海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ベジクタシュ

    1:豆次郎 ★:2018/08/07(火) 13:09:48.67 ID:CAP_USER9.net
    8/7(火) 9:30配信
    ベジクタシュ、香川獲得に「背番号10」を準備 アジア市場開拓で複数年契約を提示か

    オルマン会長は司令塔の補強に本腰 ドルトムントで起用法が不透明な香川の決断は…

    トルコの強豪ベジクタシュが、ドルトムントの日本代表MF香川真司の獲得に「背番号10」を準備していることが分かった。

    「ベジクタシュの新たな背番号10はシンジ・カガワになろうとしている」と見出しを打って取り上げたのは、トルコ紙「STAR」だった。

    フィクレット・オルマン会長は司令塔の補強に動いており、日本代表の10番獲得を切望。アジア市場開拓の切り札としても期待し、2020年までの複数年契約を準備しているという。

    ロシア・ワールドカップでは西野ジャパンのプレーメーカーとして絶大な存在感を放った香川だが、ルシアン・ファブレ新監督を迎えたドルトムントでの起用法は不透明。記事では、「カガワが先発11人から外れることがこの移籍のアドバテージのようだ」と分析している。

    香川が最も輝くトップ下と10番を準備しているトルコの強豪のラブコールは、“小さな魔法使い”の心を揺さぶるのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180807-00126777-soccermzw-socc

    続きを読む

    1:shake it off ★:2018/07/30(月) 09:44:14.96 ID:CAP_USER9.net
    ◆ 人数過多”のドルトムントで香川は「明らかな放出候補」と分析

    トルコ1部ベジクタシュから獲得への関心を寄せられている日本代表MF香川真司は、同国メディア「westline」から「明らかな放出候補」として獲得成功の可能性が高いと報じられている。


    ドイツの強豪ドルトムントでプレーする香川だが、昨季は足首の怪我で後半戦の大半を棒に振った。ロシア・ワールドカップ(W杯)では日本代表の10番としてチームのベスト16入りに貢献したが、クラブの評価は厳しいようだ。

    記事では「アンドレ・シュールレを放出した後でも、チームの人数は多すぎる。入る選手がいれば、出る選手がいる。カガワは明らかな放出候補になっている」として、2020年6月まで契約を残す香川が売却対象となっていると伝えた。

    そして、ベジクタシュについては「クラブの獲得リストに載っている。プレーメーカーを探している状態にあり、ドルトムントのファンから人気がある日本人を確実に意識している」と、香川獲得への動きがあると触れている。

    トルコでは、昨冬の移籍市場で強豪ガラタサライに期限付き移籍した日本代表DF長友佑都が、新シーズンに向けて完全移籍となった。トルコを舞台に、香川と長友のバトルが繰り広げられることになるのだろうか。
    2018-07-30_11h13_02
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180730-00125221-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:れいおφ ★:2018/07/25(水) 08:58:00.35 ID:CAP_USER9.net
    はやるベジクタシュ・サポが怒涛のラッシュを

    トルコのメディアがこぞって報じているのが、日本代表MF香川真司を巡る異常事態だ。イスタンブールの名門ベジクタシュが、香川の獲得に乗り出したという一報が舞い込んできたのは、7月23日月曜日のことだった。

    ベジクタシュ側はレンタル移籍を希望し、1年間200万ユーロ(約2億6000万円)のオファーを提示をしたものの、ドルトムント側はその倍額を要求したうえで、700万ユーロ(約9億1000万円)の買い取りオプション付帯を条件にしたとの報道もある。情報そのものはどうやら絵空事ではなさそうだ。

    いずれにせよ、香川は今日水曜日に日本を発ち、一路ドルトムントのキャンプ地に向かうが、この2日間で熱狂に近い盛り上がりを見せているのがベジタクシュのサポーターたちだ。ワールドカップでも活躍したプレーメーカーの獲得に、超が付くほど特大の期待を寄せているのだ。
     
    全国紙『Fanatik』が伝えたのは、彼らサポーターの過剰な行動だ。
     
    「シンジ・カガワへの関心が報じられてから、ベジクタシュのサポーターたちはクラブを強烈にバックアップしている。なぜそうなったのかは判然としないが、カガワのツイッターとインスタグラムにはおびただしい数の“Come To Besiktas(ベジクタシュにおいで)”というメッセージが寄せられているのだ。すでに数千件に及んでおり、カガワはもはや逃げられないだろう!」
     
    数千どころではない。香川が投稿したここ最近の記事にはこれでもかと“Come To Besiktas”が書き込まれ、ざっと見積もっても数万単位だ。一般のフォロワーがなにかメッセージを寄せても、香川本人が探すのが大変なほど埋め尽くされている。ここまでくるともはや“呪い”であり迷惑行為なのだが……。
     
    なんとツイッター上でも「#ComeToBesiktas」「#ComeToBesiktasKagawa」は人気ワードとなっており急上昇中。

    同じイスタンブールが本拠地のライバル、ガラタサライには僚友・長友佑都が籍を置くが、普段から彼のSNSにも尋常ではない数のトルコ語のメッセージが投稿されている。香川はベジクタシュ・ファンにとって、すでに「マイ・プレーヤー」なのかもしれない。

    はたして、この緊急事態はいつまで続くのだろうか。まさに半端ない熱狂ぶりである。
    44508_ext_04_0
    http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=44508

    関連記事
    香川獲得キャンペーン!? SNSのコメント欄に「ベジクタシュに来て」とラブコール殺到
    https://www.football-zone.net/archives/124148
    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/02/20(火) 23:33:33.02 ID:CAP_USER9.net
    ハンブルガーSV(HSV)で主将を務める日本代表DFの酒井高徳は、今夏にトルコの名門クラブへと移籍するのだろうか。地元紙『ハンブルガー・アーベントブラット』が伝えている。

    2015年夏にシュトゥットガルトから加入した酒井は、今シーズン終了時にHSVとの現行契約が満了となる。当初、冬に契約延長で合意に至ると見られていたが、『ビルト』が伝えたイェンス・トッドSD(スポーツディレクター)のコメントによると、「ゴウトクは、今後数週間の競技面の結果を見守りたいようだ」と残留争いに巻き込まれているチームと新契約を結ぶことに慎重な構えを取っているという。

    一方、『ハンブルガー・アーベントブラット』曰く、先日破談に終わったDFデニス・ディークマイヤーとの契約延長の交渉とは異なり、トッドSDは酒井の残留を諦めておらず、合意を目指しているとのこと。だが、同紙は昨夏にも報じられたベジクタシュからの興味についても言及。同クラブと酒井側との関係が途切れておらず、フリーでトルコに渡る可能性を指摘している。

    HSVは現在公式戦10試合未勝利、ブンデスリーガでは降格圏の17位に沈んでいる。酒井は史上初の2部降格の危機に直面する同クラブを、そして6年過ごしてきた母親の生まれの地でもあるドイツを去ることになるのだろうか。
    2018-02-21_00h55_21
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180220-00000024-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/06/17(金) 00:05:02.82 ID:CAP_USER9.net
    欧州選手権初戦でイタリア代表がベルギー相手に鮮やかな勝利を挙げた裏で、前回大会のヒーローとなった“凋落の悪童”の新天地が決まりそうだ。しかも、大栄転となる可能性が急浮上している

    ACミランの元イタリア代表FWマリオ・バロテッリの代理人であるミノ・ライオラ氏が、今季のトルコ王者ベジクタシュへの移籍を「実現する可能性は100%」と明言している。イタリアのサッカー情報サイト「カルチョメルカート・コム」が報じている。

    バロテッリの状況は実に厳しい。昨季プレミアリーグ戦でわずか1ゴールという大不振に陥り、今季開幕前にリバプールで構想外になった。期限付き移籍の引き取り手を探したものの高額年俸がネックになり、なかなかクラブが決まらなかったが、古巣のACミランがレンタル料なしの年俸の半分近くをリバプールが負担するという異例の条件で契約に至った。

    しかし、今季はミランでもリーグ戦で1ゴール。2年連続で不発に終わり、ミランはすでに保有権の買い取り、あるいはレンタルの延長を選択肢から除外している。

    ピッチ外での奇行ばかりクローズアップされる問題児は当然リバプールでも鼻つまみ者。新たなクラブ探しに追われる状況となったが、新天地候補に挙がったのが今季のトルコ王者ベジクタシュ。代理人のライオラ氏は交渉成立を楽観視している。

    リバプール、ミランを尻目にCLに降臨か

    「私はマリオにベジクタシュからのオファーがあることを伝え、彼の返答を待っているところだ。しかし、私はこの移籍が実現することに確信がある。実現する可能性は100%だと思っている」

    スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチや、フランス代表MFポール・ポグバといった名手たちを顧客に持つ敏腕代理人は、バロテッリの移籍交渉成立を確信していると語っている。実現すれば、バロテッリにとってトルコでのプレーは初めてのことになる。そして、“ラストチャンス”にもなるだろう。

    保有権を持つリバプール、今季プレーしたミランはともにUEFAチャンピオンズリーグ(CL)はおろか、UEFAヨーロッパリーグへの出場権も獲得できずに来季は国内に専念するシーズンになる。ミランに至っては3年連続で欧州の舞台から遠ざかる悲劇に見舞われている。しかし、ベジクタシュはトルコ王者としてCLの本戦から出場する権利を持つ。そうした意味では、完全なるステップアップと言えるだろう。

    ポテンシャルは世界最高級と呼ばれた男も、8月には26歳になる。果たして、悪童バロテッリはトルコで復活を見せられるだろうか。
    2016-06-17_06h47_25
    Soccer Magazine ZONE web 6月16日 22時50分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160616-00010016-soccermzw-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ