海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ヘルタ

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/02/05(日) 01:35:44.54 ID:CAP_USER9.net
    電光石火の一撃でヘルタが2017年初勝利
    theWORLD(ザ・ワールド)?2/5(日) 1:27配信

    ヘルタ、連敗ストップで2017年初勝利

    日本代表FW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンは4日、ブンデスリーガ第19節でインゴルシュタットをホームへ迎え入れた。ウィンターブレイクが明けて以降、2連敗中のヘルタ。トレーニング中に左足首を負傷し、一時は欠場も噂されていたが、今節は原口が4試合ぶりにスタメン復帰することとなった。

    試合は、開始1分に早くもスコアが動く。緩急をつけたドリブルでサロモン・カルーが左サイドを突破し、ペナルティエリア内へ侵入すると、中央へグラウンダーで折り返す。これを走り込んでいた原口が落ち着いてゴールへ流し込み、ヘルタがブンデスリーガ今季最速ゴールで先制に成功。原口にとっては、待望の今季初ゴールとなった。

    その後は、先制したヘルタがリスクを冒さず、ボールをしっかり回すことで落ち着いた試合展開。そのため、両チームなかなかチャンスを作れず、ただただ時間だけが過ぎていく。前半終了間際にインゴルシュタットがセットプレイやサイド攻撃からシュートまで持っていくが、ゴールネットを揺らすまでには至らず。ヘルタが1点リードしてハーフタイムを迎えている。

    後半に入ると、両チーム一進一退の攻防を見せるが、なかなか決定機を活かせない。そして、なんとか同点に追いつきたいインゴルシュタットが猛攻を仕掛け、徐々にペースを握るが、ヘルタがなんとか耐えて試合終了。1-0でホームのヘルタがインゴルシュタットを撃破し、2017年初勝利を挙げた。なお、先制ゴールを挙げた原口はフル出場を果たしている。
    2017-02-05_01h50_20
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170205-00010000-theworld-socc
    2:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/02/05(日) 01:35:56.40 ID:CAP_USER9.net
    [スターティングメンバー]
    ヘルタ:ヤルシュテイン、ペカリーク、ラングカンプ、ブルックス、ミッテルシュテート、ルステンベルガー、ダリダ、原口、ストッカー(→シーバー 63)、カルー(→エスヴァイン 79)、イビセビッチ(→トルナライア 90+1)

    インゴルシュタット:ハンセン、マティプ、ロジェール(→キッテル 66)、ブルジェリ、ハテルギョナイ、クリスティアンセン(→ヒンテルゼーア 66)、モラレス、ズットナー、グロス、ユング(→ライペルツ 76)、レズカノ

    [スコア]
    ヘルタ 1-0 インゴルシュタット

    [得点者]
    ヘルタ:原口(1)
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/21(月) 01:40:07.01 ID:CAP_USER*.net
    【スコア】
    ヘルタ・ベルリン 2-0 マインツ

    【得点者】
    1-0 34分 ウラジミール・ダリダ(ヘルタ・ベルリン)
    2-0 54分 サロモン・カルー(ヘルタ・ベルリン)

    http://liveticker.bundesliga.com/jp/co12/
    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10786988


    ブンデスリーガ第17節が20日に行われ、日本代表FW原口元気の所属するヘルタ・ベルリンと、同代表FW武藤嘉紀の所属するマインツが対戦した。

    3位につける好調ヘルタは、現在2連勝中。ウィンターブレイク突入前最後の一戦となった今節で連勝を維持し、好調のまま前半戦を締めくくりたいところ。前節、今シーズン初めて出番のなかった原口は、右サイドに入りスタメンに復帰した。

    対して、8位のマインツは、前節のシュトゥットガルト戦で引き分けに終わり、連勝が2で止まったものの、ここ6試合無敗をキープ。年内最終戦で今シーズン8勝目を狙う。武藤は1トップに入り、16試合連続の先発出場となった。

    試合はホームのヘルタが主導権を握る。チャンスを作るヘルタは34分に先制点を奪う。ヴェダド・イビシェヴィッチの落としを受けたウラジミール・ダリダが、ペナルティエリアエリア手前中央に持ち上がり、
    切り返しでDFをかわして左足を振り抜くと、シュートはゴール左隅に突き刺さった。ヘルタはマインツにシュートを1本も許さず、1点リードで前半を折り返す。

    流れを変えたいマインツはクリスティアン・クレメンスに代えて、パブロ・デ・ブラシスを投入し、後半を迎える。だが54分、ヘルタが追加点を挙げる。相手のパスミスから、イビシェヴィッチが前線にスルーパス。エリア手前左でボールを受けたサロモン・カルーが、中央へ切り込んで右足を振り抜き、シュートをゴール右隅に決めた。

    リードを2点に広げられたマインツは65分、ダニー・ラッツァと武藤を下げて、フローリアン・ニーダーレヒナーとジョン・コルドバを投入し、交代枠を使い切る。66分には、デ・ブラシスのパスを受けたハイロ・サンペリオがエリア手前中央からチーム最初のシュートを放つが、DFに当たり、枠の左に逸れた。

    82分、ヘルタは原口が右サイドからグラウンダーのクロスを供給。相手GKとDFの間に通す絶妙なボールを、イビシェヴィッチが合わせてネットを揺らすが、オフサイドの判定でノーゴールとなった。後半アディショナルタイムに入った直後、相手GKのパスをカットした原口が、DF2人をかわしてエリア内右に侵入。だが、飛び出した相手GKにセーブされ、得点には繋がらなかった。

    試合はこのままタイムアップ。ヘルタが2-0で勝利を収め、3連勝で年内最終戦を締めくくった。一方のマインツは7試合ぶりの黒星となった。なお原口はフル出場。武藤は65分までプレーした。

    ヘルタは次節、1月23日にホームでアウクスブルクと対戦。マインツは同日にインゴルシュタットとのアウェーゲームに臨む。
    2015-12-21_04h33_12
    SOCCER KING 12月21日(月)1時28分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151221-00381402-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1450629607/

     
    続きを読む

    2015-11-07_13h14_20
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/11/07(土) 07:12:31.97 ID:???*.net
    ブンデスリーガ第12節が現地時間6日に行なわれ、日本代表MF清武弘嗣が所属するハノーファーは
    日本代表FW原口元気のヘルタ・ベルリンをホームに迎えて対戦し、1-3で敗北した。

    ここまでリーグ戦8試合に出場している清武は、今節も先発出場を果たした。1日に行われたハンブルガーSV戦に続いて2試合連続ゴールとなったが、チームは3失点を喫して敗れている。

    試合はヘルタ・ベルリンが33分に原口のアシストでカルーが先制点を奪うと、60分にもカルーが追加点を奪いハノーファーは追いかける展開となる。すると、70分に清武がPKを沈め1点を返す。

    しかし、試合終了間際に今度はカルーがハットトリックとなるPKを決めて1-3で試合は終了した。これでハノーファーは早くも今季7敗目を喫している。一方、ヘルタ・ベルリンは勝点を20に伸ばした。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151107-00010003-footballc-socc
    フットボールチャンネル 11月7日(土)6時41分配信
    試合スコア
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2015/ger/ger-10786941.html
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1446847951/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/09/13(日) 16:26:12.64 ID:???*.net
    ブンデスリーガ第4節が12日、各地で行われた。地元メディアが、日本人選手の採点と寸評を掲載している。

    ヘルタ・ベルリン所属の日本代表FW原口元気は、シュトットガルト戦にフル出場。前半14分に先制点となる今シーズン初ゴールを挙げ、2-1の接戦で勝ち点3に貢献した。ドイツメディア『Sportal.de』は、原口にチーム単独最高となる「2」の高評価をつけている。

    同代表DF酒井宏樹と、MF清武弘嗣が所属するハノーファーは、ホームに同代表MF香川真司を擁する首位のドルトムントを迎えたが、2-4で逆転負け。またしても今シーズン初勝利を逃した。この試合で、清武が右足骨折による長期戦線離脱から復帰。今シーズンから背負う「10」番でのデビューを果たした。同メディアは敗れはしたものの、「チームの攻撃を蘇らせたことに疑いの余地はない」と絶賛し、清武にチーム2番目となる「2.5」をつけている。

    一方の酒井は、おしなべて厳しい評価の並んだ守備陣の中では、ただ1人「3.5」となり、まずまずの評価となった。

    各選手の採点と寸評は以下の通り。(いずれも最高1点、最低6点)

    ■原口元気
    対シュトットガルト(2-1○)フル出場
    『Sportal.de』
    採点:2
    寸評:「長旅の疲れをものともしない、恐るべき強力なパフォーマンスだった。先制ゴールでは、アダム・フロシェクを棒立ちにさせ、センターフォワードの流儀として最高の仕上げを見せた。その後も、左サイドで常に脅威を生み出し、相手右サイドバックのフロリアン・クラインを苦しめた。特に後半のセンタリングは見事だった。もっとも、(受けた)サロモン・カルーはわずかにオフサイドの位置だったが」

    『Berliner Zeitung』
    採点:なし
    寸評:「右足で切り返し相手をかわし、左足でシュート。GKの股を抜く先制ゴールを決めた。集中していた。その後も、羅針盤をたずさえながら、ありとあらゆる場所に現れ、つねにゴールを目指していた。終了20分前に、先制点をコピーしようとしたが、サロモン・カルーが決めきれなかた」

    ■清武弘嗣
    対ドルトムント(2-4●)先発出場、79分交代
    『Sportal.de』
    採点:2.5
    寸評:「攻撃を蘇らせたことに疑いの余地はない。彼のセットプレーは、ベストだった時と同じくらいの威力を発揮した。センターにおける指導者であり哲学者だった。そして、ボールキープ力も、パスの精確さも持ち合わせていた。さらに、先制ゴールでは、深い位置から強力なパスを出している」

    ■酒井宏樹
    対ドルトムント(2-4●)フル出場
    『Sportal.de』
    採点:3.5
    寸評:「ボールタッチ数はチーム最多で、パス成功率でもまずまずの数字を残した。攻撃では、大きな力になることはほとんどなかったが、ドルトムント相手なので、それは彼にとってメインの仕事ではない」
    487875970-500x375
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150913-00349574-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1442129172/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/09/13(日) 00:30:46.32 ID:???*.net
    ブンデスリーガ第4節が12日に行われ、日本代表FW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンとシュトゥットガルトが対戦した。

    前節、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントに敗れ今シーズンの初黒星を喫したヘルタ・ベルリンはここまで1勝1分け1敗で11につけている。3連敗と苦しんでいるシュトゥットガルトをホームに迎えたこの一戦に原口は左MFで先発出場している。

    最初にチャンスを作ったのはヘルタ・ベルリン。7分左サイドから攻め上がり原口が左足でクロスボールを供給。これに中央でサロモンが頭で合わせたが、シュートは枠の上に外れた。すると14分、ヘルタ・ベルリンが先制に成功する。右サイド高い位置で得たスローインからチャンスを作ると、エリア内右でパスを受けた原口はワントラップから鋭い切り返しで相手DFをかわし、左足を振り抜いてゴール右隅にシュートを決めた。

    1点を追うシュトゥットガルトは23分にクリスティアン・ゲントナー、26分にはダニエル・ギンチェクにシュートチャンスが訪れたがいずれも枠を捉えられない。それでも36分、右サイドで得たFKのチャンスからシュトゥットガルトが同点に追いつく。キッカーを務めたフィリップ・コスティッチが左足でクロスを上げると、エリア内中央でフリーとなっていたトニ・シュニッチがヘディングシュートを叩き込み、試合は振り出しに戻る。

    追いつかれたヘルタ・ベルリンはさらにアクシデントに見舞われる。45分、スライディングタックルを受け負傷したロイ・ベーレンスがヴェダド・イビシェヴィッチとの交代を余儀なくされた。しかしその直後の前半アディショナルタイム3分、ヘルタ・ベルリンが勝ち越しゴールを挙げる。右サイドのセットプレーの流れからエリア外にこぼれたボールをファビアン・ルステンベルガーが豪快にボレー。強烈なシュートはGKの手を弾いてゴール右隅に突き刺さった。

    試合はこのままホームのヘルタ・ベルリン2-1とリードし前半を折り返す。

    後半に入って55分、シュトゥットガルトはマーティン・ハルニックに代えてロビー・クルーズを投入した。
    すると直後の56分、左サイドで得たセットプレーから前半にヘディングシュートを決めたシュニッチがまたも頭で合わせたが、ここは枠を捉えられなかった。

    ヘルタ・ベルリンは69分、左サイドでボールを受けた原口がエリア手前のカルーへパスを送ると、ドリブルで持ち出したカルーがミドルシュートを狙ったが、DFにブロックされてしまった。直後の70分にはシュトゥットガルトにチャンス。右サイドのアレクサンドル・マクシムがカットインから右足でミドルを狙ったが、低い弾道のシュートはわずかにゴール左に外れた。

    73分、ヘルタ・ベルリンはカルーを下げてニクラス・シュタークを投入する。一方のシュトゥットガルトも79分、ダニエル・ディダヴィに代えてアリアニト・フェラティをピッチに送った。ヘルタ・ベルリンはさらに82分、ペア・シェルブレットとの交代でアレクサンダー・バウムヨハンが投入された。

    後半は互いに決定機を作ることができず、終盤には同点ゴールを目指すシュトゥットガルトが押しこむ時間が増えたがしっかり守ったヘルタ・ベルリンが2-1で逃げ切り、今シーズン2勝目を挙げた

    次節、ヘルタ・ベルリンはアウェーでヴォルフスブルクと、シュトゥットガルトはホームでDF内田篤人が所属するシャルケと対戦する。

    【スコア】
    ヘルタ・ベルリン 2-1 シュトゥットガルト

    【得点者】
    1-0 14分 原口元気(ヘルタ・ベルリン)
    1-1 36分 トニ・シュニッチ(シュトゥットガルト)
    2-1 45分+3 ファビアン・ルステンベルガー(ヘルタ・ベルリン)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150913-00349345-soccerk-socc
    SOCCER KING 9月13日(日)0時26分配信
    GettyImages-487870810-500x346
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150913-00349345-soccerk-socc.view-000

    試合スコア
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2015/ger/ger-10786870.html
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1442071846/

     
    続きを読む


    2015-08-31_00h46_50

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 00:25:32.32 ID:???*.net
    キックオフ:22:30 / 試合会場:シグナル・イドゥナ・パーク

    ボルシア・ドルトムント 3-1 ヘルタBSC

    マッツ・フメルス(前半27分)
    ピエール・エメリク・オーバメヤン(後半6分)
    サロモン・カルー(後半33分)
    アドリアン・ラモス(後半48分)

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10786856
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1440948332/


    続きを読む

    2015-08-30_21h14_26


    ブンデスリーガ(前半27分経過)
    ドルトムント1-0ヘルタ

    得点者
    前半27分:フンメルス(ドルトムント) 

     続きを読む

    2015-08-30_05h59_31
    ドルトムントvsヘルタ戦は日本時間8/30(日)22:30キックオフ


    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/08/29(土) 10:32:49.75 ID:???*.net
    開幕から2戦続けて4-0の大勝を収め、4連覇を狙うバイエルンを抑えて堂々の首位に立つ日本代表MF香川真司所属のドルトムント。トーマス・トゥヘル新監督の下、よりパワーアップして再生を果たした攻撃陣に敵も戦々恐々だが、30日に行われるブンデスリーガ第3節では、同代表FW原口元気の所属するヘルタ・ベルリンがそのドルトムントに挑む。

    27日のヨーロッパリーグ予選プレーオフ・セカンドレグでも7ゴールと、手のつけられない強力攻撃陣に対抗する切り札として、ヘルタを率いるパル・ダルダイ監督は原口元気を指名した。

    複数の地元紙が伝えたもので、『Berliner Morgenpost』紙は、「原口がチャンピオンズリーグ覇者のカルーを押しのける」との見出しをつけた記事を掲載。

    「ダルダイ監督は、矢のように速い(ピエール・エメリク)オーバメヤン、(マルコ)ロイス、(ヘンリク)ムヒタリアン、香川を擁する黄色と黒のオフェンスパワーに対抗する手段として、スピードに思い至った」と、
    原口のスピードを武器にドルトムントに立ち向かうプランを紹介した。

    昨シーズン、鳴り物入りで加入したコートジボワール代表FWサロモン・カルーは、今シーズンの公式戦3試合で早くも2得点を挙げているが、推進力とスピードの点で軍配の上がった原口に、ストップ・ザ・ドルトムントの大役が与えられることになった。

    原口の相手ゴール前での果敢な動きを高く買っているダルダイ監督。ドルトムントでの一戦では、ボールを奪われた時の守りの重要性を説き、原口に対しては、ボールを持った相手に前線で素早くプレスをかけることを期待しているようだ。「ゲンキはスピードが武器。我々はドルトムント相手にあらゆるスピードを使わなければならない」と起用も明言し、1トップでの先発が予想される。

    ドルトムント対策に各チームが頭を悩ますことになりそうな今シーズン、ヘルタは原口を武器に突破口を探る。
    2015-08-29_11h50_59
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150829-00344890-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1440811969/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ