海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:フォルラン

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/23(土) 13:55:19.58 ID:CAP_USER9.net
    やられたらやり返す。ダニエウ・アウベスによる攻撃的な姿勢はピッチの内外を問うことはないだろう。パリ・サンジェルマンで勃発した“セットプレイ騒動”に絡んだセレソンが、自身を糾弾するウルグアイ人FWに対し、反撃を展開している。

    クラブのエースであるエディンソン・カバーニからFKのボールを強奪し、アミーゴであるネイマールへスムーズな連携からそれを献上していたアウベスには後に多くの非難が集中。かつてウルグアイ代表として活躍したディエゴ・フォルランも“第三者のアウベス”による行為を「普通ではないし、問題だ」と批判し、苦言を呈していた。

    「お前は黙ってろ」。ここからはアウベスによる反撃のターンだ。ベテラン右サイドバックは自身のTwitterアカウントにて次のような主張を繰り広げている。

    「お前は何も見ていない。俺は誰かからボールを奪ったんじゃなく、奪われた側だ。それにPSGで最後にFKのゴールを決めたのも俺だね。そういった統計も紹介していない。お前は黙るんだ。俺の名前を出すことで新たな騒動を演出するな」

    これがアウベスの性分でもある。いかなる時もアグレッシブに前進し、その進行を妨げるものには一切の容赦を許さない。豊富な資金を背景に様々なスーパースターを掻き集めたパリ・サンジェルマンだが、同時に強すぎる個性を備えるタフなプレイヤーも数多くやってきた。クラブはそういった選手たちを一枚岩に纏め、ひとつの強固なユニットを完成させることができるだろうか。

    9/23(土) 12:11配信 theworld
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170923-00010010-theworld-socc

    写真


    PSGの“PK騒動”にフォルラン「ネイマールはメッシ相手ならあんなことしないだろう」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00010020-theworld-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/09/25(日) 11:19:02.25 ID:CAP_USER9.net
    『Sportstarlive』は「ムンバイ・シティの元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランは、かつてプレーしていた日本について話した」と報じた。

    2014年1月にセレッソ大阪と契約を結び、Jリーグで1年半に渡ってプレーしたフォルラン。退団後は自身がユース時代に所属していたペニャロールに復帰した。

    そして今年6月に退団を発表し、8月にインディアン・スーパーリーグのムンバイ・シティと契約。南アジアの舞台で戦いに望むことを決めた。

    彼はそれに向けての記者会見に望み、かつてプレーしていた日本の印象について以下のように語っている。

    ディエゴ・フォルラン

    「自分が決めたゴールによって、代表チームが予選を突破できたり、大会で勝てたりした時、私は幸せを感じる。

    チームとしてタイトルを獲得できることが、私により大きな楽しみを与えてくれるんだ」

    (日本がアジア予選でいつも成功を収めていることについて)

    「日本人は、可能な限り完全に物事をやろうとトライするのだ。他の者にとっては、彼らのそのような道を辿っていくのは難しい。このような国はアジアには多くはない。

    ウルグアイは、多くの若い日本人を見てきた。彼らはプレーするため、そしてウルグアイのチームの練習を見るため、そこから学ぶために来るんだ。

    日本人はすべての者から何かを得られると信じている。ウルグアイ、ブラジル、アルゼンチン。最も先進的なサッカーの国で、若い日本人を見つけられるはずだ。

    Jリーグのクラブもまた、外国の選手を招待している。クラブのレベルの上昇は、日本の国際的なプレゼンスの改善を助けたのだ」

    http://qoly.jp/2016/09/25/diego-forlan-talked-about-japan

    写真
    http://qoly.jp/media/4294b884-f586-4309-af01-92dff37684de?w=800


    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/08/01(月) 19:07:26.90 ID:CAP_USER9.net
    ユナイテッドOBがポグバの値段に言及

    かつてマンチェスター・ユナイテッドでスーパーサブとして多くの貴重なゴールを決めてきた元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランが、高騰するフランス代表MFの値段について自身の見解を述べている。

    2001年からの3年間をアレックス・ファーガソン率いるユナイテッドで過ごし、その後はビジャレアルやアトレティコ・マドリード、そしてインテルといった強豪クラブを渡り歩いてきたフォルランは、連日のように紙面を飾っているユヴェントスのポール・ポグバについて言及。自身にとって最高の名手だったと語るポール・スコールズと比較し、ポグバの天文学的な価格に疑問を呈した。英『sky SPORTS』がフォルランのコメントを伝えている。

    「仮にポグバの値段が1億2000万ユーロならば、一体ポール・スコールズにはいくらの値段が付いただろうか。彼は僕が共にプレイした中で最高の選手だったからね。もちろんポグバは素晴らしい選手だし、好きな選手でもあるよ。おそらくは彼の世代で最高のセンターハーフと言えるだろう。でもそれほどの価値がある選手なのかな。別のクラブが彼を連れて行くためにその金額を喜んで支払うと言うのなら、それ相応の価値があるんだろうけどね」

    スコールズはユナイテッドのアカデミー出身選手だったため、当然ながらチームは移籍金を支払うことなく彼を保有することができていた。彼のクオリティを間近で見てきたフォルランにとっては、スコールズと同じポジションで戦うポグバへの過剰な移籍金設定が不自然に思えたのかもしれない。
    2016-08-01_20h54_10
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160801-00010023-theworld-socc
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 18:19:07.22 ID:CAP_USER*.net
    9b71e592-6eac-48ab-b285-6ed1d9f2edbe
    ウルグアイ1部リーグ、ペニャロール対デフェンソール戦でディエゴ・フォルランがハットトリックの大活躍をみせた。

    その3点を見ていこう。

    ▼1点目(右足でファーに巻いたゴール) 0:45~

    ▼2点目(左足で押し込みゴール) 1:24~

    ▼3点目(難易度の高いヘディングで!) 2:59~
    https://www.youtube.com/watch?v=uEAt325yXi0#t=179



    36歳になったフォルランだが、「右足・左足・頭」とパーフェクトハットトリックを達成してみせた。

    チームも5-1で快勝。フォルラン以外の2得点を叩き出したコロンビア人FWミゲル・ムリージョは「驚異的な選手であるディエゴと並んでプレーすることで、全てが簡単になる」と讃えていた。

    そして、フォルラン本人は「息子の誕生と、もちろん勝利についてもとても嬉しいよ」と述べていた。

    http://qoly.jp/2016/02/22/penarol-diego-forlan-perfect-hat-trick-vs-defensor-sporting?part=2
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1456132747/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/25(金) 16:35:38.15 ID:CAP_USER*.net
    クリスマスだ。

    プレミアリーグは例外だが多くの国のリーグがオフシーズン、あるいはウインターブレイクに突入しており、選手たちは家族や恋人とそれぞれの時間を楽しんだに違いない。

    さて、今年セレッソ大阪を退団しウルグアイの名門ペニャロールに移籍したディエゴ・フォルランもクリスマスということでファンに向けてメッセージを送っているのだが、日本にいる我々にとって嬉しいことがあった。

    フォルランがTwitterに投稿したメッセージを、実際に見てみよう。

    フォルランが投稿したのは4ヵ国語による「メリークリスマス」なのだが、なんとその中には日本語も含まれていたのだ!

    フォルランは母国語でもあるスペイン語(Feliz Navidad)と英語(Merry Christmas)、日本語、さらにはポルトガル語(Feliz Natal)でメッセージを送っている。

    日本語以外の3ヵ国語には「メリークリスマス」的な意味合いしか含まれていないが、日本語では「メリークリスマス、そして良い年をお迎え下さい」と書かれており、嬉しいことに新年に向けたエールも入っていた。

    こうしたメッセージではWebの翻訳機能を用いややぎこちない日本語になりがちなのだが、フォルランの書いた日本語はかなり丁寧でしっかりしている。

    フォルランは日本にいる頃から日本語を必死に学んでいたよ言われており、やはりその時のスキルがしっかりと身についているのだろう。

    なお余談だが、フォルランはTwitterの背景画像をセレッソ大阪在籍時のものにしている。

    ユニフォームから察するにこれは2014シーズンのもので、フォルランの後ろには山口蛍の姿も確認できる。単に変更をし忘れているだけかもしれないが…それにしてもなんだか嬉しいぞ!

    2015/12/25 14:30
    http://qoly.jp/2015/12/25/christmas-message-by-diego-forlan

    写真
    7de2456e-3808-4348-adf8-009376d9b312
    http://qoly.jp/media/7de2456e-3808-4348-adf8-009376d9b312?w=800
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1451028938/

     
    続きを読む

    1: 失恋レストラソ ★@\(^o^)/ 2015/08/21(金) 14:24:50.80 ID:???*.net
    ウルグアイの名門ペニャロールに移籍し、プレシーズンマッチでは早速豪快なミドルシュートを披露したディエゴ・フォルラン。

    このほど、自身のキャリアを描いた映画のトレイラー映像が公開されている。

    映画のタイトルは『DF10』。
    「映画」を意味する"La Película"というサブタイトルがつけられており、今日に至るまでフォルランが辿ってきた様々なキャリアを、監督やチームメイト、家族などの言葉を通して描いている。

    フェデリコ・レモス氏が監督を務め、制作は2年前からスタートしたこの段階でそのトレイラー映像が公開されたようだ。

    制作発表会にはフォルランの兄のパブロ氏(左から二人目)や、姉のアレハンドラさん(中央で車いすに座る女性)の姿もあった。

    トレイラー映像にはアレックス・ファーガソンやセサル・ルイス・メノッティ、マヌエル・ペジェグリーニ、ガブリエル・ミリート、ルイス・スアレスといった錚々たる顔ぶれが登場しており、映像はセレッソ大阪の加入記者会見の様子からスタートしている(一部は退団会見の様子)。

    セレッソ大阪サポーターも登場しているのだが・・・日本でこの作品を見ることができるかは不明である。
    2015-08-21_15h16_04
    ◆qoly.jp
    http://bit.ly/1Nz3Zgr
    ◆Trailer Oficial :: DF10 - La Película(YouTube)
    https://youtu.be/7DXquY41_EU

    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1440134690/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/26(金) 16:18:30.35 ID:???*.net
    推定年俸6億円の1年半契約。AFCチャンピオンズリーグベスト16。J2降格。J1通算26試合7得点、J2通算18試合10得点。

    この数字と結果だけを見れば、非難する人が多いのは致し方のないところだろう。だが、決してそれだけでは測れないものがあったようにも感じている。

    2010年南アフリカ・ワールドカップ得点王&MVPという華々しい実績を引っさげてセレッソ大阪の一員となったディエゴ・フォルラン。日本サッカー史上に残る大型補強は、果たして本当に失敗だったのだろうか。

    今から約1年半前、南アフリカで大活躍した彼のC大阪加入が決まると、来日記者会見がテレビで生放送されるなど大フィーバーが巻き起こった。

    チームは柿谷曜一朗(現バーゼル/スイス)や南野拓実(現ザルツブルク/オーストリア)、山口蛍、扇原貴宏ら若くて優れた選手を数多く擁していたこともあって、「セレ女」と称される女性サポーターが急増。さらに優勝候補の一角に挙げられたクラブが推定年俸6億円という超大物選手を獲得したことで大きな話題となった。加入会見に臨んだフォルランが流暢な日本語で長々とあいさつしたことを記憶の方も多いことだろう。

    獲得の成否を見る第一のポイントは、やはりビッグマネーに沿うだけの活躍ができたかどうか。まずはピッチ内での活躍=プロサッカー選手としてのプレーについて考えていきたい。

    昨年2月下旬、韓国・浦項で彼のC大阪デビュー戦を取材したが、途中出場ながらコンディションの悪さは拭い切れず、ボールタッチの回数も数えるほど。正直、日本で大活躍するのは厳しいと感じた。だが、試合をこなすごとに調子を上げると、そこはさすが世界的なストライカー。ゴール前での冷静さと高いシュート精度で得点を重ねていった。

    C大阪でプレーした約1年半、フォルランが最も輝いたのが、このフィニッシュの部分だった。キャプテンの山口が「シュートに対する意識や技術はワールドクラスのものを持っていた」と称賛するように、フィニッシュに至るまでのアイデアと視野の広さ、ボールコントロールはJリーグ史上で見てもトップクラス。中でも昨シーズンの敵地でのACLグループステージ第6節で山東盧能(中国)から決めたゴールに彼のワールドクラスであるゆえん、そしてプレーヤーとしての真骨頂を見たように思う。

    79分、中央からペナルティエリア付近へ走り込んだフォルランは、スピードに乗った状態で左クロスを右足インサイドで的確にコントロール。そのままシュートを狙うべく吸い付くようなトラップで右前方にボールを置くと、GKの位置を確認して冷静に右足を振り抜いた。一見すると決して派手なゴールではないが、疲れが出始める試合終盤に見せた正確な技術は山口が話したとおり「ワールドクラス」の一発。フォルラン自身も「思い出に残っているゴール」と振り返る一撃でC大阪はACLグループステージを突破し、ラウンド16へと駒を進めることに成功した。

    この他にも同年第7節ガンバ大阪戦で決めた直接FK、第9節ヴィッセル神戸戦で右サイドに流れながら右足を振り抜き、GKの手前でボールをワンバウンドさせて触らせずに逆のサイドネットへ突き刺したゴール、第20節川崎フロンターレ戦で後方からのフィードをダイレクトで叩き込んだ右足ボレーなど、日本で見せた得点シーンには彼の高い技術が凝縮されている。確かにマンチェスター・U(イングランド)などでプレーしていた2000年代前半ほどの迫力は見られなかったが、それでもシュートセンスは日本人選手が持ち合わせていないもので、フィニッシュの技術は他の追随を許さないものがあった。「そこから打つのか」、「その角度から決めるのか」と思わされたことは一度や二度ではない。

    ただし、実際のところは本人も「つらい時期があった」と振り返ったように、前線から激しくプレスを仕掛けるプレースタイルを持たなかったことがチーム戦術に適合しないと判断され、J1残留を争っていた10月以降に出場機会を失ってしまう。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150626-00325594-soccerk-socc
    SOCCER KING 6月26日(金)16時8分配信
    2015-06-26_17h52_34
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150626-00325594-soccerk-socc.view-000
    C大阪退団セレモニーでファンに別れを告げるフォルラン [写真]=白井誠二
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1435303110/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/15(月) 22:09:14.72 ID:???*.net
    J2のセレッソ大阪は15日、古巣ペニャロールへの復帰が噂される元ウルグアイ代表のFWディエゴ・フォルラン(36)と6月22日付で契約満了とすることを発表した。

    2014年シーズン開幕前にインテルナシオナルからC大阪に加入したフォルランは、移籍初年度に公式戦33試合で9ゴールを記録。チームは1部残留を果たせなかったものの、半年間の契約延長を決断し、今季のリーグ戦では16試合でチーム最多の10得点を挙げていた。

    7月31日付の契約から前倒しの退団となったフォルランはクラブを通じて「この1年半は、本当に素晴らしいものでした。応援していただいた皆様、本当にありがとうございました。僕自身も、そして妻も日本の皆さんからいただいた愛情やおもてなしには、感謝の気持ちでいっぱいです。日本はとても素晴らしい国です!機会があれば、是非将来、日本に帰ってきたいです!最後に、サポーターの皆様そしてクラブにとって、J1復帰という最高の結果が訪れるよう、これからもセレッソのことを応援しています。ありがとうございました」とコメントしている。

    なお、C大阪は21日に行われる第19節徳島ヴォルティス戦の終了後にセレモニーを行う予定であることも併せて発表した。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150615-00010026-footballc-socc
    フットボールチャンネル 6月15日(月)19時36分配信
    2015-06-15_23h47_32
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150615-00010026-footballc-socc.view-000
    C大阪のFWフォルラン
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1434373754/

     
    続きを読む


    G20150610010513920_view
    1: キヨシボンバイエ ★@\(^o^)/ 2015/06/14(日) 12:26:33.84 ID:???*.net
    1年でのJ1復帰を合言葉にして、6年ぶりとなるJ2の舞台を戦っているセレッソ大阪が、シーズンの折り返しを前にして激震に見舞われている。

    第17節終了時でチーム最多の10ゴールをマークし、J2得点ランクでもトップタイにつけているFWディエゴ・フォルランが、自身の公式ツイッターで今夏での退団を明言。フォルランを除けばMF楠神順平の3ゴールが最多のチームは、攻撃陣の再編成を余儀なくされている。

    7月末までの半年間の契約延長オプションを行使して残留したフォルランに対して、セレッソ側は6月に入って契約を延長しないと通告。フォルランはベンチ外だった今月6日の愛媛FC戦後にすでに離日していて、母国の名門ペニャロールへの移籍が確実な状況となっている。

    セレッソの玉田稔社長は、2シーズン目でよりチームにフィットし、最前線で存在感を放っていたフォルランとの契約を延長しなかった理由をこう説明している。

    「会社の体力の問題です」

    体力とは、要は半年間で3億円とされるフォルランの年俸を払い切れないことを意味する。6月末で契約が切れる元ドイツ代表でFWカカウとの契約延長も見送るなど、ここにきてセレッソの逼迫した台所事情が明らかになっている。

    続き(合計4ページ)
    http://www.footballchannel.jp/2015/06/14/post92665/
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1434252393/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ