海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ブレーメン

    2019-02-18_09h30_33

    1: 幻の右 ★ 2019/02/17(日) 19:35:17.36
    日本代表FW大迫勇也が所属するブレーメンの元ペルー代表FWクラウディオ・ピサロ(40)は、16日のヘルタ戦でブンデスリーガ史上最年長得点を達成したと、17日付の独紙ビルトが報じた。

    ピサロは後半16分から途中出場すると、0-1のロスタイムにFKを直接狙うと、壁に当たりながらもゴールに吸い込まれ、起死回生の同点弾となった。40歳136日での得点は、ブンデスリーガ最年長得点となった。

    試合後に「自分のことを誇りに思うよ。この記録が破られないことを祈るよ」と喜んだ。DFラングカンプは「ピサロによるおとぎ話だよ。将来子どもたちに語って聞かせたいね」と偉業をたたえた。

    2/17(日) 19:24
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190217-70000918-nksports-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/02/11(月) 12:01:14.73
    ブレーメンに所属する日本代表FW大迫勇也は、現地時間10日に行われたブンデスリーガ第21節のアウクスブルク戦(4-0)はベンチ外となった。ドイツ紙『ビルト』は、大迫が背中に問題を抱えながらアジアカップ2019からクラブに戻ってきたと伝えている。

    アジアカップ2019に日本代表として参加した大迫。大会前にはコンディションが不安視されていたが、4試合に出場して4ゴールを記録。サムライブルーのエースとして、準優勝に大きく貢献した。

    大会終了後、所属クラブであるブレーメンに戻った大迫。しかしアウクスブルク戦ではベンチ外に。『ビルト』によると、背中に問題を抱えているという。同メディアは「コーフェルトがJFA(日本サッカー協会)に怒り」と題し、ブレーメンのフロリアン・コーフェルト監督のコメントを伝えている。

    「プレーできない状態で戻ってきたことには、かなりの驚きを覚えている。これに関しては、これから数週間話し合いたいね」

    また、大迫がアジアカップの準決勝、そして決勝戦に出場したことについて「その試合を欠場するか、それともそっちでもここでもプレーするのかの二択しかないはずだ!」と納得がいかないようだ。

    2/11(月) 8:55配信 GOAL
    2019-02-11_13h16_34
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00010013-goal-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/06(木) 09:09:17.18 _USER9
    日本代表FW大迫勇也が所属するブレーメンが、シント・トロイデンに所属する同代表DF冨安健洋の獲得に動いていると、ドイツ紙『ビルト』が報じた。ドイツ誌『kicker』日本語版が伝えている。

    ブレーメンはすでに移籍金600万ユーロ(約7億7000万円)を提示したようだが、シント・トロイデンはそのオファーを拒否した模様。

    『ビルト』紙は、シント・トロイデン側が同選手を夏までは保持する考えであること、他クラブからの関心も寄せられていること、そして最低でも1000万ユーロ(約12億8000万円)を求めていることなどを理由に挙げている。

    ブレーメンは今夏、U-21スウェーデン代表DFフェリックス・ベイモを350万ユーロ(約4億5000万円)で獲得していることからも、冨安の移籍に関しては金額面が大きな障害となりそうだ。

    現在20歳の冨安は2018年1月にシント・トロイデンに加入し、契約は2021年まで。

    今シーズンのジュピラー・プロ・リーグでは、これまで全17試合出場で1ゴールを記録し、日本代表でも2試合に出場している。

    『ビルト』紙は「若くて188センチと高さがあり、フィジカルの強さと走力にも長けており、加えてビルドアップにもいいものがある」と評価している。

    なお、ブレーメンのセンターバック事情は、23歳のセルビア代表DFミロシュ・ヴェリコヴィッチがレギュラーの座をつかんでいるが、相棒とバックアップは33歳のフィンランド人DFニクラス・モイサンデルと30歳のドイツ人DFセバスティアン・ラングカンプとどちらもベテラン。

    U-21オーストリア代表DFマルコ・フリードルも控えているが、バイエルンから今シーズン限りでのレンタル加入のため、若返りを進めたいところだ。
    2018-12-06_12h03_50
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00873409-soccerk-socc
    12/6(木) 8:31配信

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/02(日) 15:36:03.79 _USER9
    バイエルン戦に3試合ぶり先発の大迫がゴール、今季3得点目にファンから称賛
     
    ドイツ1部ブレーメンに所属する日本代表FW大迫勇也が、現地時間1日のリーグ第13節バイエルン戦に先発出場し、ヘディングで今季3ゴール目を決めた。一度同点に追いつきながらも1-2で敗れたが、大迫の一撃に「ヘディングモンスター」「100点」「素晴らしい」とファンから賛辞が送られている。

    【関連動画】「ヘディングモンスター」「100点」とファン賛辞! ブレーメンの日本代表FW大迫勇也、強豪バイエルン戦でGKノイアーの牙城を破り今季3得点目
    https://www.youtube.com/watch?v=9O-Pfu2XYwM


     
    3試合ぶりに先発出場した大迫は左ウイングで出場。前半20分にバイエルンのドイツ代表MFセルジュ・ニャブリに先制ゴールを決められたなか、0-1で迎えた前半33分に大迫が本拠地で輝きを放つ。

    敵陣左サイドでパスを受けた元ドイツ代表FWマックス・クルーゼは鋭い切り返しから右足でクロスを送る。中央に走りこんでいた大迫は、ドイツ代表DFニクラス・ズーレの背後を巧みに突くと、カバーに入ったドイツ代表DFジェローム・ボアテングより先に触ってヘディングシュート。相手のドイツ代表GKノイアーが前に出てシュートコースを限定し、体にボールを当てたものの、そのままゴールに吸い込まれた。

    今季3ゴール目を決めた大迫は歓喜の咆哮を上げながらガッツポーズを披露。チームメイトも祝福に駆け寄り、ホームスタジアムのヴェーザーは熱気に包まれた。試合は後半5分に再びニャブリに決められて1-2と敗れたが、大迫の働きはファンから称賛されている。

    チームの出来に落胆の声も… 日本人FWはポジティブ評価「100点」「オオサコは良かった」

    ブレーメンが公式ツイッターやインスタグラムで大迫のゴール速報や試合結果を伝えると、海外ファンが反応。敗れただけにチームの出来に対する厳しい声も多く、「前半は良かったが……」と後半の内容に落胆の声も上がっている。

    その一方で、日本人FWのゴールを称えるコメントも並び、高い打点の一撃を「ヘディングモンスター」と評すれば、「100点」「オオサコは良かった」などポジティブな意見も見られた。

    バイエルン戦の“日本人弾”は、2015年3月7日(1-3敗戦)にハノーファー時代のMF清武弘嗣(現セレッソ大阪)が決めて以来、約3年9カ月ぶり。リーグ6連覇中の強豪から第9節レバークーゼン戦(2-6)以来のゴールを叩き込んだ大迫のさらなる活躍に期待が懸かる。

    12/2(日) 15:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181202-00151540-soccermzw-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2018/12/02(日) 01:44:04.20 _USER9
    ブンデスリーガ第13節が12月1日に行われ、バイエルンが日本代表FW大迫勇也所属のブレーメンを2-1で下した。

    試合は20分にセルジュ・ニャブリのゴールでバイエルンが先制。ブレーメンは33分に大迫のゴールで追い付いたが、後半立ち上がりの50分にニャブリがこの日2点目を挙げてバイエルンが勝ち越した。その後はブレーメンが同点を目指したがスコアは変わらず、このまま2-1でタイムアップを迎えた。

    次節、ブレーメンはMF宇佐美貴史所属のデュッセルドルフと、バイエルンはFW久保裕也所属のニュルンベルクと、それぞれホームで対戦する。

    【スコア】
    ブレーメン 1-2 バイエルン

    【得点者】
    0-1 20分 セルジュ・ニャブリ(バイエルン)
    1-1 33分 大迫勇也(ブレーメン)
    1-2 50分 セルジュ・ニャブリ(バイエルン)

    【スターティングメンバー】
    ブレーメン(4-1-4-1)
    パブレンカ;ゲブレ・セラシェ、ヴェリコヴィッチ(63分 ラングカンプ)、モイサンデル、アウグスティンソン;シャヒン(76分 ピサーロ);J・エッゲシュタイン(66分 ムーヴァルト)、M・エッゲシュタイン、クラーセン、大迫勇也;クルーゼ

    バイエルン(4-4-1-1)
    ノイアー;ラフィーニャ、ズーレ、ボアテング、アラバ;ニャブリ(80分 チアゴ)、キミッヒ、ゴレツカ、リベリー(38分 コマン);ミュラー(90+1分 ハビ・マルティネス);レヴァンドフスキ
    2018-12-02_08h52_17
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181202-00871281-soccerk-socc

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/30(日) 09:22:08.61 ID:CAP_USER9.net
    現地時間29日にブンデスリーガ第6節の試合が行われ、ブレーメンはシュトゥットガルトのホームに乗り込んで対戦し1-2の敗戦を喫した。この試合で、先発出場を果たした大迫勇也は何度もチャンスを演出。独紙はチーム最高評価を与えている。

    試合開始して3分、フリーキックに大迫がヘディングで合わせるも、シュートは惜しくもゴール左に外れる。続く5分にも大迫がクロスに合わせたがゴールは決まらず。

    0-1で迎えた58分には、大迫が絶妙なトラップからマキシミリアン・エッゲシュタインにラストパス。決定的な場面を迎えたが、シュートはポストに弾かれ同点ゴールとはならなかった。その後、相手のオウンゴールによって一時同点に追いつくも、再び勝ち越されブレーメンは1-2の敗戦を喫している。

    試合後、ブレーメンの地元紙『クライスツァイトゥング』は選手の寸評及び評価点を掲載し、先発出場を果たした大迫に対し「初めの9分間で3回シュート。その後、何度もチャンスを演出した。スマートな動きで驚くべき活躍。大迫は良い試合をした」と、得点は挙げる事は出来なかったもののチーム最高評価となる「2.5」の高評価を付けた。(ドイツメディアの採点は「6」が最低、「1」が最高)

    9/30(日) 1:20配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180930-00291174-footballc-socc

    写真
    osako_getty-1-560x373
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/30(日) 01:15:57.46 ID:CAP_USER9.net
    ◆ドイツ1部・第6節 シュトゥットガルト2―1ブレーメン(29日)

    日本代表FW大迫勇也のブレーメンは29日、敵地でシュトゥットガルトと対戦し、1―2で敗れた。大迫は2トップの右で先発出場。開始直後から積極的なプレーを見せ、前半9分には左クロスに合わせるも相手GKの好セーブに阻まれた。その後もゴールに迫るプレーを見せたが得点はなく、後半35分で途中交代した。

    3連勝を目指すブレーメンは0―1の前半36分、DFベリコビッチがこの日2枚目のイエローカードで退場。数的不利に立たされた。だが、1点を追う後半23分、シュトゥットガルトの選手が味方陣内からのスローインでGKに向けて投げ入れたところ、少し前目に位置していたGKの反応が一瞬遅れた。

    GKは自分の横をすり抜けてゴールに向かっていくボールに、あわてて足を伸ばして触れたが、止められずそのままゴールへ。衝撃のオウンゴールに、スタンドは騒然。シュトゥットガルトの選手は天を仰ぎ、主審も思わず首をかしげて複雑な表情をしていた。

    このゴールで一時同点となったブレーメンだが、7分後に勝ち越し点を奪われ、1―2で今季初黒星を喫した。

    9/30(日) 1:07配信 スポーツ報知
    2018-09-30_08h42_26
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180930-00000041-sph-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/01(土) 23:27:57.24 ID:CAP_USER9.net
    正確なクロスで最初の決定機も演出!

    9月1日、ブンデスリーガ第2節が行なわれ、ブレーメンはフランクフルトとアウェーで対戦。21分に大迫勇也が今シーズン初ゴールで、チームに先制点をもたらしている。
     
    M・エッゲシュタインの縦パスでDFラインの裏に抜け出した大迫は、落ち着いてシュート。前日の移籍市場最終日にパリ・サンジェルマンから加入したばかりのGKトラップの股間を抜いて、ゴールネットを揺らした。
     
    ところが、副審はフラッグを上げてオフサイドをアピール。大迫もこの判定に落胆するが、主審がVARで確認した結果、ゴールが認められ、改めて大迫は喜びを爆発させた。
     
    リーグ2戦目で初ゴールを記録した大迫は、この試合では前線の左サイドに張り、立ち上がりから精力的に攻守で走り回っている。またチャンスにも絡み、16分、クルゼの決定的なヘディングシュートを引き出したのは、大迫の正確なクロスだった。
     
    大迫はその後、30分にもハルニクのラストパスを受けて惜しい場面を迎えている。
     
    試合は32分、フランクフルトのヴィレムスがゲブレ・セラシェに手を出して一発退場。ホームチームが数的不利を負うこととなった。なお、体調不良により前節でメンバーから外れた長谷部誠は、練習には復帰していたものの、今節もベンチ外となっている。

    9/1(土) 23:17配信  サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180901-00046637-sdigestw-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/08/26(日) 00:30:51.11 ID:CAP_USER9.net
    ブンデスリーガ第1節が25日に行われ、ブレーメンとハノーファーが対戦した。

    今夏、移籍した日本人3選手が在籍する両チーム。全員が先発としてピッチに立つ期待が寄せられたが、原口元気はベンチスタートとなった。ブレーメンFW大迫勇也は右ウィング、ハノーファーFW浅野拓磨はツートップの一角として先発している。

    序盤はブレーメンがボールを支配。左右に散らしながら、ゴールへと迫り、大迫も右サイドからアクセントを加える。一方のハノーファーはカウンターから好機を作ろうと試みるが、距離が長く、ゴールまでなかなかたどり着かない。

    前半はともにビッグチャンスを作るには至らず、スコアレスで折り返す。

    後半開始早々、ブレーメンは中央で浮き玉をつなぎ、最後はダフィ・クラーセンからルドウィグ・アウグスティンソンがボレー。しかし、シュートは惜しくもゴール右へ逸れ、先制点とはならず。

    直後、エースのマックス・クルーゼが足を引きずるようにして途中交代。大迫が右から中央へとポジションを移す。56分にはクラーセンがヘディングでフリックしたところを、大迫が抜け出して左足でシュート。うまくミートせず、ボールはゴール右へと外れていった。

    劣勢のハノーファーは10番の原口を投入。左サイドのアタッカーに入った。

    逆にブレーメンは、39歳の重鎮クラウディオ・ピサーロを投入し、勝負を決めにかかる。

    ハノーファーは原口、ブレーメンは大迫を中心に攻撃が回り始めるが、最後のパスやトラップが決まらず、決定的なシュートチャンスには結びつかない。そんな中、どちらに転ぶかわからない試合を動かしたのはハノーファー。77分、浅野と交代で入ったヘンドリク・ヴァインダントが浮き球のパスに抜け出すと、ワントラップから冷静に流し込み、ついに試合が動く。

    それでも諦めないブレーメン。左サイドのクロスにピサーロが飛び込むと、そのまま流れたボールをゲブレ・セラシエが頭で押し込み、終盤で試合を振り出しに戻す。

    試合は結局そのまま終了。1-1のドローに終わっている。

    ■試合結果

    ブレーメン 1-1 ハノーファー

    ■得点者

    ブレーメン:ゲブレ・セラシエ(85分)

    ハノーファー:ヴァインダント(77分)

    8/26(日) 0:21配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180826-00000027-goal-socc

    写真

    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/08/24(金) 15:00:05.14 ID:CAP_USER9.net
    サッカーのドイツ1部リーグで18日、ブレーメンの大迫勇也が移籍後初の公式戦となったドイツ・カップ1回戦でいきなりヘディングシュートを決めた。地元紙は、先のワールドカップ(W杯)ロシア大会の活躍で流行した「大迫半端ないって」のフレーズとともに、28歳の日本代表FWのデビューを好意的に伝えた。
     
    ブレーメンの地元紙「クライスツァイトゥング」は、低迷したケルンから移籍した大迫を「小さな怪物」と見出しで紹介し、ヘディングの強さを称賛。182センチの身長はドイツでは選手の平均を下回るものの、新天地加入後はプレシーズンマッチを含めて頭で得点する場面が続いており、コーフェルト監督らを驚かせている。
     
    大迫が高校時代に全国選手権で大活躍し、対戦した選手が「大迫半端ないって」と嘆いたエピソードも紹介。この言葉と、相手選手の悔し泣きする顔がTシャツにプリントされ、いまだに売れていることも詳報した。ドイツでグッズ販売するアイデアも冗談交じりに提案している。
     
    24日に開幕する新シーズンで持ち味を発揮し続ければ、ドイツでも「半端ない」に当たる声が聞こえてくるかもしれない。(ベルリン時事)(2018/08/23-09:12)
    2018-08-24_18h17_36
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2018082300271&g=scr
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ