海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ペップ

    1:pathos ★@\(^o^)/:2017/06/17(土) 18:37:41.50 ID:CAP_USER9.net
    イングランドのマンチェスター・シティで指揮を執るスペイン人監督ペップ・グアルディオラが、カタルーニャで共に過ごした恩師と愛弟子について言及している。

    昨年の3月24日、68歳でこの世を去ったヨハン・クライフ氏について、ペップはこれまでに何度も称賛の言葉を送るなど、その盲信ぶりを披露してきた。選手としても監督としてもサッカー界に多くの革命をもたらし、バルセロナではリーガエスパニョーラ4連覇を含む偉業を成し遂げたクライフ氏だが、ペップはこのオランダの偉人が仮にリオネル・メッシを指導した場合、そこには意見の相違が生まれるだろうと推察。スペイン『MARCA』が次のようなペップの見解を伝えている。

    「(もしも監督と選手の関係であれば)クライフとメッシは必ず口喧嘩になって揉めるだろうね。しばらくの間は意見が衝突し、対立すると思う。でもその後は互いに理解し合うはずさ。なぜなら彼ら2人は共に知的で頭が良いからだ。クライフの指導者としての能力にメッシの才能が加われば、2人は確実に多くのタイトルを手にすることになる」

    またペップは自身が苦境に陥った際、何度も“崇拝者”に救われたことがあるようだ。

    「自チームの選手やメディア、それにスタッフらとの間に問題を抱えた時、私はいつもこのように考える。クライフならどうしていただろうか、ってね。それを私が予測することは不可能だが、そういった問題を唯一解決できる存在こそクライフなんだよ」
    GettyImages-469765915-min
    http://www.theworldmagazine.jp/20170616/01world/spain/136963
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/14(水) 00:27:36.02 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督はプレミアリーグの難しさを実感しているようだ。

    ペップはバルセロナやバイエルンといった国内有数のビッグクラブを率い、タイトルを獲得してきた実績を持つ。しかし、リーガ・エスパニョーラやブンデスリーガはチーム間格差が激しく、優勝争いをできるクラブが事実上2つか3つしかない。対するプレミアリーグは実力差があまりなく、ボトム10のチームでもビッグクラブから勝ち点を奪うだけの力を持っている。

    実際、先週末に行われたレスター・シティ戦では4失点を喫し、勝ち点を落としている。

    グアルディオラは試合後の会見で「我々がしようとしているフットボールは失点を減らしてより多くの点を奪うシンプルなものだ。ここまで何度かの例外を除けばいい戦いができている。だから今日(レスター戦)のプレーが悪かったとか、創造性がなかったとは言えない」と前置きした上で、プレミアリーグの難しさに言及している。

    「だが、大量失点をしてしまった。今まで、試合をコントロールする戦い方をしようとしてきた。監督としてのキャリアであまり失点したことがなかったが、ここではそうはいかない。どうしてなのか、分析していかないといけない」

    シティはここまでリーグ第15節が終了した段階で19失点を喫している。リーグ8位タイと、順位(4位)に比べると決して優秀な数字とは言えないだけに、タイトル獲得へ向けた大きな課題と言えそうだ。
    2016-12-14_07h51_24
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161213-00000006-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/10(土) 22:33:56.13 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、サッカー界における過密日程の進行が危険な粋に達していると主張し、選手を守るため試合での交代人数を増やすことも必要だと訴えている。10日付の英メディア『スカイ・スポーツ』などが同監督のコメントを伝えた。

    国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長は先日、ワールドカップの出場チーム数を現在の32から48へ拡大する構想を明かした。各チームの戦う試合数は変わらないことが想定されているが、FIFA会長は他にクラブW杯の拡大案の構想も抱いており、実現すれば過密日程に拍車が掛かることも懸念される。

    「イングランドだけではなく、世界中でのことだ。今度は48チームでのW杯という話もしているが、選手たちを殺すことになってしまう。彼らには一息つく時間が必要だ」とグアルディオラ監督は、選手への負担が増える一方である状況に警鐘を鳴らしている。

    「シーズンを終えて1週間後にはW杯があり、その3週間後にはプレシーズンで中国やアメリカやオーストラリアへ行かなければならない。そこでミランやユベントスや(レアル・)マドリーと戦い、良いプレーをして勝つことを要求される」と、欧州のトップクラブにとっては恒例となった世界各国へのプレシーズンツアーに対する不満も口にした。

    選手の負担を軽減するため、試合における選手交代の人数を増やすことも提案している。「交代は3人だけだが、なぜ4人や5人や6人にできないんだ? そうすれば負傷も減り、試合はよりオープンになり、良いことばかりだろう。FIFAには別の意見があるようだがね」

    今年3月には、FIFAは「4人交代制」の導入試験を実施することに同意している。コパ・アメリカ・センテナリオやリオデジャネイロ五輪、U-20女子W杯での試験に続いて、現在日本で開催中のクラブW杯でも試合が延長戦に入れば4人目の交代が認められる。
    20161210_pep_getty
    フットボールチャンネル 12/10(土) 18:27配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161210-00010021-footballc-socc
    続きを読む

    1:Japanese girl ★@\(^o^)/:2016/10/18(火) 19:20:12.55 ID:CAP_USER9.net
    ペップが語るスペインクラブの強さ…理由は単純明快!?

    マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、リーガ・エスパニョーラのクラブがここ数年、欧州で好成績を残している理由を話した。

    英紙『ミラー』によると、グアルディオラ監督は、まずプレミアリーグが他のヨーロッパのリーグよりも激しいリーグだという考え方は間違っていると指摘。「リーガやブンデスのこともよく知らないのに、プレミアの当たりの厳しさを強調してくる人は多いね。確かにプレミアの試合数は多いけど、ドイツのプレーを見てみなよ。驚きの一言さ」と日程面での厳しさがプレミアにはあるとしながらも、ピッチ上の激しさは他のリーグも変わらないとした。

    また、「それぞれのリーグには特長があるけど、特に選手の質によるところが大きいよ。スペインは欧州の大会でここ数年、いい成績を残しているけど、それは彼らの技術が高く、いい選手がそろっているからであり、それが理由だよ」とスペインのクラブが欧州で好成績を残している理由を話すと、古巣でもあるバルセロナを称賛している。

    「バルセロナのプレーは特別だ。彼らは機械みたいなものさ。前線には驚くべき選手が3人そろっていて、カウンターもうまいし、試合の組み立てにも長けている。彼らが4-0で勝つときは、そうなるべくしてなるものなんだ」
    2016-10-18_20h57_14
    ゲキサカ 10月17日(月)15時32分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161017-01632342-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:pathos ★@\(^o^)/:2016/10/12(水) 23:48:20.59 ID:CAP_USER9.net
    アグエロ、インターネット使用禁止令に「最初は壊れているのかと思ったけど...」

    マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が与える厳しい規律には、選手たちも驚きを隠せなかった様子だ。FWセルヒオ・アグエロがインターネット禁止令について自身の見解を述べている。

    今季からシティを率いるグアルディオラ監督は、チームの意識改革を行うためにさまざまな取り組みを行っている。DFパブロ・サバレタは先日、指揮官の意向でロッカールーム内のインターネット使用が禁じられたことを告白していた。

    インターネットの使用禁止に関して質問されたアグエロは「本当だよ」と答え、次のように続けた。

    「最初はわけが分からなかった。インターネットがつながらなくて、壊れたのかなと思ったよ。ロッカールームは遮断されているような状況だったから、上に行って準備をしようと思ったんだ」

    「そこでペップに会ってね。『インターネットが使えない』と言ったんだ。『そうなのか? 変だな...』と彼はしらばっくれていたけどね(笑)」

    その後正式に指揮官から通達を受けたというアグエロは、グアルディオラ監督の考えを代弁している。

    「ペップはマッサージを受けている選手が携帯をいじっているのを見て、それを好ましく思わなかった。だからWifi(インターネット)を切断しようと考えたんだ」
    sergio-aguero-nhk2ebxqwxk
    http://www.goal.com/jp/news/74/1/2016/10/12/28397512/1
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/10(月) 22:07:28.44 ID:CAP_USER9.net
    クラブに様々な改革を施しているマンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督だが、ユースチームにも新たなルールを課したようだ。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。

    グアルディオラ監督が新たに設けたルールは、トップチームではなく、U-18以下のチームに所属する選手たちへのもの。その内容は、「カラフルなスパイクの着用禁止」だった。

    このルールは、地に足をつけてプレーするためとのことで、「選手が優秀であり、技術的に優れるだけでなく、冷静さを保つ」ことを目的として行われる。なお、若手選手たちは黒のスパイクしか着用できない。

    なお、このルールは同じ街のライバルであるマンチェスター・ユナイテッドでも導入。元指揮官のサー・アレックス・ファーガソン氏が導入しており、若い選手たちは黒のスパイクを着用している。

    2016.10.10 12:57 Mon
    http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=254989

    写真
    pcimage (1)
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/09/24(土) 15:15:39.47 ID:CAP_USER9.net
    【AFP=時事】アフリカサッカー連盟(CAF)から年間最優秀選手に4度選出されているヤヤ・トゥーレ(Yaya Toure)が、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティ(Manchester City)で起用されるチャンスが、再び遠のいた。同選手の代理人を務めるディミトリ・セルク(Dimitri Seluk)氏が23日、ジョゼップ・グアルディオラ(Josep Guardiola)監督に対して、またもや辛辣(しんらつ)な攻撃を繰り返したのだ。

    今月初めに発表されたシティの欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2016-17)登録メンバーからトゥーレが外されたことを受け、セルク氏はグアルディオラ監督が同選手に「恥をかかせた」と強く批判した。これに対してグアルディオラ監督は先日、同氏が謝罪しなければトゥーレを起用しないと発言していた。

    ところが、トゥーレとその兄でスコティッシュ・プレミアシップのセルティック(Celtic)に所属するDFコロ・トゥーレ(Kolo Toure)にとって父親のような存在であるセルク氏は、トーンダウンするどころか、英国放送協会(BBC)が放送しているサッカー専門のインターネットラジオで、グアルディオラ監督に攻撃を仕掛けた。

    ウクライナ出身のセルク氏は、「ペップ・グアルディオラは、自分のことしか考えていない。自分はもう神だと思っているんだ」とすると、「彼はFCバルセロナ(FC Barcelona)でたくさんのタイトルを獲得したが、ヤヤも同じ数のタイトルを手にしている(実際には、トゥーレは2010年にバルセロナを離れ、グアルディオラ監督は2012年まで同クラブを指揮して、より多くのトロフィーを掲げた)。ペップはすべてを手に入れた今、自分の思い通りになると考えている」と言い放った。

    東欧やアフリカ出身の選手をクライアントに抱え、東欧諸国のリーグと熱心に契約を結んでいるセルク氏は、グアルディオラ監督がシティに長く所属している選手に対して非礼な扱いをしていると批判しており、「マンチェスター・シティでは、私にとって不思議なことが起きている。なぜならヤヤも、(ジョー・)ハート(Joe Hart)も、よく分からないが(ヴィンセント・)コンパニー(Vincent Kompany)も長い間所属しているのに、新しく入ってきた監督は、『よし、これらの選手は戦力外だ』と言っている」と訴えた。

    グアルディオラ監督から構想外とされる直前に、コートジボワール代表を引退すると表明したトゥーレは、セルク氏が最初に批判コメントを出して以降、試合には一度も出場していない。【翻訳編集】 AFPBB News
    2016-09-24_16h46_15
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160924-00000023-jij_afp-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2016/09/19(月) 17:40:59.31 ID:CAP_USER9.net
    2016年09月19日(月) 01時31分配信

    勢い止まらないマンC photo/Getty Images

    リーグ戦5連勝

    リーグ戦開幕5連勝を達成し、チャンピオンズリーグでもボルシアMGを4-0で粉砕。ジョゼップ・グアルディオラがマンチェスター・シティでこれほど快調なスタートを切ると予想した者がどれだけいただろうか。

    今季のプレミアリーグはマンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、トッテナム、アーセナル、レスター・シティらの存在で荒れ模様になると予想されていたが、グアルディオラ率いるマンCだけ少しばかり異次元のレベルにある。得点数はリーグトップの15得点で、失点もわずかに4と少ない。

    そして何よりの特徴は得点者が複数いることだ。全てのコンペティションを合わせると、アグエロが9得点、スターリングが3得点5アシスト、イヘアナチョが3得点3アシスト、ノリートが3得点2アシスト、デ・ブルイネが2得点4アシスト、ダビド・シルバが1得点1アシスト、ギュンドアンもボーンマス戦で初得点を記録した。

    決してエースのアグエロに頼っているわけではなく、中盤の選手も攻撃に絡めている。これはマンCと同様に新指揮官を迎えたチェルシー、マンチェスター・ユナイテッドとの大きな違いと言える。スペイン『MARCA』も複数の選手が得点に絡んでいることに注目しており、グアルディオラが率いるアーティスト集団だと称賛している。

    今のところ国内でマンCが完璧に抑えられる展開は想像しにくく、開幕前の予想に反してマンCが独走するシナリオも見えてきた。わずかな期間でマンCをここまで変貌させたグアルディオラは見事だが、やはり彼こそが世界最高の指揮官なのだろうか。
    GettyImages-607246072-compressor-1

    http://www.theworldmagazine.jp/20160919/01world/england/87896
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/09/18(日) 16:41:41.60 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、ベルギー代表MFのケヴィン・デ・ブルイネを絶賛した。かつての教え子で世界最高のフットボーラーという評価を受けているバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの名前を出し、褒め称えている。『スカイスポーツ』が報じた。

    デ・ブルイネは17日に行われたプレミアリーグ第5節のボーンマス戦に先発出場すると、15分に先制ゴールを決めた。その後も存在感を発揮し続け、4-0での勝利に貢献している。

    「彼はスペシャルで傑出したプレーヤーだ。すべてを持った選手なんだ。ボールを持っていない時はファイターになり、ボールを持ったときはすべて見渡すことができている」

    「いつも正しい判断ができる。要するに、彼はワンランク上のプレーヤーなんだ」

    「彼がチームにいてラッキーだよ。我々のもとで、楽しみながらプレーし、才能のすべてを発揮してほしい」

    また、ペップはデ・ブルイネがプレミアリーグのベストプレーヤーかどうかを問われると、「分からない。もちろん最高の選手の一人であることは間違いないが、頂点に立っているかどうかは定かじゃない。チームの勝ち負けにも左右される問題だしね」と話しつつ、「我々がタイトルを獲得できれば、そのような評価を受けるチャンスが出てくる。間違っているかもしれないけど、おそらくね」と、チームを勝利に導くことが選手としての評価を上げることにつながると語った。

    さらにグアルディオラは、かつての教え子であるメッシを引き合いに出し、「(ベストプレーヤーの話をする時)誰もがメッシの名前を挙げる。彼はそのテーブルに一人で座っているんだ。他の誰も、座ることを許されていない。だけど、ケヴィンならそのすぐそばにあるテーブルに座れるんじゃないかな」と語り、メッシのレベルに到達する可能性を秘めていると、見解を明かしている。
    2016-09-18_17h33_05
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160918-00000006-goal-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/09/15(木) 15:55:23.31 ID:CAP_USER9.net
    チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節が14日に行われ、マンチェンスター・CはボルシアMGに4-0で勝利した。試合後、ジョゼップ・グアルディオラ監督は好パフォーマンスを披露した2選手に賛辞を送った。クラブ公式サイトが伝えている。
     
    豪雨の影響で1日延期となったこの試合、マンチェスター・CはホームにボルシアMGを迎え、大量4ゴールを奪って快勝した。ケガからの復帰を果たし、新天地デビューを飾ったドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンについて、グアルディオラ監督は「今日彼と話して、準備は出来ていると言ってくれたんだ。彼のクオリティはチームの大きな助けになるよ。彼を買ってくれたフロントに感謝する」と絶賛した。
     
    また、同試合でハットトリックを達成し、マン・オブ・ザ・マッチに選ばれたアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロについても「彼のボックス内での得点感覚は生まれつきのもので、それを教えることはできない。これからもたくさんゴールを決めていくだろう」と称えた。

    マンチェスター・Cは次節、28日にアウェーでセルティックと対戦する。
    2016-09-15_21h07_33
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160915-00493441-soccerk-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ