ユベントスが17日、チームに所属する32歳のフランス代表MFブレーズ・マテュイディが新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したと発表。現在は自宅隔離を行なっており、無症状で元気だという。  

先日、イタリア代表DFダニエレ・ルガーニの感染が確認されており、ユベントスにおいては2人目の新型コロナウイルス感染者だ。共通しているのは、いずれも症状は軽く重症化していないということ。  


イタリアにおける全ての国内スポーツは中断されており、セリエAは4月3日まで試合が開催されない。そのような状況の中、サンプドリアやユベントスで新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したという発表が相次いで出されている。
2020-3-18_Matuidi_getty-560x373
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200318-00367330-footballc-socc続きを読む