海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:フィテッセ

    1: ばーど ★ 2019/12/24(火) 13:56:47.05
    オランダ1部フィテッセをわずか1か月半で電撃退団した元日本代表MF本田圭佑(33)の決断に批判的な意見が噴出している。

    本田は23日にツイッターを更新し「私は退団することを決めた。私はここに状況を変えるためにきたが、変えることはできなかった。そしてスルツキが退団した。そのことについては責任も感じている。だからここにいることはできない」などと書き込んだ。

    11月に、ロシア1部CSKAモスクワ時代の恩師レオニード・スルツキ監督(48)が率いるフィテッセに加入。しかし成績不振で指揮官が辞任すると「監督がいなくなったことで、ここにいる意味が半減している。当然ながら冬の移籍も頭の中に入れている」と退団を示唆していた。

    目標に掲げる東京五輪にオーバーエージ(OA)枠で参戦するため、今後の出場が不透明なフィテッセを離れる決意を固めたが、特に来年1月の移籍市場オープンを前に積極的に他クラブへ売り込みをかけるとみられる。

    すでに本紙昨報のスペイン移籍が浮上する中、今回の決断にネット上では「契約してくれたクラブなのに自分勝手」「ファンに失礼だ」「OAのためにステップアップ。フィテッセではできないのか」などと、東京五輪を優先して苦境のチームを投げ出したことへの不満の声も上がった。

    リスクを覚悟で退路を断った本田は再び新天地を探し出して、躍動した姿を見せられるか。

    2019年12月24日 11時30分
    東スポWeb
    https://news.livedoor.com/article/detail/17572226/
    no title

    続きを読む

    1: バグダッドの夜食 ★ 2019/12/24(火) 02:58:40.24
     



    「自分の使命は状況を変えることだった。だがそれはできず、スルツキ(監督)はクラブを去った。自分も冬以降、ここにいるべきではない」

    英語の動画で自らの思いを口にした。フィテッセではロシア1部CSKAモスクワ時代の恩師であったスルツキ監督が辞任。本田自身も「ここにいる意味が半減した」と話していた。出場わずか4試合での電撃退団となった。

    「チームメートやサポーターには感謝している」とも話した本田。自ら目標に掲げる来夏の東京五輪出場へ向け、1月の移籍マーケット解禁に合わせて新たなクラブを探すことになる。


    詳細はリンク先をご覧ください。

    本田、フィテッセ電撃退団 出場わずか4試合で「ここにいるべきではない」
    2019-12-24_09h41_22
    https://www.sanspo.com/soccer/news/20191223/sci19122319420009-n1.html
    サンケイスポーツ 2019.12.23 19:42
    続きを読む

    1: ぜかきゆ ★ 2019/12/23(月) 19:13:18.53
    オランダ1部フィテッセのMF本田圭佑(33)が23日、クラブを電撃的に退団することになった。22日(日本時間23日)の古巣、VVVフェンロ戦(ホーム)はベンチ外。チームは3-0で年内の最終戦を飾ったが、本田は不在だった。

    この欠場について、ジョセフ・オースティング暫定監督は「個人的な理由だと聞いている。今日、突然聞かされた」と試合後に話した。

    クラブ広報によれば、本田はスタジアムにも来ていなかったという。このままクラブを退団する。今後について、詳細は不明。

    本田は、公言するオーバーエージ枠での東京オリンピック(五輪)出場と金メダル獲得のため、慎重に新天地を選び、オーストラリアのメルボルン・ビクトリー退団から約半年ものブランクを挟み、11月6日にフィテッセに加入。VVVフェンロ戦がフィテッセの年内最終戦で、在籍期間は約1カ月半と短かった。

    フィテッセとの縁は、11月末の練習参加だった。当時は、本田がロシアのCSKAモスクワ在籍時に4年間師事したロシア人のレオニード・スルツキ監督が率いていた。

    指揮官自ら本田を勧誘し、2人の強固な信頼関係により、加入が実現した経緯があった。

    しかし、スルツキ監督が11月29日のヘーレンフェイン戦(アウェー)に敗れ、成績不振の責任をとる形で辞任。これを受け、その後、本田は「監督がいなくなったことで、ここにいる意味が、半減している。当然ながら冬の移籍も頭に入れている」とも話していた。

    日刊スポーツ 12/23(月) 19:06配信
    2019-12-23_09h16_33
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191223-12230022-nksports-socc

    続きを読む

    1: 牛丼 ★ 2019/12/05(木) 08:33:41.54
    フィテッセのジョゼフ・オースティング 監督は、初陣で本田圭佑をスタメンで起用するつもりはないかもしれない。

    今シーズン、序盤こそ好調だったフィテッセだが、現在はリーグ戦5連敗中で順位を9位まで下げ、先日にレオニド・スルツキ前監督の解任に踏み切る。そして、オースティング監督が8日にホームで行われるフェイエノールト戦から指揮を執ることが決まった。

    しかし、この指揮官交代が本田の出場機会に影響を与えるかもしれない。CSKAモスクワ時代の恩師であるスルツキ前監督の計らいもあり、半年間無所属の続いていた日本代表MFがフィテッセのトレーニングに参加し、先月には正式なチームの一員に迎え入れられた。さらに、登録が完了してからはスパルタ戦、ヘーレンフェーン戦と2試合連続で先発出場している。

    オランダ『Omroep Gelderland』によると、オースティング監督は本田をスタメンから外す可能性がある様子。同指揮官はトレーニング中に日本代表MFを主力組から外し、さらにトレーニング終了後に両者は長時間にわたって言葉を交わした場面が確認されたと報じられている。

    オースティング監督の初陣となる強豪フェイエノールト戦で、本田はどのように起用されるのだろうか。
    2019-12-05_22h29_33
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191205-00010005-goal-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/26(火) 06:10:25.52
    SNSでも辛辣意見が上がる

    日本サッカー界のカリスマが186日ぶりにピッチに帰ってきた。

    現地時間11月24日に行なわれたエールディビジ第14節で、敵地でスパルタ・ロッテルダムと対戦したフィテッセは0-2で敗れた。

    今月6日にフィテッセに電撃加入をし、注目を集めていた本田圭佑は、エールディビジでは3628日ぶりの出場となったこの試合で、4-2-3-1のトップ下で先発入り。ゲーム序盤から81分に退くまで精力的なプレーを見せた。

    しかし、チームを4試合ぶりの勝利に導く決定的な仕事ができなかった本田には、早くもファンから不満の声が上がっている。

    オランダ・メディア『Voetbal Flitsen』は、「多くのフィテッセ・サポーターはホンダにもう少し期待をしていた。現時点では彼が違いを生みだしたとは考えていない」と、デビュー戦がやや期待外れな結果となったことを紹介した。

    さらに地元紙『De Gelderlander』は、「ホンダは過大評価されているか?」というテーマのアンケートを実施。およそ80パーセントのファンが「イエス」と回答している。

    同紙はツイッターで目立った本田のデビュー戦に対するファンの反応をまとめて紹介。いずれも手厳しいものが並ぶ結果となった。

    「我々はスポーツカーのような馬力があると思っていた」
    「ホンダがより多くのことをもたらすとは思えない」
    「ホンダはこの先、どのように適応するか。時間がかかりそうだ」
    「これ以上のハードワークを33歳の彼に求めるのは酷か……」

    たった1試合で辛辣な評価を受けるのは、期待の裏返しとも言える。チームの結果が付いてくれば、おのずと本田への見方も変わってくるはずだ。それまでは辛抱強く、ピッチ上で良いパフォーマンスを見せ続けるしかないだろう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191126-00010000-sdigestw-socc
    11/26(火) 5:30配信

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20073385
    試合スコア

    https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/292000/291256/news_291256_1.jpg
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/11/25(月) 17:11:46.04
    オランダ1部フィテッセに加入した元日本代表MF本田圭佑(33)が24日、アウェーのスパルタ戦に攻撃的MFで先発して新天地デビューを果たした。0―1の後半36分に交代し、チームは0―2で敗れて4連敗を喫した。

    本田の公式戦出場は前所属メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)のラストゲームとなった5月22日のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)広島戦以来約6カ月ぶり。オランダでプレーするのは2008~09年のVVVフェンロ以来、約10年ぶりとなり、シュートを放つ場面もあったが、得点にはつながらなかった。

    トップ下に入り、前半9分には敵陣右サイドで得たFKで直接ゴールを狙ったが、GKにキャッチされた。深い位置まで下がり組み立てへ参加する場面が多くみられ、後半11分には、ペナルティーエリア内中央で左足で狙うがGKの好セーブでゴールを阻まれるなどした。

    試合後、本田は「もちろん結果には満足していないし、ビッグチャンスで得点できなかった。チームが3連敗の悪い雰囲気を引きずっていると感じたので、難しい試合になった」とし、「自分のことは分かっているし、どうやってチームの力になれるかも分かっている。自分は神ではないので、自分にできることに集中しないといけない。例えば今日だと随所で試合をコントロールすること。このような相手には試合を支配しないといけない」と話した。

    4連敗からの立て直しについては「個人的には心配していない。大丈夫。チームは1週間くらいあれば問題を解決できる。自分はまだ1週間くらいしかチームと練習していないので、まだチームメートの癖や長所、弱点を把握できていない」と言い、「時間が必要。これから経験豊富な選手と話し合っていく。若手ではなく。彼らだけでこの状況を変えるのは早すぎる。だから自分のプロジェクトを少しずつ始めていく。選手として、もしかしたらコーチ(監督)のアシスタントとして」と話した。

    11/25(月) 10:03配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191125-00000156-spnannex-socc

    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/11/22(金) 20:48:44.17
    フィテッセに加入した元日本代表MF本田圭佑だが、24日に行われる敵地でのスパルタ・ロッテルダム戦でさっそく先発出場するようだ。オランダメディア『NOS』などがレオニード・スルツキ監督の意向を伝えている。

    昨季限りでメルボルン・ビクトリーを退団していた本田は今季、しばらく無所属の立場が続いていたが、今月6日にフィテッセ加入を発表。20日には労働許可証が得られたことも公表され、いよいよオランダ復帰戦に向けて秒読み態勢が整っていた。

    スルツキ監督は「彼は良いコンディションにある。疑う余地はない」として先発起用を明言。昨季まで期限付き移籍で加入していた元レアル・マドリーのMFマーティン・ウーデゴーアを引き合いに出し、「彼のように中盤と前線をつなぐプレーヤーが必要だったが、ケイスケにはそれができる」と信頼を語っている。

    また「ケイスケはロボットだ。食事、睡眠、トレーニング、準備、コンディションなど全てが適正だ」と絶賛。CSKAモスクワ時代にも関わってきた愛弟子に「スピードはなかったね」とジョークも飛ばしつつも「速い選手ではないが、残りは素晴らしい」と称えている。

    オランダ・エールディビジは第13節を終えており、フィテッセは現在5位。首位のアヤックスとはすでに勝ち点12ポイント差となっているが、2位のAZ(DF菅原由勢が所属)とは6ポイント差、3位のPSV(MF堂安律が所属)とは1ポイント差につけており、日本人同士での上位対決が見られそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191122-43474245-gekisaka-socc

    no title

    続きを読む

    1: ぜかきゆ ★ 2019/11/21(木) 07:00:14.76
    今年5月以来の公式戦へ

    フィテッセは現地時間20日、MF本田圭佑が就労ビザを取得し、選手登録の手続きが完了したことを報告。これにより、同選手は現地時間24日に行われるエールディビジ第14節スパルタ・ロッテルダム戦が出場可能となった。

    練習参加を経て、今月6日に元CSKAモスクワのレオニード・スルツキ監督が率いるフィテッセ入りを果たした本田が、ついにオランダ再挑戦のスタートラインに立った。クラブは20日、公式ツイッターを通じて「労働許可を取得し、これから試合に出場することが可能になりました」と報告している。

    これにより、11月のインターナショナルウィーク中はカンボジア代表の実質的監督としてイラクや香港との対戦に立ち会った本田は、24日のアウェーマッチ、スパルタ戦での出場が可能に。今年5月末にオーストラリアのメルボルン・ヴィクトリーの一員として臨んだAFCチャンピオンズリーグのサンフレッチェ広島戦以来となる、半年ぶりの公式戦に出場することになるかもしれない。

    なお、2019-20シーズンはリーグ戦10試合で7勝2分け1敗と好スタートを切っていたフィテッセだが、ここ最近は3連敗と大きく失速。順位表では5位と上位につけるも、周囲から不満の声が上がりつつある中、スルツキ監督の本田の起用法に注目が集まる。

    GOAL 11/21(木) 5:56配信
    2019-11-21_09h13_24
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191121-00010000-goal-socc

    続きを読む

    1: 伝説の田中c ★ 2019/11/08(金) 20:20:19.17
    現地時間11月5日にオランダ・エールディビジのフィテッセと、今季終了の2020年6月末までの正式契約を結んだ本田圭佑。11月7日に自身のSNSを更新し、現在の心境を綴った。

    「周りの人や環境に感謝しつつ、人としての自分のショボさに苛立ってる。そしてこの状態を維持できるように意識していけたらなと。。。#精進します」

    今年6月にオーストラリアのメルボルン・ビクトリーを退団後、本田はフリーの立場が続いていた。カンボジア代表の実質的な指揮官を務める一方で、先月には名門マンチェスター・ユナイテッドや古巣ミランにツイッターで逆オファー、声が掛からないことに疑問を投げかけた投稿も話題となっていた。

    そんな本田の移籍発表後の投稿だったが、「ショボい」という言葉に反応したファン・サポーターからは、「全然、そんな事ないですよ」「本田圭佑さんは謙虚ですね。でも、誰よりも熱い男です」「ジョボくないです。変わらずに居て下さい」といったフォローの言葉とともに、数々のコメントが寄せられた。
     
    「真っ直ぐな、言葉ですねぇ」
    「今のケイスケホンダをショボいと思うケイスケホンダに改めて惚れ直しました」
    「本田さんのなかでショボいって思える部分があるということは、それはまだ強くできるってことなのかなと。東京五輪OA出場へ向けて新たなスタート、楽しんでください」
    「フィテッセでのプレー楽しみにしてます」
    「謙虚ですね。期待しています!」
    「意識が高くて本当に素敵です」
    「常にチャレンジする姿勢に敬服します」
    「引退にならなくてホッとしました。まだまだ飛翔して、勇気と元気を与え続けてください」
    「本田さんが自分に苛立つなんて…自分との差に言葉が出ねえw」
    「見返す為に最低限必要な舞台にやっと立てる権利を得ただけ。言うだけやったら誰でも出来る‼全世界に見せたれ、関西人の底力‼」
    「感謝ができる人は素晴らしいと思います。尊敬します。私も周りの方に感謝しながら日々過ごせるよう精進します」

    本田は早ければ代表ウィーク明けの11月24日から出場できるという。約4か月間のフリー期間を経て、動き出した日本のカリスマから目が離せない。
    2019-11-08_23h51_02
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191107-00066381-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/11/08(金) 21:26:37.29
    11/8(金) 21:22配信
    オランダ1部フィテッセ加入を6日に発表した元サッカー日本代表MF本田圭佑(33)が7日、インターネットテレビ局「Abema TV」のニュース番組「Abema Prime」(月~金曜、後9・00)にオランダからの生中継で緊急出演。移籍先決定後、日本のメディアとしては初となる単独取材に答え、「33歳ということを表す数字として選びました」と新背番号として「33」を選んだことを明かした。

    フィテッセを移籍先に選んだ理由を聞かれると「練習参加だけするつもりだった」としながらもCSKAモスクワ(ロシア)時代の指揮官だったスルツキ氏が監督だったことからトントン拍子に話がまとまったといい、移籍先の希望だったスペインなどからは「僕の実力を見誤ってなかなかオファーをくれなかった」とも。

    Jリーグ復帰の選択肢はなかったのかと聞かれると「ない…ですよね、残念ながら」とキッパリ。その理由については「日本でプレーしなくても、今、僕のプレー見れるじゃないですか」と話した。
    2019-11-08_22h08_34
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-00000211-spnannex-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ