海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ベイル

    1: Egg ★ 2020/09/26(土) 09:59:24.55 _USER9
    9月27日(日本時間)のアウェイで行われるラ・リーガ第3節ベティス戦を前に、レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督が会見を行った。ベティスはここまで開幕2連勝を飾り、失点数は「0」。

    ■【動画】「ハングリーだ」トットナムに移籍したベイルのインタビュー■
    https://futabanet.jp/soccerhihyo/articles/-/82367?page=3

    手強い相手に対し、「ベティスはラ・リーガでとてもいいチーム。そういう相手と戦うことを分かっている」「ペジェグリーニ監督は、経験があり、ベティスをいい方向に向かせている」と賛辞を惜しまなかった。報道陣の質問は、エデン・アザールやマルコ・アセンシオ、イスコといった、前節のソシエダ戦にメンバー入りしなかった選手の帯同はあるのか、カリム・ベンゼマの移籍の可能性はあるのか、クラブに補強は望むかといった、チーム状況に関する質問が相次いだ。その中で、当然出てきたのがFWギャレス・ベイルへの質問だ。

    ベイルは今季、古巣トッテナムに期限付きで移籍。しかも、給料をレアルが半分払うという、ベイルにとっては屈辱的な“放出”である。2013年の夏に、当時の史上最高額1億ユーロ(約132億円)という巨額の移籍金でレアルに加入したことを考えれば、あまりに寂しい移籍だった。

    そのため、報道陣からベイルに関する質問が飛ぶのは自然の流れだった。しかしジダンは、「彼については答えるつもりはない」とキッパリ。さらに、続けた言葉は「ベイルの健闘を祈る。以上です」とそっけないものだった。それまでの受け答えとはまったく異なる、冷たい一面を見せたのだ。

    一方のベイルは、彼の代理人がイギリスで「レアルでベイルは正しい扱いを受けなかった」「レアルは助けてくれなかった」と恨み節を語るなど、レンタル移籍とは思えない決別の態度を見せている。かねてから噂されているジダンとの確執を表すものだった。

    混迷するライバル・バルセロナについて聞かれても「私は何が起きているのかよく知らない」と返したように、ジダンはチーム内の確執について、最後まで慎重な様子を貫いた。昨季、ラ・リーガを制したレアル・マドリードは王者としての戦いを見せられるのか。指揮官の手腕が問われる。

    9/26(土) 8:01配信 サッカー批評
    2020-09-26_17h37_18
    https://news.yahoo.co.jp/articles/06f19b9162a2f6bee66a37923b0b2761a597c698

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/09/20(日) 02:55:14.36 _USER9
    トッテナムは19日、レアル・マドリーのウェールズ代表FWガレス・ベイルの期限付き移籍加入を発表した。

    レンタル期間は1年間で背番号は9に。12-13シーズンまでトッテナムに在籍していたベイルにとって、7シーズンぶりの復帰となる。英『スカイスポーツ』によると、トッテナムは給与を含めてレンタル料金2000万ポンド(約27億円)をレアル・マドリーに支払うことになるようだ。

    1989年7月16日生まれで現在31歳のベイルはサウサンプトンでプロデビューを飾ると、07-08シーズンにトッテナムに加入。6シーズン在籍し、13-14シーズンには当時の史上最高額となる1億ユーロ(約130億円=当時)でレアル・マドリーに移籍していた。

    4度のUEFAチャンピオンズリーグ優勝など、多くのタイトル獲得に貢献していたが、近年はジネディーヌ・ジダン監督の構想外となり、昨季はキャリアワーストのリーグ出場14試合、2得点を挙げたのみだった。
    2020-09-20_11h14_44
    https://news.yahoo.co.jp/articles/8ed7b50a2b98af5a2bd9a23ed12a9efe1265f4b6

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2020/09/17(木) 00:02:07.27 _USER9
    Posted on 2020.09.16

    レアル・マドリードに所属するウェールズ代表FWガレス・ベイルは、古巣であるトッテナムへの移籍に向けた交渉が進められているようだ。イギリス、スペイン両国メディアで様々な動きが報じられている。

    マドリーとの契約はあと2年間残しているが、ジネディーヌ・ジダン監督の構想外とされているベイル。マンチェスター・ユナイテッドなどからの関心も噂されていたが、古巣のトッテナムが移籍先候補として大きく浮上してきた。

    ベイルの代理人を務めるジョナサン・バーネット氏は古巣復帰に向けた交渉中であることを認めている。「ガレスが過去7年間で最もマドリー退団に近づいているのは間違いない。簡単な取引ではないが、近づいていると信じる理由はある。順調に進めばすぐに動くかもしれない」と『スカイ・スポーツ』は同氏のコメントを伝えた。

    英紙『インディペンデント』は、ベイルがトッテナムへの「レンタル決定に近づいている」と伝えた。ベイルの高額年俸の負担から逃れたいマドリーは完全移籍での放出を望んでいるが、トッテナムはレンタルを希望している模様。また、トッテナムはベイルの報酬額の50%までしか負担しない考えだとされている。

    マドリーから年俸3000万ユーロ(約37億2000万円)を受け取っているというベイルの報酬は、50%でも相当な高額。英紙『デイリー・メール』は、半額のみで計算してもFWハリー・ケインを上回るチーム最高の報酬額になると伝えている。

    英紙『テレグラフ』は独占情報として、ベイルと入れ替わる形でイングランド代表MFデル・アリがマドリーにレンタルされる可能性もあると報じた。トッテナムはベイルの年俸の50%を、マドリーはアリの年俸の100%を負担する形だとされている。

    様々な情報が飛び交う中、トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督もメディアからベイル獲得の可能性について質問を受けた。「(過去に)獲得しようとしたが不可能だった。それは全く秘密ではない」と認めつつ、現状については「ガレス・ベイルはレアル・マドリードの選手だ。他クラブの選手についてはコメントしない」と述べている。

    同じくマドリーが保有するDFセルヒオ・レギロンもトッテナムへの移籍に近づいていると報じられている。英メディアではそのレギロンやベイルを加えたトッテナムの予想フォーメーションも作成し、ベイル、ケイン、ソン・フンミンの前線は非常に強力なものになるとも予想されている。

    【了】
    https://www.footballchannel.jp/2020/09/16/post389176/
    no title

    続きを読む

    1: 数の子 ★ 2020/09/12(土) 19:26:42.50 _USER9
    『The Telegraph』によると、レアル・マドリーはこの夏、ガレス・ベイルが新しいクラブを見つけられるようにするために、給料の半分を負担し、フリーで放出する用意があるようだ。


    その契約は2022年までとなっているが、現在の移籍市場では、彼の高額な給与がネックとなり、関心を示すクラブはほぼいないという。

    マドリーは国外の移籍が決まれば、残り2シーズンの契約期間中にベイルの給料の半分を負担することができるという。ベイルは、プレーヤー・オブ・ザ・シーズンに選ばれたことのあるプレミアリーグへの移籍を希望しているようだ。

    現在、トッテナムとマンチェスター・ユナイテッドがベイルに興味を持っていると言われている。モウリーニョは、以前ユナイテッドを率いていた時に獲得したいとほのめかしていた。

    構想外のベイルは昨シーズン、わずか1260分(14試合分)しか出場していない。しかし、9月に行われたUEFAネーションズリーグでは2試合に先発出場している。
    2020-09-12_23h55_33
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7c722eff65f430474e892fecc902de6a0e3864cb

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/08/08(土) 14:04:04.79 _USER9
     世界中のサッカーファンから「やっぱりな」との声が上がりそうだ。

    ラ・リーガ王者のレアル・マドリーは現地金曜日、チャンピオンズ・リーグのラウンド・オブ16(第2レグ)でマンチェスター・シティとの大一番を戦った。第1レグのホームゲームで1-2と敗れており、まさに背水の陣を敷いてのビッグチャレンジだ(結果は1-2の黒星。2戦合計2-4での敗退が決まった)。

    ジネディーヌ・ジダン監督は出場停止でピッチに立てないセルヒオ・ラモスもマンチェスターに帯同させるなど、チーム一丸となっての総力戦を訴えた。しかしながらそんななか、ひとりだけマドリードに残った選手がいる。ほかでもない、指揮官との確執が深刻なウェールズ代表MF、ガレス・ベイルである。

    試合前日会見でジダン監督は、「彼はプレーしないことを望んだ。いろいろと話はしたが、その事実がすべてで、君たちに話せる唯一のことだ」と明かした。さらに指揮官は「関係性はなにも変わっていないよ。彼は我々のプレーヤーであり、私はその事実と彼自身をリスペクトしている。ほかの選手と同様にね」とフォローしたが、両者の間に深まる溝はもはや修復不可能と見られている。

    そしてマンC戦のキックオフを3時間後に控えたタイミングで、地元テレビ局の『El Chiringuito』がひとつの動画をツイッターに投稿。そこにはなんと、金曜日の昼に友人とゴルフに興じるベイルの姿が映し出されていた。これまでも怪我のために遠征帯同を回避したにも関わらず、リハビリメニューをすっぽかしてゴルフをラウンドするなど物議を醸したベイルだが、今回もやらかしてしまった格好だ。

    番組のコメンテイターは「みなさん、信じられますか! 彼はまたしてもゴルフコースに行ったようです。もはや失望を超越した行動だ!」と呆れ顔で声を荒げた。

    週給35万ポンド(約4750万円)の超高給取りながら、完全にベンチウォーマーに成り下がっているベイル。移籍の噂は絶えないが、不思議にも選手本人に退団の意思はないとも伝えられている。

    英公共放送『BBC』の解説者で元イングランド代表FWのガリ-・リネカー氏は同情的で、自身のツイッターで「人びとは彼の身に本当になにが起こっているのかを理解していない」と綴った。ベイル自身も直近のインタビューで、「ベルナベウ(本拠地)の8万人のサポーターからブーイングを受けるんだ。自信を無くしてしまうよ。これが最大の疑問であり、まったく理解できない」と苦言を呈している。

    それぞれの思惑が交錯し、こじれにこじれている“ベイル狂騒曲”。はたしてこの夏に、ひとつの結論が見出されるのだろうか──。

    動画
    https://twitter.com/elchiringuitotv/status/1291725339937382400
    2020-08-08_14h58_26
    https://news.yahoo.co.jp/articles/8d65c371becda319831c39d23a97042a4fd5809d

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/08/07(金) 16:27:14.84 _USER9
    マンチェスター・シティとのチャンピオンズ・リーグ(CL)、ラウンド・オブ16第2レグの遠征メンバーリストに、ガレス・ベイルの名前はなかった。

    以前から去就が取りざたされるウェールズ代表は、対立が繰り返し報じられるジネディーヌ・ジダン監督と“決別”したという。スペイン紙『Marca』は、ベイルと指揮官の関係が「完全に破綻」していると報じた。会話や目を合わせることすらなく、「無視している」状態と伝えている。

    ジダンは、ベイルとプロフェッショナルな関係という従来の主張を繰り返した。ただ、シティ戦欠場は本人が望んだことだと明かしている。

    Marca紙によると、ジダンは「いろいろ言われたが、われわれは相手を尊重する監督と選手の関係だ。内々で話したが、明かせるのは、彼がプレーするのを望まなかったということだけだ。それ以外は彼とわたしの話だよ」と語った。

    「わたしは失望していないし、君たちに何も言うつもりはないよ。わたしは彼や全員のことをとてもリスペクトしている。こういうことは、ロッカールームの中にとどまらなければならない」
     
    とはいえ、大事な一戦で出場を望まないのは大変な事態だ。ジダンが指揮を執る限り、ベイルがマドリーでプレーすることはないのだろうか。将来について問われると、ジダンは「分からない」と答えた。

    「今の彼はマドリーの選手で、何も変わっていない。わたしはそれを尊重している。彼はプレーすることを望まなかった。わたしに言えるのはそれだけだ。われわれは明日の試合に集中している」

    ホームでの第1レグで1-2と敗れ、敵地での逆転勝利を目指すマドリー。だが、その行方にベイルはもう興味がないのだろうか。

    8/7(金) 15:51 サッカーダイジェスト
    https://news.yahoo.co.jp/articles/99d03366bbdad1c53e844a2aa769ff600454cc1d
    no title

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2020/08/01(土) 12:01:39.72
    日本代表MF久保建英(19)の市場価値がウェールズ代表FWギャレス・ベール(31)を上回ったとスペイン紙アス電子版が31日に報じている。

    同紙はドイツの移籍情報サイト「トランスファー・マーケット」の情報を元にレアル・マドリードと契約を結ぶ選手たちの最新の市場価値を発表した。

    この中で久保が前回の1350万ユーロ(約16億2000万円)から3000万ユーロ(約36億円)へと、市場価値が倍以上にアップしたのに対し、ベールの市場価値は3200万ユーロ(約38億4000万円)から2800万ユーロ(約33億6000万円)へと下がったことを伝えている。
    2020-08-01_18h43_15
    https://news.yahoo.co.jp/articles/72dad55cf7d531431f56b7dd73780951f99e0edf

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2020/07/21(火) 11:58:28.65
    ベイル、2年後の契約終了まで居座る覚悟か 代理人が明言「憎しみはない」

    ガレス・ベイルの代理人であるジョナサン・バーネット氏は、レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長とジネディーヌ・ジダン監督に明確なメッセージを送っている。

    ウェールズ代表FWのチームへの貢献は皆無と言える中、この代理人は、同選手の意向がマドリーとの残り2年の契約を全うすることだと述べている。「彼はマドリーで満足しているし、彼の考えはあと2年滞在することだ」とバーネット氏は『BBC』で語っている。

    クラブは、ベイルを放出する意向で動いている。ジダンは彼を来季の構想に入れていない。普通であれば、ベイルができる最善の策は、新たなチームを見つけることだと思うが、このウェールズ人は膨大なサラリーさえ受け取れれば満足のようだ。

    レアル・マドリーはベイルの1,600万ユーロ(約20億円)という年俸を支払えるクラブがあれば、移籍金なしで放出する意向を持っているが、選手は2022年6月までの契約終了まで居座る覚悟があるようだ。
    2020-07-21_18h46_41
    https://news.yahoo.co.jp/articles/52a6f87a9a24477b5becb1fd5ef6e6d5a77bc71f

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2020/07/14(火) 10:14:13.34
    なんでやろなあ

    2: 風吹けば名無し 2020/07/14(火) 10:15:25.50
    あんなにやる気あるのにかわいそう…😢

    4: 風吹けば名無し 2020/07/14(火) 10:16:22.31
    ベンチでスヤスヤやぞ
    no title

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2020/07/12(日) 00:48:49.91
    試合に興味なし? ベイルがアラベス戦でまさかの行動に

    レアル・マドリーに所属するウェールズ代表FWガレス・ベイルの行動が物議を醸している。スペイン『エル・デスマルケ』など複数メディアが報じた。

    リーガ・エスパニョーラで首位を走るレアルは、10日にホームで行われた第35節でアラベスと対決。FWカリム・ベンゼマ、MFマルコ・アセンシオのゴールで2-0の勝利を飾った一戦で、出番のなかったベイルが驚きの行動に出ていた。

    控え選手が待機するスタンド席に座り、試合中に何度かリラックスして笑う様子がカメラに捉えられていたベイル。それだけにとどまらず、マスクで顔全体を覆い、座席にもたれかかって仮眠を取るような姿勢も見せていた。この動画がスペインのテレビチャンネル『ゴル』の公式ツイッター(@Gol)で公開されると、またたく間に“炎上”。同メディアは「ガレス・ベイルは驚きを絶やさない…ピッチの外で」とコメントしている。

    また、スペイン『エル・デスマルケ』は「ガレス・ベイルはプレーしなくても楽しめる」と皮肉。ブラジル『グローボ・エスポルチ』は「昼寝?」と見出しを打ち、「ベイルは(試合会場の)アルフレッド・ディステファノで何が起きているのか、ほとんど興味がないようだった」と指摘した。

    再開後の8試合で出場はわずか2試合。ウェールズ代表FWはファンの期待を下回るパフォーマンスやクラブを軽視する言動などから、たびたび批判の的となっている。2022年まで契約を残す中、退団の可能性もよく報じられるが、高額な移籍金や年俸がネックとなり、これまで移籍は実現していない。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/8792d059150b10e6754fb4f37548abadf6d52649

    2: 風吹けば名無し 2020/07/12(日) 00:49:10.23
    画像
    no title

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ