海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:プレミアリーグ

    1:数の子 ★:2018/09/08(土) 21:18:41.57 ID:CAP_USER9.net
    かつてリヴァプール、レアル・マドリード、マンチェスター・Cでプレーした元イングランド代表MFスティーブ・マクマナマン氏が、国外でプレーするイギリス人が少ないという事実について自身の考えを語った。

    2018 FIFAワールドカップ ロシアのイングランド代表選手が全員プレミアリーグでプレーしていることからも分かるように、国外でプレーするイギリス人選手はあまり多くない。リーガ・エスパニョーラで活躍した経験があるマクマナマン氏は、この現象について以下のように自身の見解を述べた。

    「(マイケル・)オーウェンは失敗したわけじゃない。レアルに1年しかいなかっただけだ。海外でプレーしたイギリス人選手はそれほど多くはない。必要だと感じない場合が多かったからだ。10年前のマンチェスター・Uやチェルシーは絶賛されていた。そういうチームがプレミアリーグを支配し、チャンピオンズリーグでもかなり良い戦いをしていた。最高のチームのひとつにいるのならばプレミアリーグを離れる必要はないだろう」

    「プレミアリーグの組織は素晴らしい。あるリーグを離れて他国のリーグでプレーする場合は、自分自身だけでなく家族のことや子供の学校のことも考える必要がある。他国の別のリーグでプレーするのは非常に難しいことだと思う。私は信じられないような素晴らしい時間を過ごすことができた」

    また、数少ない国外でプレーするイギリス人選手であるレアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイルについては次のように語った。

    「ギャレス・ベイルはレアルで本当によくやっている。今季で確か5シーズン目だと思う。自分自身を楽しむことができている。だが、それは個々人の状況により異なるものだと思う」
    GettyImages-963585330
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180908-00827631-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/18(水) 22:47:21.09 ID:CAP_USER9.net
    現地時間4月18日、イングランド・プレミアリーグがオフィシャルリリースを発した。これまでその回数こそカウントしていたものの、個人タイトルに認定していなかった“アシスト王”を表彰するというのだ。正式名称は「プレーメーカー賞」で、得点王の「ゴールデンブーツ賞」、もっとも多くのクリーンシートを達成したGKに贈られる「ゴールデングローブ賞」に並ぶ、3番目の個人アワードとなる。
     
    個人賞をスポンサードするのは、英国の菓子・飲料メーカー『キャドバリー』。シーズン終了後に受賞者を招いて開催されるセレモニーが有名で、抽選で選ばれた一般のファンが選手に直接トロフィーを手渡すプレゼンターを務めるのも特徴的だ。つまりその当選者が3名に増えるということで、ファンを大いに喜ばせている。
     
    同社アンバサダーのティエリ・アンリは「もちろんファンの多くはゴールを期待するのだろうけど、アシストする者がいなければゴールは生まれないわけだからね」と話し、「キャドバリーがそこにスポットライトを当てるのは本当に素晴らしいこと。実は僕はゴールよりアシストを決めるほうにより喜びを感じていたんだ」と、意外な真実(?)を明かした。
     
    ちなみにアンリは、プレミアにおける歴代最多アシスト記録(1シーズン)を持っている。2002-03シーズンにマークした20アシストで、この年はゴール数も24という離れ業をやってのけた。

    なお英サッカー専門誌『Four Four Two』が「もっと早く採用されていれば栄華を極めたのに……」と憐みの言葉を贈ったのが、アーセナルのドイツ代表MFメスト・エジルだ。3月11日のワトフォード戦では、史上最速141試合での通算50アシストを達成。2015-16シーズンにはアンリの大記録に肉薄するシーズン19アシストをマークしていた。
     
    さて、気になるのが栄えある第1回受賞者だが、なんと上位3名はすべてマンチェスター・シティ勢で固められている。破壊的な攻撃力を誇示したチャンピオンがこんなところでも猛威を振るっているのだ。ただ、シーズンはまだ4~5試合残されており、逆転のチャンスは十分にある。
     
    以下が、4月18日現在のプレミア・アシストランキングTOP10だ。
     
    1位:ケビン・デ・ブルイネ(マンチェスター・C) 15アシスト
    2位:リロイ・ザネ(マンチェスター・C) 12アシスト
    3位:ダビド・シルバ(マンチェスター・C) 11アシスト
    4位:デル・アリ(トッテナム) 10アシスト
    5位:クリスティアン・エリクセン(トッテナム) 9アシスト
    5位:ヘンリク・ムヒタリアン(アーセナル) 9アシスト
    5位:ポール・ポグバ(マンチェスター・U) 9アシスト
    5位:モハメド・サラー(リバプール) 9アシスト
    9位:パスカル・グロス(ブライトン) 8アシスト
    9位:リャド・マハレズ(レスター) 8アシスト
    9位:メスト・エジル(アーセナル) 8アシスト
    9位:ラヒーム・スターリング(マンチェスター・C) 8アシスト

    4/18(水) 22:30配信 サッカーダイジェスト
    2018-04-19_00h20_59
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180418-00039060-sdigestw-socc
    続きを読む

    d0c6339b-69b3-448d-aac3-6bf0b2faf1e5

    1:風吹けば名無し:2018/03/18(日) 13:33:08.48 ID:atGPz7co0.net
    なんでそうなるんや
    2:風吹けば名無し:2018/03/18(日) 13:33:38.78 ID:atGPz7co0.net
    確かに自国選手も監督も微妙な奴しかいないけどさぁ
    4:風吹けば名無し:2018/03/18(日) 13:33:45.34 ID:1kVo5cFR0.net
    ただの事実やんけ
    6:風吹けば名無し:2018/03/18(日) 13:34:36.58 ID:atGPz7co0.net
    >>4
    なんで?
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/03/01(木) 02:02:12.44 ID:CAP_USER9.net
    「プレミアリーグでもNBAのようにオールスターゲームを」。マンUルカクが提言


    マンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表FWロメル・ルカクは、プレミアリーグでもNBAのように「オールスターゲーム」を開催してはどうかと提言している。

    あるリーグでプレーする選手たちの中からファン投票などで選ばれた選手でチームを組んで対戦するという形のオールスターゲームは、アメリカンスポーツなどで一般的な文化だが、サッカー界では開催される例はそれほど多くはない。

    MLS(メジャーリーグサッカー)では2004年まで東西対抗の形で行われていたが、現在はオールスターチームが欧州などから招待したビッグクラブと対戦する形の試合で行われている。Jリーグでも、オールスターゲームという形では2007年を最後に開催されていない。

    だがルカクは、プレミアリーグで「南北対抗」のオールスターゲームを行うことを提言した。「ひとつのアイディアだが、NBAにはオールスターゲームというものがある。プレミアリーグでも開催してはどうだろうか? 北対南でね! そしてファンが投票するんだ」と26日にツイッターの公式アカウントで投稿している。

    もしプレミアリーグで開催されるとすれば、南はチェルシーやアーセナル、トッテナムなどのロンドン勢中心、北はマンチェスター勢やリバプールなどの選手を中心としたメンバー構成が想定される。ファンにとっては楽しみなアイディアかもしれない。
    20180227_romelu_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180227-00258302-footballc-socc
    続きを読む


    20170614180633

    1:Egg ★:2018/02/27(火) 20:35:11.61 ID:CAP_USER9.net
    イングランド・サッカー協会(FA)は冬季休暇を導入することで合意したと、27日に英紙タイムズ電子版が報じた。歴史的な試みとなると伝えた。

    FA杯5回戦を週の半ばに移動させ、再試合を行わないことで、2月初旬から約2週間の休暇を取り入れる予定だという。FA、プレミアリーグとイングリッシュ・フットボール・リーグ(EFL)の3団体は来季の後から2週間の休暇を導入することで合意したとみられる。

    プレミアリーグのクラブは少なくとも13日間試合を行わないことで、イングランド代表選手に休息を与えることができるという考えだ。同休暇は20年欧州選手権の前に導入される予定だ。FAは海外のFA杯テレビ放送権を持つ企業に罰金を支払う必要があるが、プレミアリーグの放送権料からの収入から補足することができるだろう。ドイツ、スペイン、フランスとイタリアは、すでにシーズン半ばに11~22日間の休暇を導入している。

    2/27(火) 20:18配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00137347-nksports-socc
    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/02/20(火) 22:20:30.04 ID:CAP_USER9.net
    元ドイツ代表MFミヒャエル・バラック氏がドイツ誌『kicker』に対し、チャンピオンズリーグ(CL)での戦いを通して、ブンデスリーガとプレミアリーグの間にレベルの差があることを痛感していると語った。

    今シーズンのCL本戦には、ブンデスリーガからはバイエルン、ライプツィヒ、ドルトムント、プレミアリーグからはマンチェスター・U、チェルシー、リヴァプール、マンチェスター・C、トッテナムが出場。イングランド勢は好調を維持し、全5クラブが決勝トーナメントに駒を進めたのに対し、ドイツ勢はMF香川真司の所属するドルトムント、そしてライプツィヒもグループステージで姿を消し、決勝トーナメントに進出したのはバイエルンのみとなった。

    バラック氏は現役時代に、カイザースラウテルン、レヴァークーゼン、バイエルンなどのブンデスリーガクラブ以外に、チェルシーでプレーした経験を持つが、当時から両リーグの間のレベルの差を感じていたという。

    2010-11シーズン、2011-12シーズンにはドルトムントがリーグ連覇を達成し、“バイエルン一強”の時代が終わりつつあると見られていたが、その後はバイエルンが5連覇を達成。今シーズンのブンデスリーガでも2位ドルトムントと勝ち点19差で、首位を快走しており、再び差が開いていると感じているようだ。

    「ブンデスリーガではバイエルンに注目しているよ。その他のチームとの間にはやはり差がある。数年前にはドルトムントのようなチームが、その差を埋めるのではと感じていたが、また差が開いてしまったように思う」

    「プレミアリーグは色んな物事を考えるうえで、指標になる存在。両リーグの間のクオリティに大きな差がある」

    さらにバラック氏は近年の育成環境において、個々の選手のデータが重視されすぎる傾向にあることも指摘した。

    「最近は全てデータ化されている。スピード、睡眠時間、食生活、カラダの反応…全てが数字化され過ぎている。選手本人にはどうしようもできないことも多いのに、全てはこのデータによって判断される。ちょっと狂気じみていると感じているよ」

    また、同氏はコーチ陣についても言及。「指導者側もよく勉強し、モチベーション高く取り組んでいる人ばかりだが、トップレベルで仕事をした経験がない人が多いのも事実。つまり、ユース年代にとっては、トップレベルでプレーした元選手に何かを教わることがすごく重要になると思う。僕も役に立ちたい」と続け、指導者への夢も口にした。
    2018-02-20_22h58_56
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180220-00717848-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/07(日) 19:34:40.55 ID:CAP_USER9.net
    アマゾンは、プレミアリーグ放映権を獲得しようと動き出していると『The Telegraph』が報道している。イングランドメディアによれば、アマゾンは2019~2022年にかけての放映権獲得を狙っているということである。

    そして、アマゾンの存在はプレミアリーグの放映権競争をさらに加熱させることになるだろう。放映権による収入は、現在金銭的に最も力を持っているプレミアリーグの成長にとっては欠かせないものである。

    アマゾンは、現在プレミアリーグの放映権を持つ『Sky』や『BT』と争うことを決めている。なお、『Sky』や『BT』は、2016~2019年の期間の放映権料に50億ポンド(約7,700億円)を支払っている。

    次回の2019~2022年の期間の放映権のオークションで値段が決められるが、アマゾンが参集することで間違いなくその金額はさらに引き上げられることになるだろう。
    2018-01-08_08h15_42
    (文:SPORT) 1/7(日) 19:14配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180107-00010008-sportes-socc
    続きを読む

    DRwM8BMXUAA6JpQ

    1:風吹けば名無し:2017/12/28(木) 19:19:04.41 ID:0rh7A6YRa.net
    あれ?
    3:風吹けば名無し:2017/12/28(木) 19:20:18.49 ID:LduffN1zp.net
    シティが強すぎる
    バルサとやったらどうなるんやろ
    4:風吹けば名無し:2017/12/28(木) 19:20:53.90 ID:0rh7A6YRa.net
    >>3
    CLで見られるな
    シティ嫌いやけど勝ちそう
    5:風吹けば名無し:2017/12/28(木) 19:21:52.74 ID:LduffN1zp.net
    >>4
    レアルがこけてるから強く見えるだけで今年のバルサはそこまでじゃないからなあ
    9:風吹けば名無し:2017/12/28(木) 19:23:02.35 ID:0rh7A6YRa.net
    >>5
    いや強いのは間違いないぞ
    失点少なすぎやし
    ただ層が薄い
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2017/11/16(木) 11:16:28.25 ID:CAP_USER9.net
    11/16(木) 11:06配信
    プレミアリーグに戻ってきてほしい選手ベスト10、香川がランクイン

    ドルトムントに所属するMF香川真司にプレミアリーグ復帰を求める声があるようだ。英メディア『フットボール365』は「プレミアリーグへ戻ってきて欲しい選手ベスト10」を公開。香川が9位へランクインしている。

    今回のランキングは現実味がある選手のみピックアップしているといい、FWクリスティアーノ・ロナウド(R・マドリー)やFWルイス・スアレス(バルセロナ)は選外。10位以内へ選ばれた選手は“最適の所属クラブ”まで書かれている。

    1位にはサウサンプトンやニューカッスルでのプレミア復帰が望ましいとして、FWフェルナンド・トーレス(A・マドリー)。2位にはウエスト・ハムへMFティム・ケーヒル(メルボルン・シティ)が推薦された。FWマリオ・バロテッリ(ニース)やFWエディン・ジェコ(ローマ)、MFハビエル・マスチェラーノ(バルセロナ)らが名を連ねるなか、香川は9位へ選ばれた。

    移籍先のクラブとして挙がったのは、古巣のマンチェスター・ユナイテッドではなく、アーセナル。同メディアはその理由として、「MFメスト・エジルとFWアレクシス・サンチェスの二人が、合計1040万ポンドで1月にマンチェスター・シティへ売却されることが避けられなかった場合、アーセン・ベンゲル監督は代わりとなる選手を獲得しなければならない。ここで求められるのは才能、経験、そして魅力を兼ね備えた選手だ」とし、香川が適役だと指摘。

    「ベンゲル監督はモナコのMFトマ・レマルなどの獲得に動くと考えられるが、香川真司はどうだろうか?」と推薦し、「ベンゲル監督は香川について、2011年にプレミアリーグへやってきたとき『とても機動力がある』『非常にクレバーな選手』『すごくクリエイティブ』『ボックス内での動きが機敏』と称賛していた」と過去のベンゲル監督によるコメントを紹介。

    「香川はプレミアリーグで経験を積んでいったが、マンチェスター・Uでは思うような結果を残すことができなかった。しかしドルトムントに戻ってからは、127試合に出場し62ゴールを決めている。このことが示しているのは、イングランドでの不調は一時的なものであり、フレッシュな刺激さえあれば本来の力を取り戻せるのではないかということである。ちなみに、香川はここ最近のマンチェスター・Uでハットトリックを決めた、数少ない選手でもある。だから実力はたしかだ」と推している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171116-01646361-gekisaka-socc

    続きを読む

    1:渋柿の木 ★:2017/11/13(月) 16:48:38.51 ID:CAP_USER9.net
    ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の“怖さ”を日本も味わった。前日ブラジル戦の開始早々に初めて体験。DF吉田のファウルがVARで認定され、3失点崩壊につながるPKを献上。後半は、DF酒井宏と競ったFWネイマールに警告が出た。ただ、こちらはピッチ中央で大勢に影響がないのに、1分ほど待ち時間が発生。観客席からブーイングが飛んだ。

    吉田は「アホなことした」と猛省した上で
    「イングランドだったら全員ファウル。なぜ(肉弾戦が好まれる)プレミアがVARを導入しないか分かった」と戸惑った。一方で「自分の理解不足が悪い。本大会でもやるんですよね?」と報道陣に逆質問した。FIFAのインファンティノ会長が「サッカーの未来」とまで言い、W杯で導入する見通し。新システムを無視するわけにはいかなくなった。

    日本戦の前夜に行われたW杯欧州予選プレーオフ・スイス-北アイルランド戦では、スイスの選手のシュートがDFの右肩後部に当たり、決勝PKを獲得。北アイルランドの監督が「VARがあれば…」と嘆き、物議を醸した。JリーグではW杯翌年の19年から導入する可能性を模索しているが、直近のW杯まで残り7カ月。世界との差を詰めるだけでなく、VAR対策も急務となった。【木下淳】
    2017-11-13_17h51_03
    日刊スポーツ
    吉田麻也「アホなこと…」W杯へ日本VAR対策急務
    https://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/201711120000041.html
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ