海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ペップ

    1:数の子 ★:2018/11/19(月) 21:14:15.33 ID:CAP_USER9.net
    元西ドイツ代表のハンス=ペーター・ブリーゲル氏は、ドイツ代表の凋落の原因は現在マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督にあると主張している。伊紙『レプッブリカ』が17日付でインタビューを伝えた。


    2006年以降のワールドカップとEUROの主要国際大会6大会連続で準決勝以上に進むなど、世界の強豪国の中でも最も安定した好成績を残していたドイツ代表。だが今夏のロシアワールドカップでは同国史上初となるまさかのグループステージ敗退に終わった。

    復権を期して臨んだUEFAネーションズリーグでも苦戦が続き、3試合を終えて1分け2敗と未勝利。フランス、オランダという強豪国が相手だったとはいえ、1試合を残して2部リーグにあたる「リーグB」への降格が決定してしまった。

    現役時代に2度のワールドカップ準優勝などに貢献したブリーゲル氏は、その原因が2013年から16年までバイエルン・ミュンヘンを率いたグアルディオラ監督にあると主張。同氏のもたらした新たな哲学が、ドイツの長所を消してしまったという考えを述べている。

    「サッカーにおいては試合を支配することよりも結果が何より重要だというシンプルな原則が失われてしまった。勝つためには75%のボール保持率が必要だという幻想を抱いてしまっている。だがボールを支配するだけではいつも結果を出せるとは限らない」とブリーゲル氏は語る。

    「近年の歴史を見ても、相手にボールを持たせて、50%未満の保持率でも勝てることが示されている。世界王者のフランスもそうだ」とブリーゲル氏。ポゼッションに重きを置くグアルディオラ氏のスタイルが、国内の強豪クラブであるバイエルンから代表チームにも影響してドイツのサッカーを変えてしまったと述べている。
    20180416_guardiola_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181119-00297870-footballc-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/18(水) 06:48:05.87 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・シティは今季のプレミアリーグで優勝を達成した。ジョゼップ・グアルディオラ監督は新たなトロフィーをコレクションに加えている。スペイン『マルカ』が伝えた。

    今季のプレミアリーグは33試合を消化した時点で優勝チームが決定した。シティは28勝3分け2敗と圧倒的な強さを誇示。その間、93得点25失点と驚異的な攻撃力に支えられての栄冠だ。

    これでグアルディオラ監督は名将たちに肩を並べている。スペイン、ドイツ、イングランドのリーグ戦で優勝を達成したグアルディオラ監督は、スペイン、イタリア、イングランドで優勝を経験したジョゼ・モウリーニョ監督(現マンチェスター・ユナイテッド)、イタリア、ドイツ、イングランドで優勝したカルロ・アンチェロッティ氏に並び、欧州5大リーグのうち3つのリーグでタイトルを獲得した指揮官となった。史上3人目の快挙である。

    グアルディオラ監督の初タイトルは、2008-09シーズン、バルセロナで獲得したリーガ制覇のトロフィーだ。以降、同監督は実に23タイトルを獲得。ローラン・ブラン氏(15タイトル)、モウリーニョ監督(13タイトル)、アンチェロッティ氏(11タイトル)、ジネディーヌ・ジダン監督(8タイトル)、ディエゴ・シメオネ監督(6タイトル)を凌ぎ、この10年で最多タイトルを獲得している。

    なお、グアルディオラ監督は今季の優勝について「プレミアリーグの優勝は、私の最大の功績のひとつだ。天候、スタジアムの状態、試合数...。ラ・リーガやブンデスリーガより難しかった」と語っている。

    4/18(水) 0:05配信
    2018-04-18_08h11_15
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00000031-goal-socc
    続きを読む

    0848dd1a3771b5d081873b35527596d2

    1:風吹けば名無し:2018/03/09(金) 15:15:33.71 ID:gYDrYCen0.net
    現役時代の役割・ポジションが似てる
    2:風吹けば名無し:2018/03/09(金) 15:16:11.96 ID:ZVZaUxYTa.net
    シャビはカウンターアレルギーだからなぁ
    3:風吹けば名無し:2018/03/09(金) 15:16:40.70 ID:gYDrYCen0.net
    >>2
    まあもう少し頭を柔らかくする必要はある
    続きを読む

    1:pathos ★ :2018/02/07(水) 14:36:23.57 ID:CAP_USER9.net
    エバートンの元イングランド代表FWウェイン・ルーニーは、自身の古巣マンチェスター・ユナイテッドがマンチェスター・シティに追いつくのは来季も難しいという考えを述べた。英『スカイ・スポーツ』の番組で話している。

    シティは今季プレミアリーグで順調に首位を走っており、12試合を残した時点で2位のユナイテッドに13ポイント差。ユナイテッドも過去数年に比べれば好成績を残しているが、同じ町のライバルチームには大きく水を開けられている。

    昨季まで在籍したユナイテッドでエースとして長年活躍したルーニーは、今季だけでなく来季もこの力関係が変わることはないと予想している。「シティに追いつけるかどうかという話なら、今年はもちろん無理だ。率直に言えば、来季も追いつくのは難しいだろう」と語った。

    「シティは4、5年前のバルセロナのレベルに達しようとしている。僕からこういうことは言いにくいが、ほぼ完璧なサッカーをしていることもある」とルーニーはシティの戦いぶりに賛辞を送った。

    バルサを2008年から2012年まで率いて“黄金時代”を築いたのが、現在シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督だった。今季シティはチャンピオンズリーグ、FAカップ、カラバオ・カップ(リーグ杯)でも勝ち残り、前人未到の4冠達成の可能性も残している。
    20180206_rooney_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180206-00254934-footballc-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★:2017/12/24(日) 10:59:23.91 ID:CAP_USER9.net
    12/24(日) 10:52配信
    AFP=時事

    17-18イングランド・プレミアリーグ第19節、マンチェスター・シティ対ボーンマス。得点を喜ぶマンチェスター・シティのセルヒオ・アグエロ(2017年12月23日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

    【AFP=時事】17-18イングランド・プレミアリーグは23日、第19節の試合が行われ、マンチェスター・シティ(Manchester City)はセルヒオ・アグエロ(Sergio Aguero)の本拠地通算100得点目などでボーンマス(AFC Bournemouth)に4-0で勝利し、リーグ戦の連勝記録を17に伸ばした。

    アグエロが本拠地エティハド・スタジアム(Etihad Stadium)で2得点を挙げて通算得点数を101に伸ばしたシティは、ラヒーム・スターリング(Raheem Sterling)とダニーロ(Danilo Luiz da Silva)もゴール。リーグ戦の折り返しとなる19節を終えて18勝1分けの成績を収めている。

    2位マンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)は今節、試合終了間際に同点ゴールを決められてレスター・シティ(Leicester City)と2-2で引き分けており、シティとの勝ち点差は13となった。

    シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ(Josep Guardiola)監督は試合後、「彼は特別な選手でありレジェンドだ。彼が良いプレーをしてゴールを決めるとうれしいよ」とアグエロを賞賛している。

    シティは欧州5大リーグの最長連勝記録にあと二つに迫っている。この記録は、2013-14シーズンにグアルディオラ監督自身がバイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)で樹立している。

    またこの試合でシティは、イングランドでは1982年のリバプール(Liverpool FC)以来となる年間100ゴールに到達している。

    前半27分にフェルナンジーニョ(Fernandinho)のクロスにダイビングヘッドで合わせたアグエロは、2011年にアトレティコ・マドリード(Atletico de Madrid)から加入後、本拠地のシティファンの前で100得点目をマークした。

    後半3分にアグエロのパスからスターリングが今季公式戦16点目を決めて加点したシティは、同24分にはアグエロがヘディングでこの日2点目をマーク。その後途中出場のダニーロが4点目を挙げて快勝した。

    敗れて降格圏内の18位となったボーンマスだが、今季シティ戦で敗北を免れたのはエバートン(Everton)だけということが慰めとなるかもしれない。【翻訳編集】 AFPBB News
    2017-12-24_12h51_17
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171224-00000011-jij_afp-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/15(金) 06:53:29.00 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドのFWズラタン・イブラヒモビッチは、バルセロナ時代の指揮官であるジョゼップ・グアルディオラ監督を“最も幼稚なコーチ”と罵っている。

    2009-2010シーズンを前にインテルでの成功を引っさげてバルセロナに移籍したイブラヒモビッチ。初めて降り立ったスペインの地で、1シーズン目から出場した29試合のうち先発出場は23試合で、

    16ゴールを挙げるなど数字ではインパクトを残したが、リオネル・メッシやティエリ・アンリを重宝するグアルディオラ監督とはそりが合わず、わずか1シーズンでイタリアへと渡っていった。

    10日に行われたマンチェスターダービーでグアルディオラ監督と再会したイブラヒモビッチは、試合後『スカイスポーツ・イタリア』のインタビューで 「最初の半年でゴールを量産し、2つのスーパーカップ(スーペルコパ・デ・エスパーニャ、UEFAスーパーカップ)を制した。最初の6カ月は完璧だった」とバルセロナ時代を回顧。

    しかし、メッシ中心のチーム作りが始まった途端、イブラヒモビッチのチーム内での序列は下がっていった。そのことを振り返った同選手は「でも半年が過ぎたら、システムと戦術を変更した。それは私にとって良くないもので、クラブはグアルディオラと直接話すように言ってきた」

    「グアルディオラに向かってメッシのために他の選手を犠牲にしていると言ってやった。そうしたら、ベンチに追いやられた。その後も状況は変わらなかったし、彼は問題が発生すればこのように解決すると思った。それ以降、彼は話しかけてこないし、私を見ようともしない。部屋に入れば、彼はその場から離れる。彼と話し合おうと思っても、すぐにどこかへと逃亡する。フットボール以前に大きな問題があった」とグアルディオラ監督との関係に問題があったと話した。

    さらに、イブラヒモビッチは「私との間のトラブルを解決しなかった彼の問題だ。彼は最初から私のことを勝手に決めつけていた。全く知らない人物をそのように判断できないはずだ。それに(マリオ)マンジュキッチや(サミュエル)エトーも同じ立場に置かれたと思う。彼は出会ってきた中で最悪なコーチではないが、間違いなく最も幼稚なコーチだ」とスペイン人指揮官を辛辣に批判している。

    12/13(水) 12:41配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171213-00000011-goal-socc

    写真
    続きを読む

    1:pathos ★@\(^o^)/:2017/06/17(土) 18:37:41.50 ID:CAP_USER9.net
    イングランドのマンチェスター・シティで指揮を執るスペイン人監督ペップ・グアルディオラが、カタルーニャで共に過ごした恩師と愛弟子について言及している。

    昨年の3月24日、68歳でこの世を去ったヨハン・クライフ氏について、ペップはこれまでに何度も称賛の言葉を送るなど、その盲信ぶりを披露してきた。選手としても監督としてもサッカー界に多くの革命をもたらし、バルセロナではリーガエスパニョーラ4連覇を含む偉業を成し遂げたクライフ氏だが、ペップはこのオランダの偉人が仮にリオネル・メッシを指導した場合、そこには意見の相違が生まれるだろうと推察。スペイン『MARCA』が次のようなペップの見解を伝えている。

    「(もしも監督と選手の関係であれば)クライフとメッシは必ず口喧嘩になって揉めるだろうね。しばらくの間は意見が衝突し、対立すると思う。でもその後は互いに理解し合うはずさ。なぜなら彼ら2人は共に知的で頭が良いからだ。クライフの指導者としての能力にメッシの才能が加われば、2人は確実に多くのタイトルを手にすることになる」

    またペップは自身が苦境に陥った際、何度も“崇拝者”に救われたことがあるようだ。

    「自チームの選手やメディア、それにスタッフらとの間に問題を抱えた時、私はいつもこのように考える。クライフならどうしていただろうか、ってね。それを私が予測することは不可能だが、そういった問題を唯一解決できる存在こそクライフなんだよ」
    GettyImages-469765915-min
    http://www.theworldmagazine.jp/20170616/01world/spain/136963
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/14(水) 00:27:36.02 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督はプレミアリーグの難しさを実感しているようだ。

    ペップはバルセロナやバイエルンといった国内有数のビッグクラブを率い、タイトルを獲得してきた実績を持つ。しかし、リーガ・エスパニョーラやブンデスリーガはチーム間格差が激しく、優勝争いをできるクラブが事実上2つか3つしかない。対するプレミアリーグは実力差があまりなく、ボトム10のチームでもビッグクラブから勝ち点を奪うだけの力を持っている。

    実際、先週末に行われたレスター・シティ戦では4失点を喫し、勝ち点を落としている。

    グアルディオラは試合後の会見で「我々がしようとしているフットボールは失点を減らしてより多くの点を奪うシンプルなものだ。ここまで何度かの例外を除けばいい戦いができている。だから今日(レスター戦)のプレーが悪かったとか、創造性がなかったとは言えない」と前置きした上で、プレミアリーグの難しさに言及している。

    「だが、大量失点をしてしまった。今まで、試合をコントロールする戦い方をしようとしてきた。監督としてのキャリアであまり失点したことがなかったが、ここではそうはいかない。どうしてなのか、分析していかないといけない」

    シティはここまでリーグ第15節が終了した段階で19失点を喫している。リーグ8位タイと、順位(4位)に比べると決して優秀な数字とは言えないだけに、タイトル獲得へ向けた大きな課題と言えそうだ。
    2016-12-14_07h51_24
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161213-00000006-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/10(土) 22:33:56.13 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、サッカー界における過密日程の進行が危険な粋に達していると主張し、選手を守るため試合での交代人数を増やすことも必要だと訴えている。10日付の英メディア『スカイ・スポーツ』などが同監督のコメントを伝えた。

    国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長は先日、ワールドカップの出場チーム数を現在の32から48へ拡大する構想を明かした。各チームの戦う試合数は変わらないことが想定されているが、FIFA会長は他にクラブW杯の拡大案の構想も抱いており、実現すれば過密日程に拍車が掛かることも懸念される。

    「イングランドだけではなく、世界中でのことだ。今度は48チームでのW杯という話もしているが、選手たちを殺すことになってしまう。彼らには一息つく時間が必要だ」とグアルディオラ監督は、選手への負担が増える一方である状況に警鐘を鳴らしている。

    「シーズンを終えて1週間後にはW杯があり、その3週間後にはプレシーズンで中国やアメリカやオーストラリアへ行かなければならない。そこでミランやユベントスや(レアル・)マドリーと戦い、良いプレーをして勝つことを要求される」と、欧州のトップクラブにとっては恒例となった世界各国へのプレシーズンツアーに対する不満も口にした。

    選手の負担を軽減するため、試合における選手交代の人数を増やすことも提案している。「交代は3人だけだが、なぜ4人や5人や6人にできないんだ? そうすれば負傷も減り、試合はよりオープンになり、良いことばかりだろう。FIFAには別の意見があるようだがね」

    今年3月には、FIFAは「4人交代制」の導入試験を実施することに同意している。コパ・アメリカ・センテナリオやリオデジャネイロ五輪、U-20女子W杯での試験に続いて、現在日本で開催中のクラブW杯でも試合が延長戦に入れば4人目の交代が認められる。
    20161210_pep_getty
    フットボールチャンネル 12/10(土) 18:27配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161210-00010021-footballc-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ