海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ブレーメン

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/03/24(金) 05:05:07.65 ID:CAP_USER9.net
    鹿島アントラーズの日本代表DF昌子源(24)が、ブンデスリーガのブレーメンの今夏補強候補にリストアップされたことが23日、分かった。

    昨年12月のクラブW杯決勝で、レアル・マドリード(スペイン)FWロナルドと真っ向勝負を演じるなど、1対1の強さを高く評価。今月上旬に試合を視察した強化担当者が4月にも再来日してプレーを確認し、獲得オファーの最終決断をする意向だ。
    2017-03-24_10h56_53
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170324-01796696-nksports-socc
    日刊スポーツ 3/24(金) 5:00配信
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/09/24(土) 00:36:27.44 ID:CAP_USER9.net
    今夏の解任後、監督業からの引退を示唆していたが…
     
    昨季限りでマンチェスター・ユナイテッドを解任されたルイス・ファン・ハール監督が、ドイツで現場復帰する可能性が急浮上した。ドイツ地元紙「ハンブルガー・アーベントブラット」が報じている。

    レポートによると、先日ビクトル・スクリプニク前監督を更迭したブレーメンがバイエルン・ミュンヘンで指揮経験のあるファン・ハール氏に熱視線を送っているようだ。今後、交渉を行う可能性があるという。

    ファン・ハール氏は14年に3年契約でユナイテッドの新監督に就任。しかし、成績不振を理由に契約を1年残したまま今夏に解任されていた。その後、同氏は監督業からの引退を示唆していた。

    ブレーメンは現在、アレクサンダー・ヌーリ氏が暫定監督としてチームの指揮を取っているが、采配初戦となったマインツ戦は1-2で敗れた。4節を終えて全敗で最下位に沈んでいる。

    バルセロナやバイエルン、ユナイテッドなど名門クラブを渡り歩いた名将が、不振に喘ぐブレーメンで現場復帰を果たすのか。その動向に注目が集まりそうだ。

    Football ZONE web 9月23日(金)23時39分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160923-00010018-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/11/01(日) 01:26:55.68 ID:???*.net
    ブンデスリーガ第11節が31日に行われ、ブレーメンと日本代表MF香川真司の所属するドルトムントが対戦した。

    ドルトムントは、25日に行われた前節のアウクスブルク戦で5-1の勝利を収めると、その3日後に行われたDFBポカール2回戦のパーダーボルン戦では7-1で完勝。ここ2試合で12得点と、攻撃陣が勢いに載っている。今節は、ここまでわずか3勝で14位に沈むブレーメンとアウェーで対戦。パーダーボルン戦で公式戦通算6得点目を決めた香川は、リーグ戦11試合連続の先発出場で、2試合連続ゴールに期待がかかる。

    試合はドルトムントが先制に成功する。9分、イルカイ・ギュンドアンのスルーパスで、ヘンリク・ムヒタリアンがペナルティエリア内右に抜け出し、鋭い折り返しを供給。相手GKが弾くが、こぼれ球をファーサイドのマルコ・ロイスが流し込んでゴールネットを揺らした。ロイスはリーグ戦3試合連続ゴールで通算6得点目となった。

    香川は、26分に自陣エリア内右の深い位置まで戻り、相手選手の折り返しをブロックし、守備で貢献。すると30分には、ロイスのスルーパスに反応し、エリア内中央でシュートを放つが、相手選手にブロックされた。

    失点後、攻勢に出ていたホームのブレーメンは32分に追いつく。右サイドでのダイレクトプレーから、フィン・バルテルスがエリア内右に抜け出して、マイナスの折り返しを入れる。フロリアン・グリリッチュがダイレクトでシュートを放つが、ゴールライン上にカバーへ入ったマティアス・ギンターにブロックされる
    。だが、このこぼれ球をアンソニー・ウジャーが押し込み、同点ゴールを挙げた。

    しかし44分、FKの流れから、左サイドにいたマッツ・フンメルスが右足のアウトサイドでクロスを入れると、ファーサイドのムヒタリアンがダイビングヘッドでゴールネットを揺らした。ドルトムントが再びリードを獲得し、前半を折り返す。

    後半に入ってドルトムントは、ピエール・エメリク・オーバメヤンがフリーでのチャンスを2度外してしまうものの、ロイスのゴールで嫌な流れを断ち切る。72分、ムヒタリアンのスルーパスでエリア内右に抜け出したロイスが、落ち着いてGKとの1対1を沈めて、リードを2点に広げた。

    ドルトムントは76分、パク・チュホとロシスを下げて、マルセル・シュメルツァーとゴンサロ・カストロをピッチに送り出した。84分には主審が負傷した模様で、第4審判と変わるアクシデントも発生。ドルトムントはその間に、ギュンドアンを下げて、ウカシュ・ピシュチェクを投入した。

    試合はこのまま終了し、ドルトムントが敵地で3-1の勝利を収めた。これでリーグ戦3連勝。公式戦では4試合連続で3点以上を奪う結果となった。なお、香川はフル出場を果たしている。
     
    ブレーメンは次節、11月8日にアウェーでアウクスブルクと対戦。ドルトムントは、5日に行われるヨーロッパリーグ・グループステージ第4節のガバラ戦をはさんで、8日にリーグ第12節で、DF内田篤人が所属するシャルケとの“ルール・ダービー”に臨む。

    【スコア】
    ブレーメン 1-3 ドルトムント

    【得点者】
    0-1 9分 マルコ・ロイス(ドルトムント)
    1-1 32分 アンソニー・ウジャー(ブレーメン)
    1-2 44分 ヘンリク・ムヒタリアン(ドルトムント)
    1-3 72分 マルコ・ロイス(ドルトムント)
    2015-11-01_02h10_22
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151101-00365412-soccerk-socc
    SOCCER KING 11月1日(日)1時24分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151101-00365412-soccerk-socc.view-000
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1446308815/

     
    続きを読む

    CSka9WlWEAEIgyh



    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 00:25:58.46 ID:???*.net
    【スコア】
    ハノーファー 1-0 ブレーメン

    【得点者】
    1-0 55分 サリフ・サネ(ハノーファー)

    http://liveticker.bundesliga.com/jp/co12/#,ma2415997

    ブンデスリーガは3日、第8節2日目を行い、MF清武弘嗣とDF酒井宏樹の所属するハノーファーはホームでブレーメンと対戦し、1-0で競り勝った。トップ下で先発した清武は後半10分にCKから決勝点をアシスト。後半40分までプレーし、今季初勝利に貢献した。右太腿裏痛の酒井は2試合連続で欠場している。

    ハノーファーは前半20分、清武の右FKにMFサリフ・サネが頭で合わせるが、ゴール左へ。10番を背負う清武が精度の高いキックでセットプレーからチャンスを演出すると、スコアレスで折り返した後半10分、清武の右CKからサネが高い打点のヘディングシュートを叩き込み、先制点を奪った。

    清武の2試合ぶり今季2アシスト目でリードを奪うと、その後はブレーメンの反撃に遭ったが、GKロン・ロバート・ツィーラーが好セーブを連発。ブレーメンは後半28分、DFサンティアゴ・ガルシアの左クロスにMFマキシミリアン・エッゲシュタインが頭で合わせたが、ツィーラーがビッグセーブを見せ、ゴールを死守した。

    清武は後半40分にベンチへ下がったが、チームは最後まで集中力を切らさず、1-0で逃げ切り勝ち。開幕7戦未勝利(2分5敗)で最下位に沈んでいたハノーファーだが、8戦目にして待望の今季初勝利を挙げ、最下位からも脱出している。
    2015-10-04_00h37_35
    ゲキサカ 10月4日(日)0時22分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151004-01164912-gekisaka-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1443885958/

     
    続きを読む


    2015-05-24_00h47_24
    1: casillas ★@\(^o^)/ 2015/05/24(日) 00:25:40.02 ID:???*.net
    [5.23 ブンデスリーガ第34節 ドルトムント3-2ブレーメン]

    ブンデスリーガは23日、第34節を行い、MF香川真司の所属するドルトムントはホームでブレーメンと対戦し、3-2で勝った。今季限りで退団するユルゲン・クロップ監督のホーム最終戦となったリーグ最終節。トップ下で先発した香川は1ゴール2アシストを記録し、後半36分までプレー。恩師のホームラストゲームで勝利に大きく貢献した。

    前半15分、相手のパスミスをカットしたMFイルカイ・ギュンドガンからパスを受けた香川が左足でゴールに流し込み、先制点。香川の4試合ぶり今季5ゴール目でリードを奪うと、直後の17分にはFWピエール・エメリク・オーバメヤンが香川とのワンツーからゴール前に抜け出し、右足で追加点を奪った。

    香川の1ゴール1アシストで2-0とリードを広げたドルトムント。前半26分に1点を返されたが、同42分、カウンターからハーフウェーライン手前でボールを受けた香川が前線へピンポイントのロングフィードを送ると、MFヘンリク・ムヒタリアンが正確なトラップから右足ループシュートでGKの頭上を抜き、3-1と突き放した。

    今季リーグ戦通算5ゴール6アシストとした香川は後半36分に交代。チームは同40分に2失点目を喫したが、そのまま3-2で逃げ切り、ホーム最終戦を勝利で飾るとともに、7位で今季リーグ最終戦を終えた。

    30日に行われるDFBポカール(ドイツ国内杯)決勝では、クロップ監督にとって有終の美となるタイトル獲得を懸け、ボルフスブルクと対戦する。ドルトムントはポカールに優勝すれば、来季のELにグループリーグから出場。たとえ敗れても、ボルフスブルクがブンデスリーガで2位となったため、リーグ7位のドルトムントにEL予選3回戦からの出場権が与えられることになる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150524-00585850-gekisaka-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1432394740/

     
    続きを読む

    2015-05-23_21h33_43

    前半15分 香川が先制ゴール!


    前半17分 香川のアシストからオーバメヤンがゴール!!

    【速報】(前半途中)
    ブンデスリーガ最終節
    ドルトムント2-0ブレーメン
    得点者
    15分香川(ドルトムント)
    17分オーバメヤン(ドルトムント)


    続きを読む

    2015-05-23_21h33_43

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ