海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ベイル

    1: Egg ★ 2019/07/16(火) 09:19:48.05
    レアル・マドリーで戦力外扱いとなっているMFガレス・ベイルの獲得に名乗りを挙げる欧州のクラブが、ついに現れたようだ。スペイン『マルカ』によれば、ウェールズ代表MFの古巣トッテナムが獲得に動いているという。

    昨季終了直前にジネディーヌ・ジダン監督から戦力外通告を受けたとされるベイル。しかし、ここまでに報じられたオファーは中国の上海申花のものだけとされ、欧州のクラブが動いている様子はなかった。中国申花はベイルに対して、現年俸を上回る額を用意していたとされるが、移籍金を支払う考えがなかったためにレアル・マドリーから拒否されたとみられる。

    そして16日付の『マルカ』は、1面で「ベイルに出口がある」との見出しを打った。曰く、トッテナムは2007年から2013年まで擁していたベイルを取り戻すべく、レアル・マドリーに移籍金5000~6000万ユーロを支払う意思があると伝えた模様だ。

    ただしトッテナムには、ベイルがレアル・マドリーで受け取る年俸1700万ユーロ+インセンティブを支払う余裕はなく、もし獲得するとしても年俸を現在の半分ほどに引き下げなければならないという。そのためにレアル・マドリーは、トッテナムにベイルを売却する際には5000~6000万ユーロという移籍金額を受け入れるかどうかという問題のほか、ベイルの残り3年分の年俸の半分、約2500万ユーロをベイルに支払わなければならないようだ。

    16日に30歳となったベイルは、トッテナム復帰でロンドンへ戻り、プレミアリーグに再挑戦することに否定的ではない様子。だが、レアル・マドリーと結ぶ2022年までの契約で受け取るはずだった年俸額をあきらめる考えは毛頭ないとされる。

    なお今夏に3億ユーロ分の補強をしたレアル・マドリーは、ファイナンシャルフェアプレーによって差額1億ユーロ分、つまり2億ユーロの売却収入が必要な状況となっており、ベイル、MFハメス・ロドリゲス、FWマリアーノ・ディアスといった選手の売却を予定している。果たしてベイルの売却先は、トッテナムになるのだろうか。

    7/16(火) 8:49配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190716-00010008-goal-socc

    no title

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/07/02(火) 22:11:22.01
    7/2(火) 21:00配信
    ベイル、レアル残留へ。代理人がプレシーズン参加を明言

    リーガ・エスパニョーラのレアル・マドリーに所属するウェールズ代表FWガレス・ベイルが同クラブに残留し、プレシーズンを戦うチームに帯同することになりそうだ。英メディア『デイリー・メール』などが現地時間の2日に報じた。


    2013年9月からレアルに在籍するベイル。これまでリーグ優勝やUEFAチャンピオンズリーグ制覇など、様々なタイトル獲得に貢献してきた。昨季も公式戦42試合に出場し14得点6アシストを記録している。途中出場からゴールを決めるなど、少ないプレー時間で印象的な活躍を見せることもあるベイルだが、怪我の多さはレアルを悩ませている。

    そんなベイルにはマンチェスター・ユナイテッドやインテル、バイエルンやトッテナムなども興味を示している。インテルはベイル獲得に向け、レアルと交渉を行っていると報じられていた。だがベイルに移籍の意思はなく、同クラブ残留を希望している。

    さらに、ベイルの代理人が米メディア『ESPN』のインタビューで「ベイルはレアルを去ることを考えていない。来週から始まるプレシーズンへ向けて、準備を進めている」と話した。

    プレシーズン参加でレアル残留となるのだろうか。
    a664998375e65370a3547bdca35c59a5-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190702-00329081-footballc-socc

    続きを読む

    2019-06-30_11h15_22

    1: 風吹けば名無し 2019/06/30(日) 06:16:45.02
    男気ですわ

    2: 風吹けば名無し 2019/06/30(日) 06:17:13.05
    まあ使わんけどな
    ジダンはその条件で戻ったから

    3: 風吹けば名無し 2019/06/30(日) 06:17:48.47
    >>2
    こんなスーパースターを干し続けるなんてこと現実的に可能なんか?

    6: 風吹けば名無し 2019/06/30(日) 06:19:00.61
    来季もレアルのエースとして君臨していただきたい

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/06/14(金) 13:03:03.99
    6/14(金) 12:56配信
    去就不透明ベイルの状況を変える方法はただ一つ…元レアル・マドリー会長「ローン移籍が全員にとってベスト」

    レアル・マドリーの元会長であるラモン・カルデロン氏は、去就に注目が集まるギャレス・ベイルをローンで放出すべきだと主張した。

    2013年にトッテナムからレアル・マドリーに加入したベイルは、新エースとして大きな期待を集めていた。しかし、幾度にもわたり故障に泣かされ、ピッチに立っても十分なインパクトを残せず、失意のシーズンを送った同クラブの中で今夏に放出される有力候補に挙がっている。

    さらに、今夏にはエデン・アザールら新戦力が加入したことにより、残留した場合でも立場がさらに危うくなることが予想され、退団が濃厚と考えられているベイルだが、依然として去就は不透明。このウェールズ代表FWの現状を受け、カルデロン氏は同選手の完全移籍は難しいだろうと『スカイスポーツ』で話した。

    「彼のここでのシチュエーションはとても難しいものになっている。(ジネディーヌ)ジダンが彼に見切りをつけていることも明らかだ。今シーズンの状況を見ても、彼のような選手にとって大きな失望だ。それに移籍金も問題だ。レアル・マドリーは彼の売却で多くの資金を得ようとしているが、簡単ではない」

    「だから、全員にとって最善の策はローン移籍だろう。選手はフィールド上で自信を取り戻すことができるし、レアル・マドリーは彼の価値を再び上げられるかもしれない。ケガや金銭面、さまざまな理由で彼はここで成功できなかった。クリスティアーノ(ロナウド)より多額の移籍金を払ったから、彼はクリスティアーノよりも優れたプレーを求められた。しかし、それはとても難しいことだ」

    さらに、カルデロン氏は1億ユーロ(約122億円)で加入したアザールについても言及。ロナウドの穴を埋める存在として大きな期待が寄せられるベルギー代表FWを称賛するも「彼はファンタスティックだが、クリスティアーノは唯一無二の存在だ。彼のような選手をこれまでに見たことがない」と期待が高まりすぎる状況に警鐘を鳴らしている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190614-00010015-goal-socc
    no title

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/06/06(木) 09:48:35.81
    2019年6月6日 07:24

    インテルを率いるアントニオ・コンテ監督がレアル・マドリーに所属するウェールズ代表FWガレス・ベイル(29)の獲得を望んでいるようだ。伊『フットボール・イタリア』が報じている。

    2013年9月にトッテナムからレアルに加入したベイル。活躍が期待されてきたが、負傷を繰り返すなど、その稼働率は60%ほど。今季は公式戦42試合で14ゴールを記録したが、ジネディーヌ・ジダン監督の構想外となっている。

    そんな中、スペインTV局『エル・チリンギート』によると、インテルの監督に就任したコンテ新監督が、同クラブのジュゼッペ・マロッタ最高経営責任者(CEO)とピエロ・アウジリオスポーツ・ディレクター(SD)にベイル獲得を要求したという。

    ベイル自身はレアル残留を望んでいるようだが、退団となれば高額な移籍金となる可能性があり、この夏の去就に注目が集まる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190606-43467909-gekisaka-socc
    no title

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/05/22(水) 16:00:29.95
    5/22(水) 15:57配信
    「僕たちはロボットみたい」「子どもの頃の感情は失う」ベイル、プロサッカー選手としての“現実”を語る!

    どんな仕事にも大変な一面がある。それは、多くの人があこがれるプロサッカー選手という職業でも同じだ。

    レアル・マドリーに所属するウェールズ代表のガレス・ベイルが、英スポーツ専門チャンネル『BT Sport』でサッカー選手であることの難しさを語った。英紙『Daily Mail』が伝えている。

    現役を退いた元選手たちのなかに「生活を取り戻す」と口にする者は少なくないが、ベイルは、その気持ちが分かるか問われると、「よく分かるよ。ゴルフやテニスの選手のようには、自分のスケジュールを選ぶことができないからだ」と答えた。

    ベイルは、「だから、僕たちはロボットみたいなものだ。いつどこにいろとか、いつ食事しろ、いつコーチのところに行けと指示される。ある意味、自分の生活を失ったようなものだ」と述べている。

    「自分がしたいことや、したいことをいつするかを選べないんだ。だから、(引退後の選手が)そういうことを言うのはよく分かる」
     
    一方でベイルは、「サッカー選手のキャリアはとても短いから、時には犠牲を払わなければいけないとも思う」と、トップ選手として必要なことだとの見解も示した。

    「その価値があると考える人もいれば、ないと考える人もいる」

    ただ、確かなのは、プロサッカー選手に憧れていた少年時代の気持ちのままで務まる仕事ではないということだ。ベイルは、「子どものころはあまり気にせず、友達と楽しむだけで、ただ笑っていた」と続けている。

    「トップレベルになると、プレッシャーや期待がある。いつもネガティブに言ってくる人たちがいて、子どものころのような感情は失われるんだ。正直、それは多くのスポーツにおいて自然なことだと思う」

    不振にあえいだ今シーズンのマドリーで“戦犯”のひとりとして批判され、この夏の去就が騒がれているベイルだけに言葉にはそれなりの重みが感じられる。

    構成●サッカーダイジェストWeb編集部
    2019-05-22_17h57_48
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190522-00058939-sdigestw-socc
    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/05/20(月) 03:37:54.06
    5/20(月) 0:49配信
    ジダン、退団既定路線のベイルを最後の最後まで起用せず…「そうだね。そうしなかった。すまなかった」

    19日にリーガ・エスパニョーラ最終節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのベティス戦を0-2で落とした。ジネディーヌ・ジダン監督は試合後、今季限りでの退団が既定路線とされるMFガレス・ベイルを起用しなかった理由を説明している。

    ジダン監督は、すでに戦力外通告を告げたと報じられるベイルを過去2試合のように招集外とせずベンチスタートとしたが、結局起用することないまま試合を終えた。試合後会見に出席したジダン監督は、「ベイルに別れを告げさせなかった」との指摘を受け、まるで開き直るかのように、すぐさま次のように切り返している。

    「そうだね。そうしなかった。すまなかった」

    その言葉により会見場は沈黙に包まれ、少し間を置いてからジダン監督は再び口を開く。そこで強調したのは、ベイルの去就がまだ決定していないことと、交代策が試合展開によって決められることだった。

    「これから何が起こるか分からない。今日は違う選手を戦力とした。試合の状況から違う選手を途中から起用した。私の返答は、彼じゃない選手たちを起用したというものになる」

    「今日、彼を使わなかったのは事実だ。だが未来に何が起こるか分からない。私は今、このときを生きながら決断を下す。好ましくない、都合が良くないと感じた際にも決断する」

    「彼はこのクラブで多くの成功を勝ち取ったが、私たちは過去に生きているわけではない。あるのは今、このときだけであり、私はそこから決断を下すんだよ」

    その一方で、ベイル同様に戦力外通告を言い渡されたとされるGKケイロール・ナバスは先発出場。試合終了後にはファンに感謝の拍手を送り、大喝采を返されている。

    「あれが別れの場面だったか? 知らない。選手たちについて言及する必要はないし、これから何が起こるのかを見てみよう。どうなるのかは分からない。ケイロールは良いプレーを見せ、それに対して人々は満足だった。そういうことだ」

    今季最終戦にも敗れたレアル・マドリーだが、ジダン監督は今季の失敗が糧になることを説いた。

    「もちろん、この試合の結果は私たちが望んでいたことではない。望んだようにできなかったということだ。この結果は正当だよ。結局のところ、私たちは今シーズンの内容について受け止めなくてはならない。今季のことは忘れてはいけないんだ。未来への糧となるものだから。悪いことがあれば、次に良いことがやってくる。その逆も然りだ」

    「問題はフィジカルではない。フットボールはモチベーションの問題で、最後までそれが響いた。とにかく、もう来季について考えなくてはね」

    「監督は私であり、それが変わることはない。もちろん、チームに変化は生じる。それは知的な変化となるはずだ。今はとにかく休み、気分を一新して戻ってきたい」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190520-00010001-goal-socc
    no title

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/05/15(水) 13:04:01.17
    5/15(水) 12:32配信
    ベイル売りたいレアルが“苦肉の策”? 週給一部負担の逆オファーを提示か

    チームに所属する29歳のウェールズ代表FWガレス・ベイルを移籍させるために、レアル・マドリーが“苦肉の策”をとるかもしれない。14日に英メディア『チームトーク』が報じている。


    2013年夏にトッテナムからベイルが加入した際、マドリーは当時のレートで移籍金9100万ユーロ(約118億3000万円)を支払っている。出来れば、その移籍金を回収したいところだが、一刻も早くベイルを売りたいマドリーは逆オファーを提示した模様。

    同メディアによると、ベイル獲得に興味を示すトッテナムに対して、マドリーはレンタル料1000万ポンド(約14億1000万円)での期限付き移籍を提案しているという。それだけでなく、週給60万ポンド(約8500万円)の一部に当たる週給25万ポンド(約3540万円)を移籍先クラブが支払い、残りをマドリーが負担する案も考えているようだ。

    一方、マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバの獲得を目指すマドリーは、ポグバの移籍金を下げるためにベイルの譲渡を交渉に含める提案をしていた。しかし、この提案はユナイテッド側に拒否されたとの情報もある。

    ベイルはマドリーとの契約を2022年6月まで残している。今夏移籍しない場合、マドリーは残り3年間も週給60万ポンドを支払うことになる。これは、マドリーにとっては大きな負担だ。とはいえ、完全移籍で売却しようにも高額な週給+高い移籍金を支払えるクラブは限られる。そのため、マドリーは週給一部負担、または別の選手の移籍交渉の中でベイルの譲渡を含めるなどして、様々な方法でベイルの売却に動いているようだ。
    2019-05-15_14h57_16
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190515-00321561-footballc-socc
    no title

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/05/12(日) 00:38:41.20
    5/11(土) 22:39配信
    ジダン、ベイルへの戦力外通告報道について「話したかもしれないし、話してないかもしれない」

    レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、MFガレス・ベイルに対して戦力外を通告したとの報道について言及している。

    ジダン監督はMFガレス・ベイル、MFマルコス・ジョレンテ、MFダニ・セバジョスと個人面談を行い、来季構想外であることを伝えたと報じられる。11日のリーガ・エスパニョーラ第37節、敵地アノエタでのレアル・ソシエダ戦を前に会見に出席した同指揮官は、ベイルとの個別面談について問われて肯定も否定もしなかった。

    「内密の話は内密のものだ。私はすべての選手たちとそうする必要があるが、話した内容はその場にとどめないといけない。彼と話をしたか? そうかもしれないし、そうじゃないかもしれない。選手たちとは将来以外の話もしている」

    その一方でM・ジョレンテについては、次のようにコメントしている。

    「彼は出場機会を必要としているが、実際、出場するに値する選手だ。アラベス戦では良いパフォーマンスを見せたが、それは継続的にプレーできたからだろう。ここで継続的にプレーできないのは、重要な選手たちがほかにもいるからだ。それが人生の掟であり、私たちにその現実を変えることはできない」

    「私がマルコス・ジョレンテにチャンスを与えなかったと言うことはできない。23選手もいれば、出場機会が少ない選手は常に存在するんだ」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190511-00010027-goal-socc
    no title

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ