKのバルデスに対してはスイーパーのような役割をしていたと賞賛し、GKに新たな役割を与えた選手と語っている。

    さらにロベルト・カルロスはサイドバックの概念を打ち破る圧倒的な攻撃力、サッカー界のあらゆる記録を塗り替えてきた

    メッシも言うまでもなくファーディナンドに衝撃を与えた選手だ。

    2002ワールドカップでも対戦したロナウドについては、対峙した瞬間にレベルが違うと感じたとその衝撃を語っている。

    また、ほとんどの選手はミラン、バルサ、レアルで構成されており、この3クラブが欧州で絶対的な力を誇ってきた証とも言えよう。

    チームとして考えてもこの11人はかなりバランスが取れているようにも感じられ、最終ラインから 最前線まで隙が見当たらない。

    過去に何人もの選手が自己流のベストイレブンを選んできたが、このチームはその中でもかなり安定した強さを誇るチームかもしれない。
    2016-03-19_18h58_03
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160319-00010013-theworld-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1458376670/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/09(水) 20:45:27.54 ID:CAP_USER*.net
     元イングランド代表DFのリオ・ファーディナンド氏が、現役時代にプレーしたマンチェスター・ユナイテッドを厳しく批判している。英紙『ミラー』が報じた。

     UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)でグループ3位に終わったユナイテッドは決勝トーナメント進出を逃し、ヨーロッパリーグ(EL)に回ることになった。この結果を受け、ファーディナンド氏は「ヨーロッパリーグに回るなんて恥を知るべきだ」と主張している。

     07-08シーズンにはアレックス・ファーガソン監督の下、欧州CLで優勝しているファーディナンド氏。11-12シーズンに続いてELに回ることになった古巣について「運はグループステージを通じて悪くなかった。他の試合では運に恵まれていた。今日もオウンゴールがあったしね」と指摘。そのうえで「自分たちでチャンスを台無しにしてしまった。今日の試合のパフォーマンスは十分じゃなかった」と厳しい言葉で批判した。

     ユナイテッドはグループリーグ6試合でわずか2勝にとどまり、ボルフスブルク(ドイツ)、PSV(オランダ)の後塵を拝し、グループ3位に終わった。

    「ELに回るなんて恥を知るべきだ。自分の家から出たくもなくなるはずだ」。屈辱にまみれた結果を重く受け止めるべきだと主張するファーディナンド氏は「ほつれた糸を直したいのであれば、問題に対してチームは本気で取り組まなければならない。自分たちのペースもないし、パワーもない。立ち直ろうとする力に欠けている」と、クラブの危機を声高に訴えた。
    2015-12-09_21h48_41
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151209-01454899-gekisaka-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1449661527/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/09(水) 12:07:17.18 ID:CAP_USER*.net
    問われる460億円補強の是非、「より悪くなった」

    マンチェスター・ユナイテッド(マンU)は8日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)1次リーグ最終戦のヴォルフスブルク戦で2-3の逆転負けを喫した。試合前まで3位に位置していたPSVがCSKAモスクワに2-1で勝利したために、順位を3位に下げてヨーロッパリーグに回ることとなった。

    2季ぶりのCLの舞台だったが、決勝トーナメント進出を逃すという失態にクラブOB陣も落胆しているようだ。英衛星放送局「BTスポーツ」の番組に出演したリオ・ファーディナンド、ポール・スコールズ、マイケル・オーウェンの3人は「ユナイテッドは2億5000万ポンド(約460億円)を費やしながらより悪くなった」と、ルイス・ファン・ハール監督就任2シーズン目となった今季のチームを批判した。
     
    2009年から12年までマンUに所属し、背番号「7」を背負ったオーウェン氏は現有戦力が、ここ数年と比べて弱体化していると指摘。ファン・ハール監督体制での18カ月で、放出すべきでなかった選手が多くいたと主張した。

    そこでDFラファエル(リヨン)、DFネマニャ・ヴィディッチ(インテル)、ジョニー・エヴァンズ(WBA)、ナニ(フェネルバフチェ)、香川真司(ドルトムント)、ティム・クレバリー(エバートン)、ロビン・ファン・ペルシー(フェネルバフチェ)、チチャリート(レバークーゼン)など、オランダ人指揮官に冷遇されたスターの名前を次々に挙げた。ファーディナンド氏も「彼らは今日のチームに入れただろう」とオーウェン氏に同調した。

    魅力に欠けるスタイル

    現在のマンUの中でワールドクラスはいるかという話題について、オーウェン氏は「GKダビド・デ・ヘアは確実」と語ったものの、その他はトップフォームであることを前提に主将FWウェイン・ルーニー以外にはいないと語っている。

    そう口にした同氏は、09年のヴォルフスブルク戦で見事復活。ハットトリックの活躍でマンUを勝利に導いた。この白星でCLのグループBで首位をつかみ、逆に敗れたヴォルフスブルクは敗退が決定していた。それだけに、逆転した姿に肩を落とすしかなかったのだろう。

    ファン・ハール監督就任から2季連続で大型補強を敢行。今季も新たに「7」番を背負う期待のFWメンフィス・デパイや19歳の逸材FWアンソニー・マルシアル、MFモルガン・シュナイデルラン、MFバスティアン・シュバインシュタイガーなどスターを次々と手にしたが、CL敗退だけでなく、魅力にかけるフットボールスタイルに度々批判が集まっている。

    クラブOBも現在のチームには大きな不満を抱えているようだ。
    2015-12-09_14h54_27
    Soccer Magazine ZONE web 12月9日(水)11時53分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151209-00010006-soccermzw-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1449630437/

     
    続きを読む

    ru-ni-445
     QPR(クイーンズ・パーク・レンジャーズ)に所属する元イングランド代表DFリオ・ ファーディナンドが、古巣マンチェスター・Uで今シーズンからキャプテンを務める同代表FWウェイン・ルーニーの短気さを自伝『#2sides』で明かし ている。イギリス紙『デイリーメール』が伝えてた。

     2002年7月にリーズからマンチェスター・Uに加入したファーディナンドは今夏に QPRへ移籍するまで、2004年8月にエヴァートンから加入したルーニーと、10シーズンをともにプレー。過去を振り返ってファーディナンドが当時の ルーニーの印象を次のように語っている。

    「ウェイン・ルーニーはとても怒りっぽい若者って印象だった。練習場の外でいつも人と言い争っていたよ。とくに電話でね。彼はどんな小さなことでもすぐ腹を立てているようだった」

    「まるでお菓子のように携帯を扱っていたんだ。フラストレーションで携帯をいくつかコンクリートに投げて粉々にしてたよ。他の選手たちはよくそれを見て笑っていたね」

     さらに、ファーディナンドは「何が起こったか分からないけど、今はもう落ち着いたよ」と続け、現在は昔ほどの短気さはないことも言及している。

      14日に行われたプレミアリーグ第4節で、マンチェスター・UはホームにQPRを迎えて対戦。ファーディナンドにとって古巣の本拠地オールド・トラフォー ドで移籍後初の対戦となったこの試合は、マンチェスター・Uがルーニーのゴールを含む4得点で4-0とし、今シーズン初勝利を収めた。
    http://news.livedoor.com/article/detail/9271763/
    続きを読む

    7-David-Moyes-Reuters
    420: 名無しに人種はない@実況・\(^o^)/ 2014/09/16(火) 19:38:43.16 ID:uxhe5em10.net
    ファーディナンド、モイーズ前体制のマンUを批判「アマチュアみたい」

     今夏の移籍市場でマンチェスター・UからQPR(クイーンズ・パーク・レンジャーズ)へ移籍した元イングランド代表DFリオ・ファーディナンドが、自伝 「#2Sides」 の中で昨シーズンの不振について言及し、マンチェスター・U前監督のデイヴィッド・モイーズ氏を痛烈に批判した。15日にイギリスメディアが報じている。

     10月2日発売予定の同書は現在、イギリス大衆紙『サン』が小出しに連載しているが、その中でファーディナンドは昨シーズン、8カ月で幕を下ろしたモイーズ前体制の戦術について、「アマチュアっぽくて恥ずかしかった」と述べており、次のように非難している。

    「モイーズは自らの構想をチームに植え付けようとしていたが、それが何だったのか最後まであやふやだったように思う。チームはファーギー(アレックス・ ファーガソン元監督)体制では積極的だったけど、モイーズは無意識に消極的な雰囲気を作っていた。彼は次第に選手たちの信頼を失っていたし、僕自身、彼の 下ではプレーを楽しめなかった」

    「モイーズの戦術はチームを消極的にさせ、混乱させた。戦術は常に相手をどう止めるかだったし、モイーズはチームを負けないように仕向けていた」

    「最も混乱したのは、どうやってボールを前に運ぶかということだった。よく彼はロングボールを使えと言い、ほとんどの選手が自身のキャリアで最もロング ボールを蹴っていたと感じていただろう。時にチーム戦術はロングボールを中心としたクロス主体だった。恥ずかしかったし、フラムとのホームゲームで僕らは 81本のクロスを記録した。なんでこんなことをしているのかと思っていた」

    「彼の矛盾した言葉はさらにひどかった。時に彼はボールを回せと言い、別の日にはボールを回すなと言っていた。一体チームに何をしろと? 彼はある時、『今日は600回パスを回してほしい。先週は400回しか回せなかったから』と言っていた。誰がそんなことを気にする? 僕はむしろ10回のパスで5点決めたかった」

     さらに、マンチェスター・Uが国内で不振に喘いだ中、8強まで進出したチャンピオンズリーグについても、モイーズ氏が珍行動を起こし、ファーディナンド自身に最悪な瞬間を与えたことを明かしている。

    「(CL準々決勝第2戦の)バイエルン戦の前に普通の公園でセットプレーの練習をした時はおかしいと思ったし、アマチュアっぽかった。あんなことをするくらいなら、バイエルンにメールするかDVDを送った方がまだましだった」

    「みんなの前で先発落ちを発表された時は本当に嫌だったし、叫んで胸ぐらをつかんでやりたい気持ちだった。でも僕はチームを尊重する選手だから黙って聞いていた。あれはおそらく僕のユナイテッドのキャリアにおいて最悪な瞬間だった」
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140916-00232945-soccerk-socc

    やっぱ誰も81本クロス打ちたいと思ってたわけではないのな……


    続きを読む

    2014-06-20_12h48_02
    ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第2節が19日に行われ、グループCでは日本代表とギリシャ代表が対戦。日本はボールを支配し、ギリシャに退場者が出たため、数的優位も得たが、最後まで得点を挙げることはできず、スコアレスドローに終わった。

     イギリスでは同試合を『BBC』で放映。ワールドカップ期間中に同局で解説者を務めている元イングランド代表DFリオ・ファーディナンドが、同試合について語った。

     ファーディナンドはまず試合内容について、以下のように分析した。

    「ギリシャの(コンスタンティノス)カツラニスに出された2枚のイエローカードは正しかったし、どちらも危険なタックルだった。だが、10人になってから試合を優位に進めたのはギリシャだった。各選手の運動量が増え、広範囲でプレーした」

    「前半の日本のチャンスは大迫(勇也)の打った2本のシュートだけだった」

    「日本は10人の相手に酷い試合をした。彼らには必死でボールを追いかけ、ギリシャに攻撃を仕掛けようという意志が感じられなかったし、ボールを奪ってからも、無駄なタッチでプレーを遅くしていた。かなりつまらない試合だったし、勝てるとは思えなかった」

     2013-14シーズン限りでマンチェスター・Uを退団することを発表しているファーディナンドは、昨シーズンまでともにプレーした日本代表FW香川真司について、以下のようにコメントしている。

    「香川は途中出場で違いを作った。彼は素晴らしい小柄な選手だし、常に何かをしようという意志がある。ギリシャの裏に素晴らしいボールを入れて好機を作った。彼が入ってから日本には少しキレが生まれたが、それでも十分ではなかった」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140620-00202830-soccerk-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ