海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ブンデスリーガ

    1:Egg ★:2018/03/10(土) 23:46:00.01 ID:CAP_USER9.net
    あまりにも強すぎる。ブンデスリーガ第25節終了時点で、バイエルンが2位のシャルケに勝ち点20差をつけて首位を独走しているのだ。

    最後に負けたのは第13節(対ボルシアMG)で、それ以降は11勝1分けと非の打ちどころがない。

    最短では第27節終了時点で、絶対王者によるリーグ6連覇が確定する。リーグ戦における最大の関心事であるはずの優勝争いは、今シーズンもドイツには事実上存在しなかった。

    バイエルンの1強支配が長引き、ブンデスリーガの魅力が薄まっているのは否定しようがない事実だ。

    スポーツTVチャンネル『Sport1』のセバスティアン・ミッターク記者は「バイエルンの支配によって生み出された“退屈”が、人々のリーグへの関心を低下させている」と嘆く。バイエルンのホームタウン、ミュンヘンの『Abendzeitung』紙でさえ「ブンデスリーガは、もはやエキサイティングなプロダクトではない」と言い切るほどだ。

    熱狂で包まれていたスタジアムに空席が。

    昨シーズンよりリーグ全体の平均観客動員数が増えているからと言って、ファンの絶対数が増えているとも限らない。なにしろ今季の昇格クラブはホームスタジアムの規模が大きいシュツットガルトとハノーファーなのだから。むしろ空席が目に付く試合も散見されるし、ファン離れが危惧されている状況だ。

    ボルシアMGの主将を務めるラース・シュティンドルは『WELT』紙のインタビューにこう答えている。

    「ヴォルフスブルクとのニーダーザクセン州ダービーで、ハノーファーのスタジアムに空席が目立ったのには驚いたよ。理由は分からない。キックオフが日曜の夜だったからかもしれない。でも、僕はハノーファーの人々がどれだけスポーツに熱狂的か知っている。リーグが誤った方向に向かわないように注意しなければいけないよ」

    リーグ全体の競争力も、一時期の“バブル”がはじけた印象が強い。今季のチャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)に参加したドイツの7チームで、グループステージを突破したのはバイエルンのみ。

    ドルトムントとRBライプツィヒがCL敗退後に参戦したELで16強まで勝ち上がっているのがせめてもの救いだが、他の4チームは欧州の舞台から早々と姿を消している。当然、バイエルン以外が不甲斐ないという見方もある。

    つづく

    3/10(土) 11:31配信 Number
    2018-03-11_00h09_53
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180310-00830143-number-socc
    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/02/20(火) 22:20:30.04 ID:CAP_USER9.net
    元ドイツ代表MFミヒャエル・バラック氏がドイツ誌『kicker』に対し、チャンピオンズリーグ(CL)での戦いを通して、ブンデスリーガとプレミアリーグの間にレベルの差があることを痛感していると語った。

    今シーズンのCL本戦には、ブンデスリーガからはバイエルン、ライプツィヒ、ドルトムント、プレミアリーグからはマンチェスター・U、チェルシー、リヴァプール、マンチェスター・C、トッテナムが出場。イングランド勢は好調を維持し、全5クラブが決勝トーナメントに駒を進めたのに対し、ドイツ勢はMF香川真司の所属するドルトムント、そしてライプツィヒもグループステージで姿を消し、決勝トーナメントに進出したのはバイエルンのみとなった。

    バラック氏は現役時代に、カイザースラウテルン、レヴァークーゼン、バイエルンなどのブンデスリーガクラブ以外に、チェルシーでプレーした経験を持つが、当時から両リーグの間のレベルの差を感じていたという。

    2010-11シーズン、2011-12シーズンにはドルトムントがリーグ連覇を達成し、“バイエルン一強”の時代が終わりつつあると見られていたが、その後はバイエルンが5連覇を達成。今シーズンのブンデスリーガでも2位ドルトムントと勝ち点19差で、首位を快走しており、再び差が開いていると感じているようだ。

    「ブンデスリーガではバイエルンに注目しているよ。その他のチームとの間にはやはり差がある。数年前にはドルトムントのようなチームが、その差を埋めるのではと感じていたが、また差が開いてしまったように思う」

    「プレミアリーグは色んな物事を考えるうえで、指標になる存在。両リーグの間のクオリティに大きな差がある」

    さらにバラック氏は近年の育成環境において、個々の選手のデータが重視されすぎる傾向にあることも指摘した。

    「最近は全てデータ化されている。スピード、睡眠時間、食生活、カラダの反応…全てが数字化され過ぎている。選手本人にはどうしようもできないことも多いのに、全てはこのデータによって判断される。ちょっと狂気じみていると感じているよ」

    また、同氏はコーチ陣についても言及。「指導者側もよく勉強し、モチベーション高く取り組んでいる人ばかりだが、トップレベルで仕事をした経験がない人が多いのも事実。つまり、ユース年代にとっては、トップレベルでプレーした元選手に何かを教わることがすごく重要になると思う。僕も役に立ちたい」と続け、指導者への夢も口にした。
    2018-02-20_22h58_56
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180220-00717848-soccerk-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2017/12/25(月) 01:19:32.12 ID:CAP_USER9.net
    12/24(日) 23:13配信
    ドルトムントは8万人超え…ブンデス18クラブの前半戦平均観客動員数ランク

    ブンデスリーガのクラブにおいて、MF香川真司が所属するドルトムント以上に集客率を誇るクラブは存在しない。それは誰もが知るところであろうが、しかしそれに続くクラブとは? ドイツ誌『kicker』日本語版は24日、今シーズンの前半戦の平均観客動員数を伝えた。

    今シーズンは典型的な降格クラブが存在しないと言われたブンデスリーガ。では、集客数のランキングはどうだろうか? 今シーズン前半戦の平均観客動員数を、昨シーズンの動員数と比較しながらチェックしていこう。

    ■ブンデスリーガ前半戦の平均観客動員数(カッコ内は昨年の数字)

    18位:フライブルク……2万3833人(↓/2万3924)

    17位:ヴォルフスブルク……2万5267人(↓/2万6386人)

    16位:アウグスブルク……2万7239人(↑/2万6112人)

    15位:マインツ……2万8088人(↑/2万7564人)

    14位:レヴァークーゼン……2万8287人(↓/2万8322人)

    13位:ホッフェンハイム……2万9272人(↑/2万5923人)

    12位:ライプツィヒ……3万9318人(↓/3万9907人)

    11位:ブレーメン……4万1125人(↑/3万9562人)

    10位:ハノーファー……4万3825人(↑/3万5971人)

    9位:ヘルタ・ベルリン……4万6327人(↓/4万7384人)

    8位:ケルン……4万7612人(↓/4万9001人)

    7位:フランクフルト……4万9887人(↑/4万8940人)

    6位:ハンブルガーSV……5万212人(↓/5万2320人)

    5位:ボルシアMG……5万1690人(↑/5万1169人)

    4位:シュトゥットガルト……5万6113人(↑/4万9499人)

    3位:シャルケ……6万1052人(↑/6万502人)

    2位:バイエルン……7万5000人(↓/7万5024人)

    1位:ドルトムント……8万877人(↑/7万9207人)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171224-00689156-soccerk-socc

    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/19(火) 06:50:29.73 ID:CAP_USER9.net
    ブンデスリーガ2017~18シーズンは前半戦が終了した。日本人選手たちの活躍ぶりはといえば、あまりパッとしなかったと言わざるを得ない。

    ここまで17試合。5点以上得点した選手もいなければ、全試合にフル出場した選手もいない。ハードルを上げすぎだと言われるかもしれないが、以前の活躍ぶりを考えると、どうしても常に右肩あがりの活躍を期待するのも致し方のないことではないだろうか。今季前半、ブンデス1部で試合出場のあった9人について、現地での取材をもとに採点してみた(採点は標準が6とする)。

    香川真司(ドルトムント)【6.5】

    ドルトムントは3位で前半戦を折り返し、日本人所属クラブでは最上位となった。香川自身は左肩脱臼の影響により出遅れ、ペーター・ボス前監督の構想にも一番手としては入っていなかった。さらに9月、10月の日本代表戦でも活躍できず、11月にはついに代表落ち。ドルトムントでは次第に出番が増えていったものの、チームは3部チーム相手のドイツ杯を除くと2カ月にわたって勝利なしと、苦しすぎる前半戦を送った。

    それでも好印象が残るのは、ペーター・シュテーガー新監督が就任してからの直近2試合にフル出場。しかも全ての得点に絡む活躍を見せたことによる。4-3-3の中盤で起用されながら、以前のようにポジショニングにとらわれすぎることもなくなったのは不思議でさえある。

    明らかにゴール前に入り込む回数やタッチ数は増え、マンチェスター・ユナイテッドからの復帰以降では、現在が一番いい状態かもしれない。「チームを変える。そういう立場だと自覚している」と、頼もしいコメントも出てくるようになった。3月の代表戦で、この状態のよさを発揮できるチャンスは訪れるか。


    長谷部誠(フランクフルト)【6】

    フランクフルトは8位で前半戦を終えた。長谷部はリーグ戦17試合中9試合にフル出場、1試合は60分からの途中出場だった。ニコ・コバチ監督の絶対的な信頼のもと、キャプテンシーを発揮。リベロからボランチまでこなす使い勝手のよさも抜群で、時間とともに安定感が増している。

    それでも出場時間が伸びないのは、ひとえに古傷の右膝の状態がよくないからだ。「膝が悪いから出ない」というアナウンスこそないが、「膝の状態は僕も聞かないと(日によって調子が)わからない」「(ケガと)付き合っていくしかない」などというコメントから総合的に判断すると、欠場の全ての原因が膝にあると類推できる。

    来年夏に切れるクラブとの契約延長の話がないのも「膝があるから」と本人が言っている。来年のW杯でも、短期間のうちに行なわれる3試合でパフォーマンスを発揮し切れるのか、気がかりだ。

    >>2以降につづく

    12/18(月) 18:21配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171218-00010005-sportiva-socc
    続きを読む

    1:数の子 ★:2017/12/08(金) 13:07:04.76 ID:CAP_USER9.net
    12/8(金) 8:11配信 フットボールチャンネル

    現地時間7日にヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第6節の試合が行われ、日本代表FW大迫勇也が所属するケルンはレッドスター・ベオグラードと対戦し0-1の敗戦を喫した。この結果、ケルンも決勝トーナメント進出を逃しELグループステージを戦ったブンデスリーガ勢は全滅している。

    最終的にケルンはグループ3位、ホッフェンハイムとヘルタ・ベルリンはグループ最下位で大会を去ることになった。一方で、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント進出を果たしたのはバイエルン・ミュンヘンのみ。ライプツィヒとドルトムントはグループ3位に終わり、EL決勝トーナメントにまわることになった。
    bai_getty-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171208-00245459-footballc-socc
    続きを読む

    1:shake it off ★:2017/11/06(月) 20:56:03.04 ID:CAP_USER9.net
    10月28日に行われたブンデスリーガ第10節のシャルケ対ヴォルフスブルク戦がドイツ国内で話題を集めている。ドイツ紙『ビルト』の日曜版によれば、同試合でビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の不自然な介入があり、結果が”操作”されたのではないかという疑惑が浮上しているのだ。

    問題とされたのは、42分にシャルケがPKを獲得した場面。ピッチ上にいた主審はファウルを取らずにプレーを流したが、直後にシグナルが送られた。
    しかし、このシグナルは通常のVAR担当者ではなく、判定を管理するはずのヘルムート・クルーク氏による直接介入だったと『ビルト』は伝えている。さらに不自然なのは、該当の場面を確認しようとした主審は映像の視聴をしなかったということだ。

    そして85分には、シャルケのゴール前でU-21ドイツ代表DFティロ・ケーラーのハンドが見逃された。試合後、同選手が「PKを与えても良い場面だった」と認めるような“明らかなハンド”であり、VARの介入がなかったことが不自然だと指摘されている。シャルケのマネージャーを務めるクリスティアン・ハイデル氏も「残念ながら、あれは明らかなPKだったと認めないといけない。でも、他の試合では我々にとっても不利になる判定があった。それも言っておかなければならないね」と話している。

    イタリアなどの他国では、スタジアムの駐車場にビデオ設備が整えられた大型車の中でビデオ判定が行われる。だがドイツでは、ケルンにビデオ判定用の設備を備え、全試合を統括している。同システムの導入を主導したのが、VARの統括であるクルーク氏なのだ。最終決定権をピッチ上の主審ではなくVARが握るように設計し、連盟内におけるVAR部門の影響力を大きくしようとしていたのではないか、というインサイダーの話も報じられている。

    ゲルゼンキルヒェン出身のクルーク氏が(地元である)シャルケに優位になるように働きかけた、というのはあまりにも出来過ぎなストーリーであり、勘ぐり過ぎと言えるだろう。だが、混乱の背景が不透明なことが、疑惑浮上の一因になっていることは事実だ。現場の監督たちや各クラブの責任者たちからも「使用の基準が分からない」と不満が出ている。

    国際Aマッチウイーク突入により、ブンデスリーガは中断期間に入った。再開までの2週間で、ドイツサッカー連盟による明確な改善が求められている。
    2017-11-06_22h04_29
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171106-00665408-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/11/03(金) 15:21:43.30 ID:CAP_USER9.net
    ドイツサッカー連盟(DFB)は、ブンデスリーガにテスト導入されて約2か月が経過したビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)は、ピッチにいる審判に明確な誤りがなかったケースでも試合に介入するべきだと結論づけた。

    2日に独誌キッカー(Kicker)に記載された10月25日付の声明でDFBは「複雑な状況においては、審判の判定に『明確な誤り』と断定できない場合でも、ビデオ・アシスタントが判定の有効性に強い疑いを持った場合、ビデオ・アシスタントは直ちに審判にそのことを報告しなければならない」と結論づけたという。

    こういった場合、ピッチ上の審判は判定の有効性を検証するために映像を確認することになるが、当初は判定に「明確な誤り」がある場合にのみVARは試合に介入することになっていた。

    キッカー誌はこの変更について「主観的影響された解釈に対してドアを開けることになり、ビデオによるチェックが頻発することになる」と批判している。

    同誌はまた、10月28日の試合でバイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)の勝利に大きく影響したRBライプツィヒ(RB Leipzig)の主将ビリ・オルバン(Willi Orban)の退場処分は、VARの主導により決定されたと伝えている。
    2017-11-03_17h59_25
    11/3(金) 13:28配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171103-00000021-jij_afp-socc
    続きを読む

    1:数の子 ★:2017/10/05(木) 00:06:36.65 ID:CAP_USER9.net
    近年のブンデスリーガは次々と優秀なタレントを生み出し、欧州の舞台で結果を残していた。しかし、今季はどうだろうか。チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグで結果が出ない。

    バイエルンは大型補強をおこなったパリ・サンジェルマンに0-3と完敗を喫し、ドルトムントもレアル・マドリード、トッテナム相手に連敗。ヨーロッパリーグでは絶不調のケルンがレッドスターにも敗れ、ヘルタ・ベルリンはエステルスンドFKに敗れた。ホッフェンハイムもルドゴレツに敗れており、ここまでブンデスリーガ勢の成績は散々なものとなっている。

    独『Bild』によると、ジョゼップ・グアルディオラ政権時にバイエルンのSDを務めたマティアス・ザマーはクオリティを欠いていると結果に落胆している。ブンデスリーガはあまり補強に莫大な資金を投じようとせず、近年高騰する移籍金について批判を展開してきた。しかしザマーはそうした経済的な部分を言い訳にすることはできないと考えているようで、パフォーマンスが悪いと現状を嘆いている。

    「我々ブンデスリーガのクラブはヨーロッパリーグで経済面で劣っている相手にまで敗れた。残念なことにブンデスリーガは現在ハイレベルなクオリティを欠いている。ブンデスリーガは鏡を見ないといけない。お金についての議論を盾にするのではなく、パフォーマンスで対処しなければならないよ」

    バイエルンはPSGに敗れたことで指揮官カルロ・アンチェロッティを解任したが、このまま混乱が収まらないようではブンデスリーガ勢の中にチャンピオンズリーグ優勝候補チームがいなくなる。ここ数年で築いた評価が一気に落ちる可能性もあり、現在は1つの危機を迎えていると言えるのかもしれない。
    2017-10-05_07h49_02
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171004-00010019-theworld-socc
    続きを読む

    1:数の子 ★@\(^o^)/:2017/09/29(金) 12:36:15.98 ID:CAP_USER9.net
    チャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)の第2節が現地時間26日から28日にかけて行われたが、ドルトムントやバイエルン・ミュンヘンなど、合計6チームのブンデスリーガ勢は今節全敗で終わっている。

    昨季ブンデス王者のバイエルンはパリ・サンジェルマンと対戦し0-3の完敗を喫した。CL初参加となるライプツィヒはトルコ1部のベジクタシュと対戦し0-2の敗戦。そして、ドルトムントはレアル・マドリーと対戦し1-3の敗戦となった。ドルトムントはCL2連敗でグループリーグ敗退危機となっている。

    ホッフェンハイムはブルガリア1部のルドゴレツに1-2で敗れ、初戦のスポルティング・ブラガ戦(1-2)に続く敗戦でEL2連敗。大迫勇也が所属するケルンはレッドスター・ベオグラードに競り負け0-1の敗戦を喫し、原口元気が所属するヘルタはスウェーデン1部のエステルスンドFKに0-1の敗戦を喫した。
    dor_getty-2-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170929-00233348-footballc-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/23(土) 08:05:57.31 ID:CAP_USER9.net
    16日に行われたブンデスリーガ第4節で、シュトゥットガルトのドイツ代表MFクリスティアン・ゲントナーが顔面を数カ所、骨折する重傷を負った。そして19日の第5節でも、ボルシアMGの元ドイツ代表MFクリストフ・クラーマーが顔面を強打して負傷した。

    相次ぐ頭部の負傷を受けて、21日付のドイツ紙『ビルト』は、脳神経医のクリスティアン・ザース医師に話を聞いている。

    「一度限りの脳震とうか、何度も繰り返されるものかを区別しなければなりません。通常、一度限りの脳震とうであれば、後遺症もなく回復します。しかし、何度も繰り返す脳震とうは10年後、20年後になって症状が出ることもあります。

    神経細胞に変化が起きるのです。脳神経がうまく繋がらなくなったり、その神経自体が死んでしまうこともあります。これにより、痴呆症やパーキンソン病、うつ病が発症するリスクが大きくなります」

    脳震とうの危険性を説明したザース医師は「頭部のケガを繰り返してはいけません。何としても避けるべきです。予防のためにも、ヘルメットは素晴らしい防具となってくれるでしょう」と、ヘッドギアの着用を推奨している。

    ボクシングやラグビーのような頭部の接触が多いスポーツで問題とされてきたテーマだが、アーセナルの元チェコ代表GKペトル・チェフや元ルーマニア代表のクリスティアン・キヴ氏が着用しているように、2000年代頃から本格的にヘッドギアの導入が検討されている。今後、サッカー界でもヘルメットの需要が増える可能性がありそうだ。

    サッカーキング
    https://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20170922/645651.html

    写真
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ