海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ベンゲル監督

    20170204-00010014-soccermzw-000-1-view
    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/02/05(日) 19:58:18.56 ID:CAP_USER9.net
    スポニチアネックス 2/5(日) 19:43配信

    アーセナルのアーセン・ベンゲル監督(67)が、クラブから2年の契約延長オファーを提示されていると、5日付の英紙サンデー・タイムズが報じた。

    1996年に就任から21年と現在のプレミアリーグで最長政権を誇るベンゲル監督は、今季で契約が満了。03~04年シーズン以来リーグ優勝から遠ざかり、毎年のように退任論が浮上している。4日に首位チェルシーとの大一番に1―3と完敗。首位との勝ち点差が12まで広がり、13季ぶりの優勝は絶望的となっている。

    クラブOBで解説者のマーティン・キーオン氏は、地元テレビ番組でベンゲル監督が契約を延長するだろうと見通しを語った。フランス人指揮官の去就は、ドイツ2部シュツットガルトへ期限付き移籍中の日本代表FW浅野拓磨の今後にも関わってくるだけに、注目が集まりそうだ。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170205-00000127-spnannex-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/02/05(日) 15:52:14.04 ID:CAP_USER9.net
    ゲキサカ?2/5(日) 13:03配信

    アレックス・オクスレード・チェンバレンのツイッターを巡る騒動が起きている

    アーセナルのMFアレックス・オクスレード・チェンバレンが、アーセン・ベンゲル監督の解任を望むファンのツイートに「いいね!」を押してしまったようだ。英『スカイ・スポーツ』などが報じている。

    3位アーセナルは4日、プレミアリーグ第24節で首位チェルシーと対戦。今季の優勝を占う重要な一戦で前半13分に先制点を許すと、MFエデン・アザールの単独ドリブル弾などで3失点。終了間際にFWオリビエ・ジルが1点を返して一矢報いたが、1-3で敗れ、2連敗となった。

    これでチェルシーとの勝ち点差が『12』に広がってしまったアーセナル。2003-04シーズン以来のプレミア制覇が遠ざかったことにより、ファンの間で有名なYouTubeチャンネル、アーセナルファンTVが試合後のサポーターのインタビュー動画を、「Wenger Needs to Go !(ベンゲルは辞めるべきだ)」というタイトルで投稿。これをツイッター(@ArsenalFanTV)でもツイートしていた。

    このツイートにフル出場したチェンバレンも「いいね!」を押してしまい、指揮官批判ととられ炎上。チェンバレンはすぐにこれを削除し、意図したものではなく、「いいね!」を押したことに気付いていなかった、押し間違えであると謝罪した。

    ベンゲル監督の契約延長の噂もある中、伝統の“ビッグロンドン・ダービー”で敗れたとはいえ、チェンバレンの今回の行動はタイミングが最悪だった。
    2017-02-05_16h40_37
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170205-01636520-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/20(金) 00:14:30.74 ID:CAP_USER9.net
    アーセナルの名将アーセン・ベンゲル監督(67)が「オフサイド廃止」に反対した。

    国際サッカー連盟(FIFA)技術部門の責任者で、元オランダ代表FWのファンバステン氏が18日に、規則改定の試案を披露。90分の試合後に延長戦を行わず、選手がゴール前25メートルからドリブルしてGKと8秒の間に1対1で対決するペナルティーシュートアウトの導入、オフサイド廃止、前後半制から4クオーター制への変更、10分間の一時退場(シンビン)を命じるオレンジカードの導入、選手の公式戦出場を年間60試合程度に制限することなどの改革案を挙げた。

    ベンゲル監督は19日の会見で「規則改訂そのものが重要ではなく、(サッカーの)改善こそが目標。一時退場など議論に値するものもあるが、オフサイド廃止は興味深いものではない」と語った。オフサイド廃止に反対する理由について「オフサイドは、チームスポーツの大きな特性である一体感を必要とする。また、知性を使えるルールでもある」と説明。「守備側が攻撃側を苦しめれば、攻撃側が新たな解決策を生み出す。それに対し、また守備側が対応する。このようにしてサッカーは進化してきた」。オランダ代表のトータルフットボール、ACミランのゾーンプレスのように、“革命”はピッチ内で生み出されるものであって、ルール改正によって行われるものではないとの見解を示した。
    2017-01-20_08h02_39
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170119-00000138-spnannex-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/11/05(土) 07:47:01.33 ID:CAP_USER9.net
    クラブ史上初のJ2降格した名古屋が、96年途中まで監督を務めたアーセン・ベンゲル氏(67=現アーセナル監督)を“アドバイザー”として再建を目指す方針であることが4日、分かった。

    久米一正社長(61)が降格決定から一夜明けたこの日、親会社のトヨタ自動車に辞任を伝えて了承された。

    関係者によれば今後、ベンゲル氏に接触し、来季クラブ編成の助言を求める方針。監督選定や外国選手の補強面でも同氏の意向を強く反映させる。

    久米社長の辞任により、ジュロブスキー監督とDF闘莉王らの退団が決定的。東京が獲得に乗り出しているFW永井の流出も濃厚になった。

    今後はベンゲル氏に新監督の推薦を求め、来季編成に着手する考えだ。1年でのJ1復帰は絶対条件。

    名門再建への道は、プレミアリーグのアーセナルで約20年にわたって指揮を執る、世界的名将に委ねることになった。

    この日、愛知・豊田市内のクラブハウスを訪れた久米社長は「1年で必ずJ1に戻って欲しい。長期的ビジョンの中で、こつこつとやってもらいたい」と語った。

    今季は7勝9分け18敗の年間16位。93年のJ発足時から参戦してきた名門が、OBのベンゲル氏の助言を受けて生まれ変わることになる。
    2016-11-05_08h25_48
    http://www.nikkansports.com/m/soccer/news/1733858_m.html?mode=all
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/11/04(金) 10:11:34.38 ID:CAP_USER9.net
    名古屋の降格理由は、ガバナンス(組織統治力)の欠如に尽きる。

    昨年4月、トヨタ自動車の豊田章男社長がクラブ会長に就任。同社は今年4月にはクラブを子会社化した。狙いの一つに、資金力を増強し将来的に年間予算500億円規模の「メガクラブ」へ発展させるシナリオがあった。

    だが金よりもまずは組織として規律を整えることを豊田会長は求めていたはずだ。

    皮肉にも現実は真逆に進んだ。柏や清水でも強化責任者を務め、J屈指の敏腕を誇った当時の久米GMが昨年4月、トヨタ出身者以外では初の社長に昇進した。

    社長になった久米氏だがチーム編成の権限を失い、決済の判子を押すことしかできなくなっていた。

    また、同時期に小倉隆史氏がGM補佐に就任。クラブのレジェンドとはいえ、経験に乏しい元解説者を抜てきした人事には無理があった。

    「小倉にやれるわけがない」と“自滅”を半ば期待し、再び編成権を得られると勘違いした久米社長の見通しも甘かった。

    小倉氏は監督経験のないまま、今季はGM兼任監督となった。その実態は、ベンゲル元監督の下で一時代を築いた元マネジャーが、名選手の小倉氏を神輿(みこし)にのせてトヨタ出身の役員に近づき、思うようにクラブを操ろうとしたものだった。

    それに久米社長が加入させたFW永井、川又、MF田口ら主力が反発してチームは空中分解したのは当然の流れ。

    内部抗争という“ベンゲルの亡霊”にのみ込まれる形でクラブは失墜した。(元名古屋担当・網野 大一郎)

    2016-11-04_10h48_51
    スポーツ報知 11/4(金) 10:03
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161103-00000233-sph-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/08/25(木) 17:14:39.85 ID:CAP_USER9.net
    アーセナルに移籍も英就労ビザを取得できずに去就は不透明

    ハリルが名将ベンゲルに怒りのクレーム! 「浅野はなぜ15日も20日も日本で休むんだ!」

    9月に開幕するロシア・ワールドカップ(W杯)最終予選の第1節UAE戦、第2節タイ戦に臨む日本代表メンバーが発表された。

    バヒド・ハリルホジッチ監督は、リオデジャネイロ五輪代表FW浅野拓磨(アーセナル)を選出したが、英内務省から就労ビザ申請を却下されたために、新天地が決まっていない。

    五輪終了後に日本国内で調整を強いられた新鋭FWの去就不透明な現状に激怒し、アーセナルのアーセン・ベンゲル監督に「なぜ15日も20日も休まなければならないのか」と激高したことを明らかにした。

    ハリル監督は6月のキリンカップでも2試合とも起用した浅野について、大きな期待を持って招集を決断した。しかし「浅野の状況が決定的に分からないのが心配ですね」と繰り返し語った。リオ五輪終了後の浅野のコンディションと去就について、大きな不安を持っているようだ。

    「FWのなかで最も難しいのが浅野です。オリンピックが終わって日本に帰ってきて、誰が日本に帰れと言ったのか分かりませんが、休めと言われたようですね」

    こう切り出したハリルホジッチ監督は、怒りをヒートアップさせた。そして、ベンゲル監督とのいきさつを明らかにした。

    「五輪の間に全てが解決するはずだった」

    「私も直接ベンゲルに電話して、『日本でなぜ15日も20日も休まなければならないのか』と話しました。レンタルに出なければいけないのは分かっていたことで、オリンピックの間に全て解決するはずでした。

    彼が日本に残らなければいけない状況だったので、我々が状況を整えてみっちりトレーニングしました。ただ、彼がどこにレンタルされるのか。ロンドンに行ったところまでは知っているが、コミュニケーションが難しい状況です」

    浅野は英国での労働許可証が下りず、他国クラブへのレンタル移籍を余儀なくされた。フランス、ドイツ、ベルギーリーグへの移籍が浮上しているが、ハリル監督は去就問題で宙ぶらりんになった浅野に関して、アーセナルへの不信感を一気に爆発させた模様だ。

    「初戦に浅野が使えるかは分かりません。ただ、浅野の移籍に関してはすごく信頼しています。オリンピックでも高いクオリティーを見せましたし、我々のチームに若さと情熱を見せてほしい。競争には含まれています」

    ハリル監督から「大島(僚太)と浅野がA代表に何かをもたらす可能性は高い」と評価された“ジャガー”は、リオ五輪でも2得点を決めている。果たして新天地がすんなりと決まり、最終予選のピッチに立つことができるだろうか。
    2016-08-25_17h47_05
    Football ZONE web 8月25日 16時22分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160825-00010009-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/08/21(日) 16:04:22.58 ID:CAP_USER9.net
    ブンデスリーガなど国外で武者修行確定

    アーセナルの日本代表FW浅野拓磨は6億5000万円というプレミアリーグとしては安価な移籍金がネックになり、イングランドでの労働許可証が下りなかったことが明らかになった。英紙「メトロ」が伝えている。

    浅野は今夏のリオデジャネイロ五輪、ナイジェリア戦とコロンビア戦で2試合連続ゴールを決めてイングランドでも「アーセナルファンを興奮させるには十分」と注目株として報じられた。しかしA代表として出場経験が少なく、就労ビザ取得の基準を満たしていない浅野に対しては特例での労働許可証が下りなかった。

    浅野は持ち前のスピードを買われてサンフレッチェ広島から500万ポンド(約6億5000万円)の移籍金で加入した。しかし同紙によるとベンゲル監督は「彼は私が信頼しているプレーヤーだ。私は彼の世話をするし、彼が適切な環境を整えることは確かだ」と英国外に武者修行に出ることを明らかにした。

    インフレの英国で6億5000万円の移籍金は格安

    また労働許可証が拒否された理由について「彼は5000万ポンド(約65億円)の経費を必要としなかった」と名将は説明した。インフレの一途をたどるプレミアリーグで浅野獲得に必要とした安価な移籍金に対し、就労ビザを管轄する英内務省は「プレミアで活躍する実力者」と見なさなかったという。

    アーセナルで獲得直後に武者修行に出されて、トップチームで活躍する例は多くない。レンタル移籍先にはブンデスリーガのアウクスブルクなどが挙がる中で、日本サッカー界の将来を担う“ジャガー”はどのクラブで出場機会を手にすることになるのだろうか。
    GettyImages-533824918-2-738x490http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160821-00010004-soccermzw-socc
    Football ZONE web 8月21日(日)9時38分配信
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/08/03(水) 08:22:25.90 ID:CAP_USER9.net
    【マナウス1日(日本時間2日)=木下淳】

    リオデジャネイロ五輪日本代表FW浅野拓磨(21)に、新天地アーセナルのアーセン・ベンゲル監督(66)から金言が届いた。WOWOWのサッカー番組でA代表ハリルホジッチ監督と対談し、浅野への評価を獲得決定後、初めて日本メディアに語ったもの。

    2日後の1次リーグ初戦ナイジェリア戦へ、浅野にとってメダル獲得と期待に応える五輪が始まる。

    決戦の地マナウスに入った浅野は、高温多湿の生ぬるい空気を切り裂いてゴールへ走り続けた。シュート練習で鋭い動きを見せ、ブラジル戦の疲労を感じさせない。上り調子でナイジェリア戦に向かっている。

    その浅野が世界を驚かせる姿を、既に思い描いている人がいる。プレミアリーグの名将ベンゲル監督。ハリルホジッチ監督と対談した中で、電撃獲得の根拠となった浅野への評価を初めて打ち明けた。

    ベンゲル監督 長所はボールを受ける質の高さ、つまりマークを外してDFの裏に動ける能力だ。その能力をもっと有効に使えるようになるため、ほかの部分を鍛えなければいけない。50メートル5秒9の快足に、ほれ込み、労働許可証の特定取得にも直接関わるともいわれている。期待度が高い分、原石に対する課題の指摘も具体的だった。

    ベンゲル監督 成長にはモチベーションと知性、良い指導者が必要だけれど、それより大事なのはレベルの高い選手と一緒にプレーすることだ。周りから吸収できるものは、たくさんある。我々は彼を選手として成熟させたい。ゴール前でのフィニッシュ、マークの外し方、体の使い方など、欧州サッカーに必要なスキルをどんどん注入させる。

    他国への期限付き移籍の可能性も伝えられる中、まるで手元に置いて育てることが決まっているかのような口ぶりだ。そして力強い口調で、こう付け加えた。

    ベンゲル監督 重要なのは、彼の長所を崩さないことだ。サッカー選手は長所を基にキャリアを積んでいく。一緒にプレーする周りの選手はレベルが高い。本人の技術も自然とレベルが上がっていくに違いない。

    先月18日に渡英した浅野は、ロンドンでベンゲル監督と初対面。一夜漬けの英語であいさつし「何やったかな…もう忘れた」と覚えていないが、実際ここまで期待されていた。当地で「自分がどこまでやれるか楽しみ」と話し続けている浅野。名将の期待通りに活躍すれば、メダルも近づく。

    ◆WOWOW放送予定 ハリルホジッチ監督とベンゲル監督の対談は「UEFA EURO 2016 ハリルホジッチ 大会総括リポート アーセン・ベンゲル緊急参戦!」と題し、
    6日午後7時からWOWOWプライムで放送。15日と18日にはWOWOWライブでスペインにシーズン到来を告げる「スーペルコパ2016」を放送する。
    清武が加入したセビリアがバルセロナに挑む。第1戦は15日午前4時45分、第2戦は18日午前5時45分。

    日刊スポーツ 8月3日(水)8時11分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160803-00000020-nksports-socc

    写真
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/07/03(日) 20:34:49.29 ID:CAP_USER9.net
    プレミアリーグのアーセナルは3日、広島のリオデジャネイロ五輪代表FW浅野拓磨(21)を完全移籍で獲得することでクラブ間合意に達したと発表した。

    広島も同様の発表をしている。

    公式ホームページ上でアーセン・ベンゲル監督は「拓磨は、非常に才能がある将来有望な若手ストライカー。彼は、日本のキャリアでいいスタートを切っており、我々は今後数年かけて彼を成長させることを楽しみにしている」と、21歳FWの加入を歓迎した。ホームページ上では浅野の特集が組まれており、ゴールパフォーマンスでなじみの「ジャガーポーズ」の写真も掲載されている。
    2016-07-03_21h12_22
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160703-00000176-nksports-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/05/13(金) 22:18:11.10 ID:CAP_USER9.net
    アーセナルが、アーセン・ベンゲル監督(66)との契約を延長する意向で、オファーを準備していると、13日付の英紙タイムズが報じた。

    96年からアーセナルを指揮し、欧州で現在最長政権となっているベンゲル監督の契約は17年6月まで。今季レスターに初優勝を許し、12季ぶりのリーグ制覇を逃したことで、サポーターからは解任を求める声が高まっている。

    その一方で、現在3位で最終節を残して4位以上が確定し、19季連続の欧州CL出場権を獲得したことで、株主を含むクラブ首脳陣の支持は変わらず、契約延長を希望しているという。

    筆頭株主である米実業家のクロエンケ氏は2年の契約延長オファーを準備。ベンゲル監督の去就に関する“回答期限”を今年10月に設定し、来季限りでの勇退を決断した場合は次期監督探しに動くという。
    2016-05-13_23h54_52
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160513-00000137-spnannex-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ