海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ブンデスリーガ

    1:shake it off ★:2017/11/06(月) 20:56:03.04 ID:CAP_USER9.net
    10月28日に行われたブンデスリーガ第10節のシャルケ対ヴォルフスブルク戦がドイツ国内で話題を集めている。ドイツ紙『ビルト』の日曜版によれば、同試合でビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の不自然な介入があり、結果が”操作”されたのではないかという疑惑が浮上しているのだ。

    問題とされたのは、42分にシャルケがPKを獲得した場面。ピッチ上にいた主審はファウルを取らずにプレーを流したが、直後にシグナルが送られた。
    しかし、このシグナルは通常のVAR担当者ではなく、判定を管理するはずのヘルムート・クルーク氏による直接介入だったと『ビルト』は伝えている。さらに不自然なのは、該当の場面を確認しようとした主審は映像の視聴をしなかったということだ。

    そして85分には、シャルケのゴール前でU-21ドイツ代表DFティロ・ケーラーのハンドが見逃された。試合後、同選手が「PKを与えても良い場面だった」と認めるような“明らかなハンド”であり、VARの介入がなかったことが不自然だと指摘されている。シャルケのマネージャーを務めるクリスティアン・ハイデル氏も「残念ながら、あれは明らかなPKだったと認めないといけない。でも、他の試合では我々にとっても不利になる判定があった。それも言っておかなければならないね」と話している。

    イタリアなどの他国では、スタジアムの駐車場にビデオ設備が整えられた大型車の中でビデオ判定が行われる。だがドイツでは、ケルンにビデオ判定用の設備を備え、全試合を統括している。同システムの導入を主導したのが、VARの統括であるクルーク氏なのだ。最終決定権をピッチ上の主審ではなくVARが握るように設計し、連盟内におけるVAR部門の影響力を大きくしようとしていたのではないか、というインサイダーの話も報じられている。

    ゲルゼンキルヒェン出身のクルーク氏が(地元である)シャルケに優位になるように働きかけた、というのはあまりにも出来過ぎなストーリーであり、勘ぐり過ぎと言えるだろう。だが、混乱の背景が不透明なことが、疑惑浮上の一因になっていることは事実だ。現場の監督たちや各クラブの責任者たちからも「使用の基準が分からない」と不満が出ている。

    国際Aマッチウイーク突入により、ブンデスリーガは中断期間に入った。再開までの2週間で、ドイツサッカー連盟による明確な改善が求められている。
    2017-11-06_22h04_29
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171106-00665408-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/11/03(金) 15:21:43.30 ID:CAP_USER9.net
    ドイツサッカー連盟(DFB)は、ブンデスリーガにテスト導入されて約2か月が経過したビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)は、ピッチにいる審判に明確な誤りがなかったケースでも試合に介入するべきだと結論づけた。

    2日に独誌キッカー(Kicker)に記載された10月25日付の声明でDFBは「複雑な状況においては、審判の判定に『明確な誤り』と断定できない場合でも、ビデオ・アシスタントが判定の有効性に強い疑いを持った場合、ビデオ・アシスタントは直ちに審判にそのことを報告しなければならない」と結論づけたという。

    こういった場合、ピッチ上の審判は判定の有効性を検証するために映像を確認することになるが、当初は判定に「明確な誤り」がある場合にのみVARは試合に介入することになっていた。

    キッカー誌はこの変更について「主観的影響された解釈に対してドアを開けることになり、ビデオによるチェックが頻発することになる」と批判している。

    同誌はまた、10月28日の試合でバイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)の勝利に大きく影響したRBライプツィヒ(RB Leipzig)の主将ビリ・オルバン(Willi Orban)の退場処分は、VARの主導により決定されたと伝えている。
    2017-11-03_17h59_25
    11/3(金) 13:28配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171103-00000021-jij_afp-socc
    続きを読む

    1:数の子 ★:2017/10/05(木) 00:06:36.65 ID:CAP_USER9.net
    近年のブンデスリーガは次々と優秀なタレントを生み出し、欧州の舞台で結果を残していた。しかし、今季はどうだろうか。チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグで結果が出ない。

    バイエルンは大型補強をおこなったパリ・サンジェルマンに0-3と完敗を喫し、ドルトムントもレアル・マドリード、トッテナム相手に連敗。ヨーロッパリーグでは絶不調のケルンがレッドスターにも敗れ、ヘルタ・ベルリンはエステルスンドFKに敗れた。ホッフェンハイムもルドゴレツに敗れており、ここまでブンデスリーガ勢の成績は散々なものとなっている。

    独『Bild』によると、ジョゼップ・グアルディオラ政権時にバイエルンのSDを務めたマティアス・ザマーはクオリティを欠いていると結果に落胆している。ブンデスリーガはあまり補強に莫大な資金を投じようとせず、近年高騰する移籍金について批判を展開してきた。しかしザマーはそうした経済的な部分を言い訳にすることはできないと考えているようで、パフォーマンスが悪いと現状を嘆いている。

    「我々ブンデスリーガのクラブはヨーロッパリーグで経済面で劣っている相手にまで敗れた。残念なことにブンデスリーガは現在ハイレベルなクオリティを欠いている。ブンデスリーガは鏡を見ないといけない。お金についての議論を盾にするのではなく、パフォーマンスで対処しなければならないよ」

    バイエルンはPSGに敗れたことで指揮官カルロ・アンチェロッティを解任したが、このまま混乱が収まらないようではブンデスリーガ勢の中にチャンピオンズリーグ優勝候補チームがいなくなる。ここ数年で築いた評価が一気に落ちる可能性もあり、現在は1つの危機を迎えていると言えるのかもしれない。
    2017-10-05_07h49_02
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171004-00010019-theworld-socc
    続きを読む

    1:数の子 ★@\(^o^)/:2017/09/29(金) 12:36:15.98 ID:CAP_USER9.net
    チャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)の第2節が現地時間26日から28日にかけて行われたが、ドルトムントやバイエルン・ミュンヘンなど、合計6チームのブンデスリーガ勢は今節全敗で終わっている。

    昨季ブンデス王者のバイエルンはパリ・サンジェルマンと対戦し0-3の完敗を喫した。CL初参加となるライプツィヒはトルコ1部のベジクタシュと対戦し0-2の敗戦。そして、ドルトムントはレアル・マドリーと対戦し1-3の敗戦となった。ドルトムントはCL2連敗でグループリーグ敗退危機となっている。

    ホッフェンハイムはブルガリア1部のルドゴレツに1-2で敗れ、初戦のスポルティング・ブラガ戦(1-2)に続く敗戦でEL2連敗。大迫勇也が所属するケルンはレッドスター・ベオグラードに競り負け0-1の敗戦を喫し、原口元気が所属するヘルタはスウェーデン1部のエステルスンドFKに0-1の敗戦を喫した。
    dor_getty-2-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170929-00233348-footballc-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/23(土) 08:05:57.31 ID:CAP_USER9.net
    16日に行われたブンデスリーガ第4節で、シュトゥットガルトのドイツ代表MFクリスティアン・ゲントナーが顔面を数カ所、骨折する重傷を負った。そして19日の第5節でも、ボルシアMGの元ドイツ代表MFクリストフ・クラーマーが顔面を強打して負傷した。

    相次ぐ頭部の負傷を受けて、21日付のドイツ紙『ビルト』は、脳神経医のクリスティアン・ザース医師に話を聞いている。

    「一度限りの脳震とうか、何度も繰り返されるものかを区別しなければなりません。通常、一度限りの脳震とうであれば、後遺症もなく回復します。しかし、何度も繰り返す脳震とうは10年後、20年後になって症状が出ることもあります。

    神経細胞に変化が起きるのです。脳神経がうまく繋がらなくなったり、その神経自体が死んでしまうこともあります。これにより、痴呆症やパーキンソン病、うつ病が発症するリスクが大きくなります」

    脳震とうの危険性を説明したザース医師は「頭部のケガを繰り返してはいけません。何としても避けるべきです。予防のためにも、ヘルメットは素晴らしい防具となってくれるでしょう」と、ヘッドギアの着用を推奨している。

    ボクシングやラグビーのような頭部の接触が多いスポーツで問題とされてきたテーマだが、アーセナルの元チェコ代表GKペトル・チェフや元ルーマニア代表のクリスティアン・キヴ氏が着用しているように、2000年代頃から本格的にヘッドギアの導入が検討されている。今後、サッカー界でもヘルメットの需要が増える可能性がありそうだ。

    サッカーキング
    https://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20170922/645651.html

    写真
    続きを読む

    2017-08-19_21h31_52

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/24(土) 08:45:35.23 ID:CAP_USER9.net
    ブンデスリーガを運営するドイツフットボールリーグ(DFL)は、今シーズンに行われたブンデスリーガ1部と2部の全612試合の合計観客動員数が歴代最多となる1904万9362人を記録したことを発表。昨シーズンよりも1.3パーセント増となった。ドイツ誌『kicker』日本語版が23日に伝えた。

    クリスチャン・ザイファート代表取締役は、「ブンデス1部と2部における人気に陰りなどない」と胸を張った。

    ただし、1部だけでみれば、1試合あたりの平均観客動員数は4万693人と素晴らしい数字ながら、過去9年間で最低の数字を記録。

    しかし、2部では前年度より13パーセント増となる平均2万1560人と歴史的な数字を記録しており、なかでも1年での1部復帰を決めた日本代表FW浅野拓磨所属のシュトゥットガルトが平均5万364人と大きく貢献した。

    写真


    サッカーキング2017年6月24日07時30分
    https://news.infoseek.co.jp/article/soccerking_604261/
    続きを読む


    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/09(木) 19:22:03.85 ID:CAP_USER9.net
    前節、内田篤人が所属するシャルケを本拠地に迎えたバイエルン・ミュンヘンは、1-1の引き分けに終わり、2位ライプツィヒとの勝ち点差を1つ広げることに成功した。そんな中、ブンデスリーガ公式サイトは、ドイツへやって来て4年半が経過し、今季リーグ戦16試合に出場しているバイエルン所属ハビエル・マルティネスとの独占インタビューを行った。

    ――外国籍選手としてブンデスリーガでプレーするようになり、このリーグをよく知っているあなたに質問です。ブンデスリーガは国際的に見ると、どのように映るのでしょうか?

    マルティネス 非常にポジティブなものです。私が在籍するバイエルンに限った話ではなく、ブンデスリーガそのものが世界でも非常に高く認知されています。成長のスピードも速く、どんどんレベルが上がっています。観客のことも含めれば、今やブンデスリーガこそ世界でベストなリーグなのかもしれません。少なくとも、ここまでファンの熱が高いリーグは、この国以外に存在しませんよ。

    ――ブンデスリーガのポテンシャルについて、どうお考えですか?

    マルティネス もちろんやるべきことは多いと思いますが、これから世界的プレーヤーがもっとブンデスリーガにやってくるはずです。欧州のトップリーグの競争はさらにし烈なものとなるでしょう。もちろん現時点でもブンデスリーガは、トップ3のうちの1つに数えられます。

    ――トップ3とは、どのリーグですか?

    マルティネス スペイン、イングランド、そしてドイツです。ブンデスリーガでは、すべてのチームが非常によくオーガナイズされていますし、どのチームが相手でも倒すのが非常に困難です。毎試合が大きな挑戦ですし、そういった背景があるから、より面白いリーグになるのだと思います。

    ――さて、バイエルンに話を移しましょう。今季ジョゼップ・グアルディオラ監督からカルロ・アンチェロッティ監督に替わりましたね。巷では「バイエルンは前のように試合を支配することができなくなった」と言われていますが……。

    マルティネス まだ我々は、自分たちのトップレベルに到達できていないのかもしれません。しかしこのチームのポテンシャルは巨大です。例え試合結果が僅差であろうと、我々は優勝できるということを、チームの全員が分かっています。

    ――あなたは非常に信頼のおける選手、ほとんどミスをしない選手という評価を得ています。しかし“スター”と呼ばれる選手は攻撃的なポジション、例えばフランク・リベリであったり、アリエン・ロッベンであったりしますが……。

    マルティネス 私は新聞側の人間ではありませんからね。私はサッカーをしていますし、チームスポーツを愛しています。私にとって最高なのは・・・

    ――なんでしょうか?

    マルティネス 私にとって最高なのは、毎試合勝ち点3を獲得することです。それこそ、私にとって最も重要なことなのです。すべてのポジションの人間が一体となれるよう挑戦する、それが私にとってのチームスポーツの醍醐味ですね。
    2017-02-09_21h26_17
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/20(金) 13:05:42.14 ID:CAP_USER9.net
    ドイツ・ブンデスリーガは現地時間19日、来シーズンからビデオ・アシスタント・レフェリーズ(以下VARs)、いわゆるビデオ判定を導入する準備があると発表した。

    サッカーのルール制定機関であるIFAB(国際サッカー評議会)は、W杯におけるVARsの導入可否を来年上旬にも決定する予定。これに先立ち、各リーグと協力のもと、導入に動いている。

    FIFA(国際サッカー連盟)はVARsの使用について、得点、PK、退場、選手の誤認といった「明らかなミス」が生じる可能性がある4つの場面に限定している。W杯では早ければ2018年の使用が見込まれている。

    ブンデスリーガは声明で、NBAやMLB同様に、すべてのVARsをリプレイセンターのような場所で一括管理するシステムを選択したと述べた。

    ロシアで行なわれるW杯では、レフェリーのサポートチームがスタジアムでVARsを使用するシステムを選択する可能性がある。(STATS-AP)
    2017-01-20_15h18_54
    ISM 1/20(金) 12:48配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170120-00000015-ism-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/16(月) 17:14:31.75 ID:CAP_USER9.net
    ドイツ国内の14~59歳を対象に調査、王者バイエルンが1位に輝く

    ブンデスリーガで最も人気のあるクラブはどこだ――。

    スポーツマーケティングリサーチ&コンサルティング会社「ニールセン・スポーツ」の調査で、リーグ4連覇中のバイエルン・ミュンヘンがドイツ国内でも最も人気があるという結果が出た。ドイツ衛星放送「スカイ・ドイツランド」などが報じた。

    国内の14歳から59歳までを対象に調査を行ったところ、王者バイエルンは25.6%の支持を獲得してトップに立った。昨季、史上初のブンデスリーガ4連覇を成し遂げた名門が、実力、人気ともにドイツトップであることを示した。

    2位には日本代表MF香川真司が所属するドルトムント(19%)が入った。上位2クラブとは大きな差がついたものの3位にボルシア・メンヘングラッドバッハ(5.3%)、4位に日本代表DF内田篤人が所属するシャルケ(4.5%)と続いた。

    全ランキング一覧、成り上がりクラブが躍進!
     
    さらに注目は、今季前半戦を2位で折り返したRBライプツィヒが7位と上位にランクインしたこと。2009年に飲料メーカー王手のレッドブルに買収されて5部リーグから“成り上がり”を果たした同クラブは、伝統を重視するドイツにおいて「嫌われ者」の立場にいた。

    今回の調査では、昨年夏の調査からおよそ倍となる3.9%の支持を集めた。前半戦に一時首位に立つ快進撃で周囲の雑音をかき消したようだ。

    ランキングは以下の通り。

    1位 バイエルン・ミュンヘン(25.6%)
    2位 ドルトムント(19%)
    3位 ボルシアMG(5.3%)
    4位 シャルケ(4.5%)
    5位 ハンブルガーSV(4.5%)
    6位 ブレーメン(4%)
    7位 RBライプツィヒ(3.9%)
    8位 ケルン(3.6%)
    9位 フランクフルト(3.3%)
    10位 ヘルタ・ベルリン(2.7%)
    11位 フライブルク(1.3%)
    12位 マインツ(1%)
    13位 ダルムシュタット(0.9%)
    14位 レバークーゼン(0.8%)
    15位 アウクスブルク(0.7%)
    16位 ホッフェンハイム(0.6%)
    17位 ヴォルフスブルク(0.4%)
    18位 インゴルシュタット(0.2%)
    2017-01-16_19h27_12
    Football ZONE web 1/16(月) 16:12配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170116-00010009-soccermzw-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ