海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:プレミアリーグ

    1:pathos ★@\(^o^)/:2017/06/21(水) 20:16:20.93 ID:CAP_USER9.net
    日本の10番に高評価

    今夏の移籍市場ではレアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウドが古巣マンチェスター・ユナイテッドに戻ってくる可能性が噂されたり、今季苦しい時間を過ごしたFWガレス・ベイルを同じくマンチェスター・ユナイテッドが狙っているなど、プレミアリーグへのカムバックを期待させる話題が多い。

    英メディア選出の「欧州で大活躍したアジア人選手7名」に日本人が4名

    そこで英『Express』は、「プレミアリーグに戻ってくるべきスター選手10人」と題し、もう一度プレミアリーグでプレイして欲しい選手をリストアップしている。

    そのうちの2人はもちろんロナウドとベイルだが、何とこの10人にはドルトムント所属の日本代表MF香川真司も選ばれているのだ。香川は2012年にマンUに加入したが、指揮官デイビッド・モイーズの戦術に合わなかったこともあって思うような活躍ができなかった。結局ドルトムントに戻る決断を下したが、同メディアは香川のことを「テクニックのある魔術師」と紹介しており、そのクオリティを認めている。

    その他に選ばれたのも豪華な選手ばかりで、香川と同じくマンUで満足なキャリアを築けなかったアンヘル・ディ・マリア、チチャリートことハビエル・エルナンデス、マンチェスター・シティでゴールを量産したエディン・ジェコ、マンCで才能を活かしきれなかったDFジェローム・ボアテング、今夏リヴァプール移籍が確実視される元チェルシーのモハメド・サラー、チェルシーでは出番の限られていたファン・クアドラード、最後の1人はトッテナムで異彩を放っていたルカ・モドリッチだ。

    いずれも世界を代表するスターばかりで、そこに香川が入っているのは何とも誇らしい。今季はベンチで時間を過ごすこともあったが、ドルトムントで輝きを放っていた。プレミアリーグでもチームスタイルさえ合えば十分に活躍できるはずだ。
    GettyImages-689232910-compressor-2
    http://www.theworldmagazine.jp/20170621/01world/germany/137521
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/06/02(金) 12:32:01.87 ID:CAP_USER9
    プレミアリーグの各チームが今シーズン、放映権として貰った賞金が正式に発表された。1日付のイギリスメディア『BBC』が伝えている。

    今シーズンのプレミアリーグは、新しく放映権の契約を結んだ1年目のシーズンであり、各チームが貰える賞金の額が話題となっていた。今シーズン全20チームに支払われた金額は24億ポンド(約3453億円)と、昨シーズンに支払われた16億ポンド(約2302億円)を大きく上回った。

    そのうち今シーズン優勝したチェルシーは、放映権だけで1億5080万ポンド(約217億円)を獲得。これは、昨シーズン優勝した日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターが貰った金額の1.5倍となっている。

    さらに、今シーズン最下位のサンダーランドであっても、9347万ポンド(約134億円)を手にしている。これは、昨シーズン優勝したレスターが貰った金額である9321万ポンド(約134億円)を上回る金額であった。また、降格する3チーム以外のクラブは、1億ポンド(約143億円)を超える金額を貰っており、その金額が驚くべきものになっていることが明らかとなった。

    放映権の内訳としては、全体の半分を占める広告と海外での放送権を全チームが同額で分配。また全体の4分の1を占めるのが、順位に基づいて支払われるもの。残りの4分の1が、英国内で放送された試合の回数によって支払われるものとなっている。

    また、プレミアリーグが支払った最高額のチェルシーと最低額であるサンダーランドとの金額の比は、1.6:1となっている。これは、ヨーロッパのトップリーグでは最低となった。つまり、同リーグが一番均等に全チームに分配しているリーグだということを意味している。
    2017-06-02_13h40_09
    6/2(金) 12:03配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170602-00595528-soccerk-socc

    続きを読む

    1:THE FURYφ ★@\(^o^)/ :2017/05/02(火) 20:12:35.05 ID:CAP_USER9.net
    最近はオフサイドやハンドの有無を正確に判断するためにビデオ判定を積極的に導入すべきとの意見が出ているが、これによって防止が期待できるのが選手のシミュレーション行為だ。今節のプレミアリーグではあまりに酷いダイブが連発し、いかに防止するかが議論されているのだ。

    マンチェスター・ユナイテッドとスウォンジーの一戦では、FWマーカス・ラッシュフォードが相手GKと接触して倒れたとの判定でPKをもらっているが、ラッシュフォードはGKと接触する前から倒れ込む準備を始めていた。主審は見抜けなかったが、これは明らかなダイブだろう。さらにマンチェスター・シティとミドルズブラの一戦でも、マンCのレロイ・サネが相手DFに倒されたとの判定でPKを獲得している。しかし、こちらもリプレイを見るとサネが意図的に倒れたように映る。

    そして最も酷かったのがリヴァプールMFルーカス・レイバだ。ルーカスはワトフォード戦に先発すると、43分に相手ペナルティエリア内でドリブルを仕掛け、ワトフォードMFトム・クレヴァリーと接触したように見せかけて倒れ込んだのだ。これにはクレヴァリーも激怒し、主審はルーカスにシミュレーション行為としてイエローカードを出している。

    英『Daily Mail』もこれらの行為を問題視しており、審判の目を欺こうとする選手はあまりに多い。これも技術の1つと言ってしまえばそれまでだが、これで試合の結果が左右されるのは問題だろう。同メディアは「欺こうとする行為は蔓延しており、現代サッカーにおいて最も落胆させることの1つ」と伝えており、防止の必要性を訴えている。ビデオ判定が導入されれば選手もダイブを控えるはずだが、よりフェアなフットボール実現への1歩となるか。
    2017-05-02_21h23_22
    http://www.theworldmagazine.jp/

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170502-00010029-theworld-socc
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/04/06(木) 17:31:12.83 ID:CAP_USER9.net
    ドルトムント(ドイツ)のハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEOが、潤沢な資金を持つプレミアリーグのチームや、イングランド代表に言及。同代表がメジャータイトルを獲得することは、少なくとも今後25年はないだろうと述べた。伊サイト『calciomercato.com』などが現地時間5日に伝えている。

    巨額な放映権料などをバックに、他の欧州トップリーグを凌駕する資金を持つプレミアリーグだが、近年はチャンピオンズリーグ(CL)でも結果が出なくなってきている。イングランド代表については、自国開催の1966年W杯優勝以外主要タイトルとは縁がない。2014年W杯はグループリーグ敗退の屈辱を味わい、昨年のEURO2016では“伏兵”アイスランドに足をすくわれ16強に終わっていた。

    ドイツ国内でのイベントに出席したヴァツケ氏は、「イングランド代表はこの50年間で1つもタイトルを勝ち取っていない。その期間は75年に伸びるだろう」と、スリーライオンズ(イングランド代表の愛称)は今後も栄冠には遠いとの見解を示した。

    ヴァツケ氏はまた、「なぜかって? お金というものはしばしば、創造性を奪ってしまう。
    今季のCLベスト8にイングランド勢は1チームしかいない。その1チームにしてもレスターだ。
    彼らは決して、タイトルの本命ではない」と述べている。

    なお、今季のCLでドイツ勢はバイエルンとドルトムントが8強に進出している。代表チームに関しても、ドイツは2014年W杯で優勝するなど、近年は主要大会でつねに上位進出を果たしている。
    2017-04-06_19h13_48
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00000015-ism-socc
    続きを読む

    46199e73-2c8a-433b-8ccb-2247f1a57477
    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/03/12(日) 22:33:18.73 ID:CAP_USER9.net
    『AS』は11日、「アトレティコ・マドリーのFWアントワーヌ・グリーズマンは、チームに残ると明言した」と報じた。

    マンチェスター・ユナイテッドなど多くのクラブから関心を寄せられていると言われるグリーズマン。今夏の去就には大きな注目が集まっている。

    一部では世界最高額クラスの移籍金も動くのではないか?と考えられていたが、どうやらグリーズマンはそのつもりは全くないようだ。

    彼は『La 1 sport』のインタビューに対して以下のように話し、天気のいいマドリードを離れる理由はないと語った。

    アントワーヌ・グリーズマン

    「僕はここでとても満足しているんだ。そしてもちろん、このいい天気が本当に大きな助けになっているよ!

    チームメイトは最高だし、それに加えてトップクラスのコーチがいる。したがって、僕はここでとても幸せなんだ。離れる理由なんかないよ」

    また、シメオネ監督もグリーズマンのチーム残留を確信していると話し、移籍の可能性を完全に否定した。

    ディエゴ・シメオネ

    「彼はここで非常に満足している。そして、チームはもっと多くのものを持っていると、彼は感じている。

    さらに、グリーズマンは我々をチャンピオンズリーグで頂点に導きたいと思っているし、リーガでもそうだ。だから、彼はここで続けると確信しているよ」

    http://qoly.jp/2017/03/12/antoine-griezmann-said-that-he-wanted-to-stay-kgn-1
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/03/07(火) 18:57:39.82 ID:CAP_USER9.net
    チームメイトのC・ロナウドを絶賛!

    レアル・マドリーのウェールズ代表FWのガレス・ベイルが、英紙『デイリー・メール』のインタビューで、同僚のクリスチアーノ・ロナウドとの関係に言及。そして、チャンピオンズ・リーグ(CL)連覇への意気込みも語った。
     
    2013年にトッテナムからマドリーに加入して以来、3シーズンで2度の欧州制覇を成し遂げたベイル。今シーズンは昨年11月に行なわれたCLのスポルティング戦(グループステージ5節)で、右足首の腓骨筋腱を脱臼して長期離脱を余儀なくされた。
     
    その間にチームは、CLグループステージを突破し、2月15日の決勝トーナメント1回戦第1戦でナポリに3-1と先勝。現地時間3月6日の第2戦で7年連続のベスト8進出を目指している。
     
    大会がチャンピオンズ・カップからチャンピオンズ・リーグに生まれ変わった1992-1993シーズン以降、いまだ連覇を成し遂げたチームは皆無だが、ベイルはその前人未到の偉業達成も「不可能ではない」と主張する。
     
    「難しいけど、僕らは素晴らしい位置にいる。勘違いはしていないけど、今は確かなメンタリティーを持っているんだ。僕らは11回も優勝している。最も欧州を制覇してきたクラブだ。目標はCL優勝だよ」
     
    その原動力となる「BBC」トリオの一角、C・ロナウドについてベイルは、「いつもうまくやってきた」とコメント。「僕らはゴールを量産し、互いにたくさんアシストして、CLを2度も制覇したんだ。(相性が)悪いはずがない」と良好な関係だと述べた。
     
    また、ベイルはC・ロナウドが年齢を重ねて若干ながらプレースタイルを変えているとも語った。
     
    「今はよりストライカーのようになっているんだ。ペナルティーエリア内で非常に効果的にゴールを量産し、アシストをする。年を重ねて、僕だって少しプレーを変え始めている。彼は自分がやっていることを理解しているし、とてもうまくやっている」
     
    また、11-12シーズンのチェルシーを最後にCL優勝がないプレミアリーグ勢についても言及。今シーズンもベイルの古巣トッテナムがグループステージで姿を消し、決勝トーナメント1回戦ファーストレグでもマンチェスター・シティは逆転勝ちしたが、アーセナルはバイエルンに1-5と大敗し、レスターもセビージャに1-2と敗れている。
     
    そうしたプレミア勢の状況についてベイルは、「理由は分かるけど、きっと変えることはできない」と、リーグそのものの違いが原因だと述べた。
     
    「プレミアリーグは90分を通じて100%じゃないと負けてしまう。スペインでは、下位との試合で前半のうちにリードし、後半にセーブするような戦いができる。つまり選手を休ませられるんだ」
     
    また、ウェールズ代表ストライカーは、ウインターブレイクの有無も「もちろん大きい」と指摘する。
     
    「この間にイングランドでは4、5試合をこなすけど、僕ら(スペイン)はまったくプレーをしない。プレミアリーグはあまり休めず、その後の長いシーズンで燃え尽きてしまうんだよ。心身ともに休めるのは本当に良いことなんだ。どの国もやっている。スペインも、イタリアも、ドイツも、すべてウインターブレイクがあるよね」
     
    インタビューの最後で、クラブと2022年までの契約を結ぶベイルは、「ここでの生活を楽しんでいるんだ」と今後もスペインでキャリアを続けていくことを嘱望した。
     
    「長期契約を結んだのは、前進し、トロフィーを勝ち取るために正しい場所だと感じているからだ。昨シーズンは本当に最高だった。長くここにいられると感じたよ」
    2017-03-07_22h24_10
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170307-00023197-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/27(金) 12:59:35.59 ID:CAP_USER9.net
    61,000人を収容するイギリス最大級の新スタジアムを建設中のトッテナム。その中でも一番の目玉となるのはやはりプレーヤーズトンネルにほど近い特別シートであろう。このエリアにはガラス張りのビューイングエリアも兼ね備えられ、選手たちがピッチに入場する際に通過するトンネル、プレーヤーズトンネルを見ることもできる。普段は見ることのできない選手たちの試合前、試合後の様子まで間近で感じることができるのだ。

    2018年オープン予定のこのシートは年間9,000ポンド(約127万円)、1試合だと339ポンド(約48,000円)。特別な席で試合を観戦できるだけではなくミシュラン星付きレストランの食事付きだ。

    プレーヤーズトンネルが見られる設計に

    『Goal』はプレイステーション4とオキュラス社製の「リフト」というヘッドセットを使って新しいスタジアムをVRで体験できるという機会を得た。もちろんトッテナムの選手たちも同様にこのVRで新しいスタジアムの様子を体感したわけだがその壮大なつくりゆえか、ムサ・シソッコはヘッドセットをつけたことで乗り物酔いのような症状になってしまった。新スタジアムは超高速のWi-Fi環境が整備されるとともに、フットボール用の天然芝とアメリカンフットボール用の人工芝のピッチが備えられる。

    「数年後、この新しいスタジアムでファンがどのようにフットボールを楽しむか知られたことはとても良い機会だったよ」

    ヘッドセットを通して新しいスタジアムの良さを体験できたウーゴ・ロリスはそう評価した。

    また新スタジアムのオプションは他にもある。The Hクラブと名付けられる会員制クラブやVIP専用のプライベートボックスなどを設け、富裕層のファンを確実に取り込む施策も考え中だ。もちろん既存のスタジアムが持つ雰囲気を壊さないことにも注意を払うが同時にスタジアムの建設資金の回収も怠らない。

    さらに新スタジアムに設けられるのはフットボールスタジアムでは初となるビール醸造所とベーカリーだ。年間およそ100万杯のクラフトビールが造られる予定で、スタジアムに訪れたファンたちは新鮮なビールを楽しむことができるだろう。

    トッテナムの会長、ダニエル・レヴィは新スタジアムの建設についてこう語っている。

    「我々は世界中のスタジアムを視察してきましたが、このスタジアムではお客様にとって前例にないような新たな体験を提供できるものと思っています。この新しいスタジアムはスポーツとエンターテインメントの融合の素晴らしさを我々に見せてくれることでしょう。そしてトッテナムのファンに相応しいワールドクラスの設備は地域の活性化にも繋がっていくはずです」

    ちなみにトッテナムはこの新スタジアムの建設によって約3,500人の雇用機会を創り出すと算出している。この一大プロジェクトが地元の人々にとっては有益であることを証明することも忘れてはいない。

    新スタジアムの完成予定は来年の夏。前評判を見る限り多くの人がその完成を待ちわびているようだ。

    前代未聞のこの施設、イギリスの新たな名所ともなり得そうである。

    文=ニザール・キンセラ/Nizaar Kinsella
    new-spurs-stadium_1elz29ytcf3sw1dtixva1i0pww
    new-spurs-stadium_1i97lqac9ds191msa6k9zt8j0e
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170127-00010004-goal-socc&p=2
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/23(月) 11:58:10.22 ID:CAP_USER9.net
    プレミアリーグ第22節が21日と22日に各地で行われた。

    首位に立つチェルシーはハルをホームに迎えた。先発復帰を果たしたFWジエゴ・コスタの先制ゴールなどで2-0と勝利を収め、2連勝で2位以下との勝ち点差を広げた。

    チェルシーを勝ち点差「7」で追う2位リヴァプールは、スウォンジーと対戦。2点を先行される苦しい展開だったが、FWロベルト・フィルミーノの2ゴールで試合を振り出しに戻す。しかしながら、74分に再びリードを許し、そのまま2-3で敗れた。

    3位トッテナムは5位マンチェスター・Cとの上位対決。スコアレスで迎えた後半、MFレロイ・ザネ、MFケヴィン・デ・ブライネの得点でマンチェスター・Cが2点をリードする。しかしながら、トッテナムがそこからMFデレ・アリ、FWソン・フンミンのゴールで追いつき、ドローに終わった。

    4位アーセナルは、後半アディショナルタイム8分のFWアレクシス・サンチェスの劇的な決勝点でバーンリー勝利し、2位に浮上。6位マンチェスター・UはFWウェイン・ルーニーが後半アディショナルタイムに直接フリーキックを沈め、ストークと引き分けに持ち込んだ。

    また、今節は日本人対決も実現し、日本代表DF吉田麻也所属のサウサンプトンと同FW岡崎慎司所属のレスターが対戦。ともに先発出場を果たした試合は、サウサンプトンが3-0と完勝を収めた。

    プレミアリーグ第22節の結果は以下のとおり。

    ■プレミアリーグ第22節結果
    リヴァプール 2-3 スウォンジー
    ボーンマス 2-2 ワトフォード
    クリスタル・パレス 0-1 エヴァートン
    ミドルスブラ 1-3 ウェストハム
    ストーク 1-1 マンチェスター・U
    ウェスト・ブロムウィッチ 2-0 サンダーランド
    マンチェスター・C 2-2 トッテナム
    サウサンプトン 3-0 レスター
    アーセナル 2-1 バーンリー
    チェルシー 2-0 ハル

    ■プレミアリーグ第22節順位表
    1位 チェルシー(勝ち点55/得失点32)
    2位 アーセナル(勝ち点47/得失点27)
    3位 トッテナム(勝ち点46/得失点29)
    4位 リヴァプール(勝ち点45/得失点24)
    ==========CL==========
    5位 マンチェスター・C(勝ち点43/得失点15)
    ==========EL==========
    6位 マンチェスター・U(勝ち点41/得失点12)
    7位 エヴァートン(勝ち点36/得失点10)
    8位 ウェスト・ブロムウィッチ(勝ち点32/得失点2)
    9位 ストーク(勝ち点28/得失点-6)
    10位 ウェストハム(勝ち点28/得失点-7)
    11位 サウサンプトン(勝ち点27/得失点-4)
    12位 ボーンマス(勝ち点26/得失点-7)
    13位 バーンリー(勝ち点26/得失点-9)
    14位 ワトフォード(勝ち点24/得失点-13)
    15位 レスター(勝ち点21/得失点-13)
    16位 ミドルスブラ(勝ち点20/得失点-7)
    17位 スウォンジー(勝ち点18/得失点-25)
    ==========降格==========
    18位 クリスタル・パレス(勝ち点16/得失点-11)
    19位 ハル(勝ち点16/得失点-27)
    20位 サンダーランド(勝ち点15/得失点-22)
    2017-01-23_14h38_13
    SOCCER KING 1/23(月) 7:45配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170123-00544691-soccerk-socc
    続きを読む


    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/11/06(日) 06:45:51.47 ID:CAP_USER9.net
    2016-11-06_08h55_40
    11月5日(土)

    ボーンマス 1-2 サンダーランド
    http://m.goal.com/s/jp/match/ボーンマス-vs-サンダーランド/2241859

    [ボ]ゴスリング(11分)
    [サ]アニチェベ(33分)
    [サ]デフォー(74分)

    バーンリー 3-2 クリスタル・パレス
    http://m.goal.com/s/jp/match/バーンリー-vs-クリスタルパレス/2241861

    [バ]ヴォークス(2分)
    [バ]グズムンズッソン(14分)
    [ク]ウィッカム(60分)
    [ク]ベンテケ(81分)
    [バ]バーンズ(90分)

    マンチェスター・C 1-1 ミドルスブラ
    http://m.goal.com/s/jp/match/マンチェスターシティ-vs-ミドルズブラ/2241866

    [マ]アグエロ(43分)
    [ミ]ルーン

    ウエスト・ハム 1-1 ストーク・シティ
    http://m.goal.com/s/jp/match/ウェストハム-vs-ストークシティ/2241868

    [ウ]オウンゴール(65分)
    [ス]ボージャン(75分)

    チェルシー 5-0 エバートン
    http://m.goal.com/s/jp/match/チェルシー-vs-エヴァートン/2241862

    [チ]アザール(19分)
    [チ]M・アロンソ(20分)
    [チ]D・コスタ(42分)
    [チ]アザール(56分)
    [チ]ペドロ(65分)

    圧巻のチェルシー劇場!5発&5連続無失点&5連勝で暫定首位浮上
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161106-00000023-goal-socc

    マンチェスター・Cが首位陥落濃厚に…劇的同点弾を献上しドロー決着
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161106-00000021-goal-socc

    ▲暫定順位表

    1. チェルシー(25)+17
    2. マンチェスター・シティ(24)+15
    3. アーセナル(23)+13
    4. リバプール(23)+11
    5. トッテナム(20)+9
    6. エバートン(18)+2
    7. ワトフォード(15)+1
    8. マンチェスター・ユナイテッド(15)+1
    9. バーンリー(14)-4
    10.サウサンプトン(13)+1
    11.ストーク・シティ(13)-5
    12.ボーンマス(12)-3
    13.レスター・シティ(12)-4
    14.ミドルスブラ(11)-2
    15.クリスタル・パレス(11)-3
    17.ウエスト・ハム(11)-9
    18.WBA(10)-4
    降18.ハル・シティ(7)-15
    降19.スウォンジー(5)-9
    降20.サンダーランド(5)-12

    http://scores.nbcsports.msnbc.com/epl/standings.asp

    ※順位決定方式は勝ち点が並んだ場合、得失点差→総得点の順で決定

    ■欧州CL:リーグ戦上位3チーム
    ■欧州CL予選3回戦:リーグ戦4位
    ■EL予選4回戦:リーグ戦5位
    ■ELグループリーグ:FA杯王者
    ■EL予選3回戦:キャピタル・ワン杯王者

    ●日曜日

    21:00 アーセナルvsトッテナム
    23:15 ハルvsサザンプトン
    23:15 リヴァプールvsワトフォード
    00:00 スウォンジーvsマンチェスターユナイテッド
    01:30 レスターvsWBA

    △プレミアリーグ公式
    https://www.premierleague.com

    △サッカーch
    http://rio2016.2ch.net/livefoot/
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/11/01(火) 00:38:19.49 ID:CAP_USER9.net
    元イングランド代表FWで、現在はコメンテーターを務めるアラン・シアラー氏がプレミアリーグに真のワールドクラスは一人だけだと話している。

    世界で最も豊かなリーグであるプレミアリーグは、移籍市場が開くたび、スター選手に信じられないほどの額のお金が投資される。最高の選手が集まるのはイングランドであるという意見は根強いが、シアラー氏はそういった考えを否定するかのごとく、イギリス『BBC』の番組『マッチ・オブ・ザ・デイ』で以下のように話した。

    「(セルヒオ)アグエロだけがプレミアリーグにいる正真正銘のワールドクラスの選手だ。彼は世界一のセンターフォワードだよ」

    アグエロは2011年、アトレティコ・マドリーからマンチェスター・シティに加入。すでにイングランドで100ゴール以上を挙げているアルゼンチン人ストライカーは、今シーズンもここまで7ゴールをマークし、好調をキープしている。
    2016-11-01_08h23_05
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161031-00010002-goal-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ