海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ヘタフェ

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/06(日) 07:48:14.63 ID:CAP_USER9.net
    リーガ・エスパニョーラ1部のヘタフェは、8月5日に同じ昇格組のジローナと親善試合を行ない、1-0の勝利を収めた。決勝点を決めたのは、元日本代表MF柴崎岳だ。
     
    柴崎は4-2-3-1システムのボランチで先発出場。キャプテンのメフディ・ラセンとコンビを組んだ。2列目は左からダニ・パチェコ、ファイチャル・ファイル、アルバロ・ヒメネスの並び。柴崎は的確な散らしのパスでヘタフェ攻撃陣をリードし、時折前線に飛び出すなど、積極果敢なプレーを連続させた。
     
    そして迎えた78分、終始ボール支配で上回っていたヘタフェが先制する。相手選手からボールを奪った柴崎が左サイドから持ち込み、GKゴルカ・イライソスを抜いたのだ。“ガク”は85分にお役御免で交代。ホームサポーターから喝さいを浴びた。
     
    2週間後に迫ったリーガ開幕に向けて、ホセ・ボルダラス監督への最高のアピールとなったはずだ。ヘタフェの開幕戦は8月20日。アスレティック・ビルバオの敵地サン・マメスに乗り込む。

    8/6(日) 4:41配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170806-00028501-sdigestw-socc

    ■ジローナ戦の柴崎岳をスペイン各紙が絶賛!「ガクは巧妙に財布をかすめ取ったんだ」

    さっそくスペインのメディアが、柴崎岳のパフォーマンスを称えた。
     
    ジローナとの親善試合で先発出場を飾ったヘタフェの日本人MFは、キックオフ直後からエンジン全開。4-2-3-1のボランチに入り、酷暑の下で精力的に動き回り、中盤を広範囲にカバーした。78分には相手の19歳DFバンボ・ディアビのミスを突いてボールを奪い、そのまま持ち込んで決勝点を挙げてみせた(85分に交代)。
     
    そのハイパフォーマンスを全国紙『AS』が絶賛。「ガク・シバサキはすでにヘタフェにおいて重要なプレーヤーだ。前半はジローナ、後半はヘタフェのペースで進んだゲームで、ゲーム唯一のゴールを挙げるなど継続的に質の高いプレーを披露した。とりわけボールタッチの質が素晴らしい。そして彼は気温38度の中でも最後まで走り続けたのだ」と書き綴り、「ガクは明らかな違いになっていた」という一文で締めた。
     
    ジローナがある地元カタルーニャの『Diary of Girona』紙は、おらがチームの試合内容を一刀両断。「ひどいピッチ状態と高温のため、見るべきものが少ないゲームだったが、後半の(ジローナの)低調ぶりは目も当てられない」とした。そして失点シーンについては、「ガクはじつに巧妙にディアビの財布をかすめ取ったんだ。そして(GKの)イライソスを難なく破った」と伝えた。
     
    老舗スポーツ紙『MARCA』は「後半のヘタフェで目立っていたのは怪我から戻った(CBの)ファン・カラと、ガク・シバサキである。とくにヘタフェの中盤におけるガクの存在は大きく、ひときわ異彩を放っていた。そして決勝点を挙げ、ヘタフェにプレーシーズン初勝利をプレゼントした」と報じている。
     
    数多の新戦力選手が加わり、中盤の定位置争いが激化しているヘタフェで、柴崎は着実に足場を固めている印象だ。リーガ・エスパニョーラは開幕まであと2週間。ヘタフェは8月20日、アステレィック・ビルバオの本拠地サン・マメスで第1節を戦う。

    8/6(日) 7:31配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170806-00028505-sdigestw-socc

    ■ヘタフェ柴崎岳がテストマッチで決勝ゴール!…新季へ順調アピール

    サッカーキング 8/6(日) 6:34配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170806-00622450-soccerk-socc

    写真


    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/25(火) 18:58:55.05 ID:CAP_USER9.net
    スペインの大手メディア『AS』が、今週実現したリーガ・エスパニョーラでの移籍市場の動きについて、各チームの動向を伝えた。その中で、テネリフェからヘタフェに加わったMF柴崎岳についても触れている。

    記事ではヘタフェがMFファイサル・ファジル、柴崎、MFマルケル・ベルガラ、GKフィリップ・マノイロビッチ、DFビトリーノ・アントゥネスを獲得したと伝え、柴崎については次のような特徴の選手だと伝えている。

    「日本の司令塔は、テネリフェを去り、4年契約で加わった。ヘタフェのレベルを押し上げるMFとして期待される。クラブW杯ではレアル・マドリー戦で2ゴールを挙げ、その活躍によって同大会では、個人としてブロンズトロフィーを獲得している」

    今夏、テネリフェを退団してヘタフェに加わった柴崎は、本特集のトップ画像の一人として取り上げられている。2部から1部昇格を決めたヘタフェは今夏の移籍市場で複数の即戦力を獲得しているが、その中でも10番を託された柴崎への注目度は高いようだ。
    news_221867_1
    7/7/25 12:00 ゲキサカ
    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?221867-221867-fl
    続きを読む

    1:プエルトリコ ★@\(^o^)/:2017/07/21(金) 18:31:19.34 ID:CAP_USER9.net
    今夏の移籍市場でヘタフェに加入したMF柴崎岳が21日に入団会見を行った。

    柴崎は「いつかこの舞台(リーガ・エスパニョーラ1部)でプレーすることが夢でした」と語ると、「クラブからの熱意」が移籍の決め手となったことを明かした。

    そして「主に攻撃の面で多くのものをもたらせると思っていますし、目標についてはなるべく多くの勝利を積み重ねて、上の順位でというのが目標となります」と、意気込みを語った。

    なお、会見の最後には背番号「10」のユニフォームを手渡されて写真撮影に対応。10番を着けてプレーすることが明らかとなった。
    2017-07-21_19h02_49
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170721-00615952-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Marine look ★@\(^o^)/:2017/07/19(水) 07:33:40.71 ID:CAP_USER9.net
    柴崎、ヘタフェ移籍 1部でのプレー望み4年契約年俸1億円

    スペイン1部リーグ昇格を決めたヘタフェは17日、MF柴崎岳(25)を2部のテネリフェから獲得したと発表した。4年契約で、関係者によると年俸は約1億円。2部残留となったテネリフェは契約延長を希望していたが、1部でのプレーを望む柴崎が移籍を決断した。21日に記者会見する予定。

    念願のスペイン1部移籍を実現させた。今年1月、鹿島からテネリフェへ移籍する際も期限ぎりぎりまで1部への移籍を探っていた。当時はオファーがなく2部に籍を置いたが、テネリフェと結んだ契約は半年。この夏、1部へのステップアップを思い描いていた。移籍先は1部昇格プレーオフ(PO)決勝で争ったヘタフェ。同戦で1アシストを含む活躍を見せ、自らオファーをたぐり寄せた。

    テネリフェ移籍直後は海外生活に苦労したが、その後攻撃の中心的存在となると12試合1得点2アシストの記録を残した。乾貴士(29)=エイバル=が活躍する前は、日本人が存在感を出せなかったスペイン。1部に昇格するレバンテが獲得を検討するなど、確固たる評価を勝ち取った。関係者によると、ヘタフェの「対戦して最も嫌な選手だった」という評価でオファーに至ったという。

    柴崎は18日、鹿島クラブハウスを訪れ、関係者にあいさつ。その中で「スペインでできること、できないことがあるけど、(1部でも)やれる」と手応えを口にした。鹿島MF小笠原満男(38)も「岳ならやれる。上を目指して頑張ってほしい」とエールを送った。

    ◆柴崎 岳(しばさき・がく)1992年5月28日、青森・野辺地町生まれ。25歳。野辺地小2年でサッカーを始め、2011年に青森山田高から鹿島入り。12年にJリーグベストヤングプレーヤー賞を受賞し、日本代表にも初選出された。展開力と攻撃参加に秀でたボランチ。国際Aマッチ通算13試合3得点。J1通算141試合14得点。スペイン2部通算12試合1得点。175センチ、64キロ。

    ◆ヘタフェ マドリード郊外ヘタフェ市のクラブ。前身は1945年に発足し、現体制は83年設立。2004~05年に初めて1部昇格。タイトルはないが、国王杯で06~07年から2季連続の準優勝。07~08年の欧州リーグは準々決勝進出もバイエルンに敗れた。昨年9月に就任したホセ・ボルダラス監督(53)が指揮。ホーム競技場はコリセウム・アルフォンソ・ペレス(1万7000人収容)。チームカラーは青。
    2017-07-19_08h05_58
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170718-00000330-sph-socc
    続きを読む

    1:れいおφ ★@\(^o^)/:2017/07/18(火) 17:25:47.34 ID:CAP_USER9.net
    MF柴崎岳が17日、リーガ2部テネリフェから1部のヘタフェに移籍。
    テネリフェファンはSNSで怒りと悲しみの声を漏らしている。

    ヘタフェはテネリフェにとって、昨季のリーガ1部昇格プレーオフ決勝で負かされた因縁の相手。準決勝を制し、あとは決勝で勝利すれば、1部昇格を決められるところだったが、テネリフェはヘタフェの前に2戦合計2-3で敗れ、惜しくも1部復帰はならなかった。

    そして、柴崎は自身の求めるリーガ1部への移籍を決め、ステップアップを遂げていった。しかし、テネリフェファンは自分たちの前に立ちはだかったヘタフェに向かったことについてSNSで怒りと悲しみの声を上げている。

    「ガクがもうテネリフェの選手じゃないことを私たちは知っていた。彼が出て行くことも知っていた。しかし予期していなかったのは、ヘタフェに加入するということだった」

    「言ってやる。傭兵たるガクがヘタフェで失敗することを全身全霊で祈っている」

    「ガクに何を期待していたんだよ。彼はリーガ1部でプレーするためにやって来たわけだし、それを達成したわけだ。俺たちのエンブレムにも、ヘタフェのそれにもキスをすることはない。ただのプロフェッショナルであるだけだ」

    「ガクのテネリフェ移籍で示されたのは、いくつかの選手にとってファンの感情など関係ないということだ。彼らが見ているのは金だけだ」

    「ガクがテネリフェからヘタフェに移籍するというのは、フットボールに尊厳も敬意もないということを証明した。恥ずべきことだ」

    「ガク(と彼の代理人たち)はリーガ1部でプレーするために(死ぬほどの)飢餓感があった。彼らの幸運を祈ることなどない」

    一方で、ヘタフェファンは柴崎の加入を喜び、そのプレーを楽しみにしている様子。テネリフェ加入時にもあった、Gakuを『ドラゴンボール』の主人公・孫悟空のGokuにかけるような言動も見られた。そして一人のヘタフェファンは、「ガクは見事なかめはめ波をお前たちにお見舞いしたな!」とつぶやいている。
    2017-07-18_18h44_01
    http://www.sanspo.com/soccer/news/20170718/spa17071809400004-n1.html

    続きを読む

    1:イコ ★@\(^o^)/:2017/07/18(火) 06:02:00.05 ID:CAP_USER9.net
    夏にリーガエスパニョーラ1部に昇格を果たしたヘタフェが、日本人MF柴崎岳(25)の獲得を発表した。

    柴崎は先の冬の移籍市場で、鹿島アントラーズからリーガ2部のテネリフェに半年間の契約で移籍。加入当初こそ適応の問題もあって出遅れたものの、その後には絶対的なレギュラーとして活躍した。テネリフェがリーガ1部に昇格した場合には、契約が自動で延長されるはずだったが、チームは1部昇格プレーオフ決勝で敗れていた。

    柴崎はリーガ1部のクラブに移籍する意思を公言していたが、その移籍先は昇格プレーオフ決勝でテネリフェとともに戦い、惜しくも敗れた相手ヘタフェとなった。ヘタフェは公式HPで、「日本代表のガク・シバサキは今後4シーズンにわたりヘタフェの選手です」と4年契約を結ぶことを発表。21日に入団発表を行うことも併せて伝えている。

    柴崎は憧れと話していたリーガ1部の舞台で、2018年ロシア・ワールドカップ出場を目指す。
    2017-07-18_07h49_58
    GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170718-00000031-goal-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ